FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2018年49号 感想

まーた月曜に更新してます。すみません。
いや、正規発売日が月曜なんだから何も謝ることはないわけだけども、基本日曜更新がベースなもので。
今回は仕事してたとか、ゲームのイベントにかかりきりだったとか、体調悪くしてたとか、
そんなことはなーんにもなく、ただ単純に「寝てた」から更新しませんでした。
土曜に早売りジャンプ買ってきて放置、いつものように日曜に書こ~と思ってたら、
あまりにも、日曜の13~14時が眠くてね。
「コレは寝ないとアカンヤツや」と判断して、
15時まで寝ようとアラームセットしてたら16時すぎまで寝ててやる気が霧散したのでした。
日曜は昼まで寝てたんで、平日より全然寝れたんだけどね・・・
満足するまでぐっすり寝たい。平日の不眠症の苦しみもマジでどうにかしたい。
睡眠薬処方って簡単にいくのかな?

アニメトークはもう全然出来るんですけども、また順延ということで。もうすぐ半クール終わるがな。
もう11月やがな。あと2ヶ月やがな!
早いねぇ・・・1年は本当にあっという間。感覚的にはまだ2月か3月ぐらいだわ。

ここでお知らせを先に書いときます。
来週の「ジャンプ50号感想」は前々からPC版TOP画面に宣言している通り、
「アイマスシンデレラガールズ6thLIVE」に埼玉へ現地参加するため、土日、そして月曜にも更新は出来ません。
土日は当然現地にいるからとして、月曜も帰ってくるのは夜なので現実的に更新は不可能です。
仕事の予定が分からないからアレだけど、最速で火曜、最遅で18日日曜になると思いますのでご理解の程を。
またもや現地LIVE、そして初のシンデレラ周年LIVE。公演時間は4時間予定?
ヒャッハー!!!楽しんでくるぜや!!!!

それでは今週のジャンプ感想でっす。

週刊少年ジャンプ2018年49号
  表紙&巻頭カラー:ブラクロ
  センターカラー:アクタ、ハイキュー、ダビデ


ブラッククローバー
 アニメのラドロスの声優、カズレーザーちゃうんかい。
 草尾さんだから何も心配いらないとはいえ、そこは素人起用でも良かったんじゃ?

 vsランギルス、すごいトップな戦いで見ごたえあるなぁ。
 あのヤミさんですら全力を出さざるを得ない、そしてフィンラルの存在なくして勝てない、
 良いパワーバランスを形成してるわ。
 全員が終始全力な多対一。ええっすな。こういうバトルならずっと見ていたい。


鬼滅の刃
 不死川とは分かりあえないか・・・
 まぁ伊黒さん含め、まだ関わりが薄い柱たちに稽古で認められるのはなんか「違う」し、
 こういう収まり方でも良いかな。言うて炭治郎&禰豆子はまだまだ鬼殺隊では不穏分子なわけだし。

 兄貴相手に防戦一方、というか守る気すらない玄弥は先行きが不安だわ。
 半天狗戦前はギラギラしてたのに、トラウマの兄貴前だとあんなにナヨっちゃうんか・・・

 次は岩柱のTHE・修行な滝行へ。
 あの伊之助が大人しく滝行してるとかどういうことだよw


ONE PIECE
 やべぇ・・・
 巨大龍の時点でも大概ヤバかったけど、
 人間モードでもルフィの全力を全くのノーダメージで凌いで、そしてルフィを一撃でノすとかマジかよ。
 今回はマムと違って正式にぶっ潰さなきゃいけないんだから言うて少しはダメージあるかと思いきや、
 現時点でここまで力の差があんのかよ。
 こんなモンスター相手にどうやって勝つんだよ・・・
 それこそローのオペオペとか特殊能力使わないとどうにも出来なそうだけど、
 カイドウがオペオペでバラバラになってる絵面とか全く想像出来んわ。
 このカイドウの「力」が能力によるものとも思えんし、マジでどうすんねんこの大ボス・・・
 めっさ絶望するわ。

 たまが倒れてる描写も気になる所。
 死んでるのはないだろう、連れ去られたわけじゃないのならたまのキビキビのラインもまだ芽はあるのか?

 ってカイドウの打倒策を思いついた。
 今は亡きトキ様のトキトキの能力をほぼ確実に継いでいるであろう日和姫が、かなり遠い未来にぶっ飛ばせばいいんじゃね?
 それは「ルフィの勝利」にはならないけども、「勝利」にはなるし。
 あんな化け物倒せんやろ。なんなら追撃に来たマムごとぶっ飛ばすのでも可。
 四皇全員ソレじゃあ困るけど、最低でもティーチは真っ向からぶつかるだろうし。
 まぁ「かなり遠い未来」が困ることにはなりそうだけども。2万年ぐらいぶっ飛ばせばワノ国もなくなってるっしょ!(酷


Dr.STONE
 氷月、そんでもって司もこのまま終わりそうすな。
 なんならこのまま作品も終わることすらありえそう。
 明確な旧人類史の敵が2人いなくなって、創世紀展開にはならんでしょ。たぶん。
 邪魔なしに石像を復活させていきマンパワーで科学発展~そんな本筋は結構。後日談だわ。
 だったら大人気のまま終わる方が幾分もマシって所。


ワールドトリガー
 おーぅ今話ヒキでようやく開戦かよw
 こりゃもう絶対本誌で終わんねーなw SQ買うか・・・

 ヒュースメインのオサム完全サブ化がどう出るか、
 スナイパー・絵馬がどう動くか、
 奥寺小岩井コンビはまたも厄介となるのか、
 太一の何度かは虚を突ける作戦とは。
 各チームの作戦が読者にだけ伝えられたけど、どのチームも当然ながら勝つための策がちゃんとあり、
 負ける気、負けてあげる気なんて粉微塵もない感じで良いっすな。

 ほぼ全員、屋外からのスタートのように見えるけど、
 スナイパーの誰かがモール入り口に早々に陣取れたら面白いことになりそう。
 まぁモールだから入り口は他にも沢山あるだろうけども。


アクタージュ
 カムパネルラを通して劇団員たちに・・・
 「銀河鉄道の夜」という題目がここまで真に、そして深に迫ってくるとは。
 外部生である景の採用、しかも主演の片割れ・カムパネルラとして。
 死の現出であるカムパネルラ=巌さんと紐づいたことも全てはこのためだったんですな。

 もはや「夜凪景」では完全になくなった景が見せる巌さんの死の世界。
 カムパネルラ登場シーンからそのオーラというか雰囲気というかはすさまじいものだったけど、
 どこまで、どこまで行くんや・・・


僕のヒーローアカデミア
 飯田くんのパワーアップはマフラーの進化による超高速化かい。
 マフラー引き抜いたらもっと強いマフラーが生えてくるとか、すごいネギやな・・・
 個性にはそういう物理的進化もあるんすな。
 先天性の体に特徴ある個性は使い方の「伸ばし」ばかりなのかとばかり。
 飯田君が小手先の進化でなく、スピードを更に上げる進化ってのは嬉しいけども。
 尾白vs回原を邪魔だてしてヴィラン捕獲を優先するのは・・・ヒーローとしては正しいか。
 バトル漫画としては正しくないけど。
 尾白くん、せめてこの戦いで良い所見せてくれ、もとい見させてあげてくれ・・・

 轟vs鉄哲はすごい脳筋戦闘すなw
 あの轟の個性を完全に無力化してるとはやべぇ。
 防御も極めればここまで成るか~
 その防御を更にどう破って勝つのか、楽しみすな。


約束のネバーランド
 読者目線としてはユウゴとルーカス、二人の死は確定しているから不毛な話とはいえ、
 エマも含め誰しも二人の帰還を信じたい、また会いたいと思うのは当然だから、
 ヒキの子供たちの動きも否定は出来んわ。
 案の定しぶといアンドリューに見つかっちゃったから、
 これで被害が出たら本当にユウゴもルーカスも報われないけども、これはしょうがない。
 だってわかんないんだもん。信じたいもん。家族だもん。

 ミネルヴァさんの名前で「約束のネバーランド」が語られたけども、何なのやら。
 ミネルヴァさん当人とはとても思えん電話の内容だけど、確かに敵である意味はないんだよなぁ。
 七つの壁はまだ追えないらしいし、他に行くアテもなし、ずっとここにもいられない。
 会いに行く選択肢しかないけど、また数人で先行する形になるのかねぇ。
 

ハイキュー!!
 烏野勝利、音駒敗退。
 勝敗はついたけど、負けた涙もあるけれど、激戦を戦った「仲間」の2校が、
 選手様々勇姿をたたえあって、手を取り合ってるのは素晴らしいすわ。
 いつも書いてるけど、本当に「負け」も丁寧に書くから素晴らしい。

 この辺の流れで日向と影山と研磨が全く描かれなかったからもう一手何かあるのかと思いきや、
 さも当然のように「また戦う」から何も特別なことはないのか。
 これもまた、見せ方の一つ。

 青春や・・・青春しとるでお前ら・・・


思春期ルネサンス!ダビデ君
 ベリッシマァアアアアアアアアアア!!!!!!

 コレ、流行らせていこう。ヴィーナスさんマジベリッシマァアアア!!!!!
 モナさんのグランディイイイ!もかなりすごい絵面だったけど、
 俺は完全にヴィーナスさん派なんでベリッシマ党員で。(なんぞその党
 天真爛漫っぷりも全開でとっても良かったわ。

 今号後編も楽しみ。


HUNTER×HUNTER
 ややこしいけどようは「未来予知」ってことだけ分かってればいいか。
 あとは10秒の「概念固定」とでも形容しようか。
 相手には現実として行動した結果が見えるけど、本当には現実になってない、とはいよいよ持って死なないな。
 まぁコレは少なくとも物理攻撃によるものだから、特殊な念能力には対応出来んけど。
 ハルケンブルグの能力やクラピカの鎖なんかの、「自分に向かって攻撃してくる」と分かるものには絶大か。
 コレを破るにはどうしたって防げない、10秒先に動いてもどうしようもない、みたいな能力が必須か。
 具体的にはどんな能力になるのかな。
 見かけ上では分からない精神操作系なんかは有用そう。それこそセンリツみたいなのとかか。

 ツェリードニヒに未来予知か・・・コレが「念能力」となるのならマジでやべーな。


呪術廻戦
 開幕の交流戦、いきなり虎杖vs東堂かよw
 せっかく団体戦なのにいきなり個人戦ってのはちょい残念だけど、
 実際問題学校の勝利のために東堂に虎杖宛がうのは間違いじゃないわな。
 でも東堂さん、容赦なんて微塵もないのは気持ち良いけど、全然正義の呪術師に見えんぞアンタw
 あとは京都校の連中が介入してくることだけ危惧してれば良いかな。
 宿儺が出てくることは果たしてあるのか・・・


THE COMIQ
 う~ん・・・・・。
 もはや逃れられぬ犯人・姫川、馬場の背景も直接犯人指名で他の要素なし、
 追い詰められた坂巻の原因の自室のカボチャ女とか絶対姫川の秘書?だし。

 鍵のかかってない部屋にいる自分でロープほどける女って何だよソレ。
 そんな胡散臭さ満点の女の供述信じるとか警察無能すぎひん?
 顔めっちゃ出てるウサギのかぶりもので逃げおおせてるのも無能&無能だし。

 もうちょっとシナリオ練ろうよ・・・レジェンドとはいえコレはお粗末すぎるぞ。
 

思春期ルネサンス!ダビデ君
 カラーやと女の子イマイチやな・・・黒木先生、精進してくれ。
 とてもとてもベリッシマとは言えんわ。むしろカッツォ寄り。どんどんイタリア語に詳しくなっていく(?

 オチはしょーもなかったけど、ダビデは間違いなくカッコよかったわ。
 めっちゃ少年漫画の主人公してた。

 で、なんでメガジョーズやったん?
 なんかもっと芸術作品関係のこういうモンスターで良かったんじゃ。
 いきなりジョーズは違和感しかねーわ。
 でもこういう映画ネタをパロディにしてる漫画は読みたいな。
 「木根さんの1人でキネマ」も「シネマこんぷれっくす」もちょっと違うのよね。アレもアレで面白いけど。
 パロディ全開の漫画読みたい・・・「太臓」帰ってこないかな。今なら大分ジョジョネタ分かるぞ。
 今やってるアニメ5部でも既に「太臓」で見たことあるネタいっぱいあってめっちゃ楽しいぞ・・・


ぼくたちは勉強ができない
 「成幸の家に居候してる」は言えんかもしれんけど、
 「居候することになっちゃうから泊めて」とりっちゃんやうるかには言わないのね。
 漫画的都合とはいえ、ここで成幸の家に居候する理由がキッチリ欲しかったわ。残念。

 まぁ新婚プレイ(違)は良かったけど。赤面のオンパレードで。
 相変わらずりっちゃんとうるかのことを思って身を引いてる一方で意識しまくりなのはご馳走様です!
 赤面の他にはうるかの全く気づかないシャンプーのクダリとか良かったよね。流石うるか。目ざとい。もとい鼻ざとい。

 狭い所での一緒に閉じ込められ展開。
 「私まで隠れる必要ないじゃないの~」的展開ではないし、親父殿には長い間家にいてほしいものすな(ゲス


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


ゆらぎ荘の幽奈さん
 腐っても宵ノ坂だから、そうそう悪人はいないかと思ってたけど、
 酌人さん、ものの見事にクズ野郎やな・・・一周回って気持ち良いクズっぷりだわ。
 自分をクズと思ってない点は評価したい。

 破談は確定。コガラシさんがぶっ飛ばしてくれるパターンか・・・と思いきや、
 狭霧当人がぶっ飛ばすのか。
 力では圧倒的に劣るだろうに、どうぶっ飛ばすのか。快活な処理を期待。

 つか狭霧さん、コガラシさんには隠すだけなのに、酌人さんには霊装纏って隠すのね。ほーん・・・


食戟のソーマ
 タクミのアレルギー考慮料理、田所ちゃんのペット料理、そんでもって第二ステージのコンビニ料理。

 料理漫画っつーのはやっぱりそう奇天烈なことは出来んよね・・・
 いや、この3つ全部別の料理漫画で見たことあったから、意外性は皆無だったわ。
 アレルギーに関してはその時に結構勉強になって今でも覚えてるわ。
 漫画は人生の教科書。エンターテイメントとはべつに、生きるために必要なことも教えてくれるんやで(いきなり何
 どうでもいいけど最近お気に入りの漫画ジャンルはお仕事モノ。
 知らない世界の内情を知れるのが面白いし楽しい。
 まぁ相変わらず「好き」なのはラブコメとデスサバイバルなんだけど。

 司さんも参戦してのコンビニ料理対決。
 司さんがここで出てくるって竜胆先輩や女木島先輩たち十傑はどうしたと思いつつ、
 実際有用なコンビニ飯になるのであれば試してみたいな。
 なんせ平日は基本コンビニ飯だし。もうおにぎりも弁当もサンドイッチも飽きたよ・・・「飯」が食いたい。
 サラダチキンとかアレめっちゃ料理に使えそう、といつも思ってる。


アリスと太陽
 新キャラの初心者ベーシスト・瞳子ちゃん、いいね。
 音楽ってすごい!から始まり、音楽って楽しい!面白い!になっていく。
 音楽というものはかくも素晴らしいものである、それそのものみたいな娘やね。
 とても印象がいい。音楽初心者みんなこうあってほしいと思うぐらいに印象がいい。

 まぁ現実問題、本当に初心者な瞳子ちゃんでMIKAや天才高校生ギタリストに勝てるのか、とは疑問だけど。
 地味に引っ張ったMIKAの作曲担当、見かけだけは太陽に負けず劣らずの普通少年なんすな。
 内にどれだけの野心と実力を秘めているかは未知数だけど、
 猫実をも上回るレベルともなればそれだけで分かるか。

 今のところ瞳子ちゃんは本当に初心者でしかないようだけど、
 猫実や太陽と並び立てるまでなるにはどれほどのことがあることやら。
 特殊な能力・スキルなくても、「超覚えがいい」「超リズム感がある」とか何かしかないとキツいよなぁ。
 音楽の楽しさを色々見つけつつ、早めの成長をお願いしたい。


総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司
 最強・最川の負けっぷりは納得出来るかな。
 対人間だから最強だったけど、人間でない兵器相手になることで普通じゃ出来ないことも出来るようになる、
 そこを見積もり不足で負ける。良い負け方だったわ。

 で、時岡。
 相変わらず気概がカッコいいのは言わずもがな、
 社長職としての能力と紐づけての「先見の明」とはいい能力だわ。
 「見る目がある」を能力としてうまく落とし込んだなぁ。

 回想、回復、んで係長戦か。まだまだ余裕あんのかな。


ジモトがジャパン
 アマテラスの造形は好き(搾り出した


火ノ丸相撲
 心・技・体
 今作ではよく取り立たされる三要素であったけど、四要素目・愛が正式に加わってきたか・・・
 刃皇が散々愛愛言ってたけど、火ノ丸もそっちの方向性に突き進むのね。
 正直「愛」においては奥さんと子供がいる金鎧山に分があるようにどうしても思っちゃうけど、
 そこで愛を、レイナさんへの愛、相撲への愛をぶつけるか、
 愛に目覚めた金鎧山から押されているこの状況でどう突破するか。見物すなぁ。
 初の大関捕物帖。
 まだまだその捕物成るか、油断ならんでコレは・・・




 前書きにも書きましたが、
 来週はアイマスのLIVE参加のため、最速で火曜、最遅で18日日曜に更新しますので。
 予定ではまたLIVE感想もUPするつもりです。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 鬼滅の刃 ONEPIECE ワールドトリガー アクタージュ 僕のヒーローアカデミア ハイキュー!! 思春期ルネサンス!ダビデ君 火ノ丸相撲 アリスと太陽

  1. 2018/11/05(月) 18:56:58|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<週刊少年ジャンプ2018年50号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年48号 感想>>

コメント

Re: 名無しAさん

> 鬼滅
 伊黒さんや不死川の試験を突破している一般隊士たちが気になる所です
 大なり小なりあれど、あの偏屈柱たちから一応突破したとなるとかなりの実力者な気がします。

> ワンピース
 ちゃんと攻撃あたって、全力攻撃で、ルフィ自体は完璧に倒すつもりでやってるのにも関わらずあのノーダメージ。
 「最強生物」の字は伊達じゃないですね。全く勝てる気がしません。実にいい。
 コレに勝つにはちゃんとした理由にしてほしいです。安易に「ギア5」で勝ちました、とかは勘弁。

> 石
 もう新章入るって聞いちゃいましたが、「続ける余地」がどう発展するのか期待半分不安半分です。
 目標として「司帝国打倒」だ第一にあっただけに、敵の存在がいなくなってどうなるか。
 個人的にはただの科学文明再生・最盛物語はあんまり見たくないです。
 やっぱり困難や壁があってこそドラマチックになるものなので。

> ヒロアカ
 切島は体が硬くなる、鉄哲は体が鉄になる。
 物質として変化している鉄哲はまさしく疲労、金属疲労が弱点になりそうです。
 針金を一度曲げたら折れ目がついちゃう、ってヤツですね。
 今回の話で言うならば冷やすのと暖めるのを交互にやったら・・・みたいなのだと収まりが良さそうです。
 轟的にも半冷半熱の制御訓練になりますし。
>
> COMIQ
 刑事たちはアホなだけでグルではないでしょう。流石にこのマンガで警察にも根回しされてて~は話が黒く壮大すぎます。
 編集は確かにおかしいですが・・・
 犯人が分かっている前提の「サスペンス」というジャンルは「犯人であるとどう発覚するか」がキモなので、
 最低そこが良ければ御の字でしょうか。

> ソーマ
 まぁ司以外の元十傑ってそこまで「てっぺんを目指す」みたいな感じではないですしねぇ
 とはいえ、その理屈だと葉山やリョウはどうなんだ、って話なんですが。少なくとも田所ちゃん・タクミよりは実力上だろうに。

 個人的にはまだまだ司にはソーマの「上」であってほしいので、コンビニ飯つっても司に勝ってほしいです
  1. 2018/11/18(日) 14:29:01 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ワンピース
 ドフラミンゴやカタクリとは格が違う「効かなさ」でしたねぇ。
 ここからいくらルフィたちが修行しても「勝っちゃいけない」とまで感じました。
 だからこそ本文で書いたトキトキでカイドウを「消す」という道は結構現実的だと思うんですよね。

> DrSTONE
 人類石化の理由なんてあるんですかね。
 アレに関しては間違いなく科学の範疇ではない「超次元」ですし・・・
 人間が自ら起こした科学実験の事故によるもの、とは到底思えないですけど、作品的には全否定は出来ないんですよね。
 だって硝酸で解除出来るんだから。

> ネバーランド
 いくら重症つってもアンドリューがあの子たちに殺られるとは思えないですね。
 かといってユウゴルーカスがどうにか出来るわけもなし。
 ソンジュ&ムジカ、もしくはミネルヴァの協力者辺りが始末するのが現実的かな、と。

> ソーマ
 「現実でも」という言葉に引っかかりを感じましたが、
 今回のコンセプトは「どんな食材でも使いこなして一流料理にする」ではないでしょうか
  1. 2018/11/18(日) 14:28:38 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: ひゃっはーさん

 なんとかほぼ毎週更新出来ています・・・
 先日去年の更新を見返して思い出しましたが、去年のこの時期は絶賛休業中だったんですよね。
 それを思えば今年はそこそこマトモに更新出来てるかな、と思います。
 あとは「そこそこ」が取れたら良いんですがね。
 これからもお暇であれば読んでやってください。

> ComiQ
 面白味がないんですよね。エンターテイメント性というか。
 そういう意味では主人公・坂巻が犯人であると冤罪をかけられた今回の展開はエンターテイメント的ではありますが、
 その展開への持っていき方が強引すぎてなんとも。
 まだ犯人が誰か分からないミステリー状態とかであれば推理・予想のしがいもあるんですが、現状残ってる謎ってないですし。
 姫川の悪事をどうバラされて、どんな裁きを受けるか、最後の締め方には期待ですね。

> アイマス
 最近ハマってるかのように思われるかもですが、ハマってるのは数年前からなので・・・w
 ただ今まで書いてこなかった、たまたま書いたら反応があったのでもうずっぷり書いてますね。
 まぁLIVEにハマったのは去年からですが。
 
 バンドリですかー
 アニメは全話見て、ゲームのガルパもやってみたんですが、LIVEパートがどうしても慣れなくて手を引きましたねぇ。
 最近は他のゲーム進行に余裕が出来たのでまた始めようかな、なんて思ってます。現状思ってるだけですが。
 
 女の子×音ゲーでアイマスに手を出すならダイレクトマーケティング・プレゼンしまくるんで一報くださいw
  1. 2018/11/18(日) 14:28:16 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

COMIQ>この供述を信じる警察は、黒子の脅迫による営業妨害や作者殺人未遂を信者の仕業とか言ってた人間くらい理解出来ませんね。まあ滅茶苦茶いたんですが…
過程と結論が掠りもしない。むしろ犯人と否定する要素でしかない。
  1. 2018/11/13(火) 01:13:44 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

鬼滅>試練を通過するの炭治郎だけじゃないですし、試練突破がデレに繋がりはしないですよね。
伊之助は煉獄さんの事があってからは期待に応える為に強くなる為か常識も身に付いている感がします。炭治郎が知らない階級とかちゃんと知ってましたし。

ワンピース>今までのように能力ですかされたり当たればどうにかなる気がしないのが絶望的です。
ましてや怒りで見聞色は鈍っていても武装色は鈍ってないはずですし。ギア4にはマムですら武装色でガードして腕がビリビリいってたのでダメージくらいは残るとばかり思ってました。
ギア4にギア2と3を重ね掛けしたらダメージ通るかもですが、倒すまで持つとは思えないですし。
味方で一番強いルフィがこれだと数も無意味になりそう。

石>まあ司、氷月の処分は雑で納得いかないですが、続ける余地が充分にある状態で人気作を終わらせたりはしないと思います。
というか、雑な締めで完結は嫌です。

ヒロアカ>超必殺技で勝つか、爆豪みたいに持久戦で疲労まで耐えるか。
メタ的には超必殺技でしょうけど、氷と炎の組み合わせって持久戦いけるようにですから後者でもいけると思います。

ハンター>しかも絶の最中だから、オーラ消費も少なそうです。

COMIQ>まあ刑事もグルなんでしょうが、あの言いがかりで通用するのは無理ありすぎますね。もうちょい根拠になる捏造をしてほしかったです。
編集の態度も意味不明。信じるも何も自分が採用したアシスタントで、それまでは繋がりもないのに疑う余地ない。
まあ多少なら作家がYouTubeで他の作品を酷評したり自分の作品ダイマしたりなんて許される筈がないとかの時点でおかしいところはありましたけど、今週くらいまで来るとかつて自分のハマってた作品の作者補正も消えますね。

ソーマ>まあ料理漫画で大抵のキテレツはやってますから、何をやっても見た範疇ってのはありますよね。
他の十傑は自分の店が忙しかったりするんじゃないですかね?なんだかんだでプロ1年目では店を優先は当然ですし。あと自分の世代最強の司に全て任せた的なのとかも。唯一、タイマン無敗ですし。
正直、今回司が負けてもコンビニの食材と圧倒的にソーマ向けな時点で格がソーマより上なままだと思います。
  1. 2018/11/11(日) 19:25:31 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

鬼滅
まあ家族が仲良かった炭治郎じゃ不仲の兄弟はよくわからないかもしれないな
残念ながら事情を知らない人間が何か言っても説得力がないわけだし

ワンピース
純粋に絶望しか感じない力の差だな
全力の攻撃が全部当たっても全然平気なカイドウに対しルフィは一撃で沈んでるわけだし
これ正直言って全員で総攻撃をかけても倒せないだろうって
最悪カイドウはワノ国から追い出せればよしとするしかないような気がする

DrSTONE
後考えられるとすれば人類が全員石化した理由を突き止めることぐらいでしょうかね
必要かどうかはわからないが

ヒロアカ
鉄哲の個性が切島と差別化されたなと感じましたね
切島はあくまでも硬くなるのに対し
鉄哲は鉄になる
だから熱にも耐えられるし熱を武器にもできるってことに
これは切島じゃできないですね

ネバーランド
逆にエマたちの中で最初に殺人を経験するのがちびっこたちという可能性も生まれてしまったのかもしれない
あれだけ重傷なら討ち取れる可能性もあるだろうし

ダビデ
全員普通に強いなあ

呪術
実は正義じゃなかったりするかも

ソーマ
まあ現実でも作ろうと思えば作れる料理でなければならないってことなんでしょうね


  1. 2018/11/07(水) 23:43:02 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

毎週、更新ありがとうございます。
相変わらず読み応えのある感想で、読んでて楽しいです。

ComiQ(で合ってましたっけ?)、自分はあまり違和感なく読めてしまいましたが、あまり細かいところ気にしないからかもしれません。とりあえず結末をどう落としてくれるのか楽しみにしてます。

アイマス、ハマってますねー
自分も最近バンドリを始めて、女の子×音ゲーにハマリつつあります(笑)
体には気を付けつつ、無理のない範囲内で更新お待ちしています!
  1. 2018/11/06(火) 17:47:24 |
  2. URL |
  3. ひゃっはー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2927-e147641f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する