FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<最近のジャンプについて知っていること>(2019/10記)
ワンピ  :カイドウとマムが手を組んで、四皇の懸賞金が出た
ハンター :俺より休んでる
ハイキュー:鴎台と決着った
アカデミア:ヴィラン連合と別のヴィランが争ってた
ブラクロ :(何も知らない)
幽奈さん :(何も知らない)
鬼滅の刃 :柱やら上弦やら何やらが死にまくり
ネバラン :鬼との和解をしようとしてる
ぼく勉  :(何も知らない)
ストーン :(何も知らない)
アクタ  :(何も知らない)
呪術廻戦 :(何も知らない)
チェンソー:(何も知らない)
神緒ゆい :スケバンバトル漫画になった
サムライ8:ナルトの編集が有能だったとか
太星   :二重人格で将棋する
ビーチル :(何も知らない)
スクワッド:(何も知らない)
夜桜さんち:(何も知らない)
ミタマ  :(何も知らない)

2011年冬アニメ・雑感編(2/28~3/6)

え~なんか「逃走中」が始まってしまいました。
いつもこの時間はTVをほぼ流し見しつつアニメ感想に精を出すわけですが、
この番組、なんだかんだでバラエティでは一番ってぐらい好きなんだよね。
ヤラセでもなんでも、こういう大仰なお遊びってのは面白いもんですよって。
んなワケで・・・・まぁ更新時間は遅れるかもですが、TVと平行してやっていこうかと。
                                          
                                          
                                          
これはゾンビですか? 8話「えへ、学園妻です」
 トモノリがデッレデレで大変可愛いですな。
 わずか2話にして、個人的にはユーを抜いて好きなキャラ1位になったわ。
 やっぱりツンデレってのはいよ。ツンデレってのは。 
 ソレに嫉妬ありありなハルナと、モブの平松ちゃんと、
 ニヤニヤ出来るのも素晴らしいやね。

 ヒキでユーが敵っぽいのに逢っちゃって、これからシリアス展開になるのかね。
 つかこの作品に限らず、もう冬アニメもまとめに入る頃か・・・


フラクタル 6話「最果ての町」
 相変わらず話が微塵も進まないけど、
 出会った男がクレインの親父ってのは驚いたかなぁ。
 とはいえそれだけ。


GOSICK 8話「過去の王国に遠吠えがこだまする」
 モブの旅人を殺してたのは仲間割れで、
 過去の事件の犯人はメイドでしたー、と。

 まぁ犯人については予想するにしても判断材料が少なすぎるので置いておいて、
 終盤のヴィクトリカちゃんが九城を引き上げるシーンはさすがに・・・
 人よりも華奢な設定なはずなのに、少年一人引き上げるって・・・
 せめて途中でグレヴィールが来てーとかなら分からなくもないんだけどなぁ。

 今回は九城がかっこよかったのは良かったけど。好感度上がったわ。


IS<インフィニット・ストラトス> 7話「ブルー・デイズ/レッド・スイッチ」
 冒頭からの一夏争奪戦にはニヤニヤせざるを得ませんわな。
 3バカの英中コンビも、恋愛面でも戦闘面でも酷いポジションですこと^^
 まぁラウラ相手には分が悪かったってのは間違いなくあるんだろうけどさ。

 ラウラ機は絶対防壁とのことで。
 そういえば今までのメンツは遠距離、近距離、手数、と防御面特化したヤツはいなかったんだね。
 箒さんはどんな特性を持った機体になるんだろ。

 シャルの同室イベントはどうしてこうなった、としか言うことが^^
 うん、これはアッチに期待することにしよう。

 戦闘はトーナメント戦だけど、第1試合からラウラ&箒なだけに、
 2回戦以降とかおざなりになるんだろうなぁ・・・ホント一夏、優勝するんじゃね?



フリージング 8話「Pandra Queen」
 戦闘一切無しのアホ回だったけど、今まで見てきて一番面白かったわ。
 無意味に仲間内で戦うこと7話。長すぎたな。
 つかこのタイミングでサービス回ってどういうことなの?


魔法少女まどか★マギカ 9話「そんなの、あたしが許さない」
 やっぱりさやかは魔女になっちゃって。
 もうそうなっているとは分かっていたけど、現実として突きつけられるとキツいよね。
 なまじ、さやかの場合は元の身体が残ってる分、余計にタチが悪い。
 
 宇宙人インキュベーターたちの目的は、宇宙の維持のために、
 思春期女子の感情の高ぶりをエネルギー化すること
という、なんか高尚な感じに。
 この辺、やいやい言われてるみたいだけど、そんなに言うことあるかね。

 さやかを救うために、親友のまどかが呼びかけをしてみようってのは、
 本来ならホントに救われる可能性が感じられるんだけど、
 この作品なだけに絶望しかなかったっすな。
 例えまどかがとても意思の持った目をしていたとしても、それはさ。
 
 さやかの魔女空間は上条君を思うが故のコンサート会場で、そこには無数のポスターと。
 肝心のさやかは指揮者を演じーとよくもまぁ、こんなに陰鬱な展開にしてくれるもんだ。
 
 結局まどかの叫びも杏子の叫びもさやかには通じず、
 杏子のソウルジェムもにごり出して、さやかと共に心中する杏子と。
 もう俺、号泣してたからね。
 杏子がここ数話ですごくいい娘に育ってくれたもんだからさ。
 それなのに、友達のさやかも救えず自分も魔女になる前にーってさ。切なすぎるじゃん。
 またQBが「もしかしたら救えるかもしれない」なんて含みのある言い方するもんだから。 
 なのにあのクズ野郎「そんなのできるわけないじゃないか」だってよ。
 俺机叩いちまったよ。叫んじまったよ。

 コイツもう許せねぇ。まだ冬アニメだけど、もう今年一番の滅殺生物になったわ。


とある魔術の禁書目録2 21話「学習装置」
 4つ巴所ではなく、土御門、インデックス、御坂、ミサカ、風斬と色んなキャラが動く動く。
 今までなんとかついていけていたけど、さすがにもう状況把握が難しくなってきたわ。
 一方さんサイドについては概ね分かるけど、
 風斬関係がガチでワケ分からん。
 そもそも1期の時点から風斬の存在についてガッツリ分かってはいなかったんだよね。
 能力者たちが原因で産まれるーってのは知ってるけど、
 それが何故天使につながるし。ワケ分からん。

 一方さんと上条さんが互いを認識せずに会話してるのはなんか良かったね。
 双方共に、電話向こうの相手についてどう思ってるんだか。
 当然気づいてはいないだろうけどさ。

 とりあえず次回ぐらいで決着はつくのかな?
 木原くンはさておき、ヴェントさんとか微塵も強そうに見えないんだけど・・・


夢喰いメリー 9話「夢乱れて」
 便宜上エンギ&由衣コンビが仲間になり、
 ピエロの夢魔が器の人々の「夢」を人質にすると。この解決はどうするだろう。
 やっぱりメリーちゃんがやってきたことは正しく、
 ちゃんと夢へ送り返せば器が喪失することもない、ってのは美しいよなぁ
 

 絶対悪であろうジュカイの器は結局先生だったようで。なんだ普通だな。
 転校生はどうやら見た感じ、善側みたいだけど、
 コイツがエルクレスって可能性もまだあるんだよなぁ。
 なんとも言えないけど、
 ヒキで勇魚ちゃんが夢魔にとりつかれる事態になっちゃって盛り上がってまいりましたな。
 

若手アニメイター育成プロジェクト 万能野菜ニンニンマン
 なにやら若手のアニメイターのための実験アニメということで。
 本来なら劇場公開なんだけど、MBSだけが放送するということで。

 話は小学生の女の子が、苦手なニンジン、ピーマン、牛乳の精ともちゃもちゃって感じ。
 とてもハートフルな話でなんだか心が優しくなりましたな。

 つか、普通に世界観としても面白いし、1クールアニメとしてみたいわ。

 あと橋を渡れない問題が解決してないのは気になったなぁ。
 

STAR DRIVER 輝きのタクト 22話「神話前夜」
 1話丸々、劇中劇って構成には驚いたけど、結構重要な話してましたな。

 力におぼれるスガタと、力におぼれないタクト、それをつなぐワコと、
 これからの展開になるのかどうなのか。
 話の進み的に、スガタが壊れるとは思えないんだけど、
 次回のタイトルが「エンペラー」なんだよね。
 ついに綺羅星十字団第1隊が動き出すってのはアツいけど、
 コレにスガタ及びザメクがどう関わっていくのやら。


 あと、何かあるとずっと思ってたサリナ部長はどうやら宇宙人的なノリみたいですな。
 そんなのもうどうでもいいわ。
 副部長喋りやがったよ。
 瞬間的にあのクソ淫獣が脳裏によぎったよね。
 まさかマスコットポジかと思ってた副部長も宇宙人だったとは・・・




 ほい、なんだかんだTV見ながらやってたんで、
 書くだけでも1時間かかりましたとさ。さっさと色つけてTVに集中しまーす。

 明日はジャンプですよ。さっきネタバレ食らって傷心だけどな!
関連記事
  1. 2011/03/06(日) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<週刊少年ジャンプ14号(11) 感想 | ホーム | 解【とく】>>

コメント

返信

pcpさん
大変分かりやすい解説、ありがとうございました。
一応色んなサイトで解説をチラチラは読んでるんですが、
よく分かりました!
ミサカネットワークが虚数学区にまで利用されていたんですねぇ・・・

確かに敵意向けただけで勝ちーってのは反則ですね。
上条さんがどうその敵意をなくしているのか、なくすのかは次話以降に期待するとしても、
天罰術式を差し置いて、ヴェント自身にあまり脅威を抱かないんですよね。
なにやらかなり強キャラのようですが、
よっぽど今までの敵の方が、それこそビアージオさんとかの方が強そうという・・・
天罰術式もヴェントの魔術だから、そういう相手として思えばいいんでしょうが。
神の右席の他の連中もそんな感じなんですねぇ。
この辺りは3期に期待しておこうかと。
  1. 2011/03/08(火) 01:39:56 |
  2. URL |
  3. ラジル #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

長文失礼します

>それが何故天使につながるし。ワケ分からん。
天界&天使と虚数学区(AIM拡散力場)&風斬の関係って非常に似てるんです。
オカルト、科学の違いはあれどどちらもエネルギーで構成された世界とその住人。
今回アレイスターは本当にそれを現実のものにしました。
虚数学区は人工天界に、風斬氷華は人工天使ヒューズ・カザキリに
これを成すためにミサカネットワークによる虚数学区の制御、展開が必要だったのです。
そもそも彼女たちが生まれたのはこの為だったという可能性があります。
もし虚数学区の完全な制御に成功したらその世界で魔術は使えない、土御門と同じになる(異なる法則で支配されてるから)
ミサカ妹が世界中に送られたのは将来的に世界中に虚数学区を展開し魔術を消滅させる布石?

>ヴェントさんとか微塵も強そうに見えないんだけど・・・
アニメだとあんま強そうに見えないですが敵意向けた時点で昏倒は反則過ぎ
警備員8割はすでにこの魔術で沈黙し一晩で学園都市を落とすって言葉も決して大げさじゃないです
本来神様にしかできない天罰を下せる、神の右席はそんなとんでもない奴等です
  1. 2011/03/07(月) 19:40:50 |
  2. URL |
  3. pcp #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/1733-0f625982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する