FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2016年2号 感想

はい、水曜更新でございます。またです。お待ちいただいてた方には申し訳ありません。
長きに渡った地獄の仕事&出張、全てが終了しました。
これからワタシは自由へ羽ばたきます。とりあえず年内はもう何もない。繰り返そう。「何もない」。

ヒャッハー!種籾だぜぇ!
間違えた。
ヒャッハー!隔日で休みだぜぇ!

はい、マジで、隔日で休みです。隔日です。隔週じゃなくて隔日。
やろうと思えば年内の出勤日、全てを振休で埋めて休日当番の日以外出勤しなくて良い~
なんてことも、「楽勝」で出来るぐらい、この地獄の仕事マンスリーで働きまくったけど、
そこは良い塩梅に振って、とりあえず12月は隔日で休みということで。

とりあえず先日の出張でこの鬼の仕事も完遂したので、もう悠々自適ですわ。
仕事へのやる気なんてコレっぽっちもないですわ。もはや年末どう過ごすかしか考えてないですわ。
まぁ年末どう過ごす~つっても30日まで仕事あるんで年末もクソもないんだけど。
ちなみに年始は3日まで休みだけど、4日から早速出張です。年明け一発目から会社行きません。今年もでした。またか。

いやぁ・・・辛かったねこの10月11月12月。本当によく頑張ったわ俺。
自分で自分を褒める。だって誰も褒めてくれないもん。自分だけでも褒めなきゃやってられませんわ。
これからは、このジャンプ感想含めて、平穏無事にやっていけると思います。
いやぁ改めて俺、よく頑張った。頑張れた。頑張りきった。もう年内は頑張らんぞ絶対に。

ういじゃ水曜今更ジャンプ感想でっす。
今更なんで短めを目指しますが、なんだかんだいつもの量になると思います。

週刊少年ジャンプ2号
  表紙&巻頭カラー:ソーマ
  センターカラー:火ノ丸、読切


雑多
 今週末公開の「スターウォーズ」にてルフィがエールを送る映像が一部劇場で流れるそうな。
 この企画考えた人、真正のバカだと思う。そしてそれを通した上もまた同じ。
 いくらなんでも土俵が違うなんて次元じゃねーぞ・・・何考えてんだ。
 スターウォーズファンもワンピファンも得しねーぞコレ。
 脱線するけど、ワタシは「スターウォーズ」を「SW」とは絶対に略しません。
 だって「SW」は「Strike Witches」だから!「スタウォ」やな。ちなみに見に行く気はありません。
 スタウォあんまり好きじゃないんだよね。

 アニメ絵のお茶子と飯田君いい感じですな。
 お茶子のあふれ出す田舎娘感。よく出てるわ。

 劇場板遊戯王は・・・一原作ファンとして、完全新作は見たい反面、
 アニメの遊戯王って見てなかったのよね。テレ東系だったから。
 だもんで、そんな劇場版のPVを見て、遊戯と海馬の声の違和感に興を削がれてたり。遊戯あんな声なんかい。


食戟のソーマ
 アニメ2期だって。知ってた。
 どこが「超重大発表」やねん。規定路線やがな。予定調和やがな。
 ソーマが叡山に勝つことよりも決まってることすぎて、「超重大発表」のアオリにイラつきますわ。
 あっカラーのトナカイえりなさんは可愛い。

 ええっ・・・普通に勝っちゃったよ。逆にビックリしたわ。
 そらこっからまた八百長との狭間で揺れる審査員の心情なんてクソどうでもいいことだけど、
 結局「ふえぇ美味しいものには敵わなかったよぅ・・・」パターンのまま最後までいきやがった。
 う~ん残念無念。
 初めての大事な大事な十傑との正面対決がこんな形か・・・はぁ・・・
 叡山に煽り耐性さえもうちょいあればなぁ・・・

 ソーマのあのゴッテゴテクドクド料理が、テキトーな極星寮だからこそ産まれた、
 あの魔人・えりなさんすら全く想像出来なかった料理を創造していたという補完は良かったけど。
 あっ竜胆先輩のリアクションは非エロながらエロくてよかったです。この人に関しては不満なし。
 あとプリプリえりなさんも。えりなに懐きすぎ吉野も。女子組はマジ癒し。


僕のヒーローアカデミア
 魔獣の森編で何週かやるんかと思ったら全カットの上、クラス全員で同時到着とは・・・
 展開早すぎてちょっと驚きましたわ。

 「入浴」の文字を見て、やってくれると期待してたけど、さすが峰田さんすなw
 一切ブレないその性欲の権化っぷり。好感に値しますわw
 そうさな。お前に求められてるものはそこですわなw 飯田君やかましいやかましいw
 やかましいから峰田なんかのケツを受け止めることになるんだよ!
 にしても「隠さない」の、芦戸ちゃんはともかく八百万ちゃんや梅雨ちゃんもなんか・・・ほぅ。

 ワイプシの洸太くんはてっきりショタに見えるけど実力めっちゃあるワイプシのリーダー的ポジションかと思ってたら、
 そのままショタだったんですな。
 ヒーローについて怪訝な気持ちを持つ者と、ヒーロー特訓するとは中々興味深いかと。
 最後はデクたちのファンになる所まで決まってるけど、その心変わりの課程はキチンと描いてほしいかと。

 林間学校は個性伸ばしイベントということで。
 20人全員個性が違う中、どう一律に特訓してくのやら。デクとか伸びたばっかりなのにまた伸びるんかねぇ。


ブラッククローバー
 マリーの言葉をもってしても止まらないシスコン鼻血先輩に一番脅威を感じつつ、
 ちっちゃい敵さんの後ろには白夜っすか。存外早く再会したなぁ。
 これからこういう方向性の話が多くなりそうなだけに、初戦がどうなるかは気になるかと。


火ノ丸相撲
 ISSですき焼きwww パねぇwww

 ギャグから1話明け、ユーマさんの確執ということで。
 日に日に重くなる後悔、永遠に小関に遠慮してしまう精神、顔すら見られない、相撲を好きだからこその確執。
 そんなユーマさんの後悔を、分かっちゃいたけどバッサリ、あっけらかんと小関が一刀両断してくれてスッキリしましたわ。
 俺たちだって分かってる。ユーマさんのしたことが根本的には許されないことを。
 それでも小関や火ノ丸はとうの昔に許してる、そういう紛れもない事実を、
 ユーマさん自身が楽しそうに相撲してた という純然たる思いで完全払拭してくれて、良かったし助かったわ。
 さすが小関部長。何もかもよく分かってますわ。

 もうちょい重苦しく引っ張るかと思ったユーマさんの確執、コレで完全に晴れたでしょうな。
 ようやくユーマさんも覚醒か・・・全国へ向けて、胸がアツくなりますなぁ。
 ここにきてこういう話をやれることは値千金のものがありますわ。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 ダイナミックな宮大工君コンビ、さすがの御木君コンビ(ターニャの本名すげーな)が注目の中、
 徹底して「普通」で踊りきった雅春&英里ちゃんコンビは嬉しかったなぁ。
 踊りきれたこともだけど、とにかく、なんて楽しそうに踊るんだあの2人。
 前回があぁだっただけに、ようやく本番の舞台でも楽しく踊っている2人が見られてとにかく嬉しい。
 あの「普通」は決してただの「普通」ではないですわ。
 あの2人にとって現時点で出来る最高の演舞でしたわ。間違いない。よく魅せてくれましたわ。
 あとすんげー地味ながら、踊りきったあと秋子先輩が泣いてるのがこれまた嬉しい。
 いやぁほんに、良い先輩たち、良い子たちだなぁ・・・

 宮大工君は・・・うん、ギャグもとい癒し系。


暗殺教室
 よっわ。
 ホウジョウの部下たちよっわ。
 さすがにホウジョウは強そうだけど、部下があんな体たらくじゃホウジョウも数の暴力には勝てんのだろうな・・・

 対ホウジョウの部下たちをどうするか期待してたのに、予想よりも大分弱くてゲンナリですわ。
 こりゃホウジョウも早々にノされて、あとはせんせーvs柳沢&花屋まで一直線やな・・・
 ホウジョウ部隊を柳沢たちに無力化させる案は空想だったか・・・


読切 殺し屋ドミノ (第年秒)
 第年秒先生がついにジャンプ本誌に参戦か・・・
 まさか誰にも注目されないまま始まって、そして終わった「5秒童話」の頃は、こうなるとは露ほども思わなんだわ。
 出世したねぇ・・・

 というわけで第年秒先生の読切。
 独特のセンスと毒っ気そのまま、楽しいマンガでしたわ。
 パパンが極悪人とは思わなんだわ~
 英ちゃんの覚悟、お遊び銃撃の一応伏線、この街の全てを知る偽りなしの攻撃、美しいエンディングでしたわ。
 どうせなら食べ歩きやゲーセンなんかも伏線としてあげておいてほしかったけど。そもそもツッコみ所ありすぎだけどw

 実に第年秒先生らしい読切でファンとしては満足だったけど、コレ、評価されるんかなぁ・・・びみょー


ワールドトリガー
 ガロプラ侵攻始まってしまいましたか。
 ひとまずランク戦に影響はないようだけど、影浦隊、東隊、出水や菊地原の参戦が見込めないのは迎撃部隊的には痛手だなぁ。
 東さんはこの侵攻を知ってるとはいえ、あとのメンバーはほぼ知らないだろうし、
 ランク戦終わってからこの事実を知って、ユーマやオサム、影浦あたりがどうリアクションするのか気になりますわ。
 つか教えられんまま終わる可能性もあるけど、まぁあんだけ勢力投入してたらバレることだろうし・・・

 陽太郎の監視の元、ヒュースが離脱したのは結構驚きの展開。ヒュースはそういう形で動きますか。
 なんだかんだ陽太郎には思うトコあるみたいだし、ヒュースはなんだかんだ心配はいらないだろうけども。

 アフトの大規模侵攻の時とは違い、大分隊員の顔を覚えたからか、あのオールスター迎撃戦はアツいものがありますわ。
 A級B級入り混じった総力戦。大規模侵攻を読み直したくなったわ。

 サクッと平和的に本部侵入されちゃって。相対するのは迅さんか太刀川&小波先輩か・・・


ハイキュー!!
 次号センターカラーということでいよいよ次回決着ですか・・・
 勝敗は分かりきってるとはいえ、それでも息をつかせぬ魅せ方は天晴れと言うしかないですわ。
 ようやく、「白鳥沢にも勝ってほしい」と思えてきたわ。


左門くんはサモナー
 ワケわからんwww なんだこの話w
 大丈夫か?最近の「左門くん」。俺は楽しんでるけど世間もコレを楽しんでんのか????

 ベヒモス先輩めっさいい悪魔・・・ってそんなの前のネビロスさんの時で分かってたことか・・・にしてもいい悪魔。
 カス虫野郎にさえ使われてなければ・・・ってそんなクッソ面倒くさいカス虫相手にも懐深いとは・・・
 てっしーは元より、クズ龍くんにも優しいとかマジベヒモスさんいい悪魔。

 アンタはそれでいいのか・・・?あらゆる意味で。


ものの歩
 十歩がヒロインやな・・・髪型変わってもうおにゃのこにしか見えん。みなとちゃん今までありがとうございました。
 正式に転校フラグも立ったような気がするし、本格ヒロイン参戦待ったなしですな。
 あっでもヒロイン力ならツンデレ竜胆さんにもまぁまぁあるな・・・

 信歩の戦法がようやく固まったということで。
 矢倉っすか・・・将棋素人の俺でも聞いたことある戦術だわ。どういう戦術なのかは知らんけど。
 まぁ広く浅くやるより、とりあえず出来る戦術を絞る方が時間ないのなら堅実ですわな。
 一極集中が持ち味でもあるわけだし。


斉木楠雄のΨ難
 超能力の制御が効かないとは珍しい話を・・・
 つか斉木自身全く分からないって案件はもしかしたら初めてか?
 何か理由付けてくれるとは思うけど、巨大化コメディをやりきった後かねぇ。


バディストライク
 またミニ勝負かよ・・・と辟易したけど、
 鹿真城先輩が凄腕すぎて今のところ楽しいですわ。キャラ性然り、実力然り、主人公コンビより魅力的ですわ。
 巻けたら雑用、勝ったらレギュラーということで、体よく引き分けか勝負お流れになるのは必然だろうけど、
 今のところ「ただ早いだけ」感ある荒狼の球を1年生が打てないとも思えないんだよなぁ。
 鹿真城さんぐらい魅力ある投球してくれたら良いんだけど・・・


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 たま~にあるファンタジー展開すか。
 何になっても上手く生きていくなぁ。
 最近のネコブームを鑑みると写真有料化は現実的だけど、有料にしても取得する人がいなきゃダメか。
 良いとこ公共団体が持っていくにしても悶着あるわな絶対に。


銀魂
 坂本と喜々の関係性を重ねつつ、喜々が得られなかったものとの対比が見事だったかと。
 ただの人徳ではなく、坂本もやっぱりなんだかんだ攘夷四天王で優れた長なんだなぁ。
 坂本が剣で戦わない理由も今更判明したけど、その理由もまた「らしく」あったかと。

 そんな坂本の剣の道を絶ったのが銀さんの相手っすか。
 ガッツリ攘夷戦争の回想となるか。白夜叉再臨となるか。一番注目の戦いですな。

 なんぞ特集ページが組まれてるけど、ここはそんなに分からないことじゃないんで・・・


ニセコイ
 どうしてこういう楽しいイベントを、マリーにやってあげられなかったかなぁ・・・
 マリーはアレだとしても、寺ちゃんとだってこんなのねーぞ?
 なんだこの基礎はもう完全に出来て今から建立、どころかもうほぼ完成みたいな関係性は。

 こう言っとけば言いんでしょ?よっしゃ言ってやろうじゃねーか。
 「お似合いだわお前ら」

 寺ちゃんの命、風前の灯。


BLEACH
 ジェラルドさんも前2人同様、神の力とやらで化物(まだ人型だけど)になったことよりも、
 味方陣営が白哉、恋次、ルキア、平子、雛森のたった5人しかいないことに衝撃だわ。
 有象無象だったとはいえ、有象無象はホントに有象無象だったんかい。悲しいなぁ・・・
 まぁその有象無象も結局誰がいたのかすら覚えてないんだけど。

 とはいえ、巨大化は負けフラグ。
 ジェラルドさん、あと二段階ぐらい「奇跡」で変形しないとフルボッコにされまっせ・・・
 つかこういうのの相手こそ、どこかのペルニダ戦でなす術もなく一瞬でやられた特記戦力(爆笑)さんが良いんじゃ・・・


トリコ
 ついにトリコがドベレースに参戦か・・・
 まぁお世辞にも最近の展開は面白いとはいえないし、当然ですわな。
 そえrにしても、銀魂、ニセコイ、ブリーチ、トリコ。
 一時代のジャンプを築いた作品たちが揃ってこの下部に集まるとは・・・次代が育ってる証拠だけど、
 長らくのジャンプファンとしては思わないことがないわけではないですわな。

 本編は特に書くことも・・・アサルディーの過去とか死ぬほどどうでもいいし。


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 おいあらすじ、あらすじしてんじゃねーぞ。何正しいあらすじしてんだちゃんとせーや。

 今の子供に天馬博士、ゴジ博士、PLUTOが分かるかよw 俺でも世代じゃねーぞw

 ホントに怪獣大決戦ならぬロボット大決戦になっちゃったよw



 次回合併号。日曜には更新出来ると思います。




少年ジャンプ+ 12/6~12/12更新分

CHERRY TEACHER佐倉直生
 クソッ あと1秒で石灰が水分に反応して発熱現象が見られるはずだったのに・・・先生ェ・・・空気読めし(変態
 静夏さんマジ鬼畜w


SOUL CATCHER(S)
 スプリングコンサートにいたことになってた他のポッと出ライバルたちとも戦いだしたのは正直・・・
 評価したい。
 ポッと出にさせられた構成はともかく、邑楽先輩LOVEなクラリネット、神峰に激烈アプローチのバスクラ、
 あの弦野のライバルかと思いきや演藤ちゃんと戦うコントラバス、最強の金賞の星のサックスと、
 キャラは4人ともガン立ちですな。
 この1話でだけでどこぞの竹風高校とかいう学校の無個性部長の個性を超えてますわ。

 そんな各校のライバルたちに躍起になる鳴苑バンドを治めるのがいつもの神峰ではなく、歌林先輩とはアツい。
 たった一人。いつの間にか攻略されていることになっていた歌林先輩だけど、
 ここにきて、この全国という舞台にきて、こんな場面でようやく輝くとは。
 刻坂相手にはブッレブレだけど、この人がここで支えるとはなぁ。イイネ。今話は純粋に楽しかったすわ。

 
天神-TENJIN- 音速の鷲
 笹木さんのツンデレが2部でも見たい


温泉街のメデューサ
 不動君、すんごい分かりにくかったけど、加賀地さんと出会ってより蛇が好きになってたのか。
 あながち本筋のラブ路線に光がないわけでもないんやな・・・

 加賀地さんは現状維持路線になっちゃったけど、
 まぁ彼女が不動君でも菅君でも、付き合い出したらこの漫画は終わりだわな。

 菅くん×ななちゃんは・・・・菅くんからの矢印がもうちょっとほしい。
 まぁでもこの2人はこの2人、この関係のままがこれまた美しいか・・・
 とりあえずあの妄想はすげぇ現実味があるわw
 

僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!!
 いくらでも話広げられる体力測定を広げてくれたのは嬉しい限り。
 八百万ちゃん無双とかマジあんな感じだったんやろうな・・・

 そしてオールマイトはコッチでもヒロインかw


i・ショウジョ+
 六仙×八頭くんカップルは好きな二人なだけに、またフォーカス当たってくれて嬉しいですわ。
 まぁ今までなんだかんだオムニバスを通してきたのに、2回目はどーなんだって気持ちもあるにはあるけども、
 前のが八頭くん編、今回が六仙編ということで・・・

 指輪捜索ラッキースケベになりそうかと思いきや、六仙がちっちゃくなっちゃってどうなるんだコレ?
 もうちょい八頭くんが小さいままのラッキースケベが見たかったわ。アレぐらいのエロスなら全然OKよ。
 指輪自体は十中八九オカンのモノだろうけども。
 とりあえずあの六仙が指輪とかオトメなアイテム身につけてるのはかわいい。


ラブデスター
 ひとまず姐切姉さんとジウさんは決着しましたか。
 ジウがしのからのチョコを受け取らず、どう姐切姉さんからもらうかは注目ポイントだったけど、
 しののチョコはしののウソによって防がれか・・・
 しのにはどういう意図があったのかさっぱり分からんけど、
 やっぱりミクニにチョコを渡すのが自分の役目みたいに思ってるのかね。
 とりあえずミクニか神居かは知らんけど、絶対にしのはチョコ渡すわけで。ジウさんの闇がまた深まるな・・・

 てっきりジウさんを庇う姐切姉さんを見て、チョコを貰う流れなのかと思いきや、
 ほぼお情けみたいな感じで「ジウからの応援してほしいチョコ」か。姐切姉さんの春はまだまだ遠いですなぁ。
 いや、充分春はしてましたけども。

 死ぬことになる最後の1人はやっぱりモブ3人の誰かとしか思えんけど、
 そのまま終わるわけないのがとにかく気になる。あとビッチ2人の運命も。 


アクセルスター
 まぁ宝蔵寺やろなぁ・・・
 チラ見えしたラケットケースの「GAJ」の時点でお察しでしたわ。
 とはいえ、イメージしてた人物像とは大分違ったけど。もっと天才天才した感じかと思ってたわ。
 こういうのは3番手ぐらいのキャラだとばかり。
 本当に事前試合やるのかまだ分からんけど、またコテンパンにやられるんかねぇ。


時間の支配者
 バトルが終わってようやく本筋が進みはじめましたか・・・
 霧らしい霧、ヴィクトらしいヴィクトがようやく見られてなんか安心しましたわ。

 とはいえ、純白の計から取り戻せる時間はたった1分。
 さすがに全部取り戻すなんて予定調和路線は完全否定してきましたか。
 なんだかんだ1分ってことはないんだろうけど、ここでこの否定は大事ですな。


群青のマグメル
 スタンドバトルすなぁ・・・
 ラクトを奪うラクトとは、ベタな強奪系能力ながら面白かったけど。
 

カラダ探し
 ゲームクリア時のメンバーの行く先、棺桶に入った人の運命、
 八代先生が5年もかかった理由、「遥」の真相と思惑、
 その全てを解説しつつ、棺桶に入った人間は救われない。
 明日香は一人絶望の淵に・・・

 という所で、記憶があった高広参戦は激アツでしたわ。
 アレで死んでなかったんかい!絶対死んだと思ってましたわ!
 まぁ今までもったいぶってないで早よ会いに来いやと言わざるを得ないけど、コレはアツい。

 でも、別れは訪れ。「THE END」とは一体・・・
 コレ、終わったん?
 単行本宣伝ページの次に反転した「THE END」と謎の女子生徒が映ってるけど、
 まだまだ続くんよね?
 だってまだ美子の死の真相、美紀の亡霊の真相分かってないもんね?
 まだまだ続くんよね?高広が「明日香探し」をしてくれるんよね?

 つか結局何をもってしてこんなことになってしまったって、
 全ては大体知ってるくせにずーっと勿体ぶってた八代先生に全責任があるわ。そこまで分かってるなら教えろや。


新連載 デッド・オア・アニメーション (天望良一)
 アニメ仕事モノということで。
 かつてジャンプSQに連載されていた「戦場アニメーション」や、
 つい最近までマガジンで連載されていた「凸凹アニメーション」なんかで描かれつつも、
 儚くも両者ともに打ち切りになってしまったけど、俺は両方とも好きな漫画でしたわ。
 傍目にはアニメは漫画の上位互換であることは否めないわけで。色あり、音あり、声あり、動きあり、 
 「漫画でアニメを描く」という、言わば逆順なことをどう表現するか。まずはそこに注目ですな。

 とりあえず主人公君のアニメに駆ける情熱は今話でキッチリ描かれていたかと。
 今日び「夢」を目指すための葛藤を1話でここまで丁寧に描く作品はそうはないだけに、嬉しかったですわ。
 絵はまだまだ拙いけど、この拙い絵でアニメの魅力を、アニメを仕事にするという夢を伝えきれるかねぇ。
 まぁ頑張ってほしいですわ。主人公君にも、天望先生にも。
 一マンガ好きとして、一アニメ好きとして。


フードファイタータベル
 中々業の深そうな少年時代やな・・・
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 僕のヒーローアカデミア 火ノ丸相撲 背すじをピン!と ワールドトリガー 左門くんはサモナー 磯辺磯兵衛物語 ジャンプ+ SOUL CATCHER(S)

  1. 2015/12/16(水) 22:50:07|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<週刊少年ジャンプ2016年3・4号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2016年1号 感想>>

コメント

Re: rakuさん

> ソーマ
 一度アニメになってしまえば、人気とストックさえあれば2期があるのはもはや当然の時代ですからねぇ。
 アニメ1期は最後まで見れてませんが、少なくとも原作を貶めるようなことはなかったように聞いてますし。

 個人的に今回のソーマの料理はガッカリでしたね。
 いくら極星で培ったごった煮料理といえども、純粋に「美味しそうじゃない」もんで。
 料理漫画なのに「美味しそうじゃない」って結構ヤバ目の案件ですからね。

 ウヤムヤ八百長、叡山の反論と格落ち、周囲の反応、裏切り十傑の反応、薊さんの反応
 見たいことはいろいろありますが、次号で収まるとは到底思えないから年は越すんでしょうねぇ。

> ブラクロ
 合コン回って4号前なんですけど、そんなに反映早いんでしたっけ。
 7号前ってイメージでずっとやってました。思えば7号ってかなりありますね。

 サリーさんとの戦闘は是非とも女性対決。シスターババアの参戦に期待したいです。
 もはや彼女が戦うのは今しかないですし。

> 暗殺
 「暗殺」にふさわしい戦闘をしてましたが、それでも期待してた以上の強さはなかったんですよねぇ。
 多少の強襲ぐらいうろたえず1人や2人を戦闘不能にするぐらいはしてほしかったです。
 まぁ「全員で教室に行く」という目標な以上、その展開が難しいのは仕方ないですが。

> トリガー
 ん~?ランク戦とは並行するんじゃないですかね。
 個人的にはランク戦終了と同時にこのガロプラ侵攻も終了~というのは美しいと考えています。
  1. 2015/12/20(日) 16:41:24 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ソーマ
 未知の料理でもなんでも、
 策でもなんでもない策に勝手に引っかかったのが問題なわけで・・・
 八百長に手を出すならその辺わきまえてると思ってたんですがねぇ。

> 火ノ丸
 不良更正物語は往々に熱血かつ場に流されるみたいな感じになりますが、
 今作がそうでなかったのは良きことかと。
 真なる意味での「面白い」とは違いますが、充分面白かったです。

> 暗殺
 最強の傭兵の部下で鷹岡以上の実力者のはずなのに、
 30人のそこそこの暗殺者でかかられたらダメってのはホントどうなんですかねぇ。
 並ならば30人相手に四苦八苦するのも仕方ないですが・・・ 

 ホウジョウは別に殺りには来ないでしょう。傭兵ですからね。
 いくら地球のためとはいえ、あそこで中学生殺るようじゃホウジョウも終わってます。あらゆる意味で。

> トリガー
 夜間・本部だけなので一般市民にはほぼバレないでしょうが、ボーダー内では隠蔽は無理でしょうね。
 C級がどれぐらい基地に散在してるのか分かりませんが、バレない方がおかしいレベルの騒乱ですし。

 ヒュースの口封じ展開はありえそうですが、
 ガロプラ勢の誰もが、ヒュースにすら勝てる絵面が浮かばないという・・・

> バディ
 「打つ」にバントが含まれるような野球対決、やる価値ないです。

> ソルキャ
 ようやくの歌林先輩編でしたね。
 さすが、パートリーダーでした。
  1. 2015/12/20(日) 16:29:50 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

カオスな掲載順

53号あった関係でもう合併号ですか。道理でNEXTが月曜発売なわけだ。

>ソーマ
アニメ化決定は超重大発表なのに2期になるとそうでもなくなる不思議。アニメDVDが5月ということは開始自体は7月からでしょうか。
 本編。ソーマが言ってた「見せときたいもの」ははっきりしてましたし、料理のレシピも面白いものでした。それだけに、今回一番の争点だった八百長がうやむやになってしまったっぽいのが残念ですね。
 今後の叡山先輩ですが、一連の行動が新政権の意向であれ無かれ、即追放とはならないでしょう。経済面では大きく貢献しているので。しかし怒涛の顔芸ラッシュ(という名の回顧録素材)から察するに出番は減りそうですが・・・。
 次週は合併号ということで、また一つ大きな展開がほしいですね。某第七席とか。

>ブラクロ
今回のアンケは確か合コン回の反映でしたっけか。
 本編。シスコンの中でも大分末期患者のレベルでしたか。自身がいないと本人が成り立たないと思い込んでる狂信ドルオタ的な(多分違う)。
 そして敵側のバックには「白夜」団。本人も言ってる通り結構早い再登場でした。初対面時は戦闘不能状態でしたが今回はいかほどに。

>暗殺
おおう思った以上に傭兵達フルボッコ。地の利がある分E組にいくらか有利かとは思いましたがここまでとは。
 ただこれも、ホウジョウの強さを引き立てる為のものじゃないかと思ってしまいますね。早速一人やられてますし。多分今回やられた外人全員でも敵わないんじゃないか・・・。
 一方で、暗殺の基本はいかに相手を戦闘に持ち込ませないか。二代目も、直接戦闘する機会は1%位と言ってました。戦闘に持ち込まれたらまず勝ち目はないですから。数の利を活かして一気に終わらせる展開も考えられます。どっちでしょう。

>トリガー
あぁランク戦が始まる前に終わらせるんですね。流石に並行という荒技は無理があったようで。
 非番隊員限定とはいえ今回も総力戦となりそうな予感です。内部侵入組には迅さん太刀川小南先輩+αみたいな感じでしょうか。外の二人には個人的には三輪隊が当たってほしいですね。槍使いの件匂わせてるので。
  1. 2015/12/18(金) 23:00:34 |
  2. URL |
  3. raku #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

ソーマ
超重大発表ってのをつけるのはやめたほうがいいなって思った
そりゃ初アニメ化の作品ならいいけど

個人的に創真の勝因は審査員にとって未知の料理だったってのもあるのではと
叡山の料理は連中にとっては食べなれた高級品なのに対し
創真のほうはバカにしてたB級グルメが予想外においしかったってことがあるんじゃないかって

ただこの一件でセントラルの存在意義が疑われる可能性はあるかも

アカデミア
洸太の両親の話はこれもまた難しい問題だなあって思った
残される人間のことを考えると

そういや個性そのものの強化って作中じゃ触れられてなかったような気がしますねえ

火ノ丸
たいていの漫画だと不良だった人間が簡単に許されたりしますけど
この漫画の場合は少し違う感じがしましたね
前の空手の先生の時もですが
自分で過去の行いをちゃんと顧みる描写は教育的な意味では大事な気がします
最も漫画としてそれが面白いのかどうかは別ですが

しかし佑真は本来真面目なタイプらしいがなんで不良になったんだろうか
親に原因がある気はするが

背すじ
まあ確かに周りから見たら土屋君や渡ちゃんは普通なんでしょうけど
普通にできることが実は大変なんだなってこの漫画を見て感じますね

暗殺
ホウジョウの部下たち前に出た時は強者オーラ出してたのに
数の暴力にはかなわないってことなのか

とはいえさすがにホウジョウに勝てるとは考えにくいんだがなあ
奴の場合ためらいなく生徒の命を奪ってこようとする気はするし

もしかしたら花屋が力試しにホウジョウをしとめに来るかもしれないが

読み切り
ピタゴラスイッチみたいな感じの手段だったなあって

この作者は5秒童話の時も思いましたが
こういう伏線を張ってそれをうまく回収するのが上手みたいですね
ただ基本長期連載に不向きな気もしますが

トリガー
まあC級とかには今回の侵攻は伏せられる気がします
以前の大規模侵攻で辞めた人間もいるし
もっとも隠せる規模じゃなくなった気はしますが

ヒュースが属国に接触を図るのはまあ当然でしょうねえ
見捨てられたって話自体ボーダーから聞いただけだし
戻れる可能性があるのならそうするでしょうし

ただもしかするとガロプラに出された指示にヒュースの処理も含まれてる可能性もあるんじゃないかなあって
戻ってくれば敵になるっていってるし
国の情報を漏らされないために捕虜の口封じとかハイレインなら平然とやりそうだし
もしそうなったらヒュースが多少なりボーダーに協力的になりえるのかも

左門
悪魔なのにいい奴ってのが矛盾してるって思ったり(笑)

バディ
正直荒狼君に変化球が投げられるとは思えないからなあ
安導がなにかしたりするのかなあって

あるいは打たれてもヒットにならないか
当てるだけならバントって方法もあるしなあ

こち亀
両さんは人間じゃないほうが幸せになれそうだな

トリコ
この掲載位置は初めてだなあって

銀魂はギャグがなくなってるから掲載位置が低くなってるんだろうって思うけど
ブリーチはピークを過ぎてるってところか
ニセコイは万里花の話が評判よくなかったんだろうか

ソルキャ
邑楽先輩が迫られてる場面とか
久々にヒロインとしての姿を見せてくれたなあって
演奏ばかりだったからなあ

にしても神峰は別に女性に反応しないわけじゃないんだなあ
あの場面に御器谷いたけどこっちにも邑楽先輩いてほしかったわ

後心が見えるのに本当に女心には鈍い

それと歌林先輩初めてパートリーダーらしきところを見せてくれた感じがする
サックスは刻阪がいるから演奏面でいまいち目立ってなかったけど
今回を見ると彼女がパートリーダーに選ばれた理由がわかる気がした


時間の支配者
全部を思い出すのは不可能ってことはわかったけど
せめて思い出せる時間を選べたりしないんだろうかって
  1. 2015/12/17(木) 00:39:02 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2773-4e43b644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する