FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

ニンテンドー3DS値下げ

はい、ニ回目更新です。
いつもネタが無いネタが無い言ってるのに、連載更新が無い明日に回さなかったのは、
旬ってのもあるけども、今日触れておかないとワタシが収まらないものでして。
というワケで前書きも早々にいきましょか。
二回更新の2本目は前書きネタが無くて困る。
                                          
                                          
まずは発表された事実をひたすらに列挙していきます。
全文はコチラコチラ

今年2月26日に発売された「ニンテンドー3DS」8月11日から、
25000円から1万円下がって15000円で販売されるとのこと。

理由としては「年末商戦に向けて普及に勢いをつけるため」とのこと。

けども、現在までの2万5千円で買ったユーザのために、
アンバサダー・プログラムというのを施行し、
旧作バーチャルコンソールの作品を10本と、
ゲームボーイアドバンスの旧作10本を無料で配信する
とのこと。


さて・・・・


フザけてるのか。



わたしゃね、自画自賛ですけども、そんじょそこらの信者とはレベルが違う任天堂信者ですよ。
「任天堂こそが正義」「任天堂こそが絶対」とガチで思ってるほどの重病患者ですよ。
いまだにSCEなんて潰れろとまだ思ってるわ。

そんなワタシが何が許せないのかって。

全てかな。


まず発売半年で値段を下げたこと
3DSの売り上げ。不振でしょう。
最近の動向は知らないけど、過去の名作リメイクを乱発していても、
あまり爆発的に売れたって話を聞かないし、不振とは言わずしてもそうは売れてないんでしょう。

まぁね。前世代機である「DSシリーズ」があれだけ爆発的にヒットしたから、
比べるのはアレとしても、やっぱり3DSを買おうと思わせるものが少ないよね。
3DSを発売日に買った3DSユーザとしては楽しんで遊んでるけども、
今現在持っていないユーザに働きかけるものが欠けるというか。
各人の感性次第とはいえ、ソフトラインナップに不満の声が上がってるみたいだし。
マリオやポケモン、マリカーがどれだけ強い、ってことでしょうか。
個人的には現行のソフトラインナップでも問題はないと思ってるんだけどねぇ。

で、何が気に食わないって、たった。たった半年で値段下げたことだよ。
別に値段を下げること自体はもうずっと通ってきた道なだけに文句はないけど、
まだ半年もたっていない"これから"の3DSを早々に2万5千円設定を諦め、
あまつさえ1万円も下げる始末。

任天堂は、
「今思い切った手を打たなければ、
 多くのお客様にニンテンドー3DSを楽しんでいただく未来が
 つくりだせない可能性が高まったと判断したためです。」

って言ってるけど、発売半年で何が分かるのよ。
そりゃ今は売れてないかもだけど、こっからどう売るのかが腕の見せ所なんじゃないの?
そもそもとしてまだそんなに大仰に勝負してないじゃん。
それこそDSを見てみろよ。
ヒットの起源となった「脳トレ」だって発売半年ぐらいからヒットしたんだよ?
あまりに焦りすぎ。

そりゃね。発売日に買ったけども、2万5千円は今でも高い値段だと思うよ。
けどさ。繰り返すけどたった半年で1万円も下げるって、
完全にユーザをバカにしてるよね。

コレはもう3DSを持ってるユーザもこれから買うユーザも。
「損をした」感はどうしたって否めないし、
これから買うユーザも「最初からこの値段にしろや」って思うだろうし。



で、そんな「損」感を与えさせないために、VC20本を無料配信ですか。
こんなのやめろよな。

コレさ。完全に任天堂側が「損させました」って公言してるじゃん。
そりゃ損した感はありありだよ。たった半年で1万円も下げられちゃあそう思うのも仕方ないわ。

岩田社長が
『「早く買って損をした」というお気持ちを完全になくすことはできないかもしれませんが、
特別なお客様であるみなさまに対し感謝の意を表して、
以下のようなご提案を用意させていただきました。』

とか言ってるのもまた悪い。書くなよ、と。

それの代替策として、VC10本と限定GBAVC10本
なんちゃ嬉しくねーんだよ。
VCっていう扱い自体もそうだけども、こんな損した分をコレで補ってもらおう感?
こんなあからさまなことやるぐらいなら何も無い方が良いわ。
そりゃ不満も出るでしょう。ワタシ自身も言うと思うわ。
けども、こう「不満が出ないように」みたいな奥底が見えに見えすぎてて大変胸糞悪い。

あと、コレは個人的なアレになるけど、限定配信で公開されてる5タイトル。
「スーパーマリオアドバンス3」
「マリオカートアドバンス」
「メトロイドフュージョン」
「メイドインワリオ」
「マリオvs.ドンキーコング」

全部名作ゲームですよ。
持っとるわ。「マリオ3」以外全部持ってるわ。
そもそもとして、GBAのVC配信なんて価値ないわ。
だって初代DSで出来るもん。俺に関しては初代GBAミクロも持ってるわ。
GBAVCは限定配信で、これからも配信の予定がないとのことだけど、
別段追加要素もないだろうし、持ってて、プレイできる環境もある以上、
価値は見出せませんわな。
普通配信の10タイトルもどーせベタタイトルになるんだろうし、
そういう意味でも不満はありますわな。
アレな話、よっぽど1万円分のニンテンドーポイントとかの方が幾分マシだわ。



あと、ちょっと別件だけどこの発表の中で、
「スーパーマリオ3Dランド」を11月、
「マリオカート7」を12月に発売とかかなり重要な情報を出してるのも腹立つ。
もっと然るべきタイミングで発表しろと。
これからのユーザ確保のための指標とはいえ、
新着タイトルをこんなにおざなりに発表する?それも絶対ミリオンのタイトルをさぁ。
つか「マリオカート7」って何よ?あまりにおざなりじゃね?
普通に「マリオカート3DS」で何がいけなかったのかと小一時間。



 まぁ腹立ちすぎてガチで胸糞悪いですけども、
 こういう発表がなされてしまった以上どうしようもないので仕方ない。


 今回の発表は、我々3DSを既に持っているユーザのみが腹立つだけで、
 主目的である、新規ユーザには何も悪いこと無いしね。

 まだ持ってなくて、発売半年の新世代機が1万円も下がったらそりゃ買うわ。
 俺だって、PSVitaが発売半年でお手ごろの値段に下がったら、
 この超絶任天堂信者でも買ってしまうかもしれないもの。
 ぶっちゃけPSPはずっと欲しいからね。買わないけど。

 別に任天堂を嫌いにはなりませんよ。いつまでもワタシにとっての絶対神だから。
 不信度は上がったけど、コレを期に任天堂と袂を分かつ~なんてことは100%ありえません。
 これからも任天堂に心酔するし、任天堂を応援していきますよ。
 つか俺から任天堂取ったら人間として終わるわ。誇張表現じゃなしに。
 
 ただ、任天堂の販売戦略への不信度が上がったってだけ。
 まぁその不信度が、いつも以上にダダ上がったんだけど。
スポンサーサイト



  1. 2011/07/28(木) 00:00:00|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年夏アニメ・雑感編(7/25~7/27)

え~「あの件」はこの更新後の2回目の更新で触れようかと思います。
事実とワタシの所見、その他諸々を書き連ねようかと。
昨日更新サボってなかったら今日の更新でガッツリ触れられたワケなんですけども、
習慣的に続けてる以上、週アニメ感想も絶やしたくないものでね。
ちなみに昨日は20時にはもう寝て、11時間寝ました。平日なのに。
寝たら体調は大体回復しましたよって。やっぱり人間睡眠って大事。
ロクに寝もしないで夜通しでアニメ見てで日中動きまくったらそりゃ倒れますよって。

てなもんで、コッチの更新"は"明るく元気にいきますよ。


日常
 17話「日常の68」「日常の69」「体育館裏1」「日常の70」「体育館裏2」「日常の71」「こたつ」
 トランプタワーみたいなサイレント演出ってすごく見せ方に左右されるけど、
 BGMもあいまってか大笑いしたわ^^
 なにやら後で感想見て回ると「日常」で一番有名な話だったようだけど、
 全然知らんかったわ。まぁ事前情報つっても「ぬかしおる」ぐらいしか知らなかったけどね。

 あとは高崎先生と中之条回がとても安定して天井ネタで良かったかと。



ロウきゅーぶ!
 4話「昴に願いを」
 イノセントチャームが結構あっさり破られたのが意外だったかなぁ。
 もっとあわてるかと思ったけど、1回こっきりの使用もチャージング程度だったし、
 あの男バス部長もそこだけは負けられないプライドなんてもんがあったのかね。
 どっちも真剣だってのが伝わって良かったわ。
 ブザービートで決着となんともドラマチックな展開で勝ったけど、
 正直負けると思ってたわ。精神的な成長とかそういうのを考慮して。
 試合は普通に競り合ってたから廃部の話もウヤムヤに~みたいなノリで。

 で、後半はロリパートと。
 愛莉にプロポーズしたり、智花はガチ嫉妬してたり、花火したり、
 大切なものをあげたり?と終始ニヤニヤしてたわ^^
 ロリコン?もうロリコンで良いやって前書いたでしょ?
 や、フリースローの話も良い話だったけれどもね。


花咲くいろは
 17話「プール・オン・ザ・ヒル」
 ん~・・・やっぱり詐欺だったってのは驚いたけど、
 騙されていたとわかっても、喜翆荘にそんなに打撃なさそうなんだよなぁ。
 経営不振の打開策としてのこの映画撮影だったはずなのに、
 騙されてましたテヘッ みたいな感じに収まってるのがどーも納得いかん。

 コンサルとの恋愛描写なんてクソどーでもいいから、
 もっとそういう緊迫感に迫るような展開が見たかったなぁ。
 まぁ相変わらず女将引退フラグがメキメキ立ってるから、これからの展開なのかもだけど。


逆境無頼カイジ 破戒録篇
 16話「決戦の幕開け」
 自分でもビックリするんだけどさ。
 ホントに予想が当たって驚くわ。
 今回の当て玉の件もそうだけど、チンチロの四五六サイも予想してたし。
 原作読んでないんだよ?アニメ一期も新参なんだよ?
 まぁ色々伏線張ってるとはいえ、俺も大分鋭敏になってきたもんだね。

 話自体はまだまだどうやって沼を攻略するのかさっぱり分からなくてワクワクしますわ。
 センサ対策にクルーン対策
 この2つに関してはずっと予想できないので、快活な対策方法に期待。
 なんか話的には右側からの風車頼りになってるみたいだけど、
 ホントに風車使うのかね?


R-15
 3話「離れない、離さない」
 んんん・・・
 事前情報で新人声優ばっか固まってて不安ながらも、
 それなりにアニメ声でこれまで進行してたから擁護派だったけど、
 さすがに今回の博士は褒められたもんじゃないぞ?
 2人知ってる中の片方が博士の声優さんだったけど、あまりにも酷すぎる。
 全然喋んなかったけど、仮にもヒロインやってた娘がこんなだったとは・・・
 
 当番回終わったみたいだから次、そしてこれからに期待したら良いのかな?
 「これゾン二期」大丈夫だろうな、おい・・・

 あぁ話自体は特に当たり障りもなく書くことがないです。
 どーも男の娘?っぽいヤツだけ気になるかな。


まよチキ!
 2話「大好きになっちゃった!」
 「IS」や今期の「ぬら孫」なんかもそうだけど、
 原作を知ってると内容は当然知ってるわけで。
 そうなるとアニメならではの演出や、展開、動きなどなどに期待することになり、
 内容自体は「やって当然」「原作準拠当たり前」と思ってるだけに、
 ひたすらに原作との相違点が気になって仕方なかったわ。

 原作ではまだ出ていないコサメさんとか苺さんとかが出るのとか、
 具体的なS4、喋るスバル、動く紅羽、オカン初お披露目あたりは嬉しいんだけど、
 あからさまなサービスの「舐める」とか、スバルや身体測定といったのがあまりに余計。
 なにやらソコが人気のようだけど、
 一原作信者からするとまぁ~いらん。そういうのじゃないんだよ。
 そういうサービスも原作ではあるけども、ベクトルが違う。
 あと、話のテンポがやたら早い。ゲーセンデートも短ければ女バレへの心情慟哭もない、
 前話ヒキの風呂の処理も結局無いまま
だし、
 ホント原作と違うところばっかりが気になって気になって。
 次話は一つの転機となる回だけど、どうなることやら・・・


いつか天魔の黒ウサギ
 3話「《月》が揺れるプールサイド」
 うん、大体の世界観と話の方向性が分かってきて面白かったわ。
 結局生きてた日向と異世界のモンスターと戦ってく感じなワケね。
 学校内がメインのバトルフィールドとなるのかな?
 リアルに人を襲うようなのばっか来るみたいだけど、その度に人掃けさすのかね。
 あっさりタイトが死ぬのはギャグ・・・と捉えて良いの?

 そして完全負けヒロインの幼馴染の明日は何処。
 

うさぎドロップ
 3話「ダイキチの決めたこと」
 なんか毎週書いてる気がするけど、完全親子やん!

 あまりに大吉とりんちゃんが親子親子しすぎててなんか戸惑うわ。
 まだ預かって数ヶ月?なのにやっぱり馴染みすぎだよなぁ・・・
 りんちゃんが何故ここまでダイキチを慕っているのかは後々明らかになるのだろうか。

 まぁでも話は安定してホンワカハートフルストーリーで心洗われましたよ。
 ひたすらにりんちゃんが健気で良い子なのがとにかくええわ~
 大吉もひたすらにかっけぇしね。
 子供のために異動願いとかかっこよすぎるわ!


NO.6
 3話「生と死と」
 ネズミもあの蜂の生還者なのかね。
 今話でやっとシオンに白髪&頬の痣が出来たけど、ネズミの背中にもそんなのがあったし。
 
 蜂の恐怖と謎、NO6とは何なのか等、また色々謎が深まる感じで
 春に孵化するタイムリミットと合わさってワクワクするね。


Steins;Gate
 17話「虚像歪曲のコンプレックス」
 あぁなるほど。過去に送りまくったDメールを1個ずつ消化していけば、
 最終的にはβ世界線に辿りつけるのか。
なるほどコレは考えなかったな。
 だからこその秋葉改変であり、ルカの女体化であり、萌郁のメールで世界線が変わったのか。
 なんとも分かりやすく、各キャラも掘り下げられる展開で面白いですわ。

 そんな最初のDメール消去はフェイリスのメールということで。
 何でカードゲーム大会で優勝しただけで悪漢に追われてたのかはさっぱり分からないけど、
 まぁ・・・萌としての秋葉消滅はさておき、父親をもう一度殺すってのは切ないわな。
 どうにかして両者生存、なんてのは世界線的にも許されないんだろうし。
 つかフェイリスが世界線変革前のことを思い出したのが驚いたわ。
 「なんか知ってる」「なんか感じる」んじゃなくて、「覚えてる」って何それ。
 一度忘れていたのに「思い出した」ってことは何かすごく重要なフラグな気がする。

 「どっちが本当の世界なのか」ってのはパラレルワールド的には一つの分岐点だけど、
 結局的に世界線は戻り、元の萌の秋葉に戻ってと。
 何か全然救われた気がしないけど、まゆりを生存させるためにはこうするしか無いんだろうなぁ・・・
 次はルカの男体化ですか。
 まぁ・・・コッチはそんなにシリアスにはならないかな?元が男なんだし。


異国迷路のクロワーゼ The Animation
 4話「水明り」
 やかまし~キャラ・アリスが参戦してきて、今までとは雰囲気が変わったけど、
 大きな枠組みとしての「良い話」が引き継がれていて良かったですな。
 単純にウザいのではなく、「愛すべきバカ」って感じで、
 今までの3人と、特に湯音とは、毛色が全然違って、世界が広がった感じ。

 確かそろそろシリアス回が来た気がするけど、方針的にどうなるんだろ。
 原作読んだけど読み返さないままアニメ楽しんでるだけに、
 結構新鮮な気持ちで見られて良いわ。世界観もめちゃくちゃ綺麗だしね。



 早めに書き出せたので書き終わり自体はいつもよりとても早くに。
 まぁ今から飯作るので、UP自体は19時過ぎると思うけど。
  1. 2011/07/28(木) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する