幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<お知らせ>

8/21発売 週刊少年ジャンプ38号感想は、最速で火曜日にUPします (8/20 23:09)

週刊少年ジャンプ2015年51号 感想

今週は・・・・・・・・・・・・・

・・・
何があったっけ。何の記憶もございません。
昨日休みだったんだけど、朝から久々の「NintendoDirect」見てそれなりに興奮した後爆睡、
心置きなく爆睡爆睡on爆睡して、寝溜め出来たことぐらいかな・・・
あとは・・・うん、なんとも。本当に何のイベントもなかったわ。

最近俗世間のトピックスにどんどん疎くなってる気がする。
専門分野だったオタク界隈の分野も情報収集はしてるけど収集程度に留まってるし。
結局秋クールも半月たち、結果今クールは1本もアニメ見てないという事態に陥ってるし。
12月にめっさ休みがあるから、その間で一気見するにしても、3,4本が限界でしょうな。
あぁどうしてこうなった。これも全てクール開始時に熱出してぶっ倒れた&超連勤のせいや・・・
1月からの冬クールこそ、冬クールこそ・・・・

うぃジャンプ感想です。久々土曜更新。だって明日は休日出勤。

週刊少年ジャンプ号51号
  表紙&巻頭カラー:バディストライク
  センターカラー:ソーマ、背すじ、磯兵衛


新連載 バディストライク (KAITO)
 ほい、新連載時恒例・最後の感想となります。この字面の見かけでは全然分かりませんけども。

 ・・・読み終わってまず最初に真実を書きます。
 寝てた。
 マジで寝てた。寝転がりながら読んでたとはいえ、寝るとは思わなんだ。おはようございます。

 つまんなかったです。すごいなぁ54Pもあったのに、すさまじく退屈な漫画だった。
 退屈すぎて寝ちまったよ。
 何この何の特徴もない野球漫画は・・・スーパー野球やれってんじゃないけど、
 「ノーコン速球ピッチャーがキャッチャーを見続けたらストライクゾーンに入るようになりました」て。弱すぎるわ。
 投球だけで30失点するようなピッチャーの適性皆無野郎がそんなに上手くいくわけねーべ。
 今までキャッチャーがやる気なくて~キャッチャーを気使って~とか関係ねーわ。
 極度の人見知りでキャッチャーのこと見つめられないとか、極度の集中力のなさで集中できないとか、
 極度の指の変形具合で速球にはなるけど上手く投球出来ないとか、
 そういうもうちょっと性質的な理由付けの一つや二つ欲しかったね。
 コントロールしてダメ、全力で投げたら大暴投、そらピッチャーの適性ないっすわ。外野なら良いかな。センター辺りで。

 えぇ・・・KAITO先生どしたん・・・全然面白くなかったっす。
 「クロス・マネジ」の時は終盤すげー面白かったのに、またダメになっちゃったの?
 そんでもって今回はヤローばっかの泥臭野球みたいだし、前回より魅力がねーぞ。
 女の子描けっつー話だけど、それに加えこの主人公2人の魅力の無さはやべぇ。どっちにも全然惹かれん。
 コレ来週以降も続けて載るのか・・・やべぇ。


暗殺教室
 普通のレーザー兵器じゃ意味ないのは今更、だったら対せんせーレーザーってのは打倒か。
 にしても本当にせんせーにしか効果のないレーザー兵器作るのに何百億かかってんだかアレ。
 よしんばせんせーを殺した後、各国あの兵器をめぐって~なんて懸念をしなくて良いのは幸いだけど。
 でも改造したらいけんのか?よぅ分からん。
 せんせーが「天の矛」をかわせたのは「勘が良い」とスルーされてるけど、
 「勘が良い」ってレベルじゃないよね。完全に油断してたわけだし。まぁかわさないと今話で終わってるんだけども。
 
 絶対捕縛シールド「地の盾」も強力で、最初からこれぐらいド本気でやれと言わざるを得ないけど、
 まぁここまで準備するのに1年間かかったってのは分からなくもないかね。めっさ大仰だし。

 ようやく全世界にせんせーの存在が伝わったけど、せんせーが悪者になるのはしゃあないわな。
 そうしないと地球は救えないし。今更柳沢だなんだ言っても意味なんてないしね。
 むしろ生徒たちが1%の地球破壊確率に対してヌクヌクと安心してたのが狂ってるわけだし。
 そんな生徒たちが何を思うか駆け出したけど、やっぱりせんせーを救う気なんやろうなぁ・・・恩師として。
 下手な自衛隊員ぐらいなら倒せそうなのが怖いけど、それを止めるのがホウジョウたちということで。
 よしんば生徒たちがせんせーを助けたとして、それで「1%」が発動したらどうするつもりなのか、
 そこに対する解答は、今作の最後、もとい最期で語られる気がするわ。
 あと7日。あと7日で終わりか・・・ 


僕のヒーローアカデミア
 アニメの声はデクが山下くんでオールマイトが三宅さんっすか。
 双方合ってると思うけど、オールマイトは是非とも玄田さん続投が良かったな・・・やっぱりギャラか。
 A組生徒たちは大体の声質想像出来るけど、何人かは驚く編成に期待したい。

 おいおい、前号で結構丁寧に描かれたから、残りのメンツも期待してたのに、
 機動力トップクラスの飯田尾白くんコンビvs個性すら分からなかった(掘削系だろうけど)パワーローダー先生、
 索敵対決だったらしいけど描写なさすぎな障子君&葉隠ちゃんコンビと、テキトーすぎぃ!!!
 もっと触れてくだせーよ。なんだよスナイプ先生との索敵対決とか超面白そうじゃねーか。
 超葉隠ちゃん大活躍しそうじゃねーか。葉隠ちゃんの活躍はずっと待ち望んでるだけに、ひたすらに残念ですわ。

 上鳴と結構個性被っててタダでさえ残念なのが更に残念になった砂藤&切島はともかくとして、
 まさかのお茶子の恋愛展開ブーストを青山がかけてきたことにめっさ驚いたわw
 お前がそこ掘り下げるんかいw お茶子に意識させ始める役がお前かいw

 今話のメイン・峰田は間違いなくカッコよかったですわ。
 あんだけブチブチ文句垂れながら、「モテたい」のみを原動力によくやったわ。
 ヒーロー観は甘すぎるなんてもんじゃないけど、なんだかんだデクやみんなに憧れてたってのはアツい。
 あぁいう戦術が通るなら、瀬呂くん健在だとかなり簡単に終わりそうな感あるよね。
 なんだかんだ絶対拘束の個性の峰田は汎用性高いわ~。

 期末試験終了。
 結果は10分の8チームが突破ということで。あの鬼の教師陣から考えたら優秀ですな。
 さすがに無理ゲーが過ぎた砂藤&切島コンビは可哀想だけど、
 芦戸&上鳴コンビはいけたように見えたかと。まぁあのバカコンビにその知はなかったということで。
 この実技試験がダメだから全部ダメ~ってことはないだろうけど・・・って、
 バカコンビ、筆記がバカだからバカコンビなんじゃねーか!あっやべーなあの2人・・・

 動き出したヴィラン連合は注目のJKちゃんが早速参戦してワクワク。
 また大きな戦闘が始まるのかねぇ。


食戟のソーマ
 ついに公式でも「小物」というレッテルが貼られた叡山だったけど、
 ようやく料理する気になりましたか。
 ヒキのコマだけ見たら超料理出来そうだけど、果たしてどれほどのものか・・・

 結局負け確定の食戟問題は一向に進んでないけど、
 ソーマの料理は餃子ということで。
 旨味の詰まった地鶏肉で餃子か・・・なんかびみょーやな・・・
 もっと純粋に鶏の旨味を味わえる料理の方が良いんじゃね?
 それに餃子というネタも汎用的に使えるものだし。

 一色先輩同様、姿を隠してたふみ緒さんは完全静観態勢なのね。
 極星寮を誇りに思ってるふみ緒さん的に今回の件がどうなのかは注目だったけど、
 どういうつもりなのやら。まだその心中測れんなぁ。
 とりあえず揚げ物コンビが最前線で防衛してるのはなんか嬉しかったり。出番あったやん。肉体労働で。


トリコ
 グルメ騎士たちすまんかった・・・
 キミらじゃ七獣さん相手にするの役不足(誤用)と侮ってたわ・・・
 食への慈愛と耐久力を持つあなたたちにしか出来ないことですわ。10年間はすごい。
 並の覚悟じゃ間違いなく無理ですわ。グルメ騎士、ここにきて大きく見直しましたわ。

 GODの調理はドンスライムというより、一龍の復活に必要な感じのようで。
 肝心の魂がどこかに行ってるらしいけど、誰かの中にいるのか、あの人柄よろしく放浪してるのか・・・

 特集ページは分かりやすかったですけど、各フルコースがネオの体のどこを再生するのかって本編既出だっけ。
 デロウスさんのセンター=心臓のクダリとかあった?


火ノ丸相撲
 また一つ、この漫画に名試合が刻まれた。

 素晴らしい取組でした。もう言葉が出ないわ。
 意地の寄り。全力を賭けた大一番。小関への称賛、火ノ丸と拮抗した実力。
 互いの全身全霊本気も本気の大一番を、最も親しい者同士が戦って、嬉しく、楽しくないわけがないよね。
 互いに勝利への気持ちは譲らない中、火ノ丸を最後まで追い詰めた小関。
 立派な、とても立派な戦いでしたわ。
 負け戦となってしまったけれども、真田戦以上に、大きなとてつもなく大きなモノを手に入れたし、見せてくれたわ。
 
 おめでとう火ノ丸。残念だったけどおめでとう小関部長。
 最高の戦いでした!!

 戦い終わればいつもの部長という一幕を最後に見せてくれたのも粋やね。あぁ、良い戦いだった。また涙出てきた。


斉木楠雄のΨ難
 Aかな。公正・公平さってのは大事よ。俺基本不平等廃止論者だし。基本。
 とりあえず映画館はレディースデーあるならメンズデーを、電車には男性専用車両をつけようか。平等に。
 結果は大体全部に当てはまるパターンか・・・わが道を進む、グループ内2、3番手、人間の好き嫌い激しいとか全部俺。

 編集ってやっぱりクソやな。
 あぁ今話の話ね。
 とはいえ、編集のこんなダメ口出しに従って、結果ダメになった作品も多くあると思うと悲しくなるよね。
 読者としてどこが編集どこが作者の考えた所なのかは伺い知れないけど、
 面白いものがその編集の思い一つだけで面白くないものへの変わってしまうとか悲劇すぎるし。
 「ジャンプ」ってその点どうなんだろ。どこまで口出してんだろ。
 とりあえず「ONEPIECE」が良くも悪くも、一切口出されてないってのは分かるけど。
 担当交代したら作品の方向性が変わる漫画っつーのも悲しい問題よね。
 この編集というシステム、今一度見直すべき時が来てるんじゃないかね。いわゆる「つまらない漫画」に関しては。

 あと原作があるアニメでも原作改変して、監督や脚本が自分の色を出すために改変しました~ってのも腹立つ。
 何様なのかと。作者様を何だと思ってるのかと。
 お前ら自分の色出したいならお前らがサラから作ってみろってんだ。絵描けないなら原作やれボケ。
 アニメになる原作なんて、その原作が評価されてこそアニメになったってのに、
 テメーがつまらんネタをドヤ顔で追加したせいでダメになった作品が何個あったことか。聞いてんのか×××!!!業界から消えろ!
 どうしてもオリジナルやりたいなら、その原作の世界感を完全に理解した上で、
 リスペクトを持って、作者も俺たち読者も、新規の視聴者も全員が満足させるもの作れや!
 独りよがり自己満足の改変、ダメゼッタイ。
 

ハイキュー!!
 こんなクライマックスにおいても、まだ両チーム成長していくのか・・・
 今回は五色の成長が主だったけど、牛島と澤村キャプテンが良い感じに二人とも鼓舞役になってましたな。

 次号巻頭カラーということで。決着、かね。
 またデュース延長はやりすぎな感あるし。烏野が勝つにはデュースは確定してるわけだけども。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 いやはや、すげー勢いw
 全くリズムも音楽も浮かばないけど、勢いがすさまじいっすわ。
 戦ってるとはいえ、まるで本当に戦っているような勢いと情熱と迫力ですわ。

 相も変わらず部長、部長。他のチームも男性主体でリオ先輩や他の女性陣がおざなりだけど、
 そんな状況を秋子先輩が打破してくれそうでちょっとワクワク。
 ダンスにキックというアリなのかナシなのかビミョーな所を失格上等で攻めるのもあの二人らしくていいですな。
 テンプレの凝り固まった踊りよりもあぁいう型破りな方が、まさしく「見ちゃう」だろうし。
 まぁそろそろ崩れちゃいそうな感じがしてきたけど・・・


ブラッククローバー
 なんやこのギャグ回・・・・オモロいやんけ。
 またアスタさん一人、今回っきりであろうレベッカさん落としてるし。タラシすなぁ。カッコよかったけど。
 つかシスターの設定とかあったなw すっかり忘れてましたわw

 暴牛フォーカス回はそれなりに先輩に良い所があるもんだけど、フィンラルさんは良い所なく、
 「あのまんま」でしたなぁ。良くも悪くも。
 暴牛にロクな男がいないのはしゃあない・・・・ロクな女もいないな。最マトモがノエルか・・・
 あっダメだあの色ボケ貴族、普通に恋情でバイトしちゃうしアスタの相手勘違いしてるしマトモじゃねーわ(終始可愛かった
 でもマトモじゃなくても、案外受け入れられかけてたラックさんに衝撃でしたわ。
 はいはいイケメンイケメン、ただイケただイケ。
 
 あっフッハさんマジフッハ。潰されるシーンなくセリフだけなのはあまりに・・・フッハさんらしいわw
 

銀魂
 アツい戦いでした。
 最後を石頭と繋げてきたのは見事だったかと。
 あのヅラがここまでカッコよく見える時が来ようとは。すんげー輝いてましたわヅラ。頭がじゃなくて。
 バトル一辺倒でここまで面白いもの見せてくれるとは、残り2戦の師団長戦も楽しみですわ。
 とはいえ次は坂本なんだよなぁ・・・
 まぁヅラがアレからのコレだから、坂本もアレからのコレみたいな感じになってくれるでしょう。


ものの歩
 う~んあの垂れ歩とやらが何故悪手だったのか、今を持ってしても分からない・・・
 素人目線ではあんなに敵陣に近い所に歩を指す意味は大いにあると思うんだよね。
 それが幸か不幸か今回活かされてるわけだし。

 「ただ好きだった」と周りの雑音が消える描写は良いシーンではあるけど、
 ちょっと別ベクトルで思うことがあるわー無粋だけど。

 二人の対局を見守るプロらしき人は「馬」なのかその上なのか・・・


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 分冊百科か・・・
 アレ、ホント上手い商売体系してるよね。
 キャッチーな広告、創刊号だけ安く、完成させないと気持ち悪い感、のくせ完成は数年後。
 トータルで見たら別売のモノを買った方があらゆる意味でコスパが良いものの、何故か気になる買ってしまう。
 最初に考えた人は天才だと思うわ。それほどまでに上手い。

 かくいうワタシも昔、「週刊リアルロボットを作る」ってのを昔集めてまして。
 一通り動く所まで作った記憶はあるけど、全号は集めたっけか・・・記憶にねぇ。
 第1号は2003年3月だって。中3か・・・小遣いすり減らして毎週買ってたなぁ。懐かしい。
 アレ以来、特に他に何も手を出してこなかったけど、CMとか見てても気になるのは一杯あったわ。
 戦車、戦艦、戦闘機、ロマンよねぇ・・・
 一度大マジメにそれなりにデカい戦艦模型を作るのが俺の一つの夢。

 今回出てきた味噌汁だ牛丼はさすがにアレすぎるけど、ハーブぐらいなら普通にありそうさね。
 なんか集めてみようか。生きる目標の一つとして(暗い
 「週刊 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS」とか出ないかしら。即買うぞ。


左門くんはサモナー
 いやぁ~クズすなぁw
 徹頭徹尾最後まで二人ともクズでもう笑い止まりませんでしたわw
 クズ×クズが組んでも勝てないとはw やっぱりクズはクズ故、クズなんやなぁw
 オチか何かで使われるかと思いきや最後までおばりよんが有効だったのは驚きだったけど。
 このクズコンビ、コンビネーション最高やなw

 あ~あ・・・クズって・・・いいな・・・★
 あと・・・てっしーって・・・天使だな・・・★


ワールドトリガー
 ワイヤーでのトラップ路線すか。
 「あるかもしれない」と実力者に思わせて動きを鈍らせるってのは確かにオサムらしい戦術ですわな。
 攻撃力は皆無だけど絶対設置出来るし、離脱しても有用というのもオサム的には利点ですわな。
 ただでさえ地味なのに、またえっらい地味なトリガー装備になっちゃったけど堅実ではあるわ。
 さすがキトラ。オサムの向上心を否定しつつ盛り上げるとはやるなぁ。

 次の試合で色々お披露目になるけど、新玉狛第二の作戦はどれだけ通じることになるのやら。
 結局点取り屋がユーマしかいないのは問題よねぇ。


ニセコイ
 えぇ・・・引っ張りに引っ張りに引っ張りに引っ張った、マリーの病状問題、こんな解決方法なの?
 まぁこういうオチになると踏まえると、千花さんの心を変えられたということで、
 楽たちの無謀も意味があったということにはなるけど、
 散々不治の病みたいな演出しておいて、たった2年静養するだけで終わりとは・・・
 高3直前の現代から2年だからコレで物語上、マリーはフェードアウトになってしまうとはいえ、なんか・・・しょぼっ。
 結局御影やつぐみが知った事実ってのはマリーの病状ではなく、「この脱出計画が意味無いモノ」ってことだったんかい。

 マリーの楽しかった独白からの安心の涙は掛け値なしに良いものではあったけど、
 トータルで見て、やっぱりこのマリー敗北編は・・・・「ない」わな。
 面倒見るといいつつ、千棘だ羽姉だに頼って具体的に自分は何をするわけでもなし、
 友達宣言しておいてまだ釘を刺す気の上、こんな終盤まで来たってのにいまだ「橘」呼び一辺倒。 
 結局このマリー編で楽が何したって、式場突撃して友達宣言、ヘリからブラ下がってマリーを掴んだぐらいだし。
 
 長かったねマリー敗北編。
 そしてこのマリー敗北編で、この「ニセコイ」という作品は大きく堕ちましたわ。
 ハーレムモノにおいてヒロインをフるということ。それが何なのか。
 羽姉編ではそれを見事に見せてもらったからこそ、マリー編に入った時は期待したもんだけど、
 フタを開けてみれば作中最長エピソードにして最悪エピソードとなりましたわ。
 何でもっと上手いことやれなかったかなぁ。なんで結婚式強奪イベントなんてやっちゃったかなぁ。
 
 もはやサードヒロイン・マリーをやった以上つぐみや春ちゃんの処理はやるわけもなし。
 残すはWヒロイン。
 大勝利を掴むヒロインが誰なのか、ほぼ大半の読者が分かってることとは思うけどそれはそれとして、
 大敗北を味わうことになってしまうヒロイン・このマリー編でもひたすら空気だったあのヒロインが、
 こんなに「ダメ」と評価されることがないよう、物語を締めくくってくだせぇ・・・
 いかんせんコッチは最初から全力で相思相愛という壁があるんや。
 一朝一夕のアヤフヤな気持ちで乗り換えやがったら絶対許さんからな。まぁもうかなり許せん状態にいるけども。
 フるからにはフる。アッチが好きならコッチは嫌い。それぐらい明朗快活にやっていただかないと困りますわ。
 選べないなら、敗北編なんてやるんじゃない。
 でも決着つけないで終わらすことだけは許さん。


BLEACH
 なんだよ!狂骨が七緒ちゃんの斬魄刀じゃねーのかよ!紛らわしいわ!!
 「キミの斬魄刀『狂骨』だ」って前号ヒキのセリフなんだったんだよ!!
 ただ隠してただけで、粉微塵たりとて、「狂骨」が「七緒ちゃんの斬魄刀」じゃないじゃねーか!

 コレはあきませんわ。いくら燃える演出といえどもウソ吐いちゃいけませんわ。

 ということで、真の斬魄刀は伊勢家呪いの神殺しの伝統剣・八鏡剣ということで。
 伊勢家が神官家系というご都合設定、個人の斬魄刀がないという今更設定、
 何より京楽総隊長の卍解を持ってしても倒せなかったリジェを倒すのがまさかすぎる七緒ちゃんと、
 なんかもう色々ガッカリですわ。結局強アイテムで圧倒しちゃうんかい。
 村人Aがチートで手に入れたラストダンジョンのオリハルコンのエクスカリバーで魔王倒しちゃうんですかい。
 せめて七緒ちゃんの鬼道と合わせて力を発揮とかしてもらわないと、京楽ェ・・・

 つか今更だけど、卍解お披露目時の敗北率が高いって話、アレ今回もそうやったね。
 あんなに凄気あったのに、あんな卍解でも「負かされちゃう」なんて悲しいなぁ。
 ア~ッ眼が乾くなぁ~ッせっかく仰々しくお披露目されたのにロクに役立たず負かされる展開を見続けると
 眼が乾くなぁ~~~~~~~~~~~(このセリフパロはマジ流行ると思う


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 江川太郎左衛門さんすげーな。
 でも韮山反射炉・・・初めて聞いたわ。
 前の「明治日本の産業革命遺産」とかいうわけわからんテキトーな一括登録の一つか・・・
 つか「明治日本の産業革命遺産」でググってみてビビッたわ。
 公式サイトらしきページがあったけど、サイトの作りこみがダメな意味で振り切ってるわ。
 ここ最近の「世界遺産」っていうレッテル、個人的には「モンドセレクション金賞」ぐらいのレッテルですわ。
 モンドセレクションは「最高金賞」ぐらいは参考にしてる。

 磯兵衛マニメ、まさかの劇場版かよwww まさかすぎるだろw
 松●さん、マジでやんないすよね・・・?
 JAFでハイキュー、ソーマ、銀魂に揉み手で擦り寄ったって、擦り寄る方面がちょっと・・・

 まさかまさかの磯兵衛に惚れる女だと・・・
 完全にアホだけど、玉千代さん面白いポジションじゃないの。
 あの将軍たちなら大奥も関係ないし。
 とりあえず磯兵衛は浮気するし、飯食べに行ったら店員には優しくないタイプよね。ダメだこりゃ。 
 玉千代さんvs看板娘ちゃんの骨肉の争い、楽しみ(ねーよ


ベストブルー
 ポセイドン→クラーケン→セイレーンと来て、ドラゴンってのもなぁ・・・
 海系じゃないとは言わないけど、前3つとは括られんよね。

 仲間に叱咤されて、1人のリレーから4人のリレーへ・・・というのは良かったけど、
 最後、「高回転のストローク!!」って、なんか技名つけてあげろよ・・・めっさだせぇ。


最終回 カガミガミ
 最後はマコの活躍と式神協会のその後ぐらいでしたな。
 ようやくマコの能力が本格的に役に立ったのと、狗星がなんだかんだ仲良くやってるのは良かったかと。
 最後、恭介は戻ってくると思いきや戻らずまだ向こうの世界っつーのは・・・・う~ん。

 終わりましたか。やっと。
 俺、岩代先生のファンを自称してるけど、そのファン目線をもってしても今作はダメダメでしたわ。
 一応「次回作にご期待ください」があるからまだバイバイジャンプではないんだろうけど、
 岩代先生は結局このマンガで何がやりたかったのか。それが最後まで分かりませんでしたわ。
 凡百式神召喚系マンガとして始まり、おねショタなのか、ミステリーなのか、学園なのか、バトルなのか、
 やりたいこと・・・というかやろうとしてることがブッレブレもいいところでしたわ。
 結局このマンガ、何だったの?言葉悪いけど、間違いなく印象に残らないマンガですわ。
 もっと要点絞って、中盤からのように式神バトルに重きを置いてたらもうちょっと良かったかもしれないのに。
 式神協会の人たちのキャラは良かったわけだし。
 そういう意味では、マコというヒロインの存在がハッキリ言っていらなかったですな。
 姉ポジションとして何をするわけでもなし、サイコメトリーも序中盤はてんで役に立ってなかったし。
 よっぽど千早ちゃんとかがヒロインの方がマシだった気がする。

 岩代先生ってキャラはいいんだよね。
 「みえるひと」「サイレン」共に印象的なキャラは今でも名前覚えてるもの。
 あとは本筋たるストーリーか・・・「サイレン」は世界の謎を解きつつ生き残るというストーリーがあって、
 今でも大好きな作品だけど、今作はそういう目標たる目標がなかったのもマイナスでしょうな。
 主人公・恭介が何をもって戦うのか。ただ敵が現れたから戦ってる、そんな印象でしたわ。
 恭介といえば、恭介のバトルもつまらなかった。
 他が式神の能力を使ってるのに対して、恭介だけは憑依させての殴りかかりばっかりで。
 シャレた飛び道具や、ハクだけでなく羅生丸、慚鬼丸とも合体してほしかったわ。
 
 結局・・・まぁなるべくしてなった、打ち切りでしたな。
 岩代先生、応援はし続けます。また、アツい展開引っさげて帰ってきてください。
 「サイレン」の未来のエルモアチルドレン参戦シーンは、俺の漫画史の中で五指に入る激アツシーンなんです。
 今でもあの時のアツさを忘れない。
 そして当時の感想を見てみると、意外と淡白な触れ方だった自分に驚いたことも忘れない。
 10年もブログやってると10年分の連載作品に触れてるということで結構面白いのよね。自分で書いといてアレだけど。

 次回作、期待しています。そろそろ似たようなジャンルから逸脱してみても、良いのでは?



 今週もフルに書けました。
 時間とか気にせず好き勝手書ける感想がやっぱなんだかんだ楽ですわ。時間かかるけど。

 新連載はどうやら1本のようで。2アウトのはずなのにもう1枠どうすんのって疑問しかないけど、
 とりあえずは読切で繋いでいくのか・・・?
 つか次号「家電ちゃん」て。アレそんなに人気あったのかよ。



少年ジャンプ+ 11/8~11/14更新分

SOUL CATCHER(S)
 復活の伊調の演奏はなんとも言えない、たしかに「畏怖」に近いものを感じられましたわ。
 やっぱりグズグズくすぶってるより楽しそうに指揮してる方が合ってるわな。

 どーにも肩透かしだった黒条の処理もまた行われたけど、
 結局黒条は黒いまま、改心なんてなんのそのみたいな姿勢に「おっ」と思ってたのに、
 アレだけで怖気づいちゃうんか・・・
 今まで自分が人にしてきたことを、いざ自分がされる「かもしれない」という恐怖は
 自分が一番分かってることとはいえ、結局「なんか分からんけど怖い」程度で収まっちゃったのはなぁ。
 
 これにて西関東大会閉幕。
 勝ち上がったのは鳴苑と竹風ということで。天籟ェ・・・完全に「負かされた」形になったな・・・
 う~んこの西関東大会。それまでの部員攻略編の面白さがすごすぎたが故か、不満が大きく残る形となりましたわ。
 全国大会でそれが復調するのか否か・・・全国ってそこまでライバルいないんだよなぁ。いることにはいるけど。


CHERRY TEACHER佐倉直生
 校長ド変態すぎるだろwww
 そしてさすがの女子力っす。先生。


温泉街のメデューサ
 小っちゃいやっかみで賞もらえなかったのは可哀想だけど、
 自腹で賞品用意してくれるなんて、先生優しいやん。
 加賀地さんのこともメデュ症だからって区別も差別もしてないし、
 あのダメそうな顔からは想像出来ないぐらい有能な先生すなぁ。

 そっからのななちゃんとのWデートかと思いきや3人目だと・・・
 いかにも堅そうな感じだけど、なんか珍しそうな蛇×2だし、また不動君がキャッキャするんだろうなぁw


新連載 僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!! (根田啓史)
 シンリンカムイがずっと気になってるんで、はよ本編にマトモに出て欲しい。


i・ショウジョ+
 ジョブズて。まんまやんけ。
 せめてJOBとかけるとかしようぜ・・・
 いつもの露骨なエロに走らないで、まぁまぁ健全目に復興してるのは印象良かったけども。
 順調に交流しながら、共通の敵にぶつかって~ということで、
 あとはあの許婚を気持ちよく倒してくれたら、とりあえずは満足かな。


ラブデスター
 ジウさん・・・
 エリーさんの処理はともかく、こういう形でしのへの思いが実らない所か、
 しのからの思いすら実らない現実を見せ付けられるとは・・・
 まだしのが死んだと誤解している中、姐切姉さんだけは大勝利ルートだけど、
 コレはキッツイなぁ・・・ジウ×しのになるなんて毛程も思ってないけども、コレはキツい。

 エリーさんは神居にそそのかされてまさかの「告白」ったけど、
 ジウ→エリーはともかく、自分もジウを100%愛してた確信があったとは恐ろしや・・・
 よしんばジウ→エリーが100%だったとしてもみむらに勝つことしか頭になかったらエリー→ジウは100%じゃないよね。
 「決死の告白」とはこのことやな。

 これで大体下馬評どおりのチョコ関係になりそうかね。
 あとはカオルのチョコの相手ぐらいか。エリーさんのチョコその辺落ちてても無効なんだろうなぁ。


アクセルスター
 ヒロイン・アキナちゃん可愛ぇやんけ。ヒロインの友達ちゃんも可愛ぇやんけ。
 女の子が可愛い漫画は良いよ。良い。
 祭にその「ケ」が皆無の完全一方通行幼馴染という関係、好き。

 甘党ニワトリ飼い部長との対決ということで。
 祭は反射神経やら反応速度はともかく別段テニスの腕が悪くも良くもないんか・・・
 対人戦久々だからどっちかに偏るかと思ってたわ。
 天才相手にどこまで通じるかによってある程度指標が作れるかね。


エンペラーといっしょ
 この「とりあえず前の奴についていく」って結局どういう習性なんかよぅ知らんわ。
 TVとかでよくみる大行列はこの習性が故だけど、先頭の奴とか何考えてんだろ。長とかなのかな。
 エンペラーかわいい。


時間の支配者
 毎度書いてるけど、まだ戦うんかい・・・そろそろいい加減にしてくれませんかねぇ・・・
 トランプの加速減速トリックは面白い戦術ではあるけど、
 身のない戦闘すぎて全然いれこめませんわ。


群青のマグメル
 ひっでぇw
 そらインヨウは正攻法に一騎打ちなんてする性格じゃないけども、
 それにしたってあんなピークポイントで人の能力に全頼りとはwww
 それまでガチバトルしてたってのになんつー息の抜けっぷりw


カラダ探し
 終わった・・・・
 終わってしまった・・・
 本当に終わっちゃったよ。カラダ探し。

 案の定、死んだ5人はそのままの状態で「明日」が来てしまいそうな感ヒシヒシだけど、
 よしんばそうなったとして、この漫画はそのまま終わりなんてこと、ありえるのか・・・?
 そもそもこの「カラダ探し」にて、何故「遥」が選ばれたのかは謎だったけど、
 まさか「遥」のポジションとは・・・いやいやまさかそんなことは・・・


特別読切 百舌の叫ぶ夜-MOZU-後編 (逢坂剛&彭傑&雲乃庵)
 おいおいブン投げ後は原作見てねENDかよ。こんな漫画読ませんなや。
 いくら宣伝漫画つってもこんないいところでブン投げされて気にならないわけなかろーもんがや。
 「宏美」が妹じゃなかったってトリックは面白くて騙されたし、
 この原作の核心であろう百舌の正体が分かったまでは良かったけど、
 なんにも解決してませんがな。写真はなんやねん。犯人誰やねん。
 尻切れトンボはあきませんて。


フードファイタータベル
 ようやく普通に安定して面白いぞ。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ バディストライク 暗殺教室 僕のヒーローアカデミア 食戟のソーマ 火ノ丸相撲 ブラッククローバー 銀魂 左門くんはサモナー ジャンプ+

  1. 2015/11/14(土) 22:39:04|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<週刊少年ジャンプ2015年52号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2015年50号 感想>>

コメント

Re: rakuさん

> バディスト
 作者の伝えたいことは感じられましたが、いかんせんその熱量が皆無なのが・・・
 完全に前作の焼き直しになりますが、かねてからワタシが待ち望んでる女子野球モノってのが見たかったです。
 女子ソフトボールじゃなくて女子野球漫画。見たいんですよねぇ。

> ソーマ
 叡山が料理全然ダメってことはなさそうですね。あんなに自身たっぷりにメガネパージされたら疑えません。
 姑息戦法になったのはメンドいからとか、性格的に向いてるからとか色々ありそうです。
 ホント、なんだかんだ叡山及び審査員が都合よくソーマに合わせて負ける~なんて展開だけはやめてほしいものです。

> トリガー
 成長したオサム&千佳の新生・玉狛第二はひたすらに楽しみですが、いつガロプラ勢が邪魔しにくるか・・・
 基本こういう楽しげイベントの間に敵が乱入してイベントウヤムヤになる系って好きじゃないんですよね。

> ニセコイ
 世間の評判にほぼ同調して基本叩きまくっててすみません・・・
 その件についてはスルーとして・・・
 マリーの復帰ってありえるんですかね。完全にフェードアウトの準備整っちゃいましたし。
 そりゃこのまま出てこないとは言いませんが、当分文字通りフェードアウトになるんじゃないのかと。

 鍵問題も散々書いてきましたが、ワタシはクリスマスの寺ちゃん編で楽が「約束の女の子」を捨てたあの決断で、
 もはや約束の女の子が誰なのかなんて心底どうでもいいです。だって楽はあの時は寺ちゃんを選んだのだから。
 まぁおおよその想像はついて、それがどういう意味を持つかを考えると悲しい所ですが。

> カガミ
 1本筋の通ったベースとなるストーリーが欲しかった所です。
 やはり目的もないのにダラダラ戦われてもコッチとしても盛り上がれないので。
 敵が現れたから戦います。 じゃ弱いです。今日び。
  1. 2015/11/21(土) 22:50:35 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> 新連載
 別に女子漫画だけ描けとは言いませんが、それにしても良い所がまるでない1話でした。
 久々に1クール切りがあるかもです。一応読みますが。

> 暗殺
 地球の存亡がかかってるだけに、世界の本気が見られて好印象でした。
 アレだけの規模なら1年かかって、むしろたった1年でよくあそこまで出来たな、と感心すらしますね。

 生徒たちが何を思い、どう行動するのかはこれからの今作にとって大きなテーマですが、
 どこぞの偽恋漫画のように晩節を汚すことにならないようお願いしたいものです。

> ヒロアカ
 アレでお茶子がデクに惚れてなかったら、怖いなんてもんじゃないんですが・・

> ソーマ
 意地でもソーマの鼻っ柱を折りたいから、ガチの真剣勝負で~って路線はすごくありそうなんですよねぇ。
 そうしてもらわないとソーマに勝ち目がないとはいえ、
 叡山自らあの無理ゲーを壊すのではなく、ソーマが壊してほしいんですよねぇ。

> ハイキュー
 烏野が負けるって考えられることに驚きです。
 言葉アレですが完全予定調和試合だと思ってるんで。それでも面白いんですが。

> クローバー
 女ウケはともかく、男ウケも良いというのは、いつかの未来へ向けては良き兆候かな、と。
 上に立つ人は信用に足る人物であってほしいですし。

> トリガー
 オサムのトラッパー転向はずっと考えてましたが、そうはならず、近いものに留まっちゃいました。
 トラッパーが具体的にどういうものかまだ分からないですが、
 オサムが今のシューターまま、何故トラッパーにならなかったのかは語られてほしいです。

> ニセコイ
 恋愛漫画たるもの勝者あれば敗者あり。
 ともなればフられるイベントを大仰にするのは大歓迎ですが、大仰のベクトルが違いましたね・・・

> ソルキャ
 全国大会で××高校の学生指揮者として!?なんてアホ展開あるわけないですし、
 黒条はもうアレで終わりでしょうね。
 なんだかんだ寂しいです。なんだかんだ良いポジションではあったので。
  1. 2015/11/21(土) 22:36:02 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: 地方民さん

案の定・・・でしたね。
まぁワタシも結構叩きましたが。残当。
本当にマリーとは何だったのか、そう言わざるを得ません。
  1. 2015/11/21(土) 22:21:59 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

相変わらずの遅さ

>バディスト
↑何かゲームの名前でありそう。
 本編。種目もキャラも少年誌向けにしながらも、前作に近い言い回しの仕方が随所に見られました。意外と画風がスポーツに合ってなさそうで合ってる気がします。
 あとは女子。これは出して欲しいです。女子キャラあってこそのKAITO先生ですし(何様)。
 
>ソーマ
とうとう公式で小物認定されるとは・・・。しかしまぁ選抜本選まで残ってますし腕は確かなんでしょう多分。彼にとってほとんどの相手は外堀埋めてけば勝手に潰れてくような輩なんでしょう。ソーマ達のようなのがむしろ稀。
 これで叡山先輩がちゃんと品作っても、まだ審査員が向こう側に靡いているのが懸念材料ですね。ベタな展開は避けて欲しいですが。

>トリガー
そこでスパイダーでしたか。そういや結構使ってる人見ません。あると思わせるだけでも相手にとってプレッシャーになるのは結構いやらしいですね。
ここ数話で修も千佳も何か掴めたようです(約一名掴まれていますが)。何より次のランク戦を楽しんでやれそうなとこがいいですね。トラップ、高速鉛弾、土木工事+白い悪魔。考えただけでいやらしい(2回目)。

>ニセコイ
世間の評判に嫌気がさしてここしばらく感想(勝手に)ボイコットしてました。
 本編。合併号の一つ前、180話から4カ月弱でしょうか。意外と長かったですね。これまでの展開との対比表現、感情表現も効いていて、キャラの行動動機にもそれなりに筋は通っていて、世間で言われてるほど冗長とは思いませんでしたが。
 最終的に千花さんのほうは夫たる警視総監様が説得という予想通りの展開(物足りないとすればここの描写が浅かった)。マリーは晴れて自由の身と。それでもしばらく本編からは退場ですね。早めの復帰を期待です。まだ鍵の件もありますし。
 このあとは後処理に1.2話割いた後次の展開という形でしょうか。一気にWヒロインのとこまで行くか、細かい処理を怠らずに行くか。いずれにせよ何とか巻き返してほしいです。

>カガミ
 粘りましたが40話届かずで終了。やっぱストーリーですかね、敗因は。トーナメントがぶった切られた辺りから違和感は感じてました。とはいえ終わり方は結構良かったですが。
 連載開始時にも書きましたがリアルタイムでは始めての岩代作品。キャラは一人一人個性的、デジタル要素を取り入れた(らしい)作画も十分。個人的には好印象でした。まだバイバイジャンプではない(WJではない?)ようなので、次回作に期待です。
  1. 2015/11/20(金) 22:35:09 |
  2. URL |
  3. raku #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

新連載
前作は女子ばかりで華やかだった気がするけど
今回はその逆を狙ったんでしょうかねえ
しかし序盤が面白くないってのはジャンプ作品としては致命的だなあと思います

暗殺
殺せんせー一人しとめるのに相当金も手間もかかってるなあとは思うがやはりそれだけのことをしないとできないってことなんでしょうね
それに殺せんせー以外にはほぼ無害ってのも今後を考えると画期的ではあるし
少なくとも生徒たちが巻き込まれて死ぬ危険は減ってると
あとやはり準備期間もかかったんじゃないかと

ただ生徒たちもいろいろと覚悟を決めるしかなくなったかもしれないな
殺せんせーの存在が公にされた上に極悪人扱い
事実大量殺人班でもあるし
マジで死ぬ以外に殺せんせーを救う道がなくなったんじゃないかと

あともしかするとこの漫画リアルで3月に最終回を迎えるかも

ヒロアカ
個人的にオールマイトの声は小山氏で想像してました

そういや葉隠さんの姿ってまだ出てなかった気はする

お茶子ちゃん天然だから誰にでも優しいイメージだからなあ
出久に対しての態度が思わせぶりなだけなのかそうじゃないのか

後は峰田の「かっけえからヒーローなんだ」ってセリフはよかったと思う

ソーマ
今まで料理人のイメージのなかった叡山ではあるが眼鏡をとったらそれなりにはなりそう
これによって創真を経こませるには八百長じゃなくて本当の食戟でってことになるのかなあと
そうすれば一応審査はしてもらえると

ただあれだけ卑劣なことをしてた叡山だからガチで料理の腕が鈍ってる可能性もありそうではあるんだが
9席とはいえ十傑の実力はどうなのか

斉木
まあ編集の仕事がどれほどのものかは分からないけど
口を出すのは最低限倫理に引っかかるかどうかってところとか明らかに読みにくい、わかりにくい場合にしておくべきかなあと
少なくとも作品の軸をブレさせたらだめでしょうね

アニオリとかが否定されるのも原作をブレさせてしまうことが多いからでしょうね
明らかに引き延ばしのやっつけが多いだろうし
もっとも最近は分割ってこともあるけど

まあ中にはアニメが最初ってこともあるが

ハイキュー
烏野敗北で最終回って展開もあり得るんだろうか

クローバー
黒の暴牛にろくなのいないっていうけどフィンラルさんも人のことはいえない
そもそもレベッカさん以外まともな女子いないっての

にしてもアスタは男女問わずもててるようで
ただ恋愛に関しては明らかにアスタは赤子レベルですけどねえ
そもそもシスターに対してだって母親に甘える子供だしな

アスタたちが里帰りする話もそのうちやるんだろうかって
ついでにノエルも一緒に行けば面白くなりそうだが

トリガー
オサムは礼儀正しいイメージなんですけど
そういやあまり人に頭を下げたりする場面ってなかった気がした

トラップといえば確かトラッパーってポジションもあるらしいんですよねえ
確か当真の隊長の冬島さんがそうだったような
具体的に何をするのか分からないけど
オサムもそっちのほうが向いてるんじゃないかって気はする
もしヒュースが入るとすれば9割方シューターだろうし

>結局点取り屋がユーマしかいないのは問題よねぇ。
だから即戦力になる人材の確保が必要なんでしょうねえ

ニセコイ
正直長過ぎた気はしました
まあ生きられる可能性はあるってのはよかったとは思うんだけど
もう少し死ぬかもしれないみたいな病にするべきだった気はした

そもそもふられるイベントなのにこんな無駄に大仰にするってのもどうなんだろうって
ただやりたかっただけにしか思えないなあ

磯部
閉鎖的な環境にいると人を見る目もなくなるのか

カガミガミ
何がだめなのかと言われたら正直説明しにくいけど
個人的にはとにかく心に響かなかったというべきなのかなあって

ソルキャ
黒条はこれで退場なのかねえ
そのまま竹風からも消えてくれればいいとは思うが

しかし枠が2つって相当な激戦だったんだろうな
だから天籟ともここで勝つしかなかったと

それとこの突っ走り感からすると
単行本はあと1冊しかでないかもしれないなあ
  1. 2015/11/16(月) 22:48:14 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

今回のニセコイは大荒れでしょうね〜
マリー初登場から出番全部が茶番とか読者を舐めすぎ!
  1. 2015/11/15(日) 20:27:56 |
  2. URL |
  3. 地方民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2769-8827ea42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (669)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR