FC2ブログ

2061位の幾何学空間

ジャンプ感想ブログです

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png konoman17logo.png

<予定更新スケジュール>
 11/12(月)発売50号→11/18更新しました
 11/19(月)発売51号→11/25更新しました
 11/26(月)発売52号→11/30更新しました
 12/03(月)発売01号→12/09更新しました
 12/10(月)発売02号→12/14までには更新予定

 以下年内スケジュールです。
 12/17(月)発売03号→12/17更新予定
 12/22(土)発売04・05号→12/23更新予定

<ちょっと語りたいコーナー>
 2号感想もいつ出来ることやら

週刊少年ジャンプ2018年12号 感想

復活更新4週目。
そろそろこのカウントアップもやめても良い頃合でしょうか。
今思えばよくもまぁ3ヶ月も更新放置出来たもんだなと思うほど最近順調ですわ。
まぁ別事情で平日は不眠症だったりするんだけど、今日は休日だからね。アホほど寝られるからね。

さて今週の話題は・・・
本当の真偽は今をもってしてわからないけど、「真」だと信じてのお話。
某有名ジャンプ感想サイト(ジャンプ以外も)の管理人さんが突然亡くなられたそうで。
俺がこのブログを始める前からやられてるサイトさんで、
毎週とはいかないまでもたまに感想読みに行ってたサイトさんでかなり驚いた。
高2の終わりに始めたこのブログももうすぐ開設12年
「ジャンプ感想サイト」においてはそこそこの地位を築けたかな、という驕りがあるんですけども
そんな俺も今年で三十路の凡百サラリーマン
俺より前から感想書いてた人たちは大体上の年齢になるわけで。
これからこんなことがどんどん増えていくんだろうな・・・とも思ったり。

とりあえず他所の話はさておき、来たるべき時、このブログやツイッタ―での処理はちゃんとしたいのよね。
去年危ぶまれた意図的な閉鎖ならともかく、
ポックリ逝って閲覧者さんに更新がどうなったのかさっぱり分からないまま自然消滅・・・みたいな終わりはしたくない。
終わらせるならキッチリ終わらせたい。
親や友達は俺がブログやツイッタ―をしてることを知ってるけども、
どうやって更新するか、最後に残してほしい言葉の指示、そういうのは決めておきたいもんですわ。
「○日間更新しなかったら自動で送信するメッセージ」とかもあるけども。
「終活」みたいな話だけど、お世話になった人たちへ向けてのせめてもの礼儀、だと思うのよね。
人間結局いつ死ぬか分かんないわけだし。
日々の出勤の途中、何度死にかけたことか。
あと健康診断で肝臓ちょっと引っかかってるわけだし。体は別事情でボロボロだし。不眠症だし。
遺書、そろそろ書いとくか・・・予定では40まで生きてないんで俺。

重っ。
書いてて分かってたけど内容重っ。こっからハイテンション感想書くとは思えない暗さ。重さ。
いやでもホント最後の禊はちゃんとしたい。なるだけ迷惑かけずに死にたい。ちゃんと考えよう。


何の話なのやら。
先週のアンケ「コミックスにカラー収録してほしい?」は圧倒的支持多数で「値上げしてもいいからしてほしい 」ということで。
やっぱりみんなそうよね。
多少高くてもコミックス買う人なんてその作品が好きだから買うわけで。
その作品がカラーという「そういうもの」になっているのであれば、「そういうもの」として載せてしかるべきよね。

それではあとは通常営業・今週のジャンプ感想です。


週刊少年ジャンプ2018年12号
  表紙&巻頭カラー:ハイキュー
  センターカラー:ネバラン、火ノ丸


ハイキュー!!
 巻頭カラーだから「そう」なるとは思っていたけど、決着。

 いやはや、ホント「こうなるのは必然」な漫画メタ展開ながら、
 最後まで緊張感MAXなラリーを繰り広げてましたわ。
 別に今回失点しても烏野は負けでないのにも関わらず、影山→月島→澤村キャプテンの神返しとか痺れたね。
 そして最後の双子速攻、それをドシャットアウトする日向影山。
 vs稲荷崎の完結にして最高の要素盛りもりだったわ。
 コレ以上の決着はちょっと想像つかないわ。
 見たかったものを予想よりももっと盛っての決着、素晴らしかった!


ONE PIECE
 ゴインゴインなコングマン、デブなタンクマンに比べ、スネイクマンはスタイリッシュでいいっすな。
 まぁ歌舞伎の影響相変わらず受けすぎな上、「スネイク」要素は結局ホーミングの腕でしかないわけだけど。
 あの腕がグニョグニョ曲がるのはどういう理屈になるんだろう。
 伸びる分にはゴムだから良いけども、自由自在に曲げるなんて・・・
 武装色の強化を曲がる関節のスポットに置いて、強制的に曲げてるとかそんな解釈でいいのかな?

 ひたすらな殴り合いは漢の戦いのこの2人、歴代最高峰の戦いとしては実にシンプルでいいわ。


Dr.STONE
 司に千空の存命はバレてなかったけど将来を見越して村を襲撃、司のそれは正しい判断だけど、
 結局ヤバすぎる新キャラ・氷月を前に本当にバラさずを得ずか・・・
 雑兵は金狼以下の存在だから置いといて、司レベルのがもう戻ってるとはやべぇ。
 銃のハッタリ一時撤退とはなったけど、
 現実問題石神村の戦力のなさはどうするつもりなんや・・・
 それこそ本当に銃でも作らないとかなり厳しいぞコレ。
 戦力たりうる金狼も負傷か脱落かだし。
 銃とは言わないまでも何かしかの科学・化学兵器を作るんやろか。
 千空が防衛のためとはいえ兵器を自ら作るか~?という疑問があるんだよなぁ。


鬼滅の刃
 上弦の5人、一気に出てきやがった。
 いつぞやの下弦処刑の時のように、玉壺さんサクッと殺されたのかと思っちゃたわ。
 とはいえ。
 猗窩座以下肆、伍の2人はめちゃくちゃ弱そうやな・・・
 戦闘能力本当にあるのか、あんなのに今まで柱が何人もやられてきたのか、疑問でしかないわ。
 搦め手が得意なのかもしれんけど、アイツらと妓夫太郎&堕姫兄妹みたいな死闘を繰り広げるわけ?
 全くイメージが湧かん・・・
 一応「次」はこの肆と伍が来るようだけど・・・

 転、壱の黒死牟、弐の童磨はめちゃくちゃ強そうでいいっすな。
 童磨さん、やっぱり上弦の上に上がってたか・・・

 それすらも上回る鬼舞辻の恐ろしさは流石。
 もはや上弦にすら期待してないとか、ある種先見の明があるやんけ鬼舞辻。

 次の編、なんなら上弦壱以外全員来てもおかしくなさそうやな・・・さすがにそれは無理ゲーが過ぎるけど。


斉木楠雄のΨ難
 あーあ、最終回ネタであった火山大噴火も完全解決、
 そしてクラスメイツにバレる超能力、
 次回センターカラーで大増ページ、ついでいに今は終了期間中。
 漫画前の特集コーナーで今までの転校生まとめとかまでやってるし。

 もはやコレで終わらなかったらいつ終わるの、というレベルまで来ちゃったよ。
 まだワンチャン終わらない、なんやかんやいつものウヤムヤエンドになる路線もあったけど、
 コレはもう詰んでるわ。
 こち亀の後を継ぐという悲願、麻生先生は諦めちゃうのね・・・
 いやまぁ「斉木楠雄のΨ難」という作品としてはここまでよくやった、
 むしろやりすぎたレベルではあるんだけど。


約束のネバーランド
 LINE扉絵アンケートなんてやってたんだ。
 まぁこの3人+αになる以外に選択肢ないわな。人気投票とかやってもこの3人が群を抜くだろ。
 あぁ俺はなんだかんだエマが好き。元気をもらえる。
 レイもノーマンも当然好きだけども。

 あれっ、アダム=ノーマンのフラグ、あっさり折られちゃった。
 なんやかんや色々あってノーマンがアダムに、首の「22194」もなんか理由あって消された、
 そんな可能性まで考慮してたのにあっさり違うってことにしちゃうのな。
 イマイチこの意図が読み取れない・・・
 エマたちがラムダにたどりつくトリガーとしてそこ出身のアダムとノーマンを繋げてるだけ?
 う~ん・・・?

 猟場で準備もそこそこに最後の猟場開戦。
 「悠長に飯なんて食ってて今来られたらどうするんだよ」という俺の思いをそのまま反映させてくれたわ。
 レウウィスたち的にはたまには周期ズラして余裕を持ってた子供たちに絶望を~なんてことなんだろうけども。
 さて、この戦いを終え、ちゃんとみんな生き残ってるんだろうか・・・
 幹部陣も数人、それとルーカス辺りは死にそうなんだよな・・・

 兄姉を殺されたテオの補完と奮起が良かったわ。
 ヴァイオレットのフォローも良かった。
 助けられなかったことを謝罪し、「次」の狩りで終わらせることを謝罪し。
 ちゃんと一人一人の子どもたちの目線になってますわ。
 

J新世界漫画賞
 佳作2本に特別賞1本とはすごい。
 しかも掲載してる作品の全てが俺より年下の作者たちによるものとは、フレッシュすなぁ。
 最近は連載作家でも若い作家も多いし、良くも悪くも新陳代謝盛んやね。


ぼくたちは勉強ができない
 まさかのりっちゃん髪型変更。
 人気投票期間で髪型変更とは思い切ったなぁ。
 なんつーんだっけあの髪型・・・
 と5分ぐらいググって「姫カット」という俺の思ってたワードにたどりついたけど、
 ソレはソレでググってみると・・・あってるのか?分からん。

 個人的にアリかナシかなら結局かわいいならなんでもOK!とかいうちょっと怒られそうな思い。
 まぁ前か今かなら前の方が好きかな・・・
 ちなみに一番好きな髪形は肩ぐらいまでの髪の長さを後ろで少しまとめてポニーテールにしてるやつ!
 前号のジャンプ表紙のうるかみたいなのがすごくイメージに近くて好き。かわいい。

 髪型変わって気づかれたくないけど、いざ気づかれないと機嫌悪くなっちゃう、
 あ~めんどくさい!でもかわいい!
 でも今回の成幸さんはさすがに今回は酷いわ・・・「理珠」呼びはナイスだったけどな!!
 りっちゃんのド赤面を引き出していただいて、全日本赤面愛好会的にポイントガン高っすよ!!


ブラッククローバー
 あーあ・・・ですよねー

 魔法帝、生き残れるわけないですよね・・・
 残念ながらこんな展開が始まった時点で、どうあがいてもこうなるのは必然でしかないわ。
 全く格を落とすことなくやられたのは評価ポイント。
 あの量なら他の騎士団長とかが出張ってきても止められないしそっちも大丈夫。
 だからこそまさしく「どうしようもない」負け方だったなぁ。

 魔法帝陥落。
 知るよしもないロイヤルナイツ組のリアクション、国民のリアクション、
 目の前で恩師を殺されたヤミさん、他の騎士団長、他国の動きなどなど、一気に動乱が始まるな・・・
 目下アスタはどういうリアクションを取るかなー
 狼狽するのか激昂するのか絶望するのか・・・・


読切 破格の家賃(カワサキ)
 すごいな。
 コレをジャンプに載せるか。
 そして編集部もコレを「ジャンプ」としたか。

 いや面白かったよ?
 幽霊ちゃん・ハンナとタチバナの出会い、交流、互いに欠かせないものになって、でも訪れる別れ。
 その悲哀。
 得たかったものを得ても本当に得たかったものが何か、本当に大事だったものが何か、
 そういうテーマ性も含めて、あと色んなセンスも抜群で結構笑えて。
 面白かった。
 中でもハンナの真っ白な体がどんどん黒くなって、そして白く戻る演出と、
 いざ別れた時、隔てるドアを閉めたときのタチバナの絶望の描写は最高でしかない。

 で、コレが「ジャンプ」か。
 投稿作とはいえ全くジャンプの毛色ではない上、読切で100%完結してるものをよく載せたなぁ。
 派手派手しいバトルや演出もなく、正直アンケ取れるとはとても思えん、
 おおよそジャンプではない、けど面白い。
 そんなものを載せてくるとは、最近のジャンプ編集部の意識改革が伺えるかな。

 こういうハートフルな幽霊モノはいいよね。
 ということで今作が気に入った貴方、
 徳間書店・ゼノンコミックス「のぼさんとカノジョ?」全8巻 をオススメするダイレクトマーケティングをしとく。
 笑って和んで、最終巻できっと貴方は涙する。
 格別にオススメ。コレを読んでないとか人生損してるとまで高らかに言う。


僕のヒーローアカデミア
 ジェントルは謎の魅力があるな・・・
 典型的小物で全然強そうじゃないけど、実際本気になったらめちゃくちゃすごいタイプだろうな。
 ヴィラン連合に染まっていない、根っからのヴィランだけど憎めんなー

 雄英文化祭は不穏なフリにイヤな感じがしたけど、
 結局自分たちをぶつけてわからせるって路線なのね。
 ヒーロー科のせいで~という固定観念がある他科をどこまで説得出来る音楽になるのやら。
 ただ騒いでればいい、自分たちが楽しめばいい、それではダメで、
 かと思いきや誰かを楽しませるだけじゃ楽しまれない、中々ハードル高いなぁ。


食戟のソーマ
 審査員変更はまぁいいんじゃね?
 ぶっちゃけ男2人のリアクションも見飽きてたし名前すら分からないレベルだし、
 どうせ変わるなら本当にえりなさんvsもも先輩辺りから変われば良かったじゃん感はあるけども。
 薊と褐色お姉さんがこれからの最終決戦で悶絶するのは楽しみすな。
 薊の食の観念を変えることは大事な要素の一つだし、この変更はアリ。
 まぁ城一郎vs薊の可能性がなくなったのはアレだけど。まだ可能性あるか?

 負け戦すぎるタクミvs竜胆先輩はやっぱり竜胆先輩の思いが何かしかあるようで。
 来るで~ 裏切り返し来るで~ ずっと待ってたんやで~
 5thバウトはソーマ&えりな&竜胆vs司さんやで~ コレが一番見たい形やで!!


BOZEBEATS
 葉隠先輩、かっけぇやんけ・・・
 老人と子供のみならず、使われてる一般人をも諦めずに助ける。
 実にカッコいい。強いっすな。

 テグスは能力的には普通だけど、
 まだ居場所すら掴んでない状態で周り全てが敵になりうるこの状況をどう突破するか楽しみだわ。


火ノ丸相撲
 <火ノ丸相撲の感想は毎回最後にお送りしております>


アクタージュ
 わーお。
 「子供を見殺しにする私」すらも「自分の中の一部」ですか。
 いやまぁ本質的にはそうなんだけども、自分の知らない自分を演技にぶつけることで、
 それを「役者」「演技」とするとはすごいな。
 そらただ与えられた役を「それらしく」演じるなんでつまらないし、
 景にそんな器用なことができるとは思えないけども、
 「自分の中の知らない一部」か・・・いやはやすごいアプローチだわ。なんだこの役者。
 マジで危なっかしすぎて目が離せん。

 次の話はスターズ主催映画の残りキャストに入る云々か。
 睨まれてる会社主催の上、良くも悪くも自分に自信しかない主演とはまた大波乱が・・・
 とりあえず「デス・アイランド」だから「スターズの天使」ちゃんを殺しにかかる景に期待。
 いや、「人を殺す時の私」なんて知っちゃって大丈夫なのか・・・?


HUNTER×HUNTER
 えぇ・・・もう今作「読んでるだけ」扱いにしていい?
 理解が追いつかないわ。いや状況やら内容を単話では当然理解してるけども、
 来週には100%覚えてないはこんな内容量。
 クソメンドくさいウェルゲーの思惑やら「異邦人」の能力とか絶対覚えてないと断言できるレベル。
 カチョウ&フウゲツの密会は覚えておきたい。

 とっ散らかって状勢描くのホントやめてくれ・・・クラピカサイドで手一杯。
 つか幕間の各王子・各王妃の兵数なんて開示する必要あったのかアレ?一応読んだけど。 


銀魂
 新八のファイナルファンタジーはたまか・・・
 まぁ新八がファイナルファンタジーれるわけない上、たまの遺志はちゃんと目覚めさせてほしいすわな。

 警察庁長官の信女とは中々驚きの人事。
 とはいえ将軍はもはや亡き者、そよ姫がやっていくにはコレほど心強い後ろ盾はないわな。
 佐々木の亡霊も一緒にいることだし。 
 真新撰組はさすがにあの通りにはなってないだろうけど、沖田の切腹はどういう扱いになってるのやらw

 でオチのヅラは・・・残念ながら史実通りなんで・・・いや総理ではないけども。
 ヅラが躍進するのは必然なんだよなぁ・・・


青春兵器ナンバーワン
 おいおい、ついにギャグ漫画なのに一切ギャグなしで1話やりやがった・・・マジかよ。
 いや少年漫画的にめちゃくちゃアツい展開なのはそうなんだけども、
 今作でこのスーパードシリアス展開はひたすらに戸惑うわ。
 
 委員長まで絡んできてのこの美しすぎる最終決戦。
 ホント今クールは一体何本終わるんだ・・・


ゆらぎ荘の幽奈さん
 なんだこの回・・・バカなんじゃねぇの?
 フザけんなよ!俺ぁな「ゆらぎ荘の幽奈さん」にはな!幽奈を巡る謎や、
 コガラシさんの男でも惚れるカッコよさを求めてるのであって、
 こんないかにも「ほらお前ら喜べ合法的なパンモロだぞ」なんて供給になぁ!

 ・・・供給になぁ・・・

 ・・・きょ・・・きゅ・・・・

 ありがとうっざーぁーっす!!!!!!!!

 控えめに言って、素晴らしかった。
 こんなワケわからん状況、本当にフザけすぎてる話をよくやってくれた!
 ありがとう!本当にありがとう!
 色んな美女の色んなパンツ、もとい「ぱんつ」が見れてひたすらに眼福でした!!
 オラァ!次回100話ブラジャー回、101話は全裸回、やるんだろうな!!!やれ!いいからやれ!!

 見せ方で好きなのは幽奈以外のラスト3人は当然ながら、後は仲居さん、マトラかな。
 顔真っ赤にしながら自分から見せるのがえぇんやろがぃ!!!
 
 (ところで「パンツ」と「ぱんつ」の違いって語ったことあったっけ。ドン引かれるの間違いないアレ)


ROBOT×LASERBEAM
 銀狼さん、ホント観戦してる時とは大違いの楽しげなキャラやなぁ。
 「ゴルフがどう曲げるかが面白い」とはロボのレーザービームを全否定する面白い主張だわ。
 でも実際問題、レーザービームなんて普通の人は打てないわけだし、
 「どう曲げて狙った所に落とすか」ってのがゴルフなのよね。
 原点回帰とは違うけど、「普通のゴルフ」目線で語られて興味深かったわ。

 モップで一発で狙った所に打てる下町ショット使いってのも面白い。
 マッチングしたら良い意味でいろいろかき乱してくれるでしょう。


最終回 ゴーレムハーツ
 う~ん・・・
 いきなりの最終決戦、呆気ないラスボスの打倒、ノアサックリナンバー1に、もといナンバー2に。
 やるべきことは大体やってたけど・・・
 打ち切りとはいえ、
 もうちょっと最後のレメクとの再会、そして世界一、二となった感動というか情緒というか、描けなかったかなぁ。

 総括としては・・・
 特に語ることはないかなぁ。
 正直言って褒める所は何もないわ。そして特筆して卑下する所もない。せいぜいキャラデザぐらい?
 こういう作品は後に絶対記憶に残らないからタチが悪いのよね。
 悪目立ちでも記憶に残る方が作者生命的にも美味しいけど、
 今作は本当に何も心に残らなかった
 カッコいい技があるわけでもない、そこまでアツいバトルがあったわけでもない、
 ライバルにすごく魅力があるわけでもない、ヒロインが可愛いわけでもない、ノアを応援したくもならない。

 「ゴ-レムハーツとはこんな作品だった」って残せるものが何もなかったわ。
 ただただ凡百。何もかもが普通。
 むしろよく連載になったまである。
 見ろや最近の新連載の「BOZEBEATS」や「アクタージュ」を。個性バリバリあるぞ?
 邪道を描けって話ではない。だって「BOZE」は王道だし。
 「今作で何をしたかったのか」「何を描きたかったのか」、それが最後まで伝わってこなかったわ。

 大須賀先生、コレが本当に描きたかったものなの?
 
 
最終回 フルドライブ
 そしてコチラも打ち切り、と。
 残念ながらずっと低空飛行を続けていたからしょうがないすな。
 伝わってたら嬉しいけども、俺は今作をとても評価してるんで。

 それは、最終回でもそう。
 ファイナルファンタジーめいた弾と真凛のイチャコラパートと、
 色んな後日談だけで終わるのは残念だな、と思っていた束の間、
 最後の最後に弾vs真凛の全力バトル。

 あぁ。見たかったものを見せてくれた・・・
 全然マトモに出てこないヒロイン、弾を救ったヒロインがついに同じ舞台で・・・
 その熱は最後まで。

 「ゴーレムハーツ」は繰り返し書くけど何の記憶にも残らない漫画だった半面、
 「フルドライブ」はとても記憶に残る漫画でしたわ。
 作者・小野先生がいかに卓球を好きか、「卓球とはこんなに面白いものだぞ」という熱量は、
 本当に最初から最後まで全く尽きることがなかった。
 弾を始め出てくる選手たちの卓球に関しての熱、アレは間違いなく小野先生の描き写しだわ。
 ひたすらにアツい、正しく、正統に、美しく、「少年卓球漫画」をやってた。

 打ち切りとなったのは残念ながら「ジャンプだったから」としか言いようがないわ。
 アニメ化も決まった「はねバド!」(おめでたい)と完全に同じ系譜だもん。
 作者もキャラもひたすら全力を打ち込んだ試合に、痺れないわけがないんだよなぁ・・・
 神作である「シューダン」すら打ち切る能力スポーツ主義のジャンプに、
 ただただ白熱をぶつけあう作品は合わんのや・・・

 小野先生、大成すると思う。俺が認める。
 次回作、お待ちしております。ジャンプでもジャンプじゃなくても。
 
 
トマトイプーのリコピン
 ハゲネタはスルーで。いや単純に面白くないんで。

 男子が、もとい男が唐揚げに弱いってのはガチ。
 チョコより嬉しいのはガチ。
 男子の好きなもんランキング、アレ結構合ってるわ。
 でも俺、実家のオカンが作る唐揚げは嫌い。
 何故か胸肉で作るもんだからパッサパサで嫌い。
 でもそれをよぅオカンに言えんからいまだにパッサパサの唐揚げを食べてる。
 でもいいんだ、外で美味しい唐揚げ食べてるし。
 唐揚げとはまた違うけど、コンビ二のホットフードの揚げチキン大好き。太る。

 アカウント炎上やヤフオクメルカリ出品はまぁいいけど、
 「スマホやブログとか見てると上から半透明でス~ッって降りてきて非常にうざいバナー広告」は許さん。
 ウチのブログをスマホで見るとアレ出るのよね。どうやっても消せないのよね。
 ご迷惑おかけして申し訳ありません。管理人自身、見るときあの広告タップしちゃってイラッと毎回してる。
 そろそろ広告ブロッカーアプリ入れるか・・・
 あぁアニメについての話は来週にでもしようかと思います。忘れてたわ。

 「わたしでした」は切なすぎる・・・

 優しいのか優しくないのか、とりあえずジャコウネココーヒーは俺はいいや。缶コーヒーで十分美味しい。


火ノ丸相撲
 へー巡業の催し物、面白そうだな。
 爆笑必至の「初切」とか超見たい。愛媛こねーかなー

 おぉう・・・部長もとい太郎太刀vs蜻蛉切、ガッツリ一戦やるのかと思いきや、やらんのかい。
 正真正銘のドクズじゃない補完が入った蜻蛉切だけど、
 このモヤモヤ、イライラが残ったまま火ノ丸がぶちのめしてくれるのを待たなきゃいけないのか・・・
 早いとこスッキリさせてほしいもんだけど、引っ張りそうな・・・
 太郎太刀の本気も全然見られなかったしホントモヤモヤするわ~

 蜻蛉切は完全に火ノ丸を認めてないようだけど、
 火ノ丸をもってして「才能がない」、才能主義とは・・・

 


 今週のアンケートはコチラ。
 「最後の禊はしてほしい?」例によって内容は前書き読んでほしいわけですけども、
 ようは「俺(管理人)が死んだ時、何か告知がほしい?」というニュアンスで良いです。
 あとは死んでなくても。急遽入院したとか、はたまた仕事がめたくそ忙しくて更新出来ない状況とかでも可。
 11月からの休止期間、この告知が遅れたのも実は心残りだったりして。
 その辺の告知が欲しいのか欲しくないのかは知りたいな、と。
 どうやら俺のツイッターフォロワーはほぼこのブログ読者いないようだし余計に。



関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ ハイキュー!! Dr.STONE 鬼滅の刃 約束のネバーランド ぼくたちは勉強ができない 火ノ丸相撲 アクタージュ ゆらぎ荘の幽奈さん フルドライブ

  1. 2018/02/18(日) 20:59:22|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<週刊少年ジャンプ2018年13号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2018年11号 感想>>

コメント

Re: 名無し太郎さん

> ゆらぎ
 各所が大絶賛でアンケート結果がひたすら気になりますw

> ロボ
 明らかに鷹山や朱雀、それどころかドリアンにもキャラ魅力は劣りそうなんで、
 銀狼戦はそんなに引っ張らないでほしいですねぇ。

> ゴーレム
 時間の問題でもないような・・・
 いちおう終わりまでまとめてるだけ最悪よりはマシですが。

> フルドライブ
 南條戦の決着は確かに見たかったですが、真凛と天秤にかけた際、どちらを優先すべきかは自明の理。
 続くのならばどちらも美味しく出来たでしょうが、本当に惜しいものです。

> 勉強
 ん~「一年間馴染んだのに」「人気あったのに」「博打」という主張になると、
 いつまでたっても髪型は変えられないんですよね。
 「そもそも変える必要性ないじゃん」と言われたらそれまでですが、
 筒井先生が変えたかったから変えた、りっちゃんを更に輝かせるためにそう判断した、読者としてはコレ以上言えないです。
  1. 2018/02/27(火) 17:43:09 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

銀魂>桂が今更切腹とか許すと思えないですしね。

ゆらぎ>とうとうロリ枠の人までその毒牙に(笑)
こんなアホな展開、天才ですか?

ロボ>どう曲げるかはリオン先輩の上位互換で楽しめそうなんですが、掲載順から言ってそんなに悠長にしてられそうにないんですよね。
好きな作品だけど、打ち切り食らう可能性がかなり高いのも事実なので一気に飛ばして朱雀、鷹山戦だけに絞った方が良いような…

ゴーレム>ぶっちゃけ時間足りないですよね。先週の内容で今週終わるなんて予想してませんでした。

フルドライブ>最後に原点と戻っての試合に運ぶ物語の流れは見事でした。ただ、やはり時間が足りないというか南條戦を決着の瞬間まで見たかったです。
ただ能力スポーツ主義というと、ジャンプスポーツ漫画の現役トップのハイキューが能力でない上に、ロビングでコントロールがピンポイントとか多少能力的なものがあったので違うような気がします。

勉強>髪型そのものではなく、今まで一年間馴染んだのに変わると驚くとか、人気あったのに変えるのは博打するかなという疑問ですね。
髪型自体はありだと思ってます。
  1. 2018/02/25(日) 18:28:26 |
  2. URL |
  3. 名無し太郎 #-
  4. [ 編集 ]

また失礼します

ぼく勉
まあこれはこれでありですよね
ただ以前の髪型もまた見てみたいかなぐらいには

ソーマ
まあでも八百長をしたらその時点で負けを認めてるんですよね
そもそも真の美食を掲げてるのに実力で負けるような奴らなら薊からしても自分の理想には不要ってことになるだろうし
そう考えると相手を陥れることばかり考えてしまってた叡山はアウトだなと

  1. 2018/02/23(金) 23:25:03 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

Re: 名無しAさん

> ワンピ
 あー溜めた腕の蛇腹数が曲がる回数ですか。なんか納得しました。
 本当かどうかはさておき、理屈がなんとなく分かるとスッキリします。

> ストーン
 原始人呼ばわりは事実、石神村民は原始人(正確には「原始」ではないですが)なんで・・・
 あの悪漢どもが司の目指す所の「より良き人類」なのか、ってのは疑問ですねぇ。
 石像の時点では性格まで深く知れないとはいえ、あまりにも、ですよね。

> ネバーランド
 レウウィスが美味しい獲物(エマ)の情報をみすみす流して横取りされるかもしれないのは想像しにくいですね。
 あえて情報流して舐めてかかった仲間を倒させて成長させて、自らが~という所まで読むのならアリですが。

> 勉強
 何故みんなりっちゃんの髪型をそこまで否定するのか・・・
 「あぁなった」のならば「あぁなった」んですよ。
 まぁ前に何かの作品で髪型変えたものの読者に不評すぎてシレッと戻してた作品がありましたが・・・

> ブラクロ
 「負けさせかた」ってのは結構難しいものですが、実に上手くやってくれました。
 メタとか今後の展開とか抜きに本当の本音を言うのであれば勝ってほしかったですがね。

> ソーマ
 言うても薊派・セントラルこそが今は正道ですからねぇ。
 ソーマたちはあくまで「反逆者」だからこそむしろ1人でも完全中立派がいるのは対戦的な意味では十分な待遇に思えます。
 アレな話、いつぞやの叡山のやらせ審査員をやるのが当然のレベルですからね。
 ただただ卑怯な上、仲間の味に自信がないのか~なんて話になるんですけども。
 まぁ薊も審査員に自らなった以上、セントラルだ反逆者だは関係なく正統にジャッジしてくれるでしょう。
 そうしないと「真なる美食」とやらが崩壊しますし。

 竜胆先輩はとにかくソーマと似てる人なので、だからこそぶつかって何かを変えられてほしかったんですがね。
 タクミはいくら叡山に完勝したとはいえ、竜胆先輩と戦える器じゃ、あらゆる意味でないのが・・・

> BOZE
 新人作家にも関わらず、今の所すごく上手く「連載」してるのがとても好感触です。
 このまま更に成長していってほしいものです。
 近頃かなり離脱があるようなので、猶予もかなりありそうです。

> アクタージュ
 良くも悪くも爆弾を抱えた奇天烈な危うい天才よりも、無難で危なげのない使いやすい秀才だったら後者を選ぶのは当然ですね。
 それによしんばスターズ社長が景を採用していたとしても、使いこなせないのが目に浮かびますw
  1. 2018/02/23(金) 15:47:07 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ブラクロ
 姉御は興味があるなしは関係なく、
 他にやれそうな人もいないというのであれば引き受けてくれそうです。
 というか色々諸々辛気臭くやってたらぶっ飛ばされそうですしw

 ウィリアムの今後の立ち位置は気になるんですよね。
 別人格・別の人間であることには違いないわけで。
 魔法帝の前まで自らの姿で近づいてリヒトとのサシに持ち込ませた、というのは充分厳罰に値しますが、
 「魔法帝もリヒトも選べない」というスタンスでこの勝負を取り持ち、
 結果勝敗は2人に完全に任せていたので、一概に罷免・更迭・処刑などなどはやりすぎかな、と思います。
 それに魔法帝のみならず、一応最強・最高の魔法騎士団の団長まで離脱したら大混乱でしょうし。
 個人的には「ウィリアム」個人としては騎士団に残っても良いように思います。
 まぁ結局リヒトとの一体二魂が解消されていないので、
 彼らの正体を知る読者&ヤミさん目線としてはありえないってのも分かりはしますが。

> DrSTONE
 大樹と杠はどうなんですかね。
 粗方完成していそうな司王国、そして千空と司の性格を考慮してもあまり人質的価値はないかなーと思ったり。
  1. 2018/02/23(金) 14:59:26 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

一本目、名前書く場所間違えました

ヒロアカ>爆豪の台詞は過去に自分がデクに言われてもムカついてた経験も含まれてそうです。

ソーマ>とはいえ、薊派が過半数いるのは納得いかないと言いますか…
竜胆はタクミと田所を通過させた時点で、色々考えてたんでしょうね。改革後が予想以上に気に入らなかったのか、最初に自分が敵対しないでも半分いるから今の政権になるのは時間の問題だからより反発が来るようにしたのか、他に狙いがあるのか。

BOZE>ベタではありますが人を守る強さを見せてくれた先輩と、それで新しい強さを知って尊敬した後輩主人公。好きですね。

アクタージュ>今回見ると、最初のスターズの社長の言い分も分かりますね。
ヤバい人格を見つけるのも危険ですし。まあ売れるからとちゃんと見てない社長も大概ですが。
監督が主人公をどう導くか、これからも楽しみです。

ハンター>実際にはウェルゲーは協会を信用出来ないという内容とか、まだ大して進んでるわけでもなく複雑になるのもこれからなんですが、文字の多さと場面転換が多すぎて実際以上に複雑に見えてしまいますね。
ウェルゲーが信用出来ないのは、お前達には見えないとか言われたら何を言ってるんだとなる上に、講習会で死人が出たら疑うのも当然ではありますけど。内部情報出しても内通者とクラピカが通じてるという証明にしかならないですし、それが協会員なら内通しているのも納得ですから。
  1. 2018/02/23(金) 04:46:42 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

名無しA

ワンピ>多分、引っ込めた腕の分を一回で全部伸ばさずに一部だけ伸ばす、それを繰り返す度に加速と方向転換をしてるんじゃないかと思ってます。
正直、ビジュアルはタンクマンくらいいかなければ気にしないんですが、ちょっとパワー不足が気になります。バウンドマンではパワーで勝ってたのに、パンチの激突では痛がってますし。まあ手足限定とかもあり、持続力はあるんでしょうけど。

ストーン>まあ千空は火薬手にして武器を作る為に九州に来たので、武器作るのは違和感ないですね。
にしても原始人を目指してる司帝国の人間が、原始人呼ばわりは笑えました。しかも既に原始人よりヒャッハーな人達ですし。司の言う大人よりよっぽど悪人でしょう。

鬼滅>鬼舞辻さんが死なす気でいるか、日輪刀でない限りは首をはねても死なない設定のが鬼ですから。

ネバーランド>まあ胸のマークも逆ですしね。
自分達が殺し方を知ってるのは、エマがやってしまったので鬼達が意見交換してたら知ってそうです。

勉強>これから髪型どうするかが気になります。カットしたのを1話限りにするには時間飛ばさないとおかしいですが、人気あるキャラを長期に渡り髪型変えるのもしない気がしますし。

ブラクロ>まさしく、魔法帝であるから負けたという株を落とすどころか上げての敗北に加え、実力では勝てなかったのをリヒトが認めてるのが良かったです。
  1. 2018/02/22(木) 18:33:35 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

また失礼します

斉木
軽い気持ちでしたすみません

ブラクロ
私もメレオレオナの姉御なら星システムも継続してくれるだろうし身分を気にしないからいいと思うんですが
本人が魔法帝の座に興味があるとは思えないんですよね
ウィリアムは出奔確定でしょう 事実上魔法帝殺害した犯人といってもいいですし
罪悪感でもう国にもいられないでしょう
個人的にヤミさんもいつか魔法帝にとか考えたりもしてますが少なくとも今じゃないですね

DrSTONE
千空の生存を知ったことで大樹と杠の身が心配です
良くて拘束 最悪処刑でしょうし
  1. 2018/02/22(木) 18:14:46 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ハイキュー
 負けないと思いつつ、本当に負けてしまった青城戦とかもありましたしね。
 まぁ今回は本当に負けたら終わりなんですが。

> ワンピ
 曲がりくねる腕の理屈は知りたい所です

> 鬼滅
 玉壺さんは壺が本体なんでしょうねぇ・・・

> 斉木
 冗談を冗談と受け取っていただけなくて悲しいです

> ぼく勉
 こんな話を1話ガッツリしておいて次回戻ってるとかありえないですからね
 ギャグ漫画やオチだけ切ったとかならともかく。

> ブラクロ
 現実的に考えて、次の魔法帝たりえる人物ってガチでメレオレオナの姉御なんですよね。
 ロイヤルナイツのリーダーなわけですし。
 あとはウィリアムですが、ウィリアム自ら殺ったようなものなのに、
 自らが魔法帝になろうとするか?という疑問があります。
 ヤミさんなんかは絶対止めそうですし。止められなさそうですが。
 どちらになるにせよ、暴牛の立場がなくなることにはならないかと。
 たとえノゼル辺りがなったとしてもなくならないでしょう。ヤミさんを認めてますし。

> ソーマ
 心配なんてするガラか?とは思いますが、結局あの人はイマイチよくわかんない人ですからねぇ。
 司さんを救いたい~だったらますます裏切り返しに信憑性が生まれますね。
  1. 2018/02/20(火) 11:46:59 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

ハイキュー
この漫画って負けないと思いつつ負けるんじゃって錯覚してしまうんですよね

ワンピ
ギア4だけでいろんな戦い方があるってことかな
この場合はスピード重視か

でも伸びても関節が増えてるわけじゃないから硬くして強引に曲げてるとか
もしかして武装色の覇気を纏ってたらある程度操ることができるのかも

鬼滅
1人敗れただけで上弦に見切りをつけるとは無惨は相変わらずだな
上弦は首取っただけじゃ倒せないみたいですね基本的に

斉木
元々こち亀レベルの長期連載は無理って言ってたのでは

ぼく勉
次回出たときには戻ってるのでは

ブラクロ
魔法帝がいなくなったら星のシステムの廃止とかされそうだし
暴牛とかあっさりと追放されてしまいそうな気がする

ソーマ
そもそも1試合ごとに審査員を変えてもよかった気はする

後竜胆先輩なんだかんだ言ってるけど司が薊についたから心配で一緒にって可能性もあるんじゃないのかなって
司を救いたいとかみたいに

火ノ丸
正統派スポーツ漫画で生き残ってるのこの漫画ぐらいでは
  1. 2018/02/19(月) 18:27:37 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2890-689a8796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (734)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する