幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません

2012年秋アニメ・雑感(12/24~12/26)

【業務連絡】明日実家に帰ります。

一応年末ってことで、明日から帰省してきます。
去年の年末以来実に1年ぶりの帰省ってことで、親不孝っぷりが顕著ですけども、
姉貴なんかは今年は帰らないとか言ってるしいいよね。
まぁ姉貴はちょくちょく帰ってるそうだけど。俺ぁ別に実家に帰る用事ないしねー。
それに年末年始でもないとゴニョゴニョ・・・

つーこって明日からは実家更新になるわけですけども、
明日は実家更新にはならないとだけ書いときます。コレが意味するのは明日の日付。
まぁその分、今日死ぬ物狂いで動かなきゃいけないんだけどね。
アニメも田舎で当然ながら見れないので、今日のこの更新でちょっと休止の方向で。
31日22時からとかデカいのありますけども、見れねーっての。
ニコ生で2時間食いついて~とかは俺のアニメ実況体制に向いてないっての。
まぁ何も更新するネタが無かったら、
今日の木曜アニメとか親の隙を見計らって見たアニメの感想とか書くかもだけど。
アレだったら定期日の日曜になんか書くかな?まだ未定。
今日の更新置いといて明日更新で木曜アニメとまとめて書こうかなとも思ったんですけども、
毎週木曜にやってるこのペースを尊重しました。
ちなみにそんな年末年始のアニメはコッチに帰ってきてからちゃんと書きますので。
あれ?帰ってきたら新番も始まる頃合だから、俺死ぬんじゃね?

うぃーじゃ一応暫定では2012年最後のアニメ感想でっす。暫定では。


ToLOVEる-とらぶる-ダークネス
 11話「The right thing~生き方って何?~」
 良い意味でも悪い意味でも原作通りで、アニメはマイナスエロを突き進んでるので、
 結構流し見で見てる今作なんだけれども、
 今話は結構オリジナル要素が見られましたな。
 主にナナとメアの関係性にフォーカス当たってて、物珍しくて今話は良かったわ。

 原作壊したら原作崩壊だ原作改悪だーって騒ぐけど、
 あまりに沿いすぎるのもやっぱり良くないんですなぁ。
 今話ぐらいのオリジナルが入って良くなる作品があるのかも。少なくとも今作は。
 まぁ全部が全部オリジナルなり改変なり入れれば良いってもんじゃないんだけどね。
 やっぱり原作信者からしたら下手にオリジナル入れられるより、
 きっちりしっかり原作通りやってくれるのが一番嬉しいわけだし。
 違和感無いオリジナルと組み合わせられたら最強なんだけどねぇ・・・
 

好きっていいなよ。
 12話「守ってるよ」
 引っ張るかと思われためぐたん説得タイムは結構あっさり終わりましたな。
 大和やめいも一応来たとはいえ、
 友達のモモちゃんの説得で心折れるってのは中々意外で良かったかと。
 大和が「友達としては好きだよ」とか言い出さなくて良かったわ。
 女子の手の平返しの怖さは怖いぐらいに描かれてましたな。
 すっかり学校でもイビられキャラになるのか・・・
 ちょっと可哀想だけど、同情はまだ出来ねーわ。

 んで後半は夏祭り。
 このリアルがクソ寒い中、夏の行事描かれたのはアレだけど、
 まぁまぁ腹立つリア充っぷりですなあの3組のカップルは。
 壁がないない壁がない。見てたのが24日だから余計に壁がない。
 けども、結局めいママのアシストで浴衣お目見え出来て良かったですな。
 クソイライラニヤニヤしたわw
 
 で・・・最終回かのようなEDが流れて・・・次回へっと。
 いやいや、コレ完全に終わったよねw 完全に最終回だったよねw
 事前情報無かったら余裕で全体評価するぐらいの最終回っぷりだったぜ?
 コレ次回の13話とか実は円盤特典のOVAとかじゃないの?
 最初から放送予定あったん?ド年末に13話やるんだけど。
 いやまぁ嬉しいけどね。このアニメなら蛇足には絶対ならないだろうし。


てーきゅう
 12話(終)「先輩とシックスセンス」
 え~感想感想・・・
 毎週なんだかんだ超ハイテンポギャグに笑ってたわw
 2分アニメとしては抜群以上のテンポ感にノリで笑ってたような気もするけどw
 正直、1クールで終わるのがかなり惜しいぐらいに毎週なんだかんだ楽しみだったかと。
 やっぱ見やすいってのは大事やね。
 あぁよしんば2期があったとしても、30分はおろか15分、5分もやらなくていいです。
 このアニメは絶対に2分が限界w


アイカツ!
 12話「We wish you a merry Christmas!」
 クリスマスイヴにクリスマス回をやるというド外道なアニメでしたな。
 全く・・・まぁ、分かりつつ当日に見たわけだけども。えぇ暇でしたとも。何か?

 そんなクリスマス回なクリスマス会は・・・なんかすごかったっすなw
 クリスマスイベント直前だってのに働きまくるいちごだわ、
 なんか新キャラ絡めて話作ってるわ、
 サンライズ制作だからっていちごが斧で勇者パースとるわ、
 雪中行軍だわ熱血系BGMだわ超アグレッシブだわすげーツッコみ甲斐があったわw

 そんな中間に合ったクリスマスイベントも良かったすな。
 初の4人バンクで新衣装はみんな可愛く。
 「We wish you a merry Christmas」がアレンジ入ってたのは違和感だったけど。
 やいのやいのこのアニメらしく、ほっこりするクリスマスアニメだったかと。
 冒頭であぁ書いたけど、全く鬱になることなく楽しいクリスマスだったわ。


さくら荘のペットな彼女
 12話「愛のパワーin文化祭」
 さーて、このアニメで一番見たかった「銀河猫にゃぼろん」の上映本番。
 さんざ自分の中でハードル上げてただけに、本気で楽しみだったんだけど、
 う~ん・・・残念だった。原作で広がった俺の頭の中の絵面にはならなかったわ。
 オリジナルの愛のパワーなんぞのせいでテンポ感崩れてたなぁ。
 リタがいる改変のせいでましろへの思いもまだ出してないわけだから、
 さくら荘が引っ張ってそういうことを言える空間にしたのは良かったんだけど、
 ちょっと間延び感あったわ。いや、リアルっちゃリアルな反応なんだけどもさ。
 
 あとはちょっとずつ小ネタが拾われて、
 千尋先生×藤沢とか、やっと拾われた仁さん×美咲のネックレス、
 まさかのおざなりに挟まれた宮原告白でラスは空港と。
 すげーカオス構成っぷりに変な笑いが出たわw
 宮原いくら後の伏線のためとはいえ、すげーフられっぷりだ・・・同情するわ。

 空港は空太とましろの関係を一気に進める大事なところなんで、
 キッチリしっかりやってくれ、ヒキはとてもましろが可愛くて良かったんだけども、
 ましろパパを削ったのは残念。アレで親公認みたいなのあったのになぁ。
 あぁリタ×龍之介は文句無し。


ひだまりスケッチ×ハニカム
 12話(終)「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」
 単行本の話なんだけどさ。
 7巻先週買ってきて即行読んだわけよ。
 大分この4期の範囲がアニメ化されてて驚いたんだけどさ、
 何より驚いたのが智花が原作に出てたことだよね。
 沙英の進路の話なのに智花出てきて原作どうなってんだって前書いた気がするけど、
 まさか原作に智花が出ているとは・・・
 もちろん原作では初出なんで、ひだまり荘メンバーとの関わり無かったけども、
 なんかホント驚いたわ。色々新鮮で良かった。
 ちなみにそんな単行本7巻で、ワタシは泣きました。おうとも泣いたさ。悪いか。 

 さて、アニメの今話は最終回で年末年始のお話。
 ピッタリリアル時空に沿ってますな。
 この最終回がしたいがために夏のイベント削ったんじゃなかろーかってレベル。
 いや、否定はしないけど。 
 今話は7巻収録分で先んじて読んでてやっと追いついた形に。
 ゆのさまだの3年受験ネタだの相変わらずオリジナルとの組み合わせが上手いですなぁ。
 3年生やレギュラーメンバー勢揃いでの初日の出の絵面も美しかったかと。
 やっぱコレが原作ありアニメの完成形だわ。
 終わり方も含めて、文句のつけようがない出来であったかと。

 第4期「ひだまりスケッチ×ハニカム」最終回。終了。
 だが俺は絶望しなかった。消沈しなかった。泣かなかった。笑顔で終わった。
 だって終わっていないもの。「ひだまりスケッチ」はまだまだ終わっていないもの。
 また会える。また会えるのは既に確定している。会えないわけがない。
 だから笑顔でこの最終回を見送ると共に、最終回感想もサラッと流すわ。
 1クールまとめての感想?はっ放棄するわ。だって終わってねーもん。
 第5期!何年でも待つ!! 俺はまたひだまり荘に帰る!!!!


超速変形ジャイロゼッター
 13話「グレートクラーケンの悪夢」
 重機合体のドラグノスだの、船合体のグレートクラーケンだの、
 合体大型ジャイロゼッターの参戦で、間違いなく盛り上がると思ったのに、
 結局カケルたちは何もしないままほぼ敵の自滅で終わっちゃったのは残念だなぁ。
 コレ増産されたらアルカディア終わりやん。勝負にすらなってなかったぜ?
 一応カケルは宇宙進出で大技決めてたけど、現時点では冗長としか言うことないわ。

 つかアルカディアジャイロゼッターも大概戦力不足だしなぁ。
 プリウス脱落に、ライバードHSがもう解除と、
 そろそろパワーアップならぬマシン乗り換えのターンとか来るのかね。
 ライバードHSとか前話1話かけて話やったのにもう出番終わりとか驚いたわ。


ヨルムンガンド PERFECT ORDER
 24話(終)「恥の世紀」
 前話から時が2年立ち・・・
 最近この数年後展開多いよね。最終回らしいっちゃらしいんだけど。

 実行されなかったヨルムンガンド、そんな最中起きまくってる戦争、
 そしてキャスパー組から離脱するヨナ。
 2年前と何も変わっていない、むしろバカになってる世界を背景に、
 結局ヨナがココ小隊に戻って、最後はヨルムンガンド発動で終わりってのは、
 正直かなり驚かされた。

 正義ではないけども、かといって悪でもないココ。
 だけどヨルムンガンドの発動は見かけでは絶対的悪つーこって、
 絶対発動はしない、ヨナないしはココ自身が止めるものと思っていただけに、
 ヨルムンガンドを発動して終わりってのにはやられたわ。
 こっから世界がココの望む世界になったのか、キャスパーの言う何も変わらないのか、
 その辺を全部視聴者に想像させるエンドってのは良いね。すごく気にいった。
 確かに2年たってむしろ悪くなった世界情勢を見るに、
 少しの犠牲は止むを得ないってのは理解出来ないことはないわ。
 ハッピーエンドでもない、かといってバッドエンドでもない、
 全ては視聴者の決めるエンドってのはマジで気に入ったわ。
 こう落ち着けてくるとは思わなんだ。

 1期と合わせてアニメ全体としては素晴らしく盛り上がったアニメだったかと。
 導入、オーケストラ編、マオ編、ウゴ編、バルメ編、アール編、トージョ編、ワイリ編、
 そんで最後のヨルムンガンド編。
 通して考えてみるとなんと整ったストーリー構成だろうか。
 1期終了時点ではココ小隊のメンバー半分も覚えてなかったのに、
 2期終わってみれば全員を好きになってたわ。中でもアールとワイリの株の上がりっぷりw
 いやはや、素で面白かったわ。
 原作終わってからのアニメ化ってのもあるんだろうけどすごい完成度だったやね。
 比較的シリアスな作風なのに、笑いあり涙ありアツさあり、ホント良いアニメだったわ。
 いやはや満足満足。大絶賛して終わるわ。


ちとせげっちゅっ!!
 26話(終)「早いモノ勝ちっ!」
 う~ん・・・
 「森田さん」が主人公が喋らない、「リコラン」が主人公が超デカい小学生、
 「しばいぬ子」が柴犬女子高生、「ゆるめいつ」がダメダメ浪人生ズと、
 ある種出オチ感ある中、最後まで結構その雰囲気を維持してただけに、
 最初から特に何か斬新さがあるわけでもないこのアニメにはハマれなかったわ。
 一応毎週見てはいたけど、
 ごくたまにクスッと笑える程度で、ギャグとしても微妙だったかなぁ。
 2クールの間終始、
 柊が「はなまる幼稚園」の柊と名前もキャラも被ってたのが気になったぐらいかな。
 つか全体的にも被ってるよね・・・あっちは面白かったんだけどなぁ・・・
 調べてみたら「はなまる」の方が後発なのね。それでもアニメとしては・・・


ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU
 12話(終)「最終夜」
 黒椿を巡る戦いもハヤテが元に戻ることで収まり決着。
 父シン・ハイエックの登場と夫妻会合、
 ハヤテとナギの関係も戻り、雪路は金よりヒナギクを救い、
 その他サブキャラも色々活躍、ドリー成仏と、
 最終回としてはすごくまとまっていて正直文句はないわ。良い最終回だった。

 かといって、この話が良かったかというと・・・それは完全否定するけど。
 原作はもう随分と読んでないからどういう展開なんか知らんけど、
 やっぱりドリーのユグドラシルとか、ヒナギクの謎剣とか、
 どうしてファンタジー要素入れたし。黒椿も含めて、世界観に合わなすぎだわ。
 こちとらアキバ探訪だのファミレスコメディだのあぁいうのを期待して見ていただけに、
 黒椿編に入ってからはホント冷めた目で見てたわ。
 終わり方こそ良かったものの、シリーズモノとしては否定しかないっすわ。

 既に第4期が決まってるそうだけど、見るかどうか・・・
 たぶん見るだろうな・・・ 深夜だろうし。


となりの怪物くん
 13話(終)「春遠からじ」
 いつも以上に奇行な春を巻き込んだ、キャラクター勢揃い回。
 メインなのに大島だけバッセン来なかったけど。
 てっきりコッチとして春は名古屋を探しているのかと思ってたら、
 光る虫オチとか相変わらず春は何考えてるかさっぱりわかんないですな。

 夏目は・・・みっちゃんとどうなったんだろう?
 屋上でのほぼ告白の返事は曖昧だわ、特に会合なく終わるわ、
 ささやんとの関係も消化不良だわ、
 まぁ原作もまだ続いてるみたいだしアニメも全然終わってないとはいえ、
 こんなアヤフヤで終わらせるのは引っ掛かるなぁ。
 雫と春に関しては完全にくっつくのが予定調和だからどうでもいいんだけどさ。
 ソレに準じてヤマケンと大島の未来も決まってるし。
 このアニメで一番好きと共に、一番どうなるのか気になるだけに、
 夏目の今後は見たいなぁ。

 アニメ全体としては・・・
 まぁとにもかくにも、雫と春が双方共にめんどくさい。
 好き同士なのに一向に関係進展しないのは恋愛モノのお約束とはいえ、冗長だったかな。
 それにさんざ書いた通りこの二人はくっつくのが予定調和だし、
 そういう意味で「アレ?コイツらくっつかないんじゃね?」的要素が欠けてたかなぁ。
 ヤマケンや大島に勝ち目があるようにはとてもとても見えないんだもの。
 このアニメは完全に夏目ありきで見てたなぁ。
 この娘がいなかったらホント辛かったと思うわ。
 今話最後には続編匂わせる語りもあったし、2期やんのかね。やってほしいな。
 やるならなんやかんや文句言いつつ絶対見るわ。


PSYCHO-PASS
 11話「聖者の晩餐」
 ワンコロボに初出?のデコンポーザーが発動してちょっとテンション上がったり、
 サイボーグ人間にもちゃんとシュビラシステム発動するんだーと感心して、
 vs泉宮寺はサクッと終わって狡噛の勝利で終了・・・も、退場し、
 朱vs槙島へ。
 そんなシュビラシステムを潜り抜けられるのが槙島と。

 ふむ。コレは面白い。
 なるほど、シュビラシステムが効かない、作用しない最悪の犯罪者っすか。
 すごく面白い敵ですな。
 朱の友達を無残に殺したのにそれでも犯罪係数が一般人以下というこの絶望感。
 「犯罪係数0」とか言い出した時はマジで絶望したわ。
 現行のシステムでは、ドミネーターでは、絶対に裁けない犯罪者ってのは、
 すごくあの超高度文明社会を皮肉ってて良いですな。
 現代では人質が盾で撃てないってのはよく見るものの、
 撃ちたいのに撃てない、自分で撃つ意思が無いって展開は見たことないし。
 それと同時に、槙島と朱は対極の存在なんだろうね。
 たぶんこのノリだと朱もシュビラシステム効かない人間だよね?
 なんか全然サイコパス濁らない設定とかあったし。
 公安の監視官と最悪の犯罪者っていう対極のこの二人は面白いわ。

 友達を直接殺したのは槙島だけど、朱も完全に殺したわけで。
 その辺朱の復活とともに、この社会とシステムをどうするのか、どうなるのか。
 2クール目に期待ですな。
 まずは何よりもう1人の友達が大丈夫なのかどうか・・・かな。


ROBOTICS;NOTES
 11話「フラグは達成されました」
 君島レポートNo3GETイベント。
 んでもって何が起ころうとしているのか、大分話が動いてきましたな。

 ザックリとした話としては、ガンヴァレル最終回の通りにこれから地球がなるとのことで。
 まず太陽嵐を政府は何故伝えないのか、何故フラウママは知っていたのか、
 何故ガンヴァレルだったのか、各国が作っているロボとは何なのか、
 死んでたキルバラチーター3人は誰が操っていたのか、みさ希と君島コウの関係は、
 人類牧場化計画とは。

 うーんさっぱり分からん。
 一気に謎が噴出してきて脳の処理速度が追いつかなかったわ。
 とりあえず話の方向性は大分見えてきたけど、
 この辺の謎がどういうことになってるのかはさっぱりわかんないわ。
 あえて考えないようにしてアニメを楽しむ節もあるけども、
 ちょっとは自分の考えをまとめとかなきゃなぁ・・・


獣旋バトル モンスーノ
 13話「影」
 やっとこさジョンがストームやめて、マトモな人が仲間入りかと思いきや、
 モンスーノ根絶論者でコイツもバカかいな・・・
 ホントつくづくこのアニメにはバカしかいねーのな。

 14話「迷える者」
 1時間連続放送後半は、ロックの謀反と。
 モンスーノ解放派な第4勢力の登場にロック大暴れと絵面としては結構面白かったけど、
 結局絆パワーで戻っちゃうあたりヌルいなぁ。

 モンスーノとは何なのかという謎にも迫りだして気になるっちゃ気になるんだけど、
 正直毎週、完全に消化視聴と化してるんで、
 年内で感想及び視聴は打ち切りということにしまっす。キリ良いし。
 キャラクターを一人も好きになれないアニメを見続けるってのはやっぱり辛いわ。
 ドイツもコイツもバカばっかなんだもの。見てて疲れるわ。
 良いなと思ったモンスーノのデザインも最近は被ってきてるし、
 モンスーノバトルもルール破綻してるし、
 ココらでばっさりってコトで。お疲れ様でした。


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
 15話(終)「俺の妹がこれで最終回なわけがない」
 そういえばこんな話あったな・・・つーこって、再放送終了。
 いつだっけかのこのTRUEルート配信以来久しぶりに見ただけに、
 春からの2期の良い復習にはなったかな。
 黒猫とかかなり可愛かったわ。
 たぶん配信時と全く同じところで萌えてたと思う。
 そういう意味で、俺ぁ趣味嗜好は全然変わらないんですな。
 まぁ見るジャンルとかは大分多岐に渡るようになったけども。

 2期はどうなるのやら。
 原作の話はあまり良い噂聞かないけどどーなのかね。
 本当に実妹ENDとかあんの?どうなの?俺は完全反対なんだけど。
 

新世界より
 13話「再会」
 守を探して雪中をおっちらこっちら。
 12歳編で助けたあのバケネズミが助けてた~ってのは嬉しかったなぁ。
 そういえばあの頃は消えた子供がバケネズミになったんじゃねーかとか予想してたよね。
 いまだにその説がどうなのかは知らんけど。

 そんな守は完全に消される寸前つーこって。
 消されるってことは悪鬼か業魔の兆しがあるってことで。
 今の所どっちの節も見えないけど、危ない芽は早めに摘んどくとかそんなアレなのかね。
 事実、瞬もあっさり消されたもとい消えただけに、案外そういうものなのかな。
 まずは守が生き残れるのか、
 生き残れなかったら早季たちはまた忘れてしまうのか、そこに注目かな。
 つか予告では真理亜もろともなんかアレな感じだったけど・・・


ガールズ&パンツァー
 10.5話「紹介します 2!」
 2回目の総集編。
 前回感想でも書いたけど、スケジュールを2回も落とすなんてあってはならないよね。
 キチンとしたモノを見せたいから~ってのは美しいけど、プロとしてはダメだわ。
 1回ならともかく2回は完全にダメだよね。
 アニメ自体はクソ面白く大人気なだけに許されてる風潮だけど、許しちゃダメでしょ。
 まだ3月まで放置ってのもねぇ。
 枠の関係とはいえ、絶対冬アニメに埋もれちゃうしなぁ。
 1個や2個しか見ない人ならアレかもだけど、
 こちとら40個とか普通に見る廃人なんで、どうしても冷めちゃってると思うわ。
 まずはその辺、録画分や円盤で乗り切りますかね・・・

 さて、そんな2回目の総集編は、戦車道のルール紹介と敵と新参紹介。
 ここに来て参加可能戦車の概要やら、重装甲、フラッグ判定のシステム解説すんのかい!
 この総集編なかったらこの辺全スルーだったのかよ!
 敵陣紹介は・・・ダージリンさん、カチューシャ、ノンナの日課が知れたり、
 各戦闘でのそうだったんだー的ノリが見れたり、正直面白く勉強になったわ。
 この辺も一々解説してたらテンポ感悪くなるとはいえ、どうにかならんかったんかね。
 全部ツイッター実況やら、円盤ブックレット、オーコメで済ませる気だったのかな。
 あとアンツィオェ・・・

 「私たちの戦いはこれからです」(原文通り)で終わって3月へっと。
 悔しい・・・けど面白い。
 総集編やってんじゃねーぞゴラァ!って怒りたいのに面白いのはすごいなぁ。
 いや、怒ってるけどね。
 怒ってるけど面白いからこの感情をドコに持ってけば分からないんだよ・・・
 その辺、公式のプラモデルでも買ってみるかな・・・
 もしくはカスタマイズで全然区別つかなくなってるし、戦車の勉強でもしようか。



 怒涛のように最終回ラッシュでしたな。
 終わってないのは最初の2個と、あとは特例のガルパンぐらいっすか。
 やいのやいのまだまだあるだろとは、思っていたけども3ヶ月早い。
 今クールとか1ヶ月もたってない印象だわ。それぐらい早かった。
 
 前書きでも書きましたが、今日の木曜分からの更新体系は未定です。
 とりあえず今日の深夜分は普通に見ますけども、
 これから1週間ほどはアニメ感想はしにくくなるかとだけ。
 
関連記事

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

タグ : アニメ 秋アニメ 好きっていいなよ。 アイカツ! さくら荘のペットな彼女 ひだまりスケッチ ヨルムンガンド PSYCHO-PASS ロボティクス・ノーツ ガールズ&パンツァー

  1. 2012/12/27(木) 19:09:40|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<少年ジャンプNEXT! 2013WINTER 感想 | ホーム | 滲【にじむ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2416-69b499a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR