幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです
管理人ツイッター

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png konoman17logo.png


<更新のお知らせ>
 幾何学空間 復活しました。またよろしくお願い致します。
 更新停止期間中のジャンプ感想は全てUPしました。
 なお、更新停止期間中分(31号まで)はコメントをいただいても返信は致しません(読みはします)

 33号感想UPしました。(7/16 20:38)

 次号分の仕込みを仕事中に終わらせた男(7/19)  

<予定更新スケジュール>
 7/23(月)発売34号→7/22(日)更新予定

週刊少年ジャンプ2017年50号 感想

2017/11/13発売号
何がとはもはや書きませんが、お待たせしました。
週刊少年ジャンプ2017年50号
  表紙&巻頭カラー:ブラクロ
  センターカラー:読切、幽奈さん、青春兵器


ブラッククローバー
 今話内では回想やら「黒にもう一人」の前フリがあったとはいえ、
 ザクスもといゾラ、暴牛だったのかよw
 まぁ「だった」といっても「ようやくそうなった」みたいだけど、
 なんだアスタたちと出会ったのも必然、絶対にそうなる道やったんや。
 まぁゾラが暴牛に入ると決めたキッカケは間違いなくアスタなんだけども。

 ロイヤルナイツ合格組は特に言うことないけど、ロイヤルナイツとして何からやってくんかねぇ。


Dr.STONE
 金狼さんかっきー!!!
 絵面は確かに不審者極まれりだけど、ボヤボヤ病さえ克服すればマグマも圧倒!
 実にカッコよかったわ。

 これにて決着・・・としたいところだけど、これで試合は終わったわけじゃないのよね。
 「決着は如何にー」のアオリさえなかったら完全に金狼勝利だけど・・・


ONE PIECE
 ギア4だからしゃーないとはいえ、敵前逃亡を大手振ってやるルフィは些か情けないなぁ。
 ドフラ戦もそうだったけど、「戦えないから逃げる」ってやっぱり印象悪いわ。
 すっかりないことになったギア2、ギア3のデメリット共々、早めに改善してほしいですな。
 まぁブリュレいなかったら今回詰んでたし、それぐらいギリギリのバトルしてる、ってのは良いんだけど。
 カタクリ、相変わらず鬼のように強いし。

 所変わってルフィvsマムはテキトーな感じで収めてほしい所。
 もうケーキも出来るみたいだし、ガッツリバトってる余裕はいろんな意味でないっしょ。
 

鬼滅の刃
 堕姫より現れたお兄ちゃん・妓夫太郎はやっぱり堕姫との二体一対っすか。
 シレッと妓夫太郎の目にも「陸」の字があるし、なーんだ、そのままだった。
 この兄弟、ガンガン人間らしい感情をぶつけてきて、いまいち「鬼」感が薄いのが気になるところ。
 上弦だから長年変わってないだろうに、よくここまで人間らしくいられるなぁ。
 もちろん、性根は腐りきってるとはいえ。

 味方サイドはようやく全員集合してフルバトルとなるけど、
 そのまま3バカと宇髄さんで協力バトルになるんかねぇ。


僕のヒーローアカデミア
 治崎を倒して、合体も解かれ、デクも見かけ上は無事、エリちゃんも無事、
 仲間内で重傷者こそいれど死者はなし。
 vs八斎會はとりあえず終了ということで。
 思いのほか大規模なバトル、大規模な個性持ちが多くいた編だったなぁ。

 後始末はヴィラン連合が無効化弾を得る所までか。
 結局無効化弾の有効性は今後のミリオ次第なんだよなぁ。
 

約束のネバーランド
 開幕から珍しくボロボロな風体・精神状態のエマとレイを見て不安だったけど、
 さすがはこの2人。適応能力すさまじいですな。
 すぐにいつもの2人、いつもの目の輝きに戻ってくれて安心したわ。

 一方オジサンの思惑が蠢く中、腹を割ることになったけど・・・
 このオジサンの意識改革は今回の旅随行の時の説得とはワケが違うんだよなぁ。
 どうするのやら。


トマトイプーのリコピン
 あれっ・・・何か馴染み深すぎるネタだな・・・

 とりあえず175バナナ課金してっと・・・
 モウオレハムカキンユーザーニハモドレナイ

 給料は食費とマンガと課金です。


斉木楠雄のΨ難
 普通に普通な普通佐藤君が普通じゃなくなってしまった・・・
 相対的フラットラッキーとはいえ、あれはもはや普通じゃねーぞ・・・

 そしてまさかの続きモノ&鳥なんとかシリアスとは・・・普通じゃないぞコレ。


ハイキュー!!
 怖いこと、苦手なこと、イヤなことを、逃げて、避けて、隠れて、しのいで、
 それが「もったいない」という価値観になるとは、なんというハードメンタル。
 思うことはあるけれども、この生き方は俺には出来ねーわ。
 俺はなるだけイヤなことには関わりたくないし、逃げたい。
 触らぬ神に祟りなし、やらぬことには動きなし。

 前話で「何しに出てきたんだオメー」状態だった木下を元気付ける良い回だったし、
 ノヤさんはものごっつカッコよかったけど、
 凡人も凡人な木下にこんな生き方が出来るんやろうか・・・
 凡人の俺には出来ねーわ。怖いもん。


読切 グーとグー (谷本達哉)
 また格闘技か・・・ジャンプも格闘技読切好きねぇ。
 どーにも格闘技全般に全く興味がないから、こういうボクシング漫画なんかも全然興味出ないのよね。
 面白いならそら「火ノ丸」みたいにハマりますけども・・・

 ということでボクシング読切。
 大和より南淵が強いのは漫画テンプレ的にもわかりきってたんで驚きはなく、
 勝ち方も地味でまぁつまんなかったわ。
 でも最後オーラスを「世界チャンピオンが今すぐやれって言うなら~」にしたのは評価したい。
 この終わり方はとっても評価する。
 あとは・・・うん。絵はよく描けてたかな。なんのかんの動きは見えたわ。


ぼくたちは勉強ができない
 は?

 いやいやいやいや・・・・・・・・・は?

 何やこのアルティメットふみちゃん回・・・
 100%オールナチュラル、何の邪魔も一切入らない二人だけのトクベツな空間、世界、
 役得なんてレベルじゃねーぞ!何やってんだこの姉弟!
 あっ「姉弟」なのに旅館の台帳に「古橋成幸」じゃなく「唯我文乃」な辺り、すごく評価したい。
 なんぞあのドキドキ!
 俺ぁな・・・ファミレスの時の呼び出し名に好きな人の苗字書いといて、
 いざ呼ばれて「はーい○○でーす」ってめったくそ良い笑顔でニヤけてる女の子を見るのが大好きなんじゃ!
 んで、その場にその好きな人がいて「お前、何で自分の苗字書いてねーんだよ」みたいなこと言われて
 ド赤面かますのが、大・好きなんじゃああああああ!!!

 アツくなった。
 で、なんですか。続きですか。
 同衾、布団の中でピトッ、気合は入りすぎ作画による美人すぎるふみちゃん、唯我さんに母を想う体密着・・・

 アババババババババ・・・・ラブコメ琴線パラメータが振り切れてはる・・・
 ありがとう・・・ただただありがとう・・・


ゴーレムハーツ
 レメクさん生きてんのかい。
 まぁ世界屈指の魔導学士の手がなければダメだったそうだけど。

 で、ノア出立へ。
 当然のように渋ったけど「俺のために行ってくれ」とは卑怯な言い方だなぁ。良い意味で。
 エイルへの説得も断れないのが分かってる上でのお願いだし
 レメクさんホント卑怯で狡猾だなぁ。


ゆらぎ荘の幽奈さん
 コレ書いてる時点では今更すぎるけどアニメ化決定おめでたい。
 「まぁやるわな」枠だけど。もはやジャンプのアニメ化なんて全然驚かんわ。
 そこそこ連載してたら全部やるんだもん。
 「鬼滅」「ストーン」「ぼく勉」辺りはもう動いてるんじゃね?
 えっ「火ノ丸」?世界線がちょっと違うようだ。またあとで。

 バンド展開っすか。もはやベタと化しましたなこういうのも。
 最近は二次元も三次元もアイドル全盛だから、アイドルバンドはそら売れるしやるわな。
 今作なんかそれこそ見目麗しい娘たちそろってるわけだし。
 つかミウラ先生、絶対コッチ関係好きだと思ってたわw

 プロデューサーまで出てきてのまさかのガチアイドルバトルになるようだけど、
 いろんな意味で負ける絵面が全く浮かばんなw
 

フルドライブ
 う~ん溜め回。
 だけど、「太陽じゃなく月で輝く」っつーポエミーな語りは良かったかと。
 七光りじゃなく、自分の光で輝いてこそ、イチイチ上手いなぁ。

 トップスクール組はまた一癖も二癖もありそうな連中すな。
 とりあえずヤバいのは一番手前の優男と見た。


ROBOT×LASERBEAM
 プロになったロボの身に着けた体と知識で無敵になった・・・ということで。
 結局「危なっかしいゴルフ」をしなくなった、というだけで、
 見かけ的にもやっぱり変化はないんやなぁ。どーにもロボの成長はやっぱり感じにくいわ。
 既にスコア上ではリオン先輩をも越えちゃってるし。インフレェ・・・

 そんなインフレロボに対するはビッグフット・グリーン。
 パワープレイヤーなのは風貌的にもそのままだけど、
 それでいて9アンダーとはドライバーだけじゃないんだよなぁ。
 プライベートではアレだけど、試合となるとどうなるのやら。


青春兵器ナンバーワン
 3,6,9と完全に和解しちゃったよw
 「一応」敵ではあったのに、「一応」敵でありながら完全に落ち着いちゃったかー
 まぁ最後、ナンバー3が全部わかった上で共生を受け入れてるのは良かったかと。


火ノ丸相撲
 ジャンプ感想更新停止期間中、角界はイヤなニュースで溢れてたし、
 今話だけ見てもそれを想起せざるを得ない描写がチラホラあるけど、
 俺は相変わらず応援するんで。
 だって大好きだからね。「火ノ丸相撲」。

 火ノ丸が強者と相対して不調な中、同部屋の薫丸さんが十両昇進。
 ここで十両に上がること、幕内力士になることを語りますか。
 この辺やっぱり火ノ丸自身のこととして描いてほしかったなぁ。
 まぁ幕内確実な実力がある火ノ丸が十両に上がっても「当然」なだけで、
 苦労して這い上がった薫丸、それと冴ノ山のあの雰囲気には追いつかないか・・・
 つか化粧廻しやら何やらはともかく、力士って結婚も番付によって制限されてんのな。へー。

 そんな結婚・・・なのか浮いた話が出てきそうなヒキにはワクワク。
 ラブコメの波動を感じる・・・


銀魂
 書くことねーからコレ以上書かねーわ。


食戟のソーマ
 リンゴどら焼きか~見たことねーな。
 最近謎なことに和菓子が好きになってきてるからこういうの食べたいわ。
 まぁ甘たるい砂糖バリバリの洋菓子も好きなんだけども。

 四宮からのフランス料理の技法を田所ちゃんも使いこなしてるというのはアツいですな。
 ソーマといい四宮師匠の存在、大きすぎるやろ。


クロスアカウント
 菜乃花ちゃんが出てこない回は流す感じでもよかろーか。
 ラブでコメって真麻とイチャイチャ展開でも全然高ぶらん・・・
 むしろ稲田さんの方が気になるレベル。


シューダン!
 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 ああああああああああああああああああああああああああああ

 アカン・・・アカンよ・・・

 男勝りで活発で積極的で男に混じっても自分を曲げない、
 そんな「小学生」だったナナセが、
 制服を着て、「小学生」から「女子中学生」になったヒキ、
 完全にソウシと気持ち同調して「ドキッ」としちまったわ。29歳会社員男性談。

 小学生編完結に向けて最後の締めくくり。
 県大会の結果や、これからロクやヤマトと一緒にサッカーは出来ないこと、
 残念だったけど、メンバーの誰もが全く下を向いてなく、ひたすら前向きでいてくれて何より。
 今号の「ハイキュー」でも語っていたことだけど、挑戦することの価値、大事すなぁ。
 まだまだ中学生。未来はいくらでも広がってるもんねぇ。
 コーチのセリフは歴然と横田先生から子供たちへのメッセージですな。頑張れ子供たち。
 
 中学話でのナナセの何か思ってる表情は読み取れなかったなぁ。
 「私はそうじゃない」なのか「中学まではね」なのか「中学までだね」なのか、はたまた・・・


トマトイプーのリコピン
 辛い・・・読むのがとっても辛かった・・・
 でも廃課金したことへの後悔はない。だって全部自分で働いた給料から出してるんだもん・・・
 誰に攻められるいわれもない・・・貯金だってまだあるんや・・・
 せや・・・出るまで回せば100%出るんや・・・
 
  


 2018/1/13 16:53 更新終了



関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ

  1. 2017/11/13(月) 13:11:57|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<週刊少年ジャンプ2017年51号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2017年49号 感想>>

コメント

失礼します

ブラクロ
そういえば初期のころにまだほかにも団員がいるって言ってましたねえ

マグナ不合格に関してはキルシュが目立ってたのとマグナの代わりはいくらでもいるってことが理由でしょうね

ワンピース
個人的にはいっそブリュレ始末してカタクリを閉じ込めておけばいいのではって思ってました

鬼滅
人間っぽさがあるから陸のままとか

幽奈さん
アニメ化はある意味当然かもしれないですね
この手の漫画はあまりストックがなくてもできそうですし

火ノ丸
横綱の話をしてた頃はリアルでも問題起きてましたから
作者も心を痛めてたみたいですね
タイミング悪かったというか

  1. 2018/01/14(日) 20:34:51 |
  2. URL |
  3. Katari #-
  4. [ 編集 ]

ブラクロ>最初にも「まだここにいない団員もいる」と言ってましたの思い出しました。

ワンピース>2年間の修行でギア2と3のデメリットは発生しないくらいに肉体の基本的な能力が強化されましたというのは結構有名だと思ってたんですが。

ハイキュー>一歩間違えたら引きこもりになりかねないハード育成ですね。

ロボ>朱雀のベストスコアが13アンダー、烏丸のが10アンダーなので、主人公がやっと追いついたと言った方が…
現実のプロのコースでも9アンダーくらいならたまにありますし。ギネスの16アンダー(全部パーで71打のコース)に比べたらまだまだ。まあギネスは出したの世界ランク400位程度がまぐれというだけですが。
  1. 2018/01/13(土) 21:17:43 |
  2. URL |
  3. 名無しA #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2876-95593ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください

定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (715)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR