FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ38号(11) 感想

このド深夜更新において、当然ジャンプを買いに行くのもド深夜になるわけで。
すっかり「毎週日曜のド深夜に現れる奇怪な男」として行きつけのコンビニには認識されて、
オーナーからは陳列中のジャンプを手渡しで渡されるレベルなんだけど、
レジ会計をする店長からは一向に顔を覚えられないのか、
毎回「レシートいります?」と聞かれる始末
家計簿つけてるから当然レシートはいるわけで、毎週「ください」って言ってるのに、
今日もまた覚えられていなかったという。店長ェ・・・そろそろ覚えてくれよぃ。
マニュアルなのかもしれないけどソコは臨機応変に対応してくれよ・・・

うぃ。どうでもいいヨモダ話はコレぐらいにしておいて、
今日も元気にもうすぐ早朝ジャンプ感想でっす。


週刊少年ジャンプ38号
  表紙:リボーン 巻C:トリコ CC:リボーン、読切、べるぜ


・トリコ
 突入編が困難で、洞窟編もなんか色々あるかと思ってたのにまさか1話で終わるとは・・・
 コレもひとえに小松の"食運"によるものだけど、
 設定を良い意味で無駄に消化するなぁ。
 まぁ小松が来た意味、小松の必要性が存分に活かされていたから面白かったけど。

 ただ・・・うん。
 クイン、そんなコト出来るのかよ・・・結果論とはいえ意味ねー・・・


・ONE PIECE
 もう何でもありだな・・・
 他のメンバーのパワーアップは、ウソップもナミもチョッパーも目を見張るけど、
 フランキーに関してはオーバーテクノロジーすぎてもう燃えねーわ。
 完全に進化の方向を見誤ってる。
 秘かな小ネタの「ワポメタル」を使ってたのは面白いけど、
 この2部突入してからの形態変化といい、フランキーはどうしてこうなってしまったんだろ。

 チョッパーはランブルボールを殆どいらないってことで、
 怪物化のフラグがちょっと薄まった感があるけど、まぁ後々はするんでしょうな。
 形態変化出来ない一つのモードってのは、ジャンピングポイントで良いのかな?
 カンフーはたぶんアームの強化版なんだろうし。

 で、小物共を蹴散らして、いよいよノア襲来なワケだけど、
 一気に何の脈絡も無く展開が切り替わっただけに、本気でページ落丁したのかと思ったわ。
 どしたの尾田先生。こんなクソ下手な演出にしちゃって。急展開所の話じゃねーぞ?


・SKET DANCE
 引っ張りすぎな感あったけど、ボサミ問題を解決しちゃうと、
 安形のキャラが薄まりゃしないか?
 各人の恋心関係も説明しちゃったし。


・家庭教師ヒットマン REBORN!
 今回の扉絵は手放しに褒めるわ。
 ぶっちゃけキャラの名前とかほとんど分かんないけど、こういうのはアツいよね。

 いよいよアルコバレーノ編突入と言うことで、物語もいい加減終盤っぽいけど、
 今回もまた謎バトル絡めてくるのかねぇ。
 バトル以外の本筋は結構面白いだけに、終始謎解きに徹して欲しいんだけどなぁ。


・鏡の国の針栖川
 めんどくせぇええええええええええええええええwwwwwwwwwww

 いやはや、ベタネタではあるけど、ココで松川が惚れちゃいますか^^
 全くコレだからラブコメは止められんな!


・ST&RS-スターズ-
 試験は前の月面実習で終わりかと思ってたら、まだまだ続くのね。良かった良かった。
 
 次の展開は新キャラ・土神が出てきての、海中24時間ウォーキング
 宇宙空間を体現する試験ってのはこれまた面白いなぁ。
 確かに水中ってのは一番宇宙空間に近いものではあるしね。

 30秒という時間制限の中、目下睡眠とかはどうするんだろ。
 50kmウォーキングが普通ならドレぐらい時間かかるか分かんないけど、
 睡眠しないわけにはいかないしなぁ。
 「寝てる場合か」ってのも試験の一つなのかもしれないけど・・・


・金未来杯No6 WOLF×RED (嵩橋ヒデキ)
 今年の金未来杯もいよいよ最終作品ということで。

 はい、1位決定。
 コレが1位だわ。確定。当確。

 単純に面白かったもん。連載のふり幅もいくらでも感じられたし、
 キャラも魅力的、絵も上手いし、少年漫画的要素も満点、
 少年少女のコンビモノってのもそういえば今のジャンプにはあまり無いし、
 バトルも大変分かりやすい、最終到達地点もハッピーエンドに落ち着く。

 うん、どう考えてもコレが1位。
 以下 叢鋼>ハングリー>>>>>>>>>>タカマガハラ>ツキミ>SINSで。
 今年は大マジで不作年だったなぁ。
 今週のも相対的に高いだけで、コレといって「コレはすごい」って程のものは無かったし。
 去年の「クロノマンション」とか未だに頭にストーリー残ってるもん。連載マダー


・バクマン。
 服部さんの意見では、やはり悪いことは別段してないから、文句は概ね無いと。
 そうだもんなぁ。
 小杉には悪い、いや七峰自信がプロデュース専門なだけに、
 本気でモラル以外は何も悪いことが無いんだよね。
 ヒキの八薙先生は可哀想だけど、
 前2作が2位3位取ってる後に7位だから、絵の影響が無くは無いだろうし。
 時には冷酷になることも会社経営においては必要だろうしなぁ。

 やべぇ七峰嫌いなのに擁護しか出来ねぇ。
 あぁおじさんと東先生はイイハナシでした。


・いぬまるだしっ
 何をやっとんじゃwwwwwwwwwwwwwwwwwww



・めだかボックス
 まさにこの漫画の真骨頂的な感じで、
 口八丁vs口八丁という心理戦でひたすらに面白かったわ。
 ヘタレたワニちゃんや、空気のもがなちゃん、相変わらずの球磨川と、
 目立つべき人も目立ってたしね。

 さー後はバカがどんなバカやってくれるのかに期待~


・ぬらりひょんの孫
 おぅおぅグロいグロい。
 最近のジャンプでこんなに人が死ぬ漫画があっただろうか。
 いいぞもっとやれ。もっとえげつない感じで一つお願いします。
 ジャンプはソフトすぎるんだよ。

 いよいよ動き出した清継くんはリクオ擁護派ということで期待を裏切らないなぁ^^
 あのウザキャラがよくもまぁこんな良キャラになってくれたもんだ。


・magico
 よく分かってる。こういうバトルをやればよかったんだよ。

 イチャイチャラブラブニヤニヤ魔法使いトーナメント
 もう何と言うか・・・こういうのが見たかったんだよ!

 奥手コンビに対するライバルキャラも良いキャラしてるし、
 コレを期に掲載位置復活して欲しいなぁ。
 間違ってもコレで乱入者が現れてシリアスバトル~なんて流れだけはやめてね?
 

・enigme【エニグマ】
 切符争奪戦は才能も減ったくれもなく、アナログなゲームだけど、
 このゲームで七節が脱落、と。

 普通に赤目が脱落すると思ってただけに意外な人選だったけど、誰がカニバルかねぇ。
 なんや本気で祀木がカニバルじゃないかと疑いたいんだけど、
 列車的には4人乗ったら終わりだったみたいだし、
 カニバルはあの2人のどっちかなのかね。そんなつまらん展開にするかなぁ。
 
 七節自信も、エニグマやドクロのコトを知ってる風みたいなのも気になるなぁ。
 ドクロ狙い以外でスミオのリュック狙った辺りも含めて。


・最終回  奇怪噺 花咲一休
 あ、終わった。
 そろそろ打ち切り執行かな~とは思ってたけど、えらい唐突に終わったなぁ。

 まぁ・・・ね。つまんなかったよね。
 最初の方はまぁそれなりに楽しんで読めたけど、
 幸編とかからはお世辞にも面白くなかったし、
 この最終編の双頭編も何がしたかったのかわかんなかったし。
 やっぱり危惧していた通り、質の良いトンチを用意できなかったのが敗因かなぁ。
 それとそのトンチを活かすための背景設定。
 最初の方は、ストーリーをちょっと置いといて、
 ひたすらに短編でトンチ回を見たかったのに、トンチを一切やらない回とかあったからねぇ。
 
 コレで2年連続金未来杯優勝者が陥落か・・・
 今年は全体的に微妙だったし、新人のレベル低下も著しいですなぁ。
 SQ系の新人は結構レベル高いのにねぇ・・・




 んなワケで次号からは池澤春人の「クロガネ」が新連載。
 サッカー以外の久々のスポーツ漫画だけど、内容どんなだっけ・・・
 あのちっちゃい女が師匠的なポジだってのは覚えてるけど・・・
 後でまた当時の感想探して見ますかね。
 にしてもまた単独新連載か。
 とりあえずは位置ピンチなエニグママジコは安泰なのかな?
 普通に好きな漫画たちなだけに、終わられるとマジメに痛いんだけど・・・
スポンサーサイト



  1. 2011/08/29(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する