幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません


週刊少年ジャンプ2013年22・23号 感想

今週号は土曜ジャンプということで。
まぁいつも金曜に早売りを買ってるんで私的にはどうでもいいんだけど、なんと。
土曜ジャンプは木曜に入るらしい。
昨日ソレを知ったのが就業中だったので買いに行けず、
結局金曜の今日に買うといういつもの感じになっちゃったんだけど、
今後はこの経験を踏まえて、土曜ジャンプの場合は木曜に触れられるように頑張ろうかと。
まぁ就業中に買いに行けなかったつっても、トイレ行くフリでもすれば行けたんだけどね。
そこはほら俺、根がマジメだから?(←

つーこってアレっすな。
インフルで倒れてた先週金曜、月曜の夜にようやく読み、火曜のド早朝に感想を書き、
そして金曜にはもう次の号を書いてるというこのペース。
長いジャンプ読者歴になるけど、ここまで間が開いてないのはマジでレアだと思うわ。

うぃーじゃ今週のジャンプ感想でっす。


週刊少年ジャンプ22・23号
  表紙:集合
  巻頭カラー:ワンピ
  センターカラー:読切、めだかボックス、読切


雑多
 合併号恒例の集合表紙とそれをめくってのライバルキャラの擬似表紙ということで。
 演出的にこういう構成より裏表紙にライバルキャラ~とかの方が良かった気がするけど・・・
 とりあえずツッコみ所としてはドフラ、古市、千棘、安錠ってトコ?

 次号からは新連載ラッシュの他、特別出張読切もラッシュとのことで。
 新連載については最後に触れますけども、
 あんまりパッとした出張読切じゃないなぁ・・・
 「セラフ」とか読んでるけど、そこまで面白くはないんだよね。
 スクエアはちゃんと読んでますよって。某一作品以外は。
 最近のお気に入りは「戦場アニメーション」ね。アレ単行本買うわ。

 今号の付録らしい付録は「サンジの"偉大なる"レシピBOOK」つーこって。
 ザーッと見ただけだけど、結構美味しそうじゃないの・・・
 塩漬け肉とか作ってみようかな。暇があれば。


ONE PIECE
 さて始まったBブロックバトルロイヤル。
 ルーシーも出てないし、目立つキャラもバルトロメオとベラミーぐらいかなと思いきや、
 中々に面白いキャラたちが揃ってますな。
 嘘か本当か当たれば四皇すら倒せる戦う王・エリザベロー2世、
 ジンベエの友達の魚人・ハックさん、 
 本編でついにガッツリ出てきた足長族・ブルーギリー、
 誰も見たことないというどこぞの伝説のキュロスさんみたいなリッキーと、
 結構マジで誰が勝ち上がるかわかんなくなってきたわ。
 本命としてはバルトロメオvsベラミーvsリッキーかな。
 リッキーがこんな意味深キャラであっさり負けたらソレはソレで面白いけど・・・

 んでもってヒキではCブロックのチンジャオがルーシーもといルフィと接触と。
 ついでにキャベンディッシュまで巻き込んで、コレまた楽しみですなぁ。
 チンジャオさん、早速強者オーラバリバリじゃないですかー!やだー!ワクワクする!

 つか各ブロックこんだけ濃いのに、ソレを一瞬で終わらせたバージェスェ・・・
 どういう形式かわかんないけど、全4ブロックの各勝者はすごいことになりそうですな。


暗殺教室
 いかに渚が鷹岡をノすのかってのは大事だったけど、
 まさしくノした、しかも圧倒的にと、
 ニヤニヤしまくったと共に渚にゾクゾクしましたな^^
 渚は元来ドコか冷めた節があったけど、それが遺憾なく発揮された感じ?
 「殺せば 勝ちなんだ」のモノローグめくりでガチで殺すんじゃないかとヒヤヒヤしたわ。
 タイトルこそ仰々しいこの作品タイトルだけど、
 やっぱり「殺す」のは物語のクライマックスであってほしいよね。
 それがたとえせんせー相手でないとしても。
 渚が勝つとは思っていたけども、予想より全然「勝ってた」わ。いやはや驚いた。

 でも「暗殺の才能」って落とし所はちょっと残念だったかな。
 そういう風に思えってコトなんだろうけど、暗殺の才能て。


読切 マリオ-特別番外編- (岸本斉史)
 別に黙っててもSQ買って読むけど、宣伝用にショートストーリーでの掲載つーこって。
 ちゃんとした本編じゃない上、4Pだけで感想もクソもないけど、
 「あぁこういうのが描きたいんだな」ってのはよく分かったわ。
 スクエア感想は毎月書いてないけど、気が向いたら書くかもねー。
 

読切 Moon Walker LTD~金鉱採掘人と光る石~ (許斐剛)
 これまた次のSQでスピンオフが載るとのことで。
 もう一つ以下に同じネタのあるけど、なんでこんなに今号はSQ押してるんだろう。
 そんなにSQ売れてないなんてこたーないと思うけど・・・
 いや、そりゃ週刊よりは売れてないだろうけども。
 つかSQってどんどんアレな話、週刊の島流し先になってるよね。大マジで。

 さて、漫画の話へ。
 いつぞやに載ったタイトルの続編復活モノということで。
 コレに関してはまぁまぁ前作覚えてるわ。なんだかんだ印象的な設定だったし。
 そういえば前もこんな風に連載経験作家の読切祭の時だった気がする。
 その時はもっと豪華なメンツだったけども。それこそ岸本先生やら鳥山先生とかいなかったけか。
 
 開幕扉絵裏からミッツが出てきて吹いたけど、前作は確かマツコだったなぁw
 石仮面みたいな手袋にミッツ、マリオ、ルイージ、ロボットみたいな敵さんと
 面白いキャラ・世界観は健在だったかと。前作がこういう方向性だったかどうかは忘れたけど。
 ランスもとにかくかっこよかったですな。
 ただ残念なところとしてはとにかく。
 ラスの線路を1Y動かした件がどうなってるのかさっぱり分からないところ。
 何で触ってない方の線路が1Y分断されて逸れてるん?
 またその後の列車が滑落したシーンで線路が崖下に伸びてるのがこれまた分からん。
 マジで分からなすぎてここだけ何回も見返してたわ。結果、分からん。
 全ては線路動かした後。ランスたちの車の後ろに線路が無ければ納得出来るんだけど・・・
 

黒子のバスケ
 虹村キャプテンが現代でどうしてるのかは気になる所だったけど、
 お父さんとの兼ね合いやら何より赤司&キセキを知ってしまった身としては、
 彼も彼なりに何かしか思うところあったんでしょうなぁ。
 彼もまた実力者だろうに、ソレを上回る実力者に~ってのは中々切ないやね。

 後は黄瀬が入って灰崎が抜けて、桃井が黒子に惚れてとその辺の既出情報拾い。
 灰崎が結構クズだけど、まぁ現代でもクズだったか・・・
 現代との兼ね合い的にちょっと灰崎編読み返したくなったわ。

 「赤司は二人いる」も大体出ましたな。
 まぁそのまま本当に二人いるわきゃないとして、普通に精神的二人か~
 現代でなんか狂ってる赤司は冷たい方の赤司なんだろうけど、
 以下に温厚の方の赤司が壊れるなり消えるなりしていくのかが楽しみですな。
 そして現代での赤司&洛山戦でその辺を回収する、と。うん、スマート。


最終回 めだかボックス
 散々引っ張った今度こそ最終回だろう、今度こそ最終回だろう展開も、
 いよいよ10年後つーこってマジでいい加減最後だとは思ってたけど、本当に最終回。
 火曜ぐらいにはもう知ってたけど、
 ほぼ毎週触れていた作品がこうして終わっていくというのはやっぱり悲しいやね。
 思えばウチのブログでこの作品を本格的に触れだしたのってマイナス編からなんだよね。
 それまでは読んでいたものの書いてこなかったわけで。
 まさしく球磨川が猛威をふるい始めた辺りですな。うん、懐かしい。
 単行本もこの辺から買い出したというw

 殺気がなくなっためだかちゃんに、能力等が消えていった箱庭学園の生徒たち、
 けど野望は潰えず、めだかボックスも回収し、
 最後はめだかvs善吉と原点回帰であり究極の対戦を実現して、
 掲載期間、編集、読者にまでお礼をして、
 オーラスでセンターカラー有効活用&球磨川安心院さんのメッセージと。
 
 掛け値なしの円満終了だったと思う。あぁ円満終了だ。間違いない。
 ひっさびさに「美しい最終回」というものを見た気がするわ。
 もちろん、全てオール満足・何も不満が無いわけではないけども、
 「良い最終回だった!」
 素直にこう言えて、素直にこう思えて終わる最終回はやっぱり良いもんだ。
 なまじ最近のジャンプの長期連載陣の終了っぷりにはムカついてたんで余計にね。
 あとは「グッドルーザー球磨川 完結編」とやらもあるそうだけど、
 まぁコッチはコッチで番外編だしねぇ。

 西尾&暁月両先生、最後までお疲れ様でした!
 誰が何と言おうと、俺の中で「西尾維新」は「めだかボックスの原作者」となったわ。
 「物語シリーズ」でも「刀語」でもその他作品でもない。
 俺の中で「西尾維新」は一生「めだかボックス」と離れない。
 暁月先生も・・・正直前作がアレだっただけに、こんなにまでなるとは思ってなかったわ。
 キャラデザをどこまでしていたのかは分からないけど、
 設定共々、キャラたちはとても魅力的な絵・画になっていたかと。
 改めてお疲れ様でした!!


食戟のソーマ
 料理人としてレシピ通りに作れるということも大事なのは知ってるけども、
 それでもクズに映っちゃいますわな。四宮。
 まぁ合格者意図的に絞ってたり、料理長絶対主義だったり、事実クズなんだけども。
 また個人的に望んでいた、
 「一人で頑張った田所ちゃん」をそのまま見れて嬉しかっただけに余計にクズだったわ。
 遠月の卒業生つってもメンタルまでは育たないんですなぁ・・・
 って、現役の十席さんがそういえば・・・

 結果食戟で四宮にソーマが挑むことになったけど、コレは・・・どうだろうか。
 そりゃ田所ちゃんのために怒ったソーマはかっこよかったし、ワクワクしたさ。
 田所ちゃんはが退学になる必然性は弱いものだし、
 その不条理に抗って食戟~って展開なのも分かる。
 けど、それでも、ここは田所ちゃん自身にどうにかして欲しかったなぁ・・・
 ソーマが戦うんじゃなくて田所ちゃんが戦うとかさ。
 システム的に一時退学となった人間が食戟出来るのかどうかは知らんけど。
 あと話の展開的にも、十席との戦いを前にして卒業生てのはどうなんだろう。
 ポジション的には十席より上だろうに、インフレ大丈夫なんかいね。
 「ヤツは俺たち卒業生の中でも最弱・・・」的展開にでもする気か?


トリコ
 インフレと言えば・・・インフレってますなぁw この漫画はw
 もはや名前覚える気もない灰汁獣の統率官たち一瞬で倒しちゃったよゼブラさん。
 あんだけ絶望の象徴だったニトロ3体相手にも余裕綽々だし。

 なんだかんだパワーバランスは結構良い感じなのか・・・?と思ってた所で
 節バアvs千代バアvsザウス&光才老&栗坊 の文字通り三勢力三つ巴に。
 やべぇ・・・あの節バアがダメージを食らっただと・・・
 NEOやべぇ・・・
 結構ショボキャラデザインな栗坊が最近マジで怖いんだけど。 


銀魂
 J( 'ー`)し
 カーチャン・・・高校の時ほぼ毎日弁当作ってくれてありがとう・・・
 中身的に弁当食べるの恥ずかしかった日もあったけど、それでもありがとう。
 普通な弁当、普通じゃない弁当。

 なんか今話はすげぇ感動しちゃったわ。ありがとうカーチャン。
 ただしリアルではとても恥ずかしくて言えない俺なのであった。
 ちなみにオカンをカーチャンと呼んだことは一度もございません。
 「オカン」もオカンに向かってこう言ったことはありません。
 

ニセコイ
 マラソン大会についての思いをすんげぇ書いたんですけど、
 本編とは「マラソン大会」以外なんちゃ関係ない内容だったので割愛しました。
 書いててガチで泣いたぐらい感情移入したわ。

 そんなマラソン大会は女子とのキス券がかかった大会ということで。
 なんてうらやまけしからん高校だ・・・ちょっと転校してくる!
 俺、ものめっさ運動音痴だった・・・orz
 つか男子はともかく、ヒロインズ除いた女子たちがやる気なのが怖ぇ・・・
 あぁヒロインズはみんなして可愛いリアクションで満足でげす。
 マリーは反吐が出そうとか酷いけどw
 あぁ小野寺ちゃんが楽の名前聞いてもはわわ顔には死にましたが何か?

 今回は男子たちが俺たちの代弁者となってくれて、vs楽という構成で。
 あかん・・・
 この構成、そして今話はズタボロにされてた辺り、楽が大勝利してしまう・・・
 目立たないウチに集が1位とって、るりちゃんと~とゲス顔で妄想してたのになぁ。
 今話ガッツリ集が目立っちゃってる時点でこの可能性ほぼねぇな。
 どうせなら序盤は本当に楽とゆっくり並走して、
 どうしようもないタイミングでネタバラシ~とかの方が現実的なのに~
 
 楽が勝つのか、集が勝つのか、
 モブが勝ってモブとキスするのか、モブが勝ってヒロインズとキスするのか、
 おいおいどのパターンで来るんだ?来ちまうんだ?


読切 てとくち (大崎知仁,河下水希)
 もうちょっとで発売のSQ6月号関係シリーズ3つ目。
 と、祝新学期!!!WJ春の超SP読切5連弾!!第5弾。
 前号までの4つの読切はちゃんと読切の風体だったけど、コレだけプロローグなのよね。
 だとしたら普通に読切として載せりゃあ良いのにこの格差は何なんだ・・・

 話としては喋りが達者な少年と、剣が達者な美少女が出会ったーってこって、
 読切としても微妙だよね。
 プロローグとしては良いんだけど、前4つの完成されてる読切っぷりを見た後だと・・・
 SQで始まる本編はどういう方向性になるかさっぱりだけど、
 面白い・・・のかな?現時点では微妙そう。

 つーこって読切5連弾、それと椎橋許斐の読切2個を加えての最終評価をココで。
 WC>ぶらんにゅー>月歩>さくらん>ジェダ>質屋>てとくち
 こんな感じで。マジで「W.C.フレンズ」の圧勝だわ。ただし連載は無理。


べるぜバブ
 おぉ、どーせなんだかんだ仲間サイドに落ち着くのは完全予定調和としても、
 あの姫川が東条に勝つ展開はちょっと驚いちまった。
 いつぞやの古市無双を思い出しますな。
 ドーピングありきとはいえ、弱者が強者を倒すのはやっぱりアツいよね。


クロス・マネジ
 じゅん先輩のスーパー指示からのレーザービーム、ゴーリーとのサシと
 すごい盛り上がりで楽しかったんだけど・・・まぁこうなるわな。
 で、次話で蝶蘭にあっさり決められて絶望するところまで決まったけど、
 せめて1点ぐらいは・・・どうにかして決めるよね?
 勝つんはやりすぎとして、せめて1点ぐらいは取って欲しいなぁ。


恋するエジソン
 2話目いらんくね?



 次号からはなんだか久々な気がする新連載構成3連弾。
 神海英雄「SOUL CATCHER(S)」
 野々上大二郎「無刀ブラック」
 小宮山健太&河田悠治「スモーキーB.B.」
と。

 やべぇ・・・全然ワクワクしねぇ・・・
 「めだか」と「ハングリー」「キルコ」が今期のOUTだと思うけど、
 「おぉー」って気持ちが全くなく、「えっコレが連載?」って素で言っちゃったよ。
 前2個は読みきりを経ての連載だけど、そこまで面白かった記憶が・・・
 ラスの「花咲一休」コンビは一瞬期待したけど、カット見るに野球漫画なんだよね。
 う~ん・・・軒並みパッとしない・・・
 なまじ最近連載期待してる作家陣が揃って読切載せたもんだから余計にね。
 今のジャンプには結構マジで満足してるけど、
 果たしてコレらの作品は俺の琴線に触れてくれるかな・・・
 
関連記事

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : ジャンプ ONEPIECE 暗殺教室 黒子のバスケ めだかボックス 食戟のソーマ トリコ 銀魂 ニセコイ べるぜバブ

  1. 2013/04/26(金) 23:59:59|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<羨【ゴールデンウイーク】 | ホーム | 幣【きゅうりょう】>>

コメント

Re: DEEP PURPLEさん

> めだかボックス
 ジェットコースターのような作品ってのは両作者的にも的を射てるでしょうね。
 仰られてる通り、当初の学園コメディは結構滑り気味で打ち切りギリギリ、
 バトル展開でちょっと持ち直して、球磨川で爆発と、
 ワタシ自身も同じようなファン歴を辿ってました。
 昨今、漫画アニメゲームではキャラ被り上等みたいな感じになってますが、
 他作品では見たことないようなキャラがワンサといてそこがとても楽しかったですね。
 ジャンプのシステム的に蛇足感ある編も何編かありましたが、
 終わり良ければ全て良し、良い漫画でした。

> 食戟のソーマ
 ワタシはこの四宮の件で卒業生全員が不安になりました。
 日向子さんや堂島は既に人となりがある程度出ましたが、
 四宮がこうである以上、卒業生はみんなどっかおかしいんじゃないかと。
 人のトップに立つような人間は凡百であってはならないとは思いますが・・・
 四宮の言い分は「試験」という目で見れば納得出来なくはないんですが、
 料理長絶対主義とか、落ち目突かれてキレたりするのは完全にダメでしたねぇ。
 格落ちの件はすごく良いですね。
 力を得たからこその慢心となればある程度卒業生の品格は守られますし。
 真正のクズですけど腐っても遠月卒業生。
 勝敗に関わらず四宮との食戟がどういう形になるのか注目です。

 田所ちゃんは本文でも書きましたがすごく良かったですね。
 この退学問題でまた一皮剥けてくれるともっと嬉しいです。

> てとくち
 「読切5連弾」に入ってるからタチ悪いんですよね。
 他4作品が学校の新学期の話だっただけに、すごく浮いてました。
 一応新学期設定ではありましたが意味なかったですし。
 「5連弾」の枠にいれず、普通にプロローグ掲載として載せれば良かったんですがねぇ。
 今号は「マリオ」「Moon Walker」とやってるので余計にそう感じました。
 
> 次号予告
 「SOUL CATCHER(S)」は読切はあまり評価しなかったんですよねぇ。
 まさか連載になるとは思ってませんでした。連載化において楽しめたら良いですが・・・
 「無頼男-ブレーメン-」懐かしいですねぇw 音楽漫画はソレ以来なんでしょうか。
 SQではありますが「この音とまれ!」とかやってるので、そういう気がしませんね。
 音楽漫画で一番好きなの・・・何でしょうか・・・
 パッと思いついたのが同じくSQの「放課後ウインドオーケストラ」ですが、
 何か他にもあったような・・・
  1. 2013/05/02(木) 06:00:21 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

今回は長いです

こんばんは。DEEP PURPLEです。またもコメントが予定より遅れてしまいました。今回は合併号という事もあってか内容の濃い号になっていたと思うので長くなります。

>暗殺教室
ああ、要するに「戦士」と「殺し屋」は違う、ということですね。なるほど、分かります。

>めだかボックス
この作品、個人的にはまるでジェットコースターのような作品だったなあと思います。長いようで短い4年間だと感じました。
まず、初期の学園コメディ路線の頃はまだ個性を出すかジャンプ読者層に合わせるかという点で迷いを抱えているように感じました。
そして、風紀委員が登場してバトル要素が加わった辺りからは開き直ったのか、個性がどんどん出ていき、そして球磨川が登場してさらに加速し、様々な形の個性(とそれを持ったキャラ)が嵐のように打ち出されていき、それによってストーリーも目まぐるしく変化していったと思います。そして、作画担当の暁月先生も頑張ってその個性を見事に表現し、なおかつ見やすくできていたと思います。むしろこの作品がここまで続けて来られたのは暁月先生の作画による部分が大きいとも思います。
とりわけ、「少年漫画でありながら少年漫画を茶化した作風」というのは新鮮だったと思います。
西尾先生はこの後、再び本業である小説のみに絞るのか、それとも、また漫画原作を手掛けるのか…。
何はともあれ、4年間楽しませていただきました。お疲れ様でした。

>食戟のソーマ
いやあ、四宮は最初見た時からいけ好かないと思っていましたが(それどころか、個人的に今のところ水原と日向子さん以外、全員妙にそういう感じがします。ちなみに水原は保留という事で)。
「食材の目利き」とかのコンセプトは良いとしても、レシピを変えたのはそうせざるを得ないからやったんだし、実際の調理場でこのような緊急事態が起こっても対応しないでそのまま作るつもりなのかと言いたくなりました。加えて、彼は他人の意見も聞き入れず、ただ、権力を笠に着て自身のやり方を押し通すような独善的で傲慢な人のようにも感じました(「料理長の権限でお前も退学にしてやろうか?」というセリフにもそれが表れているように思います)。そもそもソーマの「食材管理の責任は料理長にある」という言い分も正しいと思います。
いいですね、こういう奴ほど叩きのめしたくなります。権力を手にして威張っている人物が陥落していく様は実に快感です。改心や同情の余地を一切与えず、精神的大ダメージを与えて再起不能にして欲しいところだと思います。
ちなみに格落ちに関する問題ですが、これは「最初は技術・人間的にも良かったが、成功による慢心のあまり、どんどん堕ちていった」風にすれば問題ないと思います。この漫画だったらそれで良いと思います(笑)。
それにしても田所さん、今回のように状態の悪い食材でも自分なりに工夫して料理できるまでに成長していたとは…。しかも、彼に頼らず自分の力だけでやろうと決心したのがまたよかったです。これはおそらく彼の影響による物だと思われます。そして、困った時には助けてもらえたりして、彼女は本当に「良い仲間」に出会えたんだなあと思いました。これからも、彼を通して色々な意味で成長できたらいいなと思います。

>てとくち
うーん、これだけじゃ、物語の方向性がよく分かりませんね…。これでは宣伝として意味が無いのではないかと思いました。
とりあえず、「イケメン」という言葉が出て来るあたり、「落第忍者乱太郎」「SAMURAI DEEPER KYO」みたいにややファンタジー寄りの時代劇という感じになりそうです。

>次号予告
>>「SOUL CATCHER(S)」
この作品、読切版はストーリーこそ王道だったが、演出はなかなか印象に残ると思ったので、ある程度は期待できると思います。
ちなみにジャンプで音楽漫画というと梅澤春人先生の「無頼男-ブレーメン-」以来でしょうか?(ジャンルが違いますけど)
ちなみに音楽漫画で一番好きなのは何と言っても「BECK」(作:ハロルド作石、月刊少年マガジン連載)です。

それでは。長文失礼しました。
  1. 2013/05/02(木) 00:35:46 |
  2. URL |
  3. DEEP PURPLE #a2H6GHBU
  4. [ 編集 ]

Re: katariさん

> ワンピ
 バルトロメオがここで終わるのか終わらないのかがまず注目ポイントですね。
 個人的にはイマイチ興味を持てないキャラ造形なんで、
 ここでフェードアウトしても良いように思ってます。
 よっぽどベラミーやリッキー、戦う王とかに勝って欲しいです。

 わざと負けることに関しては降参とかすれば大丈夫そうですがね。
 それこそバルトロメオなんかは「人食い」らしくしそうかもです。

 ルーシーの正体がバレる展開はやるでしょうもとい絶対やらないと!
 Cブロックの予選でバレるのか決勝でバレるのか・・・
 バレたら観客や出場選手たちがどうリアクション取るのかも楽しみですねぇ。

> 暗殺教室
 無理やり暗殺の才能を伸ばそうとするなら交渉術とかそういう方面でしょうか。
 無殺気状態からの超強気殺気交渉とか、今の渚なら出来そうな気がします

 鷹岡の処遇はまさしく烏間の仕事でしょうね。
 その辺は次話でキッチリ描いてくれるんじゃないでしょうか。

> めだか
 カラーの使い方は良かったですね。
 センターカラーとジャンプの表紙にも書いてあるのに扉絵がカラーじゃないから、
 ラストにカラーがあるのは分かりましたが、良い演出だったと思います。
 こういう終わり方もまた、この漫画らしいかなと。

 西尾先生はまぁ忙しいですからねぇ。
 本業の方でも読みはしてないですけどよく名前聞きますし。
 原作力というものは間違いなくあるので、出来ればまた・・・読みたいです。

> ソーマ
 モブの退学に関しては「料理に匂いつくだろ」という納得のいくものなので良いんですが、
 今回のは目も当てられないです。ホントよくこんなのが卒業出来たもんだ・・・

 一概に卒業生>現学生とは決められないですが、ポジション的にはそうな以上、
 この四宮戦でどういう結果になるのかに注目です。
 穿って見るとほぼ確実にソーマが勝つでしょうが、どうやって勝つのかとか、
 どの程度の勝ちっぷりなのかとか、気を使って欲しいですね。
 仰ってる通り、田所ちゃんにも何かしかの「役」があれば文句無いですが・・・

> トリコ
 ん~千代婆がNEOってのは展開的にはあまり好きじゃないです。
 千代婆が美食會に入った理由も既に明示されてますし、
 何より今号でもNEOの3キャラ紹介してるのが千代婆自身なんですよね。
 NEOであるにはちょっと演出が不自然というか・・・

> べるぜ
 「生涯付き従う」なんて言ってますし、当面消える展開はなさそうですけどね。
 少なくともこの殺六縁起編なんかの間は。
 姫川、東条の王臣紋はまず間違いないのであとはどういう順番になるか・・・
 あの東条が男鹿に「生涯付き従う」ってのはかなりハードル高そうです。
  1. 2013/04/29(月) 21:40:42 |
  2. URL |
  3. ラジル #-
  4. [ 編集 ]

失礼します

確かに今回の話はややスクエアの宣伝っぽい気がしますね
読み切りは間違いなく

ワンピ
バトルロイヤルで生き延びれるのが一人とすれば
バルトロメオはわざと負けてとかやりそうな気がするな
別のところで何かしでかしそうだし

あとリングアウトも危険というのがわかったな
要するにわざと負けるという方法もできないってことかな

チンジャオって老人がある種ルフィと因縁ある相手ってことになるのかなこれは
だとするとCブロックの戦いはこの老人との戦いが本命か
兜を割られる可能性はあるかも

ルフィの正体が観客にわれたら大騒ぎでしょうね
エースの弟ということもあるし

暗殺教室
渚の才能
暗殺以外の別方面で活かせないだろうかって思ってしまう
ある種ビッチ先生と近いタイプなのかも

ただこのまま鷹岡が引き下がるのかどうかが
ここで狂気を見せて約束も何もないとかいって力で抑えようとするかもって考えられるが
まあそこからは烏間の仕事かな

めだか
こうしてある程度の長期連載がきちんと終わるってのは感慨深い気がしますね

スキル云々は大人になったらほとんどが消えるってことに

NEXTの番外編で球磨川とか安心院さんの回収でもするのかなあと

それとカラーの使い方はある意味うまかったかな
だいたいが表紙にもっていくのに
意表をついて最終回か

ただ西尾先生がジャンプに帰ってくるかどうかはかなり微妙かと

ソーマ
これは確かに退学にする理由としては理不尽だなと思いますね
レシピ通りに作ることは大事だけど
臨機応変にできることも料理人の才能ですよね

悪い食材を混ぜた理由がそういうことできるかどうかを見極めるというならともかく
四宮は自分より才能ある料理人を排除したいだけにしか見えない

そういやモブを退学にしてたのもこいつだったなあと

えりなはまだ年齢的にソウマと同じだから子供でも仕方ないが
こっちはいい大人だろうに
もっとも卒業生でも現学生よりレベル低い奴もいるかもしれないが

ソウマが四宮に挑むのは仕方ないのかもしれないな
すでに退学と言われた田所ちゃんが食戟をと言っても多分四宮にメリットがないから受けるとは思えないし

ただ作るのはソウマだとしても
それ以外の料理のアイデアとか食材選びなどで田所ちゃんが頑張らなければならないと思う
勝てたのは最低でも半分ぐらいは田所ちゃんの力が大きいというぐらいには

トリコ
節バアのところ
三つ巴かどうかすら怪しいな
私的に千代婆も実はNEOの可能性もあるとみてるし

てとくち
河下先生というとラブコメのイメージですが
原作がいるということで河下先生の絵に目をつけた感じですかね

べるぜ
王臣紋の説明がされてたが
王臣紋が消える条件っていうのもあるのかなあと

姫川は元々頂点を取るといってた気がするから
鷹宮ってのを裏切って弱ってる男鹿にという可能性もありそうだ

あとこの順序だと東条が次の王臣紋ってことになるのかな

  1. 2013/04/27(土) 16:54:04 |
  2. URL |
  3. katari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2537-16ff3cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR