FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

会【いちごいちえ】

今日はちょっと、新たな料理に挑戦しようと構想してました。
ろくに調べもせずに、それっぽい材料だけ買って、それっぽい調理方法で始め・・・
それっぽく出来るだろうと思ってたら、
ものすごい悲惨になりました。
いや~見くびってましたとも。
食べられなくはなかったけど間違いなく美味しくはなかったね~

なんかそんな感じで本編へ~


「人との出会いは一期一会」というように、
出会いは唐突です。でも、出会いがあれば別れもあります。

筆者はご存じの通り、ゲームオタクで任天堂バカです。
今日の内容は任天堂に直接は関係ないですが、間接的に関係してます。


左下のブックマークにも入ってて、このブログでも何回か話題に出した、
任天堂ファンサイト「NintendoINSIDE」
個人経営ながら、任天堂だけでなくゲームサイトの中でも大手でファンの聖地でした。
もちろん筆者も毎日チェックしてます。登録もしてますし。

その我らがINSIDEがIRI コマース&テクノロジーという
わけわかんない何様だ?って企業に、買収され、吸収合併されました。

名前もiNSIDEとちょっと変わって。

責任者のCubeさんが決定したようですが、
いきなり前触れもなくINSIDEが無くなってしまって、一ユーザーとしてはがっかり。
最近投稿はしてなかったけどさ。
オンラインゲームは扱うわ、超邪道モバイルゲームは扱うわ、
「ゲームの総合サイトを目指す?」
んなもん知るかい!INSIDEは任天堂ファンサイトでしょうが。

そりゃ最近は、荒らしは頻発するわ、何も分かってない新規ユーザーが出まくるわ、
どう考えてもおかしいユーザーとかいたともさ。
筆者も何回内心で切れたか分かりません。

でも、個人サイトなのにありえない企画(世界樹、ルミナス等)とか、
Cubeさん独特の語りとかコミュニティとか掲示板とか
温かい人は大勢いました。

INSIDEがなければ、会えなかったであろう人もいますし、
そもそもこのブログさえ無かったかもしれません。

iNSIDEとして残っているには残っていますが、
多くのユーザー様と同じで、筆者はリニューアル全面否定派。

INSIDEは登録して2年、ROMを入れると4年ほどお世話になっていて、
どこのサイトよりも詳しく楽しい場を提供してくれました。
それだけに思いも深かったわけですが、
ユーザーの誰にも何も発表しなかったのはいただけない。
ユーザーに何も言う権利は直接はないけど、でもそういう場所でした。

もう1度考え直して欲しいです。

ここでそんなこと吠えても、意味はなく、
掲示板なりメールなりに書けば良いのですが、
かなり前からコメントとか書き込みとかしなくなったんですよねぇ。
傷つかせてしまったらどうしよう・・・といつも被害妄想なわけで。


まぁとにかく、
分けわかんないところに運営されるってのが一番頭に来てるんですよ。

シロートがあのサイトの何を知ってんだ。
どうせ業界トップのサイトが欲しかっただけだろ。


これからどこを憩いの場にすればいいんだ・・・





はい、吠えまくりました。
ちょっと読み返してみても自分勝手だということはわかってますが、
誰かに気持ちを伝えたくて今日はこんな更新にしました。


帰ってきてくれINSIDE・・・
関連記事
  1. 2007/06/02(土) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嘘【せいじか】 | ホーム | 覚【きおく】>>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/332-8cd48567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (742)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する