FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2019年6・7号 感想

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

と、書いて「こんな文言久しぶりに書いたな」と思って考えてみたら、
去年の今の時期は更新停止期間で書いてなかったからっすな。
こんなにちゃんとはツイッターとかでも書かないし。今年なんて「あけおめです」だったぞ。ラフやわぁ。

年も変わったのにいまだに次の元号を発表しない、
陛下の生前退位のお考えに真っ向から歯向かう政府を嘲笑しつつそんな平成も残す所5カ月を切って。
このブログも、管理人のワタシも、な~んちゃ変わらないですわ。
とはいえ、年末年始の6連休、マジでリフレッシュ出来た。
コミケ3日間始発参戦、元日からの地獄のソシャゲイベントラッシュ、1月2日の皇室一般参賀参戦とイベントだらけで、
マトモに寝てない、マトモなもの食べてないという年末年始を過ごしたけども、マジでリフレッシュ出来た。
心も体もマジで健やか。
極寒の寒空の下何時間も過ごしたってのに風邪の一つも引いちゃいねぇ。元気も元気。
持病に悩まされることもなく、不眠症で寝れないこともなく、毎日楽しい。
というのが大マジの現在の状況。
アラサーもとい三十路になって体力減退等心配になったけど、「今は」良い三十路やってるわ。

上述した年末年始イベントを軽く浚うと・・・
12/28
 「俺このマン」を未明にUPしろくすっぽ寝ずに空港へ。
 東京への飛行機の出発が遅れまくり、
 予約していた新宿のアイマス・シンデレラガールズの体験イベント「突破せよっ♪難関オーディション☆」
 スタートのタイムリミット1分前に着くという慌ただしすぎる開幕。
 このイベント自体はめちゃくちゃ面白かった。ネタバレ禁止なので何も書けないけど、めちゃくちゃ面白かった。加蓮Pは行け。
 その後ホテルに着いてひたすらコミケの宝の地図を作成作成。寝る間もないけど寝落ちしつつ終わり。
12/29~12/31
 ひたすらコミケに入りびたり。始発から並び、寒空の下並び、大体の目的物はGET出来たかと。
 これにて3回目の参戦。大分要領を得てきた。次回は夏の4日間開催、頑張ろう・・・
1/1
 1日フリータイム。
 ようやくグッスリ寝られ、神田明神を10時ごろから参拝し、
 アキバでコミケ4日目を過ごし、iPad miniを思い切って買い、ホテルに戻って正月ソシャゲイベント周回へ。
 なお18時ごろから寝落ちして毎年楽しみにしてる「格付けチェック」を見逃したという悲しみ。
1/2
 またも始発で有明ではなく皇居へ。AM5時40分ごろから並びだし、今上天皇陛下の最後の皇室一般参賀へ。
 平成を30年を生きた者として、どうしても一度お目にかかりたかったんや・・・
 手ぶらで行ったのが功を制し、その後の列の位置取りも良かったらしく、1回目の御挨拶の先頭から10番目ぐらいにつけて、
 陛下をはじめ、全員のお顔がよく見えたわ。
 コミケスキルが存分に活かされたと言えよう。周りは基本俺より年配者だったしね。
 めっちゃ国旗振った。お目にかかれて本当に良かった。日本の象徴があの方なのは本当に誇り。
 午後もそこそこ時間あったけど行く所ないんでサクッと空港に行って、夜に帰宅。
1/3、4
 仕事。当然のように4日を休みにしない我が社流石やで。
1/5
 早売りジャンプ買いに行って、新年から前の調子に戻すぞ!と息巻いていたら売ってない罠。
 だもんでこの更新も遅れております。グヌヌ。
1/6
 ジャンプ感想書く予定だったのに予定がポカーンと。
 冬アニメもまだ全然始まってないんで、ひたすらコミケ戦利品を読んでた。
 
・・・という年末年始でした。
怒涛のように過ぎた1週間だったけど、大変充実してたわ。まぁ金は湯水のように消えていったけどな!

さて、それでは2019年一発目のジャンプ感想でっす。
今年も楽しんでいきまひょ。漫画は何より楽しんで読まなきゃ。


週刊少年ジャンプ2019年6・7号
 表紙:集合
 巻頭カラー:ワンピ
 センターカラー:ネバラン、ストーン、読切


雑多
 集合表紙は書初めテーマ。
 トップ人気組は書初めの字や絵を持ってるけど、どうせなら全員そういう風にすれば良かったのに。
 とか思ってたら、作者先生たちはやるんかい。コンセプトが不明瞭。
 字上手い人、人柄が出てる人、自分のポジションが分かってる人、テキトーな人、切実な人、
 色々見られて面白かったわ。
 字は人を現すとはよく言ったものよな。
 こう見ると今のジャンプってホント原作作画別の作品多いよなぁ。6組て。いや否定はしてないけども。

 幽奈さんゲームに雲雀、かるら様、マトラが出るって結構すごくね?
 声つくんかいのぅ。かるら様とかぴかしゃのイメージしかねぇ。丁度アニメでナレやってたしアリだろ。

 付録のジャンプパートナーズダイアリーとやら、
 パラ読みしてたら最近の新連載のキャラまで誕生日網羅しててすごい。
 そしてやっぱりいない「7月21日」
 そんなに俺の下ネタ誕生日はキャラの誕生日にしたくないか!!!
 メインキャラと言えるのぬ~べ~しかおらんのやぞ!(ぬ~べ~NEO連載お疲れ様でした


ONE PIECE
 開幕大工のみなともさんの漢字表記に驚きつつ、
 ワノ国の元凶・オロチが出てきたけど・・・なんという全開な小者臭。
 CP0にベガパンク要求したり、オロチの首だったりでめっちゃハードル上がったのに、
 あんなにボケ顔とは思わなんだ。
 百獣海賊団全般そうだけど、もっといいキャラデなかったんかねぇ。
 悪モード全開になってオロチ化すれば良くなると思うしかないか・・・

 カイドウの屋敷図は九里にあるのなら十中八九仲間サイドの手の内なんやろなぁ。
 また増えた新キャラ・ヤスはマジで役に立つ絵面が思い浮かばん。
 オロチ含めだからなんでこんなキャラデなんだ・・・

 百獣海賊団幹部のドレークさん再登場。大分地位を得たなぁ。
 ちゃんとこの辺が強者であってくれるのはうれしい反面、
 ドレークは実は内通者説は風前の灯か?
 シレッと悪魔の実の名前も判明したけどアロサウルスなんやね。相方?はスピノサウルスだし。
 そこまで多くいるわけでもない恐竜能力だろうに、何故びみょーに外してくるのか。
 普通にティラノサウルスじゃいかん理由とは?
 アロサウルスもスピノサウルスも全然「コレ!」という印象がないわ。獰猛性ぐらいか?
 ジャック然り、キング然り、百獣海賊団の幹部組は大型生物になりそうすな。
 まぁその首領のカイドウが超巨大生物なわけだけども。


呪術廻戦
 禪院姉妹対決、案外あっさり終わったなぁ。
 交流戦前からバチバチに争ってたからもっと引っ張って戦うかとばかり。
 特にボロボロの激戦とかいうわけでもなく静かに終わったし。
 まぁ当の真依があぁいう心持ちだったから、真希さんがあぁいう性格だったから、だけど。
 豪放磊落な親父さん含めて禪院家は全然マトモやんけ。
 昇級邪魔するとかどんなクズ家だよと思ってたわ。


ハイキュー!!
 自分に出来ること・すべきことに集中するタスクフォーカスっすか。
 コレに関しては描き方にごまかされそうになるけど一長一短よね。
 出来ることしかやらなければ成長はしない、すべきことにだけ集中すればイレギュラーに対応出来ない。
 まぁンなこと言ってたら何もかも出来なきゃいけないスーパーマンになっちゃうわけだけど。

 ベンチから見て自分のポジションを知ったスランプな赤葦が脱出するために
 まずは自分の世界の中でスーパーマンになるという意味では全然間違ってないし、
 実際自分に出来ることもやらない・やれないのにスーパーマンになれるわけもなし。
 バレーなんて特にチーム競技なんだから自分ばっかり見てちゃあダメだろうけど、
 良くも悪くもそういうのは「ない」と見ておこう。
 言うて「フォーカス」だしね。


鬼滅の刃
 しのぶさんvs童磨ガッツリ始まっちまった。
 ひょうひょうとした童磨に対して復讐の炎を燃やすしのぶさん、
 メタ的には決着は見えてるようなものだけど、この空間はいつ助けが来るとも分からんし、
 決め付けるのは早計すぎるわな。扉絵にはカナヲちゃんがいるし。
 まぁ味方の助けが来るとは限らんけどな!!

 復讐鬼しのぶさんの最初の一撃、マジで飛び出してるかのような描き方で良かったわ。
 思わず「うおっ」って声に出た。

 童磨の武器も面白いさね。鉄扇て。ンなもん「ノルマンディー」以来ぶりに見たわ(これ伝わるのか?
 頭がおかしいの含めて、強者の証・氷(冷気)使い。毒にすぐ対応、
 コイツ間違いなく強いわ。流石上弦弐。
 しのぶさん死んだらアカンで・・・


ブラッククローバー
 仲間であるゴーシュをどう倒すのかの回答として、
 仲間のために外に出られなかったヘンリーが外に出ることで仲間を救う~
 という美しい流れに結構感心してたのに、あっさり流されて悲しい・・・
 マリーも含めて結局いつものアスタ節になっちゃったか~う~ん・・・


約束のネバーランド
 ネバランもリアル脱出ゲームやんのね。
 前書きで書いたアイマスのヤツも同じSCRAPが作ってただけに興味あるわ。
 まぁ都会でしかやらないのが悲しい所だけど。地方でもやっちくりー

 ・・・
 えぇあえあ!!?!?!
 は?
 いやいや。ノーマンかよ!!!

 ガチで驚いたわ。全く想定してなかった。そしてネタバレも全く踏んでなかった。
 読者的にはノーマンの生存は周知の事実だから想定も出来ように、
 そうか、ミネルヴァさんは、ミネルヴァさんの「役」はノーマンか・・・
 なるほど、素晴らしい脚本だわ。
 だからえらく過激派思想で、今まで支援してくれていたミネルヴァさんと同一人物とは思えなかったのか。
 俺、正しく導かれとるやんけ。なのに気づかない、思いもよらなかった。

 雑魚いのに斥候なジンとハヤト、食用児にそぐわない武力派軍団、
 あまりに充実しすぎてるアジト、ひたすら笑顔な子供たち、
 最後のメクリをめくるまで不信感でいっぱいだったけど、ノーマンならば全部信じられるわ。
 少なくとも鬼やママたちの罠ってことは無・・・・
 いのか?
 本当に、そうなのか?
 マジで信じられる!とここまで書いたけど、ここまで書いて信じられなくなってきたぞ。
 俺どんだけ人間不信やねん。
 どうやってノーマンが脱獄したのか、それが真実であると信じられるまで信用出来ん・・・

 つかこんな出方するならノーマンの生存描写しなかった方がもっとセンセーショナルだったよね。
 そしたら完全にエマと同じリアクションを取れるわけだし。
 あとレイも何故一緒に連れてこなかったし。
 いかん、何もかもが不信感に繋がる・・・


チェンソーマン
 デンジさん、あの野生児・パワーちゃんにすら弄ばれるのかw
 このバカはホントにバカだなぁw
 パワーちゃんの方がやべぇのかと思いきや、全然デンジさんの方がやべぇわ。
 思考力という意味で。
 どこまでも本能に忠実、気持ちいいなぁw

 醜すぎる罵り合い、胸と猫の交換条件、
 コイツらいいコンビだわ。すっかりパワーちゃんも好きやぞ。
 

ne0;lation
 あんだけ大規模のサーバールームがある大学で、レミングゲームを守るために
 セキュリティザルザルになるレベルで全てのサーバー落とすとか正気の沙汰とは思えんわ。
 レミングゲームにどれほどの資産価値があるか、あの準教授が何をしようとしてるのかは見えんけど、
 それによってどれだけの被害損失が出ることやら。
 大学なら研究室もあるだろうに。
 サーバーダウンしてるだけならいいけど・・・

 つかサーバーの説明も間違ってるしね。
 サーバーがないとインターネット出来ないって言い方すんじゃねーよ。
 大体「サーバ」じゃねーよ。

 あぁ癪に障る。
 もう感想書くのやめようかな。
 

新春!新鋭ショートギャグ頂上決戦!! ジャンプG-1グランプリ2019
絶対更正!妖精ピコ (安道じょうけい)
 合間合間、そしてオチまで普通に笑ったわw
 そして無駄にタメになるジャンプ+定期購読プラン。そんなにお安いんやね。GIGAまでついてるし。
 まぁいくらお安くても紙派なんで雑誌を買い続けるけど。
 何回か電子版買って感想書いたけど、書きにくくてしゃあなかったわ。

YES!キシリトールの歯茎にやさしく!!YES!YES! (長田憲之介)
 このクソ長いタイトル一生懸命書き写した俺の時間を返してほしい。勿論読んだ時間も。
 
母星人 (すがぬまたつや)
 せめて「母性人」にしておけば、もうちょっと触れてたかも。

検便マン (今井ぬう)
 他人のはまだともかく、犬のはヤバそうやな・・・(搾り出した感想

主人公(になりたい)!脇山くん (畠山達也)
 ギャグ漫画なのに笑えない文字をツラツラ書くな。


 レベル低いな・・・「妖精ピコ」だけでよかったわ。
 他はクスリとも笑えなかった。論外もいいトコ。


Dr.STONE
 石化登場権、あんな感じなのね。
 結構リアル調で描かれてるから本人は嬉しいだろうなぁ。

 今話は積乱雲とのバトルだったけど、
 悲しきかなBoichi先生の素晴らしい筆致が印刷に潰されてて大分気分を阻害されたわ。
 カモメが飛んでるシーンですら俺のジャンプは印刷がキワどくて、
 積乱雲登場シーン、牙を剥いてるシーンは頑張って見ないと苦しいレベル。
 そういう所はさっきの話じゃないけどデジタルだと綺麗なんやろなぁ。

 クロムと龍水、サバイバルに秀でた二人が持ち味を発揮してそれぞれ認め合うのとても良かったわ。
 クロムのこういう男らしさ、久々に見た気がする。
 積乱雲をも貫くほどの高度にほぼ生身で急上昇して大丈夫か?という疑問はあるけど、
 ヒキでピンピンしてるし大丈夫なんでしょう。
 高山病とか言い出すからマジでヤバいんじゃねーかと不安だったわ。


アクタージュ
 おぅおぅ、ここに来てカムパネルラとジョバンニの物語から巌さんと阿良也の物語へシフトしますか。
 もはや演技でなくなっていくわけだけど、最後のセリフはしっかりと吹き出しが「セリフ」なのよね。
 これを見ると「まだ」「ジョバンニ」ではあるわけだけど、果たしてどうなっていくのか。
 そんな阿良也のイレギュラーにも全く動じていないカムパネルラ-景も本当に感情が読めないから困る。
 ノっていく展開ではあるんだろうけど、
 「ノる」状況ではないのをどう補完していくか。楽しみすぎるわ。

 舞台の内容的な話をすると、カムパネルラの死を分かっておきながら、別れと分かっておきながら、
 このまま終わり、ってのはジョバンニ的にはありえないから
 この阿良也の「ジョバンニ」の行動はとても理解出来るわ。
 誰しも大切な人とは別れたくない、一緒にいたい。まだまだこれからも。
 いやはや、すげーな「銀河鉄道の夜」。すげー題材だ。


ぼくたちは勉強ができない
 かわいい先輩、必死先輩、素直になれない先輩、デレ先輩、百合先輩、小悪魔先輩、姉御先輩、ガチ照れ先輩・・・
 えぇあしゅみぃ先輩回をありがとう・・・
 あしゅみぃ先輩の魅力がこれでもか!と詰まっててとてもホクホクでした。

 挟まれたふみちゃんデレもえぇぞ!!赤面えぇぞ!超良かったぞ!
 
 先輩とキスする展開も楽しみですねぇ・・・この人絶対強がるで・・・


読切 乱破連弾 (田村隆平)
 バトル漫画ばっかり描いてきた田村先生、こういう学園モノは結構マジで新境地じゃね?
 正直「マリー」は大失敗だったけど、「べるぜ」含め学校のクダリは結構面白かったから
 こういうのを求めてたわ。

 音楽学校・クラシックコンサートでガッツリアニソン演奏というのは見たことなくてとても斬新。
 「CHA-LA-HEAD-CHA-LA」とかむしろ知らないジャンプ読者いねーだろレベルだし。
 というわけで面白かったけど、 
 「普通に」面白かったかな・・・
 技巧的な意味でメイン3人ともどうすごいのかわかんなかったし、
 セリフですごさが説明されてるだけで置いてけぼりではあった。
 そこをノリとテンションと勢いで見させられただけ。忍者成分も結局薄く。
 秀でて面白いわけでも、ここが特段面白い!ってわけでも、連載で見たい面白さでもない。
 一読切作品としてはそこそこ評価するけど、コレが連載で読みたいかと言われればノーだわ。
 連載でやりたいらしいのはトランペットくのいちちゃんでお察しだけど・・・
 あと二ネタぐらいなんか欲しかったすな・  


獄丁ヒグマ
 あら、3話にて話またぎですか。攻めるねぇ。ネオレイションもそうだったわ。
 コバタのキャラ紹介とか事件導入とかもっと上手くやれんかったんかね。

 「寿命」ならぬ「命寿」が今回の話のキモらしいけど、
 単純に生きる活力、生きたいという願望とかそんなのだとつまんないだけに、
 「最大の理由」というぐらいにはそこそこちゃんとした設定であってほしい所。
 
 とりあえずヒグマの無双となるのか否か。
 「手」を存分に活かした戦闘がただただ見たい。


僕のヒーローアカデミア
 13Pしかねぇ・・・合併号は濃い話載せて2週間モたせるってのがジャンプの常なのに、
 堀越先生どんだけ追い込まれてるんや・・・
 この合併号休刊で思いっきり休んでくだせぇ・・・

 ヒーローは助けてくれるけど、そのヒーローは誰が助けるのか。
 良い所に踏み込んできましたな。
 かの名言「オレがみんなを守るから誰かオレを守ってくれ・・・」という
 印象深すぎる山吹色の主人公(何故ボカす)のおかげでこのテーマはとても興味深い所なのよね。
 デクにとってそれは誰になるのか。
 そういう意味では「相手」はそういうヒーローじゃないとダメよね。

 心操の使い方は単純に洗脳で暴走を止める形っすか。言われてみれば確かに。
 その止め方がとてもアツくかつ実直、そして素晴らしい顔で言ってくれて大満足だわ。
 暴走が一段落ついたらちゃんと戦ってほしいな・・・
 せっかく4ラウンドやってきたんだから5ラウンド目もちゃんと勝敗つけてほしい。


思春期ルネサンス!ダビデ君
 ギャグ漫画ってこと忘れてねーか?
 笑い所という意味では皆無だったぞ。ブラコンレダちゃんは可愛かったけども。 
 

ゆらぎ荘の幽奈さん
 扉絵エッッッッッ!!

 千紗希ちゃんが単独でエロイベントを起こせるようになったのは進展?だなぁ。
 ラッキースケベを想定して勝負ぱんつとは、思考の方も大分アレなことにはなってるけども、
 俺はまだまだ千紗希ちゃん派やで・・・
 カーテンの中で全裸くっつき背徳プレイはもっと見たかった。見たかった!!

 さて、学生の最大のイベント・修学旅行編スタート・・・と言っても、
 約半数のコガラシ狙い組は生徒じゃないという悲しさ。朧の転入設定なかったことになってるし。
 旅館的様相だとゆらぎ荘とやること変わんないし、「修学旅行ならでは」の色々を見たいすな。


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


食戟のソーマ
 豆乳、山芋、炭火で乳製品も砂糖の甘さを使わないさっぱりケーキ・・・?
 そんなケーキ食いたくねーわ。
 夏だろうが冬だろうがケーキはケーキ、
 言い方はアレだけどケーキなんて甘ったるくてナンボのモンやろ。
 なんなら「あっま!」って言いたいまであるわ。

 これと最後の隠し玉花火でで勝っちゃうんか・・・流石にサージェさん可哀想だわ。


ジモトがジャパン
 終盤までは素でつまんなかったけど、
 B'z稲葉は笑ったわw あの格好になった時点で分かったけど笑った。
 色んなタイトル盛り込んでくれてB'zファンとして嬉しかったわ
 あっコレでもB'zファンです。知る人ぞ知る。


火ノ丸相撲
 ・・・
 あーあ。やっちまったよ。

 全く、2019年最初の1号の大トリでなんちゅーもん見せてくれるんじゃ。
 
 くれるんじゃあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

 vs草介in大相撲、復活の鬼車。
 それだけでめちゃくちゃアツく滾る最高&最高の展開にも関わらず、
 IH決勝を超えた、学生相撲を超えた「大相撲力士」の二人の相撲を見せてくれたばかりか、
 百鬼薙、狩谷の揺さぶり、今まで培った全てをぶつけ、
 まさかまさかの百千夜叉墜!!!

 コレで感動しないわけないやん。泣かんわけないやん。
 ここまでやってくれるとは、ここまで「火ノ丸の復活」を描いてくれるとは思ってなかったもん。
 復活の封切を果たして、百千夜叉墜は天王寺辺りで出すのかと思ってたよ。
 それを最大のライバル草介にド正面からぶつけてくれての大勝利。

 あぁ、俺は今年も「火ノ丸相撲」そして川田先生についていこう・・・
 いや、いかさせていただきます!!!
 
 それとさぁ・・・
 決着後、火ノ丸の手を「今度は」取る草介、エモエモのエモすぎひん?
 何のことか分からんヤツァ学生相撲編読み返せぇ!!!

 今年漫画での初泣きをこの漫画で飾れたことを誇りに思うわ。
 ありがとう、ただただありがとう、この漫画が読めて俺は心から幸せだ。


1/09 00:00 第一次UP(ネバランまで
1/09 23:30 第二次UP(ぼく勉まで
1/10 23:00 最終UP
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 呪術廻戦 鬼滅の刃 約束のネバーランド チェンソーマン Dr.STONE アクタージュ ぼくたちは勉強ができない 僕のヒーローアカデミア 火ノ丸相撲

  1. 2019/01/09(水) 00:00:45|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<週刊少年ジャンプ2019年8号 感想 | ホーム | 俺の中でこのマンガがすごい!2018>>

コメント

遅くなりましたがあけましておめでとうございます

彼方のアストラがマンガ大賞2019に最終ノミネートしました
去年2月に最終巻が発売したからノミネート条件に満たしてました
正確には一昨年末に終わった作品が最近の様々なマンガ賞にノミネートしてるのは改めてすごいと思います
大賞は獲れるのかなぁ…獲れたら面白いですけどね個人的に

ただし、マンガ大賞2019で本来最終ノミネートすべきジャンプ作品は
呪術とアクタージュと地獄楽かなぁ
来年ノミネート可能性があるけど、それまで維持できるかどうか…ですね
  1. 2019/01/21(月) 22:02:47 |
  2. URL |
  3. 跳人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 名無しAさん

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

> ワンピース
 ドレークが恐竜化したのは1シーンだけだったので多少の造形ミスぐらいどうでもいいんですけどね。
 何故アロサウルスなのか。何故ティラノじゃダメだったのか。
 こうなってくるとティラノ能力をどんなキャラが持っているのかに注目するしかないです。
 ルーキーの1人、海軍の裏切り者、現カイドウの傘下。格としては充分なんですがねぇ。

> ショートギャグ
 田中&アリスの打ち切りは何だったんですかね。
 結局いまだに連載枠は空いてますしどちらもまだやりたいことあったろうに。
 延命に過ぎないといえばそうですが、新連載との枠交換ですらない終了は悲しすぎます。
 少なくともワタシは終了残念派ですし。

> ヒロアカ
 個人的にはステインの思想も共感出来るので、ワタシは「それはそれ」派ですね。
 オールマイトの引退を仕方ないとはいえ受け入れてる民衆を見るに、
 あの世界ではヒーロー個人への気遣いはちゃんとしていそうです。

> 相撲
 長い間どこかしかにずっとわだかまりがあった第2部・大相撲編がようやく始まった、そう思います。
 ただただ嬉しい。まずはコレが第一。
  1. 2019/01/20(日) 23:46:46 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

> ワンピース
 このゾオン能力者軍団でティラノを出さない理由が分からないですが、
 恐竜の王(と勝手に思ってる)に成りえそうなキャラがいないんですよね。
 そもそもカイドウやオロチが和のドラゴン・龍や大蛇なので競合しそうです。
 普通にドレークがティラノじゃダメだったんですかねぇ。

> 鬼滅
 善逸、伊之助、玄弥、カナヲちゃんの同期5人で戦う絵面が切に見たいです・・・

> ネバーランド
 偽物とは思いませんが、ママや鬼・ピーターたちと内通してないかという不安でいっぱいです。
 そしてこの再会の場にレイがいない理由も謎すぎます。
 次話でサクッと会ってくれれば良いんですが。

> 火ノ丸
 鬼車共々ずっと待っていた百千夜叉墜なだけに本当に嬉しかったです!
  1. 2019/01/20(日) 23:46:02 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

ワンピース>確かにティラノサウルスが一番メジャーな肉食恐竜ですよね。
案外、2年前シャボンディでティラノサウルスのつもりで描いたけど(図鑑でも見ないとティラノサウルスとアロサウルスの違いなんて分からないですし)、ちゃんと調べてみたらティラノサウルスではなくアロサウルスだったから、ドレークをアロサウルスにして、相方をアロサウルスより有名なティラノサウルスにするわけにいかないからスピノサウルスにしたとか考えてます。

ハイキュー>練習では成長する為に更に開拓とかしたいですが、試合だとそれがミスに繋がって敗北を招き寄せる事にもなりますからね。かといって、格上相手に保守的になったら勝機が薄いのも確か。
人によって、場面によってどう選択するのがベストなのかが難しいところ。

ネバーランド>センセーショナルな展開を取るか、唐突さを捨てた展開を取るか難しい選択です。

ショートギャグ>同じく。ピコ以外は、こんなのを載せるくらいならアリスの打ち切り伸ばして、あの対決を最後までやらせて欲しかったと思いました。
ピコがなければ、腹が立ってたかもしれないです。

ヒロアカ>ステインの考え方とは真逆ですが、こっちの考えのが好きですね。
助けられた側も、ヒーローがズタボロになるより幸せになるのを望んでるに決まってますし。

ソーマ>多分、スイートポテトみたいなイメージでしょうか。個人的にはそういうの大好物なんですけど。

相撲>草介を倒せなくて辿り着いた技ですからね。
やはり草介相手に出すのがベストだと思います。
短期的にだけではなく、長期的な視点から見てもベストと思える展開に感服します。
  1. 2019/01/16(水) 13:24:20 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

ワンピース
ということはキングかクイーンのどちらかがティラノサウルスの可能性があるってことかな

オロチのやつはワノ国なのに王冠って思ってしまった

鬼滅
しのぶさんが生き残る展開が思い浮かばない

なんか黒死牟と童磨は鬼舞辻討ち取ってもしぶとく生き延びそうに思えてしまう

カナヲちゃんあるいは炭治郎と合流したりする可能性も

ネバーランド
いろんなところでそういう予想はあったけど
ノーマンだけずいぶん大人になったように思えてしまう
本当に同い年なんだろうかって

まあさすがにここまで来て違うってのはないと思いたいが
本物ならレイたちとも早く再会してほしい

チェンソーマン
つっこみ不在の恐怖

ヒロアカ
やっぱり今日ページ少なかったか

確かにヒーローだって助けてくれる存在は必要ですよね
オールマイトは一人で頑張りすぎてたけど

心操は本当にヒーローになってほしいな

火ノ丸
まさかこんな早く百千夜叉墜の復活まで見れるとはッて思った
そしてこれは火ノ丸完全復活でもある
その相手が草介だった
まさに劇的ですね
  1. 2019/01/11(金) 22:52:04 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2938-1552ebab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する