FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2018年18号 感想

4/02発売分
週刊少年ジャンプ2018年18号
  表紙&巻頭カラー:ワンピ
  センターカラー:ぼく勉、ソーマ、ロボレーザー


ONE PIECE
 おいおい、マムこそケーキに夢中で何もしてないけど
 不気味すぎる歌と共に麦わら一味も魚人海賊団もジェルマも壊滅したぞ・・・
 マムに滅ぼされるならまだしも、今まで後手後手だったビッグマム海賊団に敗れるのか・・・
 まぁ今までコイツら無能ばかりだったからようやくその恐ろしさを見せてくれた感はあるけど、
 読者的には結構な絶望やな・・・

 海賊の命とも言える旗を落とされて、色々大丈夫なんかいのぅ


Dr.STONE
 相変わらずスピード感パねぇなw
 ケータイのためならこれでも間に合うかってレベルだけど、
 そこはまぁ司帝国が結構な猶予くれたおかげでなんとかなるか。
 もっと、なんならすぐにでも攻め込んでくると思ったけど、
 「ただ潰す」だけではいけないこと、それと自分たちが生きることもちゃんと考えてるんすな。

 ギアに水力発電でもはやマンパワー・人力の時代は終わりの始まり。
 このノリだと自動車は無理でも簡単な駆動の乗り物ぐらいなら作れそうだなぁ。

 クロムも千空からの入れ知恵なしで水車を作り出すとは良い成長。
 こういうのはこれからも入れていってほしいわ。
 なんてったって千空やクロムがいなくなったとしても時代は続けていかなきゃいけないわけだし。


約束のネバーランド
 ナイジェル、ジリアン、言っちゃえばモブな2人のキャラをよくもまぁここまで立てちゃって。
 伊達に幹部やってないって話だけど、
 彼ら彼女らがほぼ無会話でここまでの行動を取れるとは立派すぎるわ。
 ザックたちは流石にくだばってないと思うけど、どうなってるのやら。
 バイヨンについてはむしろレウウィスよりも現時点、読めんわ。


鬼滅の刃
 まさかこんな所で死にかけるとはw
 小鉄さん鬼過ぎるw
 色々修行展開はあれど、年下の子供(ロリババアとかじゃなしに)にここまでしごかれるのは見たことねーなw
 雨降ってなかったら終わってたとかどんな主人公だよw

 そんな差し迫った死を糧に匂いと絡めての予知能力取得。
 能力バトル的能力にギリギリならない炭治郎らしい能力・もといスキルじゃないかね。
 
 人形の中の刀はまぁ・・・ベタ展開よね。 


ブラッククローバー
 リルとリラを見る限り、エルフの転生者は人間の器に近しい者、
 なんなら文字通り転生した「生まれ変わり」そのものだったりすんのかね。
 それなら魔法騎士団で実力のある者たちが軒並みエルフに乗っ取られてるのも頷けるけど、
 そうなってくるとメレオレオナの姉御や他の乗っ取られてない組も謎になってくるなぁ。
 生え抜き組はともかくヴァーミリオン家なんて優秀な家系だそうなのに。

 アスタのアンチ魔法でも解けない転生。
 どうやって解くんかいのぅ。
 再度正しい体の持ち主の魂を定植させるか、魂を追い出すかの二択だとは思うけど・・・

 最強のジョーカー・メレオレオナの姉御の退場(一時)の仕方は上手いすな。


ぼくたちは勉強ができない
 いやいやさすがにこのりっちゃんはねーわw

 ・・・えっまさかこのイメチェンした美少女もとい美女のまま進めないよね?
 オチで元に戻ると思ってたのに戻ってないって・・・えっ?
 前髪パッツン髪型チェンジはオールOK派だったけどこれはさすがに・・・

 りっちゃんに関してはありえないとも言えないのが恐ろしや・・・


呪術廻戦
 ヒロインらしからぬ性格の釘崎ちゃんのキャラは明朗快活で結構好き。
 特に見所のない展開、バトルで例によって退屈だったけど、ヒキの「一名死亡」という予告はワクワクしたぞ。
 「死んだけど生き返ります」みたいな話ではないけど、
 虎杖が死んで、スクナの力て蘇るなり別の生を得るなり~なんてのはありえるかな、と思いつつ、
 まぁ死ぬのは伏黒なんだろうなぁ・・・
 選択肢他にねーべ。


銀魂
 やっぱり神流は神楽か・・・ですよねーじゃなかった、だよネ~
 高杉参戦は案外早かったな。


食戟のソーマ
 まぁソーマはおとなしく前菜作ってるタマじゃないわなw
 当然メインを食うレベルの前菜を作ってくるとは思うけど、
 かといって本当にメインを食ってしまっては勝負に勝てないわけで。
 良い塩梅でえりなさんのメインと共に高めあう、そんな内容に期待。

 あと今回フィーチャーされたえりなさんの「神の舌」はぶっ壊されるんじゃ疑惑。
 ソーマの調理中の味見はそれを引き起こそうとしてるようにしか見えんかったわ。
 薊からの解放、セントラルからの解放、薙切からの解放、
 色々な展開に出来そう。
 神の舌がなくなってもえりなさんなら料理出来なくなるわけないし?


ハイキュー!!
 (書くことねぇ)


僕のヒーローアカデミア
 デクを雄英生・ヒーローであることを利用して足止めするのはヴィランらしくて良かったぞ。
 「悪」すなぁ。


ノアズノーツ
 缶開けてない意味がちゃんとあってよかったわ。
 まぁ中身がないならないで、それでもフタ閉めてる理由も謎っちゃ謎だけど。

 聖堂騎士団のモネさんは大分人間やめてるけど、オーパーツの力ならしゃーないか
 まだその正体は不明だけど、レーザービームも科学的根拠があるものだったらいいなぁ。
 量子ビームとかそんなんでもいいから。
 コイツを突破するのはやっぱり缶の中身の力になるんかねぇ。
 あんまり超次元的展開にはしてほしくないんだけど・・・


ジガ-ZIGA-
 異災連入隊。
 故郷の死、母の死を知ってなお絶望しつつ立ち上がって
 たった2ヶ月でたのもしく成長したのは良い展開だわ。

 ジガに武器が効くのかって話は効いてもらわないと困るけど、でも効かないんだろうなぁ。


HUNTER×HUNTER
 どこかのブログが長い間休止してたと思ったら、どこかの漫画がまた長い間休止になったでござる。
 もはや俺も富樫のサボり癖を叱責することは出来んな・・・

 とりあえずシュウエイシャの三組織、それとそれに付随した殺人鬼、をヒソカのついでに追う旅団、
 これだけ覚えてたら良いかな・・・
 クラピカが旅団のことを知るのはいつになるのやら。


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


ROBOT×LASERBEAM
 ロボレーザーも1年もやってんのか・・・
 つかこの「ロボレーザー」って呼称、俺しか言ってない気がする。
 いや世間一般が「ロボ」って呼称してるのは知ってるけども。
 「ロボ」だとなんか色々あるじゃん。
 「ロボレーザー」だと唯一無二じゃん。そういうのを大事にしてるのよね俺。
 あと「ロボ」だとキャラ名の「ロボ」にもなるし。
 作品名とキャラ名の住み分けはちゃんとしたいのよね。
 だからこれからも作品名で語る場合は「 」をつけていきます。
 「ソーマ」「火ノ丸」「幽奈さん」「リコピン」なんかが今のジャンプではそうかな。
 いや、「幽奈さん」の場合、キャラの幽奈は「幽奈」呼びなんだよなぁ。
 このこだわり、伝わってたんだろうか。
 長々と何の話やねん。

 ただのまっすぐなホールでどんな罠がありえるのやら。
 策士さんはあえてバンカーに放り込んでいたすげーキャディー!って展開にするんだろうけど、
 風で曲がった感じはなかったけど、強烈な逆風でも上空で吹いてんのかね。
 

ゆらぎ荘の幽奈さん
 おっほっほっほwww
 千紗希ちゃん党員としてはたまりませんなぁ・・・
 露骨なエロこそないものの、
 千紗希ちゃん、それとコガラシさんのピュアピュア赤面が見られて大満足でしたわ。
 あと何を隠そう当方、指フェチに加えて脚フェチでしてね・・・
 「足」も「脚」もいいもんだ・・・
 

アクタージュ
 天使の幽体離脱・俯瞰に関してはまぁ特に目新しい情報もなく。
 自己を完全に捨て去ったわけではないというのは新情報だけど、
 それを演技・役の範疇に出してくるかは現時点では不明瞭すな。
 まぁ景があぁいう娘なんだから十中八九出してくる。出してこないわけないけど。

 景の当面の目標はそんな俯瞰視点を身につけることになりそうで。
 演技の方向性と「見られ方」は違うものだしここは競合しないかね。


BOZEBEATS
 あぁやっぱりキリエさんだったのか。
 まぁクライマックス展開のようだし因縁の戦いをしないわけないわな。
 環のソロ戦闘じゃなく、ちゃんと仲間たちと協力して戦ってるのは評価したい。
 一人じゃ勝てなくてもみんなとなら~の段階だものねまだ。 


トマトイプーのリコピン
 今話は何か色々ダメだわ・・・
 スマホゲーの広告に出てくるTikTokにいつもイライラしてるし、
 毎年毎年身体が成長したわけでもないのにアホみたいに服買うことが理解出来ないし、
 俺には縁遠いけどショップ店員ムカつくし、
 フラッシュモブとか寒気するし。


火ノ丸相撲
 現実問題、本当に今最も刃皇に近いのが天王寺・童子切なだけにこの頂上決戦は楽しみすぎるわ。
 同世代最強が現役最強を相手にする、最強vs最強。
 滾らんわけないんだよなぁ・・・
 刃皇相手に後の先で挑むのは蛮行にも近いことだけど、
 花相撲ゆえ、自分が勝てるスタイルを探るってのは勝つためには当然とも言える戦略すな。
 ワンチャン、天王寺勝利はありえるんじゃなかろうかこれ。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ

  1. 2018/04/02(月) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ2018年19号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年17号 感想>>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2896-f8598f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する