幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません


2013年冬&春アニメ・雑感(4/1~4/7)中編

はいー今日もアニメ感想でっす。分業制分業制。
今日はこの前書き書き始めてる時点で時間が大分アレなので、
最初からタイトルが「中編」となっております。
だって・・・眠かったんだもん!いつもより30分多く寝てたよ!
1週間のアニメ感想を翌週の頭に連日かけてやるとか、
スケジューリングどうなってんだって話
ですけども、しゃあない。
まだまだウチのブログに安定という言葉は来ないのだ。
つーこって、何事もなければ、明日もアニメ感想ですので。明日というか今日更新分だけど。

ねー。ホント寝る時間さえ取らなければ快適な生活が出来るのにねー。


アイカツ!
 24話「エンジョイ♪オフタイム」
 開幕ライブから始まって驚いてたら、歌がまた全然合ってなくて驚いたわ。
 なんか話に聞くとおとめ向きの曲だったみたいだけど、
 あの3人には合わないなぁ。可愛くてなんだかんだ良かったけど、合わないわ。

 そんなライブパートはパッパと終わらせ、オフの話に。
 最初の3人でこうしてキャッキャウフフしてるのが俺は、おっさんは好きなんや・・・
 俺、立派にアイカツおじさんしてるよ・・・
 目的のことは出来なかったけど、とても良い雰囲気でしたな。
 みんなとにかくひたすらにえぇ娘やで~
 この穏やかさ穏やかじゃないわ~

 ヒキでは・・・いちごってオトンいたんだw


バクマン。3
 25話(終)「夢と現実」
 最終回。
 制作のJCスタッフから考えると徹頭徹尾最後まで原作に忠実でしたな。
 原作クラッシャーの称号とは何だったのかってぐらいこの3シーズン6クール安定してたわ。
 まぁこの3期なんかは尺の都合で七峰リベンジ編とかガッツリ削られてたけど。
 まぁ3期から登場の七峰をまた3期内でリベンジさせてもしゃあないわな。
 コレやってたら4期が必要になっちゃうし。原作とっくに終わってるからそりゃないわな。

 「リバーシ」のアバンやらOPやらはものめっさかっこよかったわ。
 リバーシの何が面白いのかさっぱり分からなかったけど、このアニメ見たら面白そうだわ。

 原作どおりに終わったところで、
 プラスアルファ色々作家陣の動きを見せてくれたのは嬉しかったわ。
 原作のあの終わりはいまだにどーかと思ってるんで、
 原作の最終回より全然いい、良い最終回だったかと。
 なんだかんだ6クール、全部見てたなぁ・・・


まおゆう魔王勇者
 11話「壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから」
 12話(終)「『待たせたな、わたしの勇者』『寝坊しすぎだ、おれの魔王』」

 うん。
 俺はこのアニメを満足に楽しめなかった。
 正直、何も理解しないまま話が進みに進んで、そして終わっていったわ。
 ざっくりと、すんごいざっくりとは何が起きてるのかは分かるけど、
 とにかく勢力が多すぎた。
 中央だー連合だー子弟だー勇者だー魔王だー冬の国だー片目将軍だー魔族だー
 コロコロコロコロ勢力の描写が変わって、脳内整理がまるでおいつかない。
 この辺もっと図説で説明とかしてほしかったわ。
 結局最後までしょっちゅう出ていた地図の見方とかも分からなかったし。

 原作読んでる人ですら展開早すぎるとか言ってるのに、
 未読のアニメ組がコレを理解するのはちょっと、いやかなりしんどかったわ。

 つーこって、残念ながら理解出来なかったという点で大幅な減点ですな。
 ただの俺の頭がアレなだけだけど、それでも理解出来なかった。
 もっと序盤みたいにゆっくり丁寧に状況説明してほしかったなぁ。


さくら荘のペットな彼女
 24話(終)「さくら荘へようこそ」
 2クールのアニメ化が決まったと聞いた時点で、
 あぁ卒業式で終わりだな、と思ってたんで、3年生編をちょっとやったのは意外だったわ。
 まぁ3年生編つっても、まさしく触りの部分だったけど。
 七海の大阪一時帰宅、仁さんの婚姻届、ましろとの出会い回想、ましろの絵、
 んで新入生の栞奈と伊織とあと優子、最後は人妻・三鷹美咲と、
 卒業式後のイベントを軒並みちゃんと拾ってくれてて何も文句はないっすわ。

 アニメを通して。
 とても良いアニメ化だった。色々あった。本当に色々あった。
 序盤は叩きまくってたし、件のクソバカ騒ぎもあった。今も心が痛い。
 俺は、いまだにあのバカ騒ぎして原作を貶したクズ共を許してないし、
 今後も許すつもりはないとだけ書いとく。
 それでも良いアニメ化だった。
 原作信者として、「さくら荘のペットな彼女」が一番好きなラノベとして、
 少なくともここにいる原作信者はとても満足した。
 
 俺が愛した「さくら荘」はちゃんとここにあった。
 もう多くは語るめぇ。俺はこの作品が大好きだ。
 空太は最後まで俺だけど俺じゃない存在だった。彼と彼たちの今後は原作で見届けますわ。
 2期やるなら全然見るけども、コレは・・・どっちでもいいや。


悪の華
 1話「運命の出会い」
 春の新番。原作未読。概要も一切不知。
 単行本1巻の表紙で「クソムシが」ってデカデカとあるのを見て、
 「なんじゃこりゃ」って意識しだしたけど手は出さず、アニメで初触れ。

 どうやら事前情報は完全にシャットアウトしての初放送だったようだけど、
 まぁ驚かされましたな。なんといっても絵の表現に。
 どうやら実写で人間の演義の姿を取って、
 それを絵としてトレースする「ロトスコープ」という技法を使ってるそうで。
 なんでも日本のTVアニメの中では初だとか。
 そりゃ見たことねーわ。
 まぁ間違いなく、これこそ人を選ぶ作品だろうね。
 見る人は置いとくとして、ダメな人は開始数分で切った人もいそうだわ。
 ワタシは安定の3話までは絶対見る精神なんで見ますけども、
 コレは切ってもしゃあないと思う。それぐらい人選ぶわ。
 
 話としては、リアルすぎるほどリアルなごく普通の高校生がごく普通に恋をして、
 なんや変なクラスメイトと会ったと思ったら目の前には憧れの娘の体操服と。
 あ~なるほど、とりあえずはこの体操服に手を出すか否かって話なのね。
 終盤までどういう方向性で話が進むのかさっぱりわからなかったけど、
 主人公が小さい悪から始めて、段々悪になっていく~とかって話だと面白そうだ。
 「ハナガサイタヨ」もEDはすごくインパクトあったよね。

 色んな意味ですごいアニメだわ。
 コレはゲテモノ食い的な意味ですごく気になるアニメになりそう。


THE UNLIMITED 兵部京介
 11話「嵐の中のふたり」
 12話(終)「未来へ」

 ラストバトルはvsユウギリということで。
 アンディとユウギリはアニメオリジナルキャラということで、
 ユウギリはそういう運命になるのかなと思ってたら、
 最後には普通に仲間になってましたな。アンディは離脱したけど。
 そういう穿った目で見てたから、ユウギリの顛末には驚いたわ。
 今後原作なり本編アニメなりで逆輸入とかされるんかいね?

 展開としては・・・う~ん地味だったかな。
 もっと派手派手しい兵部とユウギリのヒュプノ合戦とか見たかったわ。
 兵部の体に大分ガタが来てるとはいえさ。
 黒幕・早乙女の顛末も微妙なものだったし、落ち所としては微妙だったかなぁ。

 アニメとしては、久々にこの世界観に触れたけど、
 王道展開も多い中、比較的楽しんで見ていた方ではあるかな。
 基本無双する兵部の俺TUEEE系は好きだしねぇ。
 もうちょっと兵部が文字通り大活躍する展開なら評価も上がったんだけどねぇ・・・
 活躍してなかったとは言わないけど、もうちょっとさ?

 
天元突破グレンラガン
 13話「みなさん、た~んと召し上がれ」
 ニアは料理ダメキャラか・・・
 風貌はゲテモノだけど味は美味い系かと思ってたわ。
 まぁシモンにはガチで美味いようだけど。シモンェ・・・w
 ニアのキャラはどんどん面白く立っていきますな。

 そんなニアのせいでヨーコがグレンに乗ったり、
 航空ガンメンが攻めてきたり、飛行ユニット取り込んだり、
 どんどん大グレンはチューンナップされてくなw
 飛行能力まで身につけちゃうとかぱねぇw

 ヴィラルはカミナの死を知らないまま進むのかと思ったら、このタイミングで発覚と。
 むしろ何故ヴィラルが知らないのかが疑問だけど、コレでコイツも変わる・・・のか?

 14話「皆さん、ごきげんよう」
 サブタイがすごく不穏だから、
 ニアが敵の手に落ちるとかそういう展開かと思ったらめっさ軽かったw

 いつの間にかテッペリンに到着して攻略戦もやってて、
 スーパー空中決戦は楽しかったですな。やっぱり俺ぁ空戦大好きだわ。
 敵さんも敵さんでダイガンテンにダイガンドに兵器総出撃でアツいし。
 そして一機どんどんチートになっていくグレンラガン・・・w
 ピンチのタイミングでのモブの加勢とかはアツかったわ。
 結構マジでカミナキター?とか思ったのは秘密。

 いよいよテッペリン突撃ということで、そろそろ螺旋王の参戦も近いのかな?
 螺旋の力は自らを滅ぼす力とかなんか不穏な話も聞こえたけど・・・?


琴浦さん
 11話「スタンド・バイ・ミー」
 事件編は終わり。
 ・・・こんなんだったっけ?
 全然記憶に無いけど、すごく「こんなんだっけ?」って思いがあるまま終わっただけど。
 かといって原作買うとかそういうのはないけど。
 つかWebで今も原作って見れるのか?

 12話(終)「伝えたい言葉」
 あとはまた日常回と。
 やっぱりこういう話してる方が安定してるなぁ。
 オカンとの和解もほぼ済んだし、
 とりあえずの落とし所としては良かったのではないかと。
 森谷を拾ったり、部長を拾ったり、まさいくイイハナシダナーだったわ。

 アニメとしては・・・うん。当たり障りなかった感じ。
 世間的にはすごい大人気になったそうだけど、そこまでではないかな~
 やっぱり覚えてないにせよ一度原作読んだってのは大きいんだろうか。
 こっからの展開がまた鬱屈展開になるのだけは覚えてるけど、
 美しく終わった今となってはソレは野暮な話かね。



 ほいっ、土曜の中途半端な位置ですけども今日はここまで。
 今日付更新分では終わらせたいね・・・
関連記事

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : アニメ アイカツ! バクマン。3 さくら荘のペットな彼女 悪の華 天元突破グレンラガン

  1. 2013/04/08(月) 23:59:59|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年冬&春アニメ・雑感(4/1~4/7)後編 | ホーム | 2013年冬&春アニメ・雑感(4/1~4/7)前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2519-fbb801ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR