FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

2011年春&夏アニメ・雑感編(7/11~7/13)

今週末って、三連休だったんだね。
祝日のない6月からいつの間にか明けて、もう海の日ですよ。
海の日が7月20日だった時代を忘れられないので、すっかり祝日と言う観念を忘れてたわ。
そんなワケで次の月曜は祝日。
ジャンプが土曜に出るわけで。コレをガチで数分前に気づきました。
今日気づいてなかったら、余裕で月曜に買いに行ってたわ。
タダでさえ毎日更新内容詰まってるってのに、土曜発売だってよ。
金曜深夜で久々に徹夜しての土曜ジャンプ態勢っすか。
まぁ土曜更新のチャンネルツッコミはいつでもで出来るという特性があるので、
更新内容的にはジャンプ感想と入れ替わるだけなんだけど。
全く安定して連載更新ばっかだなぁ・・・

はいじゃ週前半アニメ感想でっす。
いつもと1日違うけど、増える作品数はわずか一つというね。


日常
 15話 「日常の59」「日常の60」「日常の61」「大福フェア1」
   「大福フェア2」「中村先生、回路ショート君」「日常の62」「おもちかえり」「日常の63」

 まだまだなのがガッツリ絡むことはないのね。
 いや、絡んでるんだけど、もっと親密的な意味で。

 2クール目にしてまさかの新キャラが出てきたけど、また濃いキャラだなぁ^^
 なのをロボとして扱うキャラが出てくるとは・・・
 あとは桜井先生と桜井弟と高崎先生の三角?関係も面白かったし、
 今話は教師陣が良い動きしてたね。


ロウきゅーぶ!
 2話「小さな少女の願い」
 1話がすごくロリロリしてただけにどうなることかと思ったけど、
 意外とバスケもしっかりするんだね。ちょっと驚いたわ。
 まだ萌えとバスケのどっちに比重が強いのか分かんないけど、
 今話に関しては単純に面白かったわ。
 
 男バスとの試合を最初の対決にするみたいだけど、今後の対戦相手はどうなるんだろう。
 変な意味じゃなしに、相手も女バスとかだと面白くなりそうだよね。
 5人でいられれば良いって言ってたりもしたから、どっちかと言うと友情話になるのかな?


花咲くいろは
 15話「マメ、のち、晴れ」
 結名の改心話は良い具合にまとまっていて良かったんだけど、
 ここまでなんだかんだ生々しい演出だったのに、 
 生徒みんなで旅館手伝うとかそういうのはやめてほしかったなぁ。
 最低でも緒花ちゃんたちだけで済まして欲しかった。


ぬらりひょんの孫~千年魔京~
 2話「二人の正義」
 1話は手放しで褒めてやったってのに、やっぱり脚本はダメでした、と。
 いや、今回のメインである陰陽師襲来に関しては良くも悪くも原作どおりで、
 そういう意味では不満はないよ。なんだかんだ原作再現されてると安心するもん。

 問題は邪魅編をアバンで終わらせたことだよ。
 正直言って、邪魅編は妖怪たちもあんま関わらないし地味な話だけども、
 あんなおざなりな触れ方すんならいっそ邪魅という存在そのものごと消してほしかったわ。
 邪魅ってそんな目立つキャラなワケでもないし。


逆境無頼カイジ 破戒録篇
 14話「無頼の軌跡(総集編)」
 なんでこの中途半端なタイミングで総集編なんだろうか。
 チンチロリン編終わりでも、2クール目開始の段階でもないし、すごく中途半端。

 や、内容は改めてみても面白かったんだけどね。
 チンチロ編の面白さはやっぱり凄いわ。


R-15
 1話「ようこそ閃学園へ!」
 前情報をチラッと見ただけで微妙な感触だったけど、その通り微妙な作品でしたわ。

 なにやら現時点では最悪とかって評価みたいだけど、そこまでは言わない。
 そこまでは言わないけど、何がしたいのかよく分からないかな。
 天才の概念がよく分からないし、主人公が官能小説家て。
 なんだかんだ結構笑えたけど、あくまでバカアニメって感じでしょうか。 

 声優がほぼ新人ってのは・・・・まぁ頑張ればいいんじゃね?
 聞き苦しいほどの人はいなかった気がする。


緋弾のアリア
 12話(終)「ブラド」
 昨日の春アニメ総括で評価出してたけど、とても下の評価で終わりっと。

 なんかねぇ・・・
 結局先生がブラドで、弱点丸見え状態、ひたすらにおいて証言台に立たせたいアリアに、
 どう見たって小悪党のせいぜい中ボスなブラド、犯罪者の癖に何言ってるな理子に、
 見え見えの口内弱点。

 ギャグ?としては面白いのかもしれないけど、
 当初期待していた感じとは大きく差があって楽しめなかったわ。

 あまりにテンプレすぎたというか。


うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%
 2話「BRAND NEW MELODY」
 あのイケメン共は何でアイドルになりたいんだろ。
 一十木なんかはアイドルっぽいけども、
 御曹司だの、偏屈キャラだのが何でアイドルになりたいかとかの説明入るのかね。

 で、ヒロインはヒロインで作曲家志望なのに演奏できないわ、楽譜読めないわ。
 何しに来たの?つか何で受かったの?
 その後の頑張りは良かったけど、イマイチキャラが弱いんだよなぁ・・・
 乙女ゲーとはいえ、さすがに何かしかある・・・よね?

 
いつか天魔の黒ウサギ
 1話「900秒の放課後(前篇)」
 ん~何も分からん。
 世界観も、ヒロインのポジションも、生徒会長のポジションも、主人公の特性も、
 何もかも分からなくて、何も言えん。

 「前篇」って言うぐらいだから、後篇でこれらに解説が入るのに期待しましょうか。
 何も分からないまま終わったこのモヤモヤ感。早くどうにかしてほしいわ。


うさぎドロップ
 1話「りんどうの女の子」
 あらすじ読んで大筋の内容は知ってたけど、コレ俺絶対泣くわ。
 最終回かどうかは分からないけど、絶対泣く。

 もう、こういう話に最近つくづく弱いんだよね。
 今話でも、りんちゃんがリンドウの花を入れてあげた所でブワッと来たし。
 まだどういう話の方向性になるかは分からないけど、この空気感のままいってほしいね。
 にしても、もうちょい懐くの遅くても良かったんじゃ・・・?


NO.6
 1話「びしょぬれネズミ」
 ん~・・・・
 大まかな世界観は分かったけど、とにかく主人公にウザさしか無かったわ。
 大概のキャラを好きになれる人間だけども、この主人公に関しては、ひたすらにイラついた。
 出会い。大事でしょう。 主人公がお人よし。あるでしょう。
 それでも、いきなり進入してきた完全不審者で、犯罪者と判明しても、
 全然たじろぎもしないで世話するとか、あまりにリアリティなさすぎてね。
 
 これまた話がどういう方向に進むのかわからないけど、
 主人公が白髪になる段階でイライラしてなかったら視聴は続くかな?
 ぶっちゃけ今の所何よりも視聴切り候補だわ。


Steins;Gate
 15話「亡環上のネクローシス」
 てっきり今話からタイムマシンで過去に遡るかと思ってたけど、壊れてたか。
 今回の話によると、オカリンが最初に送ったDメールの記録を消せば、
 世界線が変わってまゆりが助かる、未来も救われるとのことだけど、
 だからもっと前に戻って電話レンジごとぶっこわすわけにはいかないのかね。
 そうしたらタイムマシンも無かったことになるわけだけど、世界線変えたいんだし。
 まぁこの辺はこれからの話だけどさ。

 何故鈴羽がクリスを敵視していたのかもようやくわかって良かったわ。
 結構サラッとしてたけど。
 で、あとは鈴羽の父探し、と。
 もはやダルじゃなかったら詐欺というぐらいのレベルでダルでしょ。
 あのタイムマシンの製作者もダルみたいだしね。
 あとはあのバッジ?の意味か。ダルのことだからアニメの限定グッズとか?


異国迷路のクロワーゼ The Animation
 2話「チーズ」
 良いアニメだ。
 つくづくなんて良いアニメなんだろう。

 キャラたちの雰囲気もだけど、町並みの風景、町の群集の雰囲気、
 文化の違い、食生活の違いと、
 何もかもがこの作品の雰囲気をとてもよくしてるわ。

 内容が無いと言われれば否定は出来ないけども、もはやそういうアニメではないでしょ。
 良い意味で「雰囲気アニメ」
 最後までこの雰囲気でいってほしいわ。




 さて、春アニメがコレで完全終了
 来週には夏アニメも勢揃いってコトでいよいよ本番ですな。
 嬉しい誤算だけど、また3話切りしそうな作品が殆どないんだよなぁ・・・
 そこまで面白くなくはない作品ばっかりで、つくづく俺ぁなんでも楽しめるんだね。
スポンサーサイト



  1. 2011/07/14(木) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する