FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2018年20号 感想

4/16発売分
週刊少年ジャンプ2018年20号
  表紙&巻頭カラー:ストーン
  センターカラー:鬼滅、読切、幽奈さん


Dr.STONE
 作中石化登場権とは面白い試み。司に殺されるポジションじゃねーだろうなw

 ここに来てようやくフィラメントの素材っつー壁にぶち当たったものの、
 1週待たずに解決か・・・
 ちょっといくらなんでもトントン描写が過ぎるなぁ。
 例によってマックススピードで進めないといけないのは分かってるけども・・・

 にしても何で千空はタングステンの可能性を追求しなかったのやら。
 「この時代じゃそんなもんは」なんて言うからもっと合成化学物質的なものかとばかり思ってたわ。

 人気投票キャラ表、45番の目がイってるハゲ、やっぱり名前なしなのな。意味深。


ONE PIECE
 おぉう・・・まさかのジンベエ再離脱。
 もう完全に仲間になってこのまま脱出するものと思っていたから、ここでの離脱は驚きだわ。
 まぁ確かにあのまま魚人海賊団を囮にして生き延びても
 ルフィ的にもジンベエ的にも読者的にもスッキリしないのはそうか・・・

 どんどんワノ国での助っ人要因が増えるなぁ。
 

約束のネバーランド
 本拠地を知るためにあえて逃がしたバイヨン、
 それをちゃんと分かって待ち伏せする子供たち、
 両者しっかりと「思考」したバトルをしてるなぁ。

 最高の懸念たるレウウィスも公然と「待ち」を選択してくれたし、
 とりあえずバイヨンを倒せばあとはノウスだけか・・・
 でも10分後誰も仲間がこないフラグもあるっちゃあるんだよなぁ・・・


鬼滅の刃
 時透まだおったんかい!!
 半天狗全然非戦闘タイプちゃうやんけ!ゴリゴリの戦闘型やんけ!
 玄弥の武器まさかの拳銃かよ!

 と、リアクションしておいて・・・
 半天狗もまた分身系か・・・妓夫太郎&堕姫とダダかぶりの特性ってのはどうなんだろう。
 まぁ「積怒」「可楽」という名前からあと「喜」「哀」いての4人衆とかもありそうだけど、
 どっちにしろ複数体って設定はカブってるわけで。う~ん・・・


ぼくたちは勉強ができない
 ガチガチの英語組まれてもアレとはいえ、中学英語ばっかやったな・・・
 コイツら仮にも高校英語、受験英語をやってるはずじゃ・・・
 つか外人の英語も簡単ってどういうこっちゃい。
 和訳も同時につけてるんだから、監修でもつけてもうちょっとガチの英語の方が良かったんじゃ。
 
 ってことばっか気になって、うるかのド赤面が全然入ってこなかった。
 うーん少年誌、小学生向けだと取るとこれぐらいであるべきなのか・・・?


ハイキュー!!
 月島と山口がついに並び立ったのはアツいなぁ

読切 鈍球!-DONKYU- (植村達也)
 動物を擬人化しての卓球漫画とは中々に新しい。
 各動物の個性・特性・能力を人間の能力モノのように組み込むとは面白い着眼点で
 楽しく読めたわ。
 まぁ肝心の卓球描写はそこまでではないんで、
 卓球に絞らず動物×スポーツという枠組みにすれば読みたいぞ。
 なんなら擬人化すらしなくていいぞ。
 「動物」が「スポーツ」する。面白そうじゃん。
 この路線はアリ。がんばってほしい。


ブラッククローバー
 おぉ、メレオレオナの姉御生き延びたか・・・
 まぁ姉御はヤツらを倒さず逃げたことに叱責して「すぐ戻る!」とか言いそうだけど。

 アスタとゾラの反射倍々魔法は状況がかなり限られるけど現時点の出力向上には最適かな。
 コレにゴーシュの鏡、フィンラルの空間なんかを組み合わせたら超鬼畜になりそう。


呪術廻戦
 舐めプされていたとはいえ、超ヤバい特級相手にえらい悠長やな。
 普通に伏黒も釘崎ちゃんも脱出出来ちゃったよ。
 まぁ「一人死亡」の予告がある以上、このままスクナ無双にはならないだろうけど。

 虎杖の人間らしい感情が色々見られたのは評価。
 「なんで俺が」「指食うんじゃなかった」「逃げたい」
 こういうまさしく負の感情をしっかり持ってるってのは大事なことよ。
 誰もが割り切れるわけではなし、自分の弱さをキチンと分かってるのは強さを産む。分かってるねぇ。


銀魂
 まぁ銀さんがあんなに大事にするものなら松陽関係だわな。
 アルタナ系かと思ってたけど、もっと直球の「松陽そのもの」だったかー

 とりあえず神楽の話も銀さんの話も間延びさせすぎてて全然面白くないって書いとくわ。
 

僕のヒーローアカデミア
 ジェントルもヒーロー社会の被害者か・・・
 まぁ力及ばず夢破れたのに諦めきれないで、ヴィランになってまで名前を残したいというのは
 あまりに自分本位すぎる独善的な奇行にして蛮行だから、
 気持ちは分かれど理解は出来ないなぁ。

 夢破れた者は大人しく夢を破ったままにしておく、そういうもんよ。
 少なくとも夢破れた俺はそう。もう、戻る気はない。
 「所詮その程度の夢だった」とあざけ笑うがいい。
 俺という人間はあそこでも壊れてしまったんだなぁ・・・


ジガ-ZIGA-
 おぉう・・・ジガがコウ本人だったとはかなり衝撃的な展開。
 この変身がどういう理由によるものなのかは不明だけど、
 コウ=ジガが既に甚大な被害をもたらしたのは明白なわけで、
 また元の「コウ」に戻ってももう居場所はないわな。
 
 安易な変身モノ、
 ウルトラマン的な変身、またはジガと似たような生命体に変身して戦う系かと思ってたけど
 こりゃまた苦難な道に行ったなぁ・・・
 ダークヒーローどころの騒ぎじゃねーぞ。主人公が諸悪の根源とは。良い展開やんけ。

 とりあえず異災連の皆さんには容赦なくジガを攻撃してほしいすな。


ゆらぎ荘の幽奈さん
 酷い漫画だなぁ(超褒めてる

 まぁ酷いのは今話においては最後のDX千紗希ちゃんだけで、
 あとは結構マジモンの「うぉおたぁさばげぇ」してるけど。
 賞品の割に結構結託者が多くて殺伐とした感じがないのが些か残念。
 朧&狭霧とかガチの優勝候補だったのに早い脱落だったなぁ。
 DX千紗希ちゃんにはかるら様、マトラ辺りを倒してもらうとして、
 でも優勝はないだろうから、
 結局何もしなかった夢咲先生が勝つ~みたいなオチになりそうかな。


ノアズノーツ
 あ~ライターか。なるほど。確かに事前に示された条件を踏まえるとコレしかないレベルだわな。
 チャイルドロックなるものは存在すら知らなかったけど。タバコ吸わねーし。
 それが如何に「高技術か」「現代は無理でも未来では出来そう感あるか」良い塩梅の回答だったわ。
 まぁ考古学的バトルでは全然なかったけど。
 こういうのは完全に「ストーン」の方面やんけ。


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


食戟のソーマ
 超ヒロイン顔で作ってた料理流用せず、新しい料理に挑むえりなさんマジステキだったわ。
 最高の笑顔してたでアレ。
 
 たった10分で全身全霊をかけたえりなさんの料理。
 いつもの優雅な天才然とした感じとは程遠い、人間性をバンと出して、
 まさしく固定されたセントラルに造反する感じでとても印象良いわ。

 さて、えりなさんの料理、一体何が出てくるか。
 薊との縁切り、自身の成長、ソーマをねじ伏せる・・・
 「ソーマをねじ伏せる」ということはコレはもしや・・・?
 にしては出した皿がえらい薄いなぁ。


ROBOT×LASERBEAM
 ほーん旗の長さかー全く意識したことなかったわ。
 というかプロゴルファーって旗の位置とか一々見てんの?
 普通アドレスの方向しか見ないと思うんだけど・・・
 思えばそういうコースでもない限り、ピンを狙わない理由ってないのか。なーる
 今回のロボみたいに上手くいってチップインすることもあるわけだし。

 七傑&朱雀はとりあえず朱雀がやべぇw


アクタージュ
 キャスト一覧若いな~
 こういうのは高校生が登場人物のキャラでもハタチ越えの大人がウジャウジャいるものなのに、
 1人しかいねぇ。スターズは本当に粒ぞろいなんだなぁ。

 景の成長として俯瞰、カメラの目線を意識して、吐いちゃうものはその外へという謎テクニック。
 確かに普通の役者からしたら意味不明すぎるけど、役に入り込みすぎる景の持ち味を捨て去ることなく、
 ほぼ生の演技・本当の表情を引き出したのは面白いなぁ。
 隣の2人の表情が安っぽく見えたもの。
 もちろんあの状況でのリアクションは人それぞれ、冷や汗垂らすだけの娘がいてもいいけども、
 景があまりにガチだからこそ逆に目引くよねアレ。

 でもなんだかんだそんな塩演技していた茜ちゃんとも和解出来たようで。
 茜ちゃん、景を認めるのは構わんけど、キミ食われてるんやで・・・


最終回 BOZEBEATS
 打ち切り。全14話でかなり短い方ですな。
 画力はあるし、キャラクターや心情表現、演出力は良かったけど、
 大枠のストーリーの面白さ、それとバトルの面白さ、そこは欠けてたかなぁ。
 「読める漫画」ではあったけど「読みたい漫画」にはなれなかった感。
 スタートダッシュはとても良かった印象があるだけに、
 環と円鹿の設定をちょっと出し惜しみしすぎた、それとサブキャラが目立てなかったこと、かなぁ。
 バトルはバトル要素自体は良いものだけど、戦闘シーンがどーにも地味で
 「カッコいい!」「アツい!」そういう情動は皆無だったのが減点。
 
 才能あるわ。ここんとこの新人作家の中ではかなり才能を感じた。また頑張ってほしい。


トマトイプーのリコピン
 リコピンがミッション達成しなかったせいでハンターが休載してんのかよwww
 こりゃ今度からは「冨樫働け」じゃなくて「リコピン炎上したいのか?」になるな・・・


火ノ丸相撲
 死にたがりの火ノ丸への補完が色々入ったけど、
 確かに結婚するなり子供が出来るなり、「自分だけの身体じゃない」を刻み込ませたら効くかもね。
 まぁ効いたところで火ノ丸の横綱への思いは伊達じゃないから、
 そこの天秤を追求するのはあまりに酷だけど。
 レイナさんのポジションは相変わらずフワフワしてるのはウブいけどイライラもするなぁ。
 しょうがないこととはいえ。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ

  1. 2018/04/16(月) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ2018年21・22号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年19号 感想>>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2898-b9dc5dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する