FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2018年24号 感想

5/14発売分
週刊少年ジャンプ2018年24号
  表紙&巻頭カラー:紅葉
  センターカラー:ストーン、ハイキュー、幽奈さん


新連載 紅葉の棋節 (里庄真芳)
 ほーん。
 表紙のあまりにものオーラのなさに「こんなの載せるなよ」とまで思ってたけど、
 読んでみると中々描けてるじゃないの。
 巻頭カラーもちゃんと出来てるし、「ジャンプの表紙」に緊張しちゃったか?当たり前だけど。

 今は亡き天才棋士の兄の夢を受け継ぐ、妹弟子にして姉師匠の天才女性プロ棋士と共に~ということで。
 アニメ「りゅうおうのおしごと」で色々将棋界のことを知ったけど、
 女性の棋界は男性の棋界とは全然違う世界、悪く書くと全くの格下という衝撃的事実に驚いたもんだけど、
 銀杏ちゃん、そんなのを全て払拭したとはすごいなぁ。
 実際問題、いくら男と女で脳に違いあれど、そんなに差がつくのが意外だったのよね。
 「りゅうおうのおしごと」ではその辺、「女は男に勝てない」みたいな描き方を如実にしていただけに、
 このすごさはよく感じるわ。
 一方で主人公の紅葉はメガネくんだから
 「ものの歩」みたいな感じの信歩みたいな感じのお堅いくんかと思いきや、
 めっちゃ沸点低い攻撃的、だけど将棋においては受け将棋というギャップは面白い。
 その理由も桜流の兄の相手をずっとしてきたから~という理由もピッタリハマってるし。

 よく描けてました。
 そう評価したい。なるほど読切がこの感じだったのなら評価されるのは分かるわ。

 ジャンプとしてははっきり言って華がないだけにそこがどうなるか、
 「ヒカルの碁」という超えられない同ジャンル、
 「ものの歩」という前例、
 「りゅうおうのおしごと」という競合他社、
 「藤井聡太」というフィクションよりフィクションしてる存在。
 その辺とどう差別化して、「面白い」漫画にしていくか、やね。

 1話においては本当に「よく描けてた」という感想しか出ない。「面白い」とは書けない。
 

約束のネバーランド
 オジサンやべぇ・・・
 相手に存在の気配こそ感じられていても、撃たれた後じゃないと撃たれたことに気づかないとか、
 結局なんだかんだエマ含めて心もとなかったこの反逆に大戦力が加わったなぁ。
 改めてオジサンやべぇ。

 残すはレウウィスただ一人。
 最後にして最大の敵に果たして・・・

 
ONE PIECE
 サブタイで
 「革命軍 全軍隊長 登場」だと思って、サボより上が出てくんのかヒャッハー!
 と思っていたら
 「革命軍 全 軍隊長 登場」だったか。日本語ってホント難しい。

 さておき東西南北の革命軍隊長、中々・・・というかめちゃくちゃ濃いなw
 サボやコアラがかなりマトモ寄りとはいえ、ドラゴンさんよくあんな連中従えてるわw
 サボも含め、全員何かしかで麦わら一味の師匠ポジションになる感じはするかなぁ。
 目下ウソップ&フランキーとリンドバーグは絶対そうだし。
 ベティ様(この人こう以外呼べんわ)はナミロビンっぽいし。
 ベティ様のカリスマっぷりマジ好き。
 登場1話にして完全に惚れたわ。能力も含めて革命軍向きすぎやろw
 

Dr.STONE
 タングステン歯磨き粉の方は相変わらずさっぱり分からんけど、
 クロムカセキ爺さんサイドの、今までの全乗せ加熱装置はちょっと良かったぞ。
 こういう続々と仲間が集まる様相はやっぱり良い・・・

 まぁ今話は完全にカセキ爺さんの涙で全部良いけども。
 あの色んな感情の溢れる涙、クるよね。


銀魂
 虚は既に黒幕じゃないというのが前提だったかのような回だったな・・・
 

ぼくたちは勉強ができない
 レズレズじゃのぅ(笑顔

 百合漫画大好き人間として申し上げさせていただくと、
 「百合漫画のキャラ、感情出さなすぎぃ!!!」
 というのがありまして。
 まぁコレは少女マンガを例に上げると分かりやすいけども、
 女子同士の話になると、「いわゆる」女子の特性上、内に抱え込んでこじらせちゃうのよね。
 もちろんそこから生まれる不和、からの仲直りというものもすばらしいのだけれども、
 関城ちゃんというテンプレツンデレちゃんがド赤面しながら感情爆発して、
 とにかく「緒方理珠好き好きアピール」を全く隠さないの、とっても・・・ベネ!ディモールト・ベネ!
 りっちゃんの幸せのために成幸さんにデートの役押し付けたのは
 「成幸主人公のラブコメ」としては正解だけれども、「関城×りっちゃんのラブコメ」としては論外。
 そこをちゃんと分かった上で二人が結ばれて、なんなら二人の出会いまで描いてくれて、
 そ・し・て最後にはラッキースケベまで。

 筒井先生・・・貴方ドコまで「分かってる」んですか・・・ありがとうございます・・・
 百合男子として、ただただありがとうございます・・・


ハイキュー!!
 研磨がついに動いたか・・・くわばらくわばら。


食戟のソーマ
 料理漫画とはとても思えんなー(棒
 まぁもっと酷い(良い意味で)ことになる料理漫画もあるし?
 少年誌だからここまでなだけだし?
 男共もテキトーに剥きつつ、女子の各キャラに合わせた下着のディティールには頭が下がるわ。
 あと恥ずかしがり方な!!!

 いつもクールなのにめっちゃ叫ぶ寧々さん、
 黙して恥ずかしがるもも先輩、
 「らしい」吉野、
 エロい。ただただエロい。さすが扉絵なだけある田所ちゃん&アリス、
 アンタ本当に高校生ですか、でもありがとうございます竜胆先輩

 ・・・・ベネ!ディモールト・ベネ!(今回のトレンド

 男も女も満遍なく剥かれたけど、中途半端に剥かれてない連中が気になるな・・・
 いや美作とか女木島とか剥いても誰も得しないのはわかってるけど、絵面的にさ。

 薊の真の美食思想も完全に打ち砕いてくれてよかったっすわ。
 緋紗子ちゃん、ソーマそれぞれの思いも。
 にしても「美味しいと思ってもらいたい」という感情すら不純物扱いとは薊ェ・・・
 何のための料理なのか。流石にここは司もドン引きしてて良かったわ。

 さぁ長きに渡った連帯食戟、セントラル編もようやく終わりか・・・
 このまま連載終わるのも一つの手ではあると思うけどどんな展開になるのやら


鬼滅の刃
 胸かっ斬られても死なないとか玄弥は「不死川」の字の如し、
 死なない人間なんやろか。
 それはもはや鬼と同義とも取れるけど、柱の方の不死川のことも考えると、
 呼吸方法でなんやかんややってる、みたいな感じなんやろなぁ。

 理屈はさておき、やっぱりこの半天狗4人衆、どうにも全然絶望しないわ。
 なんなら禰豆子&玄弥だけで勝てそうだし。


ブラッククローバー
 宿魔の剣がちゃんと能力使ってるの久々に見た・・・
 厳密に「使えない」のか「使わない」のか「使わせたくない」なのかは分からんけど、
 全然なかったよね。他人の魔法を取り込んで~のアレ。
 業魔も結局反魔法で斬ってるだけなのばっかりだし・・・


僕のヒーローアカデミア
 論ずるに値せんわ。

 ここまで引っ張ってきたA組の文化祭公演、
 これがあるからこそ、ぶっちゃけつまらんかったジェントル編も我慢して読んでたのに、
 その集大成をこんな下書きまみれで読まされて、舐めてんの?
 大きな見せ場たる耳郎ちゃんの輝きやエリちゃんの笑顔は描けてたけど、
 流石にコレはダメだわ。
 今話はほぼ全てのシーンにおいて下書き掲載は許されない。
 「A組全員」の公演なはずなのに描けてるシーン描けてないシーンで明確に差別化されとるやんけ。
 「全員が楽しむ」「自分たちだけが楽しいじゃダメ」という、
 今やってること全否定やで。

 は~ぁ。
 ブラクロといいアカデミアといい目に余るわ。
 どうして1週休むことすら出来ないのか。
 不完全原稿、不完全な展開見せられるぐらいなら休んでちゃんと仕上げろって、俺いつも言ってるよね?
 ジャンプのTOPが休みまくってるんだから誰だって休んでいいんだよ。
 休め。否、休ませろ。
 「単行本でちゃんとします」とか、俺たちは「週刊少年ジャンプ」に金払ってるんだからな。
 「アカデミア」の単行本買わない人にとってはこのクソ最低な1話が全てなんだからな?
 ゆめゆめ忘れるなボケ。
 あぁ怒ってるのは編集部に対してなんで。
 こんなの載せるの許すなよ・・・編集も編集長も漫画読んでねーのか?どこまで無能なんだ。


ノアズノーツ
 ライターのハイノーツは現実的だったけど、
 動物翻訳機はその何段階も上の未来技術やな・・・
 まぁ最近は翻訳アプリとかでも大分精度の高いものが出来てるし、
 そこを突き止めたら・・・ってそれは人間同士だから出来てるんだよなぁ。
 動物の言葉の意味を誰がとらえるのやら。
 脱線するけど、動物が動物と喋る際に言葉が通じてる設定が個人的には嫌い。
 人間は人間としか会話出来ないんだから、犬も犬とだけ(オオカミとかは含めても可)のはずでしょ。
 なんで犬はネコでもウサギでも鳥でも会話出来んねん。おかしいやろうが!!(ドコに切れてんだ

 ルー先生の人良さそうにみえて腹黒設定はまぁ普通に・・・プラシーボ効果は大事よ。
 偉い人がそれらしいこと言えば大体信じちゃうもん。
 愚かだね、人間は・・・
 

呪術廻戦
 マジで虎杖死んだまま進めるんか・・・と結構驚きのまま読み進めてたけど、
 最後でやっぱりそうじゃなくて安心したわ。
 「死んだけど生き返る」パターンすな。
 まぁはよスクナを従属させないと身体が切り刻まれちゃうみたいだけど。
 虎杖の死に、五条先生がめっちゃ切れててちょっと嬉しかったわ。

 新展開は新キャラの2年生共々vs京都の呪術師ということで。
 少年漫画展開ですなぁ。謎の内輪特訓交流会。
 とりあえずひたすらパンダ先輩が気になるw


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


ゆらぎ荘の幽奈さん
 コガラシさん相関図、わかりやすっw
 ちゃんとハートのあるなしで男として、友達としてと別れてるのが良い・・・
 おや?
 なんかゆらぎ荘で一人いない人が・・・男もいるのに・・・?
 あと狭霧には「?」を入れてほしかった。

 ベネ!ディモールト・ベネ!(今回のトレンド

 何故か小さくなっちゃって、あの娘のあそこをモゾモゾと・・・
 ロマンでいっぱいや・・・

 そして水着に豊胸の意味ではないパッドというものがあるということを初めて知った。

 ジャンプでは絶対無理だけど、
 こういう展開でヘソよりもっと「下」までいっちゃって、中へ~って展開読みたい。
 同人お願いしゃーす!


ジガ-ZIGA-
 おー良い展開だ。
 結局想像していた大怪獣変身バトルにはなっちゃったけど、
 今まで最大の脅威であったジガが仲間になるとはアツいぞ。
 向日葵畑の少女こと命令者ちゃんも想定外の自体のようだし、いいぞもっとやれ!

 今回言及されていない、コウの母親だった人がどういうポジションだったのかは、
 この戦いが終わったら補完されるかな。
 まさか人間じゃなかったとは驚き。


ROBOT×LASERBEAM
 2球連続相手と同じ所に打つとか、そりゃ怖いわw 化け物じゃねーかw

 でも同じ所に打ってちゃ勝てないわけで。
 銀狼を落とさないのであれば、ロボはどう超えるんやろか。


アクタージュ
 いよいよ景は自分だけの演技から相手との演技へ進んだか・・・
 「友達」を知ったばかりで「友達」じゃない相手に「友達」を創造して想像するとはまた複雑なことしてるけど、
 かたやチャンチャラ友達になんてなる気のない天使ちゃんがどう動くか、 
 それに対するいわゆるアドリブは取れるのか、楽しみ。


トマトイプーのリコピン
 何このドシリアス・・・
 めめちゃんママがキュートピアに関わってる示唆はあったけども、
 死んでたとかいきなり重い重い!
 親父が裸エプロンしてるのとかめちゃくちゃ見方変わるじゃねーか!


火ノ丸相撲
 さぁ始まりました!!!
 火ノ丸の全てを賭ける本場所。
 初戦から大典太とは・・・って公式戦ではそういや初なのか。
 確かに高校編でも途中からやれ天王寺、やれ草介となって、
 「そこそこ強い」のレッテルで終わってたもんなぁ。
 今再びの邂逅、再戦。
 幕内最長vs幕内最短とは箔的にもピッタリ。
 互いに負けられない思いをこめての一戦。
 「火ノ丸相撲」の醍醐味がこっからノンストップで見られるとかワクワク止まんねぇぞ!
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ

  1. 2018/05/14(月) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ2018年25号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年23号 感想>>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2901-04833bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する