FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2018年33号 感想

さて、復活更新。
「『復活』言いつつ、全然発売日に更新せーへんやんけ!」という意見はごもっとも。
管理人からはこの一言だけ。
「更新するだけマシや!!!」
いや世間は三連休ですけども、日曜仕事だったもんでね。
じゃあわざわざ土曜に出かけなくても、日曜会社の近くのコンビニでジャンプ買えばいいやん、ってなった。
ただ、それだけの話。
ただ、それぐらい俺が外に出たくない、って話。

この前書き枠でのよもやま話はとりあえずコンパクトにコンパクトに。
別に書いて面白いことねーし。
でも近々夏アニメ所感なんかは書こうかと。ハッキリ、今期やべーわ。悪い意味で。

週刊少年ジャンプ2018年33号
  表紙:集合
  巻頭カラー:ワンピ
  センターカラー:こち亀、久保先生読切、ストーン


週刊少年ジャンプ50周年
 50周年記念号ということで、今号はまぁ~すさまじいことになってますな。
 各作家チョイスによる別作品のキャラとの合同表紙×全作者分、
 こち亀掲載、
 久保先生読切、
 歴代作家のサイン色紙プレゼント&コメント。
 まさしく「記念」に値する号になってたんじゃないかと。

 結局俺はいまだにジャンプ暦が何年なのかが分からない今日この頃。
 この感想自体は現在13年目、
 何度も書いてきた通り「ワンピース1話目から誌面で読んでる」記憶を踏まえ21年。
 だからたぶん22年そこら。
 とりあえずまだジャンプの歴史半分も追えてないのは確実ですな。
 まだまだ遠い・・・

 フェイバリットキャラクター共演表紙について。
 悟空はもうちょいどうにかならんかったんか・・・ただただ恐怖。
 こんだけ作者いて誰もキャラはおろか作品もカブってないってのも作為を感じるわ。
 何人かはガチファンなのは知ってるけど、どうなんだろう。
 そこを統制しないと悟空ばかりになるかもしれないけども。
 とはいえ、描いてるキャラを好きなのは事実であろう。
 意外な人が意外な作品を好きで驚いたわ。良い表紙でした。
 
 鳥山先生&井上先生の対談はカラーからモノクロまで一気読み。
 レジェンド作家の漫画トークはいつだって面白いなぁ。
 最後、今の作家に向けての言葉は特に重みがあって良かったわ。
 「バカかこいつは」って漫画、いいよね・・・

 歴代作家のサイン色紙はアレだけですごい感動したわ。
 俺の知らない頃のジャンプの作家は正直ピンとこないけど、表面の終盤辺りからはすごくピンと来た。
 「WILD HALF」の浅美先生とかすんげぇ久々に絵見たぞ。あの漫画大好きだったわ。
 裏面はもう・・・ね。全部知ってるわ。
 集英社でまだやってる人、他社・他誌でやってる人、現役でやってる人・・・懐かしいね。
 

ONE PIECE
 狒々と狛犬はただの動物、と。
 刀を当然のように使える狒々、おおよそ普通の動物の形状ではない狛犬が「ただの」動物ということは、
 このカイドウが牛耳るワノ国、
 スマイルに限らず動物の改造なんかも行ってそうすな。
 なんやかんや上手い具合にゆるーく消えていったジェルマのクローン人間設定やら、
 パンクハザードの人体実験やらを踏まえると、そこまで業の深いものではないかな。
 少なくともあの動物たち自体は不幸には見えないし。

 ザコ戦はさておき、ルフィが出会った現地の少女・お玉は・・・まずアレ何の能力やねん。
 後から分かる腹減ってる件からして自分では食えないものということで、
 純粋に「桃太郎印のキビ団子」能力でしかないのかな。実の名前が全く想像つかんな・・・
 「トモトモの実」の誰とでも友達になれる能力、とテキトーな予測にしとくわ。
 つか最近は能力も全然漫画内で明らかにならなくなったし、最後までわからん可能性も・・・
 錦えもんたちを見ても、どうやらワノ国民に「悪魔の実」という概念はないようだし。

 そんなお玉はエースを待っているということで。
 頂上決戦の時、リトルオーズの話であった笠の話はここですな。
 エースの死、自らが弟であることをルフィはどう伝えていくのかねぇ。
 ルフィ自身、エースの死に今どう向き合ってるのかの確認も込めてルフィからちゃんと語ってほしいわ。

 で、最後にはルーキーズのホーキンス登場。
 お前もカイドウの傘下・・・じゃねーな。「百獣海賊団」って肩書きになってるから軍門に下ったのか。
 ワノ国編、マジで11人の超新星、全員揃うんじゃねーの、とワクワク。
 少なくとも現在分かってる時点で、
 ルフィ、ゾロ、ロー:現地入り
 アプー、ホーキンス、ドレーク:カイドウの部下に
 キッド:カイドウに捕縛
 キラー:キッドがいるなら捕まってるか部下に一時的になってるかだろう
 で8人はいるし。
 カポネは魚人海賊団&ビッグマム海賊団と共に参戦、
 ボニーはマリージョアの流れで参戦、
 ウルージ僧正は空から参戦、
 うん、マジで揃うな。やべぇめっちゃ楽しみ。ルーキーズ大好き。
 そしてなんだかんだ11人全員揃ってvsカイドウとかしてくれたら最高すぎて意識吹っ飛ぶわ。
 なんのかんの、ルフィvsカイドウの一騎打ちにはならんでしょ。

 ということでホーキンスは何ちゃカイドウにかしずいてない、利用してるだけ予想で。
 ルーキーズには全員ガチで海賊王を競い合ってほしい。


鬼滅の刃
 気づけば時透も好きなキャラになってたわ。
 煉獄さん然り、宇髄さん然り、マイナスから始まってるせいもあるけど、キャラの掘り下げが上手いなぁ。
 時透なんかは明確に意識改変があったわけで、差別化としてもよし。

 「無」は「ない」と書くのに、
 「無限」だと「ある」に意味が変わる、素晴らしいすな。


約束のネバーランド
 オリバーたちを連れて行くとは・・・いいね。
 連れて行くことはあらゆる意味でリスクでしかない中、それでも「全員で」を貫いて、
 そして因縁の地にて安息の地でもあったゴールディポンドを壊滅させての「脱獄」。
 一つの鬼世界での鬼社会を壊滅させた最初の第一歩だったのか・・・
 すんごい大事な崩壊じゃねーか。
 とりあえずなんか不気味なまま終わったレウウィスが復活、なんて展開はなさそうかね。

 エマや重傷者たちの安否、バイヨン部下の追撃、他勢力からの妨害
 まだまだ懸念事項はあるけど、ここで章変わりとなるのであれば、
 一気に物語は舞台を変えるかな?また「アイツ」が出てくるターンか?


ハイキュー!!
 なるほど・・・ノヤさんをも使っての助走潰しで日向の力を殺いでたのか。
 タッパがある月島とかならともかく、跳ばないといけない日向には抜群の効果やなぁ。
 すごい作戦だな。なんつー知将。
 やっぱり調子の良かった烏野のターンにも「仕込み」をしてたのか・・・
 本当に怖い怖い。


僕のヒーローアカデミア
 エーーーーンデヴァーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 いやいや、カッコよすぎでしょ。涙出たわ。
 脳無を倒して、自らは立って、「俺がここにいる」のアピール、
 こんなのカッコよくないわけないやんけ!!!!!
 素晴らしいナンバーワンヒーローを見せてもらったわ。
 このエンデヴァーには本当に次代を任せられる。
 素晴らしい大勝利だった!!!

 で、荼毘?
 轟の義兄弟説あったけど、やっぱりそれ関係なわけ?
 せっかくカッコいい所なんだからいらぬチャチャはよしてほしい。


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 前にも書いたか分からんけど、「こち亀」の掲載においては「読切」とかそういう冠を付ける気ないんで。
 俺の中で「こち亀」は永遠に「連載中」だから。
 レジェンドオブレジェンドは終わらんのや・・・

 あぁ・・・こち亀を読んだな・・・

 前半のメタネタ全開の時はどうなるかと思ったけど、後半はいつものこち亀・・・
 結局切り貼りしてんじゃねーか!!!!
 バーチャルコインのクダリからストックだろコレw
 いや、自ら前フリで散々ストックについて語った後にこの分かりやすすぎるバインダー感。
 「あえて」全部新作と見た!どないや!

 結局ストックなのかストックじゃないのか読者の身分では分からんけども、
 両さんがいつものように金の権化で無駄に頭効かせて巧妙で、それでいてそれが面白くて。
 今回は両さん以外にも幸せな人がいるのが特徴的。
 まぁ中川はアレだけどw


週刊少年ジャンプ50周年-2
 フェイバリットキャラクター解説なんてあったのか。

 ・悟空じゃなくて2空半ならアレでえぇわ。
 ・ソーマ原作作画、両方ヒカルとかマジかよ
 ・筒井先生のマサルさん好きはガチガチのガチじゃねーかw
 ・水色をチョイスするマツキ先生、アンタ一体・・・
 ・芥見先生、たけしの野球経験8リットルを出すとは・・・同世代だなアンタ。
 ・稲岡先生、ネウロがきっかけでジャンプってマジかよ。どんだけ若いんだ
 

呪術廻戦
 イジメられっ子の陰キャ少年は敵側の呪術師になるのか。
 完全な一般人だった「人間」が悪サイドでも芽吹くってのは良い展開だなぁ。
 主人公たちも成長する一方、ちゃんと敵も成長する、大事なことよ。

 虎杖に引率してる新キャラ・七海はつまんなそうな人間ながら、
 キャラクターとしては色々面白いことにはなりそう感。
 ドライすぎるけど五条先生とは違った「大人」として子供たちに何かを見せてほしいかと。

 そして「労働はクソ」というのは紛れもない事実。
 あと「大人は思ってるより大人じゃない」ってのも付け加えとくわ。
 今青春を生きる少年少女よ、こんな大人になったらアカンで・・・
 いつまでたっても精神年齢中学生の大人になんて、なったらアカンで・・・
 ちゃんと「カッコいい」大人になりなさい。憧れられる人になりなさい。
 じゃないと「こう」なるぞ。


ブラッククローバー
 モブエルフ相手とはいえ、暴牛アジトロボ強すぎやろwww
 何にも考えなくて良い、良い意味で「頭の悪い」戦闘で楽しかったわ。


ワンピースファンブック
 バインダー形式のファンブックか・・・
 買い切りじゃないってのは今の時代を現してるけど、めんどくさっ・・・買わねーな。
 コンプ厨なんで、コンプリート出来ないならこういうのは手を出さないと決めてる。
 イベントなんて行けねーし。雑誌だってそのためだけに買いたくねーし。
 終わり。


読切 BURN THE WITCH (久保帯人)
 久保先生お帰りなさい!新作お待ちしておりました!

 魔女でドラゴンでラブコメということで、どんな漫画か・・・

 ・・・

 BLEACHじゃねーか!!!
 いやいや、最後の最後まで
 「おー久保先生らしい世界観やー、コレをラブコメと認めたくないけど、めっちゃよく出来てるー」
 と評価してたのに、まさかのソウルソサエティ。度肝抜かれたわ。
 とはいえ、霊も魂魄も死神も破面もフルブリングもクインシーも出てこないし、
 あくまで世界観が同じってだけではあるけど。
 つか最後のタイトルまで「BLEACH」の所だけトーン貼ってるし・・・何この謎すぎる演出w

 ノエル、ニニー、バルゴ、オスシちゃんにセルビーまで、キャラの魅力は抜群だったわ。
 キャラクター作りは相変わらずすなぁ。
 バトルもただ戦うだけじゃなく、見せるところと予想を外させるところ、面白かったわ。
 やっぱりなんだかんだ言うても「面白い」んだよなぁ・・・さすがだわ。
 コレが連載になるかは分からんけど、人気は取るやろなぁ


読切 BLEACHと僕 THERE IS NO HEART WITHOUT YOU(長谷川智広)
 長谷川先生何やってんだよw と笑ったものの、アンタもガチガチのファンかい!じゃあOK!
 
 久保先生自ら、そしてガチガチのファンである長谷川先生目線でも「すばらしい映画」となるならば、
 ミラクル起きてんのか?
 「るろ剣」になったのか?やっぱりジャンプで刀モノは強いのか?
 もうちょう大衆の評価見て、良さそうだったら見に行くわ。
 まーだ安心は出来ん。
 所詮はジャンプ・内輪に載る宣伝漫画や!ダイレクトマーケティングや!

 映画といえば、ジュラシックワールド2がとても楽しみです(今週どこかで見に行く)


アクタージュ
 新編の舞台編、お題は「銀河鉄道の夜」かー
 色んなキャストが出てくる上、感情を爆発させることが必要になるタイプ、
 何よりとっても身近で分かりやすいというのは、コッチとしても伝わりやすくて良いかも。
 アヤフヤな空想のモノより全然いいね。
 もちろん、空想のモノでも本来はそれを伝えられないといけないわけだけど。

 明神もとい阿良也とも早速本気接触して、
 阿良也だけじゃなさそうなめんどくさそうなキャストもいて、
 曲者演出家もいて、
 うん、景のキャラ、埋もれても高まってもねーな。スッと入っていったわ。楽しみすなぁ。


ぼくたちは勉強ができない
 あしゅみぃ先輩、かわいい

 いつも強気で勝気な先輩が「女の子」を見せるの、いいゾ~
 でもハツカネツミのアレは怖いわ。
 「ぬ~べ~」で「ハツカネズミはヤバい」と知ってから、俺もハツカネズミに関してはとにかく怖い。
 げっ歯類は好き。ハムスターとかカピバラとかかわいい。飼いたい。飼えない。

 1P目の抱きつきシーンを再度ヒキで描いたコマがちゃんとその通りになってるのが演出として面白かったわ。
 また隣にジャンプのロゴがあるから、枠外に見えるのが上手いやね。


総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司
 ゲンナイことアカリン加入にはまだちょっと時間がいるのか。
 まぁ目下目標の3人の内の1人なわけだし、そんなにサクッと仲間になられても困りますわな。
 チンタラやってるとスタートダッシュに乗れなくて残念なことになるわけだけど、
 個人的には「すぐさま」はないかな、という印象。面白いし楽しんでるぞ俺ぁ。

 武器封じられた田中に関しては、ここがアカリンのラボだから何ちゃ心配いらないけど、
 オカンとの確執問題をどう決着させるのかは一つの見もの。
 「不可能」がキーワードらしいけど、
 実際タイムマシーンでも作って生前のオトンと会話でもさせないと無理なぐらい意固地そう。


Dr.STONE
 人気投票結果は順当・・・じゃねーなw
 司、氷月に負けるのかよw あの煽りも含めて笑うしかねーわw
 あと何気に大樹、杠ちゃんのコマもなんか・・・
 カセキ爺さんは泣ける。

 監視役ニッキーさん、あんなアマゾネス属性なのにまさかのガチファンとはw
 ホントどんなヒキだよw
 売上枚数当てたり、昔チラッと見た写真からスリーサイズ当てたり、ってトンデモ計算でもでもダメだったけど、
 音楽の力、科学の力で一気に引き込んで、
 もうダメなものはダメ、ということを理解させた上でそれでも仲間に引き込むのは良かったわ。
 まだ如何様にも騙せように、やっぱりそこは「仲間」。
 ウソで塗り固めても「仲間」にはなれない、という懸念も早速解消してくれてスッキリ。

 司軍全員が全員、こうはいかないだろうことはまた今後の課題ということで。
 言うてもケータイ・スピーカーの科学だけでかなり揺らぐのは自明の理だけど。
 

アリスと太陽
 ライブハウスでのトリの即興ライブ、
 例によって太陽がウジウジしてて、観客の視線にも気づいちゃって大失敗パターンかと危惧したけど、
 アリスのカリスマ力はホントすげぇな・・・
 客の心も太陽の心も一瞬で歌だけで掴んじまった。かっけぇ・・・

 とはいえ、二人の相乗効果で良い演奏しただろうに、客のウケがイマイチっぽいのが気になる所。
 全員が全員認めるってのもやりすぎ感はあるけど、あのパラパラ感溢れる拍手はどうなんだろう。

 今後の目標は大きくグラミー賞ときたけど、そこに至るまでどんな壁があるのかは想像つかんわ。
 マイケルジャクソン、ビヨンセ並とかマジモンの世界級やんけ・・・
 そこに日本人が、というより「日本語」が席巻するのであれば日本人としては嬉しいけども。

 次は早くもTVっすか。
 テンポめっちゃ早いけど、サクセスストーリーすぎてもドラマチックさに欠けるだけに、
 良い具合に収めて欲しい。


ゆらぎ荘の幽奈さん
 俺は一体何の漫画を読んでいたのか・・・
 えっと「貧乏霊能力者コガラシくん」だっけ?
 おねショタ師弟修行、裏武術大会の王道トーナメント、漸玖狼(画数多っ)との因縁からの友情、
 餓爛洞(画数多っ)復活、宇宙大決戦、元気玉展開、魔界編、平行世界編。
 コレだけで一作漫画描けるレベルのネタポンポン放り込んできやがって・・・番外編よろしく!

 ドシリアスで出てきた師匠・魔境院逢牙さん(画数多っ)はコガラシさんの師匠らしく楽しい人で良かった・・・
 と思いきや、ヒキではやっぱりシリアスなんかい。
 さすがに餓爛洞(画数多っ)が再復活してそれを止めに来た~とかではないだろうけど何なのやら。
 幽奈関係も無きにしもあらずだけど・・・?


食戟のソーマ
 「サイバ」の正体は当然のように城一郎じゃなかったけども、
 まさかのソーマの兄弟とはw コレは完全に予想外。
 そんな「サイバ」こと才波朝陽は最強の料理人・城一郎に完勝するとかマジやべぇ。
 司をも超える、現時点最強キャラじゃねーか。
 「兄弟」なのか「義兄弟」なのか結局他人なのかはまだ分からんけど、すごいことになってんなw
 ワクワクするじゃねーか。
 やっぱり戦うなら同世代じゃないとな!

 正体を考察すると、考えられる可能性としては、
 1.城一郎とソーマママの実子
 2.城一郎と前妻の子
 3.出自関係ない養子
 4.才波家分家(本家)の養子
 ってトコかなぁ。
 個人的にはソーマママ・幸平家を絡めてほしいとだけ。
 つまり、2や!
 城一郎は普通に「才波城一郎」として生きていて、出会った奥さんと朝陽で幸せに暮らしてたけど、
 奥さんが城一郎の料理のせいで死んで、親父を恨んで家を出て行き、
 そんでもって城一郎は「幸平城一郎」になって奥さんとソーマを幸せになったことを知り激しい憎悪を覚えて、
 城一郎、ソーマ、「ゆきひら」の全てに復讐するつもりなんや!
 と、書いててコレじゃソーマと朝陽の間に結構な年齢差があることになるな・・・
 まぁいいや。こんな感じを希望。ベタ?えぇやんけベタ!
 腹違いの兄弟が悲しい確執で衝突する展開好きなんや!


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


銀魂
 ヅラ死んだwwwとか煽ろうとしてたら、即行出てきやがった。煽りがいがねぇ。

 何でこのタイミングでターミナル爆発してんねん、とは思ったけど、
 また意識高すぎこじらせ高杉くんか・・・
 銀さんが万事屋メンバーや仲間たちとちゃんと会うのはいつになるのやら


ノアズノーツ
 そろそろヤバくなってきた頃合、というかここで取れなきゃもうダメというタイミングで、
 アトランティス大陸、戦艦ノーチラス(違)、ノアの教授とラボの仲間たち全員集合という、
 コレで面白くならなければ終わらせられてしゃーない、という話を持ってきたなぁ。
 個人的には応援したい世界観の漫画なんで続いてほしい。ぜひとも持ち直してほしい所。

 失われた古代文明、大陸、そういうのはどんどん出していってえぇんやで・・・


紅葉の棋節
 楽しげな大師匠、いきなり出てきた同期の準ヒロイン、そんな中でのひたすら指しまくる鬼特訓、
 テンポがよくて今のところ楽しんで読めてるけど、
 ヒキの展開は結構驚き。
 聞いてるのが紅葉当人じゃないというのも謎な展開ではあるけど、
 大師匠も師匠も「竜王になれない」というのはなぁ。
 言葉の裏を探ろうにも、裏なんてねーし。竜王は一応トップの称号だし。
 

キミを侵略せよ!
 ハジメさん色々ザルいなぁ。

 寝てるとき身長に変化があるとか、可聴域の話とかは勉強になった。


歴代漫画家コメント集
 いやぁ・・・すごいな。
 表紙のフェイバリットキャラクターやら、サイン色紙やらあったけど、
 なんかこの目次コメントが一番作家を感じたわ。
 個人的には2P目半分ぐらいからが自分の読歴範囲なだけに、
 あまりに早々たるメンバーにひたすら懐かしい思いでいっぱい。
 「今のジャンプは~」って意見は老害だけど、あの頃は本当に「ジャンプ」全体がヤバかったもんなぁ。


火ノ丸相撲
 そうや・・・この火ノ丸や・・・やべぇちょっと泣いた。

 あくまで「形的には」前号までと同じく、刃皇に向かってる絵面だけど、
 意識が、「心」が変わった火ノ丸が、刃皇の容赦・余裕は許さない!
 コレや・・・コレが「火ノ丸相撲」や。俺が愛した火ノ丸や・・・
 自分を捨て去ることなく、諦めは過ぎ「もう終わってる」刃皇を呼び覚ますんや・・・

 あぁ、ようやく帰ってきたな。大手を振って最後に感想を書ける「火ノ丸相撲」が。
 マジ嬉しい。



 以上っと。
 なんやかんやトータル7時間ぐらいかかったわ。書くの。どんだけやねん、ってな。
 今は色々落ち着いてるから余裕もって書けたけど、
 こんなんだから書けなくなって溜まっちゃうんだよなぁ。
 読むのが遅いのか、書くのが遅いのか、何度もページ戻って読み返し考察してるからなのか・・・
 読んでるときの感情をそのまま文章にしたためるマッスィーン、はよ出来てくれぃ・・・
 脳内の想いを言語化するって、難しい(12年やっといて

 次号からは早売りジャンプ感想をお届け出来ると思います。
 週末は何もないはず。何も。
 これからの予定は盆にコミケに行くぐらい。夏の酷暑に揉まれて逝ってくるぜ☆
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ ONEPIECE 約束のネバーランド 僕のヒーローアカデミア こちら葛飾区亀有公園前派出所 ぼくたちは勉強ができない Dr.STONE アリスと太陽 ゆらぎ荘の幽奈さん 火ノ丸相撲

  1. 2018/07/16(月) 20:37:48|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<週刊少年ジャンプ2018年34号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年32号 感想>>

コメント

Re: 名無しAさん

> 表紙
 なまじ他の作家は「全員」、自ら最大のリスペクトを向けて描いているのが分かる上、、
 尾田先生自身、DBの記念本とかでちゃんと描いていたのも相成って、
 微塵も「孫悟空」でないのはやっぱり気に食わないです。
 顔を一緒にすることが画風を合わせることでは絶対ないですからね。

> ネバラン
 あーGFの子供たち目線では確かにそう成り得るかもしれないですね。
 レイはおらず、エマの意識がないというのは確かに痛い所。
 オジサンのエマを必死で助けようとする真っ直ぐな想いが伝わってほしいものです。

> ストーン
 見えない不確定な「アメリカ」よりそこにある「ケータイ」の方が求心力はありますからね。
 懸念としては石化前に「現代」に染まっていなかった、科学のに恩恵を受けていない野生児みたいなのや、
 司帝国の理念にどっぷり浸かってる氷月のような人間を、武力で無血で鎮められるのか、です。
 どんなに追い詰めても最低、司が折れる姿が全く想像出来ないんですよねぇ。

> ソーマ
 個人的には「親父越え」は直接的にしてほしいんですけどね。
 あくまで格だけではソーマは十傑一席になったことで既に超えていることになりますし。
 朝陽も倒して、城一郎も倒して、あとえりなさんも倒して。そこまでやって、「完結」です。
 まぁえりなさんは必ずしも倒さなくても良いですが。
 贅沢言うなら、一色先輩や久我にも真っ向から戦って勝ってほしいですが。

> ノアズ
 作者の人間性と作品の面白さは関係ないんですがねぇ・・・
 いつまで言っているのやら。まぁアレは池沢先生も悪いんですが。

> 歴代漫画コメント
 思い出補正は間違いなくありますが、
 ワタシの「最高」は読み始めた時期よりも少し後になりますねぇ。
 具体的にどの年代か、はちょっと分からないですが。
  1. 2018/07/23(月) 19:58:52 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: まるまるさん

> 歴代漫画家色紙
 他の方のコメントに書いたのでワタシがあとあったら良かった作家さんの名前だけ。
 岩代俊明先生、大亜門先生、江尻立真先生、濱田浩輔先生、神海英雄先生、横田卓馬先生
 ということで。
 あと個人的に好きな若手作家もいますが、50周年記念誌に寄稿は出来ないだろって人はそこそこいます。
 
 永井豪先生、漫画太郎先生辺りは欲しかったですね・・・

 複製色紙は何なんですかねアレ。ちなみに「ソーマ」もそうみたいです。

 葦原先生の色紙はとても嬉しかったですね。
 事情は分かりませんが、そこまで大病重病ってわけではないようで、少し安心しました。

 欲しい色紙はそうですね・・・
 やっぱり和月先生ですかね・・・めっちゃ悩みました。
 松井優征先生の色紙にネウロもいたら究極の選択だったかもです。
  1. 2018/07/23(月) 19:58:22 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ワンピ
 まだ密な描写がないですが、ホーキンスはルーキーズの中では知略派・ローやカポネと系統は同じなだけに、
 「勝てない」にしても「勝たない」にはならないでほしいですねぇ。

> 鬼滅
 さも宇髄さんが死んだような書き方はいかがなものか・・・

 でも数百年倒せなかった上限を一人の犠牲で倒せてるの、出来すぎなんですよね、

> ソーマ
 単純に歳の離れた兄弟だとソーマが存在を知らない理由がないんですよね
  1. 2018/07/23(月) 19:46:56 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: ひゃっはーさん

読み応え感じていただいて何よりです。書き応えがあります!
なるたけちゃんと更新するようにします・・・

武井先生は・・・しょうがない感。
とはいえ他誌で今やってる人も普通に寄稿してるんですよね。
裏事情を伺えます。
個人的には「みえるひと」「PSYREN」「カガミガミ」の岩代俊明先生、
「スピンちゃん」「太臓もて王サーガ」の大亜門先生、
「P2」「World4u」の江尻立真先生、
「どがしかでん」「パジャマな彼女」の濱田浩輔先生、
「LIGHT WING」「SOUL CATCHERS」の神海英雄先生、
「こがねいろ」「背すじをピンと」「シューダン」の横田卓馬先生、
辺りがいなかったのが残念でした。
ほとんど他誌で現在連載持ってる方ではありますが・・
  1. 2018/07/23(月) 19:46:19 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

ノアズ>ちゃんと見てる人がどれだけいるかというのも重要ですからね。ネットを見ると初めからケチを付ける為に見てる人もかなりいますし。
ルー関係は好きイベント多かったし、応援したいところ。

紅葉>でも才能がある人間だけが上がるわけでもない。
師匠なんて4段以上が1人しかいない女性という立場で竜王が夢じゃない所まで来てますし。

歴代漫画コメント>基本的に自分が見始めた時期が最高と思うのが自然でしょう。黄金期より、2ページ半の自分が見始めた時期のが面白いと思ってます。
今も普通に面白い作品はゴロゴロしてますけど。

相撲>自分が先週感じていたブーメランは勘違いじゃなく、それすら踏まえた刃皇のキャラクター。してやられました。やっぱり自分が感じる程度の事は考えてるんですね。流石です。
  1. 2018/07/22(日) 20:51:03 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

呪術>なりたい労働に就ける人すら少なく、なるのが大変な職業でも嫌な部分が色々あるのは確か。

ブラクロ>特に猫の能力がズルい。

読み切り>打ち切りくらったゾンビパウダー含めて、この人の作品は好きです。

ストーン>リヒトが46位だったブラクロに比べたら救いがあるかと。投票近辺の出番は氷月のが上でしたし。
スリーサイズは計算とは別の能力ですね。ヒロアカの峰田あたりは特に欲しがりそう。
アメリカで騙すより、ケータイを自分達で作成した事のが魅力的だと思います。それにアメリカだと騙されても司に報告して一緒に降参という考え方の人も出るでしょう。少なくとも司のカリスマに付いてきてる設定で司を見捨てたりはしない。
司がアメリカに勝てると思い込む馬鹿だと思ってない限りは、どっちにしろ無血開城ですし。

アリス>どれだけ無謀な事かを丁寧に描いてくれるのも嬉しいです。

ゆらぎ>ジャンプ50周年を記念してのパロを感じさせる部分もあり楽しめました。ザクロ→幽白でいきがって幽助に当たる前にやられた人、月で全員集合バトル→majico、世界を救って地球に落下+ザクロの肩に乗って冒険→ダイの大冒険とか。

ソーマ>城一郎が学園を去ったのが18歳、ソーマとの年齢差が22歳だったと思うので実子なら最大でも3歳差ですね。
こいつを倒せば最大の目標である親父超えも果たせますし、ラスボスでしょう。ソーマもあれから強くなってるでしょうが、まだまだ強くなるイベントないと勝てる気がしない。2年ソーマの実力が一色以上という事以外不明なのに言うのもなんですが、それだけ城一郎の最強のイメージが強かったんですよ…
  1. 2018/07/22(日) 20:38:48 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

表紙>二空半というか、意図的だと思います。画風を自分のでやらないと意味ない企画という認識もあるでしょうが、ワンピースの画風でもゾロとかもっと悟空らしいのあったでしょうし、主人公と同じ顔にする事自分の画風で描いてると分からせる気でしょう。

サイン色紙>WILD HALF懐かしい。他にも懐かしい作品が沢山見られて、この号を保存したくなりました。

ワンピース>そもそも図鑑に載ってる名前すら、能力見て付けた名前ですからね。発見した人が付けたと考えると無理矢理キビキビとか?

ネバラン>エマのメンタルが根付いていて良かったです。実力がトップでなくとも主人公足り得る点です。
あと懸念というとオッサンがアジトの子供に信用されてない件。和解したのも知らないしレイがいなくてエマの意識もなかったら「オッサンがレイを殺してエマを重症負わせた、両方殺してないのは両方殺したら確実にアジトに帰れないからだ」と思われ、子供達がオッサンを仕留めようとする可能性も…

ハイキュー>助走無しでもブロック完成前の高さは越えられますが、いつもと高さが違うってだけで変人速攻は無理ですからね。
ノヤさんが邪魔になる件は全国前にやってたので、どうにかしてきそうな予感がします。
  1. 2018/07/22(日) 20:06:54 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

復活おめでとうございます

歴代漫画家色紙
あとこの作家さんがあったらよかったなあ・・・の作家さん。
永井豪:言わずとしれた大御所。ハレンチ学園の功罪を考えれば・・・
まつもと泉:80年代ジャンプのラブコメはオレンジロードなしでは語れません。
漫画太郎:あの唯一無二の画風はレジェンドでしょ。
武井宏之:シャーマンキングの売り上げを考えればあっておかしくない。
(おまけ土居孝幸):絶頂期のジャンプの読者投稿コーナージャンプ放送局のメインイラスト担当

大人の事情なのでしょが、ただ一人複製色紙と表記されている天塚先生・・・
葦原先生:1枚絵を描ける状態ではいるみたいですね。早く復帰できるといいなあ。

ラジルさんは1枚だけもらえるとしたらどれを選びますか?私は悩みましたが72かな。
(カズキ&斗貴子かヒカル&佐為だったら別格でチョイスしますが)

  1. 2018/07/21(土) 13:58:41 |
  2. URL |
  3. まるまる #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

ワンピ
鎖国してるから悪魔の実に関する情報がないのでしょうね
もしかすると新種という可能性もあるし

まあカイドウの力を身をもって知ったのなら心が折れても不思議はなさそうですが
でもベッジのように機をうかがってるとかそういうのも期待したいですね

鬼滅
上弦と戦うたびに柱が欠けてるけど時透はまだまだ先があると思うのでここで終わってほしくはないですね

ヒロアカ
荼毘もいろいろと謎が多いですからねえ

ブラクロ
暴牛戦隊になってるな

幽奈さん
知らない間に世界を救ってたコガラシたちだけどまた何かが起きるんだろうか
ゆらぎ荘あたりで

ソーマ
まあ単純に年の離れた兄弟って可能性もあるかもしれないし
苗字とか選択の自由あるし

母親が違う場合その母親は極星寮黄金時代の関係者って可能性も

  1. 2018/07/17(火) 18:12:46 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

復活おめでとうございます!

また読み応えのある感想を読めて嬉しいです。無理せず程ほどに続けて頂ければ幸いです。
とりあえず今回のレジェンドのコメントにマンキンの武井先生のコメントがないことが残念でした。何かありましたっけ?と思って調べたら、マガジン系列で連載するんですねー
  1. 2018/07/17(火) 07:10:27 |
  2. URL |
  3. ひゃっはー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2911-0393f90e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する