幾何学空間

ゲーム/漫画/アニメについての雑多感想ブログです

管理人ツイッター にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ FC2ブログランキング

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png
2017/03/11 当ブログ「幾何学空間」開設11周年でした。

<更新のお知らせ>
10/7(土)発売の週刊少年ジャンプ45号感想は公開しました(10/14 5:25)
 10/16(月)発売の46号感想は当日16日に更新予定です(10/14 5:25)
46号感想は16日更新予定でしたが、FGOの「英霊剣豪」があまりに面白すぎて更新にとりかかれませんでした。
 また「次の発売までには」更新します、ということで。(10/16 23:26)


<自由コメントコーナー>
ブログ本文のコメントするのは恥ずかしい、めんどくさい、コメント返信求めてない、
そんな方へ向けた自由コメント投稿コーナーです。 ご自由にお使いくださいませ。
選択肢に意味はありません


国【ゆめのくに】

んー前書きネタ特に無いんで、流して今日の更新へ。
今週はネタの宝庫なんで、少なくとも更新は毎日ちゃんとやりますよって。

つーこって「Nintendo land」のプレイレポでっす。



ディスク入れて即ゲーム出来るのかと思ってたら、
これにも更新が必要だってのを知って驚いたわ。
ほどほどに時間もかかったし、今後ディスク入れる度にこんなに待たされるのは辛いなぁ。
ただでさえゲーム、それも据置ゲームをガッツリやる時間中々取れないってのに、
こういうどうでもいいパートで時間取られるのはいやだよね。
さすがに同ディスクでは二度目は無かったけど、他のディスク入れたらまた更新あるのかね。

そんな流れで始まったニンテンドーランド
最初は物寂しいプラザ(広場)だったけども、
よいよいプレイしていったらセントラルタワーが立ち、
通して遊べるツアーなんてのが出来るようになり、
プラザを盛り上げる収集要素が出てきて、
MiiVerseのプレイヤーたちも出現してきて、
大分盛り上がった感じになったかと。

とりあえず週末のプレイでは12ゲーム中8ゲームをプレイ。
まずはソロプレイのゲームから。

「ドンキーコングのクラッシュコース」は、
Pad本体を傾けてトリッキーなコースのゴールを目指すゲーム。
開幕早速TVを全く必要としないゲーム内容でしたな。
コレだけなら3DSでも普通に出来そう。
難易度自体はかなり高く、繰り返し繰り返しやってエリア6まで行ったところでストップ。
久々に「やられて/ミスって進めるゲーム」ってのをやったかな。
「こんなん無理だわ!」って投げそうになっても
再度プレイしたらあっさり出来たり、中々面白いゲームバランスかと。

「鷹丸の手裏剣道場」は、
Padを縦向きにしてTVに水平に向け、
Padの画面をスライドして手裏剣を投げて敵を倒すゲーム。
TVと端末コントローラを組み合わせたゲーム性つーこって、
コレはWiiUでしかプレイ出来ないゲームですな。
内容は・・・前半はヌルゲーだったけど、中盤からは難しい難しい。
敵が妙に見づらくていつの間にか出て消えてたり、
あまりにワラワラ出すぎて対処しきれなかったり、
これまた全クリには中々骨の折れそうなゲームかと。
どうしてもちょっとだけスライドしちゃうから、飛距離が足りないなんてザラだったわ。

「オクトパスダンス」は、
リズムに合わせてお手本と同じ動作をするゲーム。
視点カメラがTVとPadで完全に逆で、
同視線でプレイするにはPaとTVを組み合わせてやらないといけないってのは中々かな。
ゲーム自体は上下左右の手の動きとジャンプ、傾け程度だったので簡単だったかな。
まだどういう価値なのかわかんないけど初見でゴールドトロフィー取れたし。
あと、Padのカメラでプレイしてる自分が画面に映るんだけど、
ゲームやってるときにまで自分の顔は見たくないわ・・・

「バルーントリップ ブリーズ」は、
ファミコンのバルーントリップのまんま。
操作がホバリングではなくPadでの画面スライド操作だけど。
繊細な操作が必要なのに結構制動利かなくてイラッとしたかな。
これまた全クリにはかなり骨折れそうかと。

「ヨッシーのフルーツカート」は、
TV画面にだけ描かれたフルーツを、
何も描かれていないPadで軌跡を描いて取っていくというゲーム。
TVとPad、離れた2つの画面というのを一番活かしてるゲームかな。
しょっちゅうTVとPadの画面を細かく確認しながら軌跡描くのは中々だったかと。
簡単そうながらそれなりに結構難しかったかな。

「キャプテンファルコンのツイスターレース」は、
Padを縦にして傾けてマシンを動かすレースモノ。
TVでは正面カメラ、Padでは俯瞰カメラな仕様。
操作自体はものすごく簡単だけど、コース作りが完全に初見殺しですな
レースモノとしてはかなり邪道な部類だけど、
極めればとても楽しいゲームになりそう。


続いてソロ&パーティーゲーム
「ゼルダの伝説バトルクエスト」は、
次々出てくる敵を弓や剣で倒していくゲーム。
ソロプレイしかやってないんで、まだ弓操作しかしてないけど、
まぁ~弓の矢数が少なすぎてリロードが頻繁なのが煩わしかったかと。
ソロではあんまり面白くない印象だけど、パーティーなら・・・どうなんだろう。

「ピクミンアドベンチャー」は、
ピクミン。
ピクミンを題材にしているから当たり前とはいえ、コレは「ピクミン」だわ。
ミニゲームの領域じゃないぐらいちゃんと作られてて、
言うなれば「ピクミン2.5」と言ってもいいぐらいのピクミンっぷり。
ピクミンを増やす方法とか、宝があるわけでもなく敵を回収するわけでもないけど、
ゲーム性は完全にピクミン
つーこって、かなり楽しんでプレイしてましたわ。
「3」発売前にやる分には満足も満足、むしろやりすぎなぐらいの出来だったかと。


触ったのは以上8個。
あとのソロ&パーティプレイ「メトロイドブラスト」のプレイはまた後日として、
パーティプレイ専用「マリオチェイス」「ルイージのゴーストマンション」
「どうぶつの森 キャンディーまつり」
の3つは・・・
ソロでやれないことはないだろうけど、いかんせんソロでは全く面白くないゲームなんで、
いつか来るかもしれない友人と遊ぶときまで取っておこうかな。



第一陣感触としては、うん。面白い。
TVいらんやーんってゲームは何個かあるけど、
パーティープレイを筆頭にTV絶対いるゲームもあるし、その辺は言うことないかな。
ゲーム自体も正直ミニゲームの寄せ集めでライト寄りの難易度なのかと思ったけど、
ガチで難しいゲームも一杯あって、長く楽しめそうな感じ。
それこそ繰り返すけど「ピクミン」なんかはマジで超満足したわ。
Padの操作を色々楽しめる感じのソフトでもあるし、
WiiUで最初に触ったソフトとしては大当たりの部類かと。

コレにてMiiVerseも解禁ということで、
一応各種ゲームを触った後に一言感想的な感じで呟いてみると、
結構ヌルヌル「共感」がもらえたり、コメントがもらえたりなんか嬉しいやね。
完全ツイッターじゃねーかと思ってたけど、
WiiU専用ツイッターと考えると中々面白いかも。



 ゲームレポも久々でしたな。
 また安定してこういう更新が出来るように頑張ります・・・
 ゲームだけは一杯あるんだ。あとは俺の時間のやりくり次第や!!
関連記事

テーマ:Wii U - ジャンル:ゲーム

タグ : 任天堂 WiiU NintendoLand ニンテンドーランド

  1. 2012/12/18(火) 19:55:16|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年冬アニメ・期待編 | ホーム | 週刊少年ジャンプ2013年3号 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/2407-dfd4a5c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください
リンクは心よくお受けします!


定期更新
日:週刊少年ジャンプ感想(早売り)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (847)
ゲーム (878)
漫画 (677)
アニメ (323)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR