FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

アンフェア

本来の水曜日日程とは変更してお伝えします。
興味のない人には全く興味ないと思います。

昨晩の「アンフェア」感想
え~・・・  終わってしまいました。「アンフェア」
真犯人=安藤という結末で。

安藤・三上・安本の誰かだと思っていて、勘で「安本」とか言ってた。
ええ、はずれたとも。
でも、よくよく複線などを考えれば、安藤なんだよね・・・
ベジタリアン、5年前の事件の犯人と同学年、銃使える、
最初の出会いで既に殺そうと思っていたのか・・・とか、
瀬崎の事件で、理恵子を殺した理由とか、凄い複線・・・
まさに、関係していた、ということだった。

雪平の人間性にふれて迷走する安藤・・・かわいそう。

筆者が思う残された謎
なぜ、安藤は×マーク殺人事件で殺された竹田編集長が、
「アンフェア」だと知っていたのか。
あの騒動は、佐藤・竹田・佐藤の部下しかしらないはず・・・

 広田=当然。誰もが知っているから理解できる。
 竹田=?
 蓮見=美央ちゃんを誘拐したから?
 森川=雪平と安藤と瀬崎は「アンフェア」だと知っていたはず。
久留米=当然。誰もが知っていたから理解できる。

蓮見もよく分からないが、竹田よりは分かる。

まぁ、話的にはまとまっていると思う。
ここまで楽しめたミステリーってないかも。毎週楽しみでしかたなかった。
今週で終わりだが、原作の「推理小説2」が出るようなので、まだまだ終わらない!! 
復活は絶対にないと思うが、少し期待。

被害者達
筆者は統計が大好きなので、こんなのを書いてみる。【《 》は生存】
鈴木弘務・・・・・第1の被害者。公園で刺殺される。会社員
龍居まどか・・・・第2の被害者。たまたま公園で刺殺される。高校生
栗山創平・・・・・第3の被害者。パーティー会場で刺殺。編集者
柏谷理恵子・・・・第4の被害者。平井宅で絞殺される。編集者
平井唯人・・・・・第5の被害者。ビル屋上で銃殺される。ゴーストライター
瀬崎一郎・・・・・第1の事件の犯人。雪平に射殺される。編集者

牧村紀世子・・・・第2の事件の犯人。安藤に射殺される。ベビーシッター
《佐藤美央》・・・第2の事件の被害者。蓮見に拉致される。小学生

広田・・・・・・・第1の被害者。路地で絞殺。広真建設社長
竹田・・・・・・・第2の被害者。出版社地下で絞殺。出版社編集長
《蓮見杏奈》・・・第2の事件の犯人&第3の被害者。
         自宅で絞殺未遂。警察。情報解析を得意とする。
森川・・・・・・・第4の被害者。岩崎書房屋上で絞殺。書房編集長
         推理小説をネタに誘われて、殺害される。
久留米・・・・・・第5の被害者。高架橋で絞殺される。小説家
         推理小説をネタに誘われて、殺害される。
安藤・・・・・・・第3の事件の犯人。雪平に射殺される。
         警察。雪平の相棒。美央が心を開いた。
《パチンコ店店長》第6の被害者。パチンコ店で手足を撃たれるが生             存。5年前、安藤を暴行の理由で殺害されそうになる

多いなぁ死んだ人も犯人も・・・
関連記事
  1. 2006/03/22(水) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<所持ゲーム Part2 | ホーム | 週刊少年ジャンプ16号 後編+α>>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://razilblog.blog.fc2.com/tb.php/12-b1c87eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する