幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<お知らせ>

8/12,13のシンデレラ5th SSAが楽しみすぎて辛い

週刊少年ジャンプ2016年38号 感想

どうも。約束を守らないことに定評のある管理人です。

お盆も明けて皆様、いかがお過ごしでしょうか?
週刊ジャンプの感想をいつも見ていただいている方々は2週間ぶりです。
ワタシと言えば先週の更新通り、盆なんてものはございませんでした
でもその分、今週、というか今、夏休み真っ最中でございます。
金曜から明日・月曜まで4連休。ヒャッホウ!
まぁどこにも行かずひたすら引きこもってるんだけどな!!
もっと早く4連休取れると分かってたら・・・二輪免許の教習か、沖縄旅行でも行きたかった。
まぁ妄想だけで終わるいつものパターンなわけだけど、いつかは実現したい。

で、はい。
もうホントウソばっか書いて申し訳ないんですけども、
先週更新の「ジャンプGIGA感想」ご覧になられた方はお察しの通り・・・
あの更新、ぜーんぜんやっておりません。
正直にぶっちゃけますと先週書いた時から、一文字も書いてないし、1ページも読んでおりません。
なーにやってんすかねわたしゃ。
平日はまぁ仕事してるから~と自分に言い訳してたけど、
金曜・土曜。なーにやってたんだ。
「最悪平日中に書けなくても日曜の本誌更新まで2日も休みあるからよゆーよゆー♪」
とあぐら書いてたらもう日曜だよ。もう本誌更新日だよ。ムリポ・・・
この計画性のなさ。我ながらヒドイっすな。

とはいえ言い訳ばかり書いててもすすまない、ということで。
先に需要がよりあるであろうこの本誌更新をしてから、先週の更新を追記していこうかと思います。
もうダメですわ。ホント。追い詰められないと本当に俺ぁなーんにもしない。
大丈夫です。今度は本気です。
どれぐらい本気かと言うと、この本誌更新をなるべく早く終わらせるために、
いつもは昼まで寝てる今日・日曜日は朝9時には起きてました。
おかげで眠いったらないけど、それも全ては自分のせい。キッチリ手をつけたことは最後までやります。使命。
なお、既に発売されている「ジャンプGIGAvol2」の感想についてはとりあえず保留ということで。
vol1の感想も書いてないのにvol2の話してもしゃーないっすわ。

ういじゃジャンプ感想でっす。
今週号は新連載とブリーチ最終回。
2作品目→ブリーチ飛ばして磯兵衛まで→ラブラッシュ→ブリーチ最終回 という順番で感想書いていこうかと。
書いてある順番はいつも通り掲載順なのであしからず。


週刊少年ジャンプ2016年38号
  表紙&巻頭カラー:ラブラッシュ
  センターカラー:ブリーチ、アカデミア


雑多
 Tシャツプレゼント、銀魂だけおかしすぎるだろw
 もう他が目に入んねーよwww

 JSAFにて何やら初アニメ化タイトルの発表があるそうだけど、
 次のアニメ化か・・・週刊なら「ブラクロ」「火ノ丸」「左門くん」ってトコかね。
 SQだったら何やろか。「この音とまれ!」とかずっとアニメ化待ってるけどどうなんだろう。
 作者的には「プラチナエンド」はアニメ化確実と見えるけど、アレ全然ストックないしなぁ。
 あの枠ってヤンジャン、グラジャン、ミラジャンも対象なんだっけか。
 だったらゴールデンカムイ、モンスガ、群青戦記・・・見たいもんは一杯あるなぁ。
 とりあえずテレ東じゃなかったらなんでもいいわ。


新連載 ラブラッシュ! (山本亮平)
 さて新連載。
 NEXTで読切があったものの、わたしゃ雑誌はジャンプ本誌以外はてんで門外漢なわけで、これが完全初見。
 「ラブコメである」ということしか知らずに読んで、もとい表紙を見て、最初にこう書こうと決めていた。

 「モン娘やんけ!」

 間違ってました。モンスター娘ばかりだけど違ってました。

 「とらぶるやんけ!」

 とらぶるでした。とらぶるの正統後継作品で出てきおりました。
 攻め攻めアクティブお転婆お嬢様とかそれ何てララ?
 
 というわけでココロロコロココ(声に出したら噛む、つか書いてても噛みそう)ちゃんは完全にララ・・・だけど、
 はっきり言って。作品として印象は悪くない。
 なまじ最近終わった某ジャンプ最長ラブコメがあの体たらくだった上、
 後継と思われた「幽奈さん」が最近本当に素晴らしくてジャンプのラブコメハードルは自分の中で上がってたんだけど、
 良かったです。
 少なくともこの1話は楽しんで読めましたわ。

 一番最初に何よりも。
 「女の子がかわいい」
 コレは圧倒的大正義ですわ。「幽奈さん」もあの超画力で女の子は可愛いけど、コッチもまた別の可愛いらしさがあるわ。
 シズクちゃんが顔も性格も好みすぎて辛い。
 何々?シズクちゃんは幼馴染の大人しいクール属性で、主人公の好感度は最初からMAX、相手も満更じゃなさそう?
 メインヒロインは金髪のお姫様で感情の起伏が激しくアクティブ系でいかにも勝ちそう? うっ頭が・・・
 と、冗談はさておき、シズクちゃんが好きです。はい。
 あとあのモンスター娘大集合の見開きは素晴らしかったね。
 山本先生の画力の上がりっぷりは素直に賞賛しようかと。女の子可愛い=ジャスティス!レディジャスティス!

 主人公レイジ君も「今のところ」男らしい姿が見られ、シズクちゃんに(1話だからとはいえ)告白しようとしたのは評価したい。

 1話としては とても満足でした。なるほどコレが読切なら評価されるのも頷ける。
 さーこっからですな。
 ラブコメの命題・主人公を好きになれるか、そしてそんな中どれだけ魅力的なヒロインズを出してくるか。
 ぶっちゃけ題材ダダ被りな「モン娘」「とらぶる」とどう住み分けしていくか。
 その辺に注目したいかと。
 表紙にいるヒロインズ範疇ではヴァンパイア娘が気になる。ツンデレ臭。
 巻頭カラーにいるヒロインズでは死神ちゃんが気になる。ヤンデレ臭。

 現在の大正義ラブコメ「幽奈さん」を打ち崩せるか。打ち崩さなくても両立するのか。
 一ラブコメ大好き人間として見させていただきましょうか。


ハイキュー!!
 なんのかんの合宿も終わりですか。
 5日間と見ると短いけど、その内容は日向含め、誰もが確実に成長した濃いものでしたな。
 ひとまずこの春高としては烏野の2人以外「終わった」メンバーたちの中、
 そういうのを全く感じさせず、真なる意味での「ライバル」であったことを高く評価したいですわ。

 ひたすら見ることに特化していた日向が全国でもその力を発揮出来れば良いなぁ。
 たまには客観的に、たまには俯瞰的に。ノヤさんとの交代の時とか見てほしい。


ONE PIECE
 かなりの実力者風だったウサギのランドルフ、クラッカーさんに普通にビビるぐらいのレベルなのね。
 どーにもクラッカーさんに脅威を感じないだけに、ガッカリでしたわ。
 ずっと寡黙に喋らなかった理由もないみたいだし。

 とはいえそんなクラッカーさんは8億の懸賞金っすか・・・またインフレが・・・
 こんなのが8億かよ。
 いくら四皇幹部とはいえ、七武海の誰にも勝てそうと思えないんだけど。
 手足を増やしていくタイプの能力者のようだけど、
 アニメオリジナルのモアモアの実とちょっと被ってるしまた残念なタイプかね。
 何にせよ、クラッカーさんには全く脅威を感じないんで、マジでサクッと倒してほしいですわ。
 本気でやるんだったら、最初からギア4で行くんですよね?


最終回 BLEACH
 重大発表とやらは実写映画化ということで。すこぶるどうでもいいですわ。何が重大なのやら。
 久保先生イチャモンつけてたんなら最後までイチャモンつけといてくださいよ・・・

 さて最終回・・・・・
 えぇ・・・
 俺この内容の最終回で感想書かなきゃいかんの?
 こんなのが最後のブリーチ感想になんの?マジで?
 久保先生だから、それなりに綺麗に終わらせてくれると期待して前回軽く流したのに、
 コレで最終回?ブリーチ終わり?END?集大成がコレ?コレで大団円のつもり?

 ガッカリです。最終回においてこんなことは書きたくなかったけどガッカリです。
 一護や井上、チャドに石田に、あと恋次とルキア。
 まぁ見せるべき主要キャラは見せていたでしょう。一護の息子とルキアの娘も出てきて、まぁいいでしょう。
 それで終わりかい!!!
 陛下の残滓のクダリ、絶対いらんかったやんコレ。息子が死神になる理由とはいえ、いらんやんコレ。
 ケイゴたつき水色(名前覚えてたことに自分で驚いた)いらんやん。全然出てこなかったくせに。
 出すなら他の本気で名前覚えてない連中も出せし。あのメガネの下ネタ女とか。

 えー・・・コレで終わり?マジで?続きのページないんか、と本気で探したんですけど。
 最終回単体で見るなら「ニセコイ」よりも「ものの歩」よりも他の打ち切り作品よりも酷いっすわ。
 何度でも書くけど、これが最終回?
 俺はこの最終回を最後に読むためにこの更新を書いてたわけ?はぁ・・・

 せめて最終回予想で上がってた「黒崎一護 ××歳。髪の色 オレンジ。瞳の色 ブラウン。職業 医者 兼 死神」
 ってアナウンスで終わってくれてたらまだ良かったのに・・・はぁ・・・

 実は「BLEACH」は終わってなんかいなくて、陛下も倒せてなくて、
 この最終回は偽りだったんだよ!「BLEACH」という物語そのものが陛下によって白く漂白された漫画であり、
 こっからは「BLEACHダークネス」が始まって、白くならされたものをまた黒く色づけていくんだよ!
 みたいなノリを期待して次のページめくったらもう火ノ丸相撲だよ。おぉう・・・

 全686話。15年ですか。長かったね。
 これもまた連載第1話から読んでいる印象深い作品ですわ。
 前作「ゾンビパウダー」が好きだったから、その作者の新作か!と喜んだのも覚えてる。
 死神代行編、尸魂界編、破面編、フルブリング編、千年血戦編、決別譚。
 なんだかんだ本当に、良くも悪くも楽しんでいた15年だったかと。
 ブリーチといえば、何と言ってもその「オサレ」さ。「オサレ」であり「オシャレ」であり、
 数多くの名言ポエムを生み出し、もっと多くの名キャラクター、名キャラクター名を生み出し、
 斬魄刀というワクワク武器、卍解という超絶オサレ覚醒技、ワクワクドキドキするバトル、
 間違いなく、「好きだった」漫画でしたわ。
 とはいえいつしか単行本を買わなくなったのも事実、辞めたのは・・・うん。破面編までですわ。間違いねぇ。
 それも結局は破面編のラスボスである藍染の倒し方が納得いかなかったのが原因ですな。
 藍染といえば、藍染の裏切りが発覚したシーンは漫画界でも屈指の見所ポイントでしたわ。
 当時何歳か分からんけど、あの裏切りは「ワンピ」のCP9の正体よりも驚いてた記憶がある。
 その後のバトル含めて尸魂界編は間違いなく良編でしたわ。
 フルカラーでの天鎖斬月のお披露目とか、「助けにきたぜルキア」とか名シーンだらけよね。懐かしい。

 破面編ではそんな尸魂界で戦った連中が仲間になってのvs虚。
 ここからいわゆる「ターン制バトル」が本格化したわけだけど、
 破面の十刃のキャラたちが結構魅力的だったのが良かったですな。
 声に出して言いたいアーロニーロ・アルルエリ、グリムジョー・ジャガージャック、バラガン・ルイゼンバーン大帝、
 作中最大のライバルであったウルキオラ、満を持して出てきた(無能だったけど)ヴァイザード、
 うん。やっぱり破面編、というか破面編中盤までは好きな漫画でしたわ。

 フルブリング編は月島さん以外の利点が何もないのでスルーとして、
 千年血戦編は・・・なんといっても主人公・一護の何もしなささが最悪。 
 後世に引き継がれるであろう、やられて、修行して、敵の前に推参して、攻撃放っての衝撃の一言「バカ避けろ!」
 アレは絶対に許せませんわ。お前は何をしにきたのかと、何が真なる斬月、何が二刀流、何が月牙十字衝かと。
 そういう意味では一護の能力がすっさまじくショボかったのも残念でしたわ。
 当時はそのあまりにものカッコよさとオサレさに狂ってたけど、「ただ速くなるだけ」の卍解て。ガッカリ感ハンパない。
 終盤だからとはいえ、終盤の卍解の派手さを見ろ。終盤じゃなくても千本桜のカッコよさを見ろ。
 究極的に「黒崎一護」という主人公が何もかもにおいてダメ、ダメであるということが晒されたのがこの編でしたな。
 おかげでネタにされる始末、そのくせ陛下には元ラスボスたちのサポートのおかげで倒せる始末。
 こんな主人公、応援しろっつーほうが無理ですわ。千年血戦編なんて倒れてた時間の方が長いだろ。
 一護を筆頭に卍解奪われるつってるのに卍解発動させるバカ共、卍解の説明してあっさり破られるアホ、
 ロクすっぽ活躍してないのに偉そうな口聞く小者、
 キャラクター単体では良いのに、その行動、言動でガッカリさせられることがとっても多かったですわ。
 そういう意味でのキャラクターの使い方は致命的に下手でしたな。

 なんや色々書いてたら長くなりすぎたけど、
 結局「BLEACH」作品としては好きな作品でした。晩節を汚したとはいえ、やっぱり尸魂界編は名作だもの。
 「次回作ご期待ください」とか「応援ありがとうございました」というアオリが何もなく、
 さも来週も続きそうに終わったのがすごく気になる、最後までスッキリしない話だったけども、

 お疲れさまでした。今までありがとうございました。
 良くも悪くも、この15年間楽しまさせていただきました。
 また帰ってきてほしいとは心から思って思っております。
 俺の中でジャンプ三大看板は今だって「ワンピース」「ナルト」「ブリーチ」だもの。
 たとえ2作品終わってしまっても、その栄光は色褪せない。
 ありがとうブリーチ、ありがとう久保先生。
 寂しい。


火ノ丸相撲
 ・・・ライバルっていいですわね。
 千葉県大会決勝の5試合は本当に全戦素晴らしかっただけに、
 その戦いで対峙した石高が、その悔しさを胸に、怨嗟を胸に、友として、強敵(とも)として、
 また戦ってくれる。
 その因縁は、まだ小関しかいなかった頃からの因縁でもあり、火ノ丸たちの原点。
 実に素晴らしいライバルっぷりですわ。
 火ノ丸のライバルは数いれど、ダチ高のライバルは後にも先にも石高しかないっすわ。
 こういうのを見て、改めてあの決勝がいかに素晴らしいものであったか再認識させられますな。
 すっかり当て馬にされてる金盛や、國崎の練習相手の佐田もまた成長が見れて嬉しい限り。

 一方で個人戦準決勝は草介vs天王寺という、たぶん現時点最強同士の戦いということで。
 いやあの・・・この戦いはそら超絶見たいですけども、
 草介とその前に当たってるはずの数珠丸さんは・・・?
 まさか本当にスキップされるとは思わなんだ。まだ見ぬ数珠丸さんの明日はどこに・・・


約束のネバーランド
 ふぅー!
 何やこの心理戦ホラー。めっさ怖いんすけど!!!
 と、思ってたらママまで「出荷」対象なんかい!
 安定して出荷出来てる間は命保証されてるけど~みたいな感じかい。

 いやはやママへの恐怖がエマたちと一致しててすごく緊張感ありますわ。
 んでもってエマ強いわ。すんごい強い。

 ターゲットは脳、というのはまぁそうでしょうな。
 じゃないとテストしてる意味ないし。
 脳である以上よしんば捕まっても逃げることは不可能。
 ともなると、それが一番合致しそうなのは誰よりも・・・ノーマンよね。
 あまりに目立ちすぎてる。そしてレイがあまりに目立たなさすぎてる。
 やっぱりノーマンは死ぬとしか見えないなぁ。

 もう続きが楽しみでしかないすわ。この感覚は久しぶりな気がする。


僕のヒーローアカデミア
 面白いやんけぇ・・・
 いや、普通にシンプルな対人バトルロイヤルなんだけども、
 1500人もいる上、みんなヒーロー志望、みんなそれなりの実力者とくれば、
 そら面白くないわけないですわな。

 他校の先輩も出てきて、士傑校共々ライバル校みたいだけどこれまたモブ顔だなぁ。
 もうちょっと「おぉいかにもライバルっぽい」みたいなキャラ出せないのかね。
 ちょっとあまりにA組マンセーが過ぎるんじゃ・・・
 真堂くんとか十中八九この試験受からんやろ。個性ねーし。

 つか仮免とはいえヒーロー試験にステインのヒーロー観を出してくるとは思わなんだ。
 その辺本物のヒーロー的にも触れちゃいけない話題なのかとばかり。
 しっかりその辺にも向き合ってるんですな。ちょい好印象。

 バトルロイヤルは結局は2点先取の100人先着。
 正直雄英で馴れ合ってることすらどーかと思うけど、まずは雄英潰し突破っすか・・・
 雄英潰しを逆に利用して、雄英勢がみんな通過したら嫌だなぁ。
 やっぱり全員合格は無理がありすぎるし。まずはモブ組からでも落としていってほしいわ。

 それが終わったら雄英同士での潰し合いも是非とも見たい。
 ヒーローになりたいなら、何よりもヒーローになるために、仲間ですら見殺しにしてほしいわ。
 リアルな現場ならヒーロー観問われるかもしれんけど、試験だし。他者を徹底的に落とさなきゃ。
 俺なら「「雄英潰し」潰し」をするね。みんなして雄英狙ってる後ろで狙ってるヤツを狙う。
 うーん鬼畜。ヒーローになれんわ。
 

ブラッククローバー
 ゴードンさんェ・・・
 ついにみんなに出番があった海底神殿でついていかず存在が本当に可哀想なことに・・・
 ゴードンさんにも今後出番あるんすよね?最低でもグレイちゃん並みの活躍が。
 はよ活躍してくれなきゃ名前忘れちゃいまっせ。

 久々登場の魔法帝はまぁ相変わらずのお人だけど、闇はなさそうなんで・・・
 ヴェットの死体とかちゃんと解剖されるんかね。どこかの死体使いに使われなきゃいいけど・・・
 ヤミさん28歳!?って前も驚いた気がするけど、たぶんこれからも驚き続けると思う。見えなさすぎて覚えられん。
 ヤミさん俺とタメとか俺あんなにおっさんじゃねーぞ。まだピチピチの17歳だぞ☆(おいおい

 新展開はダイヤモンド王国の侵略でなんか強いのが3人もキター!・・・と思いきや・・・
 金色の当て馬にされるのか・・・良いことなのか悪いことなのか。
 これまた久々登場のユノのシルフ無双が見られるのは楽しみ、かな。
 どれほど強くなってることやら。 


ワールドトリガー
 生駒さんこえーw
 何度撃たれても旋空弧月の威力も射程も恐ろしいっすわ。
 どう他と違うのかイマイチ分かってなかったけど、今回の解説でどうすごいのかもよく分かりましたわ。

 3隊乱戦で蔵内が落ち、ひとまずバラけたものの、いまだ戦火は留まらず。
 スナイパー2人もキッチリ仕事してる中一人空気なオサムがどこで出てくるかがカギですな。
 今は乱戦故、忘れ去られそうだしまたイヤらしいところにワイヤー張ってたらゲスくていいなぁ。

 千佳を狙うはカシオと隠岐だけど、
 確かに生駒さんは千佳斬ったらあかん顔してますわw あんたが千佳を倒したらアカンw
 生駒さん、よく分かってますわw 隠岐なら確かに許せる。


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 ただでさえ持て余してる雪丸に加えてもう1匹増やすんか・・・
 ワンコに罪はないとはいえ、マンガ的にはどうなんだろう。

 レシプロ運転やら無人島探索やらは面白そうよね。
 超インドア人間だけど、こういうのはやってみたいとずっと思ってるわ。超インドア人間だけど。
 あとこういう小さいセスナやヘリコプターの免許もいつか取りたい。空を駆けたい。
 最近カイトやらグライダーなんかも流行ってるし、あぁいうのでもいいなぁ。

 そういえば本編関係ないけど「こち亀ジャンプ」買いました。
 感想は書くつもりないけど。いや、GIGAも溜まってるのに書けませんて。


鬼滅の刃
 猪仮面、同期の鬼殺隊員やったんかい。
 鬼殺隊員にしてはファンキーだなーと思ってたけど・・・

 中身が鬼だと分かっていながら炭治郎を信じる善逸も、
 善逸にも、鬼殺隊員としても怒って猪仮面を止める炭治郎もカッコよかったですわ。
 そんな猪仮面にすら別ベクトルで怒るのもまた「らしい」ものだったかと。
 猪仮面は今のところどうしようもない荒くれ者だけど、
 実力は確かだし上手い具合に仲間になってくれたら良いんだけど・・・
 鼻の炭治郎、耳の善逸と来たら次は触覚ぐらいかね。


ゆらぎ荘の幽奈さん
 おい!!!!!!
 サブタイトルが「期末テストと千紗希さん」だから、
 「ヒャッホウ!また千紗希ちゃんの可愛い姿とラッキースケベが見られるぜ!ヒャッホウ!」と昂ぶったのに、
 どう見ても千紗希ちゃんは出てない上、どう考えても「期末テストと狭霧さん」じゃねーか!!!
 編集ェ・・・絶対に許・・・・

 おい!!!
 なんっやねん!!この狭霧さんのデレデレっぷりは!あぁ!?どないなっとんねん!!
 なんでや!なんであのツンデレの境地みたいなツンデレの狭霧さんがデレてんねん!!!

 素晴らしい。
 編集、許す。ミウラ先生のおかげやで感謝しーや?

 珍しくゆらぎ荘オールスター出演し、みんなそこそこ出番あってほんわかしてたのも束の間、
 こんな濃厚すぎる狭霧さん回見せられてニヤニヤせんわけなかろーもん!!
 なんやもうひたすら勉強してる夜々ちゃん可愛いとか、相変わらずの朧ちゃん可愛いとか
 隠れて勉強する仲居さん可愛いとか、こゆずが発明キャラにされてることとか全部吹っ飛んだわ!(呑子さんは正直興味がない

 今回何と言っても褒めたい所が、勉強に無心であるとはいえ夜々ちゃんが同じ空間にいるにも関わらず、
 あの攻め攻めモードだった狭霧さんと、それに対して羞恥してる狭霧さんと、自分の気持ちを正直に吐露った狭霧さんと、
 「可愛い」って言ってもらえてキュン死に抱擁した狭霧さんと・・・
 狭霧さんだよ!!!!!

 あーテンションおかしい。それぐらい素晴らしかった。
 あぁオマケみたいな扱いになるけど、ちゃんと狭霧さんを女の子として見てるコガラシさんもマジイケメン。
 ほんまこの人好感度全く落ちんわ~素晴らしい。


食戟のソーマ
 ですよねー

 正直、驚きという意味では皆無でしたわ。だってぜーんぜん出てこないんだもん。一人だけ。
 そら十傑になってますわ。むしろなってないことの方が驚きだったレベル。
 もう竜胆先輩と戦わないと分かった時点で、お察しでしたわ。
 他の十傑とやるには状況がアレだし。
 葉山も1年だから試験官はないんじゃね?説は結構あると思ってたけども。

 あとは葉山がセントラルに与してる理由だけど、
 あっさり言ってのけてる汐見ゼミ解体と、暫定席次とはいえ9席とはどういうことなのか、
 そんでもって何よりこの戦いが選抜のリベンジマッチとなり得るのか。
 その辺に注目しようかと。ようやくマトモな戦いが見られそうですな。
 勝つにせよまだ勝たないにせよ、北海道編の一つの山場、魅せていただきましょうか。


左門くんはサモナー
 えーっと・・・この漫画「左門くんはサモナー」で合ってる? 合ってるな。
 おかしいなぁ・・・すごくイイハナシに見えたんだけど・・・
 カス鮭とてばっしーとアンリとネビロス少将というゴールデンメンバーでイイハナシになるわけないんだけどなぁ。
 アレアレオカシイナ。

 いや、マジで良い話すぎてちょっとリアクションに困るわ。
 アンリのぼっちネタで笑いにくくなったじゃねーか。こんなステキな話されたら。
 「友達になって恋人でなくなる」がコレほど良い意味になる関係性はそうそうねーぞ?


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 開幕のゾノきゅんのスピーチ良かったっすわ。
 ゾノきゅんが本当に競技ダンスを好きになったのがよく伝わって、それをみんなに広げようとしてるのが嬉しかったわ。
 ゾノきゅんホント良いキャラですわ。また出てきてほしいですな本当に。

 今話はずっと別ヒート故空気だった宮大工君ペアと御木君ペアのお話ということで。

 宮大工くんは相変わらずの態度な中、雅春の声援に小さく手上げるのがステキだったり、
 まさしく「熱」が伝わる希薄のダンスをしてくれたり、殻が剥けまくってますなぁ。
 勝って、感動して、燃えて、柏さんを喜ばしたくて、青春してるなぁ全く!!

 一方の御木君はそんな宮大工くんに秘かな嫉妬心メラメラということで。
 あのベビーフェイスの中にもしっかりまた「熱」を持っていてまた好感度上がりましたわ。
 ターニャ含め最近ずっと大人しく、つちわたコンビの正統ライバルながらどーにも弱い印象だったけど、
 全然、そんなことはなかったですな。良きかな良きかな。
 あぁ勿論、可愛すぎるターニャの日本語、そしてド赤面も良きかな良きかな!!
 「オヤスミナサイ キヨト」で終わっておいても全然良かったのに、ページめくってのドキドキ表情にもう心射抜かれたわ!
 縦文字と横文字で外語と日本語表現するのホント好き。

 最強3組に負けないでほしい2組ですな。つちわたコンビが負けてしまった分、是非とも抗ってほしい。


たくあんとバツの日常閻魔帳
 なーにラブコメやっとんねん。
 いくら「ニセコイ」が終わったからって、幽奈さんも左門くんも背すじも・・・いっか。
 ラブコメ好きだし。許す。

 押せ押せ牛頭ちゃん、嫉妬の委員長、無意識嫉妬バツちゃんと3人娘のたくあん君争奪戦は良いものだったかと。
 完全にモノノケがオマケ扱いなのも今話に限っては良いですな。
 バツちゃんが勝負の結果を「保留」したのも良いオチだったかと。
 あと牛頭ちゃんが完全にデレてるわけじゃなく、脚だけは残してある、という扱いは評価したいかと。
 「その時」に実際にやれるかどうかはさておき、こういう妥協の仕方は面白いわ。

 ちなみにどうでもいい情報としては、ワタシャ「怪人赤マント」がトラウマです。
 ご存知「ぬ~べ~」の「A」が子供の時読んで怖くて怖くて仕方なかった。
 今は別になんともないけど、当時はコミックスで「A」のエピソードだけは読み返せなかったもの。
 最大のトラウマですわ。次いでメリーさん。アレも怖かった。
 あぁ「ぬ~べ~NEO」でリバイバル登場してきた「A」には色々ガッカリでした。


斉木楠雄のΨ難
 いやぁ斉木が翻弄される回は面白い。空助出てきて外れねーわ。鳥なんとかとは大違い。
 完全に当たり回でしたわ。

 開幕爆発から始まり、ミッション全部が面白く、それが対斉木にもなってるとは面白いっすわ。
 サイコメトリー酷すぎるだろw
 とりあえずポケモンGOはまだまだ全盛だよ。俺はインドア故やってないけど(マジです


銀魂
 ひっでぇwww
 いくら虚の前の前哨戦、些末な小童共が相手とはいえ、ウンコで勝敗決するなやw
 喜々がいつになくカッコよかったけど、最高に最低にカッコ悪かったぞw
 最終的に漏らすのはお察しだったけど、まさかポッと出新キャラまで漏らすとは・・・業が深い。
 コレが変態将軍家に関わってしまった報いか・・・w

 侍の最終兵器ハラキーリ、やべぇ。


トリコ
 セツ婆はいつ出てくるのかと思ってたらずっとシールド班かー
 セツ婆すらボロボロになる状況とか悲しすぎるけど、そんなセツ婆の希望がトリコとスターとはまた・・・
 もはや希望もクソもないんだよなぁ・・・

 ネオを吸収したアカシアには本当のフルコースとやらがあるそうだけど、
 ここに来てそんな設定出してくるんかい。そこに意味はあるんかねぇ。
 
 さて、アカシアvsミドラ。
 ミドラがいい感じにダメージ与えた所でトリコとスターのコンビ戦、
 最後は小松の中のフローゼ登場で親子勢ぞろいってトコかね。
 GODも黙ってないで動いてほしいなぁ。


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 磯兵衛もう200話もやってんのかよ・・・
 あらすじの進撃はどれもマジだし、すげーないつの間にか。いつの間にかすごいことになってたわ。気づかんかった。

 本編は・・・マジかよw
 4割徴収の休みナシっつーブラック藩なのに、あの銀シャリは確かに魅力的・・・
 どんどんサクセスしてってるなw 四郎殿パねぇ。


ジャンプ+金未来玉杯
 ギャグオンリーの金未来杯をやるそうで。
 今やってる8連読切も大概ギャグ、というかコメディばっかりなのを7作品まで読んで把握してるけど、
 金未来杯の冠を被ってるということはゆくゆく連鎖になったりすんのかね。
 正直連載にするならそんな8連読切トップバッターの大傑作「ハトトコネコ」を・・・(詳細は下の+感想にて
 これらは明日から毎日配信ということで、来週分の更新にて全作品触れていこうかと。
 つか「いいジャン!」で優秀作決めるって、だったらさっさとブラウザ版にも「いいジャン!」機能実装しろよ。



 作者アンケ、さすがに15年の連載を飾ったブリーチ最終回号。
 ほとんどが久保先生へのお疲れ様コメントで嬉しかったですわ。
 え~触れてないのは山本先生、ミウラ先生、沼先生、井谷先生っすか。
 新連載の山本先生はともかく、お三方ェ・・・義理でも触れろし。

 今週のアンケートは2つです。べ、別に先週やらなかったから2つやるわけじゃないんだからねっ!
 1つ目は「新連載ラブラッシュ、どうだった?」という「ネバーランド」を踏襲したアンケ、


 2つ目は「最終回ブリーチ、どうだった?」という「ニセコイ」を踏襲したアンケということで。



 新連載アンケートはこれからも続けていきますが、
 最終回アンケートは作品ごとによってワタシの采配で決めようかと。
 「ニセコイ」「ブリーチ」クラスならその格は充分たるものでしょう。
 ネタなかったら打ち切り組でもやるかも。
 「ラブラッシュ」の方は例によってシンプルアンケート、
 「ブリーチ」の方はやっぱりこう取るしかない、ということで各編ごとということで。
 ワタシは「破面編まで」です。迷わんわ。





少年ジャンプ+ 8/15~8/21更新分

僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!!
 耳郎ちゃんの着替えシーン、良い微エロ。
 スーパー銭湯組、中々面白い使い方。
 AEDの構造把握してる八百万ちゃん・・・
 常闇くんェ・・・
 葉隠ちゃんのエロ・・・・・なのかコレは?いつもエロいのか? ホントこの場合どうなんだw


読切 ハトトコネコ (かばた松本)
 いやぁ・・・
 なんか久々に「ワクワクドキドキ」したわ。
 すんごい面白かった。何コレ。コレが読切構成第一弾とかマジかよ。大絶賛しますわ。超面白かった。

 ハードボイルドなおっさんが主人公というだけで、たまらないものがあるけど、
 キティによって絆されていく課程、見えてくるハトさんの姿、冷めているホームレスたちの裏のアツさ。
 ただのヘタレじゃないマツゲ、何より最高のキャラクターしてるキティ。
 最後は快活にハッピーエンドで締めてくれて大満足ですわ。

 何でこんなにハイクオリティな作品がジャンプ+で小さい読切構成に組み込まれてるわけ?
 ・・・あぁ。
 62Pもあるからか。
 いや、読んでてページ数の多さはまーるで気にならなかったけど、なるほど。62Pもあったら本誌じゃダメだわな。
 NEXTやGIGAの読切よりもページ多いし。なるほど。
 とはいえ、無駄なコマや無駄な話、無駄なページは全くなかった印象だし、
 この漫画はこうあるべくしてこうなった、そんな感じですな。
 いやはや面白かった。かばた先生のファンになりましたわ。
 この人は確実にいつか連載取る。間違いない。改めて、滅茶苦茶面白かったです!本誌カモン!


黒子のバスケ ReplacePLUS
 なんという水着回・・・水着回なのにあんまり嬉しくないのは何故w

 いつものようにほぼオールスターだったけど、確かにモモトークしてるよりも面白かったわ。
 ボケとツッコミがキッチリ成り立ってると良いよね。
 

i・ショウジョ+
 ポケモンGO、そらアプリラブコメ漫画なんてやってるんだからネタにしますわな。
 この漫画がやらずして、どこがやるとまで言えるわ。

 サイレントで始まったから、そういう一編なのかと思ったら普通に喋りだしたのは残念だったけど、
 今回の主人公君・剣崎くんの気持ちは分かるなぁ・・・
 いや、プログラマーじゃないし、別に先輩にイビられて仕事させられたりはしてないし、
 ポケモンは最新世代までバッチリOKでポケモンは全然久々じゃないけども、
 ゲームが好きだからゲーム会社に就職しようと本気でしてたし。

 何より。「昔のように熱中できるゲームをしたい」。
 コレは俺の心の底からの願いだわ。
 今でも「デレステ」を毎日、それこそリリースから1年ほぼ毎日やってるけども、 
 コレは間違いなく「昔」の熱中とは違うもの。
 やっぱりね。ゲーム機を起動するというハードルの高さ。
 ゲーム専用機とゲームも出来る端末。やっぱり後者が勝っちゃいますわ。
 ようやく俺もそっち側の人間になって、「ゲーム機」というハードルの高さを思い知った。
 こんな人間になるとはね。
 あんだけゲームを愛していた俺はどこに行ってしまったんだろう。悲しい。
 こう書きつつ、出てくる新作ゲームの情報にブツクサ文句だけ垂れるだけして・・・・ホント悲しいわ。
 
 剣崎くんのポケモンへの再びの触れあいと自分への見直し、期待したいですな。
 全部俺にも返ってきそう。
 やっぱり歩くのタルいからってポケモンGO全然やってないのはアカンな・・・
 あぁ最近のポケモンの「ポケモン感」のなさは俺もどーかと思ってる。ずっと。大戦犯XY。


チア男子!!-GO BREAKERS-
 翔の闇が完全に取っ払われましたな。
 ちゃんとした話も出来るんじゃん。
 話としては「チアは応援するもの」という形で見えていたけども、良い奮起と復活だったのではないかと。
 確かに「おいおい大丈夫かよ」と思いながら見なきゃいけないチアは「チア」ではないわな。


悪魔のメムメムちゃん
 あらバラしちゃった。
 せめてバラすのは大家さんだけで杏ちゃんにはバラさない方向じゃダメだったのか・・・
 まぁボケ役・メムメムちゃんの天敵・そんでもってエロ要員ということで、立ち位置的には充分すぎるんだけども。

 胸にあそこまで拒否反応示すとは面白い絵面でしたわw


読切 こっち見て片山先生 (大宮嵐)
 ほぉ。
 堅物教師と自爆霊ちゃんのラブコメ・・・と思いきや、結構マジメな話で驚きましたわ。
 自爆霊ちゃんが先生に会っていたのにも関わらず死を選んでしまったことは残念だけど、
 自爆霊化してからのあのラブラブ光線を見ると・・・うん。やっぱり死ななくても良かったんじゃ・・・

 とかちょっと悲しい心持ちで読み終えようとしてたら、
 最後、イジメっ子とイジメられっ子が二人してデレてて今作の評価が上がりましたわ。
 いいね。ラブでコメってデレていくのはとても好き。
 正統派ラブコメもイケそうですな。


ラブデスター
 コミックス4巻はデジタル版だけって、
 こんだけ連載してて一向に3巻以降続刊が出ないから、「そういうこと」だとは思ってたけど、
 「そういう判断」になったのね。悲しいなぁ紙派として。

 今話はなんといってもカオル。
 事故とはいえ本気でするとは・・・ いやはや良かったのやら悪かったのやらw
 とはいえなんやかんや、美円の働きでキスしなくてもなんとかなりそう感出てきたのが不安ですわ。
 せっかくカオルがやれたんだから、ミクニやしのにもしっかり「本番」をしてもらわないと困りますがな。
 それがこの作品の何を意味するか、重要なポイントだけにここはかわさないでほしいなぁ。

 ミクニが壊れた?中、久々に神居やみむらにフォーカスが当たりましたな。
 神居はすっかりみむらとのカップルにさせられてたけど、しっかりしのへの矢印がまだ継続であって良かったわ。
 シリアルキラーの姿も見られそうだし、アイドル君をサクッと殺って、みむらとはまたフラグを立てつつ、
 でも矢印は俄然しのへ・・・という路線を期待したい。


エンペラーといっしょ
 なんか珍しい塗り方やな。夏休みの絵日記みたい。時世に合わせたんかね。
 甘えるエンペラーきゃわわ。


食べかけ福音計画~Dear Succubus Sister~
 ライバルはライバルを演じる完璧美少女っすか。良いね。
 真紘さんを巡るガチライバル路線が良かったといえば良かったけど、これもこれでアリ。
 とはいえ、内には本心で真紘さんを・・・・なんて娘なんやろ?

 水織の学校生活はなんとも微笑ましい限り。
 早速友達も出来そうだし、早速一姫に当てられて嫉妬&発情してるし、
 閉じこもってた時よりも断然イキイキしてますな。いいぞもっとやれ!


読切 CROWN (工藤篤大)
 うーん。
 サーカスとピエロという世界観は結構珍しく、
 そこに能力を合わせて違和感なく「ピエロ」を形成してるのはすごく良かったんだけど、
 フラムブルーの「敵役にされた」感が残念だったわ。
 それと主人公の「反発体質」はもうちょっと上手く使ってほしかった所。
 攻撃弾くんだろうなってのは分かったけど、それを最終的にきっちり芸に落とし込んだ姿が見たかったわ。
 
 あとは・・・画力はまだまだよね。真なる意味での「魅力的なキャラクター」には程遠かったわ。
 とはいえ、世界観はすごく良かったので、次回作に期待、ということで。


時間の支配者
 敵さんも大概能力バトルのテンプレートになってきたなぁ。
 毒生物の時間を食ったから毒を操れます、とは。
 まぁ一応「時間」という概念をまだキープしてるから良いっちゃ良いんだけども。
 
 爺さんの方は体そのものが計、ということで、そのおかげであんだけ機敏に動けるなら説得力はあるかね。


誰が賢者を殺したか?
 えっらいあっさりパスワード解けたな・・・
 まぁ漫画の構成上仕方ないけど、JOYの精神とJOYのパスワードの中、
 何より「You」の個人的感情の詰め合わせ、というのは中々美しかったかと。

 さて、ダーゲンハイム本人から語られる真犯人とは。
 ゾロの疑いは晴れるのか。魔王事件の真実とは。大きく話が動きそうですな。


読切 VRリハビリ少女ちゃん (松林悟)
 中々にキレてた作品でしたわw

 「VR」なんてタイトルについてるから、どんなVRっぷりを見せてくれるか期待してたから、
 その点においては残念だったけど、
 非常にテンポのよいギャグっぷりに結構笑えたかと。
 良い漫画でしたわ。短期集中でコミックス1巻ぐらい読みたい。


デッド・オア・アニメーション
 最後のセリフを決めるのが裏さんでも表さんでもなく純だというのは察した。

 けど、武田&上杉の戦国ファンタジーってそんなにキャッチーかなぁ。
 戦国ネタはもはややりつくされた感あるから・・・
 いや「群青戦記」のアニメ化は待ってるけども。


カラダ探し
 う~ん・・・
 なんか都合よく話が進みすぎてる感があるわ。
 美雪にここまで心開いてる理由が未だに見出せない。 
 そら美雪は心の底から美子も美紀も救おうとしてるのは分かるけど、
 それをあのバーサク赤い人が止まってまで~というのがどーも。
 さすがにあのキーとなった「涙」がそのままってことはなく、
 家族や大切な人を思う涙とかそんなんだとは思うけども。

 さてはて呪いを解く方法とは何なのか。
 美雪のあの表情からしてあまり穏やかなものではなさそうだけど、さっぱり分からんなぁ。
 「教えた場所」がどこなのかも注目ですな。
 放送室じゃないだろうし、カラダ探しで探せる場所でもないだろうし、どこやろか。
 そもそもこの学校自体に美子って関係はないのよね。通ってたわけないし。


読切 マッチョグルメ (成田成哲)
 なんだこの漫画www
 あぁ「マッチョグルメ」だわ。これ以上ないわこの漫画のタイトルとして。
 俺はこの漫画に対してどういう感想書けば良いんだw

 え~・・・・ラーメン食べたい。


フルチャージ!!家電ちゃん
 う~ん、新キャラ・ミリー、興味ないなぁ。
 巨乳属性っつーもんが本気でないもんで、惹かれる所がなかったっすわ。
 ケツ路線ならまだなんとか・・・
 溺れて髪が下がった姿は中々良かったけど、それだけじゃ弱いわ。
 準レギュラーなるんかなぁ。


フードファイタータベル
 無様すぎる戌野のあれやこれやは面白かったけど、
 まさかここからかもめさんが落ちるとは・・・
 応援されるとぶりっ子しちゃうとは難儀な体質やなぁw


彼方のアストラ
 ゆるい・・・
 隔週でこの内容、この構成の4コマはキツいな・・・


読切 冬春の仕事 (野本秀幸)
 ・・・中々オリジナリティ溢れる作品でしたわ。
 ヒーローモノでもこういう話があるんだなぁ。興味深かったっすわ。
 詠唱に特化したファンタジーバトルとは斬新。
 コメディ作品だから、怪獣との戦いがおざなりになるのはしゃーないすな。
 
 斬新さはあったけど、漫画的面白さはバトルモノとしてもコメディとしてももう一つだったんで、
 そこをキチッとしてくれたら面白くなるかも。


終末のハーレム
 本編よりも本編後の単行本宣伝アオリに吹いたわw 担当ノリノリすぎやろw
 本編もそういうノリでやってくれていいんですよ?
 火野様&担当官並みにはっちゃけてくれて。いや、それもう「ジャンプ」じゃねーけども。

 MKウイルスは人造ウイルスってのはまぁ・・・そうでしょうな。
 その前に「おかげで戦争なくなった」なんて会話もあるし。
 エリサさんはよしんば見つかっても消される存在なんでしょうなぁ。
 この話をどうエロにもっていくのやら。


天神-TENJIN- 音速の鷲
 ・・・鳥肌立ったわ。
 開幕の1Gごとの例だけでも10Gの恐ろしさは想像するのも拒まれるけど、
 そんな限界突破・死の狭間での漢と漢の最終決戦。
 イーグルにヒビが入っていくのが不安でもあり恍惚でもあり、
 本当に限界ギリギリでの勝利。
 素晴らしい戦いでした。本当に。また名勝負が生まれましたな。

 こんな戦いしといて、ラスボス・浜名相手にどうすんねんという不安もあるけど、
 今作なら大丈夫でしょう。
 名戦でした。天晴!


読切 TELTEL坊主 (さまさま)
 なんやこの漫画w
 「0721」が強調されてる時点からお察しの内容だったとはいえ、これまた・・・・
 嫌いじゃないわ。

 煩悩まみれのエロ坊主たち、誘拐犯じゃなかったお姉さん、なんだかんだ良いオトン、
 みんないいキャラしてたわ。
 息子ネタをここまで引っ張るとは、本当にヒドイ漫画だw



 とりあえず今回の読切8連弾構成は、期間内はこの7作品まで、ということで。
 第一弾の超絶ハイクオリティ傑作な「ハトトコネコ」もビックリなほど、後がコメディばっかりだけど、
 なんだかんだ楽しい作品ばっかりだったかと。
 もはやランク付けとかする必要ありませんわな。一強すぎて。というか比べることがおかしいわ。
 明日更新の加地君の新作は来週分の感想で、ということで。
 いやぁ「ハトトコネコ」は名作。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ ラブラッシュ! BLEACH 火ノ丸相撲 約束のネバーランド 鬼滅の刃 ゆらぎ荘の幽奈さん 背すじをピン!と 斉木楠雄のΨ難 ジャンプ+

  1. 2016/08/21(日) 22:12:24|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<週刊少年ジャンプ2016年39号 感想 | ホーム | 少年ジャンプGIGA 2016 vol.1 感想>>

コメント

Re: まるまるさん

> ブリーチ
 結局「倒し方思いつかなかった」んでしょうね。だから能力完全無効の矢尻なんて出したんでしょうし。

 一勇や苺花の続編はハッキリ、いらないです。つかやめてほしい。
 BORUTOは上手くやっていますが、基本子世代の続編とか大概晩節を汚すことになるので嫌いなんですよね。
 「子供はハッピーエンドの象徴」と思っているので、その象徴をまた戦わせるのがどーも。

 未回収の伏線やらはどうなるのやら。キャラブック補完、小説補完、単行本補完、色々ありますが
 補完することが多すぎて、捌ききれるとは・・・

> ニセコイ
 ごもっともです。
 「千棘と楽の物語」だったらアレでも良かったでしょうが、
 それ以外のキャラが全無視でしたからね。
 ハーレムエンドにしなかったことは評価したいですが、
 ハーレムモノをハーレムエンドにしないことの意味が分かっていなかったんでしょう・・・
  1. 2016/08/28(日) 23:48:31 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: ミッフィーさん

 いつも丁寧なご挨拶、ありがとうございます。励みになっています~

 関東の方は台風が大変だったようで。
 四国民としてはのほほんと過ごしていたんですが、中々すごい空間で読まれたんですねw
 いや、笑い話ではあまりないですが。

 暗闇で読むネバランは確かに怖そうですw
  1. 2016/08/28(日) 23:41:42 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: rakuさん

> アニメ
 JSAF=アニメフェスタですから、まだTVアニメのことを考えるのは些か時期尚早ですね。
 まぁほぼ内定みたいなもんですが。

 ブラクロをTVでやるなら、王都侵攻終了、白夜の魔眼の影・・・ってトコまででしょうね。どう考えても。
 火ノ丸はダチ高全国決定までで2,3クール、
 左門くんはいくらでも出来るネタなので・・・ということで。
 まぁ少なくとも「火ノ丸」はアニメにしなくて良いですが。好きだからこそ、イヤです。

> LR!
 途中まで被る・・・?何と?ラブライブ?という謎の疑問はさておき、

 「E-ROBOT」の時よりは全然期待出来る1本に仕上がってるのは満足でした。
 勝負の2話。どう出ますかね。ココロを掘り下げるか、早速新キャラ出すか。さすがに前者でしょうか。

> 鰤
 4,5年前がどこに当たるのかも分からないですが、千年血戦ではありそうですね。
 そこから進んだかといえば・・・うん、進んでないですね。

 同じく看板であった「NARUTO」があれだけ綺麗に終わったから、せめて「ブリーチ」も・・・
 と、ずっと思ってたんですが、そうはならなくてすごく残念でした。
 今でも「本当に終わったの?」という疑問に尽きません・・・

> ブラクロ
 えぇ・・・そんなに出てなかったんですか。
 むしろ前回出た時からそんなに話数進んでたんですか・・・

> ソーマ
 葉山も1年ぶりとは驚き。アニメで今バリバリ出てるんで、なんとも・・・・

 ソーマですら勝てるかどうかも怪しい相手に、タクミや田所ちゃんが・・・というのもアレなので、
 ガチ勝負になったとしても、理由付けて葉山が弱体化するんでしょうねぇ。
 反逆者を活かすために潜り込んでる展開もありそうですが、それだと助けられた方の株が・・・
  1. 2016/08/28(日) 23:38:34 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: カルテさん

> 実写化
 「るろ剣」「デスノ」という大成功作を並べられていますが、ワタシもアレは認めています。
 が、結局これらも「実写化」と聞いた時はなーんちゃ期待してませんでした。
 まぁ「デスノ」はバリバリアクションがある作品でもないので、
 そこまで酷いものにはならないとも思っていましたが。
 結局実写化の何が悪って、「リアリティ」なんですよね。

 漫画やアニメで「リアリティ」って別にいらないんですよ。勿論あっても良いですが、なくてもいい。
 ゴム人間、風の手裏剣、身の丈ほどの刀、念能力etc etc。
 リアリティなんてどこにあるっつーんですか。なくていいんです。
 だって、それが漫画だから、アニメだから。
 一方で。
 「るろ剣」は実際に日本であった明治という時代。本当に存在した人斬りという存在、
 もしかしたら出来るかもしれない緋天御剣流、そこまで派手に立ち回らないバトルというリアリティがある。
 「デスノ」はもうリアリティの集合体。「もし現代にデスノート」があったら、を体現しているわけで。

 「ありえないことをありえるように思わせる」、そうしてこれらの実写化映画が作られるわけですが、
 実写化とはつまり、リアルにすること、リアリティのないものもリアルにしなければならないということ。
 結局それを表現することが出来てないんですよね。
 「おぉ、俺たちがスズメバチの能力を身に着けたらこうなるのか」
 「おぉ、俺たちが巨人と戦うならこんな動きで挑まなければならないのか」
 「おぉ、俺たちが錬金術を使えるのならこんなことになるのか」
 それが、画面を通して伝わらない。
 だから無理やりをそれをやらせる絵面になり、あまつさえCGなんかも使っちゃって、「作り物」になってしまうんです。

 結局何が言いたいかというと、
 「銀魂」はリアリティあるからそこまで大ゴケはしない、
 「ブリーチ」はリアリティがないから大ゴケする、ってことです。
 斬魄刀自体の再現は出来ても、能力なんて絶対お粗末なものになるわけですし。リアルじゃないんだから。

 まぁそもそもの問題として、「この原作を実写にしよう」と思う企画の人間がクズなんですが。
 人気にあやかりたいなら、その人気に見合うだけの対価を出してほしいものです。
 よく「実写化は今のの顧客ではなく、新規の顧客を取り込むためのもの」なんて言われますが、
 ブリーチなんて原作終わりましたからね。新規の顧客もクソもないだろ、と。

> BLEACH
 どうなんですかね。一応完結したから「円満」と言いたい所ですが、どう見ても「打ち切り」なんですよね・・・
 どのタイミングで終了が決まったのか分かりませんが、もうちょっと上手く出来なかったのかと。
 15年もやってたのにそんなので久保先生自身良いのか、という疑問は尽きません。

 カルテさんの見限ったポイントはよく分かります。
 ワタシも「破面編まで」と書きましたが、グリムジョーまで、というのはよく分かります。
 ノイトラ戦でもん?ってなりましたし、ウルキオラ戦でも???となりましたし、
 スターク、バラガン、ハリベルの戦いは?????でしたし。
 まぁグリムジョーがそうでなかった、というわけではありませんが、まだ疑問は少なかったですね。

 主人公を真正面から好きって言える作品がいかに大事ですごいか、というのを最近よく学びます。ホント。
 そういう意味では最近はワンピもヤバいです。最近のルフィ、ワタシ嫌いですし。
  1. 2016/08/28(日) 23:28:40 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: もにゃらさん

> □新連載
 あからさまに「メインヒロイン」であるココロの押せ押せにどう対処するか、
 シズクちゃんへの気持ちをどうするのか、っつーのはキッチリしてほしいですね。
 別に納得さえ出来ればワタシは鞍替えしても良いとは思います。「納得さえ出来れば」。

> □ブリーチ
 よく言われますね。原作つけて作画だけやってろ、って。
 まぁごもっともだとは思いますが。
 個人的にはギャグやコメディ、「べルぜバブ」みたいな漫画を描いて欲しいな、と思っています。

> □ブラッククローバー
 幽奈さんとブラクロぶつけるとか何考えてんだ、と思ってたんですが、そんなにですかw
 チェックせねば・・・

> □鬼滅
 善逸の男気はカッコよかったですね。
 普通モードでもアレとは本当に見直しました。

> □ハーレム
 基本エロやってればOKみたいな漫画ですからね・・・
 テンポ速めたらヤることがヤれなくなるというジレンマ。
  1. 2016/08/28(日) 22:55:45 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> 新連載
 人外、宇宙人、UMA、何でもありなんで、
 ひとまず「妖怪」「幽霊」に限定されている「幽奈さん」よりはギャグ展開には持っていきやすいでしょうねぇ。

> ブリーチ
 話進むのは遅かったですね。
 リジェの足掻きとかジェラルドの倒れなさとか完全に無駄でしたし。

 個人的には久保先生にはなるべく早くジャンプに戻ってきてほしいな、と思ってたりします。

> ソーマ
 汐見とゼミを本当に見捨てたなんて思ってる読者はいないでしょうねぇ。

 「弱くなってる」 っつーのは数値的戦闘力があるでもなし、ないかな~と。
 「あれから強くなってない」ならありそうですが、葉山がそれでいいわけでは・・・

 美作はいつぞやのシーンで反逆組にカウントされていたような。

> ワンピース
 いや強いのは懸賞金だけ見ても分かりますが、「強そうに見えない」のが問題なわけで。
 あのナリで強くあられても、漫画的な意味で、キャラ的な意味でダメです。
 まぁそんなの魚人島やドレスローザで散々いましたけど。

 七武海の~と書いたとはいえ、ミホークに勝てるなんて1ミクロンも思ってないとだけ補完しときます。
 ミホークに勝てそうな人間なんて現時点でも中々いないです。それこそマム、カイドウクラスでもないと。
 カポネやヴィンスモークに至っては言わずもがな。

> 火ノ丸
 いやいや、個人戦で数珠丸は草介と当たる組み合わせだったんですよ?
 もう戦って、「負けてる」んです。不戦敗かもしれませんが。
 ダチ高と団体戦で戦うんでしょうけど、その前に草介戦をどうするか、楽しみだったんですけどね。

 頂上対決は川田先生なんでなんの心配もしてないです。
 この勝負の意味、分かっていないわけがないです。

> ヒロアカ
 デクにはもうちょっと野心を持ってもらいたいんですけどね。
 オールマイトが引退した以上、何より自分が次の「象徴」にならないといけないわけで。
 そこに恩情や同情があって、ヒーロー仮免すら取れませんでした、じゃ笑い話にもならないですし。

> ブラクロ
 あー確かにフィンラルの弟っぽいの、いますね。

 マルスは来たるべきサラマンダー使いのフアナが出てくる時に出てくるでしょうから、
 まだ時期尚早かな、と思います。 
 さすがにあのダイヤモンド侵攻に魔眼まで出てこないでしょうし。たぶん。

 マルスではないですが、煙魔法のロータスさんはいるっぽいですね。
  1. 2016/08/28(日) 22:49:16 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

38号

ブリーチ
商業的に大成功したと思いますが、漫画のまとめかたはひどいなあ。催眠、未来改変(藍染・ユーバッハ)のスッキリしない攻略がすべてを物語っているというか。
続きはSQやジャンプ+で・・・にならなかったのはよかったです。
 子供主人公の新ブリーチ(仮)で一度リセットしてサプライズで大人世代が出る漫画でもウケそうですけど(そんなもん連載するなら伏線を回収しろよといわれそうですが)
 70巻以上になった単行本では完全版ビジネス難しいでしょうし。
未回収の伏線等を満載したキャラクターブック的なものを出す可能性はあると思います。
映画公開前には(るろ剣のケースを考えると)読み切りor短期集中連載はたぶんやりますね。
  感想:剣八の卍解とやちるが何だったのか理解できなかったので10点満点中2点ということで。

ニセコイ
だいぶ前になってしまったので軽く。
読み切り→連載にあたり、ハーレム系複数ヒロイン投入がビジネスに必須だったのでしょうが、物分かりのよいマリーや小野寺さんが身をひいただけの決着(楽がそんなに苦悩しているように見えないし)作者が描きたいものを描き切った的発言をしてますが、描き切ったのは千棘と楽に対してだけでしょ。特に小野寺さんはあの数ページで前向きな人生歩んでます的に読者に脳内補てんしろというのが。あと最後ページのファーストキス的なノリはいらなかったです。
  1. 2016/08/28(日) 09:24:06 |
  2. URL |
  3. まるまる #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

また失礼します

ワンピース
まああれでも四皇の幹部だから見た目に反して強いのかもしれませんけどね
ただ彼らよりも七武海のほうが単体では強いのではないでしょうかね
七武海は政府公認だから懸賞金が上がらないだけで
ドフラミンゴとか軽く10億は超えてると思いますし
ミホークだって間違いなく実力は上でしょうし
そもそも個人的に見てもカポネとかヴィンスモーク家のやつらとか七武海より上には見えないですし

火ノ丸
ハイキューで言うと青城のようなポジションですかね石高は
どれだけテンプレでもこういうライバル関係ってのはいいなって思います
互いに高め合ってと

国宝については全然わからないですけど
その数珠丸を出さなかったのはまだ戦ってないか
団体戦の時まで隠しておくのでは

天王寺と久世の試合も読めない対決だと思います
それと同時に難しくもあるのではないかと
まあ心配はしてませんが
どちらが勝っても株が落ちないようにして欲しいですね

ヒロアカ
試験方式が勝ち抜けってのはまあ
あまりポンポンヒーローが出ても困るってことでしょうね

まあ戦術的には鬼畜な手段もありだろうし
ある意味ヒーローにはそういう苦渋の選択を下さなければならない時もあるのではとは思います
ただ個人的にそういうのが似合うのは爆豪だけだろうなって
出久がやるとやっぱりひきそう

ブラクロ
ちなみにノゼルがヤミさんより1歳上だったり
シャーロットさんはヤミさんより1歳下でそんなに年が変わらなかったりと

金色の奴らの中で現れた誰かがフィンラルの弟なのかなって
優男っぽい奴が怪しいな

後ダイヤモンドが攻めてきたってことはマルスもまた出てくる可能性はあるのかな
そして白夜の魔眼も密かに動くかもしれない

トリコ
ここからまた話膨らませるつもりかよって思った
  1. 2016/08/25(木) 23:01:48 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

更新お疲れ様です😌

お盆休みもほとんど関係なく、平常をうちのすぎました!

で、月曜日、あまりの暴風雨にジャンプの配送が遅れているのでは?との心配も杞憂に終わり、さて読もうかい、としたら!まさかの停電( ̄∇ ̄*)
BGMは雨風のみ、懐中電灯下で読むネバーランドのぶち抜きママのページに戦慄。手と心臓と時間が停止、、。

ブリーチの最終回の既視感とか、まぁいろいろあるけど、今週はすべてネバーランドにもっていかれましたです、ハイ(  ̄▽ ̄)
  1. 2016/08/24(水) 15:57:22 |
  2. URL |
  3. ミッフィー #-
  4. [ 編集 ]

着ることを目的にしてないのがちらほら

 話数的なキリの良さを考えるとブラクロでしょうか。1クールなら王都編直前、2クールなら海底神殿編直前まで出きれます。火ノ丸はちょっとそれがやりにくい。左門くんは流石に早い。


>LR!
 ↑カタカナで書くと途中まで何か被るのでこっちで。まどろっこしいとか言わないでください。
 本編。画風はそのままに画力が大分上がっています。血ヘド吐いた甲斐があったというものでしょう。内容としても、読み切りで見た時よりも面白く感じました。
 見開きで集まってた中から何人(人?)、どういう風に出していくか。出し過ぎるとワンパターン化しそうですが、ちょっとまだ方向性が見えてこないので次話待ちます。

>鰤
 正直言うと読んでたのは最後の4,5年位です。読み終わってみて何かその時から全然進んでへんかったなとか背景白いなとか(これに限ったことじゃない)色々ありましたが、面白かったのは事実です。画の方もちゃんと描くとこは細かく描いてあって、自分でオリジナルを描く際にポーズ、表情などの参考にしたことも多々ありました。
 何より15年もの長期連載、そして一時は(今も?)ジャンプの看板も担った作品の終了はやはり惜しいものです。最後は連載終了的な煽りもなく、コミックス告知もなく、この作品らしい終わり方だったように思います。といってもまぁ、映画公開直前的な応援企画として復活しないでもないラストではありましたけど(台無し)。

>ブラクロ
今回が74話、ユノが最後に出たのが確か37話。現連載期間の半分も出てなかったんか・・・。その間に制服(?)もらってるし、シルフの頭身上がってるし、何かダイヤモンド王国ご愁傷さま的な雰囲気がします。でもロータスさんいるっぽくて何か嬉しかった。

>ソーマ
 こっちは丸一年ぶりですよ。何か身なりから言動から典型的なかませっぽくなってるし・・・。しかし彼は出てきてる現一年の中では唯一の負けなし。強敵であることに変わりはありません。
 というか今回出てきた4人(えりな様除けば3人)は全員葉山が相手するってことになるんでしょうか。そこがどちらかというと疑問。
  1. 2016/08/24(水) 15:52:09 |
  2. URL |
  3. raku #-
  4. [ 編集 ]

繰り返しになりますが

お邪魔します
実写化について
BLEACHの実写化が発表されていましたが、銀魂の例が関係あるのか無いのか本誌での発表よりも前に発表されていましたね。
ラジルさんはお嫌いの様ですが私は実写化は、それほど反対ではありません。
「るろうに剣心」や「デスノート」とかは円盤を買ってしまうぐらいでしたからね。
と言ってももちろん全面的に賛成という訳ではありません。キャスティングの為に設定を変えたり、原作についてのリスペクトが感じられないのは当然ダメです。
しかし最近はCGも発達して映像表現としても見劣りすること無く(たまにありますが)見れますし役者さんも熱演されているので作品によっては見てもいいのでは無いかと思います。ただ、ついでに言うと今度斎木役を演じる山崎賢人氏は漫画の実写版の主役をやり過ぎだとは思います。

BLEACH
終わりましたねー。ジャンプ史上最も伏線を丸投げした作品としても名前を残すことになりました。結局の所、円満完結なのか、打ち切りなのか、私にはよく分かりません。
ただ、以前コメントさせていただきましたか、私的にはグリムジョーまでですね。
その後のノイトラ戦が始解の一護に負けた剣八の勝ちだったり破面最強のスタークが享楽の始解に負けたり、一護の虚化がウルキオラに全く歯が立たない、という強さのバランスが無茶苦茶になってきて、だんだん読むのが苦痛になり正直フルブリンガー編以降は完全に惰性で読んでいました。
結局の所、私の中ではBLEACHという作品は中盤まではすごく面白い漫画という評価です。そして、前号のニセコイと共に作品にとって(悪い意味で)主人公というのはとても大事なのだという事を教えてくれた作品となりました。かつてはハマっていた作品達をこんな風に書かなくてはならないのはとても残念です。
それでは大分長くなってしまいましたが失礼致します。
それでは
  1. 2016/08/23(火) 23:09:44 |
  2. URL |
  3. カルテ #-
  4. [ 編集 ]

□新連載

女の子がぐっと可愛くなってるな!
幼なじみ属性は無いんですが、シズクちゃんは良いですね。
主人公にはふらふらせず愛を貫いて頂きたい。


□ブリーチ

先生は演出力とハッタリ力は規格外ですが、構成力とかストーリー畳む能力は底辺だと思うんで、次は1話完結ものか、良い原作つけることを望みます。
何人、六車時空に呑まれて消えた事やら。


□ブラッククローバー

ギガ2号買ったんですよ。
そしたら幽奈さんとブラクロの水着姿ピンナップがついてたんですよ。
で、ブラクロのが幽奈さんよりエロかわいいかったんですよ。ええ。

ラブコメ回増やしてもええんよ?


□鬼滅

名は態をあらわすと言いますが、善逸の善人ぶりは常軌を逸してますな。
まさか心がよめるのに騙され、箱の中味が鬼だと分かってて守ったのか…

□ハーレム

テンポ遅すぎー!
あんなもんに気づくのに時間かけ過ぎや。
単行本の煽りは爆笑しました。

  1. 2016/08/23(火) 01:49:08 |
  2. URL |
  3. もにゃら #4ssAsxF2
  4. [ 編集 ]

失礼します

新連載
少なくとも画力では幽奈さんのほうが上でしょうね
ただこっちのほうはギャグに向いていそうな気はします

ブリーチ
まあなんだかんだいって15年連載したのはそれだけでもすごいと思いますし
こうして連載が終わるのは感慨深いです
作者にはお疲れさまでしたと

画力は今のジャンプの漫画家の中では高いほうだったと思いますが
話が進むのが遅すぎだったなと思います
特に終盤はなかなか敵が倒れないしダラダラし過ぎだったのが問題ありだなと

ただ久保先生にはゆっくり休んでほしいものです

ゆらぎ荘
明らかにタイトル間違えてるなって思いました

ソーマ
まあ汐見ゼミに関しては解体されたけど汐見さん自身の立場は以前よりよくなってる可能性はあるかもしれないですね
少なくとも彼女がないがしろにされてたら葉山とてセントラルには入らなかっただろうし

それと暫定ってのは多分今回の昇格試験でどれだけ成果を出すかってことなのではと

ただ個人的に今の葉山は選抜の時より弱くなってるかもしれないなと
セントラルに入ったのは見ようによっては保身にはしったとも考えられるし
もし汐見さんを見捨てたのならなおさらだろうし
創真に対して志が低いとかいうけど薊に従う形で十傑に入った葉山の志が高いといえるのかは私としては疑問かなと

そういえば姿見せてないといえば美作もだけど
まああいつが十傑入りはさすがにないか
  1. 2016/08/22(月) 19:44:38 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2809-23cd07af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (669)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR