幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません


週刊少年ジャンプ2017年14号 感想

・・・
只今、時刻は午後17時半をお知らせします。
3月11日土曜日でございます。
最初に断っておきますが、この更新は便宜的に3月6日更新分とさせていただきます。ご容赦ください。

はい!!!
またやりました。
4号ぶり2回目。
1週間、完全放置の超遅ジャンプ感想でございます。
でも言わせていただきましょう。今回は、サボりなんかじゃ決してない!
そら時間を細々と捻出すれば今日までにUPは出来たであろう。でもそれではいけない。
ジャンプ感想とは、いや、文章とは生き物である。
文学者でも文豪でも何でもないけど、俺はこういう主張をしたい。
毎日チマチマと更新していき、なんとか早めに。
ブログ更新者として、「旬」であるジャンプの感想書きとしては正しい形であろうけども、
俺はそれをしたくなかった。だった、文章は生き物。そしてノリとテンションである!
だから書きませんでした。言い訳ですとも。

いやそもそもの発端としては、先週末、クッッッッッッソほど!!!!忙しくて、
土日もずっと会社で仕事してたもんだから更新出来なかった
んですけどね。
以下、月、火、水、とにかく忙しかった。
23時退社コースも普通にあったし。激務&激務、もひとつオマケに激務だったんすよ。
残念ながら、ブログ更新、ジャンプ感想、はたまたその他諸々をする元気なぞ皆無でした。
いえに帰って即行バタンキュー、コタツで寝落ちし、夜を明かしたことが何度あったことか。
そんな生活を送ってました。この1週間。辛かった。

さて、そんな激務も終わりを告げ、一気に暇暇街道まっしぐらでございます。
木曜は18時退社、金曜はすんごい久々に休み、でこの土日で3連休。
幸せとはこういうことを言うんやな・・・休める幸せ。仕事しなくて良い幸せ。
1日中好きなことして、ちょっと眠くなったら寝られる幸せ。あぁここに桃源郷はあったのだ・・・

と、いうことで大変遅れてしまったジャンプ感想でございました。
お待ちいただいていた常連のみなさんには本当に申し訳ない気持ちで一杯ですが、
無理したら本当にぶっ倒れるトコまで来てたんで、ご勘弁願いたいです。
前は完全に歴然とサボりでしたが、今回は完全に歴然と仕事だ!
(仕事を理由に家族サービスを怠るお父さんの気持ち、よく分かる)

前回のアンケ「腹ペコのマリー どうだった?」は大絶賛でしたな。
新連載アンケートは1話ということもあってか、「まだなんとも」に票が集まりがちだけどダントツの面白い評。
これからも期待、ですな。
はい、そいじゃ「先週の」ジャンプ感想でございます。いやまだ土曜日だな。「今週の」ジャンプ感想だ!!
ちなみに「来週の」ジャンプ15号感想はいつも通り日曜夜にお届け出来ればな、と。
あぁ今回も1週間放置してますが、一切本誌もネタバレも読んでいないリアルタイム更新でお送りします。

週刊少年ジャンプ2017年14号
  表紙&巻頭カラー:Dr.STONE
  センターカラー:マリー、左門、磯兵衛


雑多
 ワンピのアニメオリジナルでvs海軍のルーキーズとは面白い。
 アニオリ故、キャラデザ的にはパッとしないけど、原作にもこういうのは出てきてほしいな。
 海軍ってもはや敵になるの、一部の上級中将と大将しかいないんだもん。

 アカデミアアニメ2期のB組キャラ稿公開。
 コッチはキャラデどーこーの前に、初めて名前知る連中が・・・コミックスちゃんと読まないとなぁ・・・
 つか個性面でもA組よりパッとしねぇなB組・・・
 黒色くんとか吹出くんは面白いけど。


新連載 Dr.STONE (稲垣理一郎&Boichi)
 「アイシールド21」の稲垣先生と、既に他誌で色々長期連載経験のある絵師・Boichi先生の合作ということで、
 作家のネームバリューだけで言うなら今回の6連新連載で最もすごい作品となる今作だけど、
 いかんせん前情報皆無。
 稲垣先生はともかく、Boichi先生の絵がジャンプで大丈夫なのか?という疑問もある中、読んでみると・・・

 いやはや・・・・
 いやはや いやはや・・・・・

 ちょっと待ってね。
 俺、今年の「俺の中でこのマンガがすごい!」ってどうしようかと思ってたのよね。
 現時点3月11日。どーにも今年は新刊が奮わない。新規の新刊色々読んでるけどどーも琴線に触れない。
 続刊モノはコンスタントに面白いものがあるけど、新刊はどーにも。
 ヤヴァイ。
 ご要望に乗って、今年は半年で半分やろうかな、と思ってたけど、必要充分条件を満たす作品がない。ピンチ。
 そんなことをここ数週間思ってるわけですけども・・・
 俺、このマンガ、入れていい?
 自ら設定したルールで「週刊少年ジャンプ作品は除外する」と作って、
 大好きな「火ノ丸相撲」すらもハブいてきたここ3年の「俺このマン」だけど、
 言わせていただきましょう。

 「このマンガはすごい!」

 まぁまだ1話だけどね。1話が面白い漫画なんてごまんとあるわけだけどね。
 1巻が面白い漫画も一杯あるけどね。2巻からダメになる漫画が一杯あるんだけどね。

 すごいわ。さすが稲垣先生。さすがっすわ。
 前号の「腹ペコのマリー」も大概読んでて「ページ少なっ!」と思う構成だったけども、
 今作はもっともっと、短かったわ。体感では20Pもなかった、それぐらい。
 「おぉい!ここで終わりかい!もっと読ませんかい!」ってガチで声に出してたわ。

 いやはや世界観、すごいっすな。
 全世界一斉に謎の石化、その石化に数千年耐えた異常とも呼べる精神力の2人の高校生。
 そこから人類史を再び紡いでいく・・・
 なんと壮大な物語だろう。壮大すぎてワクワクしかしねぇわ。どうしたら良いんだ。めっさワクワクするぞおい!
 うわ~コレをジャンプでやんのか~すげぇな。
 ここ最近の新連載で、素直に一番ワクワクしましたわ。こんなワクワクドキドキは本当に何ぶりだろう。

 6連新連載、1話ランキング早速変動。
 「Dr.STONE」面白い!!!
 Boichi先生の絵も、なんちゃ違和感のない、少年漫画やってて心配皆無ですわ。


ONE PIECE
 雨は止み、ルフィ一行は完全に状況を把握し、完全に一丸と・・・か。
 全然一枚岩でないビッグマム海賊団といい対比になってますな。
 サンジとのこの時点での合流は否定的だったけど、この描写のためなら納得するわ。

 さて、茶会ぶっ壊し作戦はブリュレ&ディーゼルを含めた?10人で
 マム、大臣たち、そして闇の世界の帝王たちまで相手取るんすか。
 いくら大戦力のルフィ、サンジ、ジンベエがいるって言ったって、無理ゲー感満点ですな。
 ゾロやフランキーがいれば、いや一味全員いれば心配なんて全然ないんだけどねぇ。

 と、いう所でカポネ参戦とは・・・面白いやんけ。
 しかもかなりの悪党というバックボーンを語っておいて、それで協力するとは面白い。
 確かに一応「マムを出し抜く/倒す」という意味では共通してるし、
 現時点でルフィたちに組まない理由はないけども、完全に純然と「悪」と組むとは面白いすな。
 カポネはルーキーズ登場の頃はどうしたって地味なおっさんという印象だったけど、
 ここに来て大いに目立って来ましたなぁ。ルーキーズ大好き人間として嬉しい限りですわw
 これは来るべきワノ国編で、今まで目立ってないホーキンス、アプー、ドレーク辺りにも期待したいですな。
 まぁアイツら、キッド含めて出てこないわけないけども。
 なんならワノ国編、ルーキーズ全員集合でもいいんじゃね?何ソレ、すごいワクワクする。
 まぁカポネはこの編で終わりそう感満点だけども・・・
 
 カポネ参戦はひたすらに楽しみな展開だけど、
 ルフィがペコムズの一件をそのまま許すのか問題やら、ジンベエの不義理っぷりはどうなのとかも期待したい。


アカデミア休載
 前号の大荒れの原稿、完全に体調不良が故、やったんですな・・・
 まぁ同情とかはしないけど。
 堀越先生も編集部も、良くも悪くも無理をしすぎたさせすぎたの、読者側でも見え見えだし。
 ご自愛くださいませ。
 ワンピ並とは言わんけど、もっと休んでいいんやで?


アシ募集
 権平先生、在宅アシスタント募集なのか・・・時代やね。
 新連載立ち上がったばっかりでアシもロクにいねーのか、と気にはなるけど、
 ジャンプで在宅アシスタントなんでのが有り得るんだ・・・ちょっと驚いた。


銀魂
 念願の登場となったヘドロ無双、もっと見たかった・・・・
 ってコレ、敵となったヘドロ無双が次で見れるのか?w
 ヘドロ無双は見たいけど、無意味な無双は見たくないなぁ。
 懐かしキャララッシュのvs解放軍戦もバーサーカーへドロで終わりかねぇ。

 ヘドロに加えて陰陽師軍団も登場とは大盤振る舞いすな。
 そういやこんなのもいたな・・・すっかり存在忘れてたわ。
 外道丸はともかく、晴明、道満なんて完全に記憶から消えてたわ。
 

腹ペコのマリー
 「ラブコメべるぜバブ」やなぁ・・・と良くも悪くもバトルを見てたけど、
 やっぱり鬼のように見やすい、読みやすかったっすわ。
 赤面かわいいアンナちゃんのためにブチ切れタイガさん、えぇやないの。ラブコメしてるやないの。
 絵面的には百合ん百合んだけどな!!

 タイガinテレーズをテレーズ様として女の子・テレーズとして生きていくタイガがどーのこーの・・・という話思いきや、
 「腹ペコ」をトリガーにテレーズ様inタイガになるんかいw
 なるほど、性転換ネタだけならず、体交換ネタも入れてきたか・・・
 同一体での肉体&精神完全とっかえとは新しい設定ですな。
 とりあえずテレーズ様inタイガが学校に行ってドタバタするのは目に浮かぶようだわw

 なるほど、漫画としても設定としても面白い以外の言葉が出てこないわ。
 本当に流石ですなぁ田村先生。漫画の作り方、上手ぇわ。
 今後も楽しみ。


鬼滅の刃
 おぉう・・・下弦の十二鬼月、累を除いた5人中4人がここで脱落とは・・・
 上弦の化物たちには劣るにしても、この下弦のビビリ共も柱と相対する力はあろうに、
 それすら一切惜しまず、最後まで「ビビリまくりのザコ」みたいに見せて終わらせるとは鬼舞辻様マジ恐ろしい・・・
 唯一生き残った鬼も下壱だからナンバー6なんだよなぁ・・・
 累よりも強いであろう連中ですら赤子の手を捻るより簡単に処分するとか、
 鬼殺隊は、炭治郎はこんなのと戦わないといけないのか・・・
 そら100年から上弦の鬼のメンバーが変わらないのも頷けますわ。強すぎるもん。

 そういう意味では、冒頭触れられた鬼舞辻に抗う力を持つ、珠世さんや禰豆子がキーとなりそうですな。
 禰豆子に限らず、鬼を鹵獲することも許されないとは、鬼殺隊マジ八方塞がりですな。
 あぁ、だから炭治郎が鬼舞辻に会って生還したことが柱合会議でフィーチャーされたのか・・・

 次の相手は一気に下壱(パワーアップ版)か・・・炭治郎で、いや善逸&伊之助を加えても、
 全く粉微塵もどーにかなるレベルとは思えんけど、どうなることやら。
 下弦の一斉削除、功となるかなぁ。


特別出張版 殺せんせーQ!
 店頭で殺せんせーのカバーがあって、結構マジで「暗殺教室」のファンブックか何かかと思った。
 いや、あながち間違いじゃないんだけども。


左門くんはサモナー
 三人官女の攻撃力が怖い・・・(カラー

 カラーの華やかさはどこへやら、終始重い話になってるこのアンリ戦争編(仮)。
 ベル様vsアンリのガチバトルは冷めて見てたけど
 黒髪ロングになったアンリの可愛さを見つつ、
 左門を人質にして篭絡しピーチ姫化したアンリと、
 それを助けにいく左門・・・立ちふさがるは愛すべきバカ6人という構図はワクワクするわ。
 ベル様も悪役だけど「悪」ではないポジションだし、印象は悪くないかと。

 まぁこの漫画でこんなにシリアスバトルやられても・・・感はアリアリだけど、
 なんだかんだシリアスバトルだったマステマ編も面白かったし、現時点でやいやい言うのはやめましょうかね。
 今回の左門サイドの仲間に誰がつくかは楽しみだなぁ。
 六柱いなかったらロクな人材いないけど・・・とりあえずゾロアスター教のブーヤンが何かやってくれるのに期待。 


ハイキュー!!
 木兎さんはほんにいつまでたっても自由なお人だw
 あんなにダメダメなのに、美味しい所はキッチリ持っていく、なんつーイヤナヤツなのやらw

 ヒキではユースの小柄天才君(名前忘 と日向の邂逅っすか。
 日向の純然としたライバルだし、どう繋がるか楽しみですな。


ポロの留学記
 火の悪魔トップワンがヒロインで恋役と。
 ビジュアルが全然「悪魔」してない、ただの炎使いの女の子なのはさておき、
 ポロが体験役兼指南役のポジションに立ってたのは今までと違ってよかったかと。

 ルイカちゃんは序盤の超・肉食系の攻め攻めっぷりは良かったのに、すぐ軟弱にデレ始めて残念。
 赤面の可愛さもなかったなぁ。
 赤面に一家言ある身としては、あの赤面じゃあ全然ダメですわ。
 俺をせめてニヤニヤさせてくれないと。せっかくキスまでいったのにアレじゃああきませんわ。


ブラッククローバー
 う~ん・・・
 びみょーやな。

 運命の操作で、ネコの触れた対象の行動を強制変更?
 なんか・・・それって「運命」なの?
 ノエルが首ちょんぱされた事実を魔女王もバネッサ姉さんも見てからリセット、
 腹貫いてもリセット、フィンラルを真っ二つにしてもリセット、
 「都合の良い運命になるまで、その事象を繰り返す」とかなら今回ので納得するけど、
 「ひたすら幸運にも攻撃が当たらない様を見続けてる」ってのがよぅ分からん。
 アスタの攻撃は誰かの中では当たったことになってるの?なってないの?
 なんかよくわかんないからすごくモヤモヤ。

 アスタがノエルやフィンラルを殺すという絶対見られない絵面をまぁまぁ見れたのは評価。
 ま、正気に戻ったらアスタ自身、自分を責め・・・・殺ってないから責めないか?
 改めてよぅ分からん。


斉木楠雄のΨ難
 ホント「オタク」って最低だよね~

 オタクって「時間ないからブログ更新出来なかった」とか言いつつ、
 実際毎日ツイッターは全部見てるし、「FGO」のAPは漏らさずプレイしてるし、
 「デレステ」イベントだってやいのやいの言いつつやってるんだもんねー
 それなのにほぼ一週間もブログ更新サボって、あれこれ言い訳してるんだもんねー
 ホント「オタク」って最低だよね~

 あぁ俺は完全な3次元なんてクソ食らえの2次元オタクなので、
 今回の話の「オタク」の気持ちは全然分かりません。
 けど四角関係(四角形ではない)になったのは面白いw

 Wデートは本当に「やらない」のかなw


約束のネバーランド
 うわぁ・・・

 「外の状況も分からないのに逃げるもクソもねーだろ」がまさに現実化した上、
 ノーマンは自死を選ぶのか・・・
 戻ってきた時は「外の事実」の他に生き残れる道を見つけたからこそ、と思ってたのに、
 「橋」という遠すぎる活路、それも「活」路かどうかも分からない道を示しただけで終わりとかノーマンェ・・・

 でも最後のモノローグ、
 エマの「誰も見捨てない」に自分自身が入っていることを自覚しておきながら、
 「誰一人見捨てない」不可能な理想論を覆したい、諦めたくない、って言ってるんだよね。
 あのもうどうしようもない状況で、まだ生きる道があるっつーんかな・・・
 最後の「だから僕は死を選ぶ」って言葉そのままの意味・・・じゃないよね?
 うわ~先読みたい。
 ぶっちゃけ読もうと思ったらすぐ続き読めるけど・・・ココは踏みとどまろう。
 リアルタイム更新や。何年続けてきたと思ってる。リアルに、楽しむんや・・・
 まずはこのジャンプを読み終わらねば・・・


ぼくたちは勉強ができない
 ようやく個別回、先鋒はふみちゃん。

 ふみちゃんらしい悩みの内容、んでもって受験を説得にキッチリ絡めてくる唯我くんのサポートと、
 地味だけど良い回だったかな。
 コレでふみちゃんがデレるわけではなく「ちょっとデレかける」程度だったのも良し。
 こういう漫画ではひたすらにおいてクズにされる山岡くんポジションも
 良いヤツではないにせよクズでもないってのは中々スッキリできたわ。

 ラブコメ漫画として、こういう恋愛面のお話はもっとしてほしいけど、
 ふみちゃん含め、どーにも縁遠そうすな。興味はあるみたいだけど。


火ノ丸相撲
 全然マジメに見えなかった上、ホタルの覚悟をバカにしてたり、無駄にトリッキーな動きをしたり、
 印象は最悪だった兵藤だったけど、
 確かに「楽しそう」だわ。
 その裏側に「心」がある、とも言われたけど、火ノ丸や天王寺たちの「心」とは別のベクトルの「心」なんですな。
 國崎含めて、おおよそ「相撲」らしい相撲をしていないけども、楽しそうなのは間違いないですな。

 それを「相撲が好き」と昇華し、國崎の相撲は通過点という目標に発破をかけ、
 兄弟対決でもオチャラケ対決でもバカ対決でもなく、
 「相撲」としての二人の戦いになってる。
 う~んアツいやんけ・・・ちょっとだけだけど。
 決勝 じゃなかったらもっと褒めてたと思う。


U19
 ちょっと、いや大分衛児さんのオツムが弱いなぁ・・・
 朱梨を拉致られて冷静でいられない、ってのがあるとはいえ、ガレキの存在やら色々諸々につっかかるつっかかる。
 意味の無さすぎる情動というか激動にすごい温度差を感じたわ。

 簡単なキャラ紹介だとはいえ、縄をほどくクダリも大仰だし、
 国家転覆っつー話もコッチとしては分かってるわけだし。
 もうちょっとコッチの温度感にあった話運びにしてほしかったわ。なんかミュージカル見てるみたいな感覚だったわ。

 さてはて、まずは谷攻略戦。
 谷だけでいいんかい、「ウザいから」でいいんかい、追い出すだけでいいんかい、
 その辺上手く収めてもらいたいですな。


青春兵器ナンバーワン
 まさかMAPPOでやるとは思わなんだw
 まさかのアンドリューさん再登場、まさかの超スペック委員長、キレッキレツッコミの北斗と笑わせてもらいましたわw

 零一のクダリからはびみょーだったけど。あのゴジラはねーわ。


ゆらぎ荘の幽奈さん
 世界観に合わないガチの霊能力者・流禅さんのおかげで色々進みましたな。
 天狐幻流斎さんの存在を気にかけつつ、
 「幽奈はゆらぎ荘にいなければならない」
 「約20年前には幽奈はあの町で生きていた」
 「幽奈はゆらぎ荘に全く繋がりがない」
 今回分かったのはこんな所か。

 とはいっても、何も分からないのに同義だけど。
 ゆらぎ荘に全く縁がないのに、ゆらぎ荘に居つく自爆霊となった・・・?
 幽奈そのものにではなくゆらぎ荘自体に~とも言われていたけど、それが縛っている・・・?
 土地が幽奈を縛っているなら、初期こそそうなれど、最近は学校にデートにヌルヌル外出してるわけで、
 ともなると土地が縛ってるとも・・・?
 なるほどワカンネ。

 生前の黒髪幽奈も、幽霊の幽奈は白髪であること、
 また名家のお嬢様っぽいのに知られてないこと、
 明らかに病弱っぽいこと等など踏まえて・・・・なるほどワカンネ。

 相変わらず幽奈の正体はさっぱり分からんけど、今までの皆無の情報ではなくなったわけで。
 これで、もとい正体が分かっても何が変わるわけでもなし、というのはそうだけど、
 良い具合に引っ張ってくるなぁ。
 ラブコメなのにこういう核があるとはいいねぇ。 あぁコガラシさんは今回もイケメンでした。
 

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 アニメ2期の配信に合わせて、アニメと原作完全連動で「声」の話とは、
 クソ・・・アニメ見たくなるじゃねーか・・・後で見よ。
 声ないと面白くないパターンかと思いきや、声優陣の声の演技を想像するだけで笑えたわw
 キングのエロ声とか瞬時に脳内に浮かんできたってのw
 あぁ、アニメ見よう。この話を真に楽しむにはアニメみないといかんわ。
 なんというダイレクトマーケティング・・・ずるい!
 

食戟のソーマ
 薊さんは案の定、「形だけは」うろたえることなく終わり、
 えりなさんの神輿に全のっかり、
 堂島さんの良い感じの感謝と共にいざ礼文島へ・・・

 最後のページで一気に進んだな。
 掲載位置もついに最下位まで来ちゃっていよいよ?
 グダグダ修行編やられてもアレとはいえ、ダイジェストで一気にすっ飛ぶとは思わなんだわ。
 6個も新連載入って、とりあえず突きぬけさせるほど無慈悲なこともないであろう、
 なら次に終わるのは人気のない現連載陣・・・ってのは自明の理だけど、ソーマもいよいよこの扱いか・・・
 悲しいなぁ。
 せめて連隊食戟はキッチリ描ききって終わってほしいわ。
 仮にも十傑トップクラスの3年生たち。サクッと倒されたらたまりませんよって。
 出来るならまた学園編を見たいものだけど、こういう話になってる以上、もうないかな・・・? 


代原 綾樫くんは飼っている(カザアカツヤ&青木裕)
 どっかで読んだことあるタイトルだな・・・と思ってたら、ジャンプ+のギャグ祭の時のヤツか。
 はいはい、こんなのあったね。
 例によって忘れてるんでとりあえず感想。 
 ジャンプにありがちな妖怪/異形モノをギャグの範疇で収めてる作品、という印象。
 平均点は取れてるけど、原作作画分かれてまでやるような作品じゃあないな・・・
 




 はい、更新終了でっす。
 17時半に書き始めたのに終わるのは深夜4時て。何時間かかってるんだっての。
 いや、飯食ったり、眠すぎて仮眠してたり、ツイッター見てたり、アニメ見てたりしてたけども。

 遅すぎるジャンプ14号感想はここまで。
 明日・・・もとい、今日、15号感想でお会いしましょう・・・
 「ジャンプ+感想」「Dr.STONEアンケート」は次号分で、ということで。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ Dr.STONE ONEPIECE 腹ペコのマリー 鬼滅の刃 約束のネバーランド 火ノ丸相撲 ゆらぎ荘の幽奈さん 磯部磯兵衛物語

  1. 2017/03/06(月) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<週刊少年ジャンプ2017年15号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2017年13号 感想>>

コメント

Re: がまのコシカケさん

あらそうなんですか。コミックスも買ってはいるものの全然読めてないんで、把握してなかったです。
せめてアニメで出番あったらいいんですが・・・騎馬戦とかやり放題でしょうし。
  1. 2017/03/12(日) 16:58:12 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> 新連載
 前作と作風似てる人、似てない人、色々あって楽しいです。
 勝手な印象ですが原作担当だと結構話の内容は変えてくると思ってます。

> ワンピ
 ヴィンスモークには厚顔無恥で勝手に助けられてほしいんですよね。
 「マムに狙われてるぞ!」って伝えて正直に信じる連中でもないでしょうし、
 何も知らないまま勝手に助かってるというのがワタシの理想です。
 だからイチ、ニ、ヨン、ジャッジには一切戦わないで欲しいとまで思ってます。

 カポネはここで倒れても倒れなくても美味しいので頑張ってほしいです。
 ルーキーズは本当に大好きなんで、出来るならば生き残ってほしいですが・・・

> 鬼滅
 絶対悪愛好者としてはかなり好感度高いです鬼舞辻は。

> ネバーランド
 1話を見るに、「出荷」の時点で殺されてるんですよねぇ。
 抵抗したからかもしれませんが、本部まで生きていける・・・って
 フルスコアだからこそ・・・?

> 幽奈さん
 人柱は一瞬アリかな、とも思いましたが20年前ですからね。
 100年前とかならいざ知らず、現代から20年前に人柱ってのはちょっと時代錯誤かな~と。
  1. 2017/03/12(日) 16:56:55 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

※コッチはキャラデどーこーの前に、初めて名前知る連中が・・・コミックスちゃんと読まないとなぁ・・・

ぶっちゃけ、今のところB組全員の名前と個性は公式キャラブックにしか載ってません。
なので、今号で
「このキャラこんな名前だったんだ!」
「このキャラの個性こんなのなんだ!」
(てかそもそもこんなキャラいたんd)となった人が大多数かと思いますw

早く公式での活躍が見たいんですけどね〜……
  1. 2017/03/12(日) 16:28:29 |
  2. URL |
  3. がまのコシカケ #LqTnj8kw
  4. [ 編集 ]

失礼します

新連載
前作と作風が全然変わってるなと思いました
ただ連載原作者ゆえに内容はしっかりしてますし
ジャンプらしい漫画でもあるかなと

ワンピ
カポネはビッグマムの軍門に下ったわけじゃなく隙あらばってことだったようで
ただもしそうならばヴィンスモークのやつらにカポネの部下経由でビッグマムの企みが伝わってる可能性もあるのではないのかなって
ちなみにシフォンはカポネの企みを知ってるのだろうか

カポネと敵対するのは得策じゃないゆえに手を組むという作戦はありとしても
友好関係はとても築けそうにはないかなと思います
今の段階じゃお互いの邪魔をしないとなればまあいいのかなと
最も隙あらばルフィの首も狙ってきそうだから
まあビッグマム、カポネ、ジェルマが共倒れしてくれるのもまあよしでしょうね

作者の体調が悪かったから先週未完成原稿だったってことなのでしょうねヒロアカは

銀魂
花がとれてもそのままのヘドロって可能性もあるのではって
実は今のほうが本来の性格だったりと

マリー
現時点で考えられるのは
空腹か満腹で見た目と中身が入れ替わるってことになるのか
どっちにしても大変なことになるだろう

鬼滅
鬼舞辻の異常さと外道さと身勝手さが改めてわかる話だとも言えますね
これも一つの絶対悪ってことなのでしょう

ポロ
恋愛を知らない悪魔同士だからこそっていうのはありそうだが

ブラクロ
文字通り運命の糸という能力なのだろうか

ネバーランド
このままノーマンが死ぬのは嫌だと思いつつも助かる可能性はまずないですよね
ただどうせ死ぬならその前に本部で何かしらやったりするのではないのかなとは思いました

幽奈さん
天狐幻流斎って人もしかするとコガラシにとりついてたでたらめに強い霊能力者って可能性もあるのでは
つまり師匠という

今の時点で思うのは幽奈があの地域の災いを止めるために人柱にされたとかあたりな気がします

最後にクラスメイトたちが幽奈さんと会ったけど今後の話で何か影響するのかな

ソーマ
とりあえず薊が妻子を愛してないことはよくわかった

連隊食戟に薊本人が参戦する可能性もあるんじゃないのかなって
総帥が参加してはいけないというルールはないとかいって
  1. 2017/03/12(日) 12:49:12 |
  2. URL |
  3. Katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2839-117c4f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR