FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2018年30号 感想

6/25発売分
週刊少年ジャンプ2018年30号
  表紙&巻頭カラー:田中誠司
  センターカラー:ぼく勉、呪術、アクタ


新連載 総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司 (天塚啓示)
 総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司
 こちら葛飾区亀有公園前派出所
 BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
 そうごうじかんじぎょうがいしゃだいひょうとりしまりやくしゃちょうせんぞくひしょたなかせいじ
 こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ
 ボルトボルトナルトネクストジェネレーションズ
 sougouzikanzigyougaisyadaihyoutorisimariyakusyatyousenzokuhishotanakaseizi
 kotirakatusikakukamearikouennmaehashutuzyo
 boruto-boruto- -naruto next generasions-

 なるほど。長ぇわ!
 毎度毎度タイトル手打ちしてる方の身にもなれや!
 テンプレート作るぞ!そしたらタイトルなんて絶対覚えられんぞ!
 世が9割9分「ONEPIECE」って書いていても、俺は「ONE PIECE」って書くんや!
 半角スペース、コレ大事。こだわり。
 「Dr.STONE」の「.」だけが半角なのはただ見栄えが悪いから。
 何の話や。

 というわけで金未来杯優勝作が連載化。
 死に体の金未来杯から設定変更はあれど掲載作そのまま進出とは何ぶりだ?デビリーマンか?

 というわけで読了。
 ふーん・・・設定イジりまくってきたね。
 未来の社長を守る田中、未来で邪魔だから過去を消しにくるヴォールテクスという完全ターミネーター設定という、
 数多くやられてる設定だけどやっぱりこういうのは数多くやられてるだけあって面白い。
 万年筆、名刺、判子というサラリーマン武器なものの、その攻撃は派手派手しく、
 主人公・時岡は気持ちいいアホだけど応援したくなる人望。
 取り急ぎの目標は未来の社員を獲得せよ、ということで。

 うん、少年漫画やってるわ。面白かった。
 あとは「タイムトラベル」に付随する「時間」のネタが全然なかったのが今後の伸びしろか。
 20年以外の時間帯も関わってきてほしい。
 その辺上手く設定やバトルに落とし込んでくれたら楽しめるかも。期待。


鬼滅の刃
 不死川兄弟も中々な過去を背負ってるな・・・
 敬愛していた母親に弟妹を殺され、知らぬこととはいえ兄との溝も生まれ、兄も壊れてしまって。
 玄弥は精神的にはマトモになってるけども、仲直りはしてほしいなぁ。
 つか「不死」に関しては語られてないぞ?
 弟妹が死んだから産まれもってのものじゃないのは確実として、
 どういうトリガーで不死になったんや玄弥・・・そんで兄貴が不死かも怪しいな。

 とりあえず半天狗に刃通ったけど、絶対まだ終わらんよな・・・


Dr.STONE
 情報戦つえーw
 数の利もあるとはいえ、分かっちゃいたけどやっぱり情報は武器。
 あのほむらに本当に何もさせず無血捕縛とはさすがっすわ。

 にしてもケータイ、モールス信号まで出来るほど精度の高い通信体制になってたのか。
 もっと簡易的な糸なし糸電話レベルかと思ってたわ。
 ガチもんの通信、通話出来るレベルだったのな。


ぼくたちは勉強ができない
 カラーのイメージ図、すごいことしてはるなw

 ふみちゃんとのキス騒動は色々案の定展開で終わったけど、
 いばらの会はともかく、ふみちゃんに王子の正体がバレるのかどうかがキモすな。
 成幸はまだあしゅみぃ先輩のギター持ってるはずだし、バレる展開はあるよね。
 というかいくらなんでも「アレ」をファーストキスカウントはどうなんだ?
 かたやガチもんのファーストキスしてるってのに・・・

 文化祭編、残るはりっちゃんのうどん捌きと花火のジンクスか。
 始まる前からりっちゃんとめっちゃ良い感じだけど、恋人・・・何をするのやら。
 うどんをカップル割引とかあんまりありがたみないよなぁ。

 りっちゃんの大胆な告白は、その後のモブが俺が発したセリフをそのまま言ってたわw
 「それもプロポーズやんけ」一言一句違わないw


約束のネバーランド
 えぇ・・・マジかよ。
 アダムにヴァイオレットまでかけつけて、まさしく総力戦の様相、
 クライマックスもすぐそこまで来ていたのに、ここでエマが倒れるのは衝撃的だわ。
 間違いなく腹に突き刺さってるし、戦闘不能にはなるよねコレ。
 閃光弾ももう効かない、リーダーエマ脱落、もう戦闘員はいない。
 詰んでますやん・・・・


食戟のソーマ
 えぇ・・・失踪した2つの旅館、マジで食戟に負けたから客ほっぽりだして逃げたんかい。
 失望もいいトコだわ。客商売何だと思ってんの?
 そのクセ調度品は置いて未練がましく調理器具は持ってくとか、
 コレはモナールカじゃなくてもキレるでしょ。
 モナールカの王様思考は理解出来ないけど、それでも真っ当に勝負して負けて、客ないがしろにして。
 ガチもんの最低最悪旅館やんけ。
 ただただムカつくわ。
 コレでよしんばモナールカ戦終わって帰ってこようもんならガチでブチ切れるから。
 テメーらに客商売やる資格ねーからな!!
 その点、そこん所よく分かってる田所ちゃんは流石。流石というか「当然」だけど。

 vsモナールカは食戟形式じゃなく、一方的に料理でぶちのめすということで。
 王様がどこまで良い意味で落ちぶれるか、楽しみすなぁ。


呪術廻戦
 カラーもらえるほど人気あるのか・・・意外だわ。

 花御とやらはともかく、漏瑚まで生き残るとは。
 再登場して虎杖たちのいい当て馬にされるんですね分かります。
 でもプライドズタズタにされたから鬼パワーアップして五条先生に再戦挑むとかしたらアツくて好き。
 当面の敵のボスたる真人は夏油以上に不気味で強そうでいいね。

 高専組はまーたバチバチしはりおって。
 とりあえず最後の東堂さんは「俺は太いふとももの女がタイプです」って作者のメッセージよね?
 

ハイキュー!!
 はよ決めろよw
 いや「w」をつけたけども、この決まらなさ、実にイヤらしいすなぁ。
 まさしく攻撃vs守備。
 でもしんどいのは攻撃側。
 あ~イヤらしいイヤらしい。


ブラッククローバー
 やっぱりアスタは仲間と協力してのトリッキーチームプレー攻撃してる方が面白いわ。
 バネッサ姐さん、ゾラ、フィンラル辺りが揃ったらとんでもないことになりそう。


僕のヒーローアカデミア
 エンデヴァー、お前・・・
 せっかくナンバーワンヒーローになって、家族とも向き合おうとしてるのに、こんなのないよ・・・
 みんな見てるんや、見放してる子供たちも見てるんや。
 立ち上がってくれ・・・・


読切 私のヒーローアカデミア (あきやま陽光)
 葉隠ちゃん編はいつになったら始まるんですかねぇ・・・


紅葉の棋節
 始まった奨励会編。
 いきなりぶつかるべき相手とぶつかっていくスタイルなのは相変わらず。
 とはいえ、ライバルが多いことは良いことだし、そのライバルも上手い具合に差別化してるし、
 悪印象はないわ。
 今回の雪柳に関しては「伝説の弟」としてではなく「市原門下生」として見てるわけだし。
 「蔵道桜」でない格を背負っての戦い、今までとはちょっとは様相を変えたら評価するわ。


レジェンド作家SPインタビュー
 このインタビューは岸本先生にしか出来ないわ。
 ワンピースと肩を並べた15年間を語れるのはこの人しかいねぇ。
 いつ帰ってくるんすか?誌面が寂しいんですけど。


アクタージュ
 あらいいカラー。映画のポスターみたい。
 そういやすっかり慣れて気づかなかったけど、宇佐崎先生めっちゃ絵上手くなったよね。
 「漫画の絵」という意味で。良きかな良きかな。経験は宝。

 で、今話ですよ。
 いやぁ・・・今話をセンターカラーでやれて本当に良かったね・・・最高だったわ。
 天使の仮面を完全にぶっ壊した「ありがとう」
 渾身で投じた演技をやりきって「ありがとう」
 意味合いは全く違う二人の「ありがとう」をすっさまじく綺麗に見せてもらったわ。
 景、ホント成長したなぁ・・・前までこんな表情出来なかったし。

 さぁ反省会。
 景が得たもの、天使が得たもの、それぞれが感じたもの、綺麗に清算しちまえ!


キミを侵略せよ!
 ずっと隣で看ててくれたんた・・・トクン の所がとてもラブコメしてて良かったです。
 こういう何気ない優しさに落ちる女の子、好き。


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


ノアズノーツ
 道を目くらましして海にドボーンかと思ったら、
 持ってるものを最大限使っての攻撃とは一枚上手だったか。
 どんな強化人間でもガス溜まりやら脳震盪は効くわな。
 脳が揺れたらガチで立ってるなんてレベルじゃないのは俺自身経験としてあるし。
 まわるーまわるーよせかいーはまわるー

 とはいえ、なんか使いこなすのが大変らしい手のハイノーツをノアが使ったのは疑問だけど。
 複数腕使いこなすのが大変なだけで、1個なら大したことはないのか?
 実際ノアは右腕が使えないわけだし両腕と同じだったり?
 そういう補完はほしかったな。


銀魂
 銀さんと新八の背中を預けた戦いは激アツだったのに、敵お前かよw
 なんつー伏線だよw 誰があんなの覚えてるんだよw

 最終決戦で来なかった連中はこうやって拾っていくのか・・・w


ゆらぎ荘の幽奈さん
 手抜き感想ではない。いいか、手抜き感想ではない。

 サバイバル最高!!!!!!!!!!
 千紗希!千紗希!!
 

最終回 ジガ-ZIGA-
 ランダとの合体獣騎、自分への怒りがエネルギーの源、シュラアを容赦なく消し去る気概、
 「ジガ」という呼称を恐れる人類、他の獣騎たち・・・というエンド。

 俺は評価するわ。正直めっちゃワクワクした。

 でも終わり、ということで。
 ダメだった点は明確さね。コウ=ジガとバラすのが遅すぎた。
 1話でバラすのは流石にないけど、2,3話でバラして早々にドデカ獣騎バトルをやるべきだったわ。
 正直コウ=ジガとバレてからは俺めっちゃ楽しんでたし。
 というわけで、異災連がいらなかった、そこだわな。

 ジガのバイタリティ、人間では及ばない化け物同士のバトル、
 良いポテンシャルは秘めてたのになぁ・・・残念だわ。
 でもコミックス買いまーす。
 後半は間違いなく面白かった。ガチで打ち切りは勿体ない。
 

最終回 ROBOT×LASERBEAM
 風に後押しされてミラクルチップイン、あるある~

 こちらも終了ということで。
 まぁ安定したクオリティで排出してたけど、「週刊少年誌」でやる内容じゃなかったわ。
 毎度毎度無理やり盛り上がりを持ってきての無理やりミラクル展開が多くて、
 もう「あーはいはい」みたいな感じだったし。
 思いも寄らないショットなんかも数あったけど、トリッキーばかりじゃアカンよ。

 あとはやっぱりロボの伸びしろが小さすぎたのがなぁ・・・
 ハナからめちゃくちゃ出来てたから、あんまりロボの成長というものが伺えなくて、
 応援したいと全く思えなかったわ。
 精神的成長はよくしてたけど、最初からほぼMAXだったからねぇ。
 「黒子」の時もそうだったけど、メイン試合をやってない時の方が面白かったレベルだし。

 お疲れ様でした。次はスポーツから離れてみても良いと思いますよ?


火ノ丸相撲
 アニメのキャスト、とりあえず火ノ丸のあべしが全く想像出来んわ。
 演技面での心配はないけど、全くイメージと違ったもんで。
 もうちょい若手がくるものかとばかり。まぁ合ってりゃいいよ合ってりゃ。

 すごいなぁ・・・
 いや、俺自身今の火ノ丸は大嫌いだから、100%刃皇派。
 初めて火ノ丸の取り組みで火ノ丸を応援しない立ち位置、
 本当にひたすらにただ実直に「負けちまえ」と思う話運びになってて、
 すっかり川田先生に踊らされてるわ。
 「主人公を嫌わせる」って思えばすごいことよ。
 なまじ今までの火ノ丸は本当に心の底から応援出来た、横綱になってほしいと思えていただけに、
 ここまで落として、負の感情をマシマシにさせて、もはや主人公交代にまで相成って。
 そして、vs刃皇。いや、vs火ノ丸。
 盛り上げ方上手ぇわ。ひったすらにワクワクする。

 もはや誰も火ノ丸の勝利を願っていないというこの大一番。
 どんなドラマが生まれるのか・・・
 無道を完全に消し去ってくれ憧れの横綱・刃皇!
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ

  1. 2018/06/25(月) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ2018年31号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年29号 感想>>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2907-2fb43c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する