FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ28号(10) 感想

はい、例によっての徹夜明けの朝ジャンプです。
今日はちょっと早めにコンビニ行って、ドレぐらいの時間に並ぶものなんかを調査しまして。
まぁ5時半なんですけど。来週は5時に行ってこようかと思います(既に徹夜決定かよ
今日も買ってきたのはジャンプ+カレーパン+アップルティー
変わり映えのしなささに本気で顔覚えられてんじゃないかねぇ。ま、どうでもいいけど。
今日も現時点で結構眠いんで、また真昼間に寝ることになりそうです。
もうね。どうでもいいんだ。色々と。

はいじゃ今週のジャンプ感想~
週刊少年ジャンプ28号
  表紙&巻C:ワンピ CC:読切、こち亀


・ONEPIECE
 結構あっさりとサボの乗った"海賊船"は天竜人・ジャルマック聖に撃沈させられて。
 「海賊だから」って理由と「横切った」って、相変わらずのクズっぷり。
 救いといえば街の連中にサボを案じてる人間がいることかねぇ。
 やっぱ腐ってるのは天竜人他、貴族・王族たちの欲にまみれたヤツらだけなのか。

 エースとダダンが帰ってきたのはまぁ特になんとも。生きてるの分かってるしね。
 ただエースの「逃げない心」の深さは良かったけど。
 「逃がすために逃げない」ってのはアツいなぁ^^

 で、ヒキはサボが残した手紙に涙するエース。

 ・・・こんな泣けそうなシーンで野暮だってのは分かってんだけどさ。
 コレ、サボ生きてるでしょ。
 人が死にまくる過去編とはいえ、死亡描写が帽子と船の残骸だけて。
 コレで「死んだ」って思えって方がちょっと無理ですわ。
 一応死ぬ時は結構死ぬ描写するはずだし。オハラは・・・まぁアレだ。大勢死んだし。

 となると、ルフィの再起は実は生きてたサボによって~みたいなノリか?
 それが一番リアルだけど・・・


・バクマン。
 香耶ちゃん、いい嫁だなぁ・・・

 本編は連載版「完全犯罪クラブ」の掘り下げ話で。
 タイトル、キャラ名、キャラデザと色々亜城木の問題が積み重なった感じ。
 読者側からしたら、今更タイトル変えんのかよ!って感じだけど。
 まぁHITMAN10→TENの例もあったし、漫画界ではよくあることなのかね。

 他番外のエイジ、岩瀬、新年会も面白く。
 正直、もっと触って欲しいネタではあるけど、話の盛り上がり的には良かったのかな。

 ヒキの主人公はいいね。かっこいいと思う。いい感じにマンガっぽいし。
 小学生が携帯持ってんのかよ・・・って話は・・・まぁ置いておきます。


・少年疾駆
 そんなバクマンの後に、全然かっこよくない小学生主人公が出てきて吹いた件。

 本編?
 ・・・179どころか157も身長ある小学6年生ってヤダなぁ~って思ったぐらい。
 俺とかあれだよ?高1ぐらいがそれぐらいだったよ?
 今でこそデカいけどさ。

 あぁあとアレ。ヒロインっぽい子がかわいいとだけ。
 恋する女の子がかわいいってのは真理過ぎる。


・銀魂
 もう1P目から吹いたわ! またコレかよ!

 先週までがドシリアスなだけに、シリアス明けはギャグ祭で来るかと思ったけど、
 ココまでふざけるか!

 アニメ裏事情、ゲーム裏事情とメディアミックスのドス黒さを垣間見たけど、
 ホント銀魂って格闘ゲーム出ないよなぁ。
 別に必殺技とかなくても良いと思うけどね。盛り上がりには欠けるだろうけど。
 あれだけ戦えそうなキャラがワンサと揃ってるのにもったいないような。

 そういや余談ですが、
 銀魂の次のカラーページの「ワンピース ギガントバトル」ってDSのソフトが面白そう。
 スクショ見る限り「ジャンプアルティメットスターズ」的な感じなのかね。
 アレもそういや続編出ないなぁ~
 とりあえずアレだわ。べるぜ、ぬら孫、サイレン、トリコ辺りはバトルで使えそう。


・読切 魔境旅行師グラム 西義之
 ん~・・・正直全然面白くなかった。

 ついてこない助手、何が起こってるかようわからん戦闘描写、読切とはいえ説明多すぎ。
 なんだろう。
 なんか説明しにくいけど色々ダメな気がする。


・こちら葛飾区亀有公園前派出所
 すごく。 イライラした。
 最近こち亀でイライラすることが増えた気がする。


・ぬらりひょんの孫
 あ、先週の補完されてる。
 冷麗はともかく、土彦とかいつ攻撃されたんだっけかね。まぁ空気だからしゃあないか。

 扉は素直にかっけぇ。
 何度でも書くけど、白黒2色で絵描かせたら椎橋先生の右に出るものはいないな!

 本編は正ヒロイン・つららがやたらかわいかった。ソレにつきる!

 リクオの新技・百鬼を纏う能力は「鬼纏(まとい)」と結構まんまな感じ。
 ハツ、ヒョウイと違って漢字で書けるからいいけど、またクソ面倒な名前を・・・
 刀+氷だけで土蜘蛛の手1本を壊したけど、百鬼の能力を纏えば纏うほど強くなるんかいな?


・保健室の死神
 あ~危惧していた通り、つまらない展開になってまいりました。
 学園コメディを求めてるのは間違ってるのか?

 そんでもって一番気になったのが、
 肝心のハデス先生の病魔を、あろうことか扉絵で紹介しやがった!
 本編で書く時間が無いからってココ!?
 余りにもアレすぎて、最初あの東南アジア系仮面野郎の病魔かと思ったよ。

 今回の黒幕の息子だか娘だかの操はなんか仲間になりそうな感じがするね。
 

・PSYREN-サイレン-
 飛鳥パパン強ぇ~!
 本気でジュナス殺っちゃうんかと思ったわ~
 重力操作って、能力バトル的には王道だけどかっこいいかわ許す!
 第4のPSI・ノヴァとのことだけど、コレは何だろ。
 超パワーの変わりに脳への負荷も凄いですよ的なアレか。

 普通に生きてたヴィーゴさんはカイルを人質にマリーを誘拐。
 死亡フラグだったけど、さらわれるヒロインフラグでしたか。

 そんでもって結局ピンチな飛鳥パパンを助けたのは・・・
 ヒリュー&タツオ&クサカベさん。
 ・・・正直、
 「ピンチ!」→「意外な助けが!」って展開をこうもサクサクやられると萎えるんだけど
 それでもアツいね。
 ココでヒリューたちが来るか~^^ いやはやアツい!



 んな感じで終了っと。
 最下位3連載陣が目も当てられない仕様になってるのは、そういうことなんだろうなぁ。
 四ツ谷とか最近全然頭に入ってこないしなぁ・・・
 「十増間さん」とかやってたころは面白かったのに・・・
 
関連記事
  1. 2010/06/14(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<踊【おどる】 | ホーム | ★【ほし】>>

コメント

Re:ジャンプ28

ユアンさん
あ~メガネですか。言われてみればそうですねぇ。
スケダンは集中力UP、犯罪クラブは変装的な意味あいでしょうけど・・・

似てる箇所もあるっちゃありますが、
犯罪クラブのシリアスな笑いとはちょっとベクトル違うかな~って思います。
スケダンの方はボケボケですし。

漫画本編も面白かったんですが、あんま書くこと無いんで削っちゃいました^^;
  1. 2010/06/15(火) 03:52:31 |
  2. URL |
  3. ラジル #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Re:週刊少年ジャンプ28号(10) 感想

バクマンの主人公絵みて藤崎佑助と一緒じゃん!
とか思ったりしました。
そういやスケットダンスもシリアスな笑いな気がしてきたんですが
本人達は一生懸命だけど客観的に見ると笑えるって点で
そう考えると完全犯罪クラブ結構スケットダンスに似てるかも
今週のスケットダンスも面白かったですね
どこをどうしたらあんな宣伝する気0な漫画に(笑)
  1. 2010/06/14(月) 21:18:55 |
  2. URL |
  3. ユアン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Re:はじめまして

DBさん
そんな考え方もあるのか、と思わせていただきました。

これまた白ひげ大戦に通じるものがありますが、
如何にも悪じゃない海賊=良い人たち的な印象が強くて、
海軍や政府、貴族たちを悪いものだと考えてしまいますね。
実際悪い連中もいるし、腹立たしいことヤツらもいるんですが。

船の件は自分も思いました。
頑張って作ったとかならいいモノを、奪ったのかよ、と。
しかも貴族のヤツとかじゃなく、一般人のヤツみたいですし。
自分は不幸だと思っての行動ですが、たしかにちょっと感情移入しにくい相手ではありますねぇ。
  1. 2010/06/14(月) 20:55:53 |
  2. URL |
  3. ラジル #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Reジャンプ28

katariたがりさん
>ワンピース
 あ~確かに子供の死体見せられてもアレですが、
 あの描写で死んだって思えってのはちょっと無理が・・・
 ワンピに限らず生死不明は生存フラグですしねぇ。
 サボ=ロー説は自分も反対です。つか全然違うだろ、と。

 エースの死の意味ですか。
 サボが生きてようが死んでようが、
 「世界でたった一人の兄弟」を失ったってコトに意味があるんじゃないですかね。
 また大切な人を守れなかった・・・って自責の念的な意味もこめて。

>バクマン
 タイトルは出来るだけシンプルに、キャラはとにかく覚えやすいってのは必要な条件ですよね。
 その点、キャラ名をタイトルに含めるってのは二重においしいです。
 「トリコ」とかその最たるものですし^^
 それを適当につけてた~ってのはちょっとショックでしたねぇ。

>サイレン
 マリーの改造ってのは嫌過ぎますねぇ・・・
 なまじ、ありえそうなだけに余計嫌です。

 未来世界編はキャラもほぼ揃ったし終わりが近そうですね。
 んで現代に戻って隕石止めて~ってトコでしょうか。
 まだワイズ側があんま崩れてないんで、その辺りがどうなるかなんですよね。

 アニメ化は・・・色々難しいんじゃないでしょうか。
 なんかアニメで動いてる画が全然想像できませんし。
  1. 2010/06/14(月) 20:50:16 |
  2. URL |
  3. ラジル #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

はじめまして

天竜人は見た目も性格もクズに描かれてますし、サボの船を撃った理由もクズですが、さすがにこれはサボの自業自得と思います。

正式な式典の最中に、世界の重要人物の乗った船の前を、海賊の船が横切ったのです。

現代に例えるなら、アメリカ大統領・天皇・金正日などの要人が乗った船で式典を執り行っている最中。そこに犯罪者の旗を掲げた船が横切ったら当然、撃沈されても文句はないと思います。実際は無害だったとしても、どこかの自爆テロかと勘違いされてもしょうがないシチュエーションだと思います。

加えてサボは他人の漁船を盗んで自分の船としているので、サボの「貴族はクズだ」っていう主張も共感しづらかったです。漁船てそんなに安い物とも思えませんし、持ち主にとっては生活に直結する大切な物だと思うので、おまえもクズじゃん?と普通に思ってしまいました。

まあ世の中を知らない子供らしい発言と言えばその通りなんですけど、回想に入る前のワンピが熱かっただけに今回のエピソードはちょっと残念でした。
  1. 2010/06/14(月) 19:20:59 |
  2. URL |
  3. DB #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

失礼します

ワンピース
サボに関しては子供の死体をがっつりと見せるわけにはいかないからこうしたとも言えますが
でもここまであいまいなら生きててもおかしくはないですよね
でもサボ=ロー説は否定派かな

ただこの展開だとエースが死ななくてもよかったんじゃないかと
ルフィは大切な人を失ったことがないからエースを死なせることでその経験をさせるためといわれてますが
それはサボの話で十分満たしてると思いますし

ダダンが逃げることも戦いだということをしっかりと教えてやってほしかった

バクマン
漫画のタイトルやキャラの名前って大事です
タイトルは意味がわからないとだめだし覚えやすくないと
キャラの名前は悩むものだと思いますストーリーを作るために適当な名前をというのはおかしくないですが
何度も使う名前ならいい加減なものでやるわけには

ちなみに港浦が大雑把なのはわかった
原稿をもらうのだけが仕事になってるのって雄二郎のことかな

保健室
敵は要するに完璧な子供を作ろうとしている馬鹿親ってところか

サイレン
マリーがタブーに改造されないか心配になってくる
エルモアが恐れてるのがたださらわれるからというだけじゃないかもしれないし

未来世界に行くの本当に今回で最後になるかも
現代でも運命の日までそう遠くなさそうだし
エルモアも長くないみたいだし

ちなみにこの漫画アニメ化される可能性ってあるのかな
ぬらりひょんより長く連載してると思うんですが
ゴールデンじゃ放映できそうにないですが
  1. 2010/06/14(月) 16:23:58 |
  2. URL |
  3. katariたがり #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/1451-2ac02b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する