幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません

週刊少年ジャンプ2017年9号 感想

さて、今週のトピックスは・・・・・・・・・
うわ。なんもねぇ。
「FGO」は相変わらず「キャメロット」の鬼強い円卓メンバーにコンティニューをしたりしなかったりしてて、
「デレステ」はイベントに全然やる気が出なくて、
最終日に翌日仕事があるにも関わらず深夜3時までLIVEしてたぐらい。

月火の奈良出張は思い出すのも憚られるぐらい、辛い仕事でした。
会社としては結構根深く付き合ってる顧客との仕事だったけど、俺はあの顧客とは合わんわ。
いつも通りの担当の先輩にまたブン投げますわ。今回だって一時凌ぎの俺登用だったわけだし。
出張は楽しく、仕事も楽しくしたい。
働きたくなくても働かなきゃいけないなら、少しでも楽しく。それが俺の方針。
あー秋田行きたい。秋田の俺の担当顧客大好き。はよ次の仕事入らんかな。

その他・・・う~ん。
今年は一日2冊のペースで漫画読んで、年間800冊読破を目指すぞ計画も、
1月終わる頃合にして既に暗礁に乗り上げてるってぐらいかな・・・
読むもの自体は例によってアホほど漫画買ってるからあるけども、時間がね・・・夜は眠くてね。おっさんだから。
せめて去年の522冊は超えたい・・・
ちなみに今は29冊。完全に綺麗に一日一冊ペースです。本当にありがとうございます。

先週のアンケ「背すじをピン!と の展開はアリ?」は大多数「次話以降次第」ということで。
そらあの聞き方ならそう入れますわな、とアンケ作った後に自分で反省したけど、
みなさん同じお気持ちのようで。さてはて。今号からはどうなってることやら・・・

ほいじゃ今週のジャンプ感想でっす。
今日は久々に15時まで爆睡してたんで、眠くはないけど、時間がない!
寝溜めや・・・最近ロクすっぽマトモに寝てないから寝溜めしてたんや・・・
あっ明日から1週間、早番出勤やった・・・オボロロロロまた寝れん生活が・・・


週刊少年ジャンプ2017年9号
  表紙&巻頭カラー:銀魂
  センターカラー:ボルト、読切、ソーマ


雑多
 最近単行本表紙公開されても、なんか「おおっ」と思えなくなっちゃったなぁ。
 そもそもジャンプコミックスは本誌で読んでるが故、マトモに単行本読んでないってのもそうだけど、
 なんか・・・うん。そろそろJCもちゃんと読まないとなぁ。オマケとかもあるわけだし。


銀魂
 えぇええええええええええええ次郎長来ちゃったよwww

 コレは素直に驚いた。
 オールスターバトルだから、コレまでのキャラの誰もが生きていたら出てくる可能性あるとはいえ、
 次郎長まで出てくるのか~ アツいやんけ。
 勝男の登場も前フリやったんやなぁ。
 かぶき町大幹部登場。そろそろ華陀も出てくるかな。丁度相手は辰羅に以降してるし。

 その前の源外爺さんを護るためのボケやら熱意やらもアツかったわ。
 再三やってるここにいるみんなでかぶき町・江戸って展開だけど、アツいもんはアツい。
 狂死郎なんかの非戦闘員の出し方上手いっすな。
 小銭形はもうちょい後でも良かった感あるけどw


ONE PIECE
 マムはロジャーに負けてたんか。
 とはいえ、いつもの「万物の声」でロードポーネグリフの内容を読んだというだけみたいだけど、
 マムはロジャーが海賊王になる前からロードポーネグリフを持って、ラフテル目指してたんすな。
 白ひげもそうだけど、さすが四皇。「海賊」をちゃんとやってますわ。印象良いね。野心バリバリで。

 マムの言う「万物の声」を聞く隠し玉はそのままプリンってことでいいのかね。
 ロジャーに第三の目がある節も、はたまたプリンがそういう能力に目覚めそうな節も今のところ感じないけど・・・

 ペドロvsタマゴはすこぶるどうでもいいわ。相変わらず。
 鏡組も状況把握と脱出手段は整ってるけど、ちょっとイレギュラーの存在すぎてどーにも。

 普通にバリバリ戦ってはるルフィはどーなの、と思ってたけど、
 サンジが騙されてることを分かってるのを知って、元通り「約束の場所」に戻るのは良かったかと。
 またいつものように暴れまわられてもアレだからね。
 いよいよこれでルフィの出番はもう終わったかな。
 まぁルフィが戦うような相手、あと将星のカタクリぐらいしかいないものね。まだ出てきてないけど。

 あとはブルックの脱出とロードの写し、ジンベエ&ナミの脱出、んでサンジの脱出と。
 ロードの写し、どうやって取るんやろか。もう都合よく前にある鏡の中でコピペしたんで良いんじゃね?


鬼滅の刃
 掲載順高ぇw 良きかな良きかな。

 炭治郎禰豆子問題は存外あっさり終わっちゃったなぁ。
 鬼があんだけ攻撃されて、生血を前にして、自意識でそっぽを向いた、
 それは確かに明確な「拒否」でしかないけども、アレで納得するんやね。柱たちも、お館様も。
 まぁお館様は既に分かってる感アリアリだけど。
 それを認めるために、これからも鬼殺隊であり続けそして十二鬼月を倒せ、という方針は間違いなく、間違いはないっすな。
 
 炭治郎もひたすら禰豆子の処刑に粉骨砕身し、文字通り死に物狂いで怒り、慟哭し、
 そして鬼舞辻打倒まで、実に素晴らしい兄貴・そして主人公していたかと。
 まぁさすがに現時点で絶対無理な鬼舞辻打倒は確かに恥ずかしい宣言ではあるけどもw
 柱連中笑いすぎやろw 炎柱さんは認めてるみたいだけど。
 こういう所で笑わすのは上手いなぁ。ホント。


僕のヒーローアカデミア
 ミリオのA組擬似インターンは完敗で終わり、ということで。
 さすが雄英ナンバーワンにして、現ヒーローでもトップクラスという格だったけど、
 自分が何が弱いかをキッチリ見極めそれに対する対策、また自分の個性をフルに活かすには、
 そういう根源というものがよく見えたキャラだったかと。
 個性自体もシンプルなものながら、デメリットもきっちりあって印象としてはすごく良いまま終わったかと。

 で、本筋のインターンはサイドキックとして経験を学べる、
 その経験が自分を強くする、と内容が全くないものだっのは残念。
 それは職場体験の頃とあんまり変わってないんだよな・・・

 デクはとりあえずオールマイトの元サイドキック・サーの所に行きそうで。
 そもそもオールマイトにサイドキックいたんだ・・・あんなワンマン極まりないワンマンっぷりで。
 ヒーローとしての力もあるのか、真に「サイドキック」としてのヒーローなのか、
 堅物キャラっぽいけど、同じく堅物なデクと折り合いつくんかねぇ。

 ヴィラン連合とペストのオーバーホールはまぁくっつくよね、ってことで。
 そろそろコッチサイドの動きも見たいですな。
 修行期間はどうしたって、地味。


ハイキュー!!
 なるほど、天井サーブか。

 素人目線としては、アンダーハンドサーブも天井サーブもまさしく「初心者/素人」がやりそうな印象があるけど、
 だからこそ、実力者たちはやらない、慣れてないというアプローチは面白かったかと。
 ここでも烏野に不利な「天井」を持ち出してくるとは、会場の妙、本当にすごいですな。


BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
 ボルト自ら生み出した「消える螺旋丸」に、ナルトの今までの「螺旋丸」が合わさり、打倒、
 アツかったすわ。
 間違いなくボルトはナルトの息子だと分かる1話だったすな。
 ナルトがボルトの螺旋丸をパワーアップするトコは、
 術の完成、初めての打倒、クラマとの和解、護れなかったネジ、サスケとの決闘などなど
 ナルトと螺旋丸の歴史が見られて嬉しかったわ。

 まぁ別に「消える」ネタを最後使ってるわけでもなし、ナルトがやったんで良かったんじゃ感は溢れてるけど。

 さて、これで映画版の範疇は終わったのかな?
 

約束のネバーランド
 こえぇ・・・

 うわー怖っ。
 クローネを始末しただけじゃ飽き足らず、
 レイまで始末、そんでもってエマたちの計画は全部何もかもバレてんのかい。
 ママ怖すぎ。
 全部何もかも分かってた上で今まで放置して、すんでの所でそれを防ぐ。
 いやらしいこと極まりないですな。
 なんというイヤらしいタイミングで、なんというイヤらしい戦法取ってくるんや・・・

 とはいえ、ママも「事情」が変わったが故のこの戦法らしいけど、
 事情とは・・・?
 クローネの「ママの落ち度」報告は本部にもエマたちにも伝わってないはずなのに、
 それを当のママだけが知ってるなんてことはありえないし・・・
 かといって即出荷に至るわけでもなし。
 う~ん、さっぱり。

 もはや脱獄のチャンスはたった今。
 下見ですら危うい状況で、その下見の強行と実際の脱獄を
 あの覚醒ママの元どうやってやる気なんや・・・ワクワクすんじゃねーか。


読切 阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ (マツキタツヤ&宇佐崎しろ)
 う~ん・・・・・
 ストキン準キング×扉絵は鬼上手い18歳の新人と聞いて、すごくワクワクしながら読み始めたけど・・・
 絵はともかくストーリーはコレじゃあダメだわ。

 作者の映画・映像への想いは伝わったけど、ちょっと自己流・自分よがりすぎて俺は全く共感出来なかった。
 押し付けられたものじゃなく、自分の撮りたいものを撮ってこそ映画監督、
 その通りだとは思うけども、じゃあ漫画原作の映画を撮ることへの正義はどうなるのか、
 冒頭で完全否定しているスマホ映画やユーチューバーはその矜持を持っていないのか、
 スターウォーズに憧れてスターウォーズみたいな映画を撮りたいと思って何が悪いのか、
 柊ちゃんの想いは共感できる所も端々あったけど、黒山は全然ダメだったわ。

 もうちょっと青春というか「映画ってすごい」みたいな方向性の話に出来なかったかねぇ。
 ロマンの見せ方のベクトルがおかしいわ。
 俺は全く評価しない。読んでて全然ワクワクもドキドキもしなかったわ。
 やっぱり例外なく「はよ終われや」と思いながら読む漫画はアカン。


ブラッククローバー
 いい具合に絶対悪・純粋悪っぷりを見せつけつつ、
 いざピンチになると情けなくワタワタして命乞い。
 実にミジメで小者で下っ端で、小悪党としての印象は抜群でしたわカズレーザーさん。
 
 やっぱりアスタの攻撃はシンプルに、ただ魔力を断ち切る、ならその剣をブン投げればいい。
 シンプルすぎる「バカみたいな攻撃」で良かったすわ。
 やっぱり魔法にはただの物理よ。それがロマンっつーもんよ。


食戟のソーマ
 シェフとしては正しいけど、コック帽死ぬほど似合わんなソーマ・・・(扉絵

 連隊食戟へ向けた紅白デモ戦。
 結局チーム戦とはいえ、個人戦だから司さんや竜胆先輩に勝たないと終わらんやないかーい!
 の回答として、チームで互いにサポートしあってそれを超えろ、ということで。
 そらまぁ司さんや竜胆先輩がお世辞にも他の十傑とチーム戦出来るとは思えんけど、
 だからといって、コッチの脆弱すぎるメンバーで協力しあっても雀の涙以下なんですけど・・・
 かろうじてソーマ×えりなさんでなんとか・・・って程度かな。

 チーム堂島vsチーム才波、実力差が開きすぎて堂島さんが可哀想だったけど、
 ことチーム戦においては空気読むまさにサポート属性なタクミと田所ちゃんで良かったっすな。
 やっぱりこの2人、メインではアレだけどサポートならいい仕事しますわ。
 その辺、才波チームは全員がメインだからなぁ。
 そら上手くいかんわなw

 この紅白戦を見るに、タクミや田所ちゃんのメインマッチは捨てて、
 ソーマ&えりなさんのサポートで2人登用、それで底を上げる~なんて落とし所かね。
 結局全員団結で最終的に司さんを倒せばいいわけだしね。


左門くんはサモナー
 ひっでぇオチwww
 サルェ・・・・ホントこのスイーツ()旅団長は・・・w

 あのネビロス少将がついにプライドまで捨ててネコになってどうなるかと思ったけど、
 案外、というかほぼほぼ上手くいくとは・・・カス鮭、最近カス度が足りねーぞ!
 最近ただのいいヤツじゃねーか!!

 正体バレたのもあるし、マスターをまた一人にするわけにもいかないし、
 さすがにもうゴビニャンになることはないだろうけど、
 てっしー辺りがネコになってまたナンヤカンヤ~という展開なら見たいかも。
 

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 夢なんじゃないかと疑いもしたけど、本当に2年後なんやな・・・

 鹿高競技ダンス部としては土井垣部長、八巻パイセン部長の2世代で培ったことをしっかりと、
 「部」として昇華して、立派に3年生、先輩、部長をやれているのを見られて、
 嬉しい気持ちは間違いなくあったわ。
 雅春たちの世代より、男女共に部員も増え、何よりとても楽しそうに踊ってる。
 それは雅春たちの「楽しそう」なダンスに影響された・・・
 良い部活をやっていますわ。本当に。
 ひらりんの相方が「アレ」ってのはちょっと・・・う~ん・・・散々引っ張って「アレ」かぁ・・・

 俺たちの知っている鹿高ダンス部はもうすぐ無くなるけど、無くならない、
 無くさないために葉澄コーチやみちるちゃん先生がいる、
 次代への引継ぎもコレで良いんじゃないでしょうか。

 一方世界を舞台に暴れてる部長、咲本さんは相変わらずのようでw
 あの2組よりすごいのに全然パッとしない相模原さんに笑いつつ、
 金龍院&みのりさんペアがちゃんと「居て」くれているのにホッとしつつ、
 競技ダンス部があったから二人ともここまで来られた、だから誰でも変えられる、変えることが出来る、
 そういう場所を作ったし、これからも作っていく。

 うん。
 唐突すぎる2年後展開。
 否定的であったし、今をもってしてもこの「2年後」に至るまでの2年間を見たかった気持ちは100%あるけど、
 素晴らしいクライマックスをやれていますわ。
 もう完全にゴールへ向かって走ってるから、細々したことはもうヤボ。
 後はただ、見守るのみよ。素晴らしいゴールへ。期待しています。


斉木楠雄のΨ難
 無駄すぎるサービス?シーン、イラつくわ~w

 風呂・・・最近持病が悪化しつつあってどーにも安らぐものじゃないんだよなぁ。
 マジで効能とやらでこの持病が治るのならいくらでも行くけど・・・
 俺の持病、いつ治るんやろか。毎日毎日辛い。
 ネタ・笑い話にガチで出来ないレベルなんで、こういう触り方しか出来ないです。
 あっ命に関わることじゃないんで。たぶん。

 風呂はともかく、喧騒を忘れた、何もない空間で、何もせずゆったりしたいとはよく思う。最近。
 疲れてるね。当然だね。毎日半日も働かされてたらそうなるよね。
 

火ノ丸相撲
 正直、さっぱり分からん!!
 どういう投げ技になろうとしているのか、どういう体勢なのか、どういう攻撃だったのか、分からん!!

 だが、
 アツい!!!

 一度の負けの後、目に移ったのは自分が背負っていたつもりだった部員たち、
 ダチ高メンバー全員の技を巧みに織り交ぜ、自分の相撲をも織り交ぜ、
 百千夜叉墜ですらもサブ技のように繰り出し、
 天王寺のターンなんて知るか!という怒涛の勢いで今までの関わってきた全てと共に作り上げた、
 
 「火ノ丸相撲」

 アツい以外に何を語れば良いというのか。
 コレで終わりでも終わらなくてもドッチも構わん!
 アツいか、アツくないか。
 いや、アツい!そしてアツい!!!
 何がどーかとか細かいことはどうでもいいんじゃ!!!
 行けぇえええええええええええええええええええ!!!!


新連載構成
 まさかすぎる6連新連載ということで。
 「今世紀初」のアオリはウソではなく、俺のジャンプ歴20余年の記憶の中でも6連新連載なんて覚えがないわ。
 6連か~
 下がつまってきてたとはいえ、思い切ったねぇ。

 さて、そのラインナップは
 10号「ぼくたちは勉強ができない」 筒井大志
 11号「U19」 木村勇治
 12号「ポロの留学記」 権平ひつじ
 13号「腹ペコのマリー」 田村隆平
 14号「Dr.STONE」 稲垣理一郎&Boichi
 16号「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊


 というわけで。
 え~・・・ジャンプ本誌で連載作家が原作含め3人、ジャンプ+連載作家が1人、他誌連載作家が1人、新人2人
 すげーな。
 「べるぜ」の田村先生、「黒子」の藤巻先生、「アイシー」の原作・稲垣先生。
 一気に3人も大成功作家をリヴァイバルしてきやがった。
 その上「マジパテ」の筒井先生、ジャンプに来ちゃったBoichi先生、
 金未来杯の権平先生、で完全新人の木村先生。

 う~ん。すごいラインナップ。ジャンプの本気が伺えるわ。
 でもまぁ、どれもこれも読切からの昇格作じゃない、というのが気になる所だけど。
 田村先生とか「タイガー兄とドラゴン」でダメだったのかよ。アレずっと連載待ってたのに・・・
 権平先生も「幻獣医トテク」じゃねーし。1年以上やって、結局アレダメだったんかい。
 藤巻先生はこんなタイトルなのにゴルフなんかーい!

 ジャンルはそれぞれ、
 ラブコメ、ファンタジー、ファンタジー、バトル、バトル、ゴルフ って感じかね。
 ラブコメは「幽奈さん」と全面対決、
 ファンタジーに弱いジャンプに風穴開けられるか、
 バトルらしいバトル漫画最近ないしベテランとしての力を見せてほしい、
 ゴルフはとりあえず目指せライジングインパクト。
 こんな感じで。 
 細かい話は各々の新連載の時に。
 つか藤巻先生のだけ何で1号空くし。

 逆に終わるのはもう大体分かってるよね。
 「アマルガム」「デモンズプラン」「オレゴラッソ」の下3つと、
 どう見たって完結間近な「背すじをピン!と」、後はワートリ休載の読切枠・・・とプラスアルファかな。
 「火ノ丸」も下手したら終わりそうなぐらいクライマックスだけど、まだ数週じゃ終わらんやろ・・・?
 「青春兵器」はつい最近センターカラー貰ったからまだない・・・やろ?

 この「下」が消えることによって、そしてこの6連新連載が入ることによって、ジャンプはどう変わっていくのか。
 また「読むのが楽しみ!」と素直に思える「週刊少年ジャンプ」に戻ってほしい。
 今オレ、「さて読むか」って気持ちで読んでるからね。
 コレを言葉を変えるとこう言う。
 「惰性」
 


ゆらぎ荘の幽奈さん
 う~ん・・・・
 些か、いやガッツリ、「とらぶる」が過ぎるなぁ。
 
 そら本誌の「とらぶる」と言われて久しい今作だけど、
 リトさんみたいなあのパンツに顔ツッコんでくスタイルを、コガラシさんにはやってほしくないのよね。
 リトさんも大概紳士とはいえ、あの「突発性ハレンチ症候群」はやっぱりリトさんのユニークスキルだし。
 ちょっと今回のはヤりすぎですわ。
 ここまで露骨過ぎるエロっつーのは求めてないんだよなぁ・・・
 コガラシさん意識しまくり幽奈&千紗希ちゃんはひたすらニヤニヤしたから、
 雲雀もこういう方向性にしておくんなまし・・・

 でも青と白のボーダーパンツというのはすごく好きです。繰り返します。すごく好きです。
 千紗希ちゃん穿いてください(もはや性癖なんて隠すこともしない


青春兵器ナンバーワン
 酷すぎる1話だったwww

 こんなネタ、絶対最後は漏らすのが確定とはいえ、
 最初から一々ヤバくてゲラゲラ笑ってましたわw
 一切裏の無い委員長&アンヌが完全に悪魔でしたなw
 段々壊れていく零一と、別ベクトルで壊れていく北斗&ハチ最高w

 まだまだウンコネタで笑えるな!よし!!


歪のアマルガム
 今までの敵の集合体なサラの目的は人類総不老不死化ということで。
 死んでも死に切れない、死に飽きた、実験もアホほどしたし、元に戻ろうともしたけど、戻れない。
 六道の歩もうとしてる道をダメな方向に突き進んだ結果がコレか。
 なんやかんや六道は人間に戻るだろうし、それを見届ける形で逝くことになるのかな。
 そもそも死ねない相手をどう殺すのか、って話だけど

 全然絶対悪じゃなくて絶対悪厨としてはどーにもインパクトが薄いかなぁ。
 黒水のピンチも六道の推参も全然感情が動かなかったわ。
 六道、いつパッとするんかなぁ。


オレゴラッソ
 幡場がゴラッソ以外てんでダメなのはまだしゃあないとはいえ、
 ただのドリブルで躓き、ファール上等のラフプレー、潰れ役にしても美しさの欠片もなく、
 潰れるにしたって、本当に潰れてるだけで、「幡場だからこそ」感は皆無。

 う~ん泥臭いなぁ・・・泥臭すぎて華、もとい花の一つもなくてどーもテンションが上がらん。
 そろそろまたゴラッソが見たいな・・・


デモンズプラン
 たぶん最後の戦いだろうに、主人公の相手がただのモブで谷を崩した程度で終わりってどうなんだろう・・・

 ユースvsロブリオンも因縁の対決にも関わらず全然ドラマチックじゃないし、
 腕が2本増えた程度で絶望しないし。

 残当・・・・すな。


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 豆アニメ第2期とは、磯兵衛のサクセスストーリーはどこまで続くんや・・・担当ももう4人目とかすげーな。

 結構マジメに、天草四郎ってこんな感じだったんだろうなぁ・・・
 「何かと戦うぞー」とかさりげないけど、すごく精神を現してるよね。

 


 さて、今週のアンケは「新連載6連弾どれが楽しみ?」で。
 「どれも楽しみじゃない」とかいうマイナスなご意見は期待してないので外してます。
 6つもありゃあ、あれだけ連載作家いりゃあ、1作や2作、期待作品あるっしょ?ということで。



 俺ぁ・・なんだろうなぁ。
 「ぼくたちは勉強ができない」「腹ペコのマリー」かなぁ。どっちにしようかな。どっちも期待してるんだよな。
 





少年ジャンプ+ 1/23~1/29更新分

僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!
 マウントレディも大変やな・・・
 確かに女性ヒーローってあんまりいないし、出てくるにしても彼女ばっかりになってますな。
 ベテランのスタイリッシュ女性ヒーローとか出ないかね。
 ベテラン・・・女性・・・うっ頭が。


黒子のバスケ ReplacePLUS
 初々しいのぅ。
 黒子も火神もキセキもいないけど、こういうバックボーンはずっと見たかったですわ。
 狂犬だった日向とかそんな設定、忘れてたわw

 監督にあげるプレゼント、何だろう。
 スポーツショップの店頭に置いてある、色、フォルム、利便性があるけど高い、
 選手じゃなくても使えるバスケグッズ・・・?
 スポーツ全般に門外漢すぎて全然浮かばねぇ・・・


i・ショウジョ+
 コイン自体にはトリックはなかったんか。
 あのトリックも奪ったが故の技巧だったりするんやろか。
 とはいえまだブラッドロウのトリックには何かあるようだけど。
 コイン自体の特性でウンチャラ~というつまらない展開じゃなかったのは評価したい。
 筧もカッコいいかと。
 アプリは既に完全に関係ないんで、次話ぐらいで締めてほしいなぁ。


悪魔のメムメムちゃん
 よし、「メムメムさん」でまたイチから始めよう!
 俺に巨乳属性はないけども、「ちゃん」より「さん」であることは自明の理だわ。


鉄腕アダム
 わお。
 良い雰囲気のジェシー&へザーを見せてくれ、火星の姪の話で浮かれてたらそこで狙われるんかい。
 アダムもプルートゥもいない、襲う価値なんてないはずなのに、
 そこで火星を狙ってくるとは、敵さんも大概鬼畜ですな。
 その上、本格的に火星の人たちを始末する気と来たもんだ。

 間に合う間に合わないの状況ですらないけど、コレどうなるんや・・・


読切 アラフォー小学生大野木高助 (早坂ケイゴ)
 ガチで小4だけど、完全にアラフォー設定、結構面白かったわ。
 でも短ぇ。もうちょっと読みたかった。


読切 スパイズアフターライフ (山田理人)
 面白かったわw
 開幕のどら焼きネタから笑わせてくれ、シーザー暗号やらオレオレ詐欺の上を行く正信の存在、
 全ネタ面白かったかと。もっと読みたい。


読切 ハイリスクミッションセラピー (仲島歩)
 アホな設定だけど、楽しく読めましたわ。
 完全に振り切って描いてるから、なんか印象良かったw
 ロマンがつまってますな。
 図書館で本棚越しに揉むとは新しすぎるシチュエーションw
 でもちょっと長すぎるのと、絵が少女漫画すぎるのがマイナス点かな
 

魔喰のリース
 捕まった幹部皆殺しと思いきや、替え玉だったとは面白い展開。
 まぁ結構無能なこの王宮組に捕まるぐらいの幹部に存在意義あるのか、って疑問はあるけども。
 「魔喰」のことを知って、全部バレることまで折り込んで挑戦してくるのは良いんじゃないかと。


読切 10億キロのダイソン (田中空)
 画力は全然だけど、世界観が好きだわ。
 「漫画」というものをよく描けていたかと。
 育てたら伸びそう。


読切 イケメンデビルRucy (アナジロ)
 一転、画力がめちゃ上がった作品でビックリしたけど・・・
 読切漫画として完結していない状態でUPされた漫画に評価は付けられないっすわ。
 続きが「ルーキー」に載ってるのかもしれんけど、あんなブツ切りもブツ切りで終わる漫画に興味は既にないわ。
 

KISS×DEATH
 No5決着ったのか・・・?
 目下一番人間としてピンチな長峰自身を動かすことで、No5を無力化~というのは
 見たかった決着ではないにしてもスマートな決着だったかと。
 思えば今までの駒方、ひなのは「自分」の扱いがどうなるかなんて知らなかったんだものね。

 残り2人?も本体に問いかけたら進みそうだけど、そう安直にはいかないんだろうなぁ。


ムッツリ真拳
 キャラが存分に立たないまま新キャラをほいほい放り込むのそろそろやめちくりー


彼方のアストラ
 ルカのこのネタ、ウルガー限定になるのか、誰にでもやるのか・・・
 女性陣をからかうターンも見たい。


バイバイ人類 
 テルミット爆弾やべぇ・・・もはやテロやん。
 ホントつくづく、こんなにアホみたいに簡単に爆弾作れて、よく色々諸々規制されないよなぁ。
 いや、日本だけ・・・か?


新連載 阿波連さんははかれない (水あさと)
 水あさとって実力派作家だったのかw
 「デンキ街の本屋さん」「男三女四」「先輩、ソレひとくちください!」と読んでるけど、実力派・・・?
 いや、色んな誌面で成功してて実力はあるだろうけどもw

 ・・・コレ連載にすんのかよw 大丈夫か完全に読切で終わってるけどもw
 下品なギャグがあるわけでもなく、ちょっと不器用な阿波連さんがひたすらに可愛い漫画だったけど、
 そこはかとなく感じる変態性はこれからの連載に期待していいのかな?
 楽しみですわ。水あさと作品、好き。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ ONEPIECE 鬼滅の刃 僕のヒーローアカデミア 約束のネバーランド 左門くんはサモナー 背すじをピン!と 火ノ丸相撲 青春兵器ナンバーワン ジャンプ+

  1. 2017/01/29(日) 22:36:11|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<週刊少年ジャンプ2017年10号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2017年8号 感想>>

コメント

Re: カルドセプトさん

アイシールドはワタシも大好きでした。
稲垣先生がアメフトが好きであの作品が生まれたそうですが、
新作はどういったものになるんですかねぇ。楽しみです。
  1. 2017/02/12(日) 04:49:49 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ワンピ
 三つ目族はイレギュラー・伝説級の存在みたいですけどね。
 さすがに目=声を聞くとは全く思ってない、とだけ。

> ヒロアカ
 経営・広報面にオールマイトが弱いってのは納得ですが、
 その能力をデクが伸ばしても・・・感しかないので、
 真に対象を強くするサポートに特化した個性なり技術なり、みたいなのだといいですね。

> ブラクロ
 ファナは貴重な精霊魔法・サラマンダーの使い手ですし、このまま魔法失うことはないでしょう。

> ソーマ
 十傑は一人たりとて、他の誰かと協力しようなんて思えないんで、
 それを打ち崩すためにこの設定はアリに思えます。

> 読み切り
 手軽に映画・映像を作って何が悪いんですかね。理解出来なかったです。
 手軽に作っても、想いがあればいいじゃないですか。

> 新連載
 数打ちゃ当たるなのは否めないですが、
 連載経験作家4人(組)もいますし、
 何より今のジャンプには明らかに「華」がないですし、
 最近の新連載はお世辞にも面白くないですし、
 色を変えるいい機会なのでは、とワタシは好意的です。
 まぁ全部爆死したら目も当てられませんが、少なくとも3人は過去に実績があるので・・・

 ワートリワートリせっつくのはいかがなものかと。
 待ち遠しいのは確かにそうですが、ガチの病気でガチの治療中なのにせっつくのは嫌いです。
 どこかの腰痛サボり魔とは違うんですから。
  1. 2017/02/12(日) 04:48:20 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: 跳人さん

アストラを読んでから、跳人さんのコメントをザッと読んでまず最初に・・・

怖っ!!

今までも大概でしたけど、跳人さんどれだけ考察するんですかw
ワタシなんて「あぁイイハナシだった。シャルスがスパイ説もないかなこりゃ」ぐらいの印象だったのに、
アナグラムやら真のシャルスやらそこまで読み解きますかw
いやはや・・・読み込み度が本当にすごくて舌を巻きます。
いつもとても助かっています。

個人的にはヴィクシア王政地区の設定が濃すぎる点と戦争という要素が気になりました。
他のメンバーが小さく見えるほどシャルスの設定が濃いので、
確かに全部が語られた、これで終わり、とは到底思えないです。
  1. 2017/02/12(日) 04:47:32 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: カルテさん

> 背筋をピンとね
 全員が主人公というのは納得いきますし、実際そう描かれていますが、
 やっぱり「背すじをピン!と」の主人公は雅春&英里ちゃんなわけで。
 そこを主軸に置いた、彼らの成長っつーのはゆっくり見たかったですねぇ・・・ホント。

> BORUTO
 まぁボルトのアニメ化なんて連載始まった時点で確定のようなもんですからね。
 とはいえ今やってる漫画版は映画の焼き直し。
 それを一からまたアニメでやることに利点が感じられない以上、
 これから始まるアニメのコミカライズみたいな立ち位置になるんでしょうか。
 アニメは毎週、連載は月一でどう考えたってアニメの方がどんどん先に進むわけですし。
 まぁワタシもテレ東を見られる放送地域じゃない上、見れても見ないんですが。

 「前作の主人公が」問題は根が深いですね。
 ワタシも安易に前作主人公を弱体化させるなり、バカになるなり、次世代のために死ぬなりする展開は好きではないです。
 やっぱりどっしり構えて、どうしようもなくなった時に助けてくれるポジションが理想ですね。
 もしくは新主人公には一切関せず独自で動いているとか。
 ボルトはその辺、今回の掲載話だけでもナルトが弱くさせられてたんで、確かにダメでした。
 「ボルト」という作品だからボルトが活躍するのは当然とはいえ、「ナルト」あっての「ボルト」なのだから、
 ナルトを廃すのであれば、それなりの理由というものを見せてほしいですね。
  1. 2017/02/12(日) 04:25:29 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: 名無しさん

サポートありの真の「チーム戦」じゃないと十傑上位に勝てるわけないですからねぇ。
連隊食戟の負けぬけ戦というそもそものルール設定、間違ってますよねw
  1. 2017/02/12(日) 04:17:57 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

アイシールドが大好きだったからドクターストーンは楽しみです(^-^)/
  1. 2017/02/12(日) 00:02:41 |
  2. URL |
  3. カルドセプト #-
  4. [ 編集 ]

シャルスについて

今回の話は一気に気になることがたくさん出てきました

特にシャルスですが、隠している事はまだあると思います
で、さっき書いたセイラのアナグラムでシャルスの正体というか目的を推理します
ただしセイラのアナグラムが正しければの話ですが

シャルスの正体はクローンで本物のシャルスは年を取っている
過去のシーンは実はもっと昔で(何年前とは記されていない)ほとんどはオリジナルの記憶
おそらく、ザック父の研究している記憶移植とかでオリジナルがクローンに記憶移植した
目的はアリエスの保護・確認で養子縁組や転校はオリジナルの指示
話の流れから、序盤は現在のアリエスの姿がわかっていなかった可能性
映像記憶能力と目の色でシャルスはアリエス本人であると確信と見られる
実は偶発的な発見だった
オリジナルはB5班殺処分の計画を詳細を知らずとも知っていた可能性
つまりシャルスは刺客ではない可能性が高い

そしてアリエスの正体は…セイラのクローン…なのか?

という感じです
話が広がると好きな作品ほど考察しがいがありますね
さすがにジャンフェスで担当がNGを出すほど作者が今後の展開を言えなかっただけあります
  1. 2017/02/04(土) 20:20:53 |
  2. URL |
  3. 跳人 #-
  4. [ 編集 ]

追加

セイラに関してですが
ローマ字にして「SEIRA」
それを逆にすると「ARIES」
つまりアリエスと読むことができます

アストラのアナグラム手法は結構やってます
先の展開のヒントにもなりますので見逃してはいけませんね
  1. 2017/02/04(土) 08:18:36 |
  2. URL |
  3. 跳人 #-
  4. [ 編集 ]

彼方のアストラ

シャルスは貴族出身で母親は養母ですか
セイラはアリエスと雰囲気が似てる程度でフラグの一つと考えた方がいいですね

しかし、シャルスの発言で「なるべく色んなタイプの生徒をメンバーに含めさせる」というのは気になります
班のテーマ(フニシアとの共同生活)はともかくメンバー選びは無作為なはずです
やはりB5班は何か共通点があるのでしょうか

あとは戦争があったのも注目ですね
本編の時系列でちょうど100年前なのは露骨ですが気にはなります

で、次に気になるのはザックですね、キトリーの過去には出てはいますが
本人の過去は、はっきり出てはいません
特に、宇宙分野の研究をしたい理由が不明です

サバイバルが中間に入るのに、まだまだ謎が多いです
  1. 2017/02/04(土) 07:42:51 |
  2. URL |
  3. 跳人 #-
  4. [ 編集 ]

また失礼します

読み切り
最近の映画に対する酷評というか手軽に動画をネットで配信できることに対する批判としか思えなかったり
まあ一つ思うのはいきなり長編をやろうとすると失敗するってことぐらいでしょうか

新連載一気に6つ投入ってのは個人的に愚策だと思いますね
どう考えても数うちゃ当たるみたいにやってるようにしか
新連載同士でつぶし合うか全滅する光景しか見えなくて

それとワートリの復帰はまだ難しいってことなのかなって

魔喰
個人的にはローレルの第一印象は小者って思ってしまった
それともこの世界の貴族はこれが普通なのかって
もしかすると奴も敵という可能性があるかもしれません
  1. 2017/02/04(土) 01:25:20 |
  2. URL |
  3. Katari #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

ワンピ
新世界にはいろいろな種族がいるってのがよくわかりますね
ただ三つ目族の力というのは万物の声を聞くというのとは違うのかなと
何か普通じゃ見えないものが見えるとかでは

ヒロアカ
個性ってのは便利だけど不便でもあるのだというのがよくわかりますね
そして何より努力が大事だってことも

オールマイトも戦闘はできても経営とか広報とかそういった方向はからっきしだったぽいのでそういうのを助けてくれる存在は必要だったってことでは

もちろん今後を考えると出久も

ハイキュー
通常公式の試合と香でやってるオーバーサーブは素人じゃ向こうのコートに届かないことが多いんですよね
体育の授業でそれが身に染みてます

ブラクロ
ファナが魔法を使えなくなってるのが気になりました
これが一時的なものなのかそれともずっとなのか
後者だとすれば魔力をあの眼に奪われたとかでしょうか

ソーマ
サポート有りなのは十傑のほうも同じ条件ではって思いましたけどねえ
もし連中が協力し合えばそれこそ勝ち目ないんじゃって
ただまあ城一郎たちの例を見ると連中が力を合わせる光景は想像できないですね
特に司とか人に頼むとは思えない

ちなみに退学決定組は今どこで何をしてるのだろうかって
彼らも何か手助けとかできないのかなって

  1. 2017/02/02(木) 18:27:51 |
  2. URL |
  3. Katari #-
  4. [ 編集 ]

余談多めで

今回は新連載陣でテンションが上がったのでコメントさせていただきます。

背筋をピンとね
正直言って私もこのまま終わってしまうのだとしたら残念です。目次コメントでキャラ全員が主人公みたいにおっしゃっていましたが、それでも読者(少なくとも私)はつっちーに感情移入していましたから、これから始まると思われた、いわば修行後の苦闘奮闘が見れないのだとしたらなんだかなぁって感じですねぇ。

BORUTO
ネタバレにはならないと思うのですが映画のコミカライズは次回で完結と思われます
テレビ放送開始の1カ月前に終わる所を見るとアニメ放送前提の連載スタートだったようですね。テレビ東京系なので私には無関係なのですが、放送内容的には何をやるんですかね。映画の内容を薄めて2クール位やるんでしょうか。
ここから余談ですが、映画も見に行っておいてナンなのですが私、正直言ってこの作品が余り好きではないんです。
というのも私、このテの「前作主人公がすごく頑張ったけどやっぱりダメだった」というタイプの新世代物がどうにも受け入れられないんです。そういう意味でドラゴンボールの魔人ブウ編もダメなんですよね。
で、次次回位から漫画の方もオリジナル展開になると思うのですが、どうなることやら。今のままのペースでストーリーが続くのだとしたら第1話冒頭のシーンが描かれるのは、果たして何年後になるのやら

何か愚痴多めのコメントになってしまってすみません
それでは、また
  1. 2017/02/01(水) 23:19:09 |
  2. URL |
  3. カルテ #-
  4. [ 編集 ]

料理のサポート可
とか附田先生後から考えただろ、と邪推してしまいます(笑)
  1. 2017/01/30(月) 13:28:20 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2833-8a5f21a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR