FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<最近のジャンプについて知っていること>(2019/10記)
ワンピ  :カイドウとマムが手を組んで、四皇の懸賞金が出た
ハンター :俺より休んでる
ハイキュー:鴎台と決着った
アカデミア:ヴィラン連合と別のヴィランが争ってた
ブラクロ :(何も知らない)
幽奈さん :(何も知らない)
鬼滅の刃 :柱やら上弦やら何やらが死にまくり
ネバラン :鬼との和解をしようとしてる
ぼく勉  :(何も知らない)
ストーン :(何も知らない)
アクタ  :(何も知らない)
呪術廻戦 :(何も知らない)
チェンソー:(何も知らない)
神緒ゆい :スケバンバトル漫画になった
サムライ8:ナルトの編集が有能だったとか
太星   :二重人格で将棋する
ビーチル :(何も知らない)
スクワッド:(何も知らない)
夜桜さんち:(何も知らない)
ミタマ  :(何も知らない)

週刊少年ジャンプ2018年44号 感想

10/1発売分。
よもやま話はないので早速本文ジャンプ感想です。


週刊少年ジャンプ2018年44号
  表紙&巻頭カラー:火ノ丸
  センターカラー:アクタ、金未来杯、ブラクロ


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしておりますがアニメスタート記念表紙巻頭なので普通に触れます>

 表紙めくって早々熱愛報道の謎ポスター?で笑ったわw なんだよこのピンナップw

 コレ書いてるの10/7なので、アニメ1話はもう見てますが、一応時系列に沿うのでアニメについては次号分にて。

 草介は狩谷の引退を受けての火ノ丸の小兵相撲が気に食わない、か。
 確かに火ノ丸vs狩谷の時、火ノ丸は完全に小兵相撲を否定して横綱相撲を取っていたわけだし、
 「大相撲に来た狩谷」を体現「しなかった」火ノ丸が、それを体現しちゃったら親友目線としてもムカつきはするわな。
 火ノ丸自身はそこのところを何も気にしていなく、それすらも横綱への道、横綱相撲の一角としてるけども。
 それに加え、自身が今なお大和国の幻影を追っているってのも相変わらず尾を引いて。
 こんな負の回想描かれちゃあ負けるのも残当だけど・・・

 と、草介が負けるのを見越していたら、まさかの大包平・加納が無道になったでござる。
 ここまで全勝してて、草介に勝ったことも驚きだけど、コイツどこまで伸びていくんや。
 誰よりコイツの躍進が一番の驚きなんだけど・・・

 草薙・草介もコレで火ノ丸と並び2敗。
 因縁対決を加味するのであれば大分舞台が整ってきた感があるけど、
 肝心の刃皇の最低2敗はまだどうなるか全然見えんなぁ。
 この展開を見るに、刃皇vs大包平で刃皇敗北もマジでありそう。
 で、天王寺&火ノ丸が加納を倒し、天王寺が刃皇を倒し、火ノ丸&草介が天王寺を倒し、
 なんやかんや大典太辺りも食い込んできて・・・
 優勝決定戦、マジで3人どころじゃ終わらねーなコレw
 
 
鬼滅の刃
 善逸ェ・・・・w
 めっちゃ笑ったわw 伊之助、生きて再登場しろよw

 柱合会議で動きがあったけど、宇髄さんはいないのか。柱は本当に辞めたのか・・・
 お館様も体調悪いそうで、「今後一切不可能」とはいよいよもって、って感じだけど、
 このまま終わることもないだろうからなんとも引っかかるわ。
 本当に「病状の悪化」なのか?
 
 半天狗、玉壺との戦いで発現していた甘露寺さんや時透の紋様はちゃんと意味があるものだったということで。
 鬼関連ではなく、柱・呼吸関連の紋様だったか。
 まずは良かった。まぁ鬼が必ずしも関係していないとは思わないけど。
 炭治郎から始まり、柱の一部に広がり、そして鬼殺隊へ・・・
 まだ力見せぬ柱もいる中、全体の底上げたる紋様発現が容易に成るのであれば大分頼もしいなぁ。
 言うて残りの敵は鬼の中で上位3体+鬼舞辻なわけだし。
 

ONE PIECE
 おっと~まさかの時間跳躍?ネタとしては「ほぼ」外れのないタイムリープ、タイムワープモノ?
 ワンピでそれやっちゃう?
 20年前焼き殺されたけど生き延びていた、って話なら「時を越えて~」なんて言い方しないよなぁ?
 ん~ここに関しては続報がないと何も読めん。
 読めんけど、時間跳躍ネタは否定派、とだけ書いとくわ。

 たまの離脱は結構驚いたわ。
 ついてくる意味ないとはいえ、ここで別れるとは。また再登場は絶対あるだろうけど、
 物語の本筋、vsカイドウ海賊団での対スマイルとかそういう話にはならなそうかね。
 まぁ便利要員としてたまを使えば、それはホールデムたちと一緒になるわけだけども。

 子供に教えられてる鎖国と開国の話からの「赤ざや九人男」は「9」という数字を見ると、
 もはや麦わらの一味しか思い浮かばないわけだけど、
 そうなるとモモの助たち、ロー、ミンク、ジンベエ辺りがノーカウントになるのが憚られるなぁ。
 それぞれの代表を足したら9人ぐらいには成りそうか?
 ・・・待てよ。9人?
 ルフィ、ゾロ、ロー、キッド、キラー、ホーキンス、ドレーク、アプー・・・
 今このワノ国にいるルーキーってこの8人よね。
 ウルージ僧正はカイドウと接触してるからカウントするとするとその数、9。
 「夜明け」はそのままワノ国の開国を示すと同時に、ルーキーによる海賊時代の新たな夜明けという意味じゃ・・・
 考えすぎとは思わんぞ。だってルーキーこんなにこの島に揃ってるんだもん。
 この「9」という数字は今後すごく大事になってきそう。


アクタージュ
 演技でもウソでもない巌さんの「死」という要素が絡んできて物語がグッと引き締まってるわ。
 死に行く者の幸せとは、残される者の思いの行先は。
 「死」をテーマにした時についてまわるモノだけど、
 それをあくまでウソの演技に昇華しなければならないという難しさ。
 今までの景の演技への悩みとは全くベクトルが違う本当に難しい問題だわ。
 なまじ身近であった母親の死を知っているから、というのも大きいすな。
 残される者の気持ちが分かる中、残す者を「演じる」。
 この回答、どう見せるんだろう・・・本当に今までとは全くべクトルが違うぞ。

 巌さん・カムパネルラの「ほんとうにいいこと」を守ること、引き継ぐこと、それがほんとうの正解なのかな?
 正解なんて、あるのかな?


約束のネバーランド
 おぉう・・・マジモンの大ピンチやがな。
 犠牲者が出たことによってマジでやべぇ感激増。

 敵さんがシェルターのこと熟知してるのは支援者を始末したから、か。
 流石に全員死んでいる、このシェルターで会話した人まで死んでるってことはないだろうけど、
 何もかもバレて、出口防がれてる状況で、ガス攻めまでされて、コレはマジでやべぇな。
 
 でもピーターたち管理者サイド、というか鬼世界からしたら食用児に人権なし、というのは当然だわな。
 だってそういう「約束」なんだから。
 倫理的にはどの世界で産まれても人間は人間、というエマたちの理屈も分かるけど、
 そもそもその倫理自体が「食われるために産まれた」ものなのだから。
 エマたちにとっての「当たり前の日常」って「食われること」なのよね。残念ながら。
 ここに関しては残念ながらピーター、アンドリューに同意せざるを得ないわ。
 「だってそういう約束なんだから」
 食うために産んだのに、それが逃げたら殺処分。家畜で考えると、当然の光景なんだよなぁ・・・
 改めてこの世界の不条理さ、理不尽さを噛み締めたわ。

 それに抗うのがこの物語。
 逃げるのは勝手、逃げた先で生きていくのも勝手、だけど逃げたのを見つかって殺されることを否定する。
 人間の倫理ではなく動物の倫理として考えると、うん。俺はこの否定を肯定できない。やっぱり。
 残念ながら鬼世界では、それが、正しい。
 そういう意味では「悪」なんだよなぁ。エマたち。


呪術廻戦
 ナナミン先生とのコンビネーション美しいなぁ。
 2対1の戦闘をちゃんと描けていて、
 こういうのによくある「いや、もう一人何やってんだよ」ってのが全くなく、
 3人が全力全開で戦っているのがよく伝わってきてえぇわ。

 真人がいい感じに追い詰められた所で領域展開とは・・・
 歴然とヤバい感じだけど、ナナミン先生、今度こそヤバいのか?


金未来杯エントリーNo5 ミストの解剖録 (冴豆祐人)
 今年の金未来杯もコレでラスト。
 なんだかんだレベルの高かった今年の締めくくりは如何に・・・

 うん、面白かった。
 よく描けていたし、犯人の正体と犯行の意味までちゃんとあって本当によく出来ていた。
 けど相変わらず、そこまで。
 だからさぁ・・・今年、なんで「こんなの」ばっかなの?
 幽霊、エイリアン、ゴースト、最後は死人ですか。
 ぜ~~~~~~~~~~~んぶ、一緒なんだよ!!!

 謎な存在の主人公がいます、何か事件が起きます、依頼者が依頼します、
 対象と接触します、その正体は意外なモノでした(別にいました)、退治します、
 マジで全部一緒。
 いやね、王道だよ?こういう形式は読切の王道だから、こういう構成になるのはしょうがないわ。
 実際少なくとも「仄見える少年」「血液ヌル」「ミストの解剖録」の3つは、
 「面白かった」って思えたもん。
 ジャンプに合うどーこーの前に、「読切」としては本当によく出来てた。
 だから単発掲載だったら全然褒めるし「おっ期待の新人やな!」と思えるけども、
 5作品注4つがこの形式って、ちょっといくらなんでもやりすぎだわ。
 なまじ3作品目「恋は戦争」が全く違う、というか唯一のコメディ作品なだけに余計に「同じ」感がすごい。

 まぁ今作「ミストの解剖録」は前3つよりはかなり個性的な内容ではあるけど。
 ここまでガッツリ「解剖」するとは思わなんだわ。グロ大丈夫なんかコレ?臓器とかモロだけど。
 最後状況は分かっておきながらもユミちゃんも「解剖」して真相を明るみにしたのも評価。
 
 ということで今年の金未来杯終了。
 書かなくても分かるよね。優勝は「恋は戦争」です。一択。ガチガチの一択。
 4作品同ジャンルで潰しあいして、全く関係ない作品が栄華に輝きました。
 まぁジャンルカブリを抜きにしても「恋は戦争」が一番面白かったから、文句なしの1位だけど。
 以下、
 血液ヌル>ミストの解剖録>仄見える少年>Apollo で。
 まぁ例年俺の趣味嗜好とは合わないのが証明されてる金未来杯だから、今年も外すんでしょうな。
 なんてったってココは「ジャンプ」だし。
 ジャンプ作品なら妖(あやかし)とバトルしないとダメよね。


僕のヒーローアカデミア
 えっらい早く読み終わったな、と思ったらページ数が少なかった。
 えぇんやで・・・ページ数が通常通りで見るに耐えないネーム原稿見せられるより、
 ちゃんと出来てるページだけを見せてほしいんや・・・

 ということでチーム2戦。
 希乃子ちゃん(シーメイジってヒーロー名上手すぎひん?)のキノコもヤバけりゃ、
 漫我くんのコエカタマリン(どう見ても)もやべぇな・・・海外ホントどうするんだコレw

 今戦は案の定完全にB組が優勢の形だけど、いまだ両チーム捕縛者はなし。
 ヤオモモもこのままじゃ終わらないみたいだし、どういう勝敗になるか全然見えんけど、
 黒色、希乃子、漫我の3人のコンビネーションは早々崩せんよなぁ。
 いかんせん物理攻撃要員がA組にはいなすぎるし。


ブラッククローバー
 イマイチ王城の構成が分かってなかったけど、ヴァーミリオン家まで王城内なのか。
 救援要員がミモザ、キルシュじゃ不安だけど、あそこには今最強の団長がいはるし、何の問題もねーな。
 
 シルヴァ家はついにノゼルとノエルの共闘でアツいぞ。
 ようやくあの堅物兄様もノエルを認めたのか・・・

 国王邸キーラ家は一番問題なさそうな最強メンバーだけど、
 そこにランギルスしかいないわけもなし、やべーのがいるんだろうなー


ぼくたちは勉強ができない
 あらあらまぁまぁ・・・・
 すごく良かったぞ今話。

 成幸とりっちゃんの組み合わせは当然として、そこに関城ちゃんをガッツリ絡めて、
 「2+1」ではなく、ちゃんと「3」として扱ってくれてすごく良かった。
 りっちゃんのために動く2人が良い具合にポンコツで、それでいて気持ちは同じで、
 そしてそれに怒るりっちゃん、マジでこの3人の関係性を完璧に描いたと言って過言ではない回だったわ。
 りっちゃんも成幸も関城ちゃんもみんな美味しい、本当に良かった。

 この物語の完結がどうなるにせよ、この3人はずっとこのままの関係性でいてほしいわ。切に。
 ゲスな話をすると、成幸×関城ちゃんというカプは俺の中では「アリ」だけど。


HUNTER×HUNTER
 ハルケンブルグ覚醒、サレサレ死亡・・・
 そうそう、こういうので良いんだよ。
 王子自らがアクティブに動き、能力を使って王位を争奪する。
 王位争奪の裏の権謀術数まで踏まえて、コレぐらいシンプルな作りの話が見たかった。
 カチョウ、フウゲツも動いてるしマジでこういう話を今後もお願いしたい。
 ということで面白かったわ今話は。

 国王を説得してこの儀式そのものをやめる、また国王を殺す、自殺する、
 そういった「止め方」を否定したのも大事な情報だったっすな。
 ハルケンブルグも本気になったらやべー能力だし。
 防御不能の強制意識上書きとかマジで最強やんけ。
 人柄的にももうコイツが王様で良いじゃん?


思春期ルネサンス!ダビデ君
 中学生かよwww

 あるある、やね・・・
 エッチング。エッチやもんね。
 オチまで見え見えだったけど、思春期中学生(ダビデは高校生)全開でめっちゃ笑ったわw
 女の子同士で学校の中で複数人で経験者交えてエッチングやりまくり・・・
 酷いな!(褒め
 なまじヴィーナスさんがエロいから余計に酷いw

 芸術ネタも分かりやすい所から地味に取り入れてる所まで面白いわ~

 ・・・って、ガチの美術解説も入るのかよw 怒られろw
 

Dr.STONE
 司&氷月参戦でマジモンのクライマックスへ・・・
 ジャンプにおいて「クライマックス」って言葉は最終回間近というのが一般的だけど、
 今作はどうなるのかな。
 司たちを倒したらほぼやることない、あとは科学創生物語となっていくわけで、
 そこまでやることはないように思えるけど、100話ぐらいで終わらせるんやろか。
 アニメ化なんてとっくに内定してると思ってるけど・・・

 圧倒的力をどう科学で収めるのか。
 あの状況でどういう科学が出てくるんやろ・・・


ハイキュー!!
 今話はなんかえらく笑顔ばっかりだったな。
 嘲笑、必死の笑み、煽りの笑み、悔しい笑み、嬉しい笑み、楽しい笑み、満面の笑み
 何やコイツら、このシーソーゲームで楽しそうにプレーしやがって・・・
 眩しいじゃねーか!!


ゆらぎ荘の幽奈さん
 えっと・・・最終回?

 じゃないのか。完全に最終回のソレだったからマジで焦ったわ。

 餓爛洞問題完全解決、師匠完全成仏、幽奈まだ成仏したくない告白、
 コレこっから何やんの・・・
 師匠のキャラめっちゃ美味しかっただけに成仏しないでも良かったんじゃ?と思っちゃうわ。
 まぁあの人なら成仏してもなんかまた帰ってきそう感あるけどw
 

食戟のソーマ
 話は世界規模の料理大会・BLUEへ。
 朝陽を筆頭に表も裏も入り混じりの料理大会ってことで、おそらくコレ以上の大会はないでしょうな。
 ソーマが遠月一席、ゴールに辿り着いちゃったからこういう展開になるのは当然だけど、
 もっと遠月学園内での規模の話を見たかったな・・・まだ2年生なのに。

 BLUE自体は元十席は当然として、司さんや竜胆先輩たち旧十席も出てくるのは当然だろうけど、
 U35なら四宮とかも出てくるのかな?城一郎や堂島さんは出れないだろうけど。
 おっ、大分楽しみになってきたぞ・・・
 師弟対決とか見たい。田所ちゃんvs四宮とか見たい。またvs司が見たい。
 なんだかんだ楽しみだわ。表の料理人ばかりだけど。
 裏にもなんか意外な人がいたりしたら良いなぁ・・・ないだろうけど。
 

アリスと太陽
 「アリスと太陽」で売上対決って展開はアリスがグズグズしてるから分かりやすく収まる所に収まって良いけど、
 ヒキのアレは・・・何?宣材写真?プロモ写真?
 初見、MIKAが死んでるのかと思ってまさかのサスペンス路線!?と思ったけど、 
 それぐらいサイコなシンガーってこと?
 サイコ=天才とされちゃたまんないけど、アレだけで「ヤバい」感はすごかったわ。

 MIKAの1stを作曲してる高校生も出てくるだろうし、
 シンガーと作曲者という同じ構成のコンビ2人での全面対決、良い展開だわ。
 MIKAもその作曲者もライバル足るキャラであってほしいすな。

 後は具体的にメジャーとインディーズでどう「勝つ」か。見せてほしい。


総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司
 分断戦闘はともかく、
 このヒキの仕方はちょっと下手すぎやろ・・・
 防がれるの見え見えで全然ワクワクしねーわ。
 猫屋係長とゲンナイの絆の話は結構良かっただけに残念。


ジモトがジャパン
 う~ん、今回の静岡拳は何もかもイマイチ。
 静岡ネタは小ネタで一杯出してたけど、本当に「出してた」だけでギャグになってなかったわ。
 一番のギャグが何の形を現したわけでもない変な形のバイクってどうなのソレ。
 せめてそこは静岡県の形にするとかあるやん。静岡の形、なんかバイクに出来そうな感じだし。




10/7 UP
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 火ノ丸相撲 鬼滅の刃 ONEPIECE アクタージュ 呪術廻戦 僕のヒーローアカデミア ぼくたちは勉強ができない HUNTER×HUNTER 思春期ルネサンス!ダビデ君

  1. 2018/10/01(月) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<週刊少年ジャンプ2018年45号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年43号 感想>>

コメント

火ノ丸相撲>親友うんぬんは前回の時点で察してましたが、あの団体戦の意義とかまで問われると「どんだけ凄かろうが発展途上の過程でいいのでは?」とか思ってしまいます。
国宝世代はまだまだ脂が乗る前の年齢ですし、今結論を出してもね…

ワンピース>まだ子供のモモノスケがロジャーと会ってるので多分タイムリープです。
まあ「有りなの?」とは思いますが、ローの不老手術みたいに命と引き換えとかならまあ…

近未来杯>唯一系統が被らないから『恋は戦争』は読み切りと同時に載せたとか思ってしまいます。
同じ近未来杯でなければ応援したい作品ばかりでした。

ブラクロ>まあ討伐チームにいたのに反対してない時点で認めてた感はありますが、ここまでとは思いませんでした。

ストーン>近年は編のクライマックスで使われる事も多いです。

ソーマ>これでやっと司をちゃんと越えられるわけですね。連隊食戟ではまだ司>えりな>ソーマでしたし(竜胆は司より下は確実ですが、何処に入るか不明)。
司はともかく、十傑がどこまで参加出来るかは不安です。父親の回想では城一郎しか参加してなかったくらいにハードル高い大会みたいなんで。
いわば十傑はワンピースの超新星を決めるクラスの争い、ここからは未来の海賊王候補を決めるクラスの争いですから枠は少ないと思います。
  1. 2018/10/08(月) 16:50:47 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

火ノ丸
狩谷に関しちゃ事情があるから仕方ないとはいえ
草介メンタルが弱かったのかなと思ってしまった
まあ火ノ丸たちのほうが逆境にいたから仕方ないかもしれないが

刃皇と加納がもし戦うとすれば優勝決定戦でってことでしょうね

鬼滅
個人的には禰豆子がしゃべれるようになったことでカナヲちゃんとのからみもみたいです
善逸は炭治郎という壁も存在してます

ワンピース
時を超えたってことはモモの助たちは死んでるって思われてるってことになるのだろうな
それとこの様子だとミンク族たち彼らを待ってたの相当長い年月だった可能性もあるかな
九人男に関しては錦えもんたちのことでは
まだほかにいるのかもしれない

ネバーランド
まあ奴らがエマたちにやってることが自分達が食料にしてる動物たちにやってることと同じってことなんだろうなあって
善悪ってのは互いの都合で決められるものだともいえますね

ブラクロ
個人的にネブラもソリドも別に殺されてもいいと思ってしまってます
奴らがノエルを認める姿が全く思い浮かばなかったり

DrSTONE
まあ文明復活とかはあるかもしれないが
小難しい話とかやっても面白いとは思えないし
それに連中のリベンジとかそういうのも警戒しないといけないかもしれないし

幽奈さん
この漫画のメインが恋愛だからとか

ソーマ
BLUEといえば城一郎は出なかったわけで
そこでもし創真が出て頂点を取れば父を超えたってことにもなるんだろうか
しかし現時点の創真でも司や竜胆先輩に勝てるようには見えなかったり

  1. 2018/10/07(日) 21:09:36 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2922-f536e065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する