FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ2015年41号 感想

びっくりしたわ。
只今9/7 AM1:31
明日、もとい今日会社は振休で休みだからどうでもいいけど、いざ、UPしようと思ったら前書き書いてないでやんの。
俺何してんだろ。ようやく書き上がったー!とテンション上げたのに。

せっかく珍しく書き上げた後での前書きつーこってじゃあ先行感想でも。

※掲載順頭の方の熱量と後半の熱量が明らかに違います。ご注意ください

以上!
いつものよもやま近況は特に語る事ないんでカット。先週本当になんもしてないわ。
ほいじゃジャンプ感想でっす。


週刊少年ジャンプ号41号
  表紙&巻頭カラー:こち亀
  センターカラー:読切、暗殺、磯兵衛



雑多
 ニトニトの実て。ボムボムの上位なのか下位なのか・・・
 ホレホレの実て。メロメロの上位なのか下位なのか・・・

 ワートリアニメの主題歌がPileて。真姫ちゃん以外の仕事があったのか・・・

 羽姉がほっちゃんて。
 スッ リンク
 >羽姉の声は誰や・・・言われてみれば分からん。ほっちゃんかはやみんってトコまで考えた。
 ドヤァアアア
 でも幼女にしたらダメだと思う。
 魔法「少女」としてギリギリでも、お姉さんというアイデンティティを崩したらイカんでしょ。


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 周年表紙巻頭なのに地味な話だなぁ。
 地元話ではあるけど、ローカルすぎて・・・つかラブライブ出さなくてもいいだろコレ。
 ん?ラブライブの漫画って超人気作品か?(そこじゃない


僕のヒーローアカデミア
 なるほど、俺がステインの純然たる悪に感銘し、そしてある種憧れたと同様、
 それはあの世界のヴィランたちも・・・か。
 そらそうなるわな。だってあんなにカッコ良かったんだもの。アレは憧れるわ。
 報道は偏向的であるかもしれないけど、それでもあれだけのヴィランがステインに憧れた。
 悪のカリスマだらけの悪の集団誕生とはいえ、コレは正直アツい。
 なまじ、死柄木がカリスマのカの字もないハンパ者だから、こういう形でヴィラン連合強化とはアツい。
 ステインがヒーロー殺しになった理由は第三者目線で語られたけど、
 結局何故「英雄回帰論」をあそこまで強固に、そしてオールマイトのみを信奉するのかの理由にはなってないんだよなぁ。
 憧れに理由なんていらないとは思うけども。

 助けにこなかった同級生組は平和ですなぁ。
 かっちゃんはまだともかく、ウワバミ&拳藤ちゃん&八百万ちゃんとか真っ先に消される対象じゃねーかw
 ヒーロー舐めてるなんてレベルじゃねーぞコイツらw
 ギャグだろうけど、八百万ちゃんのあの確認は闇堕ちフラグだったりして・・・
 
 飯田君はちょっと後遺症残るそうだけど、やっぱりそこまで重くはないようで、
 もういい加減飯田君で心配するのはやめて良さそうかね。

 そしてオールマイト。
 出たよ。
 オール・フォー・ワン。
 いつぞやに「ワン・フォー・オール」があるのだから「オール・フォー・ワン」があってもおかしくないという予想を見たけど、
 その通りになりましたな。
 そして同時に見た、「ワン・フォー・オール」は実は「オール・フォー・ワン」説は崩壊ということで。面白い予想だったけど。
 オールフォーワン、全ては一人のために。
 ワンフォーオール、一人は全てのために。
 デクの「OFA」が「一人の力はみんな(次世代)の力に」という意味と取ると、
 この「AFO」は絶対に「みんなの力は一人の力に」という元気玉みたいな感じなんでしょうな。
 それが先代を殺し、オールマイトを弱体化させた存在とは。
 う~ん素晴らしき悪。絶対悪。まだ姿形もないけど良い絶対悪っぷりですわ。

 新展開へ向けて絶大たる種蒔き回であったかと。
 ステインは散ってからもなんて良いポジションにいるんだ・・・
 

ONE PIECE
 こんなん滾るに決まってんだろうが!!!!

 分かっちゃいたよ。
 ロメオたちが傘下になることぐらい。だってそういうポジションだったもの。 
 それでもこの7チーム5600人の傘下参戦。
 これほど嬉しいことがあろうか。もう滾る滾る。そしてひたすらに嬉しい!!
 ハイルディンの名前が何故か出た時からもうニヤニヤしまくりだったわ!
 海賊たちだけじゃなく、カタギの連中まで参加・参戦とはアツいアツい。
 いやぁ、何と心強い仲間たちであろうか。
 コイツらならカイドウの動物園もビッグマムの大艦隊ともやっていける気がするわ。
 はいそこ、5600の内4300がオオロンブスの船員で、そのTOPがオオロンブスとか・・・とか言わない。
 巨兵海賊団までいるんだぜ?ドリー&ブロギー&オイモ&カーシーまで傘下とか最強すぎて引くレベルw
 勝手に決めちゃってって感じだけどこの4人も確定みたいなもんだし。
 それに加え今までの各島々の仲間たちもいつかはそうなると思っている。
 俺は、今でもこの「ONEPIECE」という漫画の最後のラフテル最終決戦、
 ドルトン、ビビ、ワイリー、パウリー、インぺルダウン脱獄組、ボンちゃん、レイリー、
 ハンコック、ルーキーズ10人、魚人島軍団etc・・・がかけつけてくると信じてるから。
 来れるわけねーだろとかじゃねーんだよ!!! 来たらアツい。ただそれだけだ!アツいから来る!
 俺は今でもそう思ってる。その先行組としてこの傘下7チームすよ。
 コレで滾らんわけないやん。何回でも書くぞ。滾る!滾りまくる!!!
 ・・・とはいえ、ルフィは傘下なんて否定するんだろうけどもw
 だってルフィだし。

 傘下に滾る滾る書いてたけど、その前の藤虎決戦も滾る滾る。どんだけ滾るって書くのってぐらい滾る。
 ところでコレ、「たぎる」って読みます。「燃える」「アツい」的ニュアンスで使ってます。
 藤虎戦自体は、藤虎自身が嘲笑の笑いとはいえ息抜けた「ぷぷぷーっ」の時点でどうにもならないと察したけど、
 ドレスローザ国民の盛大な手の平返しが全部分かっていたこととは・・・
 すまんな。手の平返しが酷すぎるとか書いて。あんたら全部分かってたんやな。良かった良かった。
 藤虎もまた、我慢しつつもルフィに全力であった、そして最後は認めたと、
 内乱中の無能っぷりがウソのような株のガン上がりっぷりですわ。アレも単に無能なわけじゃないけども。
 「どんな顔してんだい?」のコマとかちょっと目頭がアツくなったもの。
 藤虎、やっぱり思ってた通りの人だったわ。こんな大将もいるんだなぁ。どこぞの元大将のマグマとは大違いや。
 
 で・・・一しきり滾り終わって・・・・・・
 いや、立場上無理なのは分かるよ?
 戦う王ェ・・・・
 エリザベロー2世先生、キングパンチが見たいです・・・


火ノ丸相撲
 もうやめれ・・・・アツい漫画を3本も連続で読ませるとかマジ勘弁して・・・もう胸いっぱい。
 失礼ながら、先に宣言しておくけど、このジャンプ感想後半尻すぼみになりますんで。もう確定。
 いつもそうだろって? 知ってる。

 で、コレだよ。火ノ丸相撲だよ。
 俺、なんで泣いてんの?

 まだ開戦しただけだってのに、まさか泣かされるとは思わなんだ。アツすぎて泣いた。
 火ノ丸と天王寺に負けて後がない? 火ノ丸も同じ国宝の沙田には負けられない?チームの勝利がかかった一戦?
 本当にそのどれもチンケと思わせられる、
 この圧倒的熱量。
 互いに最大の努力をしてきた、互いに最大の挫折を味わった。この戦いこそ、この闘いこそが彼らの相撲の全て。
 なんというアツさ。
 鬼丸・火ノ丸vs三日月・沙田、まさしくそれを体現したかのような両者の睨みあい、
 そしてぶつかる最強の男vs最強の男。
 こんなん滾らんわけねーだろうが!燃えんわけねーだろうが!
 「滾るバカ」と言われても構わん!!!滾るもんは滾る!
 この最終決戦、俺は何度滾ることになるんだ・・・開始0秒から泣いてるとかやべぇわ。


ブラッククローバー
 ようやく落ち着けたわ。今回ばかりは救われた。ありがとうブラクロ。

 ユノっちはシルフに救われたとしても、空間魔法を一切感知出来ない団長たちは残念すなぁ。
 不覚すぎんでしょ。
 あんだけ偉そうな口叩いてたくせに、ザコ掃討しかしないとはなんて使えない団長やなぁ。
 今回姿見えないアスタたちは当然免れてるんだろうけど、
 あのいかにも魔女なデザインでちょっと感動した魔女さんはユノっち無双の相手か・・
 せめて、今度は本当にユノだけで倒してほしいすな。じゃないと良い所なさすぎる。


金未来杯エントリーNo7 カーボネーター (村肝篤仁)
 予告絵がアレだった上、もう金未来杯も7週目。消化試合的に読み始めたけど・・・
 
 ・・・俺一番好きかもしれん。今作。
 今のところ、今回の金未来杯で「面白かった」のは「GALAXY GANGS」と「龍刃伝 ガガ丸」だけど、
 今作は、「面白かった」というより「作者のセンスが俺に合った」感じ。勿論面白かったことは面白かったけど。
 作者紹介の担当コメントで「一部から大反響」とあるけど、俺がその「一部」のようですわ。 

 だって扉開けての1P目から「全身防弾ギャング」だぜ?すげーセンス。笑ったもんw
 それからも逐一クスッと笑える、おっと思えるネタ、まさしく「ユーモア」が一杯あって気に入ったわ。
 正常都市の腐りきった世界感、腐りきったハッピーカンパニー、その中に佇む2人の正義。
 テンポも異常に良く、すさまじく読みやすいマンガでしたわ。

 バトル自体と炭化したジェイコブがカッコ悪いのが残念かなぁ。
 通常モードのジェイコブは良いキャラしてんのに、炭化モードはとにかくカッコ悪くてホント残念。
 あと、その炭化モードからの身体の構造説明もちょっと冗長だったかなぁ。
 あそこはセリフじゃなくて解説文にすべきだった。

 今回の金未来杯7作の中で、一番今後に期待したい先生となりましたわ。才能を感じた。
 村肝先生ね。特徴的過ぎる名前だから大変覚えやすい。
 ということでなんだかんだ色々書いたけど、絶賛。
 順位としては・・・
 GALAXY>カーボネーター>ガガ丸>>>トテク>DEADMAN>リカバリーQ>>>>>クラマ
 かなぁ。総合的にはGALAXYの方が上回るわ。アレは総合力高すぎる。上3つならどれが受賞でもいいや。あとはなし。


斉木楠雄のΨ難
 Dかな・・・というより、「自分を曲げない」ってのが「強い」と思う。
 あぁそうそう。お腹空くとイライラするし、頭痛くなる。最近1日1食だからマジでそう。
 間食をしないと気がすまないって何で知ってんの。そうだよ。
 「飯」としては摂らないけど、仕事中ずっとガム噛んでるわ。
 1日10粒ぐらい消化するわ。ジャンキーだわ。今もコレ書きながら噛んでるわ。
 会社のデスクにはガムが20種類ぐらいズラッと並んでおります。マジです。上司先輩にたまにあげてる。

 また新キャラか・・・と斉木と同じこと思ったけど、たまに出るガチ能力者すか。
 ギャル系キャラも新しいし、そして斉木の運命の相手ってことはおっふさんも絡んでくる。
 おっ面白いキャラじゃねーか。鳥なんとかもう退場していいから準レギュラーにしようぜ
 

暗殺教室
 実写の第2弾、「死神」のせんせーまで出して過去編やっちゃうのね。
 第1弾でどこまでやったか知らんけど、たかだか累計5時間程度でこの作品を終わらせるのか・・・すげぇな。

 シリアス展開故に流された冬休みイベントをこういう形で拾ってくるかw
 例によってお遊び暗殺な上、それは渚も認める所だったけど、
 松井先生節全開のメッタメタなメタネタが一杯見られて楽しかったわw 

 そして話は暗殺から受験へ。
 いよいよ2月も中旬。E組の進路問題ですか。
 3月からはvsシロ&花屋、んでもってマジの卒業なだけにこれが最後の「教室」パートでしょうな。
 まぁ最近なんだかんだバトルばっかしてたから、この「教室」も随分久々に感じたけど。
 とはいえ言うてもまだ中学生。そこまで進路進路言う年ではないけど、まぁそういうわけにもいかんのでしょうな。
 俺の進路なんて、行き当たりばったりで決まったもんばっかだし。
 みんな、夢が叶うといいね・・・夢を諦めた者として、若者には出来るだけ夢を叶えてほしい。


食戟のソーマ
 ちょっと待てや!!!

 えりなオトン・薊さんのまさかの客側を貶める横暴すぎる魔王っぷりにイラつきつつ、
 選抜の時の審査員ズがワラワラ出てきてちょっと嬉しくなりつつ、
 えりなさんのあまりにもgkbrっぷりからの憧れの城一郎のための席が奪われた絶望にそのケを感じつつ、

 緋紗子ちゃん!!!!
 なんだその満面の笑みは!!!
 なんだその恋人が来てくれて、お嬢様を守ってくれる!みたいな顔は!
 なんだその「おかえり、私のヒーロー」みたいな顔は!!!
 け し か ら ん

 いいぞもっとやれ!もっと緋紗子ちゃんに恋させろ!もっともっとラブコメれ!緋紗子ちゃんを嫁にしろ!

 なんかもうあの緋紗子ちゃんの満面の笑顔で全部吹っ飛んだわ。薊さんとかどうでもいいレベル。
 なんかついでにえりなさんまでデレそうなのすらどうでもいいわ。
 緋紗子ちゃん イズ ジャスティス。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 おっ、まさかの文化祭直前にして、ここで英里ちゃんのトラウマほじくってくんの?
 雅春が地味に地雷踏んだからヤバいとは思ったけど、ここで掘ってきますか。
 これだけ楽しい雰囲気を出してるんだから文化祭は絶対成功してほしい、
 ということはこのトラウマ話を聞いてもどーともならないとは信じたいけど、
 一体何が飛び出すのやら。
 元気で明るい子がちょっと消極的に。子供の頃とはいえ、大きい事よね。些細なことではあるんだろうけど。

 御木くん&ターニャも文化祭に来るようだけど、
 ターニャが何言ってるのか相変わらず分からんからリアクションに困るなぁ。
 「何て書いてあるの?」的ニュアンスだとは思うけど・・・

 文化祭演舞自体は塚原先輩の音楽で演んのかw
 基準ガバガバ審査の塚原先輩好きだわーw 楽しい人だw
 文化祭特有の謎テンションも含め、よく雰囲気出てますな。楽しい楽しい。


ワールドトリガー
 すげーカオスw
 1話で一気に5人も落ちたぞw
 そらあの乱戦だからしょうがないとはいえ、カオスとしか言いようがないカオスっぷりですなw
 それでいて、ちゃんと戦略は各チーム整ってる。みんなよく動いてる。う~ん上手い。
 東さんのド変態っぷりとかもはや怖いレベルw

 コレで残るは3隊長とユーマということで実力者4人だけだけど、ユーマ生き残ってるのか・・・
 まぁなんだかんだ実力通り、他チームが上手く潰しあってくれてるとはいえ、
 さすがに落ちるよね?
 前方の影浦、後方の東、横には二宮だし。コレで落ちてくれなきゃ困りますわ。流石に。
 ポイントは
 影浦隊→犬飼&奥寺 二宮隊→絵馬&北添 東隊→オサム&辻 玉狛→小荒井
 つーこってほぼ横ばいですか。
 よしんばユーマが影浦を殺ってももう一人、っつーのは厳しいだろうしうん、やっぱり負けるなこりゃ。
 東さんに生き残って欲しい。なんとなく。
 

ハイキュー!!
 ようやく初の4セット目ということで、崩れだしたか・・・
 影山だからそう易々と崩れないのは終わり的にもお察しだけど、
 そうは言ってもいつもと違うわけで。その辺追々響いてくるんだろうなぁ。
 とりあえず今セットは取れるとしても。
 押しても折れない相手ってのは強いすな。

 問題はそれが向こうにも起こるか、かね。
 いくら白鳥沢と言えども、選手層厚いと言っても、5セットはキツいだろうし。
 5セット目終盤ぐらいにウシワカが折れるなんてことはあるんだろうか・・・


トリコ
 なんぞすごい事になってるエリア1の厨房、
 そこらにある食材かのようにフルコースを集めるブルーニトロたち、
 上半身吹っ飛んでも当然のように復活させる命球、
 そして相対するジョアvsミドラ
 そんでもってグルメ細胞の化物こと、ネオ?

 世界観がとんでもなく加速してるんですけど。
 もはやブルーグリルとか規模が小さく見えてきたわ。
 マジでクライマックスに向かってんのか?まだまだ続くとばかり思ってたわ。

 ネオとやらになりかけてる?アカシアはとんでもない化物ですな。
 怖ぇ・・・もはや捕獲レベルなぞアテにならんとはいえ、4000近くをぺロリと食うとは。
 とはいえ、次郎&節バアの登場でそんな恐怖もすっ飛んだけどw
 この最強2人がいればとりあえずあの端っ切れは大丈夫そうですな。


銀魂
 おうおう、銀さんファミリー大集合ですか。
 銀さん、桂、坂本とまで揃ってそして当然たる高杉の復活。
 初の攘夷戦争の4盟友が揃いぶむ瞬間もすぐそこですな。
 そういえば陸奥さん夜兎だったなぁ。失念してたわ。

 そこにもう一つある神楽家の因縁、まさかの不死だった朧の因縁、
 この最終決戦に揃い踏むべき存在は全て出揃ったけど、
 どうせならもう少し各キャラが欲しい所だなぁ。せっかくの最終決戦、やっぱりオールスターがいい。願望として。


ニセコイ
 今更本田さんが忍者とか言われても、
 やれギャングだ、やれヤクザだ、やれマフィアだ、やれお姫様だ・・・変なの一杯いたから驚かんわ。
 むしろ普通に警察の方が驚くわ。というか本田さんって一応警察の役という体だったんだ。ずっと近衛兵だとばかり。

 マリー救出隊に寺ちゃんが入れなかったのがまた神のイタズラに感じるけど、
 つぐみはともかく、千棘の役回りはまた楽とマリーへの発破がけなんだろうなぁ・・・
 寺ちゃん、最終決戦近いのに、また離されるで・・・大丈夫か?
 御影の裏の作戦で何かやることあるつっても、そんなのじゃあ・・・ねぇ?

 本田さんvs右助はなかったか・・・本田さんが乙女になる展開まで期待してたんだけどなぁ。


カガミガミ
 もはや誰が主人公なのか・・・
 せっかくトンチキなヒャッハ―俺様系の人かと思ってたのに、狗星は大分底が見えちゃったなぁ。
 逆恨みもいい所。あまつさえ生かされて助けられたとは・・・
 本質的に悪人じゃない悪人ってのはなんとも興を殺がれるわ。


ベストブルー
 いくら練習とはいえ、大城にあと少しまで迫った青野をた易く抜いていくとは、先輩たちすげー
 バタフライの江ノ本先輩なんて専攻じゃないのにフリーもすげーのか・・・

 とはいえ、この強豪っぷり。スタートからして県内TOP3て。
 「成長」としてはあまり期待出来なさそうな感。
 こういう漫画は成長することが大事だと思うけど、
 遅れてるとはいえ練習最初から成し遂げちゃった青野たちは漫画的な意味での未来は薄そうだなぁ。
 これからやるにしてもひたすら泳いでスタミナ強化?なんつー地味な漫画だ・・・
 掲載順も怪しくなってきたし、テコ入れは必要かね・・・結構楽しんでるんだけどね。キャラ良いし。


BLEACH
 ペルニダやべぇ・・・
 神経繋いだ相手の情報吸収するとかチートじゃねーかw
 何を今更チートもクソもないけど、剣八にマユリ様の新卍解までコピーするとかヤバすぎる・・・
 そら、マユリ様が余裕顔だからこのまま勝利は考えられなかったけど、予想を遥かに上回るヤバさですわ。

 かの最高峰のマユリ様を持ってしても倒せる気がいよいよしなくなってきたけど、
 この場で戦えるのはもうマユリ様しかいないわけで。
 ネムの死から爆発するのかなんなのか、マユリ様の今まで最大の超・大活躍が見られそうですな。
 ネムの斬魄刀解放とかを夢見てた頃もあったけど、七号な時点でそれはほぼありえないしなぁ・・・
 マユリ様、この化物相手にマジでどうやって勝つんやろ。ワクワク。


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 磯兵衛で企画やんのね。処したいエピソードはちょっと面白そうw
 出張で来てるくせに何もしないで作業全部こっちに投げる課長を処したい。

 なんだかんだカッコよく友達を結構あっさり選んだ時点で埋蔵金GETも見えたけど、
 アレ、端金なの・・?
 結構な財宝に見えたけど、アレが本当に端金だったっつーならちょっと酷いなぁ。
 そら本当に大金GETするオチなワケないのは分かってるけども。
 なんか続くらしい次号で大オチか・・・先生からどんだけ怒られるのか楽しみだわw


デビリーマン
 えっ悪魔殺し、しょぼっ・・・
 いくら巻き展開とはいえ、なんというショボさ。
 悪魔を恨む理由も、悪魔を殺せる理由も、そんでもって和の説得も、悪魔殺しの退場の仕方も何もかもショボい。
 こんなのが最後の相手か・・・今までで一番魅力の無い敵でしたわ。


最終回 レディ・ジャスティス
 あまりにもの酷すぎる終わり方に吹いちまったわ。
 「w」をつけないあたり、それは「笑い」ではないという意味で。

 てっきりいきなり始まった「ピーサー」とやらの説明こそ、天利の秘密で、
 彼女は実はロボットだったんだよ!な、なんだってー!的話かと思ったら、そんなことはなかったでござる。

 え~総括ですか。
 まず、絵。次に話。迫力。意外性。エロス。魅力。緊張感。ヒキ。構成。天利以外のキャラ。
 はっきり言って「良かったこと」が、「天利の表情」しか浮かばない。それぐらい薄い漫画でしたわ。
 赤面アワワは一赤面愛好家として認めよう。ナイス赤面だった。
 その他は・・・その赤面を取ってみても、赤面するシチュエーションはいつも同じだったしなぁ。
 あとは天利が強すぎるが故のマンネリ感。
 やっぱり俺TUEEEならぬ私TUEEEだとしても、魅力的な敵キャラつーのは必要よ。もしくはライバル。
 せめてただ漫然と0.0何%だなんだやってないで、もっとワクワクするような戦闘にしてほしかったね。

 とか言いつつ、コミックスは応援の意味もこめて買いました。
 でも帯の「日本よ、これが少年ジャンプの(H)ERO MANGAだ!!」はガン滑りですわ。
 少年ジャンプのEROMANGAなんて、とらぶるでしょうが。
 HEROMANGAだとしても、それはアカデミアでしょ。ダダ滑りですわ。
 あぁでもコミックス表紙の天利はすごく良かった。この作画キープしてたら少なくとも絵に関してはかなり評価してたわ。
 週刊で無理なのは分かるけど、アレ描けるのは立派よ。
 そういう意味では将来はある人かね。一応「次回作にご期待ください」もあることだし。

 あと冨樫はジャンプ読んでる暇あんなら、ジャンプ載せるための原稿描けやボケ。
 つか富樫担当、冨樫の元行ってんのかよ。描かせろやはよ。もしくは辞めさせろ。



 レディジャスティス金未来杯枠が空いて、いよいよ2連新連載編成。
 次号からは「ものの歩」 (池澤春人) と・・・・・・
 と・・・・
 と・・・・・・・・・・・?
 何?
 どこにも2つ目の新連載の情報が載ってないんだけど。
 こんなこと今まであったっけか。いつも赤刷りのグッズ/アニメページか、
 最低でも巻末次号予告に「×号から掲載!」とか載ってるのに・・・
 つかデビリーマンも終わるだろうに-3の+2?
 まさか、どこぞの腰痛バカが帰ってきたり・・・はせんわな。ならもっと大々的に発表するだろうし。
 
 その次号の新連載も・・・将棋て。
 棋士さんには悪いけどなんつー地味な漫画をまた・・・こりゃ死に枠だな。よりによって池澤先生だし余計に。





少年ジャンプ+ 8/30~9/5更新分

CHERRRY TEACHER佐倉直生
 涙が出そうだよ・・・
 こんなにかっこいいのなんて扱いだ。逮捕エンドじゃなくて本当に良かった・・・


SOUL CATCHER(S)
 実に少年漫画しとるのぅw
 ライバルが倒れたら起き上がらせに。実に実直王道一直線。
 まぁ内容的には胸糞悪いオンリーだけど、展開的には伊調崩壊&黒条の竹風征服は面白いと言わざるを得ませんわ。
 実の祖父の危篤とはいえ、あの伊調がここまで潰れるとはね・・・
 てっきりラスボスと思ってたわ。まぁ復活からのラスボスもありえるけども。

 伊調が黒条を形的に受け入れていた理由もわかってすっきりしましたわ。
 まぁ少なくとも鳴苑が一枚岩になったことは+でしかないわけだし。
 
 一方で剛健さんは・・・あんなクソ条なんかの口車に乗せられちゃって・・・
 ライバルのクダリはともかく、仲間で「アレ」はねーだろ・・・


神様、キサマを殺したい。
 うん、まぁこんな感じなんでしょうな。
 あの手足は完全に砂辺父のものということで。
 一瞬驚いたけど、頭がちゃんとしてる時点で確定のようなもんですな。
 そしてアレを現場で見て、撃たないのは仕方ない。
 13日間生き残った理由は、これまた砂辺父を食べていたとかにすれば良いだろうし。
 仮にもジャンプの冠つくサイトでそこまでやるかって話だけど、まあジャンプ+は少年誌じゃないし・・・
 ↑で少年漫画してるとか書いちゃったけどw

 青生の警視総監すら動かす力は脅威ですな。政治家経由なんだろうけど、警察無力化とは強ぇ。
 あの日裏に冷や汗かかすは大したもんよ。青生さんすげぇ悪っぷり。


温泉街のメデューサ
 先パイ風ふかし隊の加賀地さんは確かにかわえぇ。
 菅君は「後輩の鈴木君」としてこれからも恋愛相談するとかだったら楽しいけど、
 好みと真反対と知っちゃったからもうしないかな・・・


天神-TENJIN-
 天神は「居る」のではなく「在る」モノ。
 憧れを叶える神様ではなく、憧れの隣に在る存在か・・・
 抽象的な存在である事には変わり無いけど、その方向性は大きく変わりましたな。
 
 高岡の「過程免」とやらが説明ないから何か分からないけど、雰囲気的に高岡は終わったのかね。
 せっかく立ち上がれそうになってきたってのに・・・
 そら暴走しまくりの独りよがりだったけども、残念だなぁ。
 この長きに渡った高岡編の締めくくりがコレというのは残念すぎる。

 そして親父の事故と同じシチュエーションへ。
 何か起こるのか、何も起こらないのか、ここで真実を知るのか。
 シトシトと進んでたけど、完結が近いのか?


ラブデスター
 ほう。ミクニが自ら「告白」するからこそあの中継ですか。なるほど。確かに「告白」はしてましたな。
 とはいえファウストさん、あの状況でミクニが「告白」するなんてありえないことすらわからないのね・・・
 「愛」について知識が浅いとはいえ、ここまでか・・・

 らみちゃんは無事生還して何よりですな。
 まぁ生還したからといって、あのらみちゃんが誰か男と地球に送還するとは思えんことが悲しいけど。
 熊本や美円、生徒全員で励ますのは少しアツかったかと。
 つか美円もまたタケダのこと何も分かってなかったのね。こんなのが仮にもNo2か・・・

 タケダ編終幕。
 タケダの最期は実に無様で滑稽で、そして可哀想であったかと。同情の可哀想ではなく人として可哀想。
 どうせなら時間制限よりも誰かに「告白」して逝ってほしかったけど、
 それだと「告白」された側が可哀想か。あんなのをまがりなりにも殺しちゃうことになるわけだし。
 となると、この無様すぎる終わり方で正解でしたな。
 タケダ、良い最期だった。最期まで最高に無様なクズだったよお前。


時間の支配者
 お姉さん、首領でクロノスの末裔かいな。
 こういう組織に女首領とは珍しいから想定してなかったわ。
 そんな首領すらもユニークをガン狙いとは・・・クロノスは天辺からしてそういう人たちなのね。
 何の時間でも操れる最強ってのは首領らしくて良いけど、今のところ敵化してるのが残念だなぁ。


マジカルパティシェ小咲ちゃん!!
 本編があんなことになってるのに、コッチは平和だなぁ。
 オトンがどういうポジションになるのやら。
 コッチの世界のオトンはもうてんで無能な分、アッチの世界では有能であってほしい。
 マリーはコッチもアッチも魅力的で良いんだけども。


群青のマグメル
 インヨウさん強ぇー
 あんだけチートに見えたエリンをサクッと3体倒すとか、ラクター強ぇ。
 
 インヨウ&ゼロちゃんの能力・ラクトの説明がようやく入ったけど、
 現実派はモノへの理解が必要、幻想派はある程度簡単ってのは普通逆なだけに面白いかと。
 
 ヒキで出てきた亜人間は何やろか。敵顔じゃないけど・・・
 つかストーリー自体、どう進行するのかさっぱり見えなくなってきたわ。
 あの4人のラクター候補とか何に使うんやろ。


カラダ探し
 高広生還は健司の正気化?っすか。
 ずっと消えていたこの夜パートでの健司本来の性格だけど、ここにきて戻った意味はなんかあるんだろうなぁ。

 残る放送室。
 赤い人と真正面から激突するとはすごいシチュエーションだw
 高広と明日香の奮闘でついに入れるのかと思いきや、それすらも神ルールでダメですか・・・
 やっぱりこんだけ強固にしてある以上、この部屋には少なくとも「カラダ」はないよねコレ。
 カラダ残り1つの状況であってもこう、ということは。

 高広の決死のウサギ払い落としで豹変した赤い人は・・・なんぞ?
 そういえばあのウサギにフォーカスが当たった事がなかった気がするけど、
 あの豹変を見るに絶対に何かのキーよねアレ。
 残るカラダは頭部。えらく時間のかかった八代先生の時のカラダ探し。ウサギ。
 もしかして、最後のカラダはあのウサギの中にあるんじゃ・・・
 赤い人がずっと持っているものほど驚異的なことってないよね。
 結構マジで当たってる気がする。どうなる!?


フルチャージ!!家電ちゃん
 大家さん良いキャラしてるなぁ。


アナノムジナ
 天野先生じゃないとイラストギャラリーで更新埋めなんて許されんだろうな・・・


i・ショウジョ+
 えー・・・テキトーすぎんだろ・・・何この脚本。
 どうして面白く調理できる素材を存分に活かさないかなぁ。
 残念すぎる。

新連載 フードファイタータベル (うすた京介)
 あぁ、うすた先生の漫画だ・・・
 1P目からうすた先生って分かる、うすた先生っぷり。

 内容もグルメモノの皮をかぶったひたすらギャグ、いつものツッコミとなんか安心した自分がいたわ。
 ちょっとネタがしつこく感じたけど、ギャグの大増Pは往々にそんなものか・・・
 タベル自体に不満はないけど、
 大食いバトルがメインとなるなら、今回の舘兄弟みたいな汚い食い方だけはしないでほしいすな。
 飯を粗末に扱う者は万死に値する。米粒一粒足りとて残すことなぞあってはならんのや。

 なんやこの新連載に際して、「ジャンプ+」がうすた先生の絵にジャックされてたけど、
 もうちょっと本意気の絵で描いてほしかったな・・・
 轍先生とか筒井先生とか高山先生とかツイッターで喜んでたけど、ギャグとはいえあの落書きじゃ俺は喜べんわ。
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 僕のヒーローアカデミア ONEPIECE 火ノ丸相撲 斉木楠雄のΨ難 食戟のソーマ 背すじをピン!と ワールドトリガー BLEACH ジャンプ+

  1. 2015/09/07(月) 01:40:07|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<週刊少年ジャンプ2015年42号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2015年40号 感想>>

コメント

Re: katariさん

> アカデミア
 ステインも死柄木たちも、こうなるとは思ってなかったでしょう。
 死柄木の「先生」ぐらいは思ってたかもですが、
 死柄木なんてステインの悪のカリスマをバカにしてましたからね。

> ワンピース
 ドレスローザ国民が真実を知ってることをリク王やヴィオラは知らないんでしょう。
 だからこそこのちょっとしたすれ違いと演技になるわけで。

 傘下だからって着いてくる必要はないでしょう。
 丁度ビブルカードもありますし、有事に呼び出すだけで充分です。

> 火ノ丸
 どっちにも勝ってほしい、どっちが勝ってもおかしくない闘いはもうずっとですね。
 本当に川田先生は描き方が上手いです。

> クローバー
 何人か国民が死んでるのに放置してる魔法帝とは一体・・・

> 斉木
 どうせなら照橋さんの恋のライバルポジションは欲しい所です

> 暗殺教室
 こう言っちゃその筋の人に怒られそうですが、高校受験なんて失敗しても問題ないですからね。
 場末の高校から東大行ったって話はよく聞きますし。
 まぁ将来が明確に決まっているのならば、その道に繋がる選択をした方が良いに決まってますが。

> ソーマ
 薊さんは堂島さん-城一郎に続くNo3って噂がありますね。
 そうなのであれば、追放の理由、城一郎の理由なんかも伺えそうな。

> ハイキュー
 穴つっても、全国大会常連と、新入りだらけの復活の古豪じゃあ・・・
 なんだかんだ漫画的に烏野のスタミナぱねぇって話になるんでしょうが、
 その理由付けはほしいものです。

> レディジャスティス
 アカデミアと張り合ってた・・・・?
 どこら辺が?としか言いようがないです。全然そう思えません。

 コメディ多めで~ってのは同意ですが。
 ライバルも女キャラってのも面白いですね。
 それなら色々広がりも持たせられたのに・・・

> ソルキャ
 黒条がタチ悪いのは読者の総意レベルでしょう。
  1. 2015/09/13(日) 17:25:49 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: rakuさん

> 新連載予告
 ワタシはとてつもない大物の超大型新連載がため・・・と思っていました。(過去形

> 金未来杯。
 rakuさんはトテクですか。
 他の感想サイトさんとかを見てるとそういう意見も結構あったんですよね。
 今回の金未来杯は結構各人の趣味によって結果が分かれる形になりそうです。
 上位と下位の差が歴然とつきそうな予感。まぁ読者側は優勝作しか分からないんですが。

> 暗殺
 「ここからが暗殺教室です」はセンセーショナルでしたが、今を思うと別段・・・
 せんせーの過去編で終わってしまった感があります。

> ソーマ
 堂島さん-城一郎-薊さんの並びとはなんと恐ろし怖い・・・
 世代的にもドンピシャでしょうし充分ありえるでしょうね。
 婿ならば食の魔王の遺伝子は母親にあるということで、母親は父親よりヤバそうですw

> トリガー
 他のスナイパーとかガンナーとかならともかく、二宮と東さんですからねぇ。
 容易に負ける絵面が浮かばないです。
 二宮が東さんと影浦&ユーマのどちらを狙ってくるのかは見えませんが、
 二宮目線で脅威なのはどっちなんですかね。
 おそらくユーマは対象外でしょうし、元A級の影浦か、原始の東さんか。
 どっちを選んでも不思議ではないですが・・・

> LJ
 加筆というか、表紙の絵ですね。中身はまだ読んでないです。
 よしんば「アレ」があったとしても・・・

 もうちょっとアホな漫画であってほしかったですね。
 無駄に真剣にやろうとするからダメだったということで。
 最後のノーパンは読切の原点に立ち返っただけあって良いものでしたし。
  1. 2015/09/13(日) 17:09:10 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

アカデミア
ようするにステインがわずかでも敵連合と関わってたと思わせることで世界中の悪を一つのところに終結させようってことだったんだろうか

にしてもオール・フォー・ワンってのはどういう能力なのか
思い浮かぶのは人の個性を文字通り自分のものにしたり
その個性を他者にも分け与えることができるとかかな
分けるとはいっても自分のためにってことなんだろうけど


ワンピース

ドレスローザの民の態度の変わりようを見てて心配だったけど
レベッカとキュロスの関係を知ってたとは

だったらもうレベッカもキュロスも姿を消す必要はないってことじゃないのか
堂々とリク王家に招けば解決するんじゃないのかって思った
最も国民がそれを知ってるのかリク王が知る機会があるか

今後の新世界を考えるとルフィにもたくさんの戦力が必要だろうけど
ただルフィの性格上傘下じゃなくて「友達」ならいいとか言いそうですね

さすがにこの大所帯でずっと一緒に旅をってわけにはいかないだろうけど
電伝虫での連絡先を教えるか
あるいはビブルカードが必要になるのかな

火ノ丸
ありきたりだけどどっちにも勝ってほしいって思わせる戦いだと感じました

火ノ丸が負けたらこのまんが終わりだろうってなりそうな気はするけど
必ず勝つとい言い切れないようにも思ってたり

ただ個人的に言うと火ノ丸が勝つなら沙田はけがとかで個人戦不参加になったほうがいいような気がします
国宝が同じ相手に3度も負けるってのはちょっとどうかと思うので

クローバー
ノエルの兄弟とか金色のサンドラーってやつと言い
偉そうなことを言ってこの失態とは
解決した後「我々が罠にはまったのは下民の小僧が先走るような真似をしたからだ」とかいいそう

あともしかすると魔法帝の力がみられる可能性もあるのかな

斉木
占いの通りになるのか
それともあの完璧美少女の力で占いを覆されるのかと思ったり

暗殺教室
殺せんせーが冬休みに生徒たちとどう過ごしたいのかってのがわかったような気はした
それをここで一気にやるか

受験っていうと本当きついとか辛いって思い出のほうが大きい気がしますね
中学生のときってせいぜい高校をどこにするかとかそういうのぐらいしか考えてない気もするし
この時点で具体的な将来を考えてる人間はそうそういないだろうなあと

ついでに言うと気になる相手の進路を知りたくなったりする人もいるかもって

本当に終盤だと感じます

ただ一つ思うのは
受験をおろそかにしろとは言わないが
暗殺もやっぱりちゃんとガチでやってほしいとは思う
爆発の可能性がなくなってるわけではないんだから

ソーマ
遠月を追放されたって一体どんな男なんだか
少なくとも実力でってことはなさそうだから
料理が全てのこの学校でも許されないことをしたのか

あとえりなが創真の父に憧れてるのってこの父親が原因のひとつかもしれないなあと思った
城一郎に理想の父親像を見たという感じで

あとえりなの父と創真の父親は何かしらつながりがあったりするのかなあって
だとすると城一郎の卒業してないとも関係してたりとか
あとつながりがあるとしたら創真が誰の子供か気づいたりする可能性もあるのだろうか

トリガー
同じアタッカーの影浦ならまだ勝てる可能性はありそうだけど
シューターの二宮は相性悪いだろうし
東に至っては敵が遠すぎるし

最悪ほぼ全員がつぶし合うとか

にしてもアニメはオリジナル展開に入るみたいですが
それだったら一端終わらせろよって思ってしまう
ストックたまってから再開すればいいのに

ハイキュー
ここでセット取れないと烏野は負けてしまいますしね

あと白鳥沢は多分5セットフルの経験ないような気がします
ウシワカが入ってからは特に
県内ではストレートで勝ってるし
全国の試合も基本は3セットだろうし
もしかするとここがウシワカの穴かもしれない

磯部
あれだけあれば一般人には十分な大金だろうとは思った

レディジャスティス
正直言ってシリアス展開をやっちゃったのが失敗だった気がします
その結果アカデミアを張り合うような形になってしまってたし
もっとコメディっぽくやったほうがよかった気がします
敵を出すにしても変態マッドサイエンティストとか
あとは言う通り美女とかもちろん悪女でもよいし
宿敵も女性のほうがよかったんじゃないかなあって

ソルキャ
話としては面白いのは確かだが

黒条がやっぱりたちが悪いと感じずにいられないんですよね
なまじいうことが正論というか嘘がないのが余計にも

正直黒条が指揮をする竹風は想像するだけで恐ろしい
  1. 2015/09/08(火) 00:40:43 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

どゆこと?

新連載予告を敢えて書かない理由とは一体・・・。
 金未来杯。僅差で「トテク」にしました。他講評は掲載順に、ちょっとジャンプっぽくない、画力高いけど色々と少年誌向きじゃない、ポテンシャルに期待、もう少し頑張れ、面白かったけどこれで完結してる感がある、センスが斬新。

>暗殺
ネウロがプラスで戻って来まっせ。
 本編。今後の方針も定まったことですし、そろそろ冬イベント消化か、と思ってましたが一週で全部片付けるとは。荒れる成人式が沖縄だけだと思うなよ(僕自身は沖縄出身ではないです)。
 これから控えていることを考えると、ちゃんとした日常パートは恐らくこれが最後。「ここからが暗殺教室」と明言されて早半年。いかなる展開が待っているやら。って何回言ったやら。

>ソーマ
えりな様はいつからヒロインになったんだ。秘書子のソーマに対する信頼度は何なんだ。以下略。もう書かれ尽くしたので。
 時にえりな様の父親、同じ名前をどっかで見たことあると思ったら、堂島先輩が一席だった頃、三席にいた人と同じでした。苗字が違うので婿養子なんでしょうか。

>トリガー
12巻のカバー裏で毎度笑わせてもらいました。そしてアニトリ製作陣は那須隊推しに違いない。
 本編。ここで残り半分以上が退場し残りは遊真と他隊隊長。今回点取っているのもこの4人。射程持ちの二宮と東さんがやはり有利ですね。攻撃手二人にそのままぶち込むこともできますし。今回の勝利はこのどっちかかな・・・。
遊真がカゲを倒す前提でその後を考えると、個人的には東さんを狙いそうです。順位的に生存点取らせるわけにはいかないので。

>LJ
コミックス買ってないんですが、加筆修正とやらは所謂「アレ」だったってことでいいんでしょうか。
 総評。ひたすら力を加減することに専念した結果、舐めプとは何か違う感じの戦い方になるという感じは斬新でした。ただ変にシリアスに向かっちゃったのが大きかったように思います。ギャグに振り切ってたらもう少しどうにかなったかも知れん。その点では最後の数週は方向的には良かったのでしょう。時既に遅しでしたが。
 そして最後に冨樫先生とばっちり・・・。もう1年くらいたちますね。最新話掲載から。
  1. 2015/09/07(月) 22:05:57 |
  2. URL |
  3. raku #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2759-598723b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する