幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません


週刊少年ジャンプ2016年34号 感想

どうも。また一つ年を取りました。28歳でございます。
誕生日は0721なんですけども、特にオカン以外のリアルの誰からも祝われることもなく、
寂しくて誕生日アピールを遠まわしでツイッターでしたものの誰からもリアクションがなく、
会社に行けば誰にも知られてないから祝われないのは当然として置いとくとして、
仕事で久々にポカやらかして盛大に怒られて心が沈んだ、そんな誕生日でございました。
もう年を取ることなんて負け惜しみでもなんでもなく、「どうでもいい」ですわ。
むしろこんな精神年齢が永遠に中2のガキがどんどん年齢だけはオッサンになってることが、
世間に対して悪い、とまで思ってる
卑屈さ。う~んネガティブ。あ、いつもだった。
あぁこうやって書いてあるから「しゃーない祝ってやるか」とかそういうのは結構です。
誕生日終わってから祝われる悲しさ、分かりますか?絶対にやめてください。
コレはワタシが如何にリアルでもネットでもコミュ力がないかを明示した愚痴ですので。

さて、悲しい話題はさておき、楽しい話題へ。
配信されましたな。「ポケモンGO」。
連日ニュースで取り上げられ、あのNHKも取り上げ、ツイッターのトレンド独占して、
新聞では一面に取り上げられ、内閣府からも注意喚起の広報が出て、任天堂の株が爆上がりして、
配信は金曜10時だったということで、お前ら働けやと言わんばかりに大盛り上がりで、
普段ゲームのゲの字も語らない会社の先輩たちがみんなDLしてプレイしてて・・・etc
一ゲーマーとしてとても嬉しい限りでしたわ。
任天堂の作ったゲームではないけども、任天堂がこうして盛り上がってるのは嬉しい限り。
かくいうワタシもDLしてプレイしてみたんですけども・・・
アカンわ。
こんなの歩きたくなるに決まってるやんけ!!

歩くのなんて家からバイクまで、バイクから社内まで、社内・トイレ往復ぐらいしか「歩行」をしない俺だけども、
アレは歩きたくなる。
歩けばスポットが、歩けばポケモンが、
かつて俺たちポケモン初代直撃世代が夢に見たことがいよいよ現実へ。
こんなの滾らないわけないじゃないすか!
AR。その技術はもう完全にVRに取って食われ、話題もPSVR一色だったゲーム業界だけど、
風穴を見事に開けましたな。いやはや、ホント一ゲーマーとして嬉しい限り。
まぁ家に帰ってきたら田舎ゆえ、スポットもポケモンもいないんだけどな!
チマチマやっていこうかと思います。ちょっとでも引きこもり脱却へ。

ういじゃ今週のジャンプ感想です。
先週のアンケ「ジャンプGIGA感想」は7月~盆までテキトーに、という回答が多かったのでそれにしようかと。
まぁ平日は絶対に無理だし、土日も無理だし、明日からは出張だし、出来るわけないですわ。
盆までにはやります。盆は今年は友人たちとの小旅行もないし(寂しい


週刊少年ジャンプ34号
  表紙&巻頭カラー:ワンピ
  センターカラー:アカデミア、ブラクロ、左門


雑多
 前号に引き続き、「ワンピ GOLD」の特集号ということで。
 ワタシも公開日の昨日・土曜に見てきました。感想は・・・とりあえず書きます。この更新で。
 後書き終わりのジャンプ+感想の前にでも書こうかな。

 2千万の純金ルフィ像とはすごいな・・・あんだけの大きさで2千万もするんだ・・・

 毎年恒例スクラッチプレゼントの景品、びみょーやな・・・
 欲しいものがねぇ。ネタ枠すぎる燃堂のマウスパッドはちょっと欲しいけどもw

 こち亀コラボでキティさん・・・もはや何も言うめぇ。
 寄稿は尾田先生・・・ってまだ描いてなかったんだ。そこに驚いたわ。
 「ジャンプとはこち亀」って言えるのは良くも悪くも尾田先生だけやろうなぁ。

 いきなりフリーザ様のアップに何かと思ったがな(ジャンプBOOKストア


ONE PIECE
 前言撤回。
 「親父も兄貴たちもレイジュさんも弟も、悪い人に見えない」と書いたけど、
 揃いも揃ってクズばっかだったわ。
 つか男4人は四つ子かいな。普通に兄弟関係なのとばかり。
 あのサンジを虐げてたとなっちゃあもはや同情の余地も和解もクソもねーわ。
 こりゃコイツらもまた潰れるべき存在ですわ。
 なんやかんや良い人たちなんじゃ・・・と考えてた自分が愚かだった。ここまでクズとは・・・

 つかサンジが今回何度か口にした「ビッグマムの招待状」だけど、
 このクズ一家はともかくとして、結婚破談にしてルフィたちやバラティエのことを気にしてないのが気になるわ。
 ルフィたちもまぁともかくとして、バラティエの人質の件ってまさか流されるんじゃ・・・
 サンジのマムへの謎の信頼が気になるなぁ。


食戟のソーマ
 まーたちみっこい作戦で反逆者淘汰ですか・・・
 ちみっこすぎて全然テンション上がらないし、ソーマたちも全く焦らないしで、
 何を楽しめば良いのかが全然分からないですわ。

 生徒自身で食材調達=個人によって作るものが違う=セントラルの教えに反するで、
 セントラル()としても崩壊してるし、このクソ審査員たち、さっさと消えてくれないかな。
 純粋に不快でしかないわ。叡山や楠連太郎さんとは全くベクトルが違う不快さ。

 麺の正体とか心底どーでもえーわ。
 じゃがいも刻んで麺状にして、それを「麺です」とか言い出さなければそれでいいわ。
 もうちょっと盛り上げようぜ・・・漫画としてこれっぽっちも面白くないぞここ最近。


ハイキュー!!
 ユース怖っw

 三強の一人・サクサはともかく星海やらライバルセッター・宮さんやらみんな怖ぇわw
 さすが実力者たち、その研鑽たるや・・・ってことだけども、
 星海のあの俺様系の性格には驚かされましたわ。
 この連中が春高で君臨すると思うと滾るけども。

 続いてはまたウシワカを止めた?2人、ということで。
 月島から率先して動くとは・・・何が起ころうとしてるんです?


ジャンプGIGA予告
 もう2号の紹介ページが出てきたけど・・・
 ブラクロ×幽奈さんの水着ポスターって、田畠先生、そんなのにノるなよ・・・

 別天先生の久々の漫画は楽しみ。
 
 左門×おそ松は・・・やめてほしいな。

 結局NEXTの住み分け全然出来てないよねこの雑誌。
 

僕のヒーローアカデミア
 あぁやっぱり「必ず殺す技」じゃなくて「ゲーム的必殺技」の方なのね。まぁそりゃそうさね。
 既に必殺技がある人、ない人、自分が勝つ・優位になれるための勝ちパターンということで、
 「必殺技ってこんなもん」を良い意味で鍛えてて感触は良いかと。
 普通な尾白くんは例によって可哀想だけど。

 デクはまず「安定」ということで。
 子供のころから憧れた必殺技案があるわけでもなし、
 すぐさま怪我しない身体作りが無理な以上、安定した出力維持か・・・地味すなぁ。
 主人公が一番地味とは。

 オールマイトの「倣おうとしてる」はそのまま、「オールマイトになろうとしてる」んでしょうな。
 思えば結局デクの個性は強化率を上げてぶん殴るみたいなのだけだし、
 オリジナリティもクソもなかったけど、ヒーローオタクのデクならではの新必殺技っつーのは大切ですな。
 オールマイトに倣うんではなく、オールマイトをも越える心境でいてもらわないと。
 次代の平和の象徴としては。

 その第一歩がサポート科のサポート器具っすか。
 発目ちゃんの発明グッズは体育祭でも役立ってたし、未熟なデクとしてはまずまずの方向性かね。
 お茶子とのヒロイン格差?も期待したいw


ゆらぎ荘の幽奈さん
 ちょっとヤりすぎじゃないですかねぇ・・・
 こう書くと些か御幣があるか。
 ちょっとやりすぎじゃないですかねぇ・・・  よしっ(この一字にはかなりこだわり持ってます

 水着&海回ということで肌色満点で大変目に優しかったですな!
 エロコメディここにあり、というものを見せてもらいましたわ。
 都合よく女子の水着しか剥かない触手さん、GJ!
 千紗希ちゃんは前フリがあったからまさか残念水着じゃないかと震えたけど、
 正統に正常に正当であってくれて何よりだったかと。かわいい!
 でもまさか千紗希ちゃん、オール肌色になるとは・・・いや白黒なんだけどね。アレは肌色でしょうが!
 コレカラー版とかマジで大丈夫なのか?w
 
 出す必要を全く感じられない新キャラのたくみん・・・・もとい芹ちゃんはなんとも。
 幽奈を知ってるキャラ増やすにしてもうららさんだけで良かったんじゃね?

 千紗希ちゃんのコガラシさん好感度上げ作戦どうなることやら・・・
 肝試しでもやんのかね。


火ノ丸相撲
 え-っと、「ゆらぎ荘の幽奈さん」っと・・・
 今号は2話掲載の上、連続で載るんですなぁ。あれっでも幽奈さんもコガラシさんもいねーな。
 なんか相撲してるな?
 アレ?でも・・・ラブコメしてるから、これ「幽奈さん」よね?
 ジャンプにラブコメって「幽奈さん」と死に体の「ニセコイ」しかないものもね?
 「左門くん」はコメディだものね?
 う~ん、おかしい。相撲をしてるなんてまるで俺が超好きな「火ノ丸相撲」みたいじゃ・・・・

 ・・・・

 ・・・・え?

 な-に、ラブコメしてんねん!!!
 そらコッチだってレイナさんみたいな呆気顔になりますがな!

 ダチ高をここまで導き、みんなを繋ぎ、みんなを受け止める火ノ丸がいることへの安心感。
 だからこそ強い。もっと強い。というのはすごくアツいし燃えることだけども
 今話に関しては完全に相撲がオマケで兜山高校が可哀想でしかなかったわw
 クソ・・・元来のラブコメスキーの血が騒ぐ・・・
 ニヤニヤしてしまう・・・悔しい!(ビクンビクン

 いい加減冗談はさておき、ついに語られた堀ちゃんの想い。
 白楼のスパイじゃないかとか、火ノ丸と見せかけて小関やユーマさんなんじゃ・・・とか
 色々勘ぐられていたけども、ド直球ストレートに火ノ丸への矢印でしたか。
 つか1話のチカン女子高生、マジで堀ちゃんやったんか・・・
 堀ちゃん可愛ぇやんけ・・・メガネおさげ女子とか全く守備範囲外だけど、可愛ぇやんけ・・・

 レイナさんライバル宣言もされた所でヒロイン戦争も盛り上がって参りましたなw
 まさかこんな所での戦いも始まるとはw 
 脱線話はここまで。
 堀ちゃんの見つけた天王寺戦の問題とは。天王寺の弱点路線なのか火ノ丸の弱点路線なのか・・・
 もうこの団体戦も上位戦に入る頃合だろうし、天王寺以外へ向けての対策にもなるものだったら良いなぁ。
 

ブラッククローバー
 小説版との続き絵ってのはよく見るけど、単巻でなるべく完結させる絵じゃないと違和感が・・・
 7巻の方、右上に剣先だけあるのはちょっとどーなの?

 アツいやんけ!!!
 「・・・勝ったー」「と思ったか?」は正直読めていたけど、
 あんだけ絶望展開ながら、それでも絶望しない。してる暇ないという脳筋一直線は評価分かれる所だろうけど、
 俺は好きだわ。ちょっとは折れて欲しい感あるけど、もう今回でアスタはそういうのがない、ということで。
 これから先もアスタはこういうキャラで行かなければならないというのはキツそうに感じるけど、
 田畠先生がそう決めたのならもうそこに従うしかないわ。この脳筋一直線に。

 二つの剣の力でついにヴェット打倒。
 最後はヴェット自身がアスタに絶望を感じて敗北というのは美しかったですな。
 どうせなら宿魔の剣の力でエレメントアタックしてほしかったけど・・・この設定忘れてねーだろうな?
 

ワールドトリガー
 王子隊がかなりマトモな中、生駒隊・・・というか生駒さんw
 いや、変なあだ名つけてる王子さんも大概と言えば大概だけどもw
 戦略としては特にトリッキーな感じでもないから、始まってみないとなんとも言えないっすわ。

 一方で語られたヒュース入隊の続きの話だけど、
 なるほどまだあったのねこの話。もう城戸さんが認めちゃったからアレで終わりかとばかり。
 ヒュースをボーダー・玉狛に入れる意味、アフトクラトルに着いてからのヒュースの処遇、
 城戸さんもオサムも全部折込済みだったわけか。な~る。
 もはや城戸さんの気持ちとかどうでもよかったのね。千佳さえ連れて行けれればなんでも。
 ちょっと残ってた遺恨が大分すっきりしたかと。

 さてランク戦。国近・当真・ゾエとボケボケトリオ解説で面白い中、また楽しみな戦いが始まる。


鬼滅の刃
 善逸、酔拳、もとい睡拳、もとい睡剣使いかよw
 まさかすぎる強オーラにコッチとしてもビックリでしたわw
 それでいて戦果を正一のものと思うとはw 愛すべきバカですなw

 猪仮面も「獣の呼吸」とか言い出して、やっぱり別機関の鬼斬りのようで。
 やっぱり仲間になるタイプとは思えんけど、善逸よりは頼りになるかな・・・善逸よりは。

 そんで鼓の鬼さんは元十二鬼月と来ましたか。
 鞠・矢印使いより強いとはとても思えんけど、「下陸」ってことは6?7?
 それぐらいと思うとかなり強いなぁ。
 いいね。テンポがよくて非常に良い。炭治郎戦も楽しみですわ。


左門くんはサモナー
 鍛え抜かれた鉄板のような胸板・・・

 アガっち司令・・・あなたも不憫枠かw

 夏らしい夏祭り回ということで・・・大惨事やなw
 あの不良共しかアレな目に合ってないとはいえ、ほぼオールスターで夏祭りとは酷いw
 久々にアンリが目立ってて、クズカスコンビ最高潮、ぼっちバトル、残念盛り塩・・・
 でもって女の子の浴衣がみんな可愛かったのは高く評価したい。
 黙ってればヤーさんも平胸も輪ちゃんもみんなめんこいのぅ(おっさん

 花火上がってイイハナシになったかと思いきやアンリ&ルキフグスェ・・・w


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 頑張るゾノめぐ組、ガッツに痺れるひらりん、まだまだ盛り上げる咲本さん、滾る選手たち・・・
 徹底的にその存在を薄くして、薄くして、大きく会場が映る場面で恩何故か映らなくて、
 「主人公って誰だっけ?」状態にしておきつつ・・・大爆発!

 分かっていながら、見事な必殺技の炸裂っぷりでしたわ!
 もう変な笑い出ちゃったわw
 いやはや、今まで、溜めに溜めた甲斐ありましたな。
 全てはこのために、この一瞬のために。

 素晴らしい。なんか感動しちゃったわ。
 あの咲本さんですら仰天するのを雅春たちが繰り出した。いやはや・・・アツい!


トリコ
 GOD&八王様の一斉攻撃をもたやすく凌ぐとかもうヤだ・・・・
 八王様が、バンビーナ様やヘラクレス様があんなに子供のような扱いなんて・・・
 ついに真の正体を現したネオは実に不気味だけど、強オーラは全然ないなぁ。

 そんな強オーラが全然ないネオ&アカシアがビビるほどのトリコの第3の鬼にヒきつつ、
 ついにアカシアとネオ分離。
 マジでどうやって勝つ気やねん。
 完璧な調理が終わったGODを食べたトリコ第3の鬼が無双すんのか?
 トリコの活躍とかマジでどうでもいいなdけど・・・


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 戦車話だからまたガルパン関連かと思いきや、そうじゃなかったか・・・
 まぁ市街地模擬戦、被弾した所が観光地に~なんてのはガルパンまんまだけど。

 さすがにアニメ、それこそガルパンを実写化なんていくら戦車を用意されても御免こうむりたいけど、
 それを度外視した重厚な戦車戦は映像で見たいなぁ。
 アニメであんだけ面白かったんだもの。実写だって面白いに決まってるわ。
 そらスパイクアタックとかあぁいうのは漫画的要素だけども。


たくあんとバツの日常閻魔帳
 委員長はイジメられっ子の余波でイジメか・・・
 そんな世界もあるんですな。
 そんなイジメられっ子を少しでも恨んでしまったということで、
 中々良い動機だったかと。
 姫宮さんの話題はもうちょい早く出してほしかったけど。

 同窓会名簿ねぇ。そもそも同窓会すら開かれてないのか呼ばれてないのかでトント後無沙汰だけど、
 同級生の中に死んだヤツらもいることにはいるんだろうなぁ。
 その辺の事情、そもそも今現在何してるのか等も全く知らないんだよね。
 さすが友達少ないことに定評のある俺。
 今何してるのか互いに知ってるのなんて高校の親友1人だけだわ。俺が「親友」と呼ぶのはヤツ1人だけ。

 自分を許せないという罪をどういう形で昇華するのやら。


斉木楠雄のΨ難
 う~ん、鳥なんとかがメインというだけで読む気が・・・
 話も結局ショボいし。
 
 珍しくマトモに活動したのもそれがむしろ癪に障るというかなんというか。
 怯える海藤&夢原さんのラブ展開の方が見たかったわ。


ニセコイ
 俺、このマンガの感想書かないとアカンの?
 いや、誰に強制されてるわけでもなし、毎週全作品書いてるけど、特にそう決めているわけでもなし、
 スルーすることは勿論出来るわけだけど・・・

 な~~~~~~~~~んにも考えず、今までのスッタモンダ全部取っ払って見てみると、
 良い告白だったと思いますよ?千棘は。

 まぁまーた女の子側から告白させといて(勝手にしたんだけど)、そっから後追いはズルいとか、
 「なんとなく」で10年以上想っていた娘をフるドクズで、
 いい顔寺ちゃんといると「楽しくない」と暗に言ってることにイラついたとかやっぱり色々思っちゃうけど。

 もう・・・なんかいいや。
 ホント俺の中で「ニセコイ」って終わってたから。
 もう本当に終わりだろうし、いいよ。もう。何もかもいいよ。
 
 このマンガ、果たして幸せになれた読者がいるんだろうか。
 千棘派は納得してるんだろうか。そこが知りたいわ。


銀魂
 マダオやお妙さんが超絶カッコいい中・・・マダオが超絶カッコ悪い中w
 バカ王子・・・懐かしいなw 何年ぶりの登場だよお前w
 好きなキャラだったのに全然出てこないもんだから、忘れられたのかとばかり。

 万事屋が潰されて絶望の状況の中、推参するトリオはアツかったですな。
 ようやくホントに最終章突入ということで。さてはて。年内には終わるんかいのぅ。


BLEACH
 ついに、というかやっと、というか無理やり、というか。
 閣下に刃が通ったけど、このトリックは明かされるんやろなおい。

 「視えているか」のクダリは鏡花水月の能力としか思えんけど、
 閣下が予想してるように、腕持ってかれた恋次が、一護、藍染となったんかね。
 で、どっか行ってる恋次が一護、藍染として吹っ飛んだのは恋次ってトコかね。
 まぁそれだと刀はともかく破道とかどうしたんだって疑問もあるけど、
 鏡花水月ならその辺もカバー出来たりするのかね。
 鏡花水月の卍解は技すらも幻影化するとか?

 何にせよ、全然「視」えていなかった閣下の真実ぐらいは知りたい所。
 自分がこうしてやられる未来は視えていたのか視えていなかったのか。
 視えていなかったなら何故なのか、最低限それぐらいは納得させてほしいわ。


最終回 ものの歩
 終わったー!!!

 ・・・ということで。
 結構マジで終わったことには驚きました。
 そういえば「たくバツ」はもう11話。立派な打ち切りレース真っ最中だったんですな。
 最近そういうの全く意識してなかったから、この最終回にはマジで驚きましたわ。
 そら信歩も奨励会受かって一つのゴールを成しちゃったからアレとはいえ。

 大成功のかやね荘、順風満帆な寮生たち、新株の台頭・・・明日美ちゃん、男の娘かよ!!
 十歩の育ち、なんか荒んだ風な竜胆、仲良し斑木、達観してる信歩、歌川名人と、
 成長した姿はみなさん中々良かったんじゃないかと
 
 最後のみなとちゃんのハイパーデレは・・・アレ単体で見るとかわいいけど、
 正直みなとちゃんが信歩にデレたのって、某ニセコイで寺ちゃんがフられたことより納得してないのよね。
 なーんちゃフラグ・・・というか惚れる要素が分からなかった。

 最終回ということで総評だけど・・・
 結局「将棋マンガ」じゃなかったのが究極かね。
 将棋の面白さ、魅力、奥深さ、そういうものを見せてほしかったのに、
 結局は人間関係ばかりに重きを置いて、何を監修してるのやら盤面はほぼカット、
 オマケのようにみなとちゃんのエロスが挟まれただけで、
 このマンガが「将棋マンガの皮を被ったただの朴念仁成長物語」だったのが究極。
 将棋、なんでやらなかったの?
 そら高校生ともなればお遊びで将棋を一から細かく解説なんてやってられんとはいえ、
 「将棋マンガ」なら最低でも将棋で見せるべきだったわ。
 「ハチワンダイバー」とか見てみろ。アレこそ「将棋」を見せてるわ。ベクトルおかしいけど。

 そういう意味でダメでしたな。
 結局「別に将棋じゃなくてもよくね?」感が最後まで拭えなかった。そんなマンガだったかと。
 とはいえ、前作「クロガネ」よりは漫画的にも面白かったとは思いますわ。
 大会の二人団体戦は基本的にずっと面白かったし。あぁいう路線で行けば良かったのになぁ。


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 えぇ・・・マジで?w

 御破算になったんじゃねーのかよw
 色々諸々大丈夫かコレw




 「ものの歩」が終わり、「ニセコイ」「BLEACH」がもう近くに終わるということで、
 新連載構成ですか。
 「トリコ」「たくバツ」はもうちょっと時間ありそうですな。「銀魂」年内。
 ものの歩だって43話も続いた作品だし、ニセコイ、ブリーチに関しては言わずもがな。
 こんだけ中・長期連載組が一気に終わるとはすごいことやな・・・
 
 そんな中その後を担う精鋭たちは・・・
 「約束のネバーランド」白井カイウ&出水ぽすか
 「ラブラッシュ!」山本亮平
 「レッドスプライト」屋宜知宏

 ということで・・・

 1作目は完全新作でジャンプ+で「ポピィの願い」を書いていたコンビ、
 2作目は「E-ROBOT」の山本先生のNEXT読切昇格作、
 3作目は「アイアンナイト」の屋宜先生のNEXT読切昇格作 ですか。

 う~ん・・・未知数。
 完全新作は当然ながら、「ラブラッシュ」も「レッドスプライト」も読んでないから全部未知数ですわ。
 NEXTも読まなくなって久しいしこういう思いを抱けるのは楽しみだけど、どうなのやら。
 この3作で上の3作の穴を埋められるとは・・・
 とりあえずジャンプには珍しい雰囲気の「約束のネバーランド」は期待しておこうかと。
 つかこのメンツ、「ジャンプGIGA」の連載作より良かったってことよね?期待しちゃうよ?
 ジャンプGIGAまだ読んでないけど。

 はい、今週のアンケートはもうコレしかない!
 「ポケモンGOやりました?」


 ゲームネタがウケが悪いのは分かってる。
 でも!これだけ日本でムーブメント起こしてるんだ!ゲームやらない人でもやってるんだ!
 ちょっとは、「やるつもりはない」票も減るんじゃないか、その期待を込めて。



ONE PIECE FILM GOLD 感想
 ネタバレ注意です。


 昨日・土曜日・公開初日に見てきまして。
 尾田先生監修の「ストロングワールド」「Z」が両作ともすんごい面白かったので、
 これまた尾田先生監修の「GOLD」も面白いに違いない!ということで。

 結果から書きますと。 すんごいつまんなかったです。
 ビックリした。映画見ながら「はよ終われや」と何度思ったことか。
 右側に人いなかったから、頬づいて見てましたわ。

 とにもかくにも今回のボス・テゾーロが小者すぎる。
 ロジャーのライバル・金色のシキ、今の海軍の礎にして元海軍大将・ゼファー。
 こんな大物過ぎる二人の後に大物であれ、といわれれもそのハードルは高すぎるけど
 結局テゾーロは「金(きん)だー!金(かね)だー!俺が王だ!支配者だ!神だ!」こんなんなんだもの。
 悪としてどれだけ格がショボいのかと。
 ルフィが戦う理由もそれに準じて、「支配は嫌いだ!自由だ!」一辺倒で退屈だったし。
 つか麦わらvsテゾーロになる課程とか子供の癇癪レベルだし。ガッカリすぎたわ。どんな導入やねん。
 テゾーロは普通にしてれば無敵レベルの能力なのに何故かワンパンで決まっちゃう残念決着だったし、
 入島の際に金粉付着させて動き奪うなんてこと出来るなら、散々撒き散らしてた金の海で固めろや。 
 最も期待していたテゾーロの過去とこうなるまでの課程はまさかの10秒程度のミニ回想だったし。
 777巻で尾田先生が解説してたとはいえ、それを、アニメで、見せろや!

 敵幹部もバトルまでしてたけど、良かったのはドMのダイスだけでしたな。
 ラキラキのバカラ、ヌケヌケのタナカは全然能力能力使いこなせてないのが目に付いた。
 ソレに対する麦わらの一味の攻防は良かったけども。

 ゲストキャラで散々宣伝材料にされてたルッチ、スパンダム、サボは完全に出す必要がないオマケポジションだし、
 革命軍のレイズマックスの決死の突行()にはドン引きしてたし。
 スパンダム、せっかく戦う場面あったのにファンクフリード出さないとか無能of無能ですわ。

 今作のテーマ「エンターテインメント」は序盤のカジノでキャッキャやってることまでで、
 以降はエンタメもクソもなかったですわ。なのに敵も味方もエンタメエンタメ言っててイラついた。

 勝手に期待してたとはいえ「GOLD」だからってゴールド・ロジャーは粉微塵も関係なかったし、
 何か本編に関わること本編がもっと面白くなるようなこともなかったし・・・

 うん。つまんなかった。期待しすぎてたのが悪い。そう思うことにしますわ。
 敵の魅力、戦いの面白さ、戦う理由、少なくともこの3つが「SW」「Z」に比べてザルザル。
 どうしてこうなっちゃったかぁ。ガッカリ。



少年ジャンプ+ 7/18~7/24更新分

読切 カラーアンドエルボー (ペン・ダフ)
 作者がいかにプロレスが好きか、格闘技が好きか、というのはイヤという伝わったけど、
 「それだけ」でしたわ。
 自分が描きたいものを描いて、それが読者にも「面白い」と思ってもらえると思ってるんでしょうな。
 俺ぁプロレスは全然興味ないからマニアックなトークもプロレスラーの名前も全然反応出来なくて、
 すっさまじく冷めた目で見てましたわ。
 こういうのはプロレス好きは勿論、興味ない人間にも興味を持たせることが第一なのに、ガン無視でしたな。
 自分が描きたいものだけ描いていたいなら、同人行ってどうぞ。


読切 コンビニまで (こんぺいとー)
 う~ん・・・絵がヘッタクソなのはまぁいいとしても、内容も・・・
 「夢を失った人間の再起」ってテーマは個人的に凄く興味あるけど、この短いページ数では何も表現出来てなかったわ。
 コレでブロンズ賞か。レベル低いなぁ。


読切 そして僕はタイムマシンを作ることにした。 (遠野ノオト)
 荒廃したディストピアとタイムマシンという、こんなページ数でやるにはありえない設定だけど、
 この普通にやれば絶対面白い設定故、まぁまぁ読ませてくれたかと。画力・構成・演出と良かったですわ。
 いかんせんページ数が少ないから面白い面白くないの領域まで行けてないのが残念だけど。 


僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!
 研修編もう終わったw はっやw ステ様もっとイジってもよかったのに・・・

 残念八百万ちゃん・・・
 地味~ズ、有能。
 最強拳藤ちゃん。
 心操はいつヒーロー科はいるん?


i・ショウジョ+
 まーた内部事情回だったけど、エレノラ姉さん、闇深いな・・・
 当初からは考えられないほどキャラの変わった姉さんだけど、
 とりあえず姉さんが 報われる路線は整ったのは良いことですな。
 男同士の絵面はアレながら、穂中くん超イケメンでしたなぁ。素直にカッコよかったわ。


チア男子!!-GO BREAKERS-
 引っ張ってきた翔の闇発覚回だったけど、
 重い闇のワリには克服するのはえっらいあっさりやったな・・・
 技術もどうすごいのかさっぱり分からんし。
 どうしてこう、ドラマチックに出来る要素をあっさり流すかねぇ。コミカライズ故なのか?
 つかアニメの評判も「全く」聞かないけどどうなんだろう。


鉄腕アダム
 相変わらず敵の能力と、それを破る方法が凄く科学的なのは良いんだけど、
 魅せる力が伸びないなぁ。

 アダムのライバル機・プルートゥは完全なロボットのようだけど、
 ただカマセになっても面白くないんで、ある程度の活躍はしてほしいかな。


ラブデスター
 始まったキスデスター、開幕アイドルトリオの謀略発動っすか。飛ばすねぇ。
 難アリ性格と目的はさておき、一応ルールに則ってるわけだし、否定のしようがないわ。
 女子がキスを受け入れてくれない男子サイドにも問題はあるわけだし。
 これはまた男子が大量に減らされそうな・・・

 アイドルトリオが全滅してからが本番、かね。
 どうせなら3人揃って綾鷹に「告白」って爆散したら色々気持ちいいかも。
 今回語られた、本命以外のキスをどう消化するかも楽しみ。


たべかけ福音計画~Dear Succubus Sister~
 友愛・・・便利な言葉だなぁ。真紘さんはたまったもんじゃないけどもw

 水織が外に出られるようになって学校編が楽しみですな。今まで世界狭かったしねぇ。


読切 街コロマッチ (平方昌宏)
 ゲームとのコラボ企画ということで。
 連載への前日譚みたいな感じだったけど、ようはシムシティみたいな感じ?
 街づくり群像劇とかになるんだったら面白そうかも。
 こういうのってゲームではよくあるけど、マンガではあんまりないよね。楽しみ。


時間の支配者 
 いまだにヴィクトが過去に捉われて、死んだ両親を幻想だと思えないことに驚きだわ。
 今の状態がアレとはいえ、もうそろそろ両親との決別はしなきゃ。
 迷っちゃう時点でもうダメですわ。

 そんなヘタレヴィクトにブレイズさん参戦したけど・・・カマセになる未来しか見えねえ。
 

神えしにっし
 番外編すなぁ・・・
 あまりに番外編すぎて感想がねぇ。


新連載 誰が賢者を殺したか? (奈々本篠介&三雲ネリ)
 面白い!
 さすが連載グランプリで選ばれた作品。面白かったわ。

 高度AR社会、それを利用した大犯罪者・魔王とそれを倒したした8人のパーティー。
 けどもパーティーのメンバーが殺されて、容疑者がパーティーで、
 かたやヒロインはそんな高度文明社会から取り残された怪力娘。

 う~ん・・・世界が広い。なんでも出来るぞコレ。
 現代ならでは、現代最先端のマンガですわ。
 ミステリーモノ×電子モノという、俺の好きなジャンルが組み合わさってこんなの期待せざるを得ませんわ。
 また楽しみな連載が始まりましたわ。嬉しいなぁ。


食戟のソーマ L'etoile-エトワール-
 長かったなこのトマト編・・・
 メンドくさい人が一杯いたけど、とりあえずまとまってくれて良かったかと。
 ババアのツンデレはホントメンドくさい。そして誰得。

 次はライバルイケメンキャラも出てきて、
 優しすぎるなんてワードも出てきて、そろそろ歪んでくる頃合かね。


デッド・オア・アニメーション
 このマンガはどこに向かってるんだろう・・・
 結局表さんも裏さんもベースは一緒、やりかたが違うというだけってことだけども、
 裏さんの凶気が置いてけぼり感あるんで、どーも楽しめないわ。
 

カラダ探し
 同級生のおっさんからは美紀と美子の性格を伺うだけか~
 とはいえそれで、カラダ探しのルール=美紀 赤い人のルール=美子というのが固まったようで。
 結局この2つの呪いが何故一緒くたになって、美子が美紀に操られてる体なのかがイマイチ分からんけど、
 呪いの打破は美紀と美子の邂逅、というのはもはや絶対必須ですな。
 けどもそれは形を変えた姉妹の殺し合いと見ると、なんとも悲しいけども。
 
 遥の真実はコッチとしては既に分かってることなんでアレだけど、
 遥も被害者であるわけで。性格は悪いけど悪人ではないんだよなぁ。
 少なくとも「明日香探し」をすることになったことに対して遥を責めるのは無理ですわな。
 そして繋がる美紀と美子の姉妹ケンカ。
 どうしたら美子はいうこと聞かないのやら。それをどうやって言うこと聞かせるのやら・・・


フルチャージ!!家電ちゃん
 もう梅雨もどこへやらのこの時期に梅雨話って・・・
 

フードファイタータベル
 アツいやんけ。無駄にw
 ジュエルなんてどーでもよくて、プライ丸とガチバトルとは燃えましたわ。
 次の本番も全力の戦いが見られそうで楽しみ。


彼方のアストラ
 無事元に戻ったということだけど、ユンファの闇が深まったなぁ。
 闇つっても、どす黒い闇じゃなく、コミュ障の闇だけど。

 キトリー×ザックは・・・なんつーか・・・w
 「今」じゃなかったら良いのか、とツッコみたい。

 裏切者の件はこの通りですな。裏切る気ならとっくに裏切ってるっての。


天神-TENJIN- 音速の鷲
 ノーハンデかよw
 小山内さん燃えすぎやろw アツいけども!
 すごい表情ながらとてつもなく楽しそうな小山内さんで良かったですわ。
 勝敗はともかく、最後の戦技。
 全てをぶつけてほしいですな。


終末のハーレム
 エロナース&ロリボディーガードはサクッと流され、
 絵里沙さんと水原の夢の話ということで。

 医者になって病床の人を救いたい、ワクチン作って今寝てる男性を救いたい、
 というのはご立派な大願だけど、こんなマンガをしておきながらそれをやっちゃって良いのか、という疑問。
 タイトルに「ハーレム」と入ってるのに、ガチ研究モノとかになったら誰も読まないんじゃ・・・
 どうなることやら。
 このマンガもまた方向性がよぅ分からんわ。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 僕のヒーローアカデミア ゆらぎ荘の幽奈さん 火ノ丸相撲 ブラッククローバー ワールドトリガー 鬼滅の刃 左門くんはサモナー 背すじをピン!と ジャンプ+

  1. 2016/07/24(日) 23:20:02|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<週刊少年ジャンプ2016年35号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2016年33号 感想>>

コメント

Re: katariさん

> ワンピース
 ここまで徹底的に存在を隠されてる以上、サンジの過去のカギは全部母親が握ってそうです。
 これで母親までクズだったら本当に悲惨でしかないので、
 料理人を目指した理由、あの劣悪な環境で幼少まで過ごした理由、逃げ出せた理由等々
 繋げられるでしょうし。 

>ソーマ
 狙いなんでしょうけど、その狙いが滑ってるんですよねぇ。

>ヒロアカ
 キックはワタシも期待していますが、
 手と違って指の細かい操作とかも出来ないですし、
 何より潰れた場合、腕の比じゃないダメージ。最悪動けなくなりますからね。
 ともなると安易な足のOFAは危険、としか思えないです。

>ブラクロ
 たぶん田畠先生、宿魔の剣の能力忘れてますよコレ。
 ダンジョン編以降ここまで出さないのはそうとしか思えないです。

>ニセコイ
 「千棘に何も落ち度はない」とは。
 楽ほどじゃないにしても落ち度はありますよ?

>ものの歩
 将棋がおざなりだったのと、
 みなとちゃんのエロ入れとけばいいんだろ精神が見え見えだったのが・・・ですね。
  1. 2016/08/01(月) 15:33:27 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: rakuさん

> 新連載
 あら、世界観変わらないんですか。
 前作の焼き直しにならなければ良いんですが・・・

> ソーマ
 一応セントラルの教員をそういうポジションに置いてるのが分かったのは安心しましたが、
 だからといって気持ち良いわけでもないので、さっさと十傑出してほしいですホント。

> トリガー
 王子さん、王子なのに残念王子で好感度は上がりましたねw

 ヒュース入隊のクダリは
 「オサムが幹部を説得する」ではなく「幹部がオサムを説得する」だったということで、
 オサムの未熟さと城戸さんや幹部の狡猾さが出ていて良かったです。

 ヒュースC級無双はどうでもいいですね。
 ユーマの時並にサクサク流してほしいです。
 ガロプラ勢が新人に偽装して入隊してるとかならともかく。

> ニセコイ
 最近のテキトーな感想を察していただいて嬉しい限りです。
 なんやかんや毎週色々書いてますが、全ての気持ちは最終回の総括で触れようかと。もう結構触れてますが。

> ものの歩
 キャラ先行で将棋が二の次だったのがホント残念でした。

 2アウトつっても両作そこそこ続いてますし、他の打ち切り作家と比べるのはどうなんでしょう、という疑問が。
  1. 2016/08/01(月) 15:23:59 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: もにゃらさん

> □ニセコイ
 チートゲーム、まさしくその通りですね・・・
 
 やり方は大いに間違ってますね。
 千棘が勝つその説得性、期待してたんですが・・・

> □アストラ
 「幼馴染だから今更裸なんてどーでもいい」以外の何物もないというマジレスはさておき、
 こっから何かがあってキトリーを意識してリアクション変える展開が見たいです。

> □ハーレム
 色々展開が遅いのが残念です。
 薬作るつっても、子作りしない理由にはならないですよねぇ。

> □チア男子
 原作が悪いのか作画が悪いのかは、原作読んでないんでなんとも言えませんが、
 翔のクダリはほぼ確実に原作の内容ですよね。
 原作者は名前売れてる人らしいですが、本当なんでしょうか・・・
  1. 2016/08/01(月) 15:14:01 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

また失礼します

ワンピース
もう少し付け加えとして
今週号の話でサンジは幼少のころから料理をしてたようですが
そういえば作中でサンジが料理人を目指した理由やオールブルーを見つけようとしたきっかけもまだでてませんでしたよね
もしかすると今回でそれが判明するのかもしれませんね
だとするとやはり誰かそのきっかけを与えてくれた人がいそうですね

ソーマ
まあこうやってみみっちく見せてるのも狙いなのかもしれませんが

ヒロアカ
手じゃなくて足を使うとかはダメなんだろうかって
OFAならキックも強力そうだし

火ノ丸
1巻を見なおしてみると絵柄が変わっているから分かりにくいですが
確かに千鶴子ちゃんだなって思いました
まさかこの1話目が伏線になるなんて

ブラクロ
個人的に思ったのは
宿魔の剣って複数の属性を同時に使用したり、合成したりできる代物なのかなって

ワートリ
まあ何事も一気に全部片付けようとせずに
少しずつ進めて解決していくのは大事かもしれませんね
焦って一気に進めようとすると失敗しやすくなりますしね

ニセコイ
まあ個人的に千棘には何も落ち度はないですし
恋人の演技をしていくうちに互いに本当に好きになるってのも別におかしくはないので
この2人がくっつくこと自体が悪いとは言わないです
ただ長い間ずっと好きだったうえにしかも約束の相手だった小野寺ちゃんへの想いを捨てるほどとはみてて思えないですね
悪く言うと緊張するから自然体でいられないっていってるようだ
ましてや小野寺ちゃんが普通に見た目も性格もいい子だから余計に
長年の想いが冷めるってのはリアルかもしれないが漫画ではそういうのは求めないですし

それだったら最初から楽が小野寺ちゃんを好きという設定はいらなかったんじゃないのかなって
約束の女の子に固執しているものの小野寺ちゃんに対してはあくまでクラスメイト以外の感情は持ってなかったとかだったら
この結末でも仕方ないぐらいには思えたかもしれないし
個人的にですが

ものの歩
まあ一番の問題は将棋漫画である必要性が皆無だったなって
あまりグダグダ説明されてもアレかもしれませんが
せめて将棋の基本ルールぐらいコラムでも入れて説明したりとか
読者が少しでも将棋に興味を持てる内容にすれば違ったんじゃないのかなって

あと作者はお色気描写に頼り過ぎてないかって
はっきり言うとそれは明らかに無謀すぎるな
  1. 2016/07/27(水) 18:12:15 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

ワンピースだけ

サンジの家族 いや家族と呼んでいいとさえ思えないほどクズ

厳しいのが悪いわけじゃないけど、その中に情がなかったらそれはただの虐待でしかないな
サンジを連れ戻そうとしたのも生贄として
家族愛をもってないくせに都合のいい時だけ親だとか家族だとか言う奴らは許せないですね

サボの親と同種のクズだなって

こりゃ家を出ていくのも当然だな

ルフィにとっても大嫌いなタイプだろうなって
サボのこととも重なりそうです

あとヴィンスモーク時代サンジに一人でも味方はいなかったのかなって
もしいたとしたらその人に何かがあって
家を出る決意をしたとかありそうです

それとゾロとやたらもめるのは剣が嫌いだからなのかもって

あと申し訳ありませんが映画の感想はジャンプ+の感想の後ろにしたほうがよかったのでは
映画のほうを先にするとネタバレの回避ができないかと
  1. 2016/07/25(月) 18:37:07 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

久々に3本

新連載二作目、三作目はともに両作者の前連載作と世界観は変わんなかったはずです。個人的には屋宜先生に期待。


>ソーマ
セントラル側の妨害がガキの悪戯レベルって自覚はあるんですね作者側。そこだけ少し気になりました。
しかし質の悪い食材⇒食材すら与えないとくると次何やんのという感じがしないでもないです。ダイジェストも有り得る。

>トリガー
王子は正統派イケメンと思ってた時期がありました。多分あれは素なんだろうけどそれでも何か、こう・・・。
 どっちかというと今回は前の会議回の補充説明がメインだったでしょうか。改めて振り返ると城戸司令、なんとでもできたことを敢えて修たちと同じ土俵に「乗ってあげた」感が凄い。唐沢さんもただ玉狛贔屓と言うわけではなくいい意味で悪い大人の雰囲気(どっちだ)を醸し出してます。
 ヒキのあおり的にはランク戦とヒュースサイドを並行するようですがどれくらいかかるんでしょう。次の定期休載までにはまず終わんなさそうですが。

>ニセコイ
 実を言うと先週分でも少し書きたいことがありました。しかしどうもそんな雰囲気でないことが文面から読み取れたので止めました。今週も然り。
 というわけで、連載が終了した後で時間が取れたら、ある程度まとめてドバっと行こうと思っています。その時はおつきあい頂けたら。とりあえず今のところは予想内半分、予想外半分といったところです。

>ものの歩
もうちょいで一周年だったんですが惜しい。思ったより早かったです。
 敗因はそうですね、とちゅうからただでさえ薄かった将棋要素が消えたところですね。残ってたところでも、未経験読者への説明が少なかった気がします。キャラ立ては上手いのに変えちゃいけないところ変えたのが響いたか。
 これで2アウト。次があるかどうかはギリギリですが、個人的には応援したいところです。
  1. 2016/07/25(月) 15:46:47 |
  2. URL |
  3. raku #-
  4. [ 編集 ]

□ニセコイ

千棘という名前はチートゲームの略という意見を見て爆笑
何をやっても、あるいはやらなくても周囲がお膳立てしてくれて都合良い結果が得られる様がそっくりかも

メインとサブで扱いが違うのは当然としてもやり方を間違えた感じですか


□アストラ

キトリーちゃんの裸を見て無反応だと…
ザックはゲイなのか、天才故に己の劣情を完璧にコントロール出来るのか
私、気になります


□ハーレム
……
分厚い毛皮と脂肪で守られた熊を首トンはさすがに無理があると思います
いっそ、ターミネーターみたいに腕がニュイーンと伸びて首はねたりした方がインパクトがある分マシだったかも
で、やっと治療薬作りを決意。これ、2話にできたよね……
ていうか、主人公なんだから色々平行してやりましょう


□チア男子

トラウマが分かったその数ページ後に克服はさすがにスピーディすぎませんかね
翔の技術がこれまでと比べてどう凄いのかもさっぱり分からないし
スポーツ物に向いてないんじゃないですかね
絵は好きなんで、ラブコメかエロコメに転向して下さい


□シニギワ

Gigaの出張
言われるまでデビリーマンの人と気付かなかった。画力が成長しすぎー! 藤真先生以来の衝撃
パワーアップした画力に支えられてシリアス一辺倒なのに読ませる
ネタはショートショートでありそうだが、楽しみ
  1. 2016/07/25(月) 00:22:03 |
  2. URL |
  3. もにゃら #4ssAsxF2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2805-61a4ed2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR