幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません

週刊少年ジャンプ2017年17号 感想

さて、今週は特に雑談もないので・・・ないので。
相変わらず漫然と日々を送ってるだけ。なーんも面白いことがない。つまらないことは多々ある。
出張も行かせてくれずひたすら社内の雑事、雑用、サポート、バックアップ要員だし。
外出たい~! 秋田行きたい~埼玉行きたい~岐阜行きたい~どこでもいいから外行きたい~!
はぁ。3月ももうすぐ終わりますが、この3月あと数日でどこにもいかなかったら、
何十ヶ月か連続の毎月出張記録がついに途絶えるんすよね。悲しい。どこか行きたい。会社いたくない。
なーんもしない無能課長が自分の裁量で行きたい所だけ自分で行ってやりたいことだけやってるのマジ腹立つ。

はい、また愚痴りだしたら止まらないので、先週のアンケート話を。
新連載「ROBOT×LASERBEAM」の評価は「面白かった」「まだなんとも」がほぼ半々ということで。
よくある好評な新連載の結果、みたいな印象かなぁ。まだパッとしない。

「新連載6連弾、どれが一番好き?」「Dr.STONE」がダブルスコア以上の大差、
「ぼく勉」「マリー」「ロボ」がほぼ同票ということで。
うん、俺の意見もこんなとこ。そして新人2作がアレなのも、まぁ頷ける。

「ジャンプ+新連載9連弾、どれが一番好き?」
では、「青のフラッグ」がダントツということで。
一応全作品に票が入ってたもののコメントがあんまりなくてどーも推し量れなかったり。
青のフラッグはやっぱり一時話題になっただけあって強いのかな?それとも連載経験作家ゆえ?

「本誌新連載とジャンプ+新連載、総合的にどう?」本誌連載がウワテということで。
とはいえ、「両方良い」にも結構票が入ってた辺り、どっちの新連載も悪いってわけじゃないんすな。
まぁ全作読んでる俺的にも結構満足してるしさもありなん、かね。

ういじゃ今週のジャンプ感想でっす。
今週も何故だか知らないけど遅れに遅れまくってますが、更新頑張ります。
まぁ遅れても大丈夫。明日も休みだからな!ヒャッホウ!フォウ、フォーウ!


週刊少年ジャンプ2017年17号
  表紙&巻頭カラー:アカデミア
  センターカラー:ロボ、ネバラン、ソーマ


雑多
 オリジナル図書カードプレゼント、
 ワンピ、ハイキュー、アカデミアの現看板3作がソロなのはまぁいいとして、
 その他がテキトーにまとめられてるのが悲しい。
 ガールズサイドとクラウンズ以外テキトーすぎやろ。
 でも、エクストリームの3作がたぶん今のジャンプで好きな3作だわ。

 すげぇ話題になってた「いちご100%」の続編がジャンプGIGAで連載開始ということで。
 アオリでは「ヒロインは誰なのか!?」とか書いてるけど
 「EAST SIDE STORY」で「東」じゃなかったら詐欺やろ・・・
 いや俺は西派なんだけど。圧倒的に。次いで北。東?興味ないですはい。
 まぁ気にはなるけど特に読んだりは・・・GIGAまで手を出してたら本当にしんどい。
 読む「だけ」なら読んでもいいかな・・・
 つかGIGAのポジションもどこにあるんだ。NEXTはどうなってるんだ。
 何でもかんでも創刊してりゃ良いってもんじゃねーっての。


僕のヒーローアカデミア
 巻頭ポスターかっこいい。どうでもいいけど、俺は「アルマゲドン」がすごく好き。

 オールマイトの死の予知については現時点ではこんなもんよの。
 思ってたよりデクが動じなくて驚いたぐらいだわ。
 こっちとしてもオールマイトは死んで欲しくないし、死の脅威であったAFO戦をも生き延びたんだから、
 サーの予知も変わっていてほしい・・・けど、こういう描き方をするってことは、
 やっぱり変わってないんでしょうなぁ・・・
 救いはオールマイト自身がその死の運命を回避したとも、受け入れてもいないことかね。
 生きる意志さえあれば、なんとかやっていけますわ。

 デク以外のインターンの状況を見せつつ、vs八斎會へ。
 ビッグ3と一緒のインターンチームつっても・・・結局いつものメンバー感あるなぁ。
 かっちゃんや轟がいないとはいえ、やっぱり「いつもの」感。
 もっと尾白くんとか瀬呂とか芦戸ちゃんとか出してほしいわ。


出張読切 僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!WJ特別編
 今週は本編(ジャンプ+の今作)がイマイチだったけど、この出張編は面白かったわ。
 デク人形(こう書くとすごく御幣がある)、無駄にハイスペックやなw そしてデクにそっくりw
 八百万ちゃんのアレはしゃーないわw


ブラッククローバー
 Wデートいいねぇ。
 アホな男2人はさておき、ノエルに発破かけてるカホノと、勝手に対抗心メラメラな乙女・ノエル。
 実に楽しげでしたわ。
 そんなポンコツノエルさんも、いつぞやの貴族貴族下民下民言ってたのもどこへやら、
 良い意味で牙が完全に抜けてひたすらに「良い娘」になりましたなぁ。
 成長したねぇ・・・
 まぁすぐ恋愛脳に戻ってポンコツったけどw 赤面イズジャスティス!

 ヒキでは超絶美人な野薔薇団長登場。
 それよりも、ウソ次回予告欄の「あの男との邂逅」が気になります!気になりますよ!!

 ホント、このままの雰囲気で星果祭やり遂げてほしいわ・・・


ONE PIECE
 扉絵、クロコダイルさん何があったし・・・アンタそんなキャラじゃないやろ・・・

 気になってたジンベエの「ルーレット」辞退と恩義、魚人海賊団の今後。、
 とりあえず「逃げろ」で終わってるけどどうなんだろう。
 ルフィ、カポネ、シーザーもそうだけど、「逃げ」られるわけないんだよね。
 絶対ないと思ってるけど、たとえマムの暗殺に成功しても、ビッグマム海賊団が黙ってないやろ。
 アラディンたち魚人海賊団なんて魚人島に戻るつもりらしいけど、真っ先にぶっ壊されるんじゃ・・・
 改めて、この辺の是非はどう決着を着けるのやら。
 解決策はマム及びビッグマム海賊団の壊滅orマムとの和解しかありえないレベルなんだよなぁ。
 その点、ジンベエはルフィたちという最大の後ろ盾があるから良いんだけどもさ。

 茶会のゲスト・裏の帝王たち続々と登場したけど、さすがにコレは名前覚えんでいいよね?
 そこまで大事っぽいキャラもいなさそうなキャラデザだし。
 強いて言うなら世界経済新聞社社長・モルガンズぐらいかな?
 闇金王とか言われても、ドフラミンゴ見た後だと小者にしか見えんし。

 ようやく出てきた最後の将星・カタクリは・・・めっさ強そうっすなw
 あまりに強そうすぎてイメージと全然違ったわ。
 マムの子どもたちはみんな頭がハッピーな人たちばっかりだったたけに余計に。
 カタクリ=プリン説もあったけど、それはさすがになかったかー
 コイツとは絶対戦うんやろな・・・相手としてはジンベエかな?サンジはジェルマで忙しいだろうし。
 
 茶会が中々始まらないけど、いよいよもって始まるかね。
 まぁ始まりが終わりなんだけども。


ROBOT×LASERBEAM
 なんだ。三浦が出会った完璧なスイングの持ち主、ロボ君なんかい。
 ロボ君とは別にもう一人そんな人間がいて、それがもう一人のライバルとなる~みたいな展開だと思ってたわ。
 シンプルにロボ君だったのな。ちょっとガッカリ。
 ゴルフなんて興味ないない言いつつ、興味ありまくりやんけ!

 そんなロボ君があのゴルフ技術をどう身につけたのかも垣間見られたけど、
 オトンの仕事で似たようなスイングしてるとかではなく、
 本当に「オトンの仕事の合間に打ってる」だけなのな。
 最初、コースのロストボール処理でもしてるのかと思ったけど、ゴルフ興味ありまくりやんけ!

 オトンが元ゴルファーらしいし、嫌よ嫌よと言いつつトモヤの言うこと聞いてるし、ゴルフ興味ありまくりやんけ!

 というわけで、もはやゴルフをやらない理由の方がないぐらいのゴルファーっぷりだけど、
 早速三浦との邂逅、そして対決ですか・・・
 う~ん。まだ早いような・・・ライバルの存在は確かに早めに欲しい所ではあるけど、
 現時点三浦は格上なわけで。こんな野良試合ではなく練習試合なりなんなりが邂逅、ってのが良かったなぁ。
 なんとかして戦わない方向にならないもんか・・・
 

銀魂
 せっかくみんなキメ顔でカッコよく状況整理してるのに、ヘヴァンドロゴンは卑怯すぎるwww
 まだやってたのかよこのヘドロさん問題www
 なし崩し的にへドラさんの人格がほぼ消えかけてるけど、アンタはソレでえぇんかへドラさんw

 まるでクライマックスかのような銀さんの万事屋2人への優しさはほっこりしたかと。
 最後かもしれんけど、もう一度、この平和は見たいすな。

 話は源外と残る戦闘種族・夜兎へ。
 ここらで夜兎といえば・・・?な連中が出てきたりするんやろか。


ぼくたちは勉強ができない
 前のりっちゃん回は半分うるかちゃん回だったけど、今回は純然とりっちゃん回でしたな。
 りっちゃん党員として嬉しかったわ。

 一気に話に進展があって、苦手科目の平均点というかなり高い目標を据えられたけど、
 まぁ受験科目なのであれば苦手、はたまた平均点どころか、得意科目でなければいけないわけで。
 そこに迫ったのはお受験漫画としては正しいけど、ラブコメ漫画としての寿命は縮まったかなぁ。
 まぁどう見てもモブではない桐須先生という、えらく可愛い元教育係なんかも出てきたし、
 作品人気も好調のようだし、気にするには早すぎるけど。

 りっちゃん家での個人レッスン(意味深)は 和服?和装?看板娘りっちゃんがちんまくて可愛い!
 良いよねあの・・・なんというかあぁいう服。あぁいう服なんて言うんだ?

 肝心のテスト対策に関してはどーも。
 現代文なんて何が難しいのかさっぱり分からん、何を対策するのか、文章読めばそこに答え書いとるがな、
 って人間だから、削読法なんていわれてもなぁ・・・
 俺ド理系だけど現文得意だったけどもね。漢字も得意だぞ。漢文も好きだったぞ。古文は大嫌いだったぞ☆
 こんなのでも理系です。
 なお現文・漢文より物理の方がが大の苦手だった理系の模様。俺何系なんだ・・・
 物理なんて100点満点のテストで6点取ったからね。うふふ。今でも笑える。

 次はふみちゃんの理系科目回ということで。
 体調不良状態で数字の羅列に挑むのか・・・国語よりも厄介なことになりそうだけどどんな対策を取るのやら。
 理系→文系転向はしやすいけど、文系→理系転向ってあんまり聞かんよね。


約束のネバーランド
 ファ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

 レイもエマ同様諦めてなかった。
 この2ヶ月間、ひたすら「何もしない」をしていた中、裏では諦めてなかった
 その気概は嬉しかったし興奮した。
 具体的な脱出案も、ママの目、鬼たちの警備の隙を良い感じに「突けそう」でこれまた感心した。
 ハウスから、もといこの監獄から出て行くのだから、ハウスはもう必要ない。

 さぁ。今だ。今こそ脱出の時。
 その唐突さにエマ同様呆気に取られてたけど、最後の脱出へのピースが・・・レイかい・・・
 全てはみんなを脱出させるため、その12年。
 今まで見殺しにしてきた弟妹たちの最後の贖罪がコレか・・・

 ノーマンはまだ生きている可能性があると信じて、
 真に「全員脱出」が成るかと淡い希望を抱いていたけど、これはもう・・・
 希望への道に向かっているはずなのに、どうしてこうも絶望になっていくのか・・・
 またノーマンもレイも、全く絶望視せず真で行ったのがひたすらに辛いわ。

 ついに始まった希望への脱獄。
 レイの犠牲を絶対に無駄にはしないためにも、完全たる脱出、ただただそれを望みたいですな・・・
 これ以上減るのは本当にアカンよ・・・もう辛いわ
 レイ、ノーマン。たった12歳の少年が、どんな覚悟と意思と決意を持ってるんだよ・・・


腹ペコのマリー
 テレーズ様学校へ・・・行かんのかい!

 マモルと無駄にキャラの濃い東西兄弟視点でタイガ&テレーズ様が描かれたけど、
 存外、うまく回りそうかな?w
 なんかあの3バカ、嫌いになれそうにないわ。今の所ただのクズだけども。

 アンナちゃんとのドキドキ初登校はニヤニヤして見られたけど、
 タイガモードはともかく、テレーズ様モードの時髪型も服装もイジれないってのは中々ネックな設定すな。
 それ、テレーズ様でのあんなイベントやこんなイベントが一切出来ないってことやんけ!
 いかがなものか。

 食い物の恨みは恐ろしいテレーズ様ブチ切れだったけど、テレーズ様が殺るんじゃなくてタイガが殺るんかい!
 そこはテレーズ様に殺ってほしかったかな・・・
 でも本当に今作安定してるわ。なんか安心して読んでいられる。


ハイキュー!!
 烏野の「次の次」なる相手は因縁の音駒。
 これは楽しみやな!と半ば第2試合を消化試合みたいに考えさせられた瞬間、
 「次」の相手がIH準優勝かよ・・・やべぇ・・・滅茶苦茶やべぇ・・・
 残りあと最大5回しか戦えないとはいえ、2回戦からナンバー2かよ!

 しかもその次の相手・稲荷山の出てくるメンバーがまた揃いも揃って強そうな・・・
 木兎さんレベル、技巧派MB、ユースにいた最強セッター宮さん、んでもってその双子の宮治、
 紹介されてないけどキャプテンらしき人もタダモノじゃない顔してはるし・・・
 あれ、烏野ヤバくね?
 白鳥沢戦ですら、メンバー紹介でここまで絶望しなかったぞ?お?ヤバいぞ。

 この化物学校を倒さないと音駒と戦えないのかよ・・・マジ絶望しかねぇ。
 さすが全国大会。椿原には悪いけど、ここからがスタートやったんや・・・


食戟のソーマ
 ソーマvs寧々さんのそば対決しか描かんのかい。
 俺的にはたとえ100%負けが決まっているカマセ犬だとしても、
 新十傑2人をそろそろ見たいんだけどなぁ・・・

 寧々さんは登場当初よりは大分カマセ感も薄れ、強者感出てきたかな。
 確かに、なんかすごい強そうに見えるわ寧々さん。
 本格そばにおいては絶対ソーマは勝てなさそう。

 ソーマもソーマなりに出来ることをやってるのは今の所好印象。
 機械打ちも悪いことじゃないんやね。確かに「手打ち」って看板の方が美味そうだから意外だったわ。
 二八そばは「二八そば」という名前にもなってる通りメジャーで馴染み深いものということで、
 ソーマの原点でもある「誰でも美味い」に繋がってるかね。
 うん、今の所は印象の良い食戟をしてますわ。
 あとはソーマのトンデモそばがトンデモに寄りすぎなければ・・・


Dr.STONE
 獅子王くんの復活でサバイバル生活にも一気に潤いが・・・と思いきや、
 無用な大人は排除し、聖なるストーンワールドを作り上げる・・・か。
 どこぞの大人至上主義の漫画と真逆を進む気なんですな獅子王くん。
 まぁその気持ちは分からんでもないけど、
 何も悪くない「かもしれない」あの石像のおじさんをためらいもなくぶっ殺す辺り、和解は無理かな・・・
 石化復活液の切り札もバレちゃったし。

 あんな化物と相対するのは得策と思えんけど、それは獅子王君も同様なわけで。
 いくら獅子王くんと言えども、あの身一つで生きていられるわけもなし、
 当分は不可侵の状況で互いに生きていく、みたいな感じかな。

 まずは石灰収集。
 農業、土木、そして医療のためのドクターストーン、でもう一つ謎の使い道か。
 あえてググらないけど、わざわざ獅子王くんに隠したあたりマトモな使い方ではないのかね。
 つかタイトルでもある「Dr.STONE」ってここで出すんかい。
 石灰の石鹸がそこまで重要なポジションになる・・・?
 てっきり博士的な意味での「Dr」で、「STONE」は石器時代の~だから単純に千空のことだとばかり。

 まだまだ予想がつかない展開だらけの今作。まだまだ飽きないですなぁ。良きかな良きかな。


鬼滅の刃
 下壱さんの夢攻撃は人間を使ってのガチガチに固めた攻撃ですか・・・策士やね。
 ここまで「人間」を使っての攻撃をしてくるとは、ちゃんと人間のこと見てるやないの。
 まぁ最低なんだけども、今話見る限りではあの人質相手にひどい事はしてないかな・・・?
 あのまま黙って幸せな夢を見せて終わり、とは思えんけど。

 3バカ&炎柱の「幸せな夢」は・・・
 善逸&伊之助はただただバカな夢すぎてほほえましかったけど、
 炎柱のあの夢は全然「幸せ」じゃないことが気になるなぁ。
 炭治郎の夢は・・・辛い。ただただ辛い。炭治郎の抱えているものを再確認させられましたわ。
 打ち勝つのは当然として、打ち勝った後、炭治郎が何を思うのか・・・


火ノ丸相撲
 この漫画は・・・・この漫画は!!!!!!

 川田ぁああああああああああ!!!!!

 鬼か!アンタは鬼か!またか。またやりやがったな。やっちまったなぁ!

 桐仁が勝つと思ってたともさ。
 その勝ち方はまさに理想系、20秒で勝つことは適わないけど、
 20秒を限界突破して意地で勝つ!
 それでこそダチ高相撲部員として間違いなく「役に立った」ことの証明となる、そんな試合であってくれて、
 火ノ丸をも倒した技で大勝利!
 おっしゃああああああああああああああ!!!!

 と、書きたかったのに。川田先生・・・・アナタは本当に鬼ですか。
 なんで普通に勝たせてあげないんですか。勝たせてあげましょうよ。
 桐仁の最初で最後の試合な上、もう桐仁は限界なんすよ。
 ホタルの戦い以上にもう、どうしようもない状態なんすよ・・・勝たせてあげて・・・

 とはいえ、正直「やっぱりか」感もある。
 なんせアレだけ引っ張りに引っ張って、勝つ以外どうしろと、
 という試合であったホタルすらも負けさせた川田先生だから。
 桐仁という最強のバックアップの参戦、決勝の舞台、國崎が負けてるからここで負けたらもう後がない、
 というかそれは白楼戦と同じ展開になる、さすがに天丼はねぇ。

 「だからこそ」やる。
 っか~・・・・この展開、並の胆力の作家さんじゃ出来ないわ。
 
 俺の気持ちを正直に書きましょう。
 勿論「フザけんな!」という思いもある。
 でも、
 「・・・へへ、最・・・高・・・」
 これだからこの漫画読むのはやめらんねぇ!


斉木楠雄のΨ難
 次のジャンプ連載終了作品、どうするんだろ問題はみんな気になってる頃合だけど、
 今作も大概感あるよね。
 まぁ実写化が控えてるからそれまでは大丈夫とも思いたいけど。

 正直この火山設定とかまるっきり忘れてたけど、コレで終わ・・・らないのか。
 とりあえずは収めたけど、放っておいたらヤバいとこに転移か何かしたのかね。
 斉木の分身の分身・・・のクダリは面白かったわ。
 アシが書いた斉木とかアッチの方がうm(略


ポロの留学記
 ルイカちゃんのライバルキャラ・天使で悪魔なラフィエル・・・じゃなかったノンノちゃん登場。

 ルイカちゃんのキャラもイマイチ立ってないのに、ヒロインのライバルキャラ登場か・・・
 ルイカちゃんといい、神といい、このノンノといい、
 ポロを狙わないキャラの登場はしないもんかねぇ。
 敵だ味方だ関係ないキャラをそろそろ出してほしいけど、ポロの立ち位置的には難しいのかな。

 良い娘だと思いきや命狙ってます展開は既に見飽きた感あるんでノンノのキャラはどーも。
 腹黒天使なんてのももはやテンプレートになってるレベルだしねぇ。

 せっかくのルイカちゃんの告白シーンももうちょっと盛り上げてほしかったな。デレも赤面も足りん!


ゆらぎ荘の幽奈さん
 なんという幽奈の圧倒的正ヒロインっぷりや・・・・
 いや、全然否定しているわけではなく。

 年末年始というまぁまぁの大イベントをほぼ二人で過ごすとはさすが幽奈、やりおる。
 この一年であったこと、二人で、みんなで過ごしてきたことを振り返るのは良かったですな。
 エロも沢山あったけど、二人も振り返ってる、通り良い年であったというのは良く分かりますわ。
 特に幽奈の振り返りはちょっとクるものがあるよね。どこまで一人でいたのか、孤独だったかを思うと。

 けども来年に祈るは、かたや幽奈との離別、かたやコガラシさんとの進展・・・辛いなぁ・・・そして上手いなぁ。
 二人が同じ方向に進んでいるけどゴールは全く違う正反対というこの矛盾、良い描写でした。
 ゴールはまだ分からないけど、最後は、最期は、何にしても幸せな終わり方であってほしいすな。


U19
 谷をぶん殴ったとはいえ、大人を裁くのもまた大人、どう谷を「消す」のかは期待してたけど、
 ふむ、こういう形か。
 う~ん・・・50:50かな。
 コレで良かった半分、これで良いのか半分。
 ロクな物的証拠もなく「大人」の言うことを聞かず「子ども」の言う証拠に従ってたのはどうなんだろう。
 こんだけ大人至上主義なのに、ちょっと特殊性癖っぽいだけで糾弾されるのね。

 まぁ気持ちよかったってのは確かに是だからこれで良いかな、って気持ちもあるんだけども。

 衛児のスタンドもといリビドーに名前もついていざ次の展開へ。
 クリエイト、近接物理、回復もござれとはなんでもありやな・・・でも主人公ならこれぐらい出来てほしいよね。是。


左門くんはサモナー
 カス鮭とネビロス少将にこんな過去が・・・
 師匠と弟子であり、父親と息子であり、ライバルであり・・・友であり。
 この二人、こんなに深い関係だったんですな。ちょっと二人ともを見直したわ。
 カス鮭の右目も何か重大なイワレかと思いきや、ネビロス少将がつけたものだったんですな。

 「左門」が「カス鮭」になったのも元来の性分もあることながら、
 少将のブーストもきっかけの一つだったとは本当に因果な二人だわ。

 戦わなければならない二人の真剣決着、楽しみですな。
 アツいやんけ・・・少年漫画しとるやんけ・・・


青春兵器ナンバーワン
 なんやこのテンポwww 異常すぎるほどハイテンポだったぞ今話www

 北斗のツッコミが全然間に合わないほどのボケラッシュに腹痛かったわw
 零一、ナナさん、ハチが同じ画面にいるだけで面白すぎるわw

 怒涛のボケラッシュ、お腹一杯ですわw ホントいくらなんでも盛りすぎw


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 なんの話やねんw

 つか江戸時代に花粉症ってなかったんすな。
 まぁ確かに、戦じゃー倒幕じゃー!って時にクシャミしてたら締まんねーわな。
 現代病っつーことは、現代において置かれたものに原因があるということで、
 そのくせ、対処法がイマイチないのはどうなんだろう。
 まぁ俺花粉症じゃないからどうでもいいけどな!(フラグ




 今週のアンケは、「このブログ、何の媒体で見てる?」ということで。
 いや、最近スマホ買って、このブログ見てみたら背景真っ白でタイトルだけ並んでたのよね。
 で、よくよく管理画面を見てみると、PC版、携帯版、スマホ版ってテンプレートが3つあったの。
 ブログ開設当初から「黒=カッコいい」という精神の元、背景黒のつもりで基本書いてて、
 実際ちょっと前まえで黄色文字をカラーに使っていて「読みにくい」とか言われたことなんかもありまして。
 そう言われてから黄色文字は使わない変わりにピンク文字を使うようになったけど、
 それでもやっぱり黒背景と白背景では色々見やすさも異なる。
 と、いうわけで、このブログの閲覧者さんたちがどの媒体でこのブログを見ていらっしゃるのかな、という設問です。
 結果次第ではスマホ版のテンプレートをイジることもしようかと思います。
 

 ちなみに当ブログでよく使う文字色のサンプルはコチラです。
    ピンク  オレンジ



少年ジャンプ+ 3/20~3/26更新分

僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!
 ん~イマイチ。
 展開が本編の焼き直しなのはアカン。いくらなんでもザルすぎるのも目に付くわ。


読切 雨雲色のレストピア (高橋翔太)
 好き。

 ディストピアの男女モノはありふれた題材だけど、
 他人とコミュニケーションすると死に至るという世界観はすごく目を惹かれたわ。
 シロのポジション、クロの気概、良いものであったかと。
 読切作品で終わらせるのは惜しいなぁ。


貧民超人カネナシくん
 リエちゃん猫化、マネージャー化、貧乏性・・
 水族館の良い雰囲気もどこへやら、毒されてるなぁw


黒子のバスケ ReplacePLUS
 なんというミステリーのミの字もないミステリー漫画なんだ・・・w


読切 国家製造計画 (矢荻隼人&ひらけい)
 すげー内容だな。
 一高校生が謎次元で超技術を持って国家を製造。このコンセプトはすごく面白い。
 肝心の国家元首・ケンイチの性根が腐りすぎてる上、
 何やらちょいちょい垣間見られるテルマや先生のロボット疑惑、
 そして「完成」した国家・・・
 気になるやんけ!!こういうの好きだわ。是非とも無様な最後となってほしい。

 ---
 ヒェッ・・・
 あまりにクズすぎるケンイチの崩壊はそりゃ望んでいたけども、
 まさかミカちゃんが黒幕とは・・・
 テルマのロボット展開も「そう」繋げてくるんかい。
 すごい種明かしラッシュでポカーンでしたわ。

 前後編の短い話だったけど、中々目を惹かれたかと。
 まぁ長期連載でこんな展開はそうそう出来んわな。


i・ショウジョ+
 少年漫画ぁあああ!!!

 いやはや穂中くん、ごっつカッコよかったですわ。
 完全に主人公。完全にヒーロー。あの穂中がここまでカッコよくなるとは・・・
 アプリ漫画を長年やってきた色々が活きていますなぁ。
 穂中&エレノラvsネコ、素晴らしい戦いでしたわ。

 これで終わりでも良いぐらい素晴らしくまとまってるけど、まだ終わりじゃないということで。
 アイビスがどう動くか、アイビスと共に誰が動くのか、これもまた楽しみですな。


エンペラーといっしょ
 妹ちゃんのバラすバラさない話はもーえーわ。
 あの妹ちゃんなら絶対いつかバラすし。


天神-TENJIN- イーグルネスト
 バッカスのおかげでなんとか陸はなんとか持ち直し、アンノウンも撤退・・・と。

 結局何をしたかったのかさっぱり分からないアンノウンだったけど、
 陸的には最初から緊張感MAXな戦いでしたな・・・
 陸の恐怖はこっちにもよく伝わりましたわ。
 改めて改めて、空自はこんなのとほぼ毎日戦ってるのか・・・・オボロロロロロ・・・


魔喰のリース
 事件解決。
 真実はなんとも悲しい物語であったけど、推理要素としては皆無だったな・・・
 ジーナの気持ちは分からんでもないけど、わざわざ竜骨の中に入れんでもよかろーに。

 つか死体復元はともかく、コレローレルさんがいなかったら絶対解決してないよね。
 リースも役に立てない時がある・・・みたいなターンやったんやろか。


KISS×DEATH
 いきなり何の話やねん。

 普通だったら残る2人の囚人の策略かとも思うけど、
 ひなのが部下と別れてる描写を挟んだ辺り、Zたちの仕業なのかね。
 ちょっと大規模に一般人を巻き込みすぎな気がするけど・・・
 人がいないと人に紛れることも出来ないから、Z一派の利点になるとは思えんなぁ。


命を分けたきみと、人生最後の夢をみる
 大夢さんは幸せなんて縁遠い孤独な生活を送ってるからあんなに荒んでるんだと思ってたけど、
 普通に幸せの中おるやんけ。
 美奈ちゃんの幸せの基準が低すぎるんかもしれんけど、
 あんな出来た妹と仲の良い家庭をすごしていて、それでもなお幸せとは感じないのかね。
 親が死んでるのかもしれんけど、アレで幸せじゃないとはコレ如何に。

 楠本センパイは・・・俺の中では既にドクズ認定してるから、
 美奈ちゃんが優しくされるだけされて、幸せ感じられるだけ感じて、捨てられてほしい(酷い
 でもこの展開、前は会うだけで幸福だったのに、今は・・・みたいな展開にするためかね。


刀剣乱舞-花丸-
 アニメ2期は18年冬からとのことで。
 アニメは見るけどこのコミカライズは・・・特に何が良いわけでもないんで、読んでも触れることはない、かな。
 ただのアニメのコミカライズならやらんでえぇんやで?


元ジャンプ作家が育児に精を出してみた (鈴木信也)
 「ミスフル」「バリハケン」の鈴木先生のエッセイということで。
 連載開始の経緯は作中で触れられてるけど、当の俺も話題となったガス漏れイジメの件は読みましたわ。
 「あぁ鈴木先生らしい漫画だな」とは思ったけど、まさかここまでなるとは・・・俺も驚きですわ。
 とりあえずタイトルの「元ジャンプ作家」ってのは悲しくなるからやめてほしいけど。
 まだジャンプ作家なんでしょ・・・?こうしてジャンプ+で普通に描いてるぐらいだし。
 本誌復活、待ってたんすよ?
 ミスフル時代のことも語ってくれてちょっと嬉しいけど、
 激務でボロボロの中アレを描かれてたという事実には心が痛んだわ。あの頃のジャンプは・・・うん。中々だったね。
 絶対今の時代だったらアニメ化なんて余裕だったろーに、報われない作品だったなぁ。

 今作は育児エッセイだから明るい話、もしくは辛い話ばかりになるかと思ってたけど、
 さすがギャグ漫画家。
 構成も内容も面白いっすなw 次女子ちゃんの「ネガティブイクラちゃん」には吹き出したわw
 ホント、こういうセンス、昔からすごく良いよね鈴木先生w
 洋式トイレの便座上がってる状態で座って尻がずっぽりハマる現象、
 俺はやらないけどアレを「タラちゃん」と呼ぶのは忘れないわ。
 あと「ぶっころ」「チェリオ買ってこい」だな。懐かしい。ミスフル読み直そうかな。コミックス全部あるぞ。

 2話は運動が出来ない長女子ちゃんの話。
 俺も「体育」という教科の何もかもが嫌いなほどの運動音痴を自他ともに認めるほどなアレなだけに、
 気持ちはよく分かるわ・・・それは親目線でも子目線でも。
 出来ないから出来る範疇のものに逃げる、けどそれで良いわけはない。内心悔しくて悔しくてたまらない。
 まさに俺やんけ。

 そんな俺にも、得意な「体育」が一つだけ、本当に一つだけありまして。
 それが「水泳」。
 小学校入学から強制的にスイミングスクールに通わされ、小学校の6年間、毎週通ってた。
 それが、たったひとつの、本当にたった一つの「得意」な「体育」となった。
 小中高、体育の成績ダメダメだった俺が唯一輝けた場所。それがプールだった。
 プールの初回授業、「○○はどうせ水泳もダメなんだろうな」という周囲の思いを感じる中、
 誰よりも早く泳ぎ、泳ぎきった後「○○!お前すげぇじゃん!」と言われた時のあの感動。今でも忘れないね。
 これでも俺、小学校の時だけど、水泳の大会出たことあるんだ・・・マジで。
 だからこそ中学の部活選択時、本気で水泳部に入ろうかと思った。水泳部orパソコン部という選択肢だった。
 冬に走るのが嫌という理由で、パソコン部を選んだ。そうしたら今こうなった。
 でも今でも水泳は好きだし、2年前には海で普通に泳ぐことも出来た。忘れてないね。
 長々とした自分語りはさておき、小学校の時スイミングスクールに通わせてもらっていたのは今ではすごく感謝してる。
 アレがなかったら本当に俺は「体育」がひたすらに嫌いでしかなかったと思う。
 辛い体育の授業も「夏になれば水泳がある」その思いで乗り切れた気がする。

 自分に自信が持てる何かを授ける、とても大事なこと。
 子育てに限らず、人を育てるってのはそういうことよね。
 

食戟のソーマ L'etoile-エトワール-
 ツンデレ親バカ四宮さん、牙が完全にねぇ。
 

最終回 オニマダラ
 まぁ綺麗には終わったかな。
 綺麗な「俺たちの戦いはここからだ」エンドでしたわ。

 キャラクターは良かったんだけどなぁ・・・独創的で。
 それに加えて御伽噺大戦というキャッチーすぎる内容。
 序盤から中盤にかけては本当に面白かったのに、構成力というかストーリーの大枠がザルザルすぎでしたわ。
 惜しい漫画だったかと。
 もうちょっと普通に寄せてたら良かったのに・・・残念。
 

カラダ探し
 ここに来て遥さん闇堕ちかよw
 いや、別に光に上がってきてたわけでもないけど、日菜子殺しが遥仕業だったとは・・・
 日菜子だけを殺すんだったら、カラダ探しに無能は必要ないみたいなニュアンスとして受け取れるけど、
 兄貴をあんなにまで執拗に殺すことに一体何の意味があるのか・・・
 終わらんだろうけど、「今夜」のカラダ探しで全部終わったら、本当にただの人殺しになるのに、
 そこまで恨む過去・最初のカラダ探しとは・・・
 まさかここにきて遥について掘り下げがあるとは思わなんだ。
  

彼方のアストラ
 みっともない連中だなホントw


ROUTE END
 若狭息子がエンドなワケはねーわな。ならまだ春野がエンドの方が納得いくわ。
 
 特に新しい証拠やネタはなかったけど、あの神社の不気味さは何かあるんだろうなぁ。
 自殺しようとしてた男も本当に死ぬ気だったのか、殺されかけだったのか・・・


バイバイ人類
 1年もやってんのか・・・の割にはイマイチ進展が・・・

 製鉄所編突入。
 一般人の銃器ブローカーと奴ら化したのに正常?な佐藤君とは中々オモロげな展開じゃないの。
 奴ら化の解除にも話は進んだりするのかねぇ。


俺を好きなのはお前だけかよ
 ひまわりとコスモス会長、同じ展開を連続で見せるのは、この漫画の内容的には正しいけど、
 読者的にはちと退屈だったかな・・・かわいかったけど。
 まぁ当のサンちゃんがめっさジョーロくんを意識してる描写が多々見られて、
 「俺を好きなのはお前だけかよ」に繋がってきそう・・・・

 ・・・って、ジョーロを好きなのはお前だけかよ!
 と、無理な言い回しをしつつ、地味メガネ娘・菫子ちゃんはジョーロさんガチラブということで。
 中々に狂ってるけどそこまで悪い印象はないかなぁ。良い塩梅のストーカーやってるわ。
 まだ可愛いとか可愛くないとかそういうアレではないけども。 


終極エンゲージ
 女王決定戦はもうすぐ始まるのかと思ってたけど、当分なのかな。
 研究旅行で何がはじまるのか・・・本当にクローン・カルキが言うことを聞くのか、最強なのか、
 色々引っかかるものがあるなぁ。 
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ ROBOT×LASERBEAM 約束のネバーランド ぼくたちは勉強ができない Dr.STONE 鬼滅の刃 火ノ丸相撲 ゆらぎ荘の幽奈さん 左門くんはサモナー ジャンプ+

  1. 2017/03/26(日) 23:56:37|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<週刊少年ジャンプ2017年18号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2017年16号 感想>>

コメント

Re: 跳人さん

わざわざ同型機で、都合よく両方壊れてるのだから、分離&ドッキングは想定内でした。
まぁ壊れてる箇所が都合よすぎだろ、とは思いますが。

ポリーナさんの驚きは色々考えられますね。
地球はどうなっているのか、カナタたちは知っているのか知らないのか
「地球」というワードがこれからもたらすものはすごく気になります。

  1. 2017/04/02(日) 23:48:03 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ワンピ
 一応見聞色はエネルや空島の神官たちのマントラに見られる先読みの能力として前からありましたね。
 最近は気配を読むみたいな感じになってましたが。
 カタクリのはそれを少しばかり冗長にしただけなので、違和感はなかったです。

 今のルフィたちの目的はサンジとヴィンスモーク一家を連れ出すことだけですからね。
 戦う必要はないとはいえ、そこはやっぱりワンピース。
 戦いは避けられないでしょうね・・・

> ロボレーザー
 父親の暇つぶしタイムでも振ってるのはアイアンみたいですし、
 ウッドやパターが全然ダメとかだと成長の幅もあって良いかもですね。

> ネバーランド
 なんだかんだ今までリーダーをやっていたノーマンやレイがいなくなって、
 ようやくエマがリーダーとして・・・という展開なんでしょうか。
 伊達にフルスコアじゃないので、リーダー力の片鱗は見えていましたが・・・

 いくらママでも焼身自殺まで読んでいたらそれはやりすぎなレベルですねぇ。

> 火ノ丸
 だから言ったじゃないですか~!(ドンデンドンデンッ

 相撲部創設の3人で勝って優勝・・・というのは美しいですが、
 それなら白楼と同じ、2連敗→3連勝にする必要ないんですよね。
 國崎なんてナンバー2なんだからもっと後の出番でも良かったわけですし。

 負けたら~の話はもういいです。
 いくらなんでもダメな方を疑いすぎですよkatariさん。
 夢を見ましょう夢を。

> 鬼滅
 炭治郎たちはともかく、炎柱まで寝たままだと「柱とは何なのか」になるので、
 せめて炭治郎たちよりは早く起きていてほしいですが、どうなりますかね。

 元来、理想の夢の攻撃を打ち破るのは、外部からの干渉か、
 夢を夢と認識することなんですよ・・・?

> ROUTE END
 あー自 殺者をエンドがあの形に置いてる、ってのは面白いですね。
 
  1. 2017/04/02(日) 10:45:29 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

彼方のアストラ

うお、黄金時代のジャンプが…!!!
…失礼

まさかの分離可能の宇宙船とは思いませんでした
あと、ポリーナさんは整備士ポジで仲間になりそうですね…4コマに出るわけですし

しかし、謎はまた増えました
やはり、カナタ達の星は地球ではない可能性が高くなりました
また、地球は巨大隕石等で人が住めない星になっている?
そして、カナタ達は地球について知っているのか?

それは、地球というセリフがカナタ達に聞いた時にはっきりするでしょう
  1. 2017/04/01(土) 01:26:23 |
  2. URL |
  3. 跳人 #-
  4. [ 編集 ]

また失礼します

ワンピース
もう実質ビッグマムとの決戦になってるのかもしれないなって
すでにポーネグリフを手に入れてる以上また戦う意味はなさそうだし

STONE
もしかすると石灰で石化した人たちを元に戻すことができるのかなと
あるいはその材料とか

鬼滅
今の段階で見ると炎柱さんの夢はただの回想じゃないのかって思った
もしかすると彼だけはもう目覚めてるのかも

ちなみに炭治郎の夢に禰豆子が出てないのも気になった



魔喰
まあ単純にほかのメンバーのことを紹介したってことかな

ROUTE END
父親へのさつがい動機はあってもわざわざあの死体にする意味はないし
だいたいほかのやつらをころ す理由もないのではって

それとENDは自殺者の遺体をああやっている可能性もあるのかな
  1. 2017/03/31(金) 17:50:52 |
  2. URL |
  3. Katari #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

ヒロアカ
少なくとも楽観的にならないほうがいいのは確かでしょうね

ワンピ

見聞色の覇気って磨くと未来予知に近い力まで出てくるとは
今の時点でカタクリが三将星の筆頭ってところなのかな

ロボレーザー
今の時点でのロボの実力は何とも言えないが
アイアン以外はまだそれほどでもないって可能性もあるか

ネバーランド
今週号の展開はやはりきつすぎますねえ
レイはそれでいいのかもしれないがもう残されたエマが精神的ダメージでかくないのかって
この先子供たちをまとめることエマには難しそうだし

ただもしかするとあのママのことだからレイのこの行動も見抜いて何かしてくるかもしれないが
それはそれで絶望かもしれないけどな

ソーマ
まあ無条件に手打ちが美味いのなら機械はいらないでしょうね

火ノ丸
まだ負けたとは決まってないもののほぼ絶望的すぎる
相手が相手だからやっぱり負けてほしくないんですけどね
もしかするとここから佑真、小関、火ノ丸の3人というダチ高相撲部初期メンバーで逆転勝利なんて描こうとしてるんだろうか
個人的には不可能かつできすぎだと思うんだが

あるいはダチ高敗北という展開にしようとしてるのかもしれない
現実はそんな甘くはないとして

それともここは負けさせて全日本で火ノ丸が久世と再戦とかやろうとしてるんだろうか
でも負けたら火ノ丸が出場できる可能性もほぼなくなるだろうし
  1. 2017/03/28(火) 18:14:21 |
  2. URL |
  3. Katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2843-c2e5625a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR