FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

「アイマスシンデレラガールズSS3A LIVE」に行ってきました

9/8、9/9の二日間、
「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪」に行ってきました。

そのレポート・・・じゃなくて感想です。
本来はジャンプ感想前書き枠として書いていましたが、あまりにも長くなったので別枠を作りました。
なお、大方の方が予想されている「LIVE感想」ではないことをあらかじめお知らせしておきます。
が、書いていることは熱意を持って書いたことだけは事実です。

それでは以下からどうぞ。
なお、この前書きは本文を全て書き終えてから書いています。

LIVE最高だった!!!

前の土日、アイマスシンデレラガールズのLIVEイベントである、
「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪」に行ってきました。
現地の群馬県は前橋市へ。

ここでちょっと「俺とアイマスLIVE」について。
「俺とアイマス」については語ってたらジャンプ感想10更新分ぐらい書けるので書かん!
LIVEに応募しだしたのは実は4thLIVEの頃からだったんだけども、
CD買ってせっかくついてるんだからとCDのシリアル応募して、でも当たらなくて、それで終わっていて。
そもそもアイドルは好きだけど、アイドルが歌うんじゃなくて演じる声優さんが歌って踊るのは・・・
別ベクトルで声優さんも大概の人を好きだけど、その「好き」はアイドルたちと紐づかないんだよなぁ~
CDは死ぬほど聞いて曲は覚えてるけど・・・

とずっと二の足を踏んでいたんだけども、
5thLIVEツアー、まぁ~ツイッタ―TLの皆さんが楽しそう。全7会場14公演、まぁ~楽しそう。
現地は当たらなくても地元の映画館でライブビューイングなるものがあるとな。
「経験として見てみるか」と初めて見たのは5thLIVEの5会場目・幕張公演1日目
びっくりしたね。すっごい楽しかった。
その時はチケットしか持たず映画館に赴き、提供読み?コール?サイリウム?いつもの「アイマスですよアイマス」?
「?」を頭に沢山浮かべながら周りが立っているから立つだけ立って棒立ちで見てたんだけども、
いやはや、楽しかった。
その幕張公演のトップバッターが担当アイドルの一人である大槻唯ちゃんの「Radio Happy」だったのも大きかった。
何アレ。あんなの楽しくないわけないやん。
一瞬で心ガッと掴まれたわ。
確かに歌って踊っているのは唯の中の人こと山下七海ちゃん(元からファン)だったけども、
それに置いてもあの場には「唯がいた」
ビックリしたね。「そこにいた」。すごい衝撃だった。
「キャラと声優は別のもの」そんな固定観念が完全に崩壊したわ。
俺は今まで何と愚かだったのだろう、本気で悔いたわ。
唯に限らず、続くアイドルたちも軒並みそうだった。
かと思えばMCパートでアイドルとは全然違う個性を発揮する声優さんたち。
アイドルと声優、2人で1人。否、2人で2人。こんな世界があったのか、本当に衝撃だった。

そこからLIVE沼にどっぷりハマり、
幕張後すぐにサイリウムを揃え、過去のLIVE円盤を見てコールの勉強をし、LIVEのノウハウを学び、
続く5th福岡公演はあの神の公演、5thSSA公演の殺しに来てる両日公演、
社員旅行から急いで帰ってAbemaTVで見た6th Anniversary Memorial Party
愛媛限定LV会場水びたし上映中止事件があったすぷりんぐふぇすてぃばる
もはや逆にレアすぎる曲ばかりの台湾公演Initial Mass@geと、
開催されるLIVEは全て見ていって。

で、今回の群馬前橋SS3A公演
「当たらなくてもまたLV見に行くぞオラァ!」と当たらないこと前提で応募した、
デレステゲーム先行応募まさかの当選
今でも当たったのは日々の廃課金のおかげだと思ってる。
一緒に行く友達もいないくせに連番で2日目が当たったもんだから、
ツイッタ―で見ず知らずの1日目連番の人とやり取りして両日確保。
いざ、9月8日土曜日の現地LIVEへ。

愛媛から群馬は近いものではなかったけども、補って余りある高揚感。
無事見ず知らずの同行連番の方と合流し、1日目。
その方がまーたアリーナのステージ真ん中正面の席を当ててくれたもんだから最高&最高。
素晴らしすぎるプロモーションをしてくれた前橋市に感謝の「前橋市!」提供絶叫をし、
そして始まるLIVE。初めての現地LIVE。アイマスに限らず、生で見る初めてのLIVE。
始まって1曲目「とどけ!アイドル」が始まった時、
もう俺は、前が見えなかった。
大号泣。

今思い出しても泣ける。というかコレ書きながら泣いてる。
響く大音量、LVでは見られないステージの全容、輝かしい照明、
「目の前にいる」アイドル。

あまりの感激にガチで号泣してた。
でも、泣いてばかりじゃいられない。俺は泣きに来たのではない、アイドルに会いに来たのだ。
目の前にいるアイドルのみんなを見なければ。
泣きながらサイリウムを振って、コールして、曲が終わって、
「私たち、シンデレラガールズです!」が生で聞けて。
今まで画面や音楽再生機器を通してしか聞いてこなかった数多の名曲がその後も聞けて、
いつも以上に全然休みのないセットリストにヘロヘロになりながらも懸命に応援して、
ケミカルライト・UOも初めて折って、
しっとり曲に心穏やかになり、激アツ曲に心燃え上がり、まさかの組み合わせに驚愕し、
頑張る新人に涙し、聞いたことある曲に浮かれ、聞いたことないアレンジに動揺し、3時間の公演が終了。

超、楽しかった。
コレほど楽しかったことは早々思い浮かばない。マジで楽しかった。
確実に俺の人生史における「楽しかったこと一覧」に刻まれた。
普段は陰キャラの引きこもりオタクなんで、
こういうアクティブなことはあまりしたくないという人種なんだけども、
俺を知ってる人があの俺を見たら驚くだろう。
めちゃくちゃハイテンションで、めちゃくちゃ楽しんでた。
客観的に振り返ってみてもそう思うわ。普段の俺からは想像出来ない俺だった。
でも、それは演じてたわけでも絞り出したわけでもない。
完全に意識せず出ていたもの。
だってその曲が好きなんだもん。曲が燃えるんだもん。アイドルが輝いてるんだもん。
伊達に「本業」を「アイドルプロデューサー」だと名乗ってねーぞ。
自信を持って書こう。俺があの会場で一番楽しんでいた!
それぐらい、楽しかった。素晴らしかった。最高だった。
何度だって書けるし声高らかに言える。「最高だった!!!!!」

何故こんなに楽しかったのか、それを冷静に分析してみたんだけど、
これこそ「現地だったから」、と考察した。
過去行ったLVでもサイリウム振ってコールして・・・としてたけど、
やはりそこは画面の先の世界。
その便利だけど遠い遠い隔たりを取っ払って「目の前にいる」
これが大きかった。
だからこそ、俺はいつものLV以上に大興奮していたんだろう。
でもハッキリ言ってステージで歌って踊るアイドルをちゃんとは生では見られなかった。これは両日共に。
1日目は良席だったとはいえステージからは後方のアリーナだったんで、
MC中に双眼鏡で覗いても顔がハッキリは見られないレベルだった。
そういう意味では「絶対見える」LVには劣ってるし、見るべき表情とかも見られなかったかもしれない。
でもそこは「そこも含めて現地の良さ」であると思う。
現地で端にいて反対側の端が見れるわけでもなし、
精一杯見れるだけものを見て、感じて、それが現地なのだ。
しっかりどっぷりアイドルを見る、それはLVと円盤のお役目よ。

1日目はそんな感じで終わり、2日目。
1日目は愛媛から現地移動に時間取られて全然LIVE前のよもやまを楽しめなかったので、
朝から会場に赴き、会場先行販売のCDを買ったり、有志のフリスクウチワを貰ったり、
サイゲの全然フラワースタンドしてないフラワースタンド見たり、
有志のフラワースタンドしてるフラワースタンド見たり、
同僚が沢山いる広場を闊歩してみんなとにかく楽しそうなことに嬉しくなったりしつつ、
時間はあっという間に過ぎて入場へ。
普段のガシャ運はドコへやら、俺が当てた席は1日目の良席とは程遠いスタンド席
同行の方にひたすら謝りつつ、LIVEが始まってみればその楽しさは変わらず。
基本2日目は1日目を踏襲したセットリストだったわけだけど、
2回目でも良いものは良い!
そして1日目を見ているからこそ、昨日とは違うこと、昨日は見れなかったことにも注目出来、
1日目より大分モニターとステージを上手い具合に見分けられたと思うわ。
そして相変わらずLIVEパフォーマンスは素晴らしかった。文句?あるヤツぶっ飛ばすぞ!
セトリがある程度分かっている分、体力分配も上手く出来たしね。
体力全開にしたという意味では2日目の方が全開だったわ。
終盤の激アツ曲の流れはその後のことなんて知ったこっちゃねぇ!という勢いで全力全開だったし。
おかげでLIVE終わったら汗だくで瀕死の満身創痍だったけど・・・
それでも後悔は一つもない。現地応援。やりきった。間違いない。
半年分ぐらいのエネルギーは全部あの瞬間に使い切った。


何度だって書ける。楽しかった。とても楽しかった。
初めての現地LIVEがこんなに楽しいものであってくれて幸せだわ。
負の感情なんて何もありゃしない。
ありがとうアイドルのみんな。とても輝いてたよ。
ありがとうキャストさんたち。とても輝かせてくれました。
ありがとうダンサーさんたち。ラブデス超カッコよかったっす。
ありがとうスタッフさんたち。素晴らしいLIVEでした。特に照明やべぇ。
ありがとう前橋市のみなさん。俺たちを受け入れてくれて。
ありがとう同僚Pのみなさん。楽しかったね。

また、行こう。
現地LIVEにも、前橋にも。
こんなに楽しいものを30年俺は知らなかったのか・・・無知蒙昧とはこのことよの。


LIVE以外の話だと、
ドーム近接に展示されてる天下三名槍の一つ・御手杵のレプリカを見たり、
群馬県庁展望室に行って前橋の街を見たり、
月曜に足を伸ばして富岡製糸場を見に行ったりしたってネタ。
広げない、ということは「そういうこと」とお受け取りくださいませ。


曲1つ1つとかも全然語れるけど、
今回の主点は「はじめての現地LIVE」ということでそこに絞りました。
こういう感想があってもえぇやろ。
次また行く機会があれば、曲やキャスト、MCなんかについても語りたいすわ。
目指せ6th現地全通・・・(まだ当たってない
(追記:当たりました。6thLIVE 埼玉1日目が。
 そしてツテで埼玉2日目(本当にありがとう)、埼玉1日目との連番交換で名古屋1日目 、全部現地参戦!!!
 名古屋2日目は愛媛でLV見ます。一番行きたかったヤツだけど贅沢は言うめぇ。



最後に。
少しでも興味あるなら、まずはLV見てみて。
俺みたいに世界が変わるかもしれない。
世界が変わったら、もう、止まれないから。


ありがとうアイマス。また、必ず、会おう・・・
関連記事

タグ : アイドルマスター LIVE シンデレラガールズ SS3A

  1. 2018/09/09(日) 23:59:59|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<週刊少年ジャンプ2018年41号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年40号 感想>>

コメント

Re: 夕美仁奈Pさん

 またここにもブログ読者兼プロデューサーが・・・
 ウチのブログ、結構プロデューサーがいて驚いてます。
 昔ならともかく、今はジャンプ感想しか書いてないってのに・・・
 コメントありがとうございました。読んでいただいて嬉しいです。
 思いのまま書きなぐったのが伝わって良かった・・・

 「印象」という意味では第6回総選挙新規組+晴+愛海の新人の印象残りっぷりはすごかったです。
 最近の若手登用はシンデレラの世代交代を思わざるを得ないですが、
 そんなことを忘れさせられる、堂々とした圧巻としたステージで、心配たる心配は何もないですねぇ。
 2日目もセトリがちょっと違ったり、
 それこそ関ちゃん・会沢ちゃんの「楽園」は1日目を見ていると2日目の感慨が深すぎたり、
 全く見て損がないものだったので、円盤の発売の際には是非。
 どういう収録内容になるか分かりませんが・・・

 名古屋2日目行かれますか・・・激羨ましい・・・LVで死にます(死ぬのは確定している

 感想はまた書く予定ですのでお楽しみに。
 DAY1、DAY2で出演メンバーも結構違うので書き応えありそうで今からワクワクしています!
 ちなみにですが・・・あくまでワタシの予想でしかないですが、
 相葉ちゃんは新曲歌唱が来るのでは、と睨んでいます。
  1. 2018/09/22(土) 23:49:57 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

SS3Aお疲れ様でした。
ラジルさんと同じ5thからデレマスライブ観始めてます。ジャンプ感想はもっと前から見てます。
やっぱり現地は最高でしたか…!
感想から熱い想いが伝わってきました。
こちらは田舎のLVでしたが楽しかったです、1日目だけしか行かなかった自分を悔やみました。
楽園や、お嬢の熱唱など、新人さんの活躍が特に心に残ってます。
アイドル皆が最高にアイドルしてて感動でした。

そして6thは埼玉名古屋共に現地とは流石ですね!
自分は逆に名古屋2日目だけ当たりました。
楽しみですよね♪
できれば…埼玉1日目の夕美ちゃんの感想が見られたら、嬉しいです!なんて。

ライブ感想ありがとうございました。
  1. 2018/09/18(火) 13:43:14 |
  2. URL |
  3. 夕美仁奈P #aIcUnOeo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2918-9156c1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する