FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<最近のジャンプについて知っていること>(2019/10記)
ワンピ  :カイドウとマムが手を組んで、四皇の懸賞金が出た
ハンター :俺より休んでる
ハイキュー:鴎台と決着った
アカデミア:ヴィラン連合と別のヴィランが争ってた
ブラクロ :(何も知らない)
幽奈さん :(何も知らない)
鬼滅の刃 :柱やら上弦やら何やらが死にまくり
ネバラン :鬼との和解をしようとしてる
ぼく勉  :(何も知らない)
ストーン :(何も知らない)
アクタ  :(何も知らない)
呪術廻戦 :(何も知らない)
チェンソー:(何も知らない)
神緒ゆい :スケバンバトル漫画になった
サムライ8:ナルトの編集が有能だったとか
太星   :二重人格で将棋する
ビーチル :(何も知らない)
スクワッド:(何も知らない)
夜桜さんち:(何も知らない)
ミタマ  :(何も知らない)

週刊少年ジャンプ2013年35号 感想

いつもはこういう話、というかジャンプ以外の漫画の話なんてほとんどしないわけですが、
昨日買ってきた「ミリオンジョー」という漫画をさっきまで読んでまして。
モーニング連載なんで講談社発刊なわけだけど、掻い摘んでストーリーを話すと、
超人気漫画家が急死して、編集とアシスタントがその死を隠して連載を続けるって話でして。
コレがさ。もうモデルが誰が見たって「ワンピース」の「尾田先生」なのよね。
勿論、「ワンピース」「尾田栄一郎」「ジャンプ」「集英社」なんて単語は一切出ないけど、
ワンピースを知ってる人なら確実にそうなの。
今号のジャンプはまさしくそんな尾田先生が療養なのか急病なのかで休んでるけど、
こういう漫画を読んじゃうと、ますます不安になってくるというかなんというか。
この「ミリオンジョー」でも描かれてるけど、ファンはすぐ分かるからねこういうの。
1巻範囲内では、「作者じゃない人間で作った話が雑誌掲載!」ってトコで終わって、
この辺はこれからの話なんだろうけど、
最近ネットでも本気で「ワンピ」の完結を不安視する声があるし、
いやマジでホント色々諸々大丈夫なのかね。
この漫画内でも描かれてたけど、未完結で終わるのだけはホント勘弁願いたいわ。

読者的にはいらぬ心配、むしろ大きなお世話、つかすごい失礼な話とはいえ、
少なくともこちとら1話から読んでるような人間としては余計にそうだわ。
打ち切りでも円満でも、終わりを迎えられない作品ほど悲しいものはないし。
とりあえず何が言いたいかって言うと・・・
「100巻までは長すぎる」。


ういじゃあとはジャンプ感想です。つかこのネタ別日にやりゃあ良かったかな・・・


週刊少年ジャンプ35号
  表紙&巻頭カラー:クロクロク
  センターカラー:ソーマ、黒子


新連載 クロクロク (中村充志)
 新連載。
 鳥山明と金未来杯優勝作品に挟まれてるポジションではあるけど、
 前載った読切は面白かった記憶があるので、この連載も楽しみにしてましたわ。
 そういや、なんかで読んだけど、その読切がすごい評判だったようですな。
 なんといってもこの人はNEXTだか赤マルだかで絵に惚れた人だからねぇ。
 コレだから新人発掘はやめられないんすよ。つっても前のNEXTの感想・・・オヴォロロロロロ

 つーこって何気に今期で一番期待していた新連載だったわけだけど、
 うん、面白かった。素直に面白かったわ。
 まず最初に惚れこんだ絵は安定して上手いし好きな絵だし文句なし、
 ストーリーはほぼ読みきりのまんまな気がするけど、
 1話内で出会い、ギャグパート、バトル、人情モノと色々要素あって飽きないし、
 クロクも千秋も素直に好きになれるキャラ、
 連載になってどうなるかとちょっと不安だったクロクの出自も、
 ちゃんと「人間」であるまま妖怪と関わるように進行してるし、
 バトルも演出や絵面はよく、
 マジで文句の付け所が見当たらんレベルで面白かったわ。

 1話/読切形式としては。

 問題はこっからだよ。コレ今後の方向性どうすんの?
 アンケにも設問あったけど、コメディにするのか、バトルにするのか、
 人情にするのか、ホラーにするのか、ラブコメにするのか。
 これを読み間違えた瞬間、この漫画は終わるでしょうな。
 とりあえずバトルオンリーになったら間違いなく終わり。
 1話は間違いなく面白かったけど、
 2話3話でどういう感じの連載向きな話をしてくるのかにまず注目ということで。
 つかこういう感想、前期のどこぞの合気道漫画で書いたような・・・アレアレ。
 あと雰囲気としては「逢魔ヶ刻動物園」に似てるなぁ。 


トリコ
 鉄平にはガッツリ切れてくれて、
 グランドノッキングなんつー離れ技過ぎる離れ技まで見せてくれて、
 さすが作中最強キャラすなぁ。もう見ててニヤニヤしまくってましたわ。
 作中最強キャラの無双ってやっぱり心地いいよね。

 さて、で、ヒキではジョアの正体がフローゼと。
 まぁそういう予想はしてたんで当たって嬉しいけど、
 真に「フローゼ」なのかどうかが争点かね。
 本当にフローゼ本人なのか、黄泉返りなのか、精神は別なのか、操られてるのか、
 その辺まだまだ分かりかねる所ではあるけど・・・どうなるかねぇ。


斉木楠雄のΨ難
 沖縄ジャンプステーションのNPGキャンペーンに涙が出そうだよ・・・
 なんでや、なんで斉木だけハブるんや!
 ハブるならむしろ完全に浮いてる「黒子」しょ・・・(黒子ファンの方すみません
 コレ麻生先生はどういう気持ちだったんだろう。
 ネタにしてるから文字通り笑ったのか、ガチヘコミしたのか・・・

 沖縄編最終回ということで、主に女性陣が今編で大きく動きましたなぁ。
 正直モブキャラだった夢原さんがここまでフォーカス当たるとは・・・
 キャラも総出演だったし、最後はイイハナシで締め、美しい沖縄編だったかと。
 なんだかんだ取材旅行の成果はあったんじゃね?w


食戟のソーマ
 田所ちゃんかわいい(3巻表紙/扉絵

 アリスはえりなと従姉妹ということで。
 技術派で革新派の最先端料理人つーこって、えりなとはその辺で住み分けすんのね。
 まぁソーマに続いてえりなのライバルキャラということで、
 面白く場を引っ掻き回してくれそうで楽しみではあるけど。
 つかアリスのお付きの少年の名前はまだ出ないのね。
 コイツもコイツでなんかあったりするんだろうか。
 初登場時からは考えられないぐらい牙抜けちゃってるけど・・・
 
 今回ダメだったソーマはちゃんと「失敗」として受け取ってるのは良かったわ。
 イマイチ四宮編ほどダメージないみたいだけど。

 合宿編は大体面白かったけど、さすがに飽きてきてたんで、
 ようやく終わった合宿にコッチとしても安堵したわ。
 つかあんだけ過酷、ソーマでさえ落ちかけた合宿で、
 628人も生き残ってるのね。丸井とかはそういう補正とはいえ、すげーな遠月生。
 四宮含め卒業生たち再登場とかはなんか嬉しかったわ。
 出来れば四宮の料理の感想を田所ちゃんの口から聞きたかったけど・・・


暗殺教室
 テストをするだけの1話でこうも面白く描けるのはさすが松井先生すなぁ。
 こういう毒ありありのセンスこそ俺がほれ込んだ松井先生だわー
 文字通り「テストと戦う」漫画はそうそうねーべ。
 
 「問スター」はちょっと見れたけど。コレで中学生の1学期期末試験か・・・
 英語の試験とか俺も瀬尾と同じ回答する自信があるわ。
 間違いではないけど、正解ではないっつーのをよく出てる問題だなぁ。
 つか口語体で回答するとか、学生時代そんな発想なかったわ~
 これもカッチカチに教え込まれたせいかなー
 あぁでも「ミスチルをミスチフと言ったずら」だけは今でも覚えてるなぁ。
 (mischief(ミスチフ)=意味:いたずら)

 理科?ワタシ一応理系ですけど、ダニエル電池とボルタ電池の違いなんて全く知りません!
 
 社会と国語は地味でしたな。
 荒木はただ覚えてなかっただけ、榊原は別に粗ないし。
 まぁ数学なんて問題すら描かれてないけどな!

 さて、次号結果発表ということで。
 少なくとも英理社に関してはE組が勝ってる描写だけど、
 学秀は、カルマは、律ちゃんの替え玉は(←!?)、それぞれどうなるのか・・・


銀河パトロール ジャコ
 また話進まんなーと読んでたけど、とりあえずジャコの目標が出来て良かったかな。
 まぁ1900万と途方もない金額ではあるけども。
 まずは初めての街でジャコがどう行動するのか楽しみですな。

 あと地味に気になるのがアイドルが乗るとのことのロケット。
 なんか結構押して描いてるけど、このロケットがなんかキーを握りそうな予感。


黒子のバスケ
 あかん・・ついに黒子まで目が死におった・・・
 桃井ちゃんが完全に俺たちだよ。桃井ちゃん頑張れ。
 報われるの数年後だけどもうちょっと頑張れ。

 あとは荻原くんも再登場して火神なかもチラッと出てきていよいよ夏の大会と。
 荻原くん・・・なんか本当に「黒子」に幻滅して絶望しそうな雰囲気だなぁ。
 あぁ楽しくない展開だけど楽しいこの矛盾。


ニセコイ
 マジでキョーコちゃんだったーい。
 まぁあの展開でキョーコちゃんじゃない方が不自然だけども。

 集が問い詰められるパターンのぶっちゃけ男子トークは新鮮だけど、
 「一目惚れ」と言われちゃもうどうしようもないわ。
 るりちゃんとは何でもなかったんすなぁ。これからチャンスあるとはいえ。
 集の気持ちをどうするのかってのは気になる所だけど、
 楽が気にし始めたから嫌な予感してたけど、ひとまず楽が集の気持ち尊重したのは良かったわ。
 ヒキのつぐみの何かで結局思いを伝えることにはなるんだろうけども。

 つか今編はつぐみ出ずっぱりですなぁ。
 さすが勝利がないのが確定してるヒロイン。自分のポジションつーのを分かってるわ。


ハイキュー!!
 おぉう青城負けた・・・
 「王者」らしく着実に勝って来た白鳥沢は流石だけど、青城に勝ってほしかったなぁ。
 やっぱり番狂わせってのが好きなんだよね俺ぁ。
 にしても2セット連取で負けかー 烏野はまだまだ敵わない相手なんでしょうなぁ。

 あとは引き続き3年生の話ということで。
 前話でちょっと嫌なフラグかと思われたけど、
 普通に進路を思ってのことだったということで、まぁ教師としては間違いではないわな。
 部活に専念したことない人間だから気持ちどーこーはアレだけど。
 武田先生も、生徒たちもちゃんと決めて発言して、判断して、
 そして残留という結果を丁寧に描いたのは良かったかと。
 「切り替えて次行くぞー!」でもいいのに丁寧だわ~
 つか3年生のシーンで思い出したけど、潔子さんは結局何やったんすか?


ワールドトリガー
 う~ん、地味っ。
 精鋭部隊というから、もっと強者オーラバリバリなのかと思ってたのに、
 迅さんやら司令ほどの「すごみ」を丸で感じないんですけど。
 せいぜい太刀川さんぐらい?あの人はまぁまぁの強者オーラだわ。

 一方で玉狛支部はこなみ先輩が相変わらずチョロかわいい一方で、
 オサムが精鋭部隊の上を行く地味さですなぁ。
 ユーマ&千佳とこんだけ住み分けして描いてるんだから、
 オサムにも何かしかはあるだろうけど、もうちょっと地味な出番なのかね。

 ヒキは・・・やべぇ迅さんすげぇ死にそう。


銀魂
 AVかと思って2P目見たらとらぶるかよwww
 あぁ間違ってた「ほらぶる」だった。すまんすまん。
 なんというジャンプの正しいターゲット層に向けた漫画だwww

 もうあるある過ぎてめっさ笑ってたわw
 男子なら、男なら、一度は経験するであろうことだよねー。
 ちなみに今では「隠すとか何それ美味しいの状態」でごぜーやす。
 せや!隠すからやましいんや!隠さなきゃいいんや!
 萌え絵見られようが、エロ絵見られようがどーでもえーわ。何も言われんし。
 つか実家帰ってきてアニオタになってた息子に対して、
 華麗にスルーしすぎだと思うんだウチの親。マジでノーリアクションとか予想外だわ。


こちら葛飾区亀有公園前派出所
 なんぞ今話。唐突にどうしたし。
 イイハナシ系列だったけど、ちょっと唐突すぎて驚いたわ。

 つか田舎のJKがガラケー持ちってのは風評被害なんじゃ・・・
 むしろJKこそスマホとか持ってんじゃねーの?
 少なくとも通勤バスで見る愛媛県のJKはそうだぞ。
 このガラケーがダメって風潮はどうなんだろうか。
 まだまだガラケーで生きてくでー「ジャンプLIVE」は気になるけどガラケーやでー

 あと寿司屋の件やら、出版社へ電話とかちょっと甘やかしすぎだった印象。 
 現役JKが描いた漫画が一発で増刊とか、
 どんなサクセスストーリーやねーんってのもあるやね。


スモーキーB.B.
 てっきり夏の本番に向けて隠し玉展開なのかと思ったら、
 圧倒的すぎる相手にトラウマ抱えてほしくないとかいう、
 すんごい保守的思考でゲンナリだわ。
 監督はいい人だと思ってたのに、まるで向上心やら闘争心がないのね。残念。
 いくら強豪相手とはいえ、最初から諦めてるようじゃダメだわー

 相手の布袋も印象が酷いなぁ。全然強者のオーラっつーもんがないわ。
 頼みの三上もまさしく「打撃だけ」みたいだし。残念も残念残念。

 一応ヒキで煙爾郎登板決まったけど、全然盛り上がれなかったわー

 
SOUL CATCHER(S)
 御器谷先輩は豆腐メンタルなのかと思いきや、
 鋼の体に実はちゃんと考え持ってたりと大分ギャップあるキャラですなぁ。

 1000枚写譜ってのは音楽に疎すぎて全然分からんのだけど凄いんかね。
 1000枚は凄いのかもしれんけど、
 コンデンススコアだけで1週間100曲ってのが無理難題とは思いにくいなぁ。
 まぁ未だに諧名ふらないとマトモに楽譜読めない人間だからアレだけども。

 御器谷先輩はほぼ攻略したところで、邑楽先輩も攻略展開になりそうですな。
 ようやく女パートリーダー攻略か・・・長かったな・・・


最終回 恋するエジソン
 最終回。
 うん・・・まぁ終わるわな。中盤以降全然アレだったし。
 個人的に1話内で笑えて1、2箇所とか、ギャグハマらなかったもん。
 当初のウリだった2話掲載も全然しなくなったし、
 あからさまにネタギレだったんでしょうな。
 源内の生まれ変わりの先生とか確実にいらないキャラだったよね。
 せめて出すなら女キャラにしなきゃ。

 ギャグ漫画にしては女の子は可愛いのは良かったかなぁ


宣伝読切 スマホで漫画を読もうのまんが (黒田いずま)
 またラストで「ジャンプLIVE」の宣伝漫画。
 前号の「磯部」共々推してくるねぇ。ジャンプLIVE。
 そりゃ気になる企画ではあるけど、ガラケー使いとしては物理的にアレなんで・・・と。
 スマホ持ってる大前提の企画とかやーねー。
 つか今日び、メインターゲット層であろう小中学生はスマホ持ってんのかね。

 漫画自体は宣伝漫画ながら結構楽しめたかと。かといって手を出す気には・・・



 次号は新連載ラストの「ひめドル!!」・・・って、
 なんで「いぬまるだしっ」が復活するんですかー!
 終わったんじゃなかったんですかー(ドンデンドンデンッ)(ノリノリ&超笑顔
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ クロクロク トリコ 斉木楠雄のΨ難 食戟のソーマ 暗殺教室 ニセコイ ハイキュー!! ワールドトリガー 銀魂

  1. 2013/07/27(土) 18:30:34|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<遑【いとま】 | ホーム | 遥【はるかなる】>>

コメント

Re: DEEP PURPLEさん

> 暗殺教室
 あぁマネって意味でしたか。
 マネすることへの倫理感はさておき、マネされることはまぁ喜ばしいことなんじゃないですかね。
 とはいえ、普通の漫画のテスト描写であんなのやられても困りますが。

> コピペについて
 DEEP PUEPLEさんがジャンプをちゃんと読んでいるのも、
 ウチのブログを読んでくださっているというのは重々承知してますし、
 毎週安定してコメントしてくださってるのはとても嬉しいです。
 いつもありがとうございます。皆さんのコメント無しではこのブログ続けられてません。
 
 でもこの機会に一応物書きをやってる人間としてハッキリ言わせていただきます。
 「コピペしてコメントするぐらいならコメントして下さらなくて結構です。」
 頂いたコメントは間違いなくDEEP PURPLEさんが書いているものでしょう。
 思われたことや意見交換したいことを書いてコメントしているのはよく伝わっていますし。
 けれど、それを複数のサイトで全く同じ文章で投稿~というのは
 自分で言うのもなんですが「失礼」です。
 仮にワタシが許すとしても、相手方のサイトさんにも失礼です。
 他サイトさんと大して繋がりどーこーはないので、完全ワタシの主義主張になりますが。

 コメントに関してはワタシは完全受け手側の人間とはいえ、
 仮にワタシがDEEP PUEPLEさんへの返信を前後の人と全く同じで返していたらどう思いますか?
 ワタシは似たようなニュアンス、似たような予想、書き方はしていても、
 コピペしたことなど一度もありません。
 物書きのはしくれとして、それは読んでくださる方に「失礼」だと思っているので。

 と・・・いうわけで。
 これまたハッキリ言いますが、これが「最後」です。「次」はありません。
 閲覧者様相手に何様のつもりだ状態ですが、ワタシの方針にそぐわない場合はお引取りを願います。
 今後もしまたコメントをしていただけるのならば、
 「幾何学空間のジャンプ感想」へのコメントをいただきたいです。
 勿論、ウチにコメントしてから他サイトさんへのコピペはOKとかそういう問題ではありませんので。
 ワタシは「幾何学空間へ向けて書かれたコメント」しか求めていません。

 ご気分を害されたと思います。前のようにお茶を濁すことも考えました。
 それでも今回こうやってワタシの意見を主張することにしました。
 よろしければ、またコメントしてやってください。
 何度でも書きますが、コメントは本当にすごく励みになります。
  1. 2013/08/03(土) 17:16:21 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

追記

どうも、DEEP PURPLEです。

>暗殺教室・補足
>>フォロワー?がちょっと何のことか分からないです。すみません。
そうですか。では説明します。後から真似する漫画家が出て来るかも知れないという事です。

あと、コピペに関しては心から謝罪しますが、僕が以前も言ったように僕自身が心から思ったことであり、また、僕はちゃんとラジルさんの感想を読んだ上でコメントしており、コピペの物もその上での物です(「ジャコ」のコメントは不注意によるミスでこうなってしまいましたが)。そこは理解していただきたいです。これからもよろしくお願いします。
  1. 2013/08/02(金) 23:46:06 |
  2. URL |
  3. DEEP PURPLE #a2H6GHBU
  4. [ 編集 ]

Re: DEEP PURPLEさん


> クロクロク
 「派手さ」に繋がりますが本格的に今後の方向性がまるで見えないんですよねぇ。
 銀魂路線と言われると分からないでもないですが、
 なんだか長続きする漫画になるイメージがまるでないです。
 面白かったですし、アンケにも1位で入れましたが、なんか・・・不安です。
 「読切形式だけ面白い」みたいな形にならなければ良いんですが・・・
 ひとまず1話時点では満足しているので、いらぬ心配なんですけどね。

> 暗殺教室
 > この演出、フォロワーが出るかもしれません。
 フォロワー?がちょっと何のことか分からないです。すみません。

> 銀河パトロール ジャコ
 少なくともこのコメントはどう見てもウチへ向けてではないのでスルーさせていただきます。
 前にも一度ありましたが、他サイトにされたコメントのコピペはなるべくやめてください。
 やるにしても、気づかれないようにやってください。
 ちなみにワタシはそれなりにジャンプ感想ブログを読んでいます。コメント欄もたまに見ます。
 
> 食戟のソーマ
 卒業生のフルコース披露は良かったんですが、
 やはりソーマや田所ちゃんの感想が聞きたかったです。
 本文でも書きましたが、田所ちゃん戦を終えて四宮の料理がどうなったのかすごく気になりますし。
 不味いわけがないのは当然とはいえ、見たかったんですよねぇ・・・

> 黒子のバスケ
 現代の黒子をよく知っているからこそ、あの死んだ目が良いんですよね。
 本人的にはさっぱり良い話ではないですが。
 そう思うと、改めて現代の黒子は幸せです・・・

> 銀魂
 メインの小中学生はちょっとエッチな漫画でも恥ずかしいものですよ・・・
 もうすっかり大人のワタシが隠すのはアレかもですが。
 というか成人用漫画なり何なりは一応「成人用」なので・・・

> 恋するエジソン
 「凡庸」でしたね。言いえて妙だと思います。
 特に何がすごいわけでもなく、そこまでハマったわけでもなく、
 然るべくしてこうなった、みたいな印象です。
 ギャグで2作連続打ち切り作家ってあまりいい印象はないですが、バイバイジャンプなんでしょうか。
  1. 2013/08/02(金) 22:57:03 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ミリオンジョー
 あー他にも色々ワンピの要素はあるんですよね。
 「DB」に該当する作品とかもありますし。
 「しんちゃん」もある種そういう状況ですが、この漫画とは状況違うんですよね。
 まぁ作者死亡の情報公開しているかいないかの違いみたいなもんですが。
 超長期連載陣には、その超長期連載に紛れず本当にしっかり終わって欲しいです・・・

> クロクロク
 ワタシ的にはバトル方面に行きそうな匂いを感じましたね。
 それだと不安なんでアレですが・・・

> トリコ
 すごく普通にスルーしてましたが、
 三弟子間で一応統一性があったのは地味に驚きました。
 この辺、小松、大竹、中梅の同期トリオに通ずるものがありますね。
 戦力的な意味では全然アレですが。

 腕や脚ならサクッと再生してますし、
 再生屋の存在からも噂のセンターでしたっけ?が関係しているのかもですね。

> ソーマ
 合宿編を総ずるととても良い長編だったと思います。
 タクミとの出会い、田所ちゃん掘り下げ、卒業生掘り下げ、
 ソーマ初敗北、アリス登場、ソーマ失敗と要素はアホほどありましたし。
 こう書いてて思い出しましたが、タクミとの出会いって合宿編だったんですねぇ・・・

> 暗殺
 E組は誓約書の件は知らないはずですよね。
 「なんでも言うこと一つ聞く」があの誓約書でしたし。
 読者的メタ視線ではE組がほぼ勝つのが予定調和ですが果たして・・・

> ニセコイ
 つぐみが何を言って、楽がどう動いて、集がどう決断するのか、
 楽とヒロインたちで描きにくい以上、一つの分岐点として見届けたいです。

> ハイキュー
 3年生は魅力的なキャラなので残ってくれて何よりでした。
 とはいえ、春高で勝つにせよ負けるにせよ、3年生は正真正銘ラストの大会なので、
 春高までに1年生はともかく2年生にもっと魅力的になってほしいですね。
 それこそ次期キャプテンなんかの話にも関わってきますし。
 仮になるのなら・・・田中がキャプテン、西谷が副キャプテンって感じがシックリきます。

> 銀魂
 >紙のカバー
 そういう問題でしょうかw
 母親に限らず家族の索敵能力を甘く見たら泣きを見ますよw(体験談

> ジャンプLIVE
 単行本化どうなんですかね。
 ネットで見られるオンライン漫画は大抵単行本になりますが、
 こういうのは・・・どうなんでしょう。全然分からない範囲です。
 してくれるのなら嬉しいですけどね。
  1. 2013/08/02(金) 22:35:01 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

どうも、DEEP PURPLEです。諸事情によりコメントが遅れました。

>クロクロク
読み切り版はあんまり印象に残っていないので比較は出来ませんが、この第1話は結構読める方だと思いました。
まず、新人としてはなかなかの画力だなあと思いました。ヒロインの千秋がかわいいです。
作風としてはやはり「銀魂」のように基本はコメディ&人情といった感じで、たまにアクセントとして軽いバトルを挟むといった感じでしょうか。ただ、ジャンプ漫画としてはやや派手さに欠ける方かなーとも感じます。とりあえず、様子見だと思います。

>暗殺教室
スゴイですねこれは、テストのシーンなのにまるで違う作品を見ているようです(笑)。この演出、フォロワーが出るかもしれません。

>銀河パトロール ジャコ
今回も話が進んでいませんね。でも、やはりこれまでと同様、掛け合いが面白いので気になりません。それにしてもジャコがテトラポットを光線銃で破壊したシーンは一体何のために出て来たのでしょう? 笑えたから良いですけど(笑)。
さて、前回も言いましたがこの作品、「ドラゴンボール」の前史である可能性が出てきましたが、本作の世界での通貨がそれとは違い「円」となっているところ(ちなみに「ドラゴンボール」の世界での通貨は「ゼニー」)を見ると、以前psychobindさんが仰ったように何らかの理由で世界そのものが大きく変わってしまい、それによって「ドラゴンボール」の世界観になる感じになるのかなと思いました(あくまでこの予想が当たればの話ですが)。

>食戟のソーマ
扉絵が良いです。ただ、アオリの「丼研の夏休み」は違うだろうと思いました(ソーマと田所さんは違うでしょう!)
さて、えりなとアリスは従姉妹でしたか…無難なところだと思います。ソーマとアリスはさしずめ「保守派vs革新派」「アナログvsデジタル」といったところでしょうか。それにしても失敗を笑い飛ばせるソーマの精神力は流石だと思いました。あとえりな、幼少時からあんな性格だったんですね。キャラがブレていなくてこれはこれで良かったと思います(笑)。
そして、卒業生がフルコースを振る舞うとは、なかなかニクイ事をしますね。とりあえず卒業生自身も合宿が過剰と言えるほどにシビアである事を自覚していて、それでご褒美を用意した、といったところでしょうか。それにしても、最初の時点で1学年1000人を超えていたなんて、やはり物凄いマンモス校だったんだなと思いました。あと、この時の堂島の台詞が第1話に出て来た「料理とは、果て無き荒野そのものである」というナレーションと繋がっていると思いました。

>黒子のバスケ
黒子が最初、無表情だったのには意味があったんだなと思いました。キセキの世代の崩壊によってああなったんですね。そして話が進むにつれて徐々に熱い面も見せていったところを見るに、彼は誠凛で活躍していったことでかつての魂を取り戻していったという風にも解釈できると思います。

>銀魂
「To LOVEる-とらぶる-」程度じゃ、まだ隠すには至らないと思います(笑)。一応一般向け漫画だし。本物のR-18漫画だったら(それこそ佐伯俊先生の「以前の」作品のように…!)隠さなきゃなりませんけど。

>恋するエジソン
打ち切りに終わりましたね…まあ妥当なところだと思います。
第1回の時にも言いましたが前作「メルヘン王子グリム」はイソッペのママのような強烈なキャラクターが出てきて個人的には好きな作品でしたが、これはそういった要素も無く、凡庸なギャグ漫画となっていたと思います。ただ、(画力は高くないものの)相変わらず女の子はかわいく描けていると思いました。
渡邉先生、これからどうするんでしょう? 個人的にはもっと頑張って欲しいと思います。
  1. 2013/08/01(木) 23:53:45 |
  2. URL |
  3. DEEP PURPLE #a2H6GHBU
  4. [ 編集 ]

失礼します

ミリオンジョー
読んでないからわからないですが
聞いた印象だとク○ヨンし○ちゃんをモデルにしてるっぽいようにも
作者が急死とかスタッフが描き続けるとか

ただまあ完結するのかどうか不安という点ではワンピースに限らず長期連載漫画はだいたいがそうですね
100巻近く行ってるものは
それとは別の理由で完結しそうにない漫画もあるが

新連載
一番可能性があるのはコメディだと思ってますが
というよりは今の印象だとその方向としか

トリコ
次郎の名は本来二狼とは
龍と虎と並ぶってことかな

この漫画に関しては予想がつかない部分が多いですが
少なくとも次郎や節バアが知るフローゼとは違うんでしょうかね
一応クローンの可能性も考えてみたり
もしよみがえりというならアカシアの前菜と関係あるのだろうかと

ソーマ
今回の合宿は創真にとって得るものは多かったようですね
上には上がいるということや未知の分野とか

今回は創真自身の問題だったし自分でなんとかできたからダメージは少なかったのかも
四宮との戦いのときは自分一人だけの問題じゃなかったし
堂島の助けがなかったらあのまま退学だったし

暗殺
あの誓約書がある限りE組が負けるわけにはいかないんですけどね
E組がそれを知ってるかどうかはともかく

ただこの人の漫画は予想を裏切ってくる気もするし
下手すると学秀がトップ独占という事態にも

ニセコイ
なんというか秘めたままにしたほうがいい時と
伝えたほうがいい場合ってのもある気はするな
まあ普通に考えたらこの場合は黙ってたほうがいいのかもしれないが
もし告げるなら別れの時でしょうかね

ハイキュー
せめて1セットぐらいは取らせてもって思ってしまった

まあ今3年生が残ってくれたのはバレー部にとってはよかったかもしれないな
残ってる連中で誰がまとめればいいのかって話になっちゃうし
主将になるとすれば田中や西谷ぐらいだろうけど
片方が主将になるのはよいとしても
こいつら2人が主将と副主将になるのはだめだろうし

県外遠征に行くみたいですが
この前のニセコイとのコラボとつながるのかなあなんて
まああれはパラレルだけど

トリガー
ボーダー同士の内輪もめで犠牲者が出るのは組織としてはまずいと思いますが

銀魂
一応の方法としては
購入するときに紙のカバーをお願いするとか
表紙さえ見られなければという感じで

SOUL
自分が努力しないのは勝手にすればいいけど
それで人の邪魔をするって今の時点じゃ邑楽って人にい感情はもてないな

ジャンプLIVEか
ストックがたまったら単行本化したりしないかなあなんて
無理かなあ
私もガラケーなので
  1. 2013/07/29(月) 19:05:58 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2615-fec90458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する