幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません

週刊少年ジャンプ2016年16号 感想

土曜ジャンプでしたね。
数号前に載った「暗殺教室最終回への道のり」的なアレで、土曜ジャンプがあることは知ってたんですけど、
なんつーか・・・その・・・土曜日・・・はい。
べ、別に土曜にジャンプちゃんと買ったけどいつも日曜に更新してるから、日曜まで待ったわけじゃないんだからねっ!

謎ツンデレはさておき、真実をお話しますと、土曜の日中ひたすら爆睡してまして。
金曜夜なんやかんやしてて寝たのが土曜朝6時。
とはいえ昼には昼飯食べるから起きたものの、昼飯食べて横になりながらネットしてたら17時ぐらいまで爆睡してまして。
「今週は40冊以上漫画買わなアカンから困るわ~」とニヤニヤしてたのに、この始末ですよ。申し訳ないです。
久々な気がする土曜ジャンプ。せっかくだから土曜に更新しようと思ってたんですがね。

さてトピックスですが・・・
前回から始めたアンケの結果について拾おうかと。
「この更新どんだけ読んでます?」という質問だったわけですが、
「毎週全ての感想を読んでいる」が過半数を占める結果となりました。
申し訳ないんですが、閲覧者のみなさんを甘く見てました。
もっと「たまに読んでる」「たまに一部読んでる」が多いかとばかり。
勿論見てくださった方全員が投票してくれたわけではないので、
このアンケの存在を見るまでもなく終わったなんて方もいるでしょうが、個人的に驚きの結果でした。
いつも全部読んでくださる皆さん、ありがとうございます。頑張って書いている甲斐ありました。
今週のアンケも後書き枠にて行いますので、ご協力よろしくお願いします。
つかこのアンケですが、ネタ溜めておかないとダメですね。
数年前まで鬼のように書いていた「ブログ構想メモ」を復活させる時が来たか・・・

ういじゃジャンプ感想です。
あっどうでもいいですが、火曜から出張行って来ます。来週の更新も日曜の予定です。

週刊少年ジャンプ16号
  表紙&巻頭カラー:ハイキュー
  センターカラー:


雑多
 まだ最終回読んでないけど、暗殺教室番外編が次々号から4話掲載されるそうで。
 なんつーか・・・晩節を汚す、ってこういうことよね。
 まだ読んでないけど、せっかく「終わった」作品をこうして蒸し返すの好きじゃないわ。
 最近でもやれナルトが番外編10話ほど、BORUTOを別作者がやる~なんてあってイラついてるけど、
 そこまですがるか。ジャンプ編集部、と。
 終わったのならば明確に終わっていてほしいですわ。
 19号からの「遊戯王」みたいな超久々の復活!みたいなのならまだしも、終わってすぐにコレは「ない」
 
 今号のこち亀寄稿は横田先生。こち亀が如何に好きか、よく伝わってきましたわ。


ハイキュー!!
 アニメ3期決定ということで。
 2期は結局なーんちゃ見れてないまま終わりを迎えそうだけど、3期は1クールで白鳥沢戦だけかね。
 もはやこの辺も完全に規定路線なだけに驚きは皆無ですわ。3期言うても最速半年後からだろうし。
 そろそろアニメ化発表で驚きたいなぁ。
 あぁ先日のノイタミナのすごいラインナップは驚いたわ。アレは攻めすぎ。でも評価する。

 さて、表紙&巻頭なのにも関わらず、相も変わらず番外試合。
 烏野メンバーが表紙でしか見られないのが寂しい中、
 一応面白い試合はまだやれてるかなぁ。
 戸美は狡いけど、しっかり自分たちの実力を理解した上で伸ばすための狡さ、
 煽りも相手を冷静に分析した上での煽り。
 やってることは美しく映りにくいけど、印象は全然悪くないですわ。段々好きになって来たぞ戸美。
 でもまぁ、謎の力には勝てないんだろうけど・・・悲しきかな。
 番外試合も大概にしてほしいのはマジで思ってるし、ストレートもありうるんだよなぁ。


僕のヒーローアカデミア
 襲撃の結果、結構凄惨たるものがありますな・・・
 結局拳藤ちゃん&鉄哲以外ロクに出番なかったB組はほぼ「ガスで重体」とは悲しい。
 結局この合宿、襲撃においてもB組の圧倒的格差を覆すことは出来ませんでしたな。
 まぁA組マンセーじゃなくなったのは進展といえば進展だけど、もう少しB組には頑張ってほしかったなぁ。
 ピクシーボブは重体、ラグドールに関しては行方不明とはこれまた。
 ラグドールスパイ説なんてのもあったけど、あの個性持っておきながらスパイじゃ何の意味もないし
 拉致られたんかねぇ。かっちゃん救出編で一緒に救出されるんやろか。死んでてもソレはソレでアリだけど。

 世間へは全部バレたということで。
 極秘裏に済ませる可能性もあっただけに、バラしてしまったのは英断ですな。
 この大失態を重く受け止めてるのは評価したいけど、この事態は早々収束しないだけに、
 雄英がどんな態度でこれから生徒たちを指導し、ヒーロー活動をやっていくのか、そこには注目したいかと。
 何をやっても叩かれる以上、根本的にヴィランを、ヴィラン連合を叩き潰してその芽を絶たないとダメよね。
 なんぞ、もしかしたら最終決戦なんてことにもなりうるのか?そんなん全然意識してなかったわ。
 その辺とりあえず校長には策があるようだけど・・・?
 スパイの件はとりあえず保留にされたけど、その正体は未だ掴めんすなぁ。
 教師陣、生徒陣、どっちにいてもそれはまた「大失態」になるわけで。意外な内通者であってほしいなぁ。
 オールマイトは独断で動きそうな気配を感じたけど、
 とりあえずあの電話の件は相澤&ブラドキングに伝わってるわけだし、この心配もまだ早計かね。

 A組生徒たちは何やら八百万ちゃん発信機で独断行動をしそうだけど・・・
 これは流石にでしゃばりすぎですわ。
 気持ちは分かるとも。デクも、ほぼかっちゃんの相棒と化していた切島の気持ちもよく分かる。
 助けられなかったから助ける。ヒーローとして至極真っ当な思考だろうとも。
 でもこの件はどう考えても一生徒たちの扱える範疇を越えてるだけに、
 デクさん、今回ばかりは大人しくしていてほしいですわ。
 腕もあんな状態なわけだし、いくら智謀が勝るとはいっても完全に足手まといだし。
 気持ちと裏原に自分が行くことで不利益になることがある以上、本当につっぱねてほしい所。
 改めて今一度、デクの狂ったヒーロー観を正してほしいですわ。
 止められるならオールマイトだけだろうなぁ・・・・オカンの言うこと全然聞かないしあの親不孝息子。


ONE PIECE
 まーた大設定披露回すか・・・お腹一杯です。いやホント。

 イヌネコはロジャーとも白ひげとも面識あるとは・・・
 前にチラッと出た「クジラの声」を聞いた男ってのはロジャーのことじゃないんかねぇ。
 懐かしむような感じでもあったからそうでないとも言えんけど・・・
 後から出てくるモモの助もロジャーに会ってる発言はなんなんやろか。
 いくらなんでも本物とは思えんけど、あの感じウソを言う意味ないし何を意味するのやら。
 ロジャーの遺産である麦わら帽を被ったシャンクスと誤解してるとかかね?

 ラフテルの場所の話で出た、クロッカスの収束地点の話が早速拾われて滾りましたわ。
 なるほど、ロを辿った先にラフテルがあるのではなく、
 そこでロードポーネグリフの存在を知ることになって、そして航路が一本道になるのか。
 スマートな回答でスッキリしましたわ。クロッカスの話は分かりにくいもののウソではなかったわけだ。
 結局ラフテルに行くにはロードポーネグリフ。
 ともすればカイドウやビッグマムや既にこの収束地点へは行ってるのかもしれませんな。
 いつかこの収束地点でも行ってほしいですなぁ。失われたDの王国の跡地なのか、はたまた・・・

 これからのこの同盟としてはとりあえず別れてワノ国で集合ということで。
 まさかのマルコ参戦、ともすれば白ひげ海賊団参戦とはなんというアツさ!
 なんだかんだ余り頂上戦争で良い所がなかっただけに彼らにも是非とも参戦してほしいですな。
 アイツらが来てくれたらマジで戦力すげー上がるし。

 サンジ救出チームはルフィの他、ナミ、チョッパー、ブルックということで。
 ドレスローザでハブられた軍団のお目見えだけど 戦力弱っ・・・
 せめてロビンかフランキーのどちらかでもいてくれたらまだ心強いのにこのメンバーか・・・
 ブルックの魂魄能力である程度索敵、ナミの天候操作で姿を隠し、チョッパーの野生で敵を察知~とかか?
 まぁルフィがいる以上、ステルス作戦なんて成し得るわけがないんだけども。

 ヒキではズニーシャさんジャックに攻撃され。
 その中ルフィも「声」を聞き。
 ジャックに関しては本当に即殺していただくとして、ルフィも「声」を聞くとは驚きの展開。
 この「声」がモモの助やロジャー(仮)が聞いた声と同じものなのか、
 クラバウターマン的にズニーシャの声を聞こえたからなのか。
 まさかまさかのルフィ、ロジャーと同じ「万物の声を聞く」能力を身につけたわけじゃないだろうな・・・


食戟のソーマ
 天使かな?(カラー

 暇もてあますえりなさんかわいい。

 さて、なんだかんだ偉く長かった小者・楠連太郎さん戦も終わりということで。
 その勝敗の決め手は「単一的」か、「不均一」かということで。
 なるほど、味はともかくとして不均一の方が味にメリハリが合って美味しく面白いというのは納得出来たわ。
 楠連太郎さんの料理を落とすことなく、かつ納得の行く勝負の決め手で満足ですわ。
 その不均一さもにっくき葉山を思い起こすスパイスというのもシャレてるやね。良い成長っぷりですわ。

 さてはて薊さん登場でそろそろまた何か動くかね。


ブラッククローバー
 何ぞコレ。
 何 ぞ コ レ ! !
 最高に気になるヒキしてくれちゃって!!!おい!早く次号読ませろや!!!

 存外あっさり溶かれた白夜の捕虜の記憶魔法からこんなことになるとは・・・
 そらスパイの話は前から出てたけど、ここで、あの団長8人集めた空間でやっちゃうんですな。ヒェー

 初登場3人の団長含めて、容疑者は8人。
 さすがにヤミさんはありえるわけがない、シャロ団長は可愛いからない(なんつー理由
 ジャックさんだとそのまんますぎるし出たばかり、ノゼルさんだと漫画としてナンセンス、
 こんだけ怪しさ満点のウィリアムなわけもなければ、ポッと出3人の誰が裏切り者でも「あっそう」となるの必至。
 アレッ・・・いなくね?

 普通になーんにも裏をかかなかかったらウィリアムさんド本命、 
 次いで対抗が見るからに怪しいゲルドル・ポイゾットさん(フルネームで呼びたい)、
 あぁいうキャラが実は腹黒なリル・ポワモルティエ(フルネームで呼びたくない)が大穴ってトコかね。
 後は・・・どう勘ぐっても「ない」っしょ。
 ヤミさん自身、ウィリアムを疑ってる節は今回あったけど、このままウィリアムだと漫画下手すぎだし。

 うわー誰だろうなーワクワクする。すげーワクワクする。誰かなー全然読めん。
 こんなに気になるヒキは久々だわ!


ワールドトリガー
 ヒュースの件は置いとかれて、後始末とランク戦ですか。
 急いでもすぐ解決することじゃないし、この保留は当然かね。

 ボーダー側としては迅さんの予知のおかげ、これからも予知があるという期待の中、
 ガロプラ勢もキッチリ解析して予知の可能性を見出しそうですな。
 いよいよもって本当に迅さん離脱展開もありえますなぁコレ。
 ガロプラもまだアレで終わりじゃないようだけど、もう1回攻めてくるなんてことするのかねぇ。

 ランク戦の対戦相手はなんともパッとしないからびみょーなのよね。
 前回のランク戦がパッとしすぎてたのもあるけど、
 「上位常連」「元嵐山隊」ぐらいのレッテルしかないだけに、
 この2隊も好きにさせてくれるようなキャラ性を期待したいですな。


最終回 暗殺教室
 最初に断っておきますが、この感想は今更新の一番最後に書いております。最後です。
 なんだかんだ円満終了には敬意を払って最後に読む。コレもワタシの信念なので。
 ちなみにここで言う「円満終了」の概念はカラーで終わるレベルの作品、ということに今はしておきます。

 「暗殺教室」最終回。
 それぞれの進路を簡単に描きつつ、最後は荒れた高校で渚先生が・・・ということで。
 各々の進路については書くことないなぁ。
 みんなそれぞれ前フリはちゃんとされてたし、
 むしろドイツもコイツも揃って人相が変わってないのが癪だわ。
 中3から大4なんて変わってるっての。俺なんて高校から25cmぐらい身長伸びたっての。
 「大学生なんてこんなもん」感は出てたけど、7年立って成長した感は全員にゼロですわ。それは渚も。

 最終回ですか。
 結局今をもってしても俺はこの作品を「名作」とも「傑作」とも「秀作」とも評価はしません。
 「良い最終回だった」か「悪い最終回だった」か なら間違いなく前者であろう。
 「良い作品だった」か「悪い作品だった」か ならやっぱり前者になるんでしょう。
 「好きな作品だった」か「嫌いな作品だった」か ならそれでも前者だろう。
 でも「好きな作品」ではない。
 「好きじゃない作品」。それが俺の今作への最終評価ですわ。

 当初はあまりにキャッチーすぎる世界感と、「松井先生」というブランドにキャッキャしてたけど、
 全てがおかしくなったのはそう。「ここからが暗殺教室です」。ずばりここから。
 茅野の豹変。実にキャッチーだった。すさまじき衝撃だった。でもヌルかった。
 せんせーの過去編は良いものであったものの、そこからの本当にせんせーを殺せるのかのグダグダ。
 結局花屋に追い詰められなければE組は絶対にせんせーを殺れなかっただろうし、
 結局「殺すということがどういうことなのか」の回収もなし。
 教育と暗殺のこじつけがいい加減にしろってレベルのいい加減さで、
 まるでE組が全員聖人君子のような描かれ方。
 救われるのは見かけ上の正義だけで見かけ上の悪であり本当の正義は救われない。報われない。
 不条理とその不条理に立ち向かう子供たちの成長譚だったけども結局それもまた不条理であったわ。
 はっきり言って「第二の刃」とかチャンチャラおかしいわ。

 間違いなく、茅野が豹変したあの時まで、俺は「暗殺教室」を好きだった。
 それまでも全然殺る気のないお遊び暗殺に辟易としてはいたけど、それでも楽しんでいた。
 松井先生が「ここから」と書いたとこからがつまらなかった。
 結局物語があまりに美しく整いすぎてるんだよなぁ・・・
 「ネウロ」でファンになった者として、あの毒気をずっと求めてたのは否定しないけど、
 それにしても「闇」というものがあまりになさすぎた。
 そこが、好きになれなかった原因かなぁ。
 仮にも「死」を扱う漫画なのに美しすぎる物語は、 ダメ。

 お疲れ様でした松井先生。
 ファンではあり続けます。貴方の漫画は好きだから。貴方の考え方は好きだから。
 だから、次はもっとケレン味溢れた、一般受け?実写化?アニメ化?そんなの絶対無理!
 みたいなもう毒々しくて見てられないような、そんな作品をお願いします。
 なんなら、「ネウロ2」でもいいんですよ・・・?
 

読切 殺せんせーQ!
 みじけぇ。
 ギャグもノれなかったわ。
 最近ムツゴロウさんの件で悲しい話を聞いたけど、アレ結局杞憂だったみたいね。


火ノ丸相撲
 分からない君、トランプの秘書に雇われてるんじゃ・・・

 駿海さんの体型は確かに「ん?」と思ったけど、実際あれぐらい痩せる人もいるんかね。
 TVに出てる元力士とかやっぱり元力士というアイデンティティ上、太ってるしなぁ。
 腋毛とは確かにマニアックな・・・w

 おいおい、ここで桐仁拾っちゃうんかい。拾ってくれるんかい!!

 正直言って忘れてた。桐仁が選手として、力士として舞台に「立つことは」出来ることを。
 そうか。そうだったね。桐仁はあの火ノ丸もが認める力士だったね。
 監督としての気持ちを持ち、仲間たちもそれを尊重しておきながら、
 本人の気持ち、そして同じダチ高の仲間として、ダチ高優勝のために発破。
 アツいじゃねーの。
 その発破をしたのが誰でもない。ホタルというのも良かったですな。
 まだまだまだまだまだまだまだまだ頼りないホタルだけど、すっかり漢の顔になってはりますわ。
 コレで未だ最弱無勝だからなぁ・・・全国大会で勝ち星なんて夢のまた夢と思っていたけど、
 希望の芽が見えてきたなぁ。良きかな良きかな。

 ヒキに火ノ丸&レイナさんがいないのが気になりつつ、次号から大会編ということで。
 ユーマさんがロクに拾われてないのは大会で回想として触れられるとして、
 結局各人の修行がコレで漫画的には終わりなのか・・・
 う~ん誰もがみんな力をつけたのは分かっているけども、それが全国で通じるか、となると疑問だなぁ。
 その辺の修行の成果を快活に大会では見せてほしい反面、全国の猛者をそう簡単に倒されないことを望みますわ。
 なんのかんの、楽しみ。それは絶対的に是。


左門くんはサモナー
 ガチで。コレガチでなんだけど、
 4コマ目「悪魔祓いをやっています」のセリフを読み終わって右下のタイトル見るまで、
 「幽奈さん」だと思って読んでましたわw
 えーコガラシ来たばかりなのにまた転校生かよー、そのくせ男かよーというベタベタ展開かとばかり。
 作品の方向性はまーったく違う2作だけど、悪魔妖怪幽霊モノとしては繋がりあったかこの2作。

 ちょいちょいちょい!!!
 なんだ、どうした。
 鮭カスのくせしてかっけぇやんけ!!
 主人公感迸ってるよ!主人公やってるよ鮭カス!

 まさかのエクソシストなのに熱血君な祓くんはまだなんともだけど、
 すっかり悪魔に慣れているもとい悪魔いないとダメになってるてっしーはいよいよやな・・・
 もうズブズブやんけ!!
 不貞腐れるブーやん&先輩&アンリかわいい。
 そらてっしーもズブズブに悪魔に心酔するか・・・
 
 前話大人しかったアンリもキレッキレで満足でしたわ。
 やっぱりアンリはこういう影キャラもとい闇キャラじゃないと!(酷い


ゆらぎ荘の幽奈さん
 あっコレは純然と「幽奈さん」だわ。この肌色全開なカラーはそうそう見間違えない。
 色々キワドいけど、腰のくびれがいいと思います!水がエロいってステキ。

 ・・・・・・
 なんやこのリア充・・・

 俺、このリア充を見せ付けられた漫画に対して感想なんて書けねーわ・・・
 リア充死すべし。
 何故俺の元にも美少女幽霊が来ないのか。イワクがないからか。イワクがあればいいのか!

 はい、幽奈さんは可愛いかったです。置物ヒロインなんかじゃない。
 ヒロインは私だ! という主張を見せ付けられましたな。
 まぁ俺ぁ俄然千紗希ちゃん党員だけども。 何で千紗希ちゃん出てこんかったん?
 なぁ兄ちゃん、なんで千紗希ちゃんすぐ出なくなってしまうん?


ものの歩
 う~ん溜め回すなぁ・・・
 分かりきってる話を改めてしていた感。

 そら奨励会を諦めた者と、これから目指す者との視点は初めて語られたけど、
 その夢がどれだけとてつもないかはもう伝わってるわけて。
 色々蛇足感がありましたわ。
 

トリコ
 やべぇ↑以上に書くことがねぇ・・・
 ドンスラがいくら頑張ろうがネオ倒せないのなんて分かりきってるしなぁ・・・


斉木楠雄のΨ難
 wwwwwwwwwwwwww

 こんなん笑わないで読むの無理だろwwww
 謎すぎる扉絵から「ん??」とは思ってたけどこんな話になるとは・・・
 オトンのクセに言ってることは至極マトモだからまたタチが悪いw

 俺もこの感想枠でなんかボケようかと思ったけど全然思い浮かばないでやめました。


鬼滅の刃
 最終選別は鬼との実践サバイバルということで。
 サクッと鬼2匹を倒しちゃう辺りさすが2年の月日の賜物と言わざるを得ないけど、
 他の選別者は別にそういうわけではないのね。
 鱗滝さんが特別厳しいとかなんだろうけど、炭治郎成長したなぁ。ちょっと感慨深い。

 前回の修行の終わらせてくれた錆兎と真菰は元弟子でやっぱり今は亡き亡霊でしたか・・
 そんな兄弟子たちもが後押ししてくれるとはアツいですな。

 最終選別、ライバルキャラの1人や2人出てきてくれたら嬉しいなぁ。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 おー、いいね雅春たちの必殺技。
 実に「必殺技」然としてる必殺技ですわ。
 まだ実戦では使えないレベルの上、実際フロアを横切ったり出来るのかとか、 
 それを一次予選以後もやるのかとか色々懸念あるけど、「なんかすげぇ」感は満点ですわ。
 この必殺技で「イッツ ア アメイジング」って言うターニャが見たいですなぁ・・・

 いつの間にかひらりんもすさまじく上達してますな。
 八巻パイセンに引っ張られる形とはいえ、そんな八巻パイセンもスタンダードは素人。
 急造素人チームながら既に雅春たちより「出来そう」感がすげぇ・・・
 ひらりんすげぇ。玄人おばさんにならなくて済むよ!やったねひらりん!

 ついに5種目目・ウインナーワルツにまで手を出し始め、本気感が伺えますなぁ。
 どんな踊りなのかは分からんけども。

 新キャラとして全国大会のライバル・アイドル×アイドルのミーハーカップル・・・かと思いきや、
 御木姉www アンタそんなポジションで出てくるのかよwww
 まーたやべーライバル生まれちゃったよコレw

 そんでもって合宿前に垣間見られた部長コンビの闇・リオ先輩の進路についていよいよ踏み込むそうで。
 リオ先輩、辞めないでほしいなぁ・・・
 部長とすごくお似合いなだけに、何もプロじゃなくてもダンス辞めはしないでいいじゃん・・・
 

こちら葛飾区亀有公園前派出所
 え?コレ、マジなの?
 マジでこんな方法で月に行くことが出来んの?
 なまじ「こち亀」だからマジなのか漫画なのか分からんわ。

 ロケットだイオンだ使わなくても月にいけるんだったらガチですげーわ。
 ロケット1つ打ち上げるのでさえいまだに大騒ぎして、
 ここ最近ようやく下町ロケットなんかが実現して宇宙進出も遠くない中、
 あんなローテクて行けるのなら本当にすごい。

 確かに言われてみればよくTVで見る宇宙からの映像~って現実感乏しいよね。
 かの有名な「地球は青かった」とか幾度とそれが現実の映像でもCGでも再現されてるけど、
 実際自らの目で見た感動は一入なんだろうなぁ・・・
 いいね行きたいね。宇宙。生きてる間に一度は宇宙に行きたい。
 テラフォーマーに殺されていいから火星に行きたい。空はロマン。宇宙はロマン。


BLEACH
 ナックルヴァール、終わったか・・・
 なんとも地味な幕引きだったなぁ。前2人の親衛隊があまりに濃すぎた故だけど、
 残念だったわナックルヴァール。能力もキャラ性も良かったのに、相手が悪かった。
 特記戦力の中でも格別特記なの相手してたらそらこうなりますわ。

 GJJJさんが生きてる理由は後付けながらまぁ納得はいったかと。
 策を弄して弄して弄して、勝つために弄する、
 浦原のスタンスはどこぞの無能たちに聞かせてやりたいですな。テキトーに戦う連中がいかに多いか。
 ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンクさんはただの救出要員というGJJJさん以下の活躍で悲しい。

 さて場面転、巨大化は負けフラグなジェラルド・ヴァルキュリーさんは・・・
 アカン・・・コッチも特記戦力来ちゃった・・・
 しかもペルニダ・パルンカジャス戦でなーんにも出来ずに無様にやられた剣八っつぁんとは・・・
 いかんリベンジというか名誉挽回で暴れまくるぞこの人・・・はっ名誉卍解か!?(上手いこと言ったつもり
 氷雪系最強+なんだかんだ最強格+最強格やったら勝てちゃうじゃないですかーやだー!
 剣八&白哉ときたらどこぞの破面のナンバーゼロ・最強さん戦みたいじゃないですかーやだー!
 (まだ出てきてない救援キャラいるんだよなぁ・・・)

 とりあえず今回ばかりはアオりの「負ける気がしねぇ!」はその通りすわ。
 ペルニダはあまりにトリッキーだった故負けたけど、
 あんなただのデカブツにまで負けるようじゃ、いよいよ剣八っつぁんの株。地の底に沈むぞ?


銀魂
 う~んマジメすぎる家族物語だ・・・
 まだ神威が闇堕ちするには弱いけど、決定的に江華が死ぬ時、爆発しちゃうんだろうなぁ。
 ハゲもマミーも悪くない、神威ですらも悪くないのに崩れていく家族とは悲しいなぁ。
 江華が望んでハゲと一緒にいたという事実にどう気づくのか。ポイントはソコかね。
 まぁ神威は既に引き返せない所に来ているから、今のコレ、ってのもあるけど。


ニセコイ
 サブヒロイン一掃、集るりですらも拾った今、掲載位置最下位な今。
 いよいよ最終章が始まりましたか。

 いきなり7月。いきなり決戦。いきなり3人きり。
 200話以上も引っ張ってきたことへの決着ガトントン拍子で進んでいって些か不満は残るけど、
 もはやこの物語の決着を見届けるのみ。

 千棘は告白出来るのか。
 寺ちゃんは告白出来るのか。
 楽はどちらの気持ちに応えるのか。
 楽の中での気持ちはどちらに決着を付けるのか。
 そもそも楽からは告らないのか。
 寺ちゃんクリスマスイベントでその存在の意味をなくしたペンダントと約束の女の子は回収するのか。


磯辺磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 曲屁見たかった・・・

 アソコでクソババア出してくるのは卑怯すぎるだろwww




 感想は以上。
 目次コメ、案外松井先生への労いのコメントなかったなぁ。
 別に労えってワケじゃないし、ナルトとかと比べんなって話だけどなんか悲しいわ。一応円満終了なのに。


 さて、前回からの10周年新コンテンツ。今週のアンケートコーナー。
 今週のアンケも、日ごろワタシが気になっていたこと。
 「閲覧者のみなさん、このブログどうやって来てます?」ということで。


 お気に入りに登録していただいているのか、
 「ジャンプ 感想」でグーグル検索すると1P目に出てくるというすさまじい結果を参照してなのか、
 当初から参加しているジャンプ感想サイトリンク集のようなものからなのか(wjchkさんどうなったんだろう
 ブログの宣伝する気全然ない、いつも無駄な一人語りばっかりしてるワタシのツイッターからなのか。
 そういうツール入れればどこから見てるか分かるのは把握してますが、メンd知りたいので、アンケよろしくお願いします。

 つかツイッターとかで宣伝した方がいいんですかね。
 アレな話、見ていただくのは嬉しいですがアクセス乞食というわけではないんでどーにもそういう活動できないんですよね。
 だから10年たってもブログ間リンクが薄いわけで。
 誰か優しい人がこのブログ広めてくれないかなー(どこまで他人行儀やねん






少年ジャンプ+ 3/13~3/19更新分

CHERRY TEACHER佐倉直生
 開幕幼女が出てきた時点でロクなことにならないのはお察しだったけど、
 カッコいいターンだったか・・・いや、ロクなことにはなってないけどもw
 いやぁクソかっけぇわw さすが先生。無駄すぎるカッコよさw


天神-TENJIN- 音速の鷲
 いよいよっすなぁ・・・
 戦技といっても相手は人間。煽ってひっかけて、ノセて出し抜く。
 シザース合戦で機体性能をフルに利用した勝ち方ってのは、
 スマートかつ合理的な回答であったかと。
 まぁアクビやら携帯持込やら、煽りにしてもどーなのとは思うけど、
 あれも含めて教官の油断を誘うという作戦なら、アリっちゃアリか・・・

 さてはて、これで本当に勝てるのか。
 少なくとも成長は見せられたけど、このまま勝たせてもらえるのか。
 良い意味で無理そうだなぁ~


バイバイ人類
 う~ん、面白い。
 1話のキャッチーさで既に惹かれてたけども、2話でも俄然面白いとはこの漫画、本物だわ。
 ゾンビモノなんてある種テンプレと化している筋道がある中、独自路線突っ切ってますなぁ。

 冷静かつ的確に行動する真山ちゃん、すぐやられるかと思いきや友達思いの服部ちゃん、
 こんな異常事態なのに一向に動かない警察や国の無気味さと、犠牲になった元お嬢様の変貌っぷり、
 先生を筆頭に次のページで何が起こるかさっぱり読めない緊張感。
 真山ちゃんの科学アイテムやら謎ハイスペックも顕在だし、
 キャラの行動も情動もすごく印象が良いですわ。
 冷静キャラな真山ちゃんがオカンにひたすらに安心したってのも良いやね。
 オカンも既に「奴ら」なんじゃないかと本気で思ったわ。

 さて奴らの巣窟・市役所戦。
 市役所乗っ取ってるとは、こいつらマジ知略あるな・・・このゾンビたち怖っ。


最終回 温泉街のメデューサ
 う~ん、最終回にしてこの短さ。せっかくの最終回なんだからもうちょっと増ページしても良かったじゃん・・・

 結局想いは告げられず、でも不動君も寂しさを感じていたという締めだったけど・・・
 もうちょっとくっついて欲しかったなぁ。
 そら明確にくっついちゃうと菅君という存在がアレなことになるとはいえ、う~んこれで終わりか。
 47話もやってた割にはなんつーか・・・肩透かしというかガッカリというか。

 当初はラブコメスキーの俺も認める楽しいラブコメやってたけど、
 連載が進むにつれ減ページ、減展開と楽しめなくなってたわ。
 メイン3人の関係性はコレで良かった反面、あまりに進まなすぎた。
 もはやヘビも関係ない話、メデュ症何それ美味しいの?展開も多くあったし、
 ななちゃんとかもっと見たかったなぁ。
 なんつーか色々方向性を見誤ってた、そんな書評を送ろうかと。
 もうちょっと、楽しみたかった。


僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!
 常闇くん&口田くんとは新しい。
 尾白くんェ・・・
 芦戸ちゃんの溶解液、効果うっす!


i・ショウジョ+
 原始の二人の安定感は抜群すなぁ・・・
 完全に前回の焼き直しイベントながら、やっぱりこの二人は鉄板。
 もうそれだけで今編面白いですわ。
 ギンコかわいいよギンコ。
 さてはて、どこまでお医者さんプレイをやることやら・・・注射あるかな(ねーよ


鉄腕アダム
 こちらも連載2話目ながら、印象はさっぱりよくならないなぁ。
 敵がどういう存在か、またアダムがどういう存在か、その存在が何をもたらし、人類は何を懸念するのか。
 世界観はちゃんとしてるけど、それが作者の中だけで完結していて、
 読者を楽しませよう、「この漫画は面白い」と言わせようとしてるとは全然感じられないわ。

 漫画というものは作者の描きたいものを描き、
 それに読者が付随し支える・・・というのもある種正しい形なのかもしれんけど、
 それでも俺はこの漫画が好きにはなれないわ。
 かといって「嫌い」とは書かない。好きではない。嫌いでもない。かといって無関心でもない。
 今後の触れ方が難しい作品ですわ。ホントよく「ジャンプ」に載ってるなコレ。


ラブデスター
 えぇっ・・・しのさんガチゲーマーかよ・・・キミ、そんなキャラやったんか・・・
 この覚醒はあまりに予想外というかイメージ違いすぎて衝撃でしたわ。
 てっきりあの覚醒目、ファウストにでも乗り移られたんかと思ったわw

 綾鷹のミクニコンビへの焦りが気になりつつ、他のコンビは中々に質素ですなぁ。
 一番相性よさそうだったカオル&蝶野ペアがマトモなのはなんか安心した。
 他の敬王組はどうでもいいけど、蝶野さんは生き残ってほしいですわ。
 ついにエリーさんの亡霊まで見えだしたジウさんと金遣い荒い兎見、
 神居と組んでしまったばっかりに殺されそうな鹿取はもう詰んだかね。
 どうせならそのノリでクズofクズな猪宮と豚田も死んでもらって、
 ジウ×姉切姐さん、みむら×神居のコンビ形成で良い感じになりそうなもんだけど・・・

 まぁ月代のコンビ相手ばかり死んだら
 コンビ相手の印象も悪くなりそうだからあんまり無闇には殺さないでほしいけども。


アクセルスター
 やーっと祭がテニスしだしたか・・・
 まぁ負けるんだろうけども。


エンペラーといっしょ
 オトンもエンペラー大好きでほっこりした。


時間の支配者
 いくら明らかに計の仕業故のこの現象とはいえ、ミーナも霧もヴィクトの過去にえらく冷たいなぁ。
 少年時代過ごした町がそのままの姿で残って、両親健在ならそらこうなりますよって。
 まぁ霧は少なからず認めてはいるようだけど、相変わらず闇の深いミーナさんはホント怖い。

 そんな中、家族3人で治療する絵面は良かったですな。心底幸せそうですわ。
 たとえ夢・幻でもこの両親たちには悪の気配はないし安心してみてられますわ。
 とはいえ、一日ごとにリセットされてる街、怪しすぎる薬もらいに来た人、
 ヒキのこの空間の謎に気づいているであろう少年と、この平穏無事も終わりが近いかね。
 いざ、両親と別れるときのヴィクトがどうなるのか、そこを楽しみにしようかと。


神えしにっし
 有名サークルの宣伝あり気だったとはいえ、大成功でしたなぁ・・・良かった良かった。
 とはいえ「ただ大成功」なだけでなく、
 古参ファンが「残念だった」という評価をしていたのも評価したい。
 喜んでくれる人、ファンになってくれる人も沢山いる中、
 その逆もありうるという闇がしっかり描かれていてすごく好感度高いですわ。

 あと、ことえがクソ無料乞食き野郎の件の反省してたのも良かったやね。
 まぁあの無料乞食野郎が反省を全くしてないどころか、今後も乞食りそうなのにはイラついたけど。
 あのクソ野郎、絶対アジフライRの本いつも買ってねーわ。
 スケブや服はまだともかく、体や顔に絵やサイン描かせるとかその場にいたらブン殴るわ。
 完全に「有名絵師にサイン/絵を描いて貰う俺かっけー」と酔いしれてるタイプ。害悪。
 
 決め手のSNS用アイコンも、「嬉しい顔は覚えてる」という、
 読者目線からしたら涙が出そうな対応でこれまた好感度高かったっすわ。
 ことえにとっては、凄く良い即売会でしたなぁ・・・


群青のマグメル
 ん~?
 構造完成度というなんか戦闘力を数値化したような概念がよく分からないなぁ。
 後から出てくるヨウの鋼刃の構造完成度に関してはたぶん100%を越えている構造完成度だから、
 「元々原型を超える」なんて修飾語がついてるんだろうけど、
 候補生たちの0.8%、4%、5%がそこまで酷くは見えないのが気になる。
 銃弾なんてそこまで複雑な構造してないだろうに、
 それでこんな完成度、それなのに4%で「なかなか」なんて評価になることが謎だわ。
 それがあまつさえ「大抵のラクターなら20%で限界」ってのも謎。
 ヨウがチートなのは分かってるけども、大抵のラクターは得意なものでも50%程度しか構造出来ないのか?
 この辺の一般ラクターとヨウやクランとの違いは一度キッチリ描いてほしいなぁ。

 次なる敵・フォウル国の原皇ブレスなる存在が出てきた中、
 その話題はスルーして・・・・・・

 第年秒wwwww
 いきなり何かと思ったがなw 間違えて「5秒童話」載せたんかとガチで思ったわw
 何をぶっちゃけてるんだアンタw
 確かに作者がサボってるという事実は忘れてしまうけど、少なくとも絶対にWin-Winではないだろw 
 あっ「なんの意味もない」んだったね。ムダジさんは第年秒先生じゃなかったね。失敬失敬。

 この漫画、コレだから油断出来ない。


カラダ探し
 3日目のリザルトはなんと、腰まで見つかってたんですか。高広さんやるやんけ!
 その描写が回想シーンですら描かれないのが気になりつつ、
 ここで高広がウソをつく意味もないし、コレは本当なんでしょうな。
 まぁ美雪を安心させるためにあえてウソついたとも一応考えられるけど、
 そんなすぐバレるウソ、高広がつくメリットがないし、何より高広はそこまで頭回らんわ(酷い
 是非とも真実であってほしいし、出来るなら腰がどこにあったのかも明示してほしいなぁ。

 次の呪いを受ける生贄について、昼間死んだらどうなるのか、カラダ探しをさせられる人選とは。
 色々、ようやく後だし情報のパイオニア・八代先生から聞き出したけど・・・
 呪いの連鎖は終わらないことはともかく、「明日香が何故、武司や結子を選んだのか。」
 ここにはかなり重要な情報が含まれていそうですな。
 明日香とはなんの接点もなさそうなあの2人を、
 前回共に戦った健司や理恵を差し置いてまで選んだ理由。何があるのやら・・・
 明日香のことだから「どうでもいい人間」を選んだわけではないだろうし。

 2周目でも全然謎だらけなカラダ探し。面白いですなぁ。 


フルチャージ!!家電ちゃん
 えっ素でアイがウザいだけなんですけど、何この話・・・


フードファイタータベル
 かーもめさん、かっきぃー!!!!
 
 この覚醒は予定調和だけど、箱の取り方カッコよすぎだろw
 てっきり水あめ、キャラメルに続いて無理難題かと思いきや、「取るのが難しいから中身は簡単」とは。
 目から鱗。
 タベルの発破もタベルらしくて良かったですな。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 僕のヒーローアカデミア ONEPIECE ブラッククローバー 暗殺教室 火ノ丸相撲 左門くんはサモナー 斉木楠雄のΨ難 背すじをピン!と ジャンプ+

  1. 2016/03/20(日) 23:57:51|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<週刊少年ジャンプ2016年17号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2016年15号 感想>>

コメント

Re: 彌さん

> ゆらぎ荘
> 千紗希ちゃんは遠月学園の生徒になりましたので
いましたねw
 「あれっ似てるな」と1回目読んだときは思いましたが、やっぱりアレ、そういうことなんでしょうねw
 佐伯先生、どんだけ師匠が好きなのやら。
  1. 2016/03/28(月) 15:33:43 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: まるまるさん

> 温泉街のメデゥーサ
 独自性は薄まってましたねぇ。
 せっかくオリジナリティ溢れる「メデュ症」なんて要素があったんだから、もうちょっと上手く使ってほしかったです。
 ヘビネタはありましたが、コッチのネタはほぼ使われてなかったですし。

 あんまり長く続ける作風ではないですが、ラブコメとしては色々残念でした・・・

> エンペラー
 当初の縦読みはワタシも戸惑いましたねぇw
 これ単行本ではどういう感じで載せるんでしょうか。
 幸いにも4コマテイストな作品なので、ある程度上下分割で載せられるとは思いますが、
 あの何とも言えない雰囲気が損なわれないか些か不安です。

> 火ノ丸相撲
 このまま全国大会、というのはやっぱり早すぎる気がします。
 かといって番外編みたいな話をしたらこの緊張感が薄れる、
 修行つってもこれ以上何すんの、という感じなんでしょうがない感ありますが・・・
 その点、確かに火ノ丸の過去というのは読みたいですね。
 とはいえそれはこの作品の「本質」でもあるわけで。
 天王寺やまだ見ぬもう一人の国宝辺りで拾ってくるのかなーとか思ったり。
 アレな話、大会始まって一切修行展開とかそういうのが入らないとは思えないんで。

> ヒーローアカデミア
 遅れコメント故申し訳ないですが、1クールのようですね。
 ワタシも2クールが当然、と思っていました。

> 余談
 ワタシも読みました。
 本編感想であんだけブチ切れたので、「目黒ひばり」という人物がどういう存在なのかは気になってましたし。
 まぁ結論としてはやっぱり変わらず。
 「二度とマンガというものに関わらないでほしい」 ですね。
  1. 2016/03/28(月) 15:32:21 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> 番外編
 番外編の内容にもよりますが、暗殺なんていくらでもやるタイミングあったわけで。
 そらこの卒業シーズンに合わせた&実写版公開に合わせてコレなんでしょうが、
 本当に晩節を汚していてイヤになります。
 ファンブック投票なんかを見るに、成長後の後日談なワケでもないようですし。

> アカデミア
 回想枠では死人や重傷者も出てますが、進行形では初めてでしたね。
 生徒たちで難しいのならヒーローで、というのは当然とも言うべき形かと。

 内通者は・・・今話での「教師陣とプッシーキャッツしか知らなかった」ってセリフをご覧くださいませ。

 かっちゃんは助けになんてきてほしくないでしょう。
 捕まったのも自分が弱いから、それで助けられても嬉しくない、と思うに違いないです。
 いざ助けにいった時「何故助けた」とか絶対言いますよ、彼。

> ワンピース
 > 今回の一件でログの最終地点がゴールではないってことになったようですが
 > だとするとルフィたちがもう一度リヴァースマウンテンに戻るって展開もあり得るんですかね
 > まあルフィは何度でも冒険したいだろうからかまわないでしょうけど
 > あまり同じような話を描くのは漫画としてはよくないのかなあと
 イヌアラシの「これまでの旅ですでにその先の冒険を始めているのだ」ってセリフ読みました?

 > それとラフテルあるいはワンピースのありかはマリージョアの付近って可能性もあるんじゃないかなあって
 > もしそうならば間違いなく第2の頂上戦争が起きそうです
 マリージョアはレッドラインの上、魚人島の真上ですよ。もう通り過ぎてます。
 4点が重なるポイントで、新世界の入り口であるマリージョア=魚人島に近しい所がラフテルのポイントなら
 ロードポーネグリフの導くポイントが新世界以前の海に2点はあることになりますね。

 > あとサンジ奪還はドレスローザで戦わなかったメンバーで向かうことになるのかなあと
 今話読んでそう思わない人がいるとは思えません。

 失礼ながらkatariさん。↑のアカデミアも含めてもうちょっとちゃんと読んでください。
 時たまそういうコメントをいただき、以前から気になってました。

> クローバー
 katariさん含め、結構「ヤミさん説」が多くてかなり驚きました。
 この展開でヤミさんが裏切者とか衝撃的すぎます。悪い意味で。とてつもなく悪い意味で。
 それならまだ「魔法帝が裏切者です」の方が幾分か納得出来ます。ありえませんが。
 裏切り者が1人じゃない説は良いですね。

> トリガー
 ガロプラ侵攻と同時進行でやってたのにここまで描写してないとかだったら漫画として終わってますね。
 マンガの描き方が下手ってレベルじゃありません。

 香取隊、柿崎隊が格下感は確かに否めないので、この戦いで株を上げてほしいものです。

> 暗殺教室
 松井先生が「今作は少年少女へ向けた作品」と表明していたのを見て、
 「あぁ今作は俺はターゲット層じゃなかったんだ」と思わされました。
 だからこそこの違和感だというのなら大したものです。
 万人が楽しめる漫画なんてほぼ無理なわけで、
 「ネウロ」も「暗殺」も明確にターゲット絞ってそしてあの成功っぷりだと言うのだから、
 改めて松井先生は天才なんだ、と思わされました。

> 火ノ丸
 こういう話を挟んだ以上、桐仁には是非とも試合に出て欲しいですが、
 彼が出るなら、誰かが出ないということ。
 その「誰か」の株を下げず、
 かつ桐仁にはあまりでしゃばりすぎない感じでのサポート役・文字通り補欠をお願いしたいものです。
 まぁその辺が今話で「分かってますよ」と川田先生から作中で伝えられたので全く心配はしていませんが。

 アニメ化は別にしなくて良いです。
 この熱量をキッチリ伝えられる製作も制作もちょっとパッとは思い浮かびませんし。
 やるなら超大作級にやってくれないと。
 ワタシはいまだに「ジャンプ」で今作が今一番好きなだけに、下手な作品愚弄は本気で許しません。
 「ネウロ」の悲劇はあれっきりで充分です。

> ものの歩
 蒼馬の淡白な態度については絶対補完されるでしょうし、
 彼の本気の将棋を見せてほしいものです。

> 背すじ
 「一生」って書くと確かに無理ですが、
 競技ダンス≒社交ダンスはダンディなおじ様やビューティなマダムがやってる印象の方がいまだに強いですし、
 あの二人には続けてほしいものです。

> ニセコイ
 正直、ヒロイン2人が告白しようと頑張ってますが、
 その告白よりも先に楽が結論出して欲しいと心底思ってます。
 古臭い考え方ですが、やっぱりこういうのは男の方からキメないと。

> カラダ探し
 > 一応気を使って嘘をついてる可能性はありそうですけどねえ
 だから「そうする意味がない」って書きましたよね。
 高広がウソついてて美雪が気づいて、
 「私のためにウソついてたんだ」なんてメンドくさい展開読みたくないです。

 > カラダ探しが今回の話で決着はないでしょうから
 katariさんが今回で終わると思ってないことに衝撃です。
 むしろワタシなんかは「これで終わらんとかありえない」とまで思ってますが。
 明日香が頑張った第1章、その明日香が捕らわれてそれを助ける第2章。
 残す「カラダ探し」の謎もさほど多くはないですし、これで終わらない意味がわかりません。
  1. 2016/03/28(月) 15:23:38 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

ゆらぎ荘
千紗希ちゃんは遠月学園の生徒になりましたので
  1. 2016/03/27(日) 16:36:55 |
  2. URL |
  3. 彌 #-
  4. [ 編集 ]

16号

温泉街のメデゥーサ
加賀地さんが一人ぼっちから徐々に人付き合いができるようになってくると独自性が薄くなったのかな?まあ、不動くんの性格がアレなのでラブコメ進行しない状況で締めたと思います。

エンペラー
神出鬼没の謎はいずれわかるのか?単行本書き下ろし40pってすごいですね。
第一話を読もうとしてツイッター漫画ということを理解せずに横にページが動かないと焦ったことも懐かしい。

火ノ丸相撲
予選で桐継が補欠登録していたと思ってました。
このまま全国大会に突入するのか。個人的には突入前に火ノ丸の家族事情に少し触れて欲しかった。やっぱり母親は亡くなっているのか?父親は?兄弟姉妹?

ヒーローアカデミア
4月日曜日17時枠で放送なのですが、2クールですかね?

余談
週プレのニュースで目黒ひばりのインタビュー記事をたまたまみたのですが、
本人は勿論編集部の資質を疑ったわ。原作ってそんなコネ的にやれるものなんかい。
  1. 2016/03/27(日) 10:35:18 |
  2. URL |
  3. まるまる #195Lvy4Y
  4. [ 編集 ]

失礼します

どの作品にもいえるが
番外編をやるにしても連載中にやるべきじゃないのかってことですかねえ

そういやハンターハンターの復活も聞きましたが

ハイキュー
まあ反則じゃないのなら勝つために何でもやるってのは悪いとは言えないですね

アカデミア
この漫画はリアルに死者が出てきそうな内容なんだなって思いましたね

それとヒーローという存在が絶対じゃないんだということも感じてきました

内通者云々に関していうと学校内だけじゃなく警察内部も疑ったほうがよさそうな気もしてます

出久たちで爆豪を助けに行くかどうかは
相当難しい選択だと思います
リアルに考えると生徒たちで独断専行するのは勇気じゃなく無謀だと思うので抑えるべきだとは思いますが
ただ生徒が誰も爆豪を助けに行かなかったら爆豪はどう思うのかなあと

ワンピース
ゾウの話はもうワンピースへの謎を解く話が中心になってるっぽいですねえ

今回の一件でログの最終地点がゴールではないってことになったようですが
だとするとルフィたちがもう一度リヴァースマウンテンに戻るって展開もあり得るんですかね

まあルフィは何度でも冒険したいだろうからかまわないでしょうけど
あまり同じような話を描くのは漫画としてはよくないのかなあと

ただそれならばルフィはまた魚人島に行く可能性もあるんですよね
そうなるとここでルフィが魚人島を滅ぼすという伏線がかかってくるんだろうかと

それとラフテルあるいはワンピースのありかはマリージョアの付近って可能性もあるんじゃないかなあって
もしそうならば間違いなく第2の頂上戦争が起きそうです

ここらで一端それぞれまたバラけるみたいですねえ
まあこれ以上ローや侍と同行するわけにいかないから仕方ないんだろうか

あとサンジ奪還はドレスローザで戦わなかったメンバーで向かうことになるのかなあと

ジャックをさっさと倒してほしいという点は同意ですけど一応カイドウの幹部ですからねえ
そう簡単に行くのかどうかは
ルフィたちじゃなく他のメンバーで倒すというのもまた一つだろうか

クローバー
アスタの態度を見るとまさかヤミ団長が裏切り者ではって思ってしまったけど
それは漫画としてはなしですよねえ
奇をてらえばいいというものじゃないですし
少なくとも先日援軍にきた団長は違うと思うし
ノゼルに関しちゃフエゴレオンがやられた怒りは本物だと信じたいし

金色の団長がどう見ても怪しいんだが
そう簡単に尻尾を出すとは思えなかったり
あと裏切り者が一人とは限らないかも


トリガー
すでにランク戦は終わってるのかと思ってましたよ
ガロプラとの戦いと同時進行でやってるとばかり思ってたので
現時点の印象だと
今まで戦った相手より弱そうな気がします
B級上位は当然としても
那須隊や鈴鳴第一にも劣ってるような気が

暗殺教室
個人的に茅野の豹変はまさに暗殺って感じだったのでそれ自体は悪くなかったけど
ここからが「暗殺教室」です があきらかにハードルを上げたような気がします
それと主要キャラが中学生で舞台が学校だったことで前作よりはるかに制限があったんじゃないかなあって
少なくとも無茶すぎるものができなかったのかも
あと実写映画が逆に制限を生んだかもしれない

ただ連載作品が2作ともヒットしたことを考えると松井先生の才能はすごいと思いました
でもどんな漫画家でも読者全員に絶賛させるのは至難の技なんでしょうね
好きな漫画家でも全ての話が素晴らしいわけではないってことかなあと

火ノ丸
そういや桐仁も1年生なんだよなあ
監督をするといっても
県大会の時も選手登録すらしてなかったとは
桐仁の覚悟を否定する気はないけど
やっぱりどこかで逃げてたみたいなところはあったのかもしれない

控え選手として登録するのはいいけど
出られても1試合だけでしょうね

ちなみにこの漫画はアニメ化しないんだろうかって

左門
エクソシストが出てきて
ガチバトル漫画にならないかと危惧してしまう
まあ大丈夫か

にしてもてっしーも悪魔と一緒の生活に慣れちゃってるんだな

あとアンリマユさん大悪魔なのにエクソシストに負けていいんだろうか

ものの歩
あえて思うことがあるとすれば
いくら正論でも見知らぬ人間にどうこう言われたくはないでしょうねえ

あと蒼馬の態度はやっぱり竜胆を逆なでしてしまう気はする
最もプロになりたくないから手を抜いてるのかもしれないが

鬼滅
次回カラーというけどそんなに人気あるんだろうかって

背すじ
まあダンスって一生続けられるものじゃないだろうからなあ
家の事情か体の調子とかそういうのが関係してるのだろうか

ニセコイ
ここまで来て
告白しないってのはさすがにないだろうけど
2人の間で揺れ動いてる楽がはっきり回答できるのかどうかが疑問
せめて2人への気持ちの違いがはっきりわからないと答えも出せないんじゃ

カラダ探し
一応気を使って嘘をついてる可能性はありそうですけどねえ
でもそうなると処分されてるっていってた云々が気になるが

カラダ探しが今回の話で決着はないでしょうから
誰が呪いを受けるのか
今の時点だと美雪が可能性高そう

あともしかすると他の体を見つけないと頭は現れないとかってありえるんだろうか
それこそまた人形の中にと

武司に関しちゃ現時点名前ぐらいしか思い浮かばないが
ただもしかすると前と同じメンバー全員は選べないとかはあるのかなあと
  1. 2016/03/21(月) 22:26:17 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2787-3271d057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR