FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<最近のジャンプについて知っていること>(2019/10記)
ワンピ  :カイドウとマムが手を組んで、四皇の懸賞金が出た
ハンター :俺より休んでる
ハイキュー:鴎台と決着った
アカデミア:ヴィラン連合と別のヴィランが争ってた
ブラクロ :(何も知らない)
幽奈さん :(何も知らない)
鬼滅の刃 :柱やら上弦やら何やらが死にまくり
ネバラン :鬼との和解をしようとしてる
ぼく勉  :(何も知らない)
ストーン :(何も知らない)
アクタ  :(何も知らない)
呪術廻戦 :(何も知らない)
チェンソー:(何も知らない)
神緒ゆい :スケバンバトル漫画になった
サムライ8:ナルトの編集が有能だったとか
太星   :二重人格で将棋する
ビーチル :(何も知らない)
スクワッド:(何も知らない)
夜桜さんち:(何も知らない)
ミタマ  :(何も知らない)

週刊少年ジャンプ2018年25号 感想

5/21発売分
週刊少年ジャンプ2018年25号
  表紙&巻頭カラー:侵略
  センターカラー:紅葉、読切


新連載 キミを侵略せよ! (稲岡和佐)
 「紅葉の棋節」が絵はアレだけどそこそこ描けてるから、
 コッチも絵がアレでもそこそこ面白いのかと思っていたら・・・

 こりゃダメだ。
 何の当たり障りもない宇宙人コメディ。
 どこかで見たことしかない。
 こういうのはジャンプにはいらんわ。サンデーやな。
 なんや無駄に終わりそうなリコピンを除くと今のジャンプにギャグ・コメディはないけども、
 その枠としてコレは間違ってもなりえないわ。
 こんなの入れるんだったら「終わらせられた」「左門くん」を戻してくれぃ。
 ギャグコメディ作家もっといるだろジャンプ・・・何でよりにもよってコレなんや・・・ 


ハイキュー!!
 旭さんのブロックラッシャースパイクの前、
 研磨と山本、どっちの足が「キュッ」としてんのかと「?」だったけど、両方かーい!
 

Dr.STONE
 なるほど分からん。
 なんかいっつも書いてる気がするけど、なるほど分からんのだからしゃあない。
 とりあえずカセキじいさんが作り上げたヒックマンポンプの完成披露はもうちょっと大ゴマにしてあげて・・・

 とりあえず電話、というか電波が出来たようだけど、
 コレがどう「携帯」にまでなるか、相変わらずさっぱり見えねーわ。
 本当にリアルな話、あの作りで・・・出来るんだろうけど電話が出来るとは思えん。


約束のネバーランド
 さすがにここまでやって、やられて戦わない道はないわな・・・
 たとえレウウィスが戦闘狂じゃなくてもここまでやってそれはないわ。
 コレに関しては絶対に分かり合えない。鬼と食用児という関係性の時点で変わらない。
 「争うしかない」だわな。

 レウウィスへのマシンガンオーケストラは動く絵面として見たい所すな。
 あぁいう一斉放射シーン好き。まぁ大抵意味はないんだけども。
 三国志映画とかでよくある、空から数千・数万の矢が一気に襲来する絵面とか超好き。
 アレが有用だったシーンはちょっと思い浮かばないけど。

 仲間サイドで動ける人間がとりあえず動いて、
 レイとオジサンもいる中、アダムが動いたのは想定内ではあったけどやっぱり驚き。
 コレがネタバラシされる前だったら「おめーやっぱりノーマンじゃねーか!!」的ワクワクが取れたけど、
 そうじゃないって明示されちゃったしなぁ・・・
 アダムが何を出来るというのか。


僕のヒーローアカデミア
 何故文化祭本編の方はアレで後始末の方はコレなんだ・・・だから休めと(グチグチグチグチ

 B組の劇やその他クラスの出展、ミスコンやらちゃんと前情報の色んな「文化祭」は見れて良かったかな。
 デクの蛮勇もちゃんと指導されてるし。
 やっぱり、出来ればもっと「文化祭編」として見たかったなぁ・・・


ブラッククローバー
 こうして見ると、結構残った仲間にも頼れる人いっぱいいるなぁ。
 主に魔力量高かった人がエルフになってるから王族貴族も軒並みかと思ったけど、
 なんかイケそうやん?
 でなんだかんだ仲間にまた戻ったらまた戦力になるわけで。
 敵で本当に警戒対象なのはもはやリヒト(仮)ぐらいのようなもんじゃん。
 具体的な戻し方が分かるまでは苦行だけども・・・

 まぁ取り急ぎはこの中のたぶん誰もが知らない、「魔法帝の死」がヤバいわけだけど。


紅葉の棋節
 早速奨励会へ。
 たかがベスト4でもう奨励会で戦える器になったんかい、と疑問だったけど、
 相手も「たかが」ベスト4常連相手だったからかその辺は楽勝か。
 4勝2敗までOKということだから、
 全国トップの完全格上ライバルを出してそこで屈辱を~みたいなのがベタかね。

 早速兄貴とは違う「受け」の将棋・「紅葉流」の名前が出てきたなぁ。
 この演出はもうちょい引っ張るものとばかり。

 相変わらず「よく描けてる」けど「面白」くはない。


ゆらぎ荘の幽奈さん
 ハジけてる夢咲先生、マジめんどくせぇ・・・・かわいい・・・

 某アイドルゲーム(何故隠す)で知ったんだけど、
 俺「めんどくさい娘」が好きみたいで。
 なるほど確かになんかしかで「めんどくさい」娘が好きだったわ。
 H条さん、H水さん、T垣さん、I十嵐さん、O槻さん・・・うん、みんなめんどくさいな!
 担当でめんどくさくないのはO倉ちゃんだけだわ。純真。
 他プロダクションは現在は「ファン」レベルなんだけど、そこもまぁ・・・ね。
 H井さん、S防先輩、O崎姉妹・・・う~ん、このめんどくささw
 まぁ人間、何においてもどこかしかめんどくさいものがあるよ、うん。
 ちなみに「M」だとS玄さんが好き。めんどくさいかどうかは分からん。

 話戻してめんどくさい夢咲先生。
 今話で良かったのは酒で浮かれポンチってのもあるわな。
 酒でほろ酔いいい気分~とポワポワしてる女性、好きやで?だからT垣さんとか好きなんやで?
 いつもの自分と違って正直な、言うなれば本性を露にして、
 自分だけにトクベツな姿を見せてくれる・・・
 そんでもってその本性が「かわいい女の子」でしかない。
 う~ん・・・ツボ。はっきり言って、ツボ。
 今話の夢咲先生にはマジキュンキュン来たわ。


鬼滅の刃
 炭治郎たち善戦するもダメか・・・
 さすがに4人対3人じゃ厳しいか~あと一人いたら勝ってたよねコレ。
 こっから誰が助けに来るか・・・恋柱来い!

 時透vs玉壺は・・・玉壺も半天狗同様「弱そう」という思いが大きいからなぁ。
 任意の壺を移動出来る~とかだったら面白い能力かも。


読切 COUNT OVER (眞藤雅興)
 去年の金未来杯「除冷師煉太郎の約束」の作者の新作。
 さすがにあの作品を連載にしようとしてなくて良かったわ。アレじゃあ無理だ。

 で、読んでみたわけだけど・・・
 コレを19歳が描いたのか・・・完全に即連載レベルのクオリティなんですけど・・・
 もちろん、
 いくら極悪囚人とはいえ簡単に殺しすぎだろ、敵も味方も身体能力異次元すぎだろってのはあるけど、
 主人公・遥の侍vsアメリカンというロマンあふれる設定、
 206人という決められたゴール、最終ボスは因縁の兄貴という面白設定の数々、
 とかく見やすい絵、演出、構成、何やってるかわかりやすいバトル、

 うん、面白かった。
 さすがにこのままだと色々アレなんで直しは必要だけど基本的には即連載レベルだと思う。
 めっちゃ「ジャンプ」してるやん。
 コレは先が楽しみだわ。


ぼくたちは勉強ができない
 水泳なんつーからうるかの独壇場かと思いきや、まさかの桐須先生回・・・
 流石は元トップアスリートたる言葉の重みや指導で、うるかが絆されるのは納得だったわ。

 ただ付き添ってるだけでいいのに、
 わざわざどこかから水着調達してきて、パーカーでポニテで・・・けしからんな!
 何がって、そらナニもけしからんな!(違

 めっちゃ脱線するけど、泳げない人への指導っていつもクロールなのが謎。
 泳げない人ってのはとにかく「息が出来ない」ことが恐怖なわけで。
 そこを間違いなく解決する「背泳ぎ」にしないのは一体何故?
 俺が背泳ぎ→クロール→バタフライ→平泳ぎって教えられたから、
 コレがそのまま難易度だと思ってるんだけど・・・
 あぁでもこの話したらいつも「バタフライなんて全然出来んアレが一番難しい」って言われるんだよな。
 泳げない人のことは分からん!!(水泳だけが本当に唯一の得意スポーツ
 いつだってスポーツジムに行って水泳したい気持ちはあるけど、
 ここ2,3年はどうしてもソレが出来ない事情があるんや・・・俺の体はもうダメだ・・・こふっ


アクタージュ
 天使の顔が崩れた先は天使の顔・・・ってのの意味は分かるけど、
 描かれてる範囲では景がそれを天使の演技から感じられたとはちょっと思えんなぁ。
 ポイントとしては「へぇすごいな・・・」からのコマになるんだろうけど、
 「ちゃんと演技出来てるじゃん。私何もしなくていいね」ってのが崩れたポイント?
 う~ん分からん。

 枕投げは「本性」を出すにはちょうど良いか・・・


銀魂
 本当に最後の戦いで江戸へ。
 頼むから本当に最後にしてくれ・・・この最後の戦いがどんだけ長くなるかは分からんけども。
 

火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


呪術廻戦
 スクナとの協議?で虎杖復活。
 主人公交代もありえた中、やっぱり主人公は虎杖、そうは問屋が卸しませんか。
 1分間体を受け渡すという謎条件はスクナにとってはどんな利点があるんだろう。
 破る気満々~とかって話も誓約のクダリからしてガチなんだろうし。
 その1分で力を小刻みに貯めて独立を果たす、みたいなイメージかなぁ。

 代わりに五条先生が脱落しそうな展開だけど、師匠キャラの脱落は全然アリだし。


ノアズノーツ
 ライターや翻訳機同様、バミューダトライアングルの超常もハイノーツによるものかい。
 セイレーンの歌声がどういう近代品によるものか楽しみすな。

 ノアたち、小物学者、聖堂騎士団とメンバー揃ったけど、バトルするには頭数多いな・・・
 ミケランジェロと来たらあとはレオナルドとドナテロとラファエロもほしい(これネタわかるのか?


ROBOT×LASERBEAM
 ロボが勝つ以外ありえないんだから、銀狼の4連敗は確定なんだよなぁ・・・
 さすがにホールインワンをまた出してくるとは思わなんだけどw


食戟のソーマ
 いやぁ・・・この戦いが「打倒セントラル」ではなくあくまで「十傑」を賭けた戦いって、
 正直覚えてた人いる?というレベル。俺は忘れていた!!!

 そうか・・・ソーマ、第一席か・・・
 本人の思いやえりな云々はさておき、遠月のトップか。親父もなれなかったナンバーワンか。
 ・・・
 だからこそ、やっぱりもう少し「ちゃんと」ナンバーワンになって欲しかったな。
 まずは十席ぐらいから始めて、内部で席を奪い合って、いつか一席に。
 それを番外の位置から一気に「はい今日から一席です」ってなってもなぁ・・・
 そりゃ他のメンバーを考えると、十傑選考会で2、3年相手に無双した葉山のことがあるから、
 もはや大した人材なんていないのかもしれないけど、
 それでも・・・ねぇ?
 改めて、やっぱりこのセントラル編は間違いだったんじゃないか、そう思うわ。

 その点で言うとえりなさんの「総帥」には納得。
 前総帥はもう確かにアレだし、薊を続投させるわけにもいかんし。
 まぁアリスの父・宗衛さんでいいだろ、とは思うけど、えりな総帥は納得は出来る。

 とりあえず十傑総取りだからあとのメンバーとして、
 タクミ、一色先輩、久我、田所ちゃん、美作は確定として、
 卒業間近であろう女木島を含めるとしてあと3人か・・・
 葉山、リョウ、アリスだな。簡単に埋まったわ。それで。
 緋紗子ちゃんも入れたいけど、緋紗子ちゃんこの3人に及ばんし。

 あとの話としては今回チラッと描かれてた竜胆先輩と司さんの関係性、それと竜胆先輩の怯えについて、
 現十席の進退、なんか色々後日談をしてくれたら良いかな・・・ 


ジガ-ZIGA-
 たぶん掲載位置的にはもうダメなんだろうけど、
 怪獣大決戦、いいぞ。もっとやれ!
 正直面白い。カッコいい。絵面が見たことないもので新鮮。
 もっと早くコウの正体バラしとけば良かったんや・・・


トマトイプーのリコピン
 重い・・・
 とてもギャグ漫画でやる内容じゃねーぞ・・・・・・・・
 例えどんなに良いこと言っても、笑えないギャグ漫画はダメ。


火ノ丸相撲
 やめれ・・・初戦から無道出るとか聞いてないぞ・・・
 無道はぶち切れの相じゃなかったのかよ・・・俺無道火ノ丸嫌いなんだよ。
 互いに負けるわけにはいかない大事な一戦とはいえ、いきなり無道とは・・・
 せっかく日景が「楽しみにしてた」って高く評価してくれてたのに・・・
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ

  1. 2018/05/21(月) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ2018年26号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年24号 感想>>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2902-67944d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する