FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<最近のジャンプについて知っていること>(2019/10記)
ワンピ  :カイドウとマムが手を組んで、四皇の懸賞金が出た
ハンター :俺より休んでる
ハイキュー:鴎台と決着った
アカデミア:ヴィラン連合と別のヴィランが争ってた
ブラクロ :(何も知らない)
幽奈さん :(何も知らない)
鬼滅の刃 :柱やら上弦やら何やらが死にまくり
ネバラン :鬼との和解をしようとしてる
ぼく勉  :(何も知らない)
ストーン :(何も知らない)
アクタ  :(何も知らない)
呪術廻戦 :(何も知らない)
チェンソー:(何も知らない)
神緒ゆい :スケバンバトル漫画になった
サムライ8:ナルトの編集が有能だったとか
太星   :二重人格で将棋する
ビーチル :(何も知らない)
スクワッド:(何も知らない)
夜桜さんち:(何も知らない)
ミタマ  :(何も知らない)

週刊少年ジャンプ2015年32号 感想

どうも。お久しぶりです。ジャンプ感想です。
今日は月曜日です。月曜の15時丁度でございます。

更新遅れて申し分けありませんでした。

え~もう言い訳はしません。慢心です。あと怠けです。
土曜。雨。買いに行くの億劫で諦め。ホント1日中「FEif」やってた。超進んだ。
日曜。仕事。帰ってきたの21時半。そっからやいやいやってて日が超えて。
夜更かしして頑張って更新しようと思った最中、「FEif」を何故かやりだし朝6時。アボーン。
あっちなみに今日は振休なんで休みです。
先週の前書きで「来週、更新がされなかったらお察しください。」とか書いてましたが、あれは無問題です。
無問題というか先送りになっただけなんだけど、とりあえず無問題。
日月出張は楽しく行ってきましたよって。

てなお話。まぁ結局あれよ。何が全てって、
「ゲームやってて更新出来ませんでした」
ということですわ。
すみません・・・当ブログってゲームブログなんです・・・俺一応ゲーマーなんです・・・
ゲームやりたかったんです・・・今もやりたいけど我慢してるんです・・・
何故こんなに時間がないのか。
既に月曜振休も半分どころかあと9時間。時間が全然ない。寝る時間マジ邪魔。

つーわけで公式発売日ジャンプ感想。せめて今日中にはUPするようにします・・・
今週は本当に縮小更新で。全作品触れません。たぶん。

週刊少年ジャンプ号32号
  表紙 &巻頭カラー:火ノ丸
  センターカラー:ナルト、とらぶる


火ノ丸相撲
 十中八九荒木は負けると思うけど、
 それにしてもこの盛り上げっぷり。さすが名勝負を描く事に定評のある川田先生。
 どちらの勝利への思いも間違ってなんかいない、
 レスリングvs柔道ではなく、レスリング相撲vs柔道相撲。
 互いに実力者同士だからこその緊張感、応酬、対応、見事ですな。
 いつの間にかなんか荒木をも応援してる俺がいるわ・・・


暗殺教室
 今回えらい殺害シーンがリアリティあるなw
 原さんとか磯貝、速水ちゃん、イトナ辺りは知らん人がみたら絶対死んでるぞアレw

 速水ちゃん&イトナ最強コンビ相手に、よくあの4人で勝てたもんだわ・・・
 矢田ちゃん大武勲ですな。速水ちゃんを殺るのが矢田ちゃんとは露ほども思ってなかったわ。
 E組最強候補のスナイパーコンビを倒したのはどっちも意外な女子だったなぁ。

 かたや全軍突行の悪童チームは死神様に殲滅させられ怖い怖いw
 あの空中から出てきたシーン、マジで戦慄したわw
 そろそろ来るかとは思ってたけど、あの死神っぷりw 予想以上でしたわw

 あっ垣間見られた中村ちゃんのデレ顔はキュンときました。
 いつもツンツンしてるけど優しくされると照れちゃう強気系女子、超好き。
 
 さて当初の予想通り、ラストは死神vsカルマ。
 結局サシの勝負と相成ったわけだけど、どっちが勝つか全然分からんなコレ・・・
 あの死神が負ける姿が全然想像出来ん・・・


ONE PIECE
 ワンピース三大テーマというものがありまして。
 「受け継がれる意思」「人の夢」「時代のうねり」
 前2個は既にサブタイトルにもなったと、かの有名なワンピース考察の第一人者が教えてくれたんだけど、
 その3つ目。時代のうねり。
 今回のサブタイはまだそうではないけど、確実にその時代のうねりが起こり始めましたな。

 全ての終わったドレスローザ。
 案外小さかった上ショボかったバージェス、本当にアレで終わっていた過去最低の幹部と相成ったトレーボル、
 いまだ明かされないドフラの素顔あたりにガッカリしつつも、
 戦う王のリク王後押しに俺もなんだか励まされ、そして藤虎の、いや海軍の土下座。

 う~んうねっとる。時代がうねりにうねりまくっとる。うねうねしとる。
 今回のドレスローザ編、一貫して「何もしない」をしていた藤虎はずっとコレがしたかったのね。
 まぁだからといって一貫して本当に何もしなかった真意は測りかねるけど、
 藤虎という人間がまずは海軍の中での「本当の絶対正義」を通してくれてスカッとしたわ。
 さて、まだまだうねりは止まらないドレスローザ。
 海賊同盟のことまで記事になっちゃって・・・どうすんだw うねりすぎw そして俺は「うねる」って書きたすぎ。


僕のヒーローアカデミア
 デクは大分トリッキーな動きが出来るようになって面白そうだけど、
 今回あの狭い室内だからこその動きだったんで、そこらへん屋外がベースになるであろう敵バトルでどうするのかは・・・
 って書いてて気づいたけどOFAの超パワーならビル間とかで似たようなことが出来るか。さすがに空はアレだけど。
 ビルを横に駆けてくるなんて絵面が浮かんだぞ。

 ステインサイドの死柄木もまた一応信念らしき者はあったようで。
 顔の手に何か思う所があるようだけど、ここはまだまだ推理の余地がないですわな。
 死柄木の師匠キャラとしてステインか・・・また厄介になりそうだなぁ。
 ステイン自体、能力ストップ能力者みたいな感じだし・・・

 そんでもって悪堕ちまったなしの飯田君がマックスやべぇ。
 ステインより悪顔してんぞキミ・・・


最終回 NARUTO-ナルト-外伝~七代目火影と緋色の花つ月~
 終わった・・・
 へその緒だサラダのメガネだを最後に一応ちゃんと拾いつつ、
 サラダの家族話としてはとてもイイハナシダナーだったけど、結局この話はなんだったんだろう・・・
 敵は正直まるで出す意味がない、強いて言うなら家族愛を否定してたキャラってぐらいだし。
 正直ボルト、それとヒマワリが主人公の話が見たかったよね。それが映画って話なのは分かってるけども。
 サスケェも、久しぶりに会ったとはいえ、サクラとのつながりを感じるカスガイであるサラダの顔忘れてる始末だし。
 ナルトたちが親世代になってカッコいい姿が見られたのはすごく嬉しかったけど、
 究極的に「この外伝は何だったのか」そう言わざるを得ないこの短期連載10話でしたわ。
 まぁだからといってこの漫画を映画でやれって話じゃないけども。

 「NARUTO」という漫画作品はコレで本当に完結か・・・
 本編完結時のあまりにもの感慨深さを思うとなんとも尻切れトンボというか物足りないというか・・・
 とりあえず映画が落ち着いてから、岸本先生は次へ動きだすのかね。
 

 NARUTO展大阪は例によって・・・うん。
 とりあえず豪華執筆陣の7人のチョイスが謎。超大御所たちの中に何故堀越先生&古館先生・・・久保師匠いねーし。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
 怒涛の早さで練習時間が過ぎてってビビったけど、いよいよ本番前日まで。
 天使以外に何の言葉で彼女を形容できようかってぐらい天使すぎて辛い英里ちゃん天使に胸を打たれつつ、
 英里ちゃんもまた、雅春となんら変わらない精神状態だったという、
 この至極当然だけど、この「もう!」感。天使。
 LINEですら可愛いとかなんなの。俺どんだけ萌えさすの。
 もう英里ちゃんの髪型お披露目シーンとか絶対すごい天使来るの分かってて身構えてたわw 天使だったわ。

 つい最近、ちょっと見聞を広めようと社交ダンス(競技ダンス)についてネタを読んだんだけど、
 今回めっさ描かれてた前日髪上げからのうつぶせ寝ってのがまんま描かれててなんか笑ったわw
 前日からセットして寝る時まで気使わなアカンのか・・・
 仰向けで寝てるとはいえ、起きたら髪が大爆発してる時がたまにある俺にゃぁ無理だな・・・
 
 本番、良い事ばかりじゃないだろうけど、雅春と英里ちゃんにはとりあえず。
 楽しんでほしいですな。切に。切に。
 

斉木楠雄のΨ難
 Ψコロジーは即決でAで。だってテストもうやんなくていいし。
 そうじゃないとしても、食に喜びを感じられなくなったら死ぬしかないし、
 金がなかったら死ぬしかないし、体臭で周りに迷惑かけるなら死ぬしかないし、一択ですわ。
 コレマジメにテスト以外を選べる人がいんの?譲歩しても体臭だべ。
 食に喜び感じられないか、一生アニメ見れなくなるかだったら残念ながら前者を取りますわ。
 それぐらい食っつーのは大事よ。
 いや、食わんでも生きていられる体なら食わんけども。
 ・・・・ってお題は「自分がこの状況になるならマシなのは?」じゃなくて「一番続いたら怖いのは?」か。
 圧倒的B・・・と思いきや、じゃあCだな。連続的に金無いとかマジ死ぬしかないやん。
 ってちっちゃく「今だけ」って書いとるがな。じゃあBで。
 なんだこのブレッブレ回答。どんだけちゃんと読んでないんだ俺w
 で、結果は誰とでも仲良く話が出来て友達が増えるタイプ? 嘘乙。B以外が合ってますわ。

 あのスーパー照橋おっふ攻撃でも堕ちなかった才虎が落ちたか・・・イイハナシでした。
 斉木が大戦犯とはいえ、形的に戦犯である才虎や海藤も責任ちゃんと重く受け止めてたんやねぇ・・・
 あっ原人メラチサトの調教?もw


食戟のソーマ
 選抜編のアニメキャストが公開になったけど・・・
 麻沙ちゃんの北条ちゃん、弱さんの貞塚はドンハマリだと思うけど、
 選抜の主役たろう葉山が諏訪部・・・・?全然ピンと来ねぇ。諏訪部は違うでしょ。
 じゃあ誰かと問われると、結局現20代男性声優6人衆しか出てこないけど、諏訪部はイメージ違うわ。
 いやね諏訪部は好きよ?
 数多く男性声優いれど、耳が孕む声を持つのは諏訪部と速水奨さんとジョージしかいないから俺の中で。
 けど葉山に諏訪部は・・・う~ん・・・マジでピンと来ない。まぁ聞いてから評価するということで。

 さて本編は月饗祭開催ということで。
 幸先よくお客さん来たかと思いきや、客を奪うどころか奪われて圧敗の1日目か・・・
 ここまで差がつくとはこっちとしても思ってなかったわ。
 マーボー1強かと思いきや、他の料理も出す上、自分でも料理すんのな久我。見直したわ。さすが十傑。

 ソーマは屋台という特性を使って会場内を練り歩いて販売していくんだろうけど、
 それならそれで久我にケンカ売ってわざわざ真正面にポジション陣取った意味がないんだよなぁ。
 この辺の扱いどうする気なんやろ。
 あと食戟するほど場所争い苛烈してたのに、屋台だからって移動販売はアリなのか?


ハイキュー!!
 大殊勲の月島は点を取っても相変わらず、でも以前までとは全然違う月島になってて嬉しい限りですな。
 マジで一皮剥けてますわ。良い成長したなぁ。
 
 そしてさすがは永年の王者。
 苛烈な1点をちゃんと意識して慢心も油断も慈悲も容赦もなく、怒涛の3セット目取り返し展開。
 敵ながら天晴れですわ。
 まだ決まってないけど3セット目は取られるとなると、4,5と連取展開か・・・キツそうだなぁ。
 烏野がノってる時に3セット目取って欲しかったけど・・・ 


ブラッククローバー
 アスタの細剣は仲間のマナを媒介して打ち出す能力か・・・主人公的能力すなぁ。
 まだ全容は不明だけど、複数属性付与だの、あの衝撃波以外の形に出来るのかだので、
 アスタが「魔法」を使えてるか否かって話になりそうですな。
 
 また全部アスタで決めるんじゃないかとヒヤヒヤしてたら
 そこは都合よく倒れてくれてのユノっち覚醒「ザ・ワールド」で決着ということで、
 見たかったものは見られたかな。ユノっちがまさかの妖精使いになったのは驚きだけど。
 まぁ風魔法にシルフの妖精ってのは定番か。


ワールドトリガー
 おぅおぅ影浦さんやべーなw
 陰々としたスナイパータイプの暗いアタッカーを想像してたけど、まさかこんな野獣系とはw
 件の鳩原の弟子・絵馬共々影浦隊もさすがは元A級。とんでもないのばっかりですなぁ。
 
 鳩原は人を撃てなかった人という事で、なんか一気に良い人感が増しましたわ。
 千佳の進むべき方向性が定まったと共に、
 千佳が人を撃てないのをいち早く見抜いた二宮の理由もよく分かりましたな。
 それを思うと二宮さんもまた、良い人感が高まったような。
 一気にいろんな人の株を上げる。やりおるな絵馬。

 毎度書いてる気がするけど、こんな化物しかいない次のランク戦マジでどうすんのw
 影浦隊とのサシですら勝てそうな気がしないんだけどw


凱旋読切 ToLOVEる-とらぶる-ダークネス (長谷見沙貴&矢吹健太朗)
 俺、この感想での読切作の↑のタイトル頭につける「~読切」ってヤツ、一応公式に沿ってんのね。
 特別読切ならそう書くし、普通の読切なら「読切」だけだし、代理原稿なら「代原」とか書くんだけど、
 今回ばかりは意に背く。
 「出張」読切ではない! 「凱旋」であると。 おかえりなさい!またジャンプに来てくれてひたすらに嬉しいよ!!

 キャラ紹介やら自己紹介で始まるページやらに驚きつつ、
 そういえば「とらぶる」が載ったジャンプを知らない読者もいるのか。
 調べてみると終わったのは2009年40号だって。6年も前か・・・もうそんなになるのか・・・
 つかとらぶるシリーズ、もうすぐ10年なのか・・・マジか。

 はい本編。
 アホかwwwwwwwwwwwwwwww
 相変わらず発想がトチ狂っとるwwww
 いや~アホだった。素晴らしきアホ脚本。ありがとうございます!ありがとうございます!
 とらぶるの様式美をこれでもか!と見させてもらいましたわ。
 相変わらず・・・アホですね!
 いつもの股タックルの代わりにとんでもない過去最高の密着度である。それを読切で。天才ですわ。

 そんでもって最後のアオリをつけた編集に敬意と拍手を送りたい。
 やれやれ・・・もっとやれ!!!


デビリーマン
 う~ん、暇だったからテキトーに何人かネットで調べたレベルであの歌まで出てくるのは弱いなぁ。
 ちょっと行き当たりばったり、偶然都合よく上手くいっただけでちょっとスカッと感がないっすわ。
 脅すのが能力ではなく、罪の本質を見抜いて云々のクダリは良かったけど、後が残念でしたわ。
 仰海、良いキャラだったのに脱落かー残念だなぁ。
 つか負けても悪魔界に奴隷なだけかい。死なんのかい。
 

ニセコイ
 いったぁあああああ!!!
 言ったぁああああああああああ!!!!

 盛り上がって参りました。
 マリーのアツすぎる叱咤だけでも見る価値あったのに、一気に告白までいきおったからに!
 攻めましたな羽姉。ヒロインズを一気に抜きさって・・・・はいないな。
 前にまだマリーがいるけどそれでも一気にトップチームに乱入してまいりました。

 さぁどうなる。聞こえませんでしたとは言わさんぞ。寝てましたとはさせんぞ。
 タオル越しとはいえファーストキスを奪った相手。
 俺には好きな相手が、気になってる相手が、気にしてくれてる相手が、そんなこたーどうでもいい。
 楽は、羽姉をどう思ってるのか。
 向こうが「一人の男性として」とつけてきた以上、「一人の女性として」どう思うのか。

 この回答は後に続くヒロイン戦争終結に向けての足がかりにもなるわけだし、かなりの注目ポイントですわ。
 もう曖昧返事なんて飽き飽きなんや。コレを逃したら羽姉は本当に物語から脱落する。
 男、いや漢を見せる時なんやで・・・
 最近のイケメン楽さんなら行ける!


銀魂
 近藤は本当に死んでたのか・・・なるほど。そういえばそんな丸薬あったなw
 だったらなおのこと、モブにでもいいから「死んでます」的なセリフを喋らせておいてほしかったわ。
 そしたら前々号でより絶望出来て、前号でより希望を持てたのに。この辺の演出は残念ですな。

 黄泉返った近藤との朧討伐見開きはクるものがありましたわ。アツいアツい!
 朧を倒すのはずっと銀さんだと思ってたけど、その状態はもう越えていたのね。銀さんの相手は虚か。

 ようやく終わったこの近藤桂奪還牢獄編。
 残る遺恨は佐々木と信女。
 佐々木は・・・・生き残れ・・・・ないだろうなぁ。近藤も大概だけど、佐々木も大概だわ。
 死ぬのなら信女に殺されて死んで欲しいけどどうなることやら・・・・


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 唐突なステレオ漫画だけど、言う事聞かず普通どおり右左右左と見ていきましたわ。
 2分割どころか3,4分割ぐらいまでならイケる。
 ストーリーはまぁ脈絡があまりになさすぎてアレだけど。


レディ・ジャスティス
 てめーの敗因はたったひとつだぜ・・・爆弾魔・・・
 たったひとつの単純な答えだ・・・

 ユースティティア様の超スピードを加味せず、
 学校か病院どっちか片方の爆弾を持ち上げたすぐ後、
 もう片方の爆弾が作動するよりも速く動いて解除するなんて不可能だと思ったことだ。

 つまり「てめーはユースティティア様を怒らせた」

 コレ以外の解決方法だったら評価する。
 つか大ゴマ使いすぎじゃないですかねぇ。


カガミガミ
 おぉう一気に協会内対抗戦始まった。
 ボスが狗神になるのは当然として、なんだかんだ勝ち上がるのが烏丸さんとかそういう感じなんだろうけど、
 とりあえず試合的式神バトルラッシュが見られそうで気にはなるかと。
 皇派閥のトリオなんかは狗神に全員やられそうだなぁ。
 そして安定の真子さんぼっち。せっかくヒロイン力上げたのにまた置いてけぼりですか・・・


代原 新たなるホライズン (彦根洋平)
 なんだこれは・・・新しい。確かに新しいわ。こんな漫画見たことない。
 でも結構大マジメにこういう漫画って大事だと思う。
 今でこそアメリカで「MANGA」として日本のマンガが普通に売られてるけど、
 まだまだごく一部なワケで。面白い漫画はジャンプ以外にもワンサとあるわけで。
 そういうのを日本の枠に収めず、海外を見据えた今作は中々興味深いものがありますわ。

 こういうマンガ展開、マジでアリだと思う。ほぼ中学英語とはいえ英語の勉強にもなるし。
 俺もだけど、現在進行形で日本の英語教育って失敗してるわけじゃん。
 日常会話で使いもしないマニアックな単語覚えさせて、クソどうでもいい細かい文法覚えさせて、
 そんなことよりコミュニケーション取って喋って使う方がよっぽど良いっての。
 もしくはこういうマンガとか身近な媒体を使って、身近な言葉を英語で学ぶとかね。
 結構マジメに英語の教科書にマンガって良いと思うんだ。日本のマンガと比較しながら見ていって、
 こういう言葉はこう言い換えるんだ~とかそういう勉強方法を俺は推したい。
 なんせ俺なんて漢字どころかひらがなカタカタををマンガで覚えた人間だからね。
 マンガは教科書。国語だけじゃない。英語も物理も数学もなんでも学べる教科書。俺は本気でそう思ってる。
 バカにされがちの最近出版されてるアニメキャラが公式解説する本とかあるじゃん。
 俺あれすごくいいと思う。
 何だって結局ね。自分の興味あることだと覚えも早いし意欲も湧くもんですよって。

 ギャグ漫画なのにすごいマジメに謎理論語っちゃったけど、内容自体は・・・う~ん・・・
 英訳で遊びだしてからは面白かったかと。
 「Love come」とか最初気づかんかったわ。そんな意味あんの?って思っちゃったw
 つか「Fuckin'jap!」は大丈夫なのかコレw


BLEACH
 バズビー、可哀想な男だ・・・
 自分の力だと思ってたらほぼ与えられた力とは。コレは絶望するわ。
 ハッシュの陛下信奉も何やら本物のように感じてきたけど、コレはまだ分からんかな・・・


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
 1P使って担当交代の話すんなやw
 内藤、頑張ってあらすじとアオリを盛り上げてくれよ・・・?
 つかいそべねんぴょう、アレすごく正しいよね。ざっくりというかアレがほぼ「磯兵衛」の全てだと思うわ。

 世間はもうすぐ夏休みですか・・・・そうですか。
 まだ半月あるとはいえ、もう夏休みですか。
 つい最近新年度が始まったと思ったのに、もう休みですか。1ヶ月休みですか2ヶ月休みですか。いいですね。
 ワタシはまた3日しか休みもらえませんよ。
 ・・・
 ・・・なーんてな。
 今年の!夏休みは!なんと!6連休じゃああああああああああああああああああああああああ!!!!!!
 ワッショイワッショイ!!
 詳しくはまた後日前書き枠ででも。

 さて本編は・・・コイツら先生に殺されるぞw
 よく先生見てないと思えるなコイツらw
 でもまぁ目をランランとさせてすんごい楽しそうにしてるのはなんかコッチも嬉しくなるわ。
 何やら新編・徳川埋蔵金編が始まったようで。
 マサムネ編のリベンジなるか・・・先生はいつ来るのか・・・楽しみですなぁ。
 


 次号から新連載で
  ベストブルー 平方昌宏
 が連載開始ということで。
 UBS、ナルトと2本終わったのに1本しか入らないとはなんぞ・・・?
 特に告知ないけどあの腰痛(大嘘)が帰ってくんのか?それとも減ページ?う~ん謎。
 NEXTに載ってた水泳モノらしいけど、未読なんで連載でまずは触れようかと。
 ジャンプで水泳マンガってそういや覚えないなぁ。つかジャンプ外でも水泳マンガってあんま覚えねーな。
 「サマーソルトターン」しか出てこねぇ。あとはアニメだけど「Free!」か。





少年ジャンプ+ 6/28~7/4更新分

CHERRY TEACHER佐倉直生
 あんたは中学生かwwwww

 いつも基本イケメンな先生なのに、今回は全然アカンなw
 まぁ・・・うんでも。脱水症状寸前なら仕方ない。うん。仕方ない。セーフ!

 ふと気づいたけど、俺こんなにこの漫画楽しんでるのにコミックス買ってねーわ。買おう。


最終回 放課後ましまし倶楽部 復刻版
 あっ終わった。
 結局何がどう転んで本編の声優ルートに進むのかわからなかったけど、
 クズは昔からクズ、どこまで行ってもひたすらにひたむきにクズってのはよく分かったかと。
 まぁそらそうよね。10年以上生きてきた人格を早々は変えられませんよって。
 自覚がないのが恐ろしいとはよく言ったもんで、けっきょくこのクズは全部そこに落ち着くのよね。
 この「放課後」のキャラたちは「声優」じゃ見ないけど、その辺どうなっているのやら。


声優ましまし倶楽部
 あっこの社長、というかこの会社ダメですわ。典型的ダメパターン。
 レオ社長良い人なのは間違いないだろうけど「人が良い」人なんでしょうなぁ。

 一応「声優」というタイトルに沿った話展開なのは置いといて、
 この自己中女は安定の相変わらずっぷりですなぁ。
 文字通り自己中心、自分が世界の真ん中なんだなぁ。本当はゴミ粒なのに。

 
温泉街のメデューサ
 マジでななちゃんが落とされてしまうんかとドキドキして2P目見ましたわw
 サブタイも「ななちゃんの心変わり」とかあるし、親友同士の恋バトルが始まるんじゃないかとばかり。

 菅君に毛程もケがないのに同情しつつ、ななちゃんは菅君派か・・
 俺としては断然不動君派なんで敵対関係になっちゃうけど、
 まぁ今回みたいな感じなら別に良いかなぁ。良い感じに菅君が積極的になるし。

 さてヒキの不動君。もはや疑う余地がないけど、どこまで菅君に迫るかw


天神-TENJIN-
 いざパイロットへ向けてチャーリー隊発足ということで。
 前日譚で出てきてた大安ちゃんと村田はここで再登場すか。
 この辺航学がどうだったのかは本当に知りたい所ではあるけど、陸の物語はこれからということで・・・
 海自、陸自モノもそうだけど、こういう導入部がひたすら好きなのよね俺って。

 航学と大卒、防衛大の壁があったり、早速同隊メンバーがエリート志向だったり前途多難すなぁ。
 卒業した学校だけでもあんなに差別というか区別されるんですな。
 3等空曹と3等空尉の差は5階級もあるそうだけど、2等、1等の次はなんぞ・・・?
 とググりいにいったら空曹長、准空尉ってのがあるそうで。
 これは陸自も海自も同じのようで。へー。ちょっと勉強になった。
 こんなペーペーでも大学出てたら尉官なんやね。コレがいわゆる「エリートコース」ってヤツか・・
 まぁそういうエリート特有の嫌みったらしいターンも今回限りのようだしとりあえずOKOK。
 あの現状イヤナヤツオンリーの笹木にも空を目指す理由はあるんだろうし。


特別読切 ジャンプの正しい作り方! (サクライタケシ)
 コミックス発売に合わせてコミックス回ということで。
 ある種販売戦略としては最高に正しい形のこの回だけど、こういう話も含めて本編で見たかった感あるよね。
 まだまだやることはあったろうに、打ち切りだったんかなぁ。
 サクライ先生はツイッターで楽しくやってそうだからそうとはちょっと思えないんだけど・・・

 コミックスの表紙もまたデザイン会社発注なんですな。
 編集の意見もちゃんと聞き入れられるようだけど、某海賊漫画のマンネリ表紙はそろそろどうにかならんのかね・・・
 最近表紙見た時に「おおっ」って思う機会が激減してるのよね・・・
 そういう点では最初「暗殺教室」のコミックスであの表紙にした松井先生か編集かデザイン会社かは超GJですわ。
 
 コミックスでよく本文修正ってワードを目にしてたけど、原稿戻してまで修正するんですな。
 この辺たぶん出版社によって違うんだろうけど、少なくともジャンプはそうなんでしょうな。
 どれほどの作家が真なる意味で「修正」してるのかは分からんけど、週刊漫画家はコレを並列でやるわけで。頭上がりませんな。
 でも写真とかカラーとかあの辺が単行本だと残念になる仕様はマジでなんとかしてほしい。
 ちょっと高くてもいいからカラーはカラーで載せて欲しいわ。やっぱりカラーならではってのも一杯あるし。


ラブデスター
 あちゃータケダが自殺を唆した形かー
 向こうから告られた上、謎アイテムパワーで恋愛感盛り上がった時にタケダは他の女に移ってて、
 せっかく生き残れると思って安堵してた希望から一転の絶望・・・ってトコかね。
 一度嫌われたというか一度相手を切り替えられたら少なくとも相思相愛という絶対条件はアレなわけだし。

 タケダが無残に死ぬ形は確定として、あの謎アイテムがどれだけ絶大な力を持つかかねぇ。
 思えばあのアイテムって所有者が死んだ場合扱い的にはどうなるんだろう・・・
 生存者が持てるなら下衆いけど色々再利用出来そうよね。


KISS×DEATH
 内容がねぇ・・・隔週なのに内容がないのはあきませんで叶先生・・・
 とりあえずオタ仲間の最後1人・堤君がいいトコで出てくるのは理解した。


特別読切 「カラダ探し」×「魔法少女・オブ・ジ・エンド」~赤い人vs魔法少女~ (村瀬克俊・ウェルザード×佐藤健太郎)
 集英社の少年ジャンプ+、
 秋田書店のチャンピオンタップ!の謎のコラボレーションということで。
 謎過ぎるコラボレーション、謎過ぎる漫画と、謎しかない漫画だったけど、
 あの赤い人がバチバチバトルやってるのは中々新鮮だったかと。
 「魔法少女OTE」の方は読んでないんでなんとも・・・同作者のスピンオフ的な「魔法少女サイト」は読んでるんだけどねぇ。
 「OTE」はあんなにトチ狂った魔法少女がいんのか・・・「サイト」よりやべぇなw


新連載 神えしにっし (桜乃みか)
 新連載告知の時から絵が可愛くて気になってた作品だけど・・・
 萌え絵に興味ないのに萌え絵描いてる絵師さんすか。
 一応自分の絵には萌え絵でもプライドあるようでそこは良かったけど、
 オタク的にはオタクを否定されたセリフを吐かれると結構堪えるんやで・・・
 もっとノリノリの「絵師」をやってくれるのかと思ってたわ。ちょい残念。

 俺がツイッターでフォローしてる数々の神絵師さんももしかしたら・・・あっあの人たち真に楽しんでるわ。
 楽しんでるのがよく伝わったからこそ今でもフォローしてるぐらいだし。変人だらけですわ。
 毎日色んな絵を見せてくれてありがとうございます!おかげで毎日HDDに画像が溜まっています!
 特に百合ップルの絵が大好きです!もっとください!

 ダメ人間オンリーの兄貴はちょっと道を踏み外した俺を見ているようで辛い・・・・
 ちゃんと公式配信でアニメ見てるのは偉い。偉い。
 そうかBSすら映らない地域なのか・・・俺だったら発狂するな。絶対。


ポチクロ
 クロの能力は能力キャンセル能力すか・・・またベタな。
 炎属性がついてるあたりそこらの能力キャンセル主人公よりマシだけど、
 サンクストを思わせる火だったりするあたり、クロは王族よりも格式上の存在なんでしょうなぁ。
 まぁそこまで主人公補正思わせられないから良いけども。
 イシュハルさんのやられっぷりも株を落とすものじゃなくて満足でしたわ。

 最後の敵・イジャさん相手にしに行く前に、何やら修行ターン?
 何にせよ、もう長くはないんだろうなぁ・・・
 

群青のマグメル
 とりあえず依頼人は大丈夫かな?まだなんか疑わしい所もあるっちゃあるけど天然ボケみたいに見えてきた。
 兄貴ともヌルッと合流っちゃったけど、どうやらあの植物を求めて人間たちで争う感じかね。
 そんでもってようやく手に取れたと思いきや、その植物は能力的にか生物的にか死んでいた・・・みたいなトコまで想像した。
 インヨウがいない状態で追い詰められて、植物の正体を語るって感じかねぇ。


カラダ探し
 まだ順調展開だと・・・
 体育館往復、校舎屋上往復して誰も何のアクシデントも起きないとかますます不安感高まるわ。
 旧校舎に行く3人、ロクな殺され方しないんじゃないのコレ・・・
 マジで順調すぎて怖い。良い恐怖の煽り方ですわ。


読切 THE JUSTICE-奔雷と疾風- (真理之扉)
 読みにくっ。

 絵が綺麗だから一応最後まで読んだけど、
 徹頭徹尾すごい「読みにくいマンガ」でしたわ。
 何やってるのかセリフないと全然分からんセリフあっても分からん。動きが見えん。
 画力はもう充分なんで、とりあえずネーム構成力を磨かないとコレはあきませんな・・・
 良いモノは持ってるだけに頑張ってもらいたい。
 話としてはフツーもフツー。


i・ショウジョ+
 あらあら。いいですわね。
 幼馴染のお姉さん2人に取り合われるシチュエーション。男子の夢を具現化してるじゃないの。
 初の3人モノということで、コレは落とし所的にも気になる所。
 まぁなんだかんだ以前どおり、仲の良い幼馴染トリオってトコに落ち着くだろうけど。
 恋愛漫画ならいざ知らず、今作で相手をどっちかには決めんでしょ。
 とりあえず俺は珊瑚姉さんで。最近姉萌えっぷりが酷い。なお実姉には全く萌えない模様。


新連載 フルチャージ!!家電ちゃん (こんちき)
 「あの」こんちき先生が「+」とはいえジャンプに連載と聞いてたまげたもんだけど、
 なんて健全な漫画なんだ・・・
 少々のお色気はあれど、全然こんちき先生が書いたとは思えんわ。
 なんでこんなの書いてるのやら。

 話は・・・普通のロボ同居モノすぎてマジメに書くことがねぇ。
 嫉妬属性はまだ「可愛い」より「クズ」寄りだし、アイが良い所ないまま1話終わっちゃったなぁ。
 どんな話になっていくのやら。
 こんちき先生、「+」なんだから多少の本気は出してもえぇんやで?
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ 火ノ丸相撲 暗殺教室 ONEPIECE 僕のヒーローアカデミア 背すじをピン!と 食戟のソーマ ワールドトリガー とらぶる ジャンプ+

  1. 2015/07/06(月) 19:16:36|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<週刊少年ジャンプ2015年33号 感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2015年31号 感想>>

コメント

Re: カルテさん

> ワンピース
 CP0は一応覚えてました。
 出てくるならこれから。政治的な絡みで出てきそうですが、ドフラが握っている何かもあるんですよねぇ。そういえば。

> NARUTO
 まぁ「サラダじゃなくてボルト描けよ」→映画でやります→じゃあ・・・
 という販促はある種正しい誘導のされ方なのかもですが、
 ワタシなんかはアニメナルトに全く感慨がない(テレ東映らない)んで映画も興味ないんですよねぇ。
 今まで大マジで見たことないです。映画どころかアニメすら。
 だもんで、特に何がどうということも・・・
 一つ前の「The LAST」も気にはなりましたが結局見てないですし、コッチもそうなりそうです。
  1. 2015/07/12(日) 15:40:11 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> 火ノ丸
 荒木の考えは決して間違ってるものじゃないのが上手いところです。
 サッカーやアメフトみたいに同時にエリアに立つのならいざ知らず、土俵の上ではいつも1対1。
 ただ、強い者が強い。勝つことこそが勝利。実に正しい。
 少しばかり想いの矛先は違いますが、この2人、いや両校全員がこういう想いは持ってるでしょうね・・・

> 暗殺教室
 最初で最後のクラス内バトルなだけに最高に盛り上げてくれて満足です。
 今までの集大成が集まってる感満載。
 来るべきせんせー暗殺時はコレを超える暗殺っぷりを見せてほしいものです。

 一番良い収まり所は相打ちなんでしょうが、仰られてる通り根本的解決にならないんで、
 出来るのならば明白な決着をつけてほしいですねぇ。
 相打ちやるならまだ穏健派勝利の方が良いぐらいまであります。

> ワンピ
 七武海制度、海軍・政府の過ち、大将の土下座、あの1シーンだけでとてつもなく世界が動きました。
 藤虎の処分がどうなるのか、市民の海軍・政府への反応は、他の海賊たちの反応は、
 見たいことが沢山ありすぎてもうワケがわからないレベルですw

> アカデミア
 ステインは誰よりも、それこそそこらのヒーローよりもヒーローに憧れてる存在なんでしょうね。
 だからこそ生半可なヒーローが許せないわけで。
 元ヒーローってのが一番ありそうな過去ですが・・・

 ステインの個性はまだ謎ですが、
 切島&鉄哲の硬化コンビもいますし、ある程度重複は当然かと。
 やっぱり能力キャンセル能力は敵サイドにも必要です。あとコピーも。

> ソーマ
 ソーマの真意は何なんでしょうねぇ。
 少なくとも屋台のあの釜がないと胡椒餅は焼けませんし・・・

> クローバー
 一応やるべきことをやってるのは良いんですが、
 それに至るまでがどーも・・・アスタに破片が刺さって戦線離脱とかデキすぎですし。

> トリガー
 少なくとも二宮が言うような人物じゃなかったってのはアレだけで分かりますね。
 それすら演技だった、弟子の絵馬にすら自分を騙ってたとかならアレですが・・・
 千佳の武器狙いはアレかもですが、
 例えば敵が立ってる場所を破壊するとか、着地しようとしてる地面を消し飛ばして崩すとか、
 建物を破壊して間接的に攻撃やら妨害するとか、そういうのが浮かびました。

> 銀魂
 こう書いちゃなんですが、佐々木はここで終わるのが一番美しいでしょうね。
 近藤が死ななかった以上、余計その感じが高まりました。
 予定通り、信女に殺され信女共々・・・というのが最高でしょうか。内部的には酷い話ですが。

> ニセコイ
 楽が冗談と称しても羽姉的には大マジ、ここで返事を貰わないわけにはいかないわけで。
 羽姉ともニセコイ関係やるのは面白そうと言えば面白そうですが、
 あの夜ちゃんがそう簡単に騙されるとは到底思えないんでダメでしょうねぇ。
 期間延長も一週間って絶対制限がある以上ダメでしょうし。
 最悪の最悪、羽姉の婚約者側が実はとんでもないクズで~とかがあるかもですが・・・・
  1. 2015/07/12(日) 15:35:07 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: rakuさん

> 暗殺
 ちょくちょく烏間先生が映っていたのがまたイヤらしいというかなんというかw
 「その後ろに誰かがいるかも」なんて考えもしなかったですw

 この作品の結末を決める模擬戦とはいえ最終決戦。
 サクッと終わらせてどっちかの陣営に遺恨が残ることだけしないでもらえたらとりあえずは・・・

> ソーマ
 「十傑っぽさ」がどーも感じられてなかったんですが久我が口だけじゃないのが見られたのは満足でした。

 移動販売がアリなのかナシなのか、それで収益見込めるのか・・・色々謎です。

> ブラクロ
 「奪う」って感じより、絆の力が伝達して「使えるようになった」みたいに受け取りました。
 当分の間は大剣より細剣を使っていくでしょうし、ラックの雷やらマグナさんの炎やらを使って欲しいですねぇ。
 だからといってアスタの俺TUEEEは既に飽き飽きなんで、乱用は控えてほしいですが。

 収穫は一応、あとほら・・・ラックさんの「仲間」って概念とか・・・

> トリガー
 アニメはもう全然見てないんですが、大規模侵攻で終わらないんですねぇ。
 最大の終わらせ所でしょうに、そんなにやりたいんですかね。
 ランク戦もまた戦闘ラッシュなんで面白いことは間違いないでしょうが・・・

 影浦は意外なキャラでしたねぇ。ここまで荒々しい文字通り野獣キャラは初めてなので、戦闘が楽しみです。
 顔見せ時点でもヤバい人だらけなおかげで次のランク戦が楽しみで仕方ないです。
 完全に格下の玉狛チームがどこまで善戦出来るか。出来てしまうのか。出来てしまって良いのか。注目です。

> ニセコイ
 少なくとも羽姉に関しては完全にマトメに入ってますねぇ。
 マリー以下の期待度&ファン数の少なさ故のこの「処理」なんでしょうか。
 ちゃんと答えをしないといけない場面、
 当作最初のヒロイン戦争に決着がつくという場面。
 ボカして今までどおりグズグズと・・・にさえならなければとりあえずワタシは満足です。
 ちゃんと全部まるっとやるとは正直思ってないんですがね。
  1. 2015/07/12(日) 15:06:00 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

思い出したので

ワンピース
一応の決着っぽい感じですが序盤に出てきて、それっきりのCP0がどう動くのか、それとも動かないのか気になるところです。
NARUTO
今回の外伝は他の方もコメントされていましたが映画の宣伝と、後は連載の中で触れられずに終わった大蛇丸関係のその後を描くのが主題だったのかと
私もラジルさん同様ボルトの方が気になっています。
何と言っても「あの」ナルトの息子ですよ。落ちこぼれどころか、超優良血統の超天才、さらに伝説クラスの忍者や仙人によるマンツーマン指導を受けた男の遺伝子を引き継ぎ母親からは木の葉最強(と言われている)の白眼を引き継くかもしれない末恐ろしい子供ですからね。
まぁ、そういう見方のされ方と戦う話なんだろうなとは思うのですが。
私は観に行こうかなと思っています。
ただテレビシリーズしか見ていない人からすると作品内でのタイムラグがものすごいですね。
ちなみに私は放送されていないので関係ないです。
  1. 2015/07/09(木) 22:47:53 |
  2. URL |
  3. カルテ #-
  4. [ 編集 ]

忘れてたので

ニセコイ

これはさすがにもううやむやにできないんじゃないのかって思います

楽が冗談とか言ってごまかしそうな気がしなくもないけど
それはやっぱりいい加減すぎでしょうし

まさか結婚をうやむやにするために羽でニセコイを演じるわけにもいかないだろうし

言っては何だが羽さんが楽と結ばれるってのがあまり想像できないんですけどね

ふられたあとで教師を続けるってのも無理がありそうだし

最悪の場合
期間を卒業までに延ばされるかぐらいでしょうか

ただ一つ言えるのは鍵の謎はちゃんと明かしてほしいと思います
誰と結ばれるかは別としてもそこを隠すわけにはいかないでしょうし
  1. 2015/07/06(月) 23:05:37 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

火ノ丸
荒木は格闘技に関しては相当シビアな考えの持ち主だなと感じました
団体戦とはいえ個人戦のようなものだとか
余計なしがらみなく戦いたいとか
どの格闘技が強いかなんて意味はないとか
目の前の相手に勝つことだけに集中するとか
正直間違ってはいないなと

ただそれでもここでは國崎が勝つべきだとは思ってますけどね
少なくとも彼の負けは団体戦を否定する形になりそうなので

暗殺教室
速水さん千葉がやられたことでより戦意が上がってるんだろうかって思いました

しかし千葉の時もでしたが実力者が意外な相手にやられるあたりがまさに暗殺者の戦いだと感じさせられます

中村が実はマジメっていうのはなるほどと思いました
普段はあれだけどやるべきときはとことんやるってわけか

烏間はまあ障害物と同じ扱いだったってわけか

渚とカルマの戦いになったようですが
正直どうなるかわからないです
相打ちの可能性もありそうだし

ただ勝敗がついても根本的な解決になるのかっていう疑問も

あと本当に残り2人だけなんだろうかって

ワンピ
藤虎がドレスローザの人たちへの謝罪は本心だろうけど
それと同時に世界政府の存在と7武海制度が世界中に疑問を抱かせることになるのかなあと
7武海撤廃を掲げる藤虎のことだしそれも狙ってたんだろうか

アカデミア
ステインはどうやらヒーローだけじゃなくこの分だとヴィランもずいぶん狩っているのかなあと
悪人ではあるがただの悪人ではなさそうで

まあ少なくともヒーローの中には人間性がヒーローと思えない奴らもいるからな

ステインの能力は個性を封じる的なものと現時点では書かれてますけど
そういった能力の持ち主は相沢先生がいたような
何か差別化とかあるのかな

ナルト外伝
この外伝は劇場版の宣伝だったんだろうなと思いました

斉木
金がなくなるのが今だけだとしても
そのあと金が戻る保証はないとかだと相当悩みそうです

食べることが楽しくなくなったらそれはそれで怖いですけどね

ソーマ
諏訪部さんは色黒キャラのイメージになってるんじゃないですかね
青峰とかアーチャーとか

屋台だから移動はできるとしても
久我の店の前を避けるってのは創真らしくない気はしますね
赤字は避けられても勝敗は決まってしまうし

単純に屋台をしまって改良するとかでしょうか

クローバー
とりあえずユノにちゃんと見せ場があってよかったですね
最後のとどめとはいえすごい魔法を身につけたということで
騎士団が別々になってるからちゃんと活躍を描かないと

アスタのあの剣は仲間の魔力を借りるみたいですね
そのうち今度は敵の魔力を奪い取るみたいな武器も出てきそうです

あと宝物がもったいない

トリガー
鳩原さん
不正に加担してたというからどんな人物かと思ってたけど
イメージとは少し違うみたいですね
おバカそうだったけど
でも人が撃てない理由が千佳と同じとは限らないかも

ただ武器をピンポイントで狙えるって相当な腕ですよね
警察とかだと特に重宝されそう

しかし千佳には無理かなと
たとえ技術を得たとしても
武器を破壊するだけのつもりが本体もってなりそうだし
あのトリオンじゃ

しかし問題児多すぎだなボーダーは
景浦もやばそうだけど
もっとも陰口叩いてるやつらも正隊員になれそうにないが

デビリーマン
魔界に連れて行かれる=人間界では死亡ってことかと
それに魔界でずっと奴隷のほうがただ死ぬより恐ろしいのでは

銀魂
佐々木は目的があるとはいえ人々を苦しめてたから
戻っても別の誰かに命を狙われて殺される気配しかしないからな

レディジャスティス
正直主人公無双でもいいんですけどね
ヒーローものなのにシリアスが合わない気がしてるので

  1. 2015/07/06(月) 23:01:51 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

全作品ちゃんと触れてる

今週丁度20作品でした。むしろ先週までが21作品でキツキツだった模様。

>暗殺
 烏間先生の背後か・・・。どこから攻めようがノータッチという前提でしたね。これ以上ない隠れ場所といえます。
 そして完全に不意をついた攻撃。「殺せば勝ち」という暗殺の何たるかを一番よく表しています。
 しかしカルマはわざわざそうせずとも力ずくでやりにくるタイプ。鷹岡戦でもありましたが、渚のようなタイプは正面きっての対決に不向きながら、それを補う技術を持っている。長引くことはないでしょうが、勝つのは果たして。

>ソーマ
 高校の学園祭に巡回バスはやっぱおかしい気がする・・・。大学ならまだしも。あとこれ開催時間は何時までなんでしょう。そこ言及なかった気がします。
 初日からタメはれるとは思ってなかったのはソーマと同意見です。久我の売り上げがどえらいことになってましたが。言い方がいちいちイラつくけどやっぱ十傑の力は偉大。
屋台にしたのは最初から移動販売を狙ってたんでしょうか。それだとあまりにそのまんますぎる気が・・・。

>ブラクロ
 あれ水だったんだ。ちょっと分かりにくかったですね。それはいいとして、新たな剣の能力は他人の魔法系統を奪う感じでしょうか。おそらく対象は味方だけでしょうから(敵からも奪えたらもうチート・・・何か先週からチートしか言ってない)、これまでみたいなワンマンプレーはなくなりそうです。戦法のバランス的にはちょうどいい塩梅でしょうか?
 ユノの方にもちゃんと出番がありました。良かった。でもあれ何なんでしょう。小っこいのがでてきて何かやったら全部吹き飛びました。あれはユノだけに見えてたっぽいですが、何だったんだアレ。
 シメは迷宮の定番脱出ゲーム。収穫は主人公二人の新魔法のみになりそうです。てかマルスさんどうするんだろ。

>トリガー
 アニメは普通にB級ランク戦まで突入するみたいで。どこで切るんだろう・・・。
 本編。今度は初登場の翌週でサブタイ掻っ攫ったユズル君は鳩原さんが師匠でした。人が撃てないから武器を撃つってそれでも十分アレだと思いますが、やっぱ実戦ではそれじゃいかんのでしょう。二宮が千佳をみて「人が撃てない」と判断したのも、彼女に似ていたからなんでしょうか。
 攻撃手サイドでは漸くカゲが登場。思ってたよりタイプワイルドでした。葦原作品でこういうキャラも珍しい。陰口はおろか内部通話も察知するっていうのは強化聴力とは違うSEでしょう。暴力沙汰で降格ですんだのはこれが貴重だったからでしょうか。
 それでも8000Pとられるって何したんだろう。ユズルが従うような隊長ですし何かしらの理由があってのことでしょうが・・・。あと攻撃手3位は誰なんだホントに。

>ニセコイ
予想より事態が進みました。完全に纏めに入ってるようです。
 羽姉の告白で、今度は時間がないのは楽のほうになりました。これまでの動向からして多分保留しそうです(もし次週即答だったら以下の考察はなかったことで)。
 血縁ではないとはいえ姉同然、しかも担任が相手となればそれは悩むでしょう(同じ経験のある集にも協力を仰ぎそう)。既に答えが出ているであろうはずなのにそうする理由はまぁ羽姉が考えてたことと同じです。で、羽姉にちゃんと返事をしたら、同じ境遇であるマリーにも返事をしなければ筋が通らない。こちらも別の意味で時間がないことは説明するまでもありません。
 先週、もう一人の鍵持ちヒロインの圧倒的優位さと書きました。他三人の状況が急速に変化しているのに殆どそれに絡んでこないところにある種の絶対性を感じて先述のように表現したんですが、よく考えたら彼女、羽姉の本心を知ってましたね。敵わないと思っていた相手への楽の返事次第で、何かしらを考えるきっかけになるのは明白です。
 千棘もまた再び悩むことになるでしょう。もしかしたら羽姉から直接伝えられるかもしれません。それに驚きつつ、更に尊敬しつつ、自分はどうすればいいのか。
・・・何か完全に「NO」の前提で書いてきましたが、まぁそれは確実だろうなということで。
  1. 2015/07/06(月) 21:45:45 |
  2. URL |
  3. raku #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2751-13c1ed6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する