FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<最近のジャンプについて知っていること>(2019/10記)
ワンピ  :カイドウとマムが手を組んで、四皇の懸賞金が出た
ハンター :俺より休んでる
ハイキュー:鴎台と決着った
アカデミア:ヴィラン連合と別のヴィランが争ってた
ブラクロ :(何も知らない)
幽奈さん :(何も知らない)
鬼滅の刃 :柱やら上弦やら何やらが死にまくり
ネバラン :鬼との和解をしようとしてる
ぼく勉  :(何も知らない)
ストーン :(何も知らない)
アクタ  :(何も知らない)
呪術廻戦 :(何も知らない)
チェンソー:(何も知らない)
神緒ゆい :スケバンバトル漫画になった
サムライ8:ナルトの編集が有能だったとか
太星   :二重人格で将棋する
ビーチル :(何も知らない)
スクワッド:(何も知らない)
夜桜さんち:(何も知らない)
ミタマ  :(何も知らない)

少年ジャンプNEXT! 2012WINTER 感想

今日は月曜にして月曜に非ず。
ってことで・・・土曜ジャンプを除くとこうして月曜に普通更新してるのもご無沙汰ですな。
まぁ別にまたいつものようにド深夜更新しても良かったんだけど、
やっぱりモチベーション湧きにくかったしねぇ。
実際通しては読んだけど、深夜にこの読切だらけ雑誌を読むのは苦痛だったと思うし。
や、まぁ裏な話、深夜に買いに行ったんだけどね?
でも売ってなかったもんでさ。かといって極寒の寒空の元、ハシゴする活力までは生まれず、
キッチリ夜が明けてから買って読んだと。

ほいじゃNEXT感想。
増刊号なんで基本的に全作品に触れます。


少年ジャンプNEXT! 2012WINTER
  表紙&巻C:球磨川 末C:エニグマ


・めだかボックス番外編 グッドルーザー球磨川 (西尾維新&暁月あきら)
 本編1コマ目からメタ全開で出てきた球磨川転校前の話と。
 本編でこそデレた球磨川だけど・・・・コイツ変わんねーな
 変わらない球磨川が見れてなんや安心したような。

 対安心院さんのためにスキル物色ってのは、水槽学園的にはスキルは一般化されてんのかね。
 黒幕はさておき、他の一般生徒的にその辺どうだったんだろ。

 水槽生徒会も須木奈佐木ちゃんもまぁ~えっらい濃いキャラだったけど、
 さすがに読切だからかすごい使い捨てっぷりだったなぁ。
 にしても操られた生徒会のセリフがマジで解読不能だったんだけどw
 途中から解読するの面倒になったもの。すんげー読みづらいし。

 オチはモノローグで終了と。
 コレは普通に続き読みたいけど、あの書き方的には絶対描かれないんだろうなぁ・・・
 

・GHOSTRONG (大須賀玄)
 普通。

 蘇生した幽霊が悪い魂を倒すっていう普通のバトル漫画
 特に意外性も新鮮味も何もなくて退屈だった。

 主人公の死者の輪が2個あることが伏線かと思って期待してたのに、
 ソレに関して完全ノータッチなのはどういうことなんだろう。
 回想ではちゃんと1個だけになってて差別化までしてるのに・・・
 

・GBS (渡辺恒造&福田エイヂ)
 この作画の人はいつまでたってもNEXTから抜け出せないな・・・
 もう3,4回載ってる気がするけどそんなにプッシュしたいんだろうか。
 絵はそこそこ上手いけど、ついには原作までつきだしたし・・・

 話は宇宙野球プロデュースモノと。
 中々にプロデュースシステムは新鮮で少年漫画してたけど・・・
 9回2アウトって演出を大事にしたいのなら、ごり押しでも試合形式にしてほしかったなぁ。
 ただの一打席勝負で9回2アウトとか言われても・・・って感じだったし。
 

・すずもり。 (青戸成)
 「みえるひと」かな?
 死神に追われる少女とそれを守る主人公と、またベッタベタな話。

 超ネガティバーでそれが死を回避して、なんだかんだ死神もデレるってオチは良かったけど、
 ん~・・・キャラデザインが残念すぎる。
 死神のデザインもブサイク極まりないし、ヒロインもてんでかわいくないし。
 往々に死神やら悪魔キャラなんてのは凶悪さを如何に出すかが問われてると思ってるから、
 最後にデレるとはいえ一応シリアスやってるのに全然シリアスに見えなかったのが残念だった。 


・IRON CURTAIN (屋宜知宏)
 東西ドイツみたいな話
 ニンジャな主人公や軍のしがらみ、助太刀に来た敵捕虜、快活な終わり方と、
 物語としては一番面白かったかな。
 
 ただ・・・うん。コッチは画力が・・・乏しすぎる。
 少尉殿は可愛らしいんだけど、主人公のビジュアルもうちょっと頑張れなかったんかいね。
 少年兵らしさは出ているとはいえ、
 これまたシリアスモードでもまるで緊張感がないのが残念だわ。


・本誌連載陣番外編
 ニセコイ:小野寺ちゃんマジ天使
 スケダン:ゲスリング部マジゲスwww
 ぬら孫:カナちゃん久々に見た気がする
 クロガネ:無駄なお色気はむしろ興が削がれる
 マジコ:イイハナシダナー
 スターズ:もうちょっとなんかネタ無かったの・・・?
 斉木:この掲載も超能力だったのかー
 パッキー:いぬまるが・・・・無いだと!?


・ZONBIE SMILE (平尾友秀)
 ネクロマンサーな呪術師とゾンビのお話と。

 これまた画力がガッカリだけど、
 ゾンビモノってある種やりつくされたテーマながら、
 ヒロインと絶対どっちかしか起きてられないって条件は面白かったわ。
 漫画としても分かりやすい敵を出し、
 ゾンビらしさでそれを倒すって展開も良かったし、オチも秀逸だったかと。


・馬車馬カルテット (今本真太郎)
 孤島刑務所での脱獄囚とそれを捕まえる賞金稼ぎ・・・の話

 なんだったんだこの漫画は・・・
 脱獄者と賞金稼ぎの関係性は良かったのに、
 そっからの事件解決の件が全然燃えなかったぞ・・・
 素材は面白いものが揃ってるのに、演出といい展開といい色々残念だったわ。


・恋のキューピッド 焼野原塵 (長谷川智広)
 怪人絡めたギャグラブコメ

 キューピッドな魔王のぶっ飛びっぷりは結構笑えたのがこういう漫画にしては良かったかな。
 話は・・・・特に語ることねーな。普通すぎて。
 ギャグながらギャグだけじゃなかったのはNEXTにしては珍しいなぁ。


・九十九-ツクモ- (池田恵介)
 九十九神モノ。

 九十九神とのハーフやらツクモ部やらの設定
は結構好きかな。
 バトルに・・・しないわけにはいかないんだろうけど、
 出来ればバトルはもっと短くしてほしかったところ。
 バトルパート意外は結構良かっただけに余計にね。


・クロス・マネジ (KAITO)
 ラクロスラブコメ。
 ようやっと可愛い女の子が見れて胸熱だったわ。

 ラクロス部の再生が綺麗に描かれていて、主人公も好感持て、
 心情表現なんかも丁寧で中々良かったかと。良いラブコメしてたわ。
 ただ肝心?のラクロスパートが2Pしか描かれてなかったのが驚いたけど。
 

・パンダキョウ (黒田いずま)
 パンダシュールギャグ

 パンダになったサラリーマンと、パンダが大好きな精神科医、
 あとはパンダとホワイトタイガーと。

 途中から精神科医が空気になったのがアレだけど、バカバカしい話で結構笑ったわwww
 ホワイトタイガーの件なんかは普通に好きだわw
 

・メガトンチェリー (羽田豊隆)
 漫画のレベルとしては一番コレが漫画漫画してたかな。
 画力という意味でも展開という意味でも。

 ただ話が宇宙×ヒーローと最近飽きてるジャンルなだけに、盛り上がりはしなかったかな。
 これまた至極普通な漫画だった。


・enigme【エニグマ】 (榊健滋)
 コレにて正式終了と。
 何なら本誌最終回で終わりでも全然良かったんだけど、スミオとの再会までの物語ってことで。

 ・・・うん。俺はこんな最終回なら見たくなかった。

 なんや・・・もう水増しして無理に作りましたよ感ありありで、
 本当にこの最終回が必要だったのかとしか思えないわ。
 ポッと出の七不思議とe-test絡めて仲間を取り戻してくのは良いんだけど、
 ん~・・・「本当にこの話が必要だったのか」
 そこに集約するわ。
 なんだったんだろう。「enigme【エニグマ】」とは一体なんだったんだろう・・・




 NEXT恒例の順位は・・・つけるの面倒なんでカットで。


 今号のNEXTから、「新世代杯」と銘打って新人読切作品から1位を決め、
 それで1位になった作品には読切が本誌に掲載確約って企画
が始まるようで。
 まぁ今までもほぼ同じことやってたけど、
 「新人の中で決める」「1位は本誌掲載確約」ってのは大きいでしょうな。
 確実に誰かしかは本誌デビュー出来るわけだし。
 NEXTに載ってる時点で大分凄いんだろうけど、
 やっぱり天下のジャンプ本誌ってのは大きいよね。

 で・・・そんな今回のNEXTの中で1位を取り本誌掲載の資格を得る作品は・・・・
 
 無いわ。

 なんや・・・心に響く作品が無かった。
 「それなりに面白かった」作品がある程度で、
 「もう一度読切で読みたい!」「連載で読みたい!」って思った漫画はゼロ。
 「IRON CURTAIN」「ZONBIE SMILE」は画力不足だし、
 「クロスマネジ」は完結してるし、
 「パンダキョウ」は悪いけど出オチだし。
 やっぱりここ最近のNEXTのレベルの低下は顕著だなぁ。
 本誌の新連載レベルでも大したことない作品が最近多いから、しゃあないのかね。
 
 あと・・・新人だからとはいえ「漫画として」微妙なんだよね。
 後半の作品辺りはまぁまぁ漫画漫画してたけど、中盤あたりの作品は・・・うん。
 根本として画力が低すぎるってのもあるけど、やっぱり新人だなぁ~って印象が大きすぎた。
 設定とか世界観は面白いのに色々ついていけてないんだよね。

 同じ新人でもSQLabとかSQの読切構成なんかは
 結構光るものが見えるだけに余計にそう感じたわ。

 まぁ結局何が言いたいかって言うと・・・・「出直して来い」ってこと。

 妥協して今号での新人1位を決めなきゃならないのなら・・・
 「クロス・マネジ」かなぁ。 
スポンサーサイト



  1. 2011/12/26(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する