FC2ブログ

2061位の幾何学空間

ジャンプ感想ブログです

<気合更新>
俺このマンロゴ 俺このマンロゴ konoman16logo.png konoman17logo.png


<予定更新スケジュール>
 11/12(月)発売50号→11/13~18のどこか アイマスシンデレラLIVE参加(埼玉)のため更新遅れます


 以下年内スケジュールです。
 11/19(月)発売51号→未定
 11/26(月)発売52号→未定
 12/03(月)発売53号→未定 アイマスシンデレラLIVE参加(名古屋)のため更新遅れます
 12/10(月)発売01号→未定
 12/17(月)発売02号→未定
 12/22(土)発売03・04号→未定


<自由コメントコーナー>
 更新本文にコメントしにくい、コメント返信いらない、などの時にご使用ください。
 何気にここのコメント読むの楽しみです。
 選択肢に意味はないけれど、選択肢の意味は・・・わかるな?


篇【へん】

もう暑いのやら寒いのやらワケわかんないですな。
昨日の戦争日に早朝に出かけたら外は極寒、今日の昼に出かけたら猛暑、
家に帰って落ち着いたら肌着1枚では寒く、現在ではいつも通りコタツに入るという。
なんだ。春は季節の変わり目、まさに冬と夏の間とはいえ、安定しなさすぎ。
いまだにどんな格好して外出歩いたらいいのかさっぱり分からんわ。
天気自体も全然安定しないし、布団とかいつ干せるんだろうね・・・


・・・で、今日の更新ですが、例によってネタがありません。

土曜日といえば名目上はWiiのチャンネルツッコミとなっていますが、
最近やらなすぎてそんなことさっぱり忘れてて今から見るのもアレだし、

かといって今日発売のジャンプNEXTはまだ岩代先生のヤツしか読んでないし、

一応春アニメ全部揃ったから感触編出来るし、ぶっちゃけさっきまでやろうかと思ってたけど、
明日の週間感想が終わってからの方が良いと判断しておじゃんになり、と。

もうひとつのアニメ枠・主題歌特集魅力編も、
昨日放送の4話でもまだ正規OP来ない某まりあほりっくのせいで出来ないし。

着々とネタ候補はあるんですけど、どれもほんと"候補"の段階なんですよねぇ。
別にこのゴールデンウィークで実家に帰るなんてイベントも予定してないし、
また低迷期入ってるのかもです。
というか、こんだけアニメのことばっか書いててもこの状態って、
アニオタ隠匿時代、俺は何を書いてたんだろうか・・・

・・・ということで今日は以上で。
明日以降は安心した連載更新のオンパレードになるかと思われます。
上で書いた今日は触れられないネタ連中が一斉に触れられるようになるしね。
  1. 2011/04/30(土) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

券【ファン】

・・・おはようございます。30分ほど前に起きました。

いやねぇ、疲れたと言うより徹夜でこの大戦争に挑んだことがヤバかったようで。
まぁタイマーセットしないで寝たのが悪いんだけど、にしても18時まで爆睡してるとはね。
むしろよく18時で起きられたもんだ。
んなワケで時刻は飯時なんですけれども、「もういいかな」と思ってまして。
腹は減ってるけど、いつもの作るのめんどくさい病にかかってて、もうモチベーションが上がらん。
飯については後回しにして先にコッチについて書きますわ。


映画「けいおん!」前売り券争奪戦争!!


数々のけいおんフェア、主にローソンので大敗を喫してきたものの、
この劇場版前売り券戦争には負けるわけにはいかなかった。

んなワケで9時開店の所を7時に、近畿の某映画館へ行ってきましたよ。
7時についたらまぁ"ソレっぽい"のはチラホラ見受けられたけど、
指示が一切無かったので、ワタシ含め皆さんドコに並んだら良いか迷ってたようで、
なんとなく列が出来たのが7時半ほど。

そっからまぁ1時間半立ち尽くして待つことになるワケですが、
読みかけのラノベ持っていってたのでその辺は特に問題なく。
途中からは列の後ろに並んだ人たちとめっさ談話してたしね。
みんな良い人だった。
ココで「クリアファイル交換」という手が出来るようになったのがすごく感激したわ。
これぞけいおんファン。みんなの心は一つ! 転売厨は死ね。
にしても、この4,5人の中に、埼玉のライブに行ったって人がいたのが驚いたわ。
何それ。けいおんファンの鏡じゃん。
金銭面と忙しさに負けて行くのを最初から放棄した俺とはファン度が違うわ・・・
携帯の待ちうけもみんな「けいおん!」だったのがワタシのファン度の低さを感じさせるね。
(ワタシの今の携帯待ちうけ「まどか☆マギカ」


で。結局開店時間は早まることなく、キッチリ9時に開店。
まぁゴールデンウィーク初日のせいか、ガキんちょがワラワラいるわいるわ。
大真面目に開店してバーゲンセールのようにダッシュになったんだけど、
フタを開けてみればそのガキんちょ共はどうやら他の映画目当てだったようで。
今そう盛り上がるヤツあったっけか・・・?ポケモンとかなら分からんでもないけど、
しんちゃんだのコナンだのにそこまでさせるモノがあったのかね?

でまぁ買えましたよ。
限定クリアファイル付特別前売り券。
その談話してた人たちは自分のためや友人のために~と複数買いしてたけど、
ワタシは当初の予定通り1部だけ。
周りの雰囲気に飲まれて3部ぐらい買いそうになったけど、そこはグッと堪えて。

そっからは大交換大会。
並んでた時の打ち合わせで、唯派、紬派、律派の3派閥に分かれてたんだけど、
6人17枚で、唯4、澪4、律2、紬3、梓4 ぐらいだったかな?
ちょっと適当ですが、律っちゃんの枚数だけは確実です。
でさ。まぁワタシはご存知のとおり隊員(律好き)ですよ。
まぁ以前の更新でも「別に誰でも良い」と言いつつも、
まぁやっぱり一番好きなキャラが欲しいわけじゃないですか。
で、この6人の中に隊員がワタシ含め3人もいたもんだからさぁ大変。
欲しいのは3人、クリアファイルは2枚。

・・・ジャンケンで負けましたとさ。

いやね、だから誰でもいいんだよ。5人みんな好きだし、大好きだし、
そもそもこんな交換のチャンスに恵まれると思ってなかったから、全然いいんだよ。

それでもね・・・ってのはあるよね。

結局ワタシが当てたのはで、あれよあれよと交換にまわりワタシの取り分はになりました。
OK。澪も好きだ。みんな好きだ。むしろみんな好きじゃないとかありえない。


そっからはファイルを総結集して並べて写真撮影会をしたり、
けいおんについての話題になったり、他のアニメについても語ったり、
なんだかんだで連絡先も交換したり(←!?)
一緒に朝飯を食ったりと、
さっき会った人たちとは思えないほど意気投合しましたな。
昨日発売の「きららキャラット」の新キャラ情報もしっかりおさえてる辺りさすがだわ。

あぁ年齢もまちまちでした。年上が一人の同級生が一人の年下が4人くらい。当然皆男ね。
一時は京アニショップにでも行く?という話題にまでなりましたが、
そこはなんやかんやウヤムヤになって解散したけど。
やっぱ共通話題ってのはデカいね。
「けいおん!」の力って凄いわ。


まだ何も情報が出てないけど、「前売り券特典第2弾の時に会おう!」と行って別れましたとさ。
みんな複数買いがデフォルトなのがさすがだぜ!
一般人や、新参のファンなんかとは格が違う。


にしてもわざわざ都会は混むと思ってワザとちょっと遠い所を選んだってのに、
それでもあんなに人が来るんだなぁ・・・
ホント聖地だからって、MOVIX京都に行かなくて良かった。
まさかの始発組全滅とか本気で爆死するところだったわ~


以下写真


前売り券


5枚勢揃い


ちょっと寄った画


結構寄った画
  1. 2011/04/29(金) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春アニメ・雑感編(4/25~4/27)

今日は普通の時間に飯を作り、もっしゃもっしゃと飯を食いながら巡回するという、
いわゆる"いつもの"方式だったんですけれども、
今日は昼飯を摂らなかったもんだからちょっとアホほどに盛ったら食うのに時間かかりましてね。
タイトルはもはや慣例化してるから悩む悩まないとかそういう問題じゃないから助かったけど、
結局今日もちょっと遅い更新始めになるという。
最近マトモに始められた気がしないなぁ。

はいじゃ流し前書きということで、サクサク今週前半のアニメ感想ですよっと。


日常
 4話「日常の14」「生徒指導」「囲碁サッカー部1」「日常の15」
    「日常の16」「囲碁サッカー部2」「インコ」「日常の17」「中之条」「日常の18」


 サブタイが多いわ!
 視聴中にTVを見つつ、実況しつつ、タイトルをメモるという荒行をしてるんですけど、
 今話はタイトルが多いこと多いこと。
 囲碁サッカー部とか中之条みたいな超ショートストーリーのせいなんだけどね。

 本編はなにかと話題になってた「ぬかしおる」が出てきたり、
 マイちゃんがひたすらボケ倒したりと。
 「ぬかしおる」って全然大したネタじゃなかったんだけど、
 どうしてこんなに話題になっているんだろうか。

 さっぱりわからんわ。そういえば今日発売のエルシャダイみたいなもんか?
 マイちゃんのツッコミの方は・・・ゆっこはツッコミストとしてまだまだだな^^


アスタロッテのおもちゃ!
 3話「すれ違いのパーレン」
 今まで話の方向性がよく見えなかったら評価が芳しくなかったけど、 
 明日葉も参戦してのロッテとの学校パートいい気持ちで見れたわ。
 ほのぼの日常モノとククるのはまだ早計だけど、そういう路線なのかな?
 一応"ロッテの恋"も主軸にあるみたいだけど、ナオヤ以外のなびくとは思えないし、
 この「ほのぼの路線」を突き通して欲しいところ。
 学友としてエロッテや明日葉と同目線のキャラが出てきたのも良いやね。

 にしてもだ。
 明日葉ってナオヤの子供だったんだね。すごいショックだったわ。
 公式HPにも書いてあったけど、基本概要読まない人間なんで、すごい衝撃だったわ。
 23-10=13ってコレ大丈夫なの?


花咲くいろは
 4話「青鷺ラプソディー」
 コチラも学校パートということで、
 今までの温泉旅館とはまた違った広がりがあっていいね。
 あの民子が「民子姫」なんてレッテル貼られてるのも驚いたし。
 
 民子と徹の一方通行の関係に、新キャラの結名が~と、
 ドロドロ?した展開も見られそうだし、安定して楽しめるなぁ。 


逆境無頼カイジ 破戒録篇
 3話「強運の欠片」
 一度勝ってからのどん底ってのは鉄板ネタだけど、見せ方が上手いわ~
 班長とお付きがあからさまに凄い手出してきたけど、イカサマなのかねぇ。
 その辺を暴いて班長没落なんてことになったりするんだろうか。


緋弾のアリア
 1話「La Bambina」
 凄まじく、くぎゅうが演じるために産まれたようなキャラですな。
 こりゃくぎゅうしか出来ないわ^^

 そんなアリアは二丁拳銃のニ刀流と、攻撃性満載
 物語の舞台も戦う探偵で、主人公も女を守るためにイケメン化するモード持ちと、
 いい具合にワタシの好きなツボを突いてきますなぁ~^^
 中二展開だけれども、ワタシはこういう話大好きだからね。

 なんか一杯あった学部や、キャラ等これから揃ってくるのに期待ということで。
 にしても天然黒髪巨乳幼馴染通い妻。完全に不遇ヒロインじゃないですか・・・


デッドマン・ワンダーランド
 2話「解毒剤」
 「カイジ」同様、支給される金で刑務所ライフを過ごすようで。
 今回は人間ドッグレースでその資金稼ぎ~と。

 大した罪もしてないオリンピック選手がつっかかってきたり、
 めっためったと参加者が死んでいったりと、思いのほかスプラッターだけど、
 アレを演出と思ってる観客も観客だな・・・どんな演出だっての。
 この辺の罪の重さによる判決というか殺戮はどういう倫理感で成り立ってるんだろうかね。
 まぁこういうのも好きだから、別にそう文句を言ってるわけじゃないんだけど。

 3日に1回、高額のキャンディがいるあたり、
 そういう駆け引きやギャンブルなんかもあったりすんのかね。



 2話「COINCIDENCE」
 いきなり戦闘から始まったけれども、ルール説明も程々に戦闘されても・・・・
 とりあえず自分の持ち金を使ってソレを攻撃力に転換して相手を倒す~
 みたいなノリでいいのかね。
 相手を倒したときに貰える報酬やらそういうルールが分からないけど、
 さすがにおいおい分かってくるでしょう。

 参加者に見えるようになる黒い金ってのは面白い設定だね。
 この黒い金にも当然何かあるんだろうな~


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
 2話「ゆうしゃめんま」
 ぽっぽがいきなりめんまちゃんの存在を信じるあたり、
 他のメンツとは違った目線があっていいね。
 まぁ妄言を信じてるみたいな風だから、ガッツリ信じてはいないだろうけど。

 あなるも自分がけしかけたことにより、めんまちゃんが死んだことを気にしてるようで、
 やっぱりみんながみんな、あの場で自分がしたことに、何かしかの責任を感じてるんでしょうな。
 あの会話だけならユキアツとかつるこには関係なさそうなもんだけどさ。

 そんで今回はめんまの願いの一つ?の
 RINTENDO製 GAMESYSTEM ADVENTの
 「のけぞりモンスター」の幻のノケモンをGETするという話
に。
 まぁこの話自体は、じんたんとあなるの友情回復という目的で良い話だったワケだけど、
 ひたすらに「ポケモン金」が思い出されて良かったわ。
 そういえばポケモン金ももう10年ぐらい前の作品なんだよね・・・
 他にもムシキングやら、ラブ&ベリーやら、ボーボボやら、
 ワタシやワタシよりちょっと下の視聴者層に懐かしいものを思い出させてくれたわ。


Steins;Gate
 4話「空理彷徨のランデヴー」
 あくまでオカリンの目的は、CERNより先にタイムマシンを作りたいってことなのね。
 クリスはなにやらタイムマシンに並々ならない因縁を持ってるようだけど、
 実は時間旅行者とかそんな展開もあったり・・・しないわな。

 IBN5100を巡って、鈴羽、フェイリス、ルカと色々メインキャラを巡ってと。
 まさかルカの神社にあるなんて展開想像できるわけねーべ。
 GET出来たIBN5100で今後、何がどうなるのやら・・・
 

もしドラ
 1話「みなみは『マネジメント』と出会った」
 さて、やっとこさ始まりましたか。冬アニメ枠だったのに長かったですなぁ。
 
 話はまぁイントロってことで、「マネジメント」との出会いやら、
 登場人物やらの説明やら何やらを経営学に照らし合わせつつ~と、
 まぁ「マネジメント」を紹介するに当たってはいいんじゃないでしょうか。
 
 必要なのは真摯さとか、顧客とか、色々考えさせられることもなくはないし。


 2話「みなみはマーケティングに取り組んだ」
 今回はエースと監督の話ということで。
 「翻訳」「選手と監督の仲介役」ってテーマなのに、
 結局最終的には監督自身が自分を思いなおして一括するってのはどうなんだろうか。
 それに、今回はあまりマネジメントに関係してなかった気がするし・・・
 つか100球越えて使えなくなるようなピッチャー、甲子園にゃ進めないでしょ。

 3話はまだ見れてないので後日。


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
 14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」
 ゲーム制作と後輩二人の当番回ということで。
 テンプレだから言っておきましょうか。OPの金髪でやたら目立ってる子って誰?

 とにかく黒猫も瀬菜もやたらゲーム制作に関して超スペックなのが衝撃だわ。
 ワタシも大概早いほうだとは思ってますけれども、1時間6kbの文章て。化物かっての。
 まぁそのゲーム制作に関しては黒猫と瀬菜の友情構築ということで、
 オチ諸々良い話にまとまってましたな。

 あとはやっぱり・・・・黒猫可愛すぎるわ。
 そういう風に描かれてるとはいえ、アレを可愛いと言わないわけにはいかないわ。
 まぁ地味子派は揺るがないけどね。

 次回最終回ということで。そういえばネット配信って媒体に騙されてたけど、
 一応コレって1期の枠なんだねぇ。
 まぁ原作人気的にどーせ2期やんだろうけど。



 ほい終了。
 さて、明日は大戦争ですよ。
 何の戦争か分からない人は、明日という日を是非楽しんでください。
 ワタシは、ワタシたちは。明日戦争に行ってきます!
  1. 2011/04/28(木) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

齷【あくせく】

雨ですね。大雨ですね。そんなワケで帰ってくるの遅れて、
飯も遅れ~となしくずしに色々遅れてまして、ただいま19時45分
まぁこの遅れ自体はどーでもいいんですけれども、部屋の湿度ね。
恐ろしいほどに湿度高いんですけど。それこそ除湿機がいるほどに。
一応さっきエアコンの除湿付けたんだけど、寒くて結局切って、また湿気と戦っております。
湿度を高めたいならぬらしたタオルを吊るせと言うけど、
湿度を低めたいならどうすればいいんだろうか。乾燥タオルつるしてもしゃあないしなぁ・・・


さて、今日は今週前半のアニメ感想をやろうと思っていましたが、
例によってまだ見れていないアニメが消化しきれていないので、明日ということで。
大丈夫。今日は深夜に一つもアニメないから、その時間にでも消化しますんで、
明日には確実に出来ますので。


で・・・ですが。まぁネタはないですわな。
アニメ感想をやろうと思ってたから他のネタ考えて無くてね。

なにやらプレイステーションネットワークで個人情報が流出したとか、
「まどか☆マギカ」の作画修正がとんでもないことになってるとか、
原作「けいおん!」の高校編新キャラが出てきたらしいとか、
小ネタレベルの話ならありますが、

興味が無い、
××××ない、
ネタバレ回避中、


と広げようがないもんでねぇ。

そろそろこういう時のネタ不足救済企画が出来るんだけど、
最低でも金曜日じゃないと出来ないんだよねぇ・・・
金曜過ぎたら2本安定した企画が!(たぶん



 ってことで、また流し更新です。すみませんね。
 まだまだやることは山のように積まれているという。どうしてこんなに忙しいの。
  1. 2011/04/27(水) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

授【さずける】

・・・この、もうどうしようもない所まで来ているガチオタのこのワタシが、
ちょっとアニメを見る時間がないという。
いやね、リアルタイムで見ているアニメは例によって実況してますけど、
時間被ってるビデオ組の連中がどうにも消化する時間が無い。
ちょっとアニメ以外の作業がマジで山積みでね。
いつもならその作業を週末に消化していくんだけど、東京行ってて出来なかったもんだから、
ここ数日、まぁ~バッタバタしてますよって。
なんとか明日のアニメ感想までには徹夜してでも見るつもりではあるけど、
どうしてこんなに忙しいんだ。グダグダしているウチに今週が終わってそうで怖いわ・・・

ほいじゃ今日は昨日のゲーム関係のトップニュースについて1日遅れで。



任天堂が、Wiiの後継機を2012年に発売し、
6月に開催のE3にて体験出展するとのこと。



・・・マジで出すんかい。

ってのが第一印象。
最近はホントに色々噂されてて、
「Project Cafe」なんつーコードネームも発表?されてますけれども、なんか色々不安になるわ。

数日前にもちょっと書いたけど、まだ早いよね。

Wiiは落ち目ですよ。すっかりソフトも発表されてないし、
実際インパクトもないし、そろそろWiiに変わる次世代据置機ってのは必要だよ。
それはそう思う。

でもねぇ。3DSがまだ全然じゃん?またPSPに本体売上抜かれてるみたいだし、
やっぱりワタシとしては3DSに重きを置いてほしいわけですよ。

まぁいつかは分からないけど、来年中に発売予定と言うことで、
少なくともそれまでは3DSをプッシュするのは当然とはいえ、
やっぱり今の3DSのプッシュされなさには一ファンとしては不安なわけで。
相変わらず外出時には3DS持ち歩いてるけど、
最近ついにゲームコインの枚数もカンストしちゃうほど触ってないよ?
やっぱりゲームにはソフトがあってナンボ。
来月から猛攻が始まるとはいえ、現段階ではやっぱり不安しかないわ。


まぁやんや言いつつ、「任天堂のゲーム機」というだけでほぼ確実に買うことになるんですけどね。
よっぽどスペックがクズだとか、操作性が最悪だとか、
本気で欲しいロンチソフトが無いとか、絶望的に値段が高いとかそういうことが無い限り。
とはいえ、ソフト面は3DSの件もあるから笑ってる場合じゃないんだけどね。


でさ。気になるのは「Wiiの次世代機」という意味だよ。

この「Wiiの次世代機」というのが、
「Wiiの次の任天堂据置ゲーム機」という意味なのか、
「Wiiの後に続くゲーム機」なのか。
ようはGC→Wiiみたいな大幅な変化なのか、DS→3DSみたいな地味な変化なのかってこと。

個人的には結構変わったとはいえ、
結局2画面操作という域を脱していない、3DSのような地味な変化よりも、
もっとドデカイ変化が欲しい。
贅沢な願いとはいえ、やっぱりGC→Wiiや、GBA→DSの進化っぷりには感動したよ。

結局的にさ。Wiiはもう完成しきってるんだよ。
モーションコントローラでブンブン振って遊ぶとか、体験型ゲームの時代とか。
一時は大ブームになったし、それまでに全く無かったゲーム性だから感動はしたけれども、
もうWiiも大分普及し、そういうゲームも普通になってきたじゃない。
実際もうWiiのゲームは任天堂ソフトですらあまり売れないというのに、
コレで新ゲーム機でも同じ路線を目指す、ってのは言葉悪いけどバカのやること。

そんなん売れるわけないじゃん。ホントに今の3DSの二の舞になるよ?

HD機で画質向上とか、そんなクソつまらんスペック向上なんてどーでもいいんだよ。
そういうのはSCEさんのお仕事。
任天堂はあくまでエンターテイメントに徹さなきゃいけないんだよ。
ブルーレイプレイヤーを搭載するという噂も聞くけど、
まぁ半分嬉しい気持ちもあるけど、やっぱり"ゲーム機"にはそういう機能はいらない。
そういうのはSCEさんのお仕事。


このWiiの次世代機。
どうなるか、どんな機能がつくのかは本当にさっぱり読めないけれども、
Wiiの互換は間違いなくつくでしょう。
ソレはついて然るべきだと思うけど、今のWiiでGCが出来るような感じに留めて欲しいわ。

なにやらこの次世代機のコントローラには液晶モニタが組み込まれるって噂があるけど、
そんなモニタ積んでなにやらかんやらってリモコンをブンブン振るて。
ブルートゥースの送信機でも付属させてWiiリモコンの互換に対応するって感じでええわ。

つか、この噂の新コントローラ
TV画面でやるゲームを外でもやれるように持ち運び云々~って言われてるけど、
据置ゲームを外でやってどうすんだろ。
そりゃ携帯ゲームはやりやすいよ。据置機と携帯機並べられたらやはり携帯機をとりますよ。
ワタシは性格上、据置機のゲームは長時間腰を据えてやりたい人だからさ。
据置は据置、携帯は携帯。
そういう住み分けは大事にしないといけないんじゃないかなぁ。




 まぁまだ何も発表されていない以上、この文句も全ては意味の無いことなんですがね。
 文句言ってるのも噂段階の話ばかりだし。
 本格的に発表されたら、この超絶任天堂信者のこと。
 たぶん喜ぶことしかしませんよって。よっぽどじゃなければ。

 何にせよ、あと1ヶ月強で業界が揺れる。それは間違いないね。
  1. 2011/04/26(火) 00:00:00|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春アニメ・雑感編(4/21~4/24)

はい、本日2回目の更新です。
ちょっと調べてみたら、前に2回更新をしたのは去年の11月でした。
そんなにしてなかったっすか。
まぁ平常どおりの夜20時ぐらいに更新した後、もう一本書く気力がないからなんだけどね。
そういう意味では2回更新なんてもう月曜ぐらいにしか出来ませんよって。
そもそも最近は2回更新するほどネタがないし。
まぁ今日はゲーマー、それもこの狂任天堂信者としては触れずにいられないネタが出来、
本気で3回更新しようかなと思いましたが、気力が持たないので明日にします。
明日他のネタが出来たら明日も2回更新ということで。

このアニメ週後半感想だけは、
怒涛の月曜アニメラッシュが始まるまでに更新しないといけないしさ。誰得?知るかいや。


SKET DANCE
 3話「伝説の鬼姫」
 ルミの棒読み声優が気になった。
 どこぞのアイドルが声あててたように記憶してるけど、ちゃんとした声優使えし。
 今はモブだから別にいいけど、ボッスンの過去編あたりとかどーすんの。


Aチャンネル
 3話「同級生」
 今話も大変ニヤニヤしました。
 「まどか」最終回放送前の緊張感はあったけれども、それでも楽しかったよ。
 
 徐々に新キャラも参戦してきて、磐石の出来になりそうで嬉しいですなぁ。
 にしても制作が一緒とはいえ、よくストウィネタやったなぁ~


星空に架かる橋
 2話「チーズの味はしないはず」
 「俺翼」とは違い、やっぱりキャラが見分けつくってのはひたすら重要だよね。
 まぁ物語の方向性はコチラもよく分からないけど、
 まだ男主人公が一人で、数いるヒロインズがみんな惚れていくんでしょう。
 ハーレムでもなんでも、やっぱりそういう分かりやすさってのは絶対的に必要だって。

 当分はヒロインズの紹介回になりそうだけど、
 3,4話で切り上げてそれぞれのパートをやってほしい所。
 とりあえず2話現在での"女の子での"好きなキャラは伊吹ちゃんかな。
 ツンデレ好きなんだもん。仕方ない。
 あぁ"全キャラで"好きなキャラは歩くんだよ。
 ショタコン?かわいいは正義だ!


神のみぞ知るセカイ2
 2話「一拳落着」
 楠先輩はかわいいし、デート?もまぁニヤニヤしたけど、
 後半のもう一人の自分との分裂戦闘はつまらなかったなぁ。

 エルシィという存在以外は平常な世界なのに、変にヒロインに能力持たせなくっていいって。
 そういうのはそれこそ強いのに可愛い、ツンデレ、ドジっ娘みたいな
 "属性"だけにしておいてほしかったわ。
 あと2人のヒロインにはそんな展開じゃないといいなぁ。
 
 次話からはハクア回ということで。
 なにやら大人気キャラのようだけど、どんなキャラなのやら。
 中の人は超好きだけどね(← 


まりあ†ほりっく あらいぶ
 3話「欲心のわななき」
 はよOP作れwwwww
 まどかの超絶クオリティを作ったシャフトならやれるって!
 
 本編は安定した面白さだけど、書くことは相変わらず無いという。
 化物となったかなこに笑ったとだけ。


そふてにっ
 3話「もーれつっ」
 ・・・自主規制何考えてるの?
 制作のペース配分は分からないけど、もう一月以上たってて、
 おそらく津波を連想させるからなんだけど、
 だったらもうちょっとマトモに作り直せよ。本気でただの放送事故だったぞ?

 内容も内容で、なんだかノリがおかしく、イミフ回でした。
 なんだろう。この1話にして一気に評価下がったわ。


TIGER&BUNNY
 4話「Fear is often greater than the danger.」
 他のヒーローにスポットを当てようのブルーローズ回
 彼女がヒーローをやっている理由、それちを取り巻く大人たちと、
 相変わらず安定した面白さだったかと。
 いやいや言いつつも結局やるってのはベタだけどいいよね

 次話はスカイハイ回ですか。早く牛角回と折紙回が見たいな~


DOG DAYS
 4話「突撃!姫様奪還戦!!」
 誘拐もほのぼのしてて緊張感ないってのも分からなくもないけど、
 現段階ではまだまだ導入と説明とキャラ回のようだし、
 別にバリバリやらなくてもいいかな~とは思うね。

 新キャラがまたドドッと出てきたけど、
 ほぼ全員を中の人で覚えてるのをどうにかしなくちゃなぁ。
 キャラ性は覚えられるけど、どーにも横文字の人名は覚えにくくてかなわん。


よんでますよ、アザゼルさん。
 3話「漢達の革命」
 まさか続いてくるとはwww
 今までの2話はテンポ良く進行してくれただけにちょっと驚いたわ。
 まぁ今回も大笑いしたけど。
 また中の人の話になるけど、よくもまぁココまでドピンポイントな配役してくるわwww

 サラマンダー中井さんも、アンダイン画伯もハマり役すぎるだろ!


戦国乙女~桃色パラドックス~
 3話「天空乙女」
 今川義元と左足を求めて桶狭間の戦いと。
 緑の服色から毛利元就にしか見えないけど、今川義元なのね。
 というか義元と一緒に徳川家康がいたけど、史実でもそうなのかな?
 ちょっとこの辺よく分からんわ。

 にしても桶狭間の戦いがレクリエーション大会になるとは思わなかったわ^^
 すごい平和な戦ですこと。
 なにやら暗躍しそうな家康と、史実どおりなら光秀もそうだし、
 その辺のこれからに期待ということで。


青の祓魔師
 2話「虚無界の門」
 最初の展開をまるで覚えてないんだけど、こんな展開だったっけ?
 とにかく「親父が死ぬ」ということしか覚えてなかったんで、
 改めて思い出したのは良かったけど・・・・
 それだけかな。

 毎度の如く書くけど、原作がアレなだけに、オリ展開になるまでなんとも微妙。




 ほい終了でっす。
 やっぱりこの後更新なんてする気力ないっすわ。
 そして次のアニメ感想はまだ未定ですが一応水曜予定で。
 今週ついに関西でも全てのアニメが揃うけど、
 ちょっとまだ配分バランス推し量ってる頃なんだよね。
  1. 2011/04/25(月) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年ジャンプ20・21号(11) 感想

昨日分の更新後もウトウトこそすれ、
一応起きてこうしてジャンプ感想に臨んでいるワケですが、まぁクソ眠いですよね。
毎度毎度眠い眠いと書いてばかりな気がしますが、
ちょっとした小旅行帰りでのこの地味な徹夜は堪える堪える。
ジャンプ読んでて寝そうになるとか結構重症だよ?寝なかったけれどもさ。
というか今書いてて気づいたけど、今週合併号なんだね。
合併号といえば2週空くからそれなりにどの漫画も盛り上げてくると思うんだけど、
あんまりそう感じた作品がなかったなぁ。
というかなんか全然読後感がスッキリしなかったというか。どうしてこうなった?


週刊少年ジャンプ20・21号
  表紙:集合 巻C:ワンピ CC:トリコ、ハイキュー、マジコ


・全般
 キャッチフレーズグランプリって、今更こんな微妙企画復活させんのかい。
 なんというか・・・誰得なんだろ。
 結局載ってる過去のキャッチフレーズもジャンプ誌面以外で使われてるの見たこと無いし、
 「キャッチフレーズ」としてどうなんかねぇ。
 つかどーせ今号の表紙で言う手前の連中に票が集まるんだろうなぁ。

 あと、地味に、すごく地味にこのキャッチフレーズグランプリのページに書いてあったんだけど、
 次々号、23号から新連載が始まるのね。
 まぁ前号で「動物園」が終わったから、そろそろ頃合とはいえ、
 今号は特に何も終わらなかったし、前回の4連新連載の件もあるし、まだかと思ってた。
 まぁ後の打ち切り候補筆頭はドイソルでしょうな。
 あと展開的に保健、ぬら孫といったところでしょうか。
 最近、ぬら孫がスクエアに移動って説をマジで信じるようになってきましたわ。

 新連載、今号や次号の読切を見るにようやく連載経験者に順番回ってきそうで嬉しいですな。
 目指せ松井&古味&叶の夢のトリプルコンボ!
 本気で来たら泣いて喜ぶ!
 でも結構リアルにありえると思うんだよね。そろそろいい加減にさ。


・ONE PIECE
 引き続き過去編ですけど、あんま書くことないなぁ・・・

 アーロンがシャークオンダーツで攻撃してたり、クロオビやチュウが活躍してたりしたのが、
 敵ながらちょっと感動した。

 今回の過去編は、オトヒメ王妃の死亡、フィッシャータイガーの死亡、
 ジンベエの七武海入りの真相、アーロン開放の真相、魚人島のポジション、コアラの今後
と、
 結構やることあるんだなぁ。
 コアラとか十中八九人間に殺されることになるんだろうけど、
 モブじゃなくて、名前付いてるような幼いキャラでの死者っていたっけか・・・?


・バクマン。
 今話読んで率直な感想。

 (・Д・)

 せっかくかっこよかった平丸さんと、輪をかけてゴミなあのデブまでは
 色んな意味で楽しめたのに、福田さんと亜城木参戦からイマイチになったなぁ。
 バカのサイコーはさておき、シュージンと福田さんとかもうホントほっとけよ・・・
 初めて福田組という存在がウザく感じたわ。
 
 何なの?このクソゴミクズ、準レギュラーになるの?誰得?



・トリコ
 文献があるとはいえ、えらいめんどくさい調理方法だな。スフィンクス。
 漫画的展開とはいえ、文献無かったらどうしたんだろね。
 にしても涙がメロウコーラとはいえ、
 あの化物2人にボコボコに泣かされるってなんか可哀想だなぁ・・・
 命までは奪わなくてよさそうだから、そういう意味では無限に供給出来そうだけれども。

 で、ヒキには率直に驚いたわ。コレどうすんのよ。
 メロウコーラ飲んだら生き返る、というか治癒能力でもある設定なのか?


・読切 ハイキュ-!! 古館春一
 いつぞやにNEXTか何かで載ったヤツ
の焼き直しですな。
 ほとんど設定は変わってない印象なんだけど、それでも"普通に"面白かったわ。
 読切で試してるってことはNEXTの評価が良く、連載に近いってコトなんだろうけど、
 それでも連載で盛り上がるとは思えないなぁ。
 スポーツ全般がダメってのもあるけど、バレーて。
 バレーボウラーに怒られそうだけど、地味くね?
 どーもバレー版黒子的な感じになりそうで嫌だわ。


・magico
 4連新連載の中で、唯一のカラー獲得きましたか^^
 フヒヒ。もう笑いが、ニヤケが止まりませんのぅ^ω^

 話はメインの儀式・沐浴へ。
 イチャイチャニヤニヤ混浴ラブコメに期待してたけど、
 想定とは違ったニヤニヤが出来たのでまぁ良しとしますか。
 マジメな話とはいえ、もうちょっとシオンに恥じらいというかデレが欲しかったけどね。

 そしてやってきた西方三賢者の一人・ゾディア
 いい具合に狂ってる人のようで、現段階では完全に敵として判別して良さそうですな。
 2体1(+ネコ)で戦力的にアレだけど、
 沐浴終わりのシオンが無双~って展開だけはヤメてほしいところ。

 
・enigme【エニグマ】
 タケマルさんがモリを逆再生で無効化し、
 クリスが平面化で持ち運びやすくさせ、
 ひいなサンがソレをで運ぶと。
 まぁそれぞれの才能をよく活かしてるけど、
 総合的に見ると祀木とひいなサンの力ってなくてもよかったような・・・・
 まぁ全員が全員の才能をフルに活かすってのは難しそうだけどね。

 そしていよいよしげるに才能の片鱗が見えたところで最後のパスへと。
 見た感じ、スミオ同様、予知的な印象を受けたけど、
 あえてカブせてくるのか全然違うものなのかどっちだろうね。
 コレばっかりは例によってヒントが無さすぎる。

 というか、本気でこの作品は短期完結を目指すのかね。
 どうなるかは分からないけど、個人的にはメンバーそのままでも変えてもいいから、
 第2第3のe-testをやってほしいんだけど・・・?


・めだかボックス
 才能、強さ、言葉、設定、心、と候補生5人がそれぞれ描かれてて、
 「五人中四人までが~」ってセリフでまぁ核心するわな。

 本気で五人とも安心院さんだったよwww

 コメントで予想を見て「それ面白いな」と思ったけど、本気でそうだったか~
 五人が五人とも超絶的個性を発揮してるだけに、
 全員安心院さんってのも違う意味で残念だけど、まぁ面白いからいいや^^
 これから生徒会メンバーを騙しつつ進行していくのかねぇ。




 というコトで今週分の感想でした。
 上述しましたが、合併号だってのにあんまり盛り上がらなかったよね。
 こんなに触れる作品数が少ないのとか久々な気がするわ。
 ん~そろそろホント、触りやすい新規タイトルが来て欲しいねぇ。
 マジコは好きだけど、結構触れにくいんだよね。
  1. 2011/04/25(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

埼【たま】

はい、ただいま。大阪ですよ。
帰ってきたのは18時前ですけど、ブログでも一応。

まぁ~疲れましたわ。

自分から志願して行ったとはいえ、やはり疲れた。
もう何もしたくないんですけど、しなきゃならないことが山積みなので、
また色々しなければならないという。

日曜日はアニメ感想後半分の更新日ですが、
「TIGER&BUNNY」「よんでますよ、アザゼルさん。」「変ゼミ」
「戦国乙女~桃色パラドックス~」「べるぜバブ」「トリコ」「ジュエルペット サンシャイン」
「青の祓魔師」
と、アホほど見れていないので、今日は出来ません。
明日の夜にでも2回更新でやろうかな。そのためには全部今日の深夜中に見なければ・・・
月曜はタダでさえアホみたいな量のアニメがあるってのにさらに積み重なったよ。


話戻して今回の叔母の葬儀目的の東京埼玉徒労について。

正直言うと、金→土で寝てなかったんですよ。
昼夜逆転生活なのもなくはないんですけど、長い時間乗る新幹線の中で寝られるようにー
と思って。

けども、新幹線では周りがうるさく邪魔が入り殆ど寝られなく、
まぁそれでもいいかと思って、時間が余ってたからちょっと観光をしよう、と
建設中の東京スカイツリーを見に行ったら大雨に見舞われ観光どころではなく、
ノーパソが入ったカバンとスーツを雨から守りつつ、
駅から斎場までを晴れたからって歩いてたらちょっと迷って40分ぐらい歩き回って、
で、葬儀、告別式と。

まぁどっと疲れましたよ。
日程が終わってからホテルに戻って昨日の更新と、
大人しく寝てればいいのに関東のチャンネルでアニメを見まくり、
結局寝たのは実は4時ぐらい。

そんでもって起きたのは7時で、
昨日分の散策やらなにやらで全身筋肉痛だわ、
葬儀ってコトで精神的に参ってるわ、
出される食事がしぬほど食う物がないやら、色々ありまして。

とても疲れました。
今日は昼前に解散となったんで、
どっか観光でもしようかなと当初は考えていたんですけど、
ここ最近の中でも一番ヤバいぐらいしんどかったので、
結局頑張って帰ったワケですな。
帰りの新幹線は爆睡してましたわ。乗り過ごさないかハラハラしたけど。


行ったのは良かったけどね。
お世話になったし、遊んでもらったし、時にはゲームの話もしたりした。
家族を除いた親戚の中では一番仲良かったからね。
"そういう時"は泣いたし。
ただ遠いからって理由で断るのは無粋だったから、行って、行けてよかった。


けども疲れた。
今日は早く寝ま・・・・・・せん。ジャンプ感想やるよ。
力尽きて倒れてたらやらないかもだけど。
つかそれよりも明日の日中、俺大丈夫かな・・・・

はい、スカイツリーね。
ツイッターで上げた写真以外はコレ1枚しか撮っていません。
この1枚だって分かりにくいけど、大雨の中撮ってるからね。
  1. 2011/04/24(日) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

埼玉にて

はい、只今埼玉の某ホテルの一室にてこれを書いております。
更新しないかと思った?
このネットジャンキーを舐めてもらっちゃ困る。
荷物にしながらも、ノートPCを持ってきてますよ。ぬかりなく。
もう既に1日ネットしないだけで禁断症状出るんだから仕方ない。

今回の東京というか関東上京の主目的である、
叔母の葬儀&告別式はさきほどぬかりなく終わりました。
親戚ですらあまり呼ばれていない式ではありましたが、ちゃんと私は参席しましたよ。
お世話になった以上、用事があるわけでもないのに欠席するわけにはいかないもの。
関東とかそんなの関係ない。海外だったらさすがに考えるけれどもね。
明日は明日でまた色々あるけど、しっかりと見送りますわ。

まぁ今回の旅についてはまた後日、月曜の2回目更新ででも触れましょうかね。
あぁ明日でもいいな。

で、まぁ葬儀に来ておいてなんですが、
ホテルのTVつけたらさ。
見れる!テレ玉が!TOKYO-MXが!
まぁ土曜深夜は関西でこそアニメシャワーなんつー大規模アニメ枠がありますが、
関東ではさほどでもないようで。
けどもけども「DOG DAYS」が最速で見れるんですけど。
アニメ実況出来るんですけど。
「TIGER&BUNNY」もTVでは見られないけど、ユーストリームで見れるんですけど!

・・・まぁ疲労と睡眠不足により、今ものごっつ眠いんですけど、
起きてたら実況しようとは思います。
まぁタイバニはPC経由だから実況出来ないんだけどね。

そいでは。
起きてたらCKCも更新していくかもしれませ~ん
  1. 2011/04/23(土) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔法少女まどか☆マギカ

「魔法少女まどか☆マギカ」

MBS・毎日放送で4月22日午前2時40分より2話に渡って放送され、
無事完結と相成りました。

地震の影響で3月10日の第10話放送以来一月以上放送が延期され
その間ワタシを含めたファンたちはあれやこれやと考察したり、
二次創作に勤しんだり、魔女文字を解読できるようになったり、
売上どーこーを差し置いて文字通り冬アニメの覇権となりました。


そんな放送日の日付的には今日。
前番組の「Aチャンネル」「Dororonえん魔くん メ~ラめら」も一応視聴はし、
TOP画面ではいつも通りの実況をしていましたが、
なんだか身が入らず、そして放送へと。

第10話「もう誰にも頼らない」は通してほむらのタイムループの真相を追うものであり、
それはそれは伝説に残るまさに「神回」でした。
神回なんて言葉じゃ言い表せないほどの作品としてのクオリティに
ただただ満足で、本当に素晴らしかった。


そんな神回を越えた神回に続く第11話「最後に残った道しるべ」

憎むべきキュゥべえから、まどかがループごとに魔力を高めていたのは、
回りまわってほむらのループによる平行世界の力が集まっていた
とか。
契約時の願いの強さ・重さによって変わるかと思ってたけど、
良くも悪くも、現ループでの全ての事象はほむらによって起因してたんだねぇ・・・・

ここまで延期の原因になったのは恐らくワルプルギスの夜の到来による、
壊滅描写及び避難描写
あたりがひっかかったんでしょうなぁ。
こんなリアルタイムで起こってることをアニメには出来ないわ。
むしろ今日でもよく頑張って放送に踏み切ったもんだ。

ほむら対ワルプルギスは良かったね。
正直、ワルプルギスを倒せるなんて粉微塵も思ってなかったけど、
それでも、今を守るため、まどかを守るために恐るべき量の武器を使ったのは痺れた。
ロケットランチャーを地面に立てて並べる辺り、
ちょっとマミのリスペクトというか何というかがあったんだろうなぁ・・・

そんでソレを感じ取ったまどかが、ついに決意を固めて・・・と。
展開上ココでまどかが行かないわけにはいかないんだけれども、
それでも、それでもほむらの気持ちも考えるに、行ってほしくはなかったよね。
まどかママもソレを感じ取ったものの、
あそこまで意思の強い目をされたらとめないわけには行かないわな・・・

そしてヒキで、まどかがキュゥべえと契約ーと。

ココまでが11話のワケですが、
まぁ~こんなヒキで次話は来週へ~なんて展開は地獄ですな。
生殺しにも程がある。
待たされたことには待たされたけど、
こんな超絶的なヒキで持ち越されたら、コッチの精神もどうにかなっちまうわ。



さて、第12話・最終回「わたしの、最高の友達」

まどかの魔法少女になるその願いは「全ての魔女を消す」ということで。
過去の魔女も未来の魔女も、目の前にいる魔女も全てを消すという。
物語を落とすためには、魔女の存在を根本的に滅さなければならないから、
選択肢としては全然ありな願いですわな。

この願いにより自分が魔法少女になっても、魔女になることはないし、
現在進行形で魔女になりそうな魔法少女も、
普通の魔法少女も、これから魔法少女になる子も全てが救われる。
しかも、インキュベーターたちの目的である絶望のエネルギーについても、
事象の根本を変えるということで、まさにコレ以上ないうってつけの願いですな。

正直、1回見た限りではこの辺りの展開についていけなかったけど、
2回、3回と見直すうちに理解できるようになって、
勤めを終えた魔法少女や、文字通り神という概念になったまどか
時間輪廻から開放されるほむらに救われる世界、宇宙。
本当に、このまどかの願いというのは全てが解決する願いなんですなぁ。

まどかが「まどか」としていなくなることを除いては。

正直、ワタシは最後の最後まで、
魔法少女5人が、まどか、ほむら、さやか、マミ、杏子の5人が揃って、
ワルプルギスの夜を倒して、魔女になる運命に抗いつつも、今を生きていくー

みたいなストーリーを期待してたんですよ。
とにかく、5人が揃って戦う姿が見たくて見たくて。

結果的にソレは叶うことは無く、宇宙が、概念が改変された世界でも、
神となったまどかと、上条のためには死ぬ運命から逃れられないさやかの2人が
戻ってくることはなかった
ワケだけど、
さやかはその辺りの感情については補完されてたし、幸せだったでしょう。
結局最後までワタシは仁美を許すことは出来ないけれども。
彼女は何も悪くないよ。上条だって悪くないよ。誰も悪くないよ。それでも許せないんだよ。

魔女と言う存在はなくなったけど、
人々の呪いの権化は消えることなく、魔獣として現れ、
それを再び魔法少女となったほむら、マミ、杏子が倒すワケだけれども、
やっぱりねぇ。5人が揃うところが見たかった。
まどかの意思を引き継ぎ、武器を弓に変えてたのはすごく感動したけどさ。

なにやら脚本の虚渕さんが手がけた他の作品と比べると、
結構比較的ハッピーエンドになってるようだけど、
やっぱり個人的には「ハッピーエンド」とは言いたくないんだよね。
話の落としどころとしては上述の通り、とても上手くまとまってるんだけど、
本人がそう望んだとはいえまどかが改変された世界に概念として存在はしているものの、
実質的に存在していないというのが切なすぎる。

そういう人のために、ほむらが一人だけまどかのことを覚えてるし、
まどかの弟も感覚的に"知っている"けど、
やはり皆が笑って終わるENDってのが良かった感はあるわ。



長々と書いてきましたが、コレにて「魔法少女まどか☆マギカ」は終了ということで。
最後の魔女文字もエイプリルフール企画で鍛えられたワタシは即行解読しましたよ。
某2ちゃんの実況よりも前に解析したのは証明こそ出来ないけど、嬉しいものです。

あの最後の魔女文字は
「PUELLA MAGI MADOKA MAGICA」 「OSHIMAI」
「魔法少女まどかマギカ」 「おしまい」


ということで、劇場版だの2期だのを連想させるものでは無かったワケで。
このアニメもね。
「絶対に続編はやってはいけない作品」ですよ。

昨今の殆どのアニメは人気原作なのもあってか、
ドレもコレも2期があって然るべきみたいな風潮があり、
実際ワタシも続編を楽しみにしている作品は数多くありますが、
オリジナル作品の2期というのはあまり聞いたことないけど、
「まどか」をコレ以上続けるのはありえない。
というかコレ以上何を描くって言うんですか。
魔獣と戦う魔法少女たち? はっ、バカじゃないか、と。

現在漫画で連載中のスピンオフ「かずみマギカ」「おりこマギカ」とかみたいな、
他の魔法少女を描くーとかなら全然否定しない。
もしくは、「まどかマギカ」の完全別軸で水着回だのアホ回だのをやるのも、
ある種面白いかもしれない。
けども、「まどかマギカ」の続編をやるのはいただけない。
もうあの後の後日談すらいらないわ。BD/DVD最終巻の特典とかそういうのでのね。
もう「魔法少女まどか☆マギカ」はこの全12話で終わりで良いよ。


当初はね。
コレ何度も書いてきたけど、「ひだまりスケッチ」好きからの、
原作者蒼樹うめ先生がキャラデザするということ"だけ"に惹かれて視聴したワケですが、
まぁ~気持ち悪いイヌカレー空間に、書かずには入られない伝説の3話のトラウマ
おおよそ考えられない世界観設定に、魔法少女を絶望させるというドヘビーな展開、
次々と主要キャラは死んでいき、真実を紡ぐ謎の解明、そして今回の11,12話。

いつの間にやらすっかりこの世界に魅了されていましたな。
本当に重苦しい展開が続いていたけど、
3話ほど絶望し、気が狂いそうになったのはアニメを見ていても初めてでしたわ。
少年誌モノ、グロ、エロ、ギャグ、ラブコメ、女性向け、女児向け、
色んなアニメを見ていますが、あれほどまでに衝撃を受けたのは本当に初めてだった。

本気で展開に耐え切れなくて視聴切りを一瞬考えたけど、
やはり最後まで通してみて、素直に、ただ素直に良かったわ。

面白かった。

納得できないことは色々な意味であるけれども、

「魔法少女まどか☆マギカ」

間違いなく、伝説に残る、素晴らしいアニメだったと胸を張って言えますわ。
ありがとう。スタッフの皆さん。
このアニメに出会わせてくれてありがとうございました!


最終評価
「魔法少女まどか☆マギカ」★★★★★

5ツ星だけど、5ツ星じゃない。5ツ星どころでは収まらない。




 はい、本当は夜に更新予定だったんですが、
 熱が冷めないうちに書いてしまいたくて書いちゃいました。
 まさか一つのアニメ感想で、ココまで書けるとは思っていませんでしたわ。
 それほどまでに「まどか」はすごかったんだから仕方ない。

 今日夜の更新は・・・たぶんしないと思います。ネタないし。
  1. 2011/04/22(金) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春アニメ・雑感編(4/18~4/20)

いよいよ今夜ですね。「魔法少女まどか☆マギカ」最終話放送。
先日の放映日決定から大騒ぎされ、ついに今日、いよいよ、あの物語に幕が下りるという。
冬アニメ総括編でも触れたけど、やはり冬の文字通り覇権だった作品だけに、
ひたすらに、ただひたすらに期待しかないですわ。
何やら色々内容、エンディングについて妄想されていますが、
どんな現実になろうとも、10話まであんな超クオリティでやってくれたんだから、
よほどのことが無い限り大ポカなんてことはないでしょう。
今日は「まどか」の前に「Aチャンネル」「Dororonえん魔くんメ~ラめら」があるけど、
それが至極どうでもよくなるほどに、今夜の放送には期待しています。
本気で正座で見るわ。それほどまでに「まどか」は凄いもの。


そんなまどか最終回に思い馳せつつ、今週前半のアニメ感想でっす。

日常
 3話「日常の9」「田中」「日常の10」「日常の11」「日常の12」「わら」「わら2」「日常の13」
 今話も安定して面白かったわ。
 例によってシュールギャグパートは・・・だけど、
 学校編のも研究所編のギャグも大筋面白いしね。
 変に共感できる笑いもあったりして、ついつい何度も見ちゃうわ^^


アスタロッテのおもちゃ!
 2話「初めてのセミコロン」
 どーも話の方向性が見えないんだよね。
 まぁ最終的な方向としては、男主人公とイチャイチャすることなんだろうけど、
 その方向性があるとしても、あと10話前後このままグダグダツンデレだけ発揮されてもねぇ。
 ロッテが心開いてない以上、あと数話はこういう感じの展開になるんだろうけど、
 飽きさせない何かが欲しいところ。
 

花咲くいろは
 3話「ホビロン」
 まぁ~色々ツっこみたいところはあるけど、今話も面白かったですな。
 
 ちょっと緊縛だのあざといエロがあったけど、まぁあくまで妄想段階だったんで、
 今後そういう方向にシフト・・・・はしないよね?
 別にエロがいらないってワケじゃないけど、話の雰囲気にあわないしさ。
 
 次話は学校パート突入のようで。
 旅館パートとは違った人間関係の構築に期待。


逆境無頼カイジ 破戒録篇
2話「勝負の鉄則」
 チンチロリンの説明回と導入
 けども、話の緩急、ギャンブルというもの、やっぱり負けるカイジと、
 終始楽しめたね。
 
 ルール説明聞いた段階では結構フェアな勝負っぽいけど、
 イカサマとかそういう展開もありえるのかね。
 ドコでどんだけ張るかの自分との戦いだけになるとは思えないんだけど・・・?


ユルアニ?
 元気!!江古田ちゃん
  1話「江古田ちゃんご紹介」
 汐留ケーブルテレビ 1話「報道の自由」 
 ハトのおよめさん 1話「お嫁においで」
 ほんとにあった!霊媒先生 1話「木林呪理、現る。」
 週刊シマコー 1話「南極」
 プ~ねこ
 え~・・・大変申し訳ありません。
 アニオタを自負しておきながら大変申し訳ないんですけれども、1話切りです。
 3話まで見るのが礼儀!(キリッ
 とか言ってますけど、コレをあと2話、計1時間も見なきゃいけないというのは地獄です。

 こんだけ短編集めてたら一つや二つ笑えるのもあろーもんに、
 全然笑えなかったんだもん。
肝心の内容もシュールを通り越したシュールだし
 かろうじて「ハトのおよめさん」の若林の音痴採用には笑ったけど、それだけだしねぇ・・・
 
 「コレは酷い」の真髄を見ました。日テレバカでしょ。
 悪いけど、コレを作ってるスタッフにマジで同情するわ。


デッドマン・ワンダーランド
 1話「死刑囚」
 期待編でのAチャン、シュタゲに次ぐ期待作でしたが、
 いい感じにダークってて結構好みですわ。
 
 何かある東京、レチッド・エッグの怪人、クラス壊滅、何故ガンタだけ生き残ったのか、
 何故ガンタが捕まらねばならないのか、シロは何者なのか、ガンタの能力は。

 
 色々分からないことは山積みだけど、物語が進むにつれて消化していってくれるだろうし、
 ダークファンタジー?のグロってのも好きなジャンルだし、今後に期待ですな。
 次話のキャンディ食べないと死ぬーってルールもかなり好み。
 俺はね。サバイバルサスペンスが大好きなの。



 1話「COMPLICATION」
 「金」というワードしか知らないで視聴に望んだけど、
 自分の未来を担保に、その金を数値化して、召喚獣と戦うーってコトでいいのかな?

 もっと株とかそういうまさにマネーゲームを想定していただけに、
 ガチなマネーバトルというのはかなり驚いたけど、
 ゲームの敗者には死が与えられるみたいだし、緊張感は結構あるかな。


 まだゲームルールがよくわかんないだけに、なんとも難しいけど、
 金を持つことの汚さとかそういうのも描かれたりするのかなぁ。
 まぁデッドマンでも書いたけど、こういうダークなジャンルは好きなので、
 これまた今後の展開に期待と言うことで。



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
 1話「超平和バスターズ」
 関東組からやたら絶賛されていただけに、
 そういう意味では「そこまで?」という印象はあるけど、
 素直に「いいアニメ」ですわ。

 めんまが死んでる以上、絶対的なハッピーエンドにはならないけど、
 じんたんだけでなく、他の4人にもめんまが見えるようになって、
 最後にめんまの願いを叶えて成仏ーって流れでいいから、
 とにかく「いい終わり方」に期待したい所。
 成長とともに変わってしまった幼馴染たちとひきこもり。
 離れ離れの仲間たちがまた、あの頃に戻れたらいいね・・・

 あとEDの「secret base」は確かに反則だわ。
 泣きはしなかったけど、間違いなく名曲。鳥肌立ったもの。


Steins;Gate
 3話「並列過程のパラノイア」
 定型文:なるほどわからん。

 とりあえずクリスが正式にラボメンになり、
 ゲルバナ及び電話レンジ(仮)の解析に徹するみたいで。

 SERNだの、ブラックホールだの、IBNだの色々物理的科学的化学的要因が、
 色々混在してるみたい
で、1回見ただけじゃちょっと脳が追いつかないわ。
 とりあえずオカリンが作った?あの電話レンジ(仮)が超すごいというのは分かった。


俺たちに翼はない
 3話「小鳩さんは可愛いなあ」
 「ユルアニ?」は無念の1話切りと相成りましたが、
 今作はちゃんと頑張って3話まで見た上で。

 さようなら と。

 だってさぁ。
 まぁ覚える気ないんだけど、3話まで見ても誰一人としてキャラの判別つかなかったんだもん。
 女性陣ならいざしらず、変わりまくる男主人公たちすら覚えられなかったわ。
 オムニバスとはいえ、コッチの整理が出来てないウチにパートが変わり変わりするもんだから、
 ついていけるわけもねーべ。


 そんで、この物語が結局何を目指しているのか、この物語は何なのかもさっぱり見えないし、
 今話に至ってはおおよそ関係ないだろう不良同士の抗争なんつー意味不明なパートあるし、
 ついていけないにも程がある。

 というワケで視聴切りです。おめでとうございます。ありがとうございました。




 以上。
 週前半分で結局2本削られ、後半は削られず、と。
 来週分でやっとこさ「アリア」「電波女」が参戦してくるけど、
 水曜に見るアニメがなくなったから、
 水曜にやろうが木曜にやろうが関係なくなっちゃたんだよね。
 曜日的バランスを鑑みるに、水曜に週前半感想をシフトしてもいいかもね。
 まぁこの辺は来週ということで。

 明日はまどか11、12話の感想で、
 日曜には木金土日のアニメ感想をしようかと・・・・・
 って土曜に東京行くんでした。
 ・・・・・まぁ・・・・・・・どうするか分からん!
  1. 2011/04/21(木) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

億【おく】

久々に、更新時点でものごっつ眠いです。
思えば今日は朝起きてからずっとこんな体調だったように思いますわ。
さっき飯作ってるときは問題なかったんだけど、
飯食い終わって巡回してたらまたぶり返してきまして。
そんなわけでテンションが上がらず、またタイトル決めにものすごく時間がかかりまして。
この一文字タイトルのスランプを解消してくれ・・・
まぁ最近一文字タイトルつけるのをサボりまくってるから自業自得なんだけどね。
こんな話、つい最近もした気がするな。もう色々感覚鈍ってるわ。


で、今日の更新ですが・・・
まぁネタないよね。

ネタ無い時の救済策、アニメ関係も特にめぼしいネタないし。
明日更新予定の今週前半分のアニメ感想やってもいいんだけど、
眠くてあんなに密度の濃い更新は出来ないし。

アニメ感触編と魅力編が早くやりたいなぁ・・・
まだ1週間以上あるのか・・・

ホントウチのブログもすっかりアニメに毒されてますなぁ。
アニメ以外毎日盛り上がってる話題ねーんだもん。
まぁそんなネタ不足もこれから週末にさしかかるということで、
少なくとも月曜日まではたぶんネタあるので、ご了承を。

思えば月木日で連載してるから、普通更新は4日しかないんだよなぁ。
そのフリーの4日間もまともに更新してないんだけれどもね。


あぁそうそう、昨日更新で触れた東京行きの件ですが、
いまだに連絡ない時点で、少なくとも明日ってことはなさそうです。
まぁ例え今日のド深夜に連絡あっても対応できる動きは出来るけどね。
幸いにも今日は水曜日。寝る時間もアホほどありますよって。



 てことで今日は以上。明日はアニメ感想前半分
 気が向いたらもう一本やるかもしれませんが、まぁ十中八九ないでしょうな。
 アレ、ちょっと待て。金曜まどか感想じゃねーか。
 じゃあこのもう一本の件は土曜にでも。
 この「もう一本」は今日は触れられないけど、明日には触れられるんだよ。
 言ってる意味がわかったら天才。
  1. 2011/04/20(水) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事前報告

今日の天気は何だったんですか。
深夜何時だか知らないけど豪雨の音で目が覚め、本格的に起きると小雨に。
昼にはカンカン晴れになり、夕方にまた雨、そんで今は・・・たぶん降ってない。
どういうこった。
幸いにも外にいた時に大雨に見舞われることはなかったけど、すげー酷い天気だったよ?
つか最近雨多くね?ここ数日洗濯物をマトモに外に干してないんだけど。
風呂場の乾燥機でもう2週間ぐらいずっとまわしてるんだけど。
干すスペース狭いんだけど。乾き遅いんだけど。取り込みにくいんだけど。
ちょっと洗濯周期ズラせば結構いい晴れっぷりだからズラそうかなぁ。
よりにもよって洗濯物干す日に限って天気悪くならなくてもいいじゃないの・・・


さて、今日の更新は事前報告を。


近々、東京に行ってきます。

親戚に不幸がありまして。


3親等の親戚、というか叔母なんですけど、とても仲良かったんですよ。
仲良かったって言っても、年が近いというワケではなく、
20歳ほど離れてるんだけど、まぁ~仲良くて友達のように接していまして。

かなりショックでした。

最近は身体の調子が芳しくなかったらしく、「やばい」とは聞かされてたんですけど、
まさか本当にとはね。
詳しいことは書けないけど、本気ですごかったらしい。何がかは書かないけど。
おおよそ普通の人生を送ってて経験できないことも経験してたようだし。

最近は長期休暇になっても会いに行く~なんてことはなく、
最後に会ったのは・・・去年ぐらいかな?
ブログの更新で確かめたら2008年11月29日でした。たぶん。そんな前か。


色々思い返してみれば、この叔母の結婚式が人生最初の結婚式だったんですよね。
まぁ最初つってもまだ2回しか行った事ないんだけど。
小学校に入るかは入らないかってぐらいで、料理にハエが乗って泣いた事件ね。
忘れられないわ。


さきほど親から電話かかってきて「行く?」「無理なら行かなくてもいいけど?」
とは言われたものの、やはり行かないわけにはいかないでしょう。
東京だろうがなんだろうが関係ない、アニメがあろうが関係ない。
行かないもとい、行けない理由がない以上、行かないわけないでしょう。

そんなワケで近々東京に行ってきます。
まだ何も決まってないらしいので、日程どーこーは分かりません。


思えばもう親戚の不幸って何回目だろう・・・
ワタシがおっさんになるってことは、当然ワタシより上の人たちはより年をとってるんだよなぁ・・・
これからもっと見送る機会が多くなるのか・・・
  1. 2011/04/19(火) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年ジャンプ19号(11) 感想

今週は起きてました。
むしろ先週寝過ごしてたことの方がよっぽど異常事態だったということで、
今週はちゃんとド深夜の真っ暗闇の寒空の下、
いつもの馴染みのコンビニの店員さんからジャンプを買ってきましてこの更新
と。
最近は寝るのが大分早くなってきてるとは言え、日曜に寝溜めしたのでそう眠くもなくと。
いい傾向なのかよくない傾向なのか・・・・まぁ後者でしょうな。

さて、また無駄にスペース稼いだところで、今週のジャンプ感想ですよっと。


週刊少年ジャンプ19号
  表紙:ナルト 巻C:べるぜ CC:なし


表紙がさ。
パッと見掲載マンガのラインナップかと思ったら掲載順そのまんまなのね。
なんというか・・・こういう演出はどうなんだろ。すご角が立ちそうだわ~


・ONE PIECE
 扉絵誰だよ!
 2年の歳月で人はこうも変わるものだろうか。タマネギとか本気で誰か分からんがな!

 本編は一貫して魚人島の過去話ということで。
 やたらマツゲが濃い穏健派のオトヒメ王妃と、
 まだ青かった頃のジンベエ、アーロンなどの過激派の衝突ということで。

 まぁオトヒメ王妃の言わんとすることも分かるけど、
 やっぱり人間サイドからしたらダメでしょうな。天竜人の威光によるものもあるけど、
 殆どの人が受け入れない現実ってのはどうしたってあるわな。
 この魚人島編は人種差別が一つのテーマだけど、
 ルフィたちの活躍によってその道が開けたり・・・・するとは思いにくいなぁ。
 魚人サイドは意識改革出来そうだけど、やっぱり人間サイドが・・・
 これからどういう方向に話が進むのかわからないけど、
 えらい重苦しい過去編になりそうだ


・バクマン。
 それなりに見せ場があったキャラを、ここまでクズに出来るってすごいね。

 前半擁護派だった福田さんでさえ、ついに見切りをつけたってのに、
 いまだにあのゴミクズ野郎に戻ってきて欲しいとか、サイコーヌルすぎるわ。
 同じ絵描きだろうがなんだろうが、もう人として終わりすぎてる。
 でもって、ヒキの平丸さん登場には感動したね。
 過激な肉弾戦になるとは思えない二人だけど、もう平丸さん殺っていいよ。
 そういう漫画じゃないけど、このクソムシには今後漫画に関わるどころか、
 1コマたりとも映っていて欲しくないし。 

 というかここまで下衆に描かれてて、それでもこのゴミを庇うのとかねーわ。


・magico
 またえらい魔法のバリエーション出てきたな。
 天才のシオンは良いとしても、ルーの拳魔法もえらい汎用性だな。
 ヒキの展開的にも仲間入りはほぼ確定のようだし、
 エマの母属性もニヤニヤするしいいんじゃないでしょうかね。
 
 麓の村が隠してることや、西方三賢者の一人が出てきたりと、
 ただ単純に沐浴するだけじゃダメそうだけど、ルナとエキドナを巡って何が起こるのやら^^


・トリコ
 メロウコーラがスフィンクスの体内ーってのは予想してたけど、 
 ソレが特殊調理による涙だったとは
 なるほど。だからあのカロリー摂取の餌となってた連中にも、
 美味いヤツと美味くないヤツがいたのね。
 メロウコーラの個体差とか、種族間の差ってよりも確かにパッと来るわ。
 四天王二人でも苦戦する化物にどう涙を流させるのかね。
 GTロボのモデルも動き出したし、まだまだ気になりますなぁ。


・黒子のバスケ
 引っ張りに引っ張りまくった赤司が、
 非常に冷徹なキャラだったことがちょっとショックだわ

 もっと人徳者なキャラかと思ってたのに。
 こんな性格してるのに他の連中には好まれてるのね。
 なんや色々イメージ変わったなぁ。
 そんで紫原のキャラが奪われた感が酷ぇ


・enigme【エニグマ】
 色々あったけど、ついに8人の気持ちが揃ったということで。
 もっと色々イザコザあるかと思ったけど、
 クリスの事件意外は特に内部崩壊とか無かったんだなぁ。
 こういうのは2グループに離反するけど、結局ーって方がベタだと思うんだけどねぇ。

 で、6つ目のパスワードはなにやらすごい部屋で、全員の才能を結集させるみたいで。
 予知、透視、三次減算、憑依と済ませて、
 あとは第3の手、2次元化、逆再生か。
 ひいなサンのはすごく汎用性効きそうだけど、あとの2つ、この場面でどう使うんだよ・・
 そしてまだ見ぬしげるの才能もあるし。
 つかこういうのって、普通最後のパスワードでやるんじゃ・・・?


・銀魂
 新八の百々さんに俺も血吐いたわ。

 女神百々様万歳ィ!!


・めだかボックス
 おいおいおいおいめだかちゃんが戦うんじゃなくて後継者を育てて対策すんのかよ。
 斜め上にも程があるぞ!
 つくづくジャンプシステムというものをへし折ってくれるなぁ^^

 またその選定方法も酷いわw
 残った5人は確かにモブではないわな。
 見開き真ん中の娘だけすごく平凡だけど、まぁ可愛いからいいんじゃないかな(← 

 紛れ込んだ安心院さんを解明しつつ、後継者を育てる展開なのかね。
 全く先が読めん!


・ぬらりひょんの孫
 鯉半と総大将がごっちゃになって人間関係よく間違えるわ。
 雪麗はそういや乳母でもあるから、鯉半よりポジ的に上なのか・・・・

 話は山ン本に繋がってる幕府の「上」まで絡んでくるようだけど、
 最終的なボスは山ン本ってコトでいいんだよね。
 コレ以上上の存在がいてもアレなんだけど。


・最終回 逢魔ヶ刻動物園
 終わったし。
 まさか先週のあのヒキで終わるとは思って無かったわ。
 そりゃ近いうちに終わるのは誰の目にも明らかだったけど、
 また新連載のスパン考えても時間あるのに、どうしてこの時期になったんだか。
 前クールの打ち切りレースからさっぱり態勢読めなくなったなぁ。
 今週動物園が終わっても、最低もう一つは終わるだろうに、
 下位作品で終わりそうな漫画も無いしなぁ・・・
 展開だけで言うならナルトとかエニグマとか終わりそうだけどね。

 話は園長が動物たちの力を得てパワーアップ
 本気でキサゾーのゾウのモチーフがドコにあるのか探したわ。
 ゾウって言ったら鼻だろうに、牙を採用してきやがった!
 話の落としどころ的には、人間たちも頑張って、結局敵も皆仲間にーと、
 美しく落ちたのは良かったね。

 けどやっぱり水族館編、サーカス編と、動物園から出まくってたのがアレだったかなぁ。
 動物同士の特性を活かしたバトルってのは面白かったし、
 登場するキャラたちも非常に魅力的だったけど、結局動物園再興とは何だったのかとか、
 水族館/サーカスに行ってない動物たちは全然目だってないし、
 もうちょっと動物園再興ってメインテーマを動かして欲しかったかなぁ。




 んな感じで今週分でした。
 次号は合併号のようで。地震の影響とはいえ、
 最近2週空いたばっかりでまた2週空くのか・・・
 そういえば世間はもうゴールデンウイークなのね。
 代替誌としてNEXTあるけど、岩代先生の読切ぐらいしか期待するもんが・・・
 新人たちも聞いた名前はいないわ、1カットの画もなんだかアレだし。
 「科学と破壊と連続殺人犯」はタイトルだけで期待してるけどね。
 そろそろ、また"あの人たち"の読切でも連載でもいいから読みたいなぁ・・・
 
  1. 2011/04/18(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011年春アニメ・雑感編(4/14~4/17)

あ~・・・また前書き特に無いので、サクサク今週後半分のアニメ感想でっす。
最近本ネタはあるのにあんま前書きネタがないんだよね。
サクッを触れられるどーでもいい話題ってヤツ。まぁたまにどーでもよくない話もしてるけど。
今日とか特に何をしたわけでもないし、ネタがないのもしゃあない。
                                          
                                          
                                          
SKET DANCE
 2話「ペパーミント侍」2.5話「エイプ・エスケイプ」
 ・・・内容自体は原作に忠実すぎるぐらい忠実だから別段文句はないんだけど、
 要所要所に入ってくる、吹き出しが非常にうっとうしい。
 ロマンに備えての漫画的演出ってことなのかね。
 やっぱ漫画は漫画の演出、アニメはアニメの演出って住み分けは大事だわ。


Aチャンネル
 2話「雨の日はお風呂」
 2話にして原作2巻のネタをぶっこんできたけど、
 コレはシャッフルってことでいいのかね。
 別にオリジナルやるなと、まだ具体的に見てない以上言わないけど、
 ちょっとこの辺不安になるわ。

 今回の内容については・・・まぁ書くこと無いよね。
 とりあえず原作信者としては満足でした。
 相変わらずキャラたちが動いて喋ってるだけで頬が緩む緩む^^
 あざとい風呂要素は・・・まぁサービスって意味で良かったんじゃね?
 

星空に架かる橋
 1話「クマなら、ここで終わってた」
 視聴切り候補筆頭の「俺翼」と同様、エロゲー原作とのことで。
 「ヨスガノソラ」のようにガッツリエロ路線で行くのか、
 「祝福のカンパネラ」のようにライトなアニメ路線で行くのかに注目してたけど、
 今作は後者みたいですな。俺翼は・・・どっちでもない・・・か?

 話は、主人公が田舎へ引越し、そこの女の子たちと~というギャルゲ的感じなようで。
 こけてラッキースケベかと思ったらいきなりキスしたり
 舞台が温泉旅館ってことで、そういう微エロ要素もあったりするのかな?
 まぁ無難に面白かったので、視聴は継続する方向で。
 
 誰がお気に入りってどうしたって弟だわな。あの子可愛すぎるだろ!


神のみぞ知るセカイ2
 1話「一花繚乱」
 1期はもちろん見ていましたよ。けど原作は未読なので、また新鮮な気持ちで望めますわ。
 かといって、今回も各ヒロインを攻略していく本筋は変わらないようで。
 強いけど可愛いもの好きな先輩、クラスメート、教育実習生ってコトだけど、
 1期とはまた毛色が違うヒロインたちっぽいけど、
 そこらへんと区別して進行して欲しいね。
 生徒じゃない上に、年上を攻略するという教育実習生編には期待してるわ。

 まぁ今回及び次回の春日楠もかわいいけど、ツンデレ好きなんだもん。
 とはいえ、別魂?か何かの別意識って設定はどうかと思ったけど。
 カノンとかもそうだったけど、変にヒロインに能力持たさなくても・・・


まりあ†ほりっく あらいぶ
 2話「いけない遊び」「秘密の接待」「羞恥の報酬」
 OPはいつ放送されるんだよw
 流れで聞いた新OPの酷い電波っぷりにワクワクしてるってのに・・・・

 話は・・・まぁ普通に面白かったけど、ギャグの宿命。書くことが無い。
 鼎神父の天丼ネタとか笑ったけどね。


そふてにっ
 2「ぱつきんっ」
 前半は黒髪ツインテ当番回ということで。
 顧問の先生が実は天才だったこととあわせて、
 いいキャラ掘り下げ回だったんじゃないでしょうか。
 今の所、なんだかんだでこの娘が一番マトモそうではあるし。
 後半は新キャラ・エリザベスが参戦してきてー、と。
 軟式テニス初心者ってコトで視聴者とともに成長していくキャラになるのかな?

 2話にして主要人物の粗方の紹介終わっちゃったけど、
 この先どういう方向に話が進むのかね。
 ギャグを交えつつやっていくのは分かるけど、大会とかライバル校とか出てくんのかね。
 これ以上のメインキャラ増加には期待できそうにないけど・・・


TIGER&BUNNY
 3話「Many a true world is spoken in jest.」
 コッチは良くも悪くも王道過ぎて言うことが無いというか。
 面白いことには面白いんだけど、目だった面白さがないんだよね。
 拾ってきたら、オリガミの見切れがおいしいとか、牛角は出てくるだけで笑うとかあるけど、
 今話もタイガー&バニーのコンビ物語だったし。
 次話からは他のヒーローたちにスポットが当たる見たいだけど、ソッチに期待しようかね。


DOG DAYS
 3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」
 この世界観にすっかりハマったわ^^
 今話は説明回だったけど、魔物だの土地神だの今後に関わってきそうな設定も見られたし、
 結局ヌッルヌルな戦興行、結構ぶっこんでくるギャグも面白いし、
 キャラもなんだかんだ可愛いし。

 もうちょい新キャラ交えつつ、ガレット陣と戦って、魔物乱入で共闘ってのが
 ベタかな。アツいけどね。


よんでますよ、アザゼルさん。
 2話「魔界のプリンス」
 今期トップに食い込んでくるほど好きな作品だわ^^
 やってる内容自体はお下劣ギャグだから間違いなく人は選ぶだろうけど、
 もう声優キャスティングで笑えるほどハマってるから完全に虜。

 今話からの新キャラ・ベルゼブブ優一も酷いキャラだしね^^
 つか「ベルゼブブ」なのにあの外見に惑わされてハエって気づかなかったわ~
 スカ●ロキャラって新鮮だなぁ。


戦国乙女~桃色パラドックス~
 2話「困惑乙女」
 ようやくそういう世界と認識したようで。
 現代っ子ではあるけど、気づくの遅すぎだろw

 何故か女しかいなくて、何故か喋る犬と、
 どうやらただのタイムスリップモノではないようで。
 まぁ武将も全員女だから、ただのタイムスリップなわけがないんだけど。
 
 TVで見た槍術でなんとなく戦って、
 「猿」「ヒデヨシ」とちょいちょい史実に基づくのは面白いね。
 他の武将陣とのこれからの絡みにも期待ということで。


トリコ
 3話「芳醇なる七色の果汁!虹色の実をとれ!」
 展開早いなぁ。
 原作はジャンプで読んだっきりになってるから細かい流れは覚えてないけど、
 3話にしてもう虹の実GET&フルコース入りだって。
 「べるぜバブ」はひたすらダラダラオリジナルしてるってのに、
 えらい急ぎますなぁ。ドラゴンボールを蹴落として参戦してきたんだから、
 クール的にも余裕あるだろうに、どうしてこんなに急ぐ必要があるんだろうか。

 あと、オリキャラのキャスターがいらなすぎる。
 いくら女キャラが死ぬほどいないからって、無理に絡ませなくても・・・


青の祓魔師
 1話「悪魔は人の心に棲む」
 原作は1話から読んでるけど、ほとんど内容覚えてないですな。
 CMでバレてるから書くけど、親父が殺されて学校に行く~ってぐらいしか覚えてないわ。
 初回、こんなにダラダラしてたっけか。
 
 漫画自体楽しんでないんだけどこの先ダレないかねぇ。
 今の原作とかダラダラにも程があるほど、ダラダラしてんで?
 ドコまでオリジナル交えつつ、学院編をやるのやら。




 というワケで、春アニメ。最速放送分では全部揃ったようですね。
 ワタシは頑なにTV視聴を第一にするので、××には手を出しませんが。
 関西で全部揃うのは今月末ということで。
 月曜にあと+3本、火曜に+2本、木曜に+1本、他2本、と。
 結局木・日更新でバランスよくなりそうですな。
 早く火曜にならないかな~
 早く木曜にならないかな~

 ちなみに来週は、
 木曜に週前半感想、金曜にまどか最終回感想、日曜に週後半感想を予定しています。
 アニメ更新ばっか?
 この病気レベルのアニオタにアニメ見るなと言うのか!?
  1. 2011/04/17(日) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年冬アニメ・総括編

12月3日公開予定の映画版「けいおん!」
の前売り券が今月の29日から販売されるとのことで。
その特典は、全5種類のクリアファイルをランダムで一つ~とのこと。
で、コレは第一弾ということで。とりあえずこの特典は第三弾まではある模様。
・・・まぁ元々1度しか見ないなんてことはありえないんで、
本気で2,3回行くつもりではあったけど、こりゃ各弾で攻めに行くしかないようですな。
ぶっちゃけ特典コンプしたいって気持ちはあるけど、
ランダムな上、第一弾の時点で5種類もあるのはさすがに無理。
律っちゃんが好きだし、出来るなら律っちゃんのヤツが欲しいけど、
別に嫌いなキャラがいるワケでもないし、つかみんな好きだし。そう贅沢言ってられませんわ。
さぁ大戦争だ。この最低3回の戦争には負けるわけにはいかない!!!


という流れは関係なく、今日は"冬アニメ"の総括更新です。
ちなみに期待編がコチラ
各作品3話まで見た後の感触編がコチラ


冬期も3話段階で視聴継続を判断した作品は、最後まで完走をしつづけました。
まぁ「魔法少女まどか☆マギカ」は、来週木曜に最終回放送で、まだ終わってないけど。
さすがに旬的にも春アニメの兼ね合い的にも待ってはられなかったもので。
よっぽど最低のことになっても、そう評価は変わらないという体で書きます。

前期の後半から、毎週アニメ感想を始めて、
各話の細かい感想はソチラに任せるので、本当の「総括」を出来そうです。



・・・2011年冬アニメ
もう「まどか」の名前を出さないわけにはいかないでしょう。
こういう言い方はちょっとどうかと思うけど、
それなりにアニメ見てて、この冬に「まどか」を見ていないなんてありえないわ。

それほどにまどかはすごかった。
3話のワタシにトラウマを植え付けた事件に発し、
その後の殺伐とした展開、続々と死んでいくキャラたち、伝説の神回となった10話
地震による放送中止と春までの持ち越し、
ディスクメディアのアマゾンランキングの上位独占と言う話題性。

絶対的に「まどか」はとても凄い。
売上がそこまで作品の出来に与するとは思ってないけど、
そろそろ発売されるBD/DVD。本気でとんでもないことになるでしょうな。
最近の深夜アニメのTOPセールス「化物語」すら勝負にならないと思っていますわ。
それほどまでに面白い。断言して面白い、そう言える作品ですわ。
合わない人がいることは否定しない。
実際ワタシも3話は本気で心折れたもの。
けど、この作品に至ってはアンチがホントただただ惨めでしかないわ。


そして、冬季のもう一つの話題としては「IS<インフィニット・ストラトス>」でしょう。
上のリンクにも貼りましたが、ワタシがまどか以上に1話の放送前から超期待していた作品ですよ。
初回放送時から数話は評判が芳しくなかったものの、
ひたすら一途にワタシは応援していましたが、話が進んでみれば、手の平返しの嵐。
BD/DVDの売上も、予想外の大ヒットになったようで。
全くみなさん、手の平返しがお得意なようで。
まぁ認められてるのならばいいですよ。嬉しいもの。
アンチでも何でも、お得意の数字でしか語れない人にでも分かりやすく数字で出たんだから、
コレは立派なもんでしょう。この俺ですら(隠


まぁ冬季はこの2作品が、本編及びその他諸々も話題独占でしたな。
実際ワタシもこの2作品が最高評価の ★★★★★ ですわ。


残りは話題的にはアレだったかもしれないけど、
「STAR DRIVER 輝きのタクト」
「みつどもえ 増量中!」
「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」
「これはゾンビですか?」

と、この辺はお気に入りでした。

スタドラはタクトスガタのガチ殴り合いから圧倒的に面白くなったわ。
最終的に最終回は詰め詰めの上、後日談もなくその辺が不満だけど、
全体評価としては間違いなく面白かった。

みつどもえ1話の暴挙・全編ガチレンジャーこそいまだに許せないけど、
そのほか7話の出来はどれも大笑いしたし、結果的に4ツ星まで上がりましたな。

兄好最後までオバカコメディを一貫してやり続けてたのが高評価。
もうひとつの冬季バカアニメ枠「Rio」が途中シリアスになっちゃったから、
兄好がその辺はどうしたって優位に立てますわな。

これゾンは中盤、というかシリアスバトル路線は眠かったけど、
話の大筋は面白かったし、キャラも魅力、ギャグは面白く、
まぁ総合評価として4ツ星かな、と。


ココらで全作品の評価でも。
★★★★★:まどか>IS
☆★★★★:タクト>みつどもえ>兄好>これゾン
☆☆★★★:バクマン>レベルE>禁書2>ゴシック>放浪>君届2
☆☆☆★★:リオ>メリー>フリージング>べるぜ>ニャルアニ
☆☆☆☆★:ドラクラ>フラクタル



まぁ3ツ星の辺りは大筋満足してみていた作品たちです。
2ツ星以下も最初面白かった、最後面白かった作品とあるけど、
どうしてもコレ以上、上には上げられませんでした。

開始前は「数が少ない」と文句タレてましたが、
春期の恐ろしいまでの量を味わってしまうと、このぐらいの量だった方が幸せだったのかね。
こんなにアニメを大量に乱発してたら、そりゃ原作も減っていくわ。
2期を期待している作品も一杯あるってのに、あんま動いてこないし。
総括的バランスも恐ろしいほどバランスいいじゃない。
面白かったものも面白くなかったものもバランスよく配置されてて。
去年秋アニメとか4ツ星が何個あったことか・・・




さてはて、春アニメはいまだに始まってない作品もあり、
ノイタミナと木曜TBSアニメのネタバレに怯える日々ですが、早く見たいなぁ。
何やら「C」「あの花」のノイタミナコンビはえらい評判いいみたいだし。
つか関東と関西で放送格差ありすぎなんだよ・・・
「アリア」「電波女」が2週遅れとかマジキチでしょ。いつまで待たせるのよさ。
ねー××で見たからってツイッターでネタバレ書くのだけはホントやめてよ?
こちとら、どんな思いでネタバレ回避に全力を尽くしてると思ってるのよさ。
  1. 2011/04/16(土) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抑【おさえる】

最近めっきり暑くなりましたな。
ちょっと外を駆けようものなら汗かくわかくわ。
まぁ暦的にも春になったのに、大して冬の間と変わらない格好してるのが原因なんだけど。
とはいえ、ウチに帰ってきてコタツに入ると何故か身体が冷えていき、
結局コタツの電源を入れることになるんだけど。
上は袖まくりしてるってのにどういうこった。コタツ布団はいつ片付ければいいんだ。
寝るときですらどんな格好したらいいかも推し量ってるし、なんとも難しい。


・・・はい、すんごい適当な前書きをしたところで、今日の更新でっす。
ホントはアニメ系前書きにしようかと思ったんだけど、この辺は明日にでも。
映画けいおんの前売り特典の話とかね。


・帰ってきた俺
 最近ゲーム関係の話が大変潤っていて、
 ようやくこの半アニメブログも元の形を思い出しつつありますが、
 昨日これからの購入予定ゲームを整理してると、

 5/12 スティールダイバー
 6/16 ゼルダの伝説時のオカリナ 3D
 7/07 剣と魔法と学園モノ。3D
 7/14 スターフォックス64 3D
 7/14 アンチェインブレイズ レクス


 なんぞコレ。
 素で驚いたわ。

 いつの間にかこんなに購入予定ゲームがあったのかよ。

 「スティールダイバー」、「ゼルダ時オカ」、「スタフォ」は最近の更新でも触れてたけど、
 「剣と魔法と学園モノ」「アンチェインブレイズレクス」はそういえば触れてなかったですね。

 PSPでシリーズが出ていた、「剣と魔法~」元々興味あったもんで、
 ソレが3DSで初シリーズ化と言われたら手を出さないわけにはいかないでしょう。

 元々ゲーム性は気になってたんだよ。ただPSPだったから手を出さなかっただけで。
 まぁこんなゲーム、結構な数あるけど。

 もう片方の「アンチェイン~」はPSPと3DSで出るというなんとも変則的ソフトで。
 コッチもRPGだけど、コッチもゲーム性が面白そうなんで購入予定、と。

 このRPGをあまりやらない人間が、一気に2作品もRPGに手を出すって凄いことだからね。

 月1本、7月においては3本。
 これは・・・随分と久々の超ゲーム構成ですな。
 やるやる言ってて結局全然やってない積みゲー軍団も消化しないまま、
 またゲーム繁盛期に突入するというね。
 まぁ幸せなことだけれども・・・



・付録がメインじゃないのです
 来週発売の「バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS」も購入検討中。

 最近ワイヤレスのキーボードの安いやつを探し求めてたんだけど、
 そういえば、コレもワイヤレスキーボードだったことに気づいてね。
 キーボードに加え、ソフト自体もついてて、5800円。
 ブルートゥースのキーボードなんて、3,4千円するし、充分お徳だし。
 まぁファンクションキーがないことが、PC操作に適するとは思えないけどさ。



・ベースありきなのか
 発売予定のソフト陣としては、
 今週発売のファミ通に「あつめて!カービィ」が紹介されてまして。
 ちょっと前のワラワラカービィが一杯いたDSのヤツですな。

 概要読んでみたら、何やらカービィの上限数は10体で、
 カービィたち自体を操作するのではなく、カービィたちが目指す光を操作する
とか。
 イマイチ感覚つかめないけど、
 ようは「マリオvsドンキーコング」のミニマリオ的なことなのかね。
 カービィと言えば吸って吐いてコピーしてって、のがカービィだと思ってるけど、
 その辺はどうなるのやら。
 また「毛糸のカービィ」みたいな他のソフトとして発売予定だったのを、
 カービィに差し替えたんじゃないだろうな。
 なんだかんだで、コピーできないカービィなんてのはちょっと受け付けにくいぞ?



・まぁ出るなら買いますけれども
 あとは何やら「Wii2」の噂が本格化しているようで。
 Wiiの後継機なのか、本当にHD機になるのか、本当に発表するのか、
 公式的に名言は何もされてないけど、
 本当ならば6月のE3で発表になるとか。

 う~ん、確かにもうWiiは大分時間もたったし、
 そろそろ次世代機の頃合、ってのも分からなくはないけど、
 やっぱり3DSが出たばっかり+3DSプッシュしなきゃいけない時期に出すかねぇ。


 発表するだけしても発売自体は確実に来年以降になるだろうけど、
 まだまだ時期尚早じゃないかなぁ。
 「Wii2」って名前もどうかと思うしね。
 やっぱりどう考えてもWiiの続編を出すってのはダメだと思う。
 なら新しい展開の方がみんな幸せだし。 




 項目別に分けたのは後からなんで、ちょっと繋ぎ繋ぎがアレやもしれませんが、
 まぁ一律ゲームネタでした。

 明日は土曜ですか。さてはて、どう動きましょうかねぇ
  1. 2011/04/15(金) 00:00:00|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年冬&春アニメ・雑感編(4/11~4/13)

数分考えましたが、大して前書きで書くような話が思い浮かばなかったので、
今日はスペース埋めで、今週分前半のアニメ感想で~す。
                                          
                                          
                                          
                                          
日常
 2話「グリコ」「日常の5」「呪文」「日常の6」「日常の7」「片付け」「生徒指導」「甘食」「日常の8」
 ギャグの感想はアニメに関わらず大変書きにくいので、
 もしかしたら毎週は触れられないかもしれません。
 感想書けって言われても「面白かった」or「面白くなかった」ぐらいしか書くことないし。
 まぁ今話は「面白かった」ですけど。
 博士となののほのぼの日常と、BLノート奪還作戦が良かったわ^^

 
アスタロッテのおもちゃ!
 1話「出会いのエクスクラメーション」
 なんか展開がやたらゆったりしてたけど、
 男嫌いのサキュバスが、人間界から召喚した少年とラブコメる話ってコトでいいのかな?
 まぁ良くも悪くも「DOG DAYS」とダダ被りって印象が。
 召喚目的は全然違うけどね。
 とりあえずラブコメとして判断してるけど、サキュバスの世界という条件下で、
 どんなラブコメイベントが起こるのかに期待ということで。

 ちなみにキャラはゼルダがお気に入りです。
 何故かって? 名前が印象的過ぎるからだ!!!!
 まぁビジュアルも中の人も好きだけどさ。


花咲くいろは
 2話「復讐するは、まかないにあり」
 これまたゆったり進む話だから、正直感想書きにくいという。
 2話にして旅館に馴染んでる緒花の順応性には驚いたけど。

 とりあえずアレかな、仲居としての自覚というか夢が垣間見れたのが良かったかと。
 今期の中でもかなり好きな方の作品なんだけど、ホント触れにくいわ。
 

君に届け 2ND SEASON
 12話(終)「大事な人」
 最終回はイチャイチャして壁殴ることになるのかと思ったけど、
 風早へ恋してた軍団の消化回ということで。
 胡桃含め、後半と言うか2期はえらい空気だったから忘れてたわ。

 最終的に胡桃はかっこよく潔く、全面的にスカッとはしたけど、
 最終回ってのを考えると・・・って感じだったかなぁ。
 やっぱり中盤の行き違いがダラダラすぎたのがどーもダメな所だったかと。


逆境無頼カイジ 破戒録篇
 1話「地の獄」
 1期見てなかったから、スルー予定だったんだけど、
 一応つけて見てみたら、コレがどうして、結構面白かったわ。
 元々作品自体は知ってたけど、あの濃ゆいキャラ造形がすごい嫌いで興味なかったんだけど、
 こういうギャンブルモノ?心理モノ?って好きなんだよね。
 いまだに1期見てないけど、機会があったら見てみようかな。
 2期からでも一応ついていけそうな感じはしたけどさ。

 みるみる堕落していくカイジはあまりに無残で見てて大笑いしたわw


世界一初恋
 1話「First impressions are the most lasting.」
 公式でも「BLモノ」として紹介されてて、
 おおよそ真性のアニオタ(男)が見る作品じゃないんだろうけど、
 結構面白かったわ。
 もちろんBLが好きというワケではなく、単純にストーリーというか世界観がね。
 1話段階ではまだそこまでBLBLしてなかったのも良かったのかも。
 唐突過ぎるキスには吹き出したけど、まぁアレぐらいなら・・・まだソフトだし。

 出版業界って空間が、少女漫画ベースとはいえ結構珍しいのも○
 こっからあまりにBLBLしだしたらヤバいかもしれないけど、一応視聴継続で。
 にしても俺ぁホント何でも見れる人だな。


フラクタル
 11話「楽園」
 ヤマカン引退おめでとう!


放浪息子
 11話「放浪息子はどこまでも」
 当初からは考えられないけど、結局最後まで見ちゃって。
 ん~どーもそのニ鳥君と高槻さんの関係も解決して無いし、
 肝心のニ鳥君の女装問題もなんだかアヤフヤになった感があるし、
 シメとしてはイマイチかなぁ。
 言うなら「もっと見たい」
 千葉ちゃんと安那ちゃんの恋愛問題に一区切りついてたのは良かったけどさ。


GOSICK
 12話「夏の午後に蝉の声を聞く」
 ソレばっかになりそうだからあんま書きたくなかったんだけど、
 コレはもう書かないわけにはいかないわ。

 ヴィクトリカかわいすぎ!


Steins;Gate
 2話「時間跳躍のパラノイア」
 未プレイの身からしたら相変わらず「分からん」って感想しかないわ。

 生きてたクリス、消えたジョン・タイターの記事、ヒキのゲルバナの謎
 何が起こってるのやらさっぱり。
 前2個はタイムループで説明つくけど、ゲルバナは何ぞや。さっぱりだわ。
 まぁこのさっぱりの分からなさが既に面白くもあるけど。
 前も書いたけど、原作組からは確固とした面白さ、解決が約束されてるワケだしね。

 あと今回でドドッと主要キャラが増えたみたいで。
 巫女の男の娘、ミスターブラウンのバイト、謎のお姉さん、ネコ耳メイドと。
 巫女の娘が可愛いなーってPVで思ってたのに、男だった時のこのショックと来たら・・・


けんぷファー fur die Liebe
 14話「ひさしぶりなのでけんぷファーのちょっといいとこ見てみたい」
 1期はしっかり見ていましたよ。
 伝説の12話には頭を抱えたものです。
 最近のアニメの中でもあの話はホント伝説だわ。
 そんな1期からの続編、というか特別編ということで。
 つい最近まで本気で2期をやるのかと思っていたのは秘密。
 だって、普通特別編で番組タイトルは変えねーべ?
 
 本編はひたすら頭悪いアニメで大変満足でした^^
 キャバクラ合コンに脱ぎ脱ぎプレイ、ロッカープレイ。全部大変大笑いしましたよって。
 是非ともこの頭悪いアニメを2期として見たいわ~
 今話とか何だかんだで会長とか水琴とか空気だったしね。


俺たちに翼はない
 2話「好きな動物はペガサスです」
 視聴切りリーチでーす。
 もう見ててしんどい。次話でダメだったら本気で切ります。
 相変わらずキャラの区別つかないくせになんだかキャラ自体は増えてる気がするし、
 肝心のストーリー展開も見えないし。
 まぁ死んだ魚の目どーこーのトコはちょっと面白かったけど。 


フリージング
 12話(終)「Satellizer VS. Pandora」
 うん、まぁ落とすところに落としてたんじゃないでしょうか。
 空気だったガネッサにも良い出番あったし、
 なんだかんだ最強組の3年陣も出てきたし、
 主人公が一瞬敵になるってのもちょっとアツかったし。

 とはいえ、結局学園最強のシフォンの無双とか、
 あと3体のノヴァをモブが倒しちゃってたりと、イーストの面々が浮かばれないなぁ。
 やっぱりこのシリアス展開になるまでの内輪もめがしつこかったわ。
 もっとノヴァとやいやい戦闘する展開が見たかった。
 結局パンドラ対ノヴァってこの最終決戦でしかしてないしねぇ。




 んなトコで月~水曜のアニメ感想でした。
 次は日曜の木~日曜分を。たぶん毎週こんな感じになるかと思います。
 まぁ今週も結構配分バランス悪いんだけどさ。

 そして、冬アニメも終わりを迎えました。「まどか」以外。
 近日中に冬アニメ総括編をやろうかと思います。
 
  1. 2011/04/14(木) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

利【り】

昨日の今日でタイトルを決めるのにものっそい時間がかかりました。
もう20時を回る時間ですけれども、2,30分はかかったかな・・・
こんな超絶シンプルなタイトルでもね、過去に被ってないのを考えるだけで大変なのよ。
むしろ複雑複雑な漢字ばっかり考えちゃって、
こういう小学校で習うような漢字で何使ってないのかも分からない。
ちょっと本格的に小学校で習う漢字リストでも引っ張ってこようかな。
何千字だっけ。何百字だっけ?
ちょっと時間あるときにこの辺のタイトル処置も決めなきゃなぁ。

んじゃ時間押してるので今日の更新。


任天堂公式ホームページが更新されました。

それによると・・・

「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」6月16日に発売、
「STARFOX64 3D」7月14日に発売とのこと。

・・・え~まずは。
何故この時期に発表したんだろう。

時オカが6月16日ってのはまぁ、E3の開催がたぶんそれぐらいになるだろうから、
E3で発表してもしゃあないけれども、
スタフォはE3で発表でも良かったんじゃないかなぁ。

まね。
いいよ。
なんでも。

来たぞ
ゴラァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!


ついに来ました3DSキラータイトル。
リメイクソフトがキラータイトルってのもアレな話だけど、
この際そんなのはどうでもいい。アンチは何とでも言ってやがれ。

「64の名作を挙げて」と言われたら確実にトップ5に君臨してくるソフトたちが、
ついに満を持して3DSにハードを変えての参戦ですよ!

落ち目だった、たとえ地震の影響でもどうしようもないソフト難だった、
任天堂信者の補正があっても庇いきれなかった3DSの攻勢に、
ついに任天堂が本気を出してきましたよ。

そして、6月のE3ではこれらのリメイクキラータイトルの他に、
新作タイトル群は大挙をなして押し寄せてくると。

フヒヒ^^



短いけど以上で。
昨日も書いたけど、ようやくゲーム記事が潤うってもんですな。
この発表が無かったらまたアニメネタ書こうと思ってたのは秘密。
さて、時刻は押せ押せ。今日は忙しいってのに・・・
  1. 2011/04/13(水) 00:00:00|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燈【ともす】

何やら福島原発の危険レベルがチェルノブイリと同等のレベル7に上がったとか。
かといって、規模や被害的にはチェルノブイリの10分の1とか。
こういう書き方もアレだけど、
それこそ広島原爆みたいなそういう超大被害をレベル7とかにするのかと思ってたわ。
皮膚がただれて~みたいなそういうの。
放射線どれほど流出したかで判断されるのね。今の所人的被害は出てないんだっけ?
海洋汚染とか福島原発自体がヤバいことになってるのは確かにそうだけど、
「レベル7」「チェルノブイリと同じ」って煽るとますます不安になるんじゃないのかね。

あと、どっかの隣国が日本に損害賠償を請求してるとか。おつかれさまでーす


そいじゃ今日は雑記。


・暗黒期
 今日の更新タイトルを決めようとタイトルリストを眺めてたんですけど、

 04/11 週刊少年ジャンプ18号(11) 感想
 04/10 2011年冬&春アニメ・雑感編(4/8~4/10)
 04/09 いつもの
 04/08 2011年冬&春アニメ・雑感編(4/4~4/7)
 04/07 還【かえってくる】
 04/06 方【ほうめん】
 04/05 瓶【びん】
 04/04 週刊少年ジャンプ17号(11) 感想
 04/03 2011年冬&春アニメ・雑感編(3/28~4/3)
 04/02 凌【りょうが】
 04/01 エイプリルフール
 03/31 図【ず】
 03/30 宛【あて】
 03/29 Now Loading・・・


 酷いな。
 何が「タイトルが一文字な日記」ですかって。
 2週間・14日で6日しか一文字タイトルしてねーじゃん。
 ジャンプ2本はしゃあないにしても、アニメ更新3本、流し更新2本、特殊更新1本
 ・・・・毎度愚痴のように書いてるけど、一文字タイトルやべぇな。
 まだまだタイトルストック候補はアホみたいにあるけど、
 最近サッと決まった覚えがまるでないし・・・・
 
 つかそれよりも徐々にアニメブログになりつつあるのが自分でも怖いわ。
 ゲーム自体が賑わってないのが原因とはいえ、ゲームブログの名がなくわ。
 ネタ無かったらとりあえずアニメネタ、って最近思うようになってるからねぇ・・・



・地獄の幕開け
 ただいまのTV状況
 MBS:ブラマヨ衝撃ファイル コワ~イ女たち
 ABC:トリハダ秘スクープ映像
 関西 :プロ野球 阪神vs広島
 読売 :プロ野球 巨人vsヤクルト


 改変期とはいえ、コレは酷い。
 何が酷いって民放4局の半分が野球中継とかどん判だよ。バカなんじゃねーの?
 計画停電どーのでナイター中継自粛の雰囲気じゃなかったのかよ。
 あのディズニーランドがまだ閉園してるんだから自粛しとけよ。
 アニメが自粛するのとは話が違う。電気電気。
 というかいつの間にプロ野球開幕してたんだ・・・
 延長でアニメ遅らせて録画失敗とかそういうの嫌なんだけど。

 まぁ最近はめっきりTVついてる時間が減ったし、
 今現在もABC見て、戸松っちゃんの声にヒャッホウ!ってなってる声オタなんだけど。
 あぁそういや今日からドラマが始まりますね。
 前期は死ぬほど見てなかったけど、今期はもう少し量が増えると思います。
 たぶん7,8個は見るわ。前期は2個ね。



・黎明期
 ようやく任天堂自社発売のニンテンドー3DSソフト第二弾、
 「スティールダイバー」
の発売日が決まったようで。
 もう第二弾じゃなくなっちゃったけど。

 5月12日とのこと。

 長かったねぇ。どんだけ引っ張ってんだってのね。
 結局的にどんな影響があってのこの発売順延なのかは分からないけど、
 同月には「DEAD OR ALIVE」も出るし、
 Wiiのコア向けゲーム「パンドラの塔」も出るし、
 コレでようやっと任天堂及び3DSも動き出せるということで。

 そんな5月あけての6月にはいよいよ大発表祭であろうE3も行われるしね。
 ようやっと、当ブログでもゲームネタを取り上げられそうですな。




 ほい、雑記でした。
 後書きは・・・・特に書くこと無いな。
  1. 2011/04/12(火) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

週刊少年ジャンプ18号(11) 感想

おはようございます。時刻は丁度10時を回りました。
たぶんこの更新自体は11時過ぎになると思います。
まぁ・・・寝てたよね。

ド深夜にジャンプ買いに行ってド深夜に感想書いた後寝るーってのを、
月曜も土曜もやり続けもう何ヶ月か分かりませんが、
随分と久々にこうして日中に更新している気がします。
いやね、昨日の1時ぐらい?すんごい眠かったのよ。
連日1時ぐらいは最近毎日眠いんだけど、昨日はまぁ酷くて。
かといって、朝ジャンプだけはやりたかったから、1時間仮眠しようと思ってたらコレだよ。
起きたら外が明るいんだもん。びっくりしたわ。
一瞬パニクったからね。「俺いつ寝たっけ?」って。
人が普通にいる道路をジャンプを買いに走るのなんてホント何ヶ月ぶりだろうか・・・

まぁいいや、そんな感じで今週のジャンプ感想でっす。


週刊少年ジャンプ18号
  表紙&巻C:スケダン CC:銀魂、遊戯王


・SKET DANCE
 アニメ開始記念ということで銀魂とコラボ、と。
 前号の予告的にワンピ×トリコの様に本編+コラボになるとは思ってなかったけど、
 各作者がそれぞれ思い思いの両作品のコラボをしたのね。
 銀魂なんて話の途中だから絶対無いと思ってたんだけどね。
 コレ単行本収録時どうするんだよ・・・

 そんなスケダン×銀魂(著:篠原健太)は、初っ端からメタ発言満載の、
 劣化銀魂、ボッスンの発音、中の人ネタ、マンガとしての方向性、作者ネタ等など、
 なんつー酷いコラボだよ^^
 まさに「日常系お助けマンガのコラボ」って感じだったわ。

 つか公式でボッスンのイントネーションが「ガッテン」と作中でも言われちゃったけど、
 こちとら読切の時から「リットン」で脳内再生してたんだからもう治しようが無い。
 これからアニメ見てても「ボッスン」って出てくるたびにイラッとしなきゃなんないのか・・・
 ガッテン て。 リットン でしょうよ。
 いや、作者が明言した以上、ワタシが間違ってるのは自明の理ですけれども。
 

・ONE PIECE
 ガ イ モ ン リ ア 充 爆 発 し ろ

 オトヒメ王妃の踏み絵をさせまわる新魚人の連中と。
 ホーディはやっぱりラスボスというか国家転覆を一応は謀ってるようだけど、
 もう何度も書いたけど、どうしたってボスとは到底思えないよね。
 当人のホーディがヘタレたのもそうだけど、やっぱりこの幹部陣全然凄みがないわ。
 この話の持ってき方的にどう考えてもESを与えた黒幕が出てきて、
 「な、なんだって~!」を演出するとしか思えない・・・
 このままコイツらがボスでも、黒幕の登場でもどーも面白みに欠けるだけに、
 その上を行く展開でココは一つお願いします。実はネプチューンが黒幕とかそういうの。

 で、話はアーロン開放へと繋がるタイヨウの海賊団回想へと。
 シャボンディパークとアーロンパークが似てるってのは盲点だったなぁ。
 そう言われれば確かに似てるけど、こんなの気づかねーっての。
 わざわざ大仰に構えてたのもこの伏線のためだったってのはまぁアツいけどさ。
 ハト派のオトヒメ王妃とタカ派のフィッシャータイガーだったのね。
 そのフィッシャータイガーが回想突入で出てきたけど、タイかよ!
 フィッシャータイガーだから「魚虎」でシャチじゃねーのかよ!
 ジンベエザメ、ノコギリザメ、その他諸々を束ねる首領がタイってなんかパッとしないなぁ。
 いや、タイは別の意味で王様だけどさ。
 この回想突入でジンベエorしらほしの仲間入りフラグは立ったのかね。
 もしくは空島編のような盛り上げるための補完回想になるのか・・・?


・バクマン。
 うん、まぁ結局落ち着くところに落ち着いて、七峰改心と。

 どの口が言うかって思いもあるけど、小杉の奮闘的にさっぱり許せるわ。
 なんだかんだ下衆かったけど、ドクズの中井に比べれば全然清清しいし。
 まぁあのゴミクズがあぁなってしまった以上、
 二の舞になることは考えられなくもないけど、七峰には小杉がいるんで大丈夫でしょう。
 この2人も平丸&吉田ペア同様、崩してはならない関係になったね。


・トリコ
 92て。
 昨日のアニメで久方ぶりに見たガララワニが8だったんですけど。11.5倍。
 インフレも甚だしいな・・・
 グルメピラミッドの番人とはいえ、こんなのがいたら生態系崩壊すんだろ・・・

 「コーラの匂い」ってのは飲んだことによってこの力を得たのか、
 はたまたコイツの内部にでもメロウコーラがあるってことなのか。さっぱりだな。
 

・銀魂
 そんでコッチは銀魂×スケダン(著:空知英秋)で。
 
 ボッスン、一応主人公なんだから似せる努力はしようぜ・・・
 つかアレか。結局ボッスンは帽子とゴーグル無いと没個性的になるってことか。
 
 作風かぶりはコッチもディスってきたけど、後の話はほぼ別物でしたな。
 両作品とも、自分の稼動範囲内で話の展開やってたし。
 まさか先週のワンピ×トリコともコラボしてくるとは思わなかったわ^^
 下ネタギャグもまぁ銀魂らしい展開だし、コチラも良かったかね。

 そういえば銀さんもボッスンもコレといって目標、というか終結点がまるで無いんだなぁ。
 まぁそんな漫画、他にも一杯あるけどさ。
 今なら・・べるぜ、ブリーチ、リボーン、いぬまる、こち亀、保健ぐらいか?
 明確な目標が無いのって。
 つかブリーチって明確な目標無いんだな。ジャンプTOP3なのに今更気づいたわ。


・magico
 新キャラルー
 その魔法はコンボ発生によるパワーアップ系近接格闘と。
 また見たこと無い魔法出てきたな~^^
 性格的にもいい娘っぽいし、仲間入りは濃厚でしょうな。


・読切 遊☆戯☆王ZEXAL 三好直人
 そういえば「遊☆戯☆王」の高橋先生って全く帰ってこないね。
 連載終了後、読切すら読んだ記憶が無いわ。
 まぁカードのモンスターデザインで
 ジャンプ作家の中でも一、ニを争うほど儲けてるらしい
からバカらしくなったのはあるだろうけど。
 遊戯王カードも完全にワタシの中では終わってるけど、いつまでたっても人気なもんだ。
 つか、完全にアイディアだけが遊戯王ベースなんだから、
 もう「遊戯王」語らなくていいんじゃね?
 「遊戯王」ってまぁ後半は完全にカードバトルマンガだったけど、それだけじゃないじゃん?
 
 あぁ漫画の話?
 ん~・・・・モンスターの絵は上手いな。内容はもうわけわかめ。


・enigme【エニグマ】
 タケマルさんの回想回。
 報酬は恩師の美人保健医の救出でしたか。
 それにアルの担任の綺島が関わってると。
 
 まぁ綺島がエニグマに関与してることは間違いないだろうけど、
 コイツがエニグマ自身ってのは微妙かなぁ。
 モニタに映ってた革靴の男は描き方的に綺島っぽいけど、
 あくまで才能を持つ人間の選抜者ーって感じ?
 弓河先生の逮捕もタケマルさんの能力覚醒が目的みたいだし。

 何にせよパスワードは6つ目。
 そろそろこの辺の謎が明らかになる終わりも見えてくるんでしょうかねぇ。


・めだかボックス
 括弧ついてるとやっぱ格好いいわ。
 球磨川はなんだかんだこうでなくちゃ。

 そして安心院ちゃんが登場と。初っ端から1京の能力を遺憾なく発揮してるけど、 
 それでも主人公補正には敵わないのか~
 つくづく漫画としての展開をディスってくれますなぁ^^
 卒業するまで待つという、まさに少年誌らしからぬラスボスップリはいいね。
 どこぞのボス候補とはまるで格が違うわ。


・逢魔ヶ刻動物園
 魔力回収によるパワーアップってのは面白いなぁ。
 イマイチ、トラ+プードル+ウマ+ヒグマの合体にはピンとこなかったけど、
 こういう展開は好きよ?

 仲間になりそうだったチルチルは園長の能力で復活すると思ってたけど、
 ウワバミさんとかキサゾーはどうするんだろう。
 精神論で解決されても困るけど、ヒグマがするとも思えない、
 かといって園長にだけ特別な能力があるってのもなんとも・・・


・保健室の死神
 子供たちの頑張りに涙する大人たち。

 いいね。ちょっとこういう展開は中々なくて良いわ。
 子供も大人も配分良く出てなきゃこの展開は出来ないわな。
 あの三途川先生までが涙したってのはアツいわ~


・ぬらりひょんの孫
 羽衣狐様もとい山吹乙女が見れたことがとにかく嬉しかったです。
 
 あと使い捨てキャラなのにまんば百足のデザインが素晴らしいな!




 さて、やっぱり時刻は11時を過ぎて、と。
 色つけるから更新はもうちょっと後。
 あのコトが瓦解する兆しだな・・・
  1. 2011/04/11(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011年冬&春アニメ・雑感編(4/8~4/10)

最近すごく健康的な生活をしていまして。
昨日はガッツリ深夜アニメを全部見て4時半ごろに寝たワケですが、
起きてみたら時刻は10時。おいおいマジかよコレ。今日休日だぜ?
寝すぎたときの防止のために15時に携帯アラームセットしてたのに、
そんなもの何の意味も無く、この超優良健康児っぷり。
まぁ平日も毎日健康的な時間に起き、夜はその影響で早寝になり、生活感変わったとはいえ、
このまさに手の平を返したか生活リズムっぷり。半月前からは考えられないな。
まぁそんな生活感変わっても、当ブログは平常どおり営業していきますが。

そいじゃ"また"週間アニメ感想です。
木曜に触れたから実質金土日の3日間だけど、
まだ始まってない、見てないのもあるから、えらい内容は薄くなっております。
全部始まったら木・日ってのが一番バランスいいんだよ!
今週はイレギュラーなの。全部アニメ始まるのって今月末だけどな!


30歳の保健体育
 1話「はじめての■■■」「■■前にしておく準備」「■■■■■■」「はじめに」
 ・・・なんというか、これこそ「なんでアニメにしたし」ってアニメですな。
 そもそもの原作も読んだこと無いけど、マンガとかそういう感じじゃないのに、
 このアニメ化ってことに疑問を感じてたけど、
 それにしても、アニメだってのに、↑のサブタイトル含め、まぁ~規制の嵐

 別にこういうエロ系アニメにおいて、規制は珍しいものじゃないけど、
 画面全体を覆う規制に加え、そのときのセリフまで規制かけるとか、
 もう大前提としてアニメではない。
 コレなら放送しないほうがましというレベル。
OVAででもやってろっての。
 今後もこういう放送をするんだったら視聴切りするわ。アニメとしてダメ。
 内容が面白いどうこうっていう前のレベル。

 あぁもう片方の実写パート
 語るのも嫌だわ。


そふてにっ
 1話「あされんっ」
 至極どこぞの軽音部を想像させられるけど、話はソフトテニスモノということで。
 
 硬式テニスと軟式テニスがどう違うのかさっぱり分からないけど、
 その辺のシロートに向けての解説的なモノはあるのかね。
 見たところギャグよりの感じみたいだけど、ソフテニあるあるネタもあるみたいだし。
 あのあるあるが実際にあるあるなのかどうかは分かりませんけれども。

 今の所揃ってる4人は1話にしてみんなキャラ立ってたのは良かったね。
 残りの金髪外人っぽいのもそれなりのキャラなんでしょう。
 当たり障り無い作品ではあるけど、今の所は良くも悪くも無いって印象。
 言い方はアレだけど、凡庸な感じかなぁ。


レベルE
 13話(終)「Full moon・・・!」
 いや~やられたわ。
 偽者だってのにも虚をつかれたのに、その偽者も偽者というこの展開。
 後付けではあると思うけど、今までの話も全て伏線だったーってのも驚いたし、
 結局的に「いつも斜め上を行く」ってのがまさにそのままだったかな。
 
 各所の感想を読んでると原作信者がやかましいのが最後まで気になったけど。
 原作改悪原作改悪って、まぁワタシも好きな原作が改悪されたら怒るけれども、
 それにしてもやかましかったわ~
 アニメ組のコッチは楽しんでるんだっての。


まりあ†ほりっく あらいぶ
 1話「禁断の女子寮」
 1期も全部見ての今回の2期
 今回は紹介回ということで、カナコ及び周りのキャラ紹介ってコトだったけど、
 相変わらず各キャラのドタバタ感があってよかったね。

 相変わらずゴッドが最強なのも笑えたし^^
 やっぱゴッドはいいキャラしてるわ~


TIGER&BUNNY
 2話「A good beginning makes a good ending.」 
 タイガーのヒーローのきっかけと、バニーのヒーローの理念補完回って感じかな。
 どーもあの濃すぎるほかのヒーローたちが空気ってたから、
 その辺はイマイチだったなぁ。
 こういう話はもうちょっとみんなのキャラが立ってからのほうが良かったような。
 色んなヒーローがバッタバッタと協力しながら敵を倒す~ってのが見たかった。

 まぁ今回の話は良い話ではあったけどね。


DOG DAYS
 2話「はじめての戦!」
 1話こそ想像していた世界観と違って驚いたけど、
 そういうものとしてみてみると普通に面白かったわ。
 元々ファンタジーは好きだしね。キャラもまぁ~かわいいし。

 主人公があっさりビーム撃てたり、閣下を退けたりと、
 さっきまで一般人のクセして色々すごすぎる感はするけど。
 まぁ負けたら負けたでしょんぼりしちゃうから、勝たないわけにはいかないんだけどさ。

 とりあえず今後も世界観説明しつつ、猫組と戦っていくんでしょうな。
 OP見る限りまだまだキャラはいるみたいだし、今後の展開に期待と言うことで。


よんでますよ、アザゼルさん。
 1話「登場!悪魔探偵と悪魔とバイト」
 小野坂、キャラまんますぎるだろwww 
 あまりにも普段のキャラと同じすぎて吹いたわ!

 15分アニメという珍しい放送形態だけど、そのおかげかテンポはすさまじくいいし、
 肝心のギャグ自体も酷い内容ながら笑える内容だし、
 かなり気に入ったわ^^
 

変ゼミ
 2話「不偏論者たちから見た世界の事象に関する考察」
 なんかやたらかわいい絵だから、
 「変」と言いつつほのぼのコメディかと思ってたんだけど、
 コレは酷いwww
 「変態生理ゼミナール」の名の元に、想像しうるその上の変態っプリだわw
 常識人っぽい主人公すらも結局変態で、周りはド変態というあの空間。

 こっからどれだけの変態っぷりを見せてくれるのやら。
 あぁ別にドン引くとかは無いよ?
 アニメでやる?とは思うけど、だからワタシはどんなジャンルでも見ますよって。


夢食いメリー
 13話「夢、ふたたび」
 ん~話としてはミストルティン倒してすっきりしたのかもしれないけど、
 結局川浪ちゃんとレオが無駄死にの域を出ないのがなんとも残念と言うか。
 せっかくメリーちゃんの夢の世界に返す能力がホンモノって分かったんだから、
 その辺の補完と描写もしっかりとして欲しかったなぁ。
 
 そのミストルティンを倒すのも夢路がいきなり武器出したり、結局精神論だったりと、
 どーも納得のいかない戦闘展開だったし、
 ずっとこの戦闘で引っ張っていたってのに・・・って感じ。
 
 ん~好きな感じの作風だってのに、色々残念だったなぁ。


戦国乙女~桃色パラドックス~
 1話「転送乙女」
 タイムスリップモノでしたか。
 武将を全員女性にしたそういうアニメだと思ってたけどちょっとは違うのね。
 また、タイムスリップする子が現代っ子すぎる現代っ子ってのも新しいかも。
 
 戦国時代ってのはもうさんざアニメにされて飽きたかと思ったけど、
 全員女性で、そのメンバーも織田豊臣伊達明智と有名どころばっかりってのは
 「百花繚乱」と差別化出来てていいね。


 話の展開としてはパワーアップアイテムである伝説の甲冑を集めるとのことで。
 最後までの展開があらかた読めた気がするけど、
 そこそこ普通に楽しめる内容かな。少なくともワタシは嫌いじゃないですわ。
 いいB級アニメとでもいいましょうか。
 



 という感じで今週のアニメ感想でした。
 トリコだのべるぜだのの今朝のアニメはまだ見てないので、
 何か触れることがあったら明日のジャンプ感想ででも。
 何のための日曜更新だってのね。
  1. 2011/04/10(日) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつもの

察してください。今日の更新は無理です。
TBSで「オールスター感謝祭」
対するフジは「めちゃイケ」と「天使と悪魔」
なんぞこの構成。まぁ結局前者を視聴、後者は録画ということにしましたが。

よりにもよってこのブッキングはないわ。めちゃイケとか期末テストって言うじゃん?
タダでさえレコーダの容量がアニメでかっつかつだってのに、
バラエティなんて久々に撮ったぞ?
とはいえ、「天使と悪魔」は撮ってないんだけど。
第1作「ダヴィンチ・コード」はかなり面白かった名作だったけど、
2時間越えの映画を撮れる程の容量が今の我がレコーダには残ってない!
こんなの撮ってたら今日の深夜のアニメが撮れなくなるわ!
そろそろ本気で一斉・ディスク焼き祭をしなきゃいけないかな。
もしくはあの1期2期2クールで通算1年分一応置いてあるアレを消すかな・・・
そしたら「天使と悪魔」取れるな。そうしようかな。
ねぇ「禁書」さん?

焼くのが面倒だからって消したそれなりに気に入ってたアニメって何作になるかな・・・


あぁ件の原作復活した「けいおん!」掲載のまんがタイムきららはGETしてきました。
まぁ・・・今日は触れない方向で。
明日のアニメ感想ででも。たぶんスペース余ると思うから。

は~いそこのリア友及びネッ友、ツイッター実況やめてねー
タイムライン流れすぎて何見てもネタバレに怯えなくちゃなんないんだからー
  1. 2011/04/09(土) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年冬&春アニメ・雑感編(4/4~4/7)

今日も時間が押しています。まぁ色々あるんですよ。
まぁ今日の"色々"はただ単純に、食欲がわかず飯をダラダラ食ってたからなんだけど。
時間押してるし、今日の更新は時間かかるしなんで、
前書きはコレぐらいにしれおいてさっさと今週分のアニメ感想前半戦書いちゃいますわ。
サクサク書いていかないといつになるかも分からん。
                                          
                                          
                                          
                                          
日常
 1話「やる気」「日常の1」「ワンダフル」「日常の2」「日常の3」「ボタン」「要件と用件」「日常の4」
 放送前は、いくら天下の京都アニメーションといえども、
 なんかもう雰囲気的にどうかと思ってたんですけど、まぁそれなりには面白かったかな。
 酷評はしないけど、絶賛も出来ない、そんなアニメでした。
 「日常」というタイトルながら、全然日常じゃない日常なのは結構笑えるし。
 全部が全部のネタで笑えたわけではなく、シュールすぎてついていけないのもあるけど、
 まぁ以前までの「こりゃダメだ」感は薄まったかな。
 とはいえ、コレ2クールやるとのことなんだけど、2クールどころか1クール持つかねぇ?

 あとキャラがかわいいね。
 ロボットちゃんが可愛すぎてやべぇ。


花咲くいろは
 1話「十六歳、春、まだつぼみ」
 そんでコチラも天下のPAワークス制作で、しかもオリジナルと言うことで。
 とにかく"雰囲気"が良かった。あぁいう雰囲気は普通に好きだわ。

 展開的に、主人公が旅館経営の荒浪に揉まれながら精神的に成長していく
 って感じなんだろうけど、コッチも2クール作品だけにどうなるかねぇ。
 あんま考えたくないけど、
 ホント昼ドラ風だからドロドロの愛憎劇とか人死にがあるんじゃないかと思っちゃうわ。
 truetearsがアレだったからなぁ・・・
 ベタでもいいから、最終的に笑って終われる作品になって欲しいところ。


君に届け 2ND SEASON
 11話「祭りのあと」
 いよいよクラスのメンバーの前でも付き合う宣言をしちゃってと。
 まぁ見てて正直イラ壁したけど、同時に、「良かった」感もあるわな。
 恋愛モノとして、結構終盤の地点である展開だと思うけど、
 来週の最終回でどういう風なオチに持っていくことになるのやら。
 

これはゾンビですか?
 12話「はい、まだ続きます」
 面白かったし、笑ったし、上手くまとまってたけど、何故コレを最終回にしたし。
 先週の11話、あれだけ美しく終わっておいて、
 キャラソン使いつつの完全ギャグ回って・・・
 普通こういうのはクライマックス前、それこそ9話10話あたりでやるもんじゃないの?

 まぁ面白かったからいいんだけどさ。なにやら2期の噂も立ってるし。
 にしても、サラスでさえ歌っておきながらトモノリが歌わないってどういうことだよ!


IS<インフィニット・ストラトス>
 12話「君の名は」
 ヒロインズ戦、一夏参戦と、見せ場たるISの空戦にはすさまじいものがあったね。
 原作読んでても、スラスターだの、弾道の動きだのは妄想するしかないだけに、
 見えるものとしての空戦は素晴らしかったわ。
 雪羅もかっこよかったしね。
 1話アバンをそのまま流すんじゃなく、ちゃんと追加要素もあった気がするし。
 途中、ヒロインズが戦いながら一夏の心象世界が挟み挟み入ってたのが
 ちょっとテンポを悪くしてた気がするけど、概ね構成的にも今回は満足だったかと。

 戦闘後の箒プッシュもなんだかんだニヤニヤしたから良かったわ。
 最後までバタバタコメディで終わったのもいくらでも2期につなげられる終わりだし良かったかと。
 鈴のレイプ目は完全にギャグになってるなぁ^^
 バスが無かったのは残念だけど。やっぱ11話がスッカスカすぎたなぁ・・・


Steins;Gate
 1話「始まりと終わりのプロローグ」
 なるほど、分からん。
 
 コレが率直な感想だわ。
 原作やってない、完全シロートの身からすると、さっぱり何が何なのか分からん。
 まぁ原作組から確固して「面白くなる」と言われているのでついていくけど、
 それなりのタイミングで面白さを感じさせてくれないと困りはするわな。
 ま、キャラデザとか、世界観とか結構好きな感じなんで、
 別に原作組のアドバイスなくても最後まで見てるだろうけど。
 
 機関とは何なのか、ヒロインっぽい子は何故死んだのか、未来ガジェットって何なのか、
 何がどう過去にさかのぼっているのか

 さっぱり分からんけど、ネタバレは全回避して楽しもうかと思います^^


俺たちに翼はない
 1話「たとえばそんなメルヘン」
 そもそもとして期待してなかったけど、ダルすぎて今の所今期最下位ですわ。
 エロゲーやんないからエロゲー原作だろうがなんだろうがどうでもいいんだけど、
 第1話なのにキャラが10人以上いる上に、オムニバス展開で話の展開についていけず、
 キャラも同じオムニバスの中でも誰が誰やら分からないし、
 なんというか、何故アニメにしたし、って印象。

 コッチもシュタゲ同様、なにやら終盤になると盛り上がってくるとのことなんだけど、
 残念ながらあんまり好きな感じじゃないで、3話切り筆頭ですわ。

 
SKET DANCE
 1話「学園のSKET達」
 正直言って書くことが無い。
 良くも悪くも原作そのまんまで、ずっと原作読んでるからなんとも・・・って感じ。
 まぁ途中で安形が出てたりしてた改変はあったけどさ。
 というか、原作未読者が今話だけ見た場合、そういう推理モノ的にとられそうだ。
 基本オバカコメディなんだけどねぇ。

 あと、気になるのはこのアニメ化に際して、漫画的演出をどうするのかが気になるわ。
 まぁ主に何かって言うとロマンだよね。
 ロマンの次元を超越したギャグはマンガだからこそのワケで。
 ソレをどうアニメにするのやら。

 にしてもやっぱりスイッチの声とボッスンの発音には慣れないなぁ。


Aチャンネル
 1話「好き」
 地震特番で消されるかヒヤヒヤしていましたが、無事放送と相成りまして。

 ・・・良かった。
 すごく良かった。何も不満はありません。とても素晴らしい出来だった。

 「内容が無い」と言われればソレは正直否定できないけど、
 そもそもとして原作もこういう感じだし、
 ワタシのような原作信者には、るんが、トオルが、ユー子が、ナギが、
 動く、喋る、笑顔になる、ひたすらにかわいい。

 それだけで満足です。

 誰が何と言おうとも、俺は、ひたすらにAチャンを追い続ける!


Dororonえん魔くん メ~ラめら
 1話「昭和だ!えん魔だ!妖怪集合!」
 「どろろんえん魔くん」は随分と前の原作だけど、
 このタイミングでアニメ化ということで。何を思ってこうなったのかは知らないけど、
 まぁ~すごい"昭和"でした。

 妖怪のデザインも、展開、小ネタ、小道具、
 22歳のワタシがなんとかギリギリ知ってるネタがあるぐらいだし、
 古き良き昭和アニメって感じだね。
 まぁどのアニメにでもいえることだけど、すさまじく人は選ぶでしょうな。
 この昭和ネタが分かるのなら笑えるけど、今の現代っ子にはあんまウケなさそう。




 という感じで、今週分前半でした。
 次回は定例どおり日曜に残り半分をやる予定です。
 この前半分のアニメ感想も、たぶん毎週木曜にやると思います。
 まだ全部始まってないけど、配分バランス考えると水曜まででカットってのが一番良いんだもん。
 水曜以外毎日5本以上あるんだぜ?ありえなくね?
  1. 2011/04/08(金) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

還【かえってくる】

更新始めが30分ほど遅れております。
今日18時からの新アニメ「SKET DANCE」をリアルタイム視聴してまして。
んでもって、
その視聴後感を覚えている間に今週前半のアニメ感想記事でも書こうと思ってたんですが、
タダでさえアニメ感想更新は書くのに時間がかかるのに書き始めの時間は遅れてる、
更に更に、飯食いながら簡易巡回してたら、
とんでもないニュースが飛び込んできたもんだからもういいや!と思いまして。
今週前半分のアニメ感想は明日にでもやろうかと思います。
いいか!今日関西最速放送の新アニメ「Aチャンネル」間違いなく来るからな!
覚悟しとけよ!


ということで、今日はそのとんでもないニュースについて。
最初に断っておきますが、書くことはとても少ないです。


明後日・9日土曜日発売のまんがタイムきららにて連載が復活する、
原作「けいおん!」の大学生編。

何やらその原作復活記念号、記念回、記念誌にて、
新キャラが出るそうです。


以上。

もう各所のアニメ系、漫画系情報サイトで情報バンバン回っているので、
詳しく知りたい方は「けいおん 新キャラ」ででもググってください。


いいか!
俺は絶対見んからな!!!



新キャラがどういうポジションなのかは分からない。
大学の教授かもしれない、
大学の事務員かもしれない、
大学のクラスメートかもしれない、
大学の先輩かもしれない、
軽音サークルの部員かもしれない、
ライブハウスのスタッフかもしれない、
アルバイト先の同僚かもしれない、
高校時代のクラスメートかもしれない、
中学時代の友人かもしれない、
もしかしてもしかしたら唯たちとバンドを組むのかもしれない、


何にせよ、俺は、俺は、俺は、それを楽しみにしたいんだ!!!!
一応明日本屋に行って早売りしていないか見てはくるけど、
最悪でも明後日までこの情報は封印する。

諸々始まってる春アニメの最速放送バレも自分で本放送見るまで全部かわしてるんだ!
この苦労が最速放送だらけの関東民には分かるまい!
俺ならやれる!

けいおんはそんな春アニメの勢いとは違うのは分かってる。
コンテンツのパワーが違う。
ウチのブログでも触れてるぐらいだ。
おそらく今日明日ですさまじいスピードでそのネタバレ画像及び、
もしかしたら名前なんかも広まるかもしれない。
それでも、俺は自分の目で初見するまで絶対にネタバレは見ない!!!




今日の更新はコレだけです。

もう何も言うことはない。
ネタバレは見ない。
それだけだ。

そしてこの復活原作を確認した後、また触れることになると思います。
明日か明後日、どっちかでね。
  1. 2011/04/07(木) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

方【ほうめん】

4月になってフライパンを新調したんですよ。
まぁ新調と言うより、以前から置いてあったヤツをようやく使い出したんですけど。
3年ぐらい使ってきたワタシの血と汗が滲みこんだ2代目が、
3月の後半ぐらいからテフロン加工の底面がみるみる削げ落ちていき、末期状態に。
調理に使うものとしてあるまじき状態になってしまったため、ついにお役御免と。
そんでもって今現在は口径落とした高さのあるタイプの臨時3代目を使用中と。
臨時ってのはフライパンには変わりないんだけど、
わたしゃ普通の広く浅いフライパンの方が好きなのね。
もう4年以上もその広く浅いフライパンで慣れてるもんだから、
この妙な高さのある臨時3代目だと感覚が鈍って仕方ない。
ならさっさと買い換えろって話なんだけど、この臨時3代目。表面加工がなんか違うのよ。
フライパンといえばテフロン加工ってのが一般的だと思うけど、
ドコがどう違うのかわからないし、ぶっちゃけテフロン加工以外の加工を知らないけど、
まぁ~こびりつかない。
そりゃ殆ど使ってなかったフライパンだから、最初はさもありなんって感じだけど、
もう「こびりつくって何?」とかそういうレベルでこびりつかない。ヌッルヌル。
今日も炒飯作ったけど、米粒一つ、タマネギ一つ、焦げ目一つついてない。
何コレ怖い。 と、最近思うようになりまして。
で、結局ここ数日、その謎の加工が何なのかを調べようと思いつついつも忘れるというね。
この更新後にも忘れてる気がするわ。
そこらのスーパーに売ってるレベルじゃないと思うから、
売ってるのならホームセンターにでも行ってくるけど、やっぱり値段張るんだろうなぁ。
こんな神仕様だもんなぁ。
26cm口径980円ぐらいで売ってないかなぁ・・・


え~↑ コレ、前書きです。
至極どうでもいい話題のくせに長く書きすぎた。
本更新内で触れるほどの話題でもないし、昇格させづらいんだもん。
かといって削る所も特に無いし・・・

そいじゃ今日の本更新。まぁコッチも雑記ですけどね。


・略称と言うものは(略
 なんか以前もこういう話を
 「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」
 の略称「おちんこ」を例に取り上げましたが、
 最近チラチラ目にするようになったまたアニメの略称についてとても気になったので。

 「魔法少女まどか☆マギカ」

 まぁ当ブログでもさんざ触れてきたタイトルですが、
 コレの略称が一部では

 「魔マま」

 と呼ばれているようで。

 気持ち悪っ

 まぁね。それぞれの単語の頭文字をとってるという意味で、
 「お兄ちゃん~」の「おちんこ」よりは全然まし、何も間違ってないですけれども、
 「魔マま」て。 マママて。 なんかゴロ悪くね?

 ワタシは専ら「まどか」と呼んでいますが、
 コレは作品名の「まどか☆マギカ」の「まどか」を指してるのか、
 登場人物「鹿目まどか」の「まどか」を指してるのか分かりづらい。
 そういう意味では「魔マま」は絶対間違えないし、略称の規則には則ってるし、
 いいんだけど、もうとにかく。とにかく。とにかく気持ち悪い。
 何マママて(2回目

 百歩譲って、いや譲らなくても「まどマギ」でよくね?
 「まどか」って呼んでるやつが言うなって話ですけれども。
 
 書き言葉で「魔マま」ならまぁ伝わらなくも無いでしょうが、
 話し言葉で「魔マま」って100%伝わらないよ?

 
 「昨日魔マま見た?」って言われても絶対無理。
 「昨日まどか見た?」「昨日まどマギ見た?」ほら通じるじゃん。
 あぁ大前提として「魔法少女まどか☆マギカ」という作品を知っているという体でね。

 今期新アニメの
 「DOG DAYS」「DD」
 「TIGER&BUNNY」「TB」
 コレもどう考えても伝わらんでしょ。

 やっぱりさ。
 略称なんつーもんは伝わらないとダメだよ。
 そもそも伝わりにくい略称はいただけない。
 ちなみにワタシは
 「DOG DAYS」は「犬日」
 「TIGER&BUNNY」は「タイバニ」と呼んでいます。
 うん、「犬日」も伝わりづらいね。(ぉぃ



・侵食拡大
 今日本屋に立ち寄ってみると、
 「IS<インフィニット・ストラトス>」の原作最新7巻が早売りされていまして。
 明後日発売なのにもう出てるってどういうことなの?とキョドりつつも、
 あるのならば買わないわけにはいかない、と買ってきたワケですが、

 そういえばラノベを発売日に買ったのって初めてだな。
 まあ今回は発売日前に買ったんで、リアルタイムって表現の方がいいのかな?

 アニメの途中で原作を買いそろえ、アニメの途中で6巻まで読了し、
 本格的な刊行中のライトノベルのデビュー作となったワケですが、
 ついに発売日買いだってよ。
 あの「ラノベには手を出さん!文なんて読んでられるか!」
 って主張をしてた頃からは考えられないよね。

 最近は夏にアニメ化決定している某シリーズを買い揃えて出したんだけど、
 半年後にでもなれば、本棚の1スペースが全部ラノベで埋まっていそうで怖いわ。
 ~7巻ぐらいでアニメ放映中or放映予定に絞って今焦点を定めてるけど、
 今揃えてるやつを揃えおわったら次は何に手を出すんだか。
 今期アニメはさほどラノベ原作ってないような印象だけど。
 ロッテ、アリア、電波女・・・ぐらいかな?
 ドレもアニメの雰囲気次第だけど、たぶん買わないだろうなぁ・・・
 アニメからの逆輸入でラノベを買い揃える日々。
 アニメに関係ない作品で買い揃えだしたらまた一つステップアップ出来そうだな・・・

 あぁちなみにIS7巻はまだ読んでないよ。
 カラーピンナップだけは見たけど、本文は全然。今日の夜から読み出しますわ。



 雑記にしようと思ったら
 前書き含めなにやらやたら長い更新となっちゃいましたな。
 色つけ編集前で既に20時越えてんですけど。
 もう1時間以上書いてるぞ?どこのジャンプ感想だっての。
 
  1. 2011/04/06(水) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瓶【びん】

今日は日本中が晴天だったようですね。
何が原因ってワタシが昨日早く寝たことでしょう(ぇ
毎日毎日4時5時まで普通に起きてて、外が明るくなってから寝ていたこのワタシが、昨日。
あろうことか1時、25時に寝てたからね。どういうことなのコレ。
まぁ~とんでもなく眠くて、リアルにアニメ見ている場合とかじゃなかったんだけど、
それにしても1日完徹した時よりも眠いってどういうことなの。
そりゃ昨日はジャンプ感想後、少しだけ仮眠してバリバリ動いてたけど、
どんだけ疲れてたんだっての。
この重度のもうどうしようもないアニオタが、いざ新しく始まる新アニメを見ないで寝るって、
コレ、ワタシ的にはとんでもないことだからね。
もしかしたら今後もこういうことが起こるかもね。
こうしてアニメとも離れていくことになるんだろうか・・・悲しいなぁ。

という感じでゲーム更新です。
思えば随分と久々な気がします。エイプリルフール更新、アニメ感想、ジャンプ感想
週末週始に企画モノがまとまっていたとはいえ、随分と放置したもんだ。
一文字タイトルを考えたのも久々な気がするわ。



何やら、ニンテンドー3DSの売り上げが振るっていないようですね。
一部店舗では本体の買取が増加し、新しく入荷したモノと相まって、
市場には本体が大分回るようになり、販売価格の低下、
ついには週間売り上げでもPSPより下回るようになったとか。

そりゃそうだ。

この重度の任天堂信者なワタシでも認めますよ。
認めないわけがない。
言い訳でもなんでもなくそのままの意味で「そりゃそうだ」

だってソフト出ねーんだもん。
2月26日のロンチソフト発売以降、
本当に出たかどうかは知らないけど、発売カレンダーから抽出しても

上海3Dキューブ
スーパーモンキーボール3D
ASPHALT 3D:NITRO RACING
Tom Clancy's スプリンターセル 3D
GUNDAM THE 3D BATTLE
ラビッツ タイム・トラベル
ウイルスシューターXX
NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍立体絵巻! 最強忍界決戦!!
ニコリの数独3D ~8つのパズルで1000問~
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II
プロ野球 ファミスタ2011
ザ・シムズ3


こんだけしかソフト出てないんだもん。
それに震災の影響で自粛自粛ってバカみたいに発売延期が繰り返されてるし、
肝心の任天堂発売ソフトも、
「パイロットウイングス リゾート」が4月14日にようやく出るぐらいだし。

他のサードとの協力体制ーとは言うけど、
発売日以後、
一月たってもまだ任天堂自社ソフトが「nintendogs+cats」しか出てないってどういうことよ。

おかしいじゃない。

そんな状態を払拭するために「スティールダイバー」があったワケだけど、
津波を連想するのか、震災を考慮してだか知らないけど、
発売自体もう無かったことのようにされてるし、

もう不謹慎でもなんでもいいわ。
自粛してんじゃねーよ!
こちとらゲームやりたいんじゃ!

自粛自粛言うのも大概にしろや!
もう「自粛」だの「不謹慎」だの飽きたわ!


発売してから2週間ほどでこの震災が起こったとはいえ、
発売から1ヶ月以上たっておいてこのソフトの少なさって何なのさ。
そもそもとしてロンチに力が無いと発売前も発売後も言われてて、
なんとかソフトが出揃い始めるまで本体内蔵ソフトで繋ぐ~ってのが
ベターな話だったのに、ソレを発売延期だなんだで順延されてすることねーんだよ。

もう何日ウチの3DSが充電台の上に置かれてると思ってんだよ。
ゲームコイン目当てと、万が一すれ違えるかもしれないために
一応外に出かける度に持ち歩いてはいるけどもう随分とソフト起動とかしてないぞ?

ゲームなんて結局ソフトありきで回るもんなんだから、
もっとバンバン、アホなんじゃねーの?ってぐらいソフト出さなきゃ。

タダでさえロンチが微妙で初動すらあまり振るってないってのに、
やるもん無いならそりゃ売れるわけねーべ。
別にわたしゃやらないけど、こんな状態なら、
買い取り価格が高いうちに売って、それこそ義援金に~って方が遥かに建設的だわ。

震災も確かに悪い。確実に影響はある。
実際ソフトを発売したとしても、被災地の方々には回らないでしょう。
それでもね。基本的に西日本はノーダメージなワケだから回るじゃない。
言い方はアレだけど、被災地以外のゲーマーはみんなゲームしたいわ。
ぶっちゃけ言ってそういう意味で被災者以外も被害を受けてるよね。
震災直後のテレビ局の一斉報道も事実を知ると言う意味では必要だったけど、
あんな連日連夜やったことも結局西日本人は傍観者でしかいれないワケだしね。


とりあえずなんだ。
任天堂は早くスティールダイバーを出せ。
マリオを出せ。ゼルダを出せ。カービィを出せ。ポケモンを出せ。
サードとの協力体制もそりゃ必要だろうけど、
そもそもとして3DSを普及しないといけないんだから、まずはそのために動け。
タダでさえ高価格で、プッシュポイントの3D描画も反応は微妙なんだから、
とりあえずはソフトの質及び量で攻めなきゃ。
こう言っちゃなんだが、サードとの協力なんて後でも出来るんだよ。
とりあえずは「ニンテンドー3DSというもの」を世間に出していかなきゃ。

そういえば思い出した。
さっさとネットブラウザとかVCをダウンロードできるようにバージョンアップしろよ。
コレが出来る様になるだけでも大分変わるよ?
つかなんでネットブラウザを最初から積んでなかったんだろ。
積んでても今の状態は変わらなかっただろうけど、
プッシュポイントは確実に増えたよね。
適宜バージョンアップ方式ってやっぱダメだわ。
積むなら最初から積んで、バージョンアップはあくまで製品性の向上までにしておかなきゃ。
VCDL機能なんて、最初から注目されてる機能の一つでもあるわけだし。




 という感じのゲーム愚痴でした。

 ちょっと最近、3DSがどーのって話題をよく見かけたので、
 ワタシの主張を書いておこうかと思って。
 確実に今任天堂はバカをやってる。
 早く動き出さなきゃ、本気でバーチャルボーイの二の舞になるで?
  1. 2011/04/05(火) 00:00:00|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年ジャンプ17号(11) 感想

はい、とても久々なジャンプ感想ですよ。
思えば前号は19日の土曜発売だったんですよね。
タダでさえ土曜発売だと次号までが長くなるというのに、震災の影響で1週間更に順延と、
なんとも珍しい刊行体系になりましたな。
いや、全然責めてるつもりはないよ。この言葉も久々に書くけど「仕方ない」もの。
今号を見てみても、日付が破綻してる所があったりと、
編集部的にも作者的にも色々バタバタしてたのが伺えるし、
素直にこうして普通にジャンプを読めるコトに感謝しなくちゃね。

んなワケで今週のジャンプ感想です。
ホントに久々すぎてなんか色々忘れてるわ~


週刊少年ジャンプ17号
  表紙&巻C:トリコ CC:ワンピ&トリココラボ、ぬら孫、リボーン


・トリコ
 GTロボのモデル怖っ。
 妙におどろおどろしくてもちろん声とかも発さないだけにすごい怖いわ。
 相手がトリコだのゼブラだのってんなら違うんだろうけど、小松だからかね。
 
 とりあえず二人ともカロリー摂取は出来たようだけど、
 美味いヤツと美味くないヤツ、美味い部位と美味くない部位があるってのは
 どういう意味があるのかね。
 部位ならまだしも、種族間の固体値差にそう違いは出ねーべ。


・ONE PIECE
 ホーディホントにやられてたし。
 あのヒキじゃまだ一縷の希望があったのに、コイツホントにボスの器じゃねーな。
 魚人空手があるのなら、人魚は柔術ということで、人魚柔術なるものが登場。
 そういえば魚人空手の使い手ってまだ出てきてないなぁ。
 あのクロオビが・・・・千枚瓦だっけ?を使えるんだから、
 5万枚瓦ぐらいを使えるやつがいそうだね。
 そんなネプチューン王とゾロウソッブルックが捕まってと。
 水中である以上このメンバー的に手は出しにくいだろうけど、どんな展開になるかね。

 一方でルフィサイドではすごいシレッとジンベエと合流して。
 なんかもっと感動的対面を期待してたんだけど、
 「はいっ」の笑顔のしらほしが可愛すぎるからいいや(何
 にしてもジンベエさん、その顔芸はあかんわ・・・
 
 そんで話はアーロンとジンベエの過去話っぽい感じで。
 ようやくこの人格者のジンベエが何故アーロンを解き放ったのか分かるのか。
 ジンベエの正体が分かってからずっと謎だっただけに、期待。


・SKET DANCE
 今週からアニメスタートということで。
 木曜放送だからまだわかんないけど、アニメ感想で取り扱ってはいこうと思ってますので。
 銀魂は取り扱わないけど。

 あ~うん。
 大分加藤を好きになれたわ。
 今までは終始作品に合わないウザキャラだったけど、
 今話で作品に合うウザキャラになってくれたから。
 まぁ面倒くさいことに変わりはないけど、いい面倒くささになったっていうか。


・magico
 5話でTOP5だと・・・・胸熱すぎる。
 良かった。しっかりとした評価がされていて。
 まだ5話でプロテクト入ってるとはいえ、1週遅い戦国に上回ってるってのは大きいよ?
 いや~良かった。既に単行本買うのは確定してるんだ。
 是非とも長い連載をしていただかないと!

 話は囚われていた犬娘たちの帰還から始まりっと。
 てっきり仲間入りでもすんのかと思ったけど違ったか~
 まぁ仲間入りするにはちょっと幼すぎる印象はあったけどね。
 
 今後の敵さんは様々な魔法使いということで、その辺のバリエーションに期待したい所。
 某魔法使い漫画も結構すごいバリエーションだからカブるのはしゃあないと思うけどね。
 
 次の儀式は聖林浴儀という、まぁ~分かりやすい入浴イベント。
 コレもう完全に混浴フラグでしょ。混浴しないと許さないよ?俺をニヤニヤさせろ!(変態

 ヒキでは新キャラの魔法少女が出てきて、と。
 あぁこの娘が仲間になるのね。理解した。魔法的にどうやら接近戦タイプみたいだし。


・ワンピース×トリココラボ読切 実食!悪魔の実!!
 まずは昨日のコラボアニメの話から。
 昨日付けの更新で触れなかったのは見てなかったからだ!
 まぁ、ちょっとトリコがワンピに食われてたよね。
 ワンピのほうがキャラ数が多い問題はなんとかなってたけど、
 やっぱりどーも作品としての「トリコ」の良さがあまり出てなかった。
 つか感覚麻痺ってるんだけど、捕獲レベル2だの3だのって雑魚すぎて・・・
 ワンピもトリコも好きだし、そういう意味では良かったと思うよ。
 というかワンピとトリコ、尾田先生としまぶーがコラボするということが胸熱だよ。
 ワンピとたけし、両方とも同時期に始まったんだよ?ソレを両方とも初回から追いかけてたし。
 
 で、漫画の方はというと、コチラはどっちかと言うとトリコ寄りの演出だったかね。
 悪魔の実を食べるーって話はアニメでもあったけど、
 コッチはソレをメインに据えてて率直に面白かったかと。
 島袋光年くんと尾田栄一郎くんが考えた動物も面白かったわ^^
 GODとワンピースというお互いの最終目標を称えていたのもひたすら胸熱で、
 いいコラボ漫画だったわ。


・いぬまるだしっ
 「まどか」のネタで笑ってたら、本編がソレ以上に笑えたわ^^
 もうベッタベタなネタなんだけど、「れっ」の意味の分からなさ、
 繰り返されるそのボケ、増えていく感染者、それも繰り返されると、
 シュールさも相まって、腹痛くなるほど笑ったわ^^

 「れっ」に意味があるのかと期待してたのに、
 結局最後まで分からなかったのが無性に腹立つけどw なんだよ「れっ」ってwww


・ぬらりひょんの孫
 いいカラーだなぁ。
 いつもは墨絵が光るけど、こういうカラーバリバリな絵でもやっぱひきつけるものがあるわ~
 
 話は鯉半編ということであんま書く事はないけど、
 山ン本、なんつーブサイクな顔してんだ・・・
 バトル映えする顔じゃないなぁ。妖怪化したらちょっとはマトモになるんだろうか。


・バクマン。
 やっとネット論争について補完してきましたか。
 まぁ確かに50人の意見を自分でまとめつつ面白くするなんて確かに無理だわな。
 やっぱり向こうはあくまで趣味や遊びでやってる以上、真剣みが欠ける事も否めないし。
 ちょっとだけ仲間たちが描かれたけど、まぁ~ワタシみたいだわ。
 裏会議やってるのも生々しすぎるぐらいリアルだし。

 そんな七峰軍団も中井の手により壊滅、肝心の漫画のほうも完全敗北ということで。
 中井ェ・・・七峰がいくらダメとはいえ、コイツロクなことしねーな。
 アニメ見てて悲しくなったよ。あの頃はあんなに輝いていたのに・・・
 
 メクリの「完敗だよ」で「PCPが」と来て、中井が煽らなければいけるんだ!
 ってのを期待してたけど、現実はそう甘くなかったか・・・
 改心してまた連載ーってのを期待してはいたけど、壊れっぷりを見るにダメかもしれんな。
 つくづく、いろんな意味で同情するわ。


・enigme【エニグマ】
 やっべ、リアルイスの内部じゃね?って初っ端から予想してただけにすごいショボく感じたわ。
 モニターどうのも、モトがいれば乗客消せれるのに・・・と思ったほどだし。
 タケマルさんの巻き戻し能力、なんか使い勝手難しそうだな。


・銀魂
 そもそもの設定がバカなのに、リアル化して、結局身内も参加と酷すぎるわwww
 まさかピン子を使ってくるやつ、しかもあぁ使ってくるとは・・・
 ゴリラの鞘花ちゃんの裏切りも酷かったし、ホント酷い話だw


・べるぜバブ
 ゲーム組はやっぱり面白くていいやね。
 なんかまた敵さんが一杯出てきたけど、ソッチのパートどうでもいいから、
 ずっとゲーム組の話を見ていたいわ~


・めだかボックス
 おいおいおいおい球磨川が副会長かよ!
 なんだかんだ言いつつ、結局不知火なんでしょ?って思ってだけに、
 リアルに「ええええええええええええ!?」状態だったわ。
 最初から、副会長はライバルポジションとは言われていたけどさ。
 つかつくづく破戒王(笑)だなぁ。もがなちゃんは可愛いから許す(ぉぃ

 新たなる敵として、ラスボスの安心院ちゃんと不知火の兄貴っぽいのが登場と。
 掲載位置的にも展開的にももう終わりなのかねぇ。
 戦挙編、面白かったとはいえ、
 やっぱりダレてきてはいるし、打ち切りENDにしないで綺麗に終わって欲しいね。




 んな感じで終了っと。
 作者コメントが全員震災について触れてるというこの統一っプリ。
 未曾有の大災害とはいえ、全員全員同じようなコメントするってのは凄いなぁ。
 「新年明けましておめでとう」すら揃わないってのにね。
 そういや別件だけど、
 ジャンプ公式サイトで現連載陣が全員応援メッセージ描いてるのが凄いわ。
 1週休みがあったとはいえ、全作家が描いたってのは凄い。
 スクエアの連載陣もやってるけど、素直に凄いと思うわ。
 あの冨樫ですら描いたってのがこれまた凄い。
 週刊連載舐めきってるあの人には早く連載復活してとっとと終われとはいつも終わってるけどさ。
  1. 2011/04/04(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2011年冬&春アニメ・雑感編(3/28~4/3)

やあ。
金→土と徹夜したおかげで昨日の夜間はクソ眠く、アニメ見てる場合じゃないかと思ったけど、
そこは真正のガチアニオタ
新アニメを見ていたらそんな眠気もドコへやら。
かといって放送が終わったらぶり返してきて、結局即行爆睡。約半日寝てましたよって。
例によって完全に人間的生活が破綻してるけど、今日ばっかりはしゃあない。
明日はちゃんと起きるよ。明日月曜だけどちゃんと起きるよ。たぶん。

そいじゃ今週のアニメ感想です。
春の新作を交えつつ、触れていきまっせ!


お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
 12話(終)「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」
 前回のヒキ的にどうなるのかと思ったのに、まるで無かったかのように普通にやるのね。
 てっきり最後まで谷田貝姉妹で引っ張るのかと思った。
 まぁそんな最終話は平常どおり、原点に帰って兄と妹のアホコメディでしたな。
 ソレにプラス、ちょっとだけAGEと彩葉、近藤さんが加わって、ドタバタコメディと、
 一貫してバカをやることに徹していてとても面白かったですな。
 まぁ2期をやるには原作ストック無さすぎて当分出来なさそうだけどね。


君に届け 2ND SEASON
 9話「告白」
 今までダルかったけど、ようやく物語が大きく、とても大きく動いたのが良かったね。
 風早のスーパーイケメンっぷりも久々に見れたし、
 もはや恥ずかしかったわ。
 この恥ずかしさが、このキュンキュンアニメたる所以。
 できればもっと早くこういう展開にして欲しかったけどね。
 まぁココまで引っ張ってきたからこそ、この感動とも言えるんだろうけど。


これはゾンビですか?
 11話「ああ、オレの所にいろ!」
 前半はハルナがヒロインだったけど、後半は完全に誰が見たってユーがヒロインでしたな。
 今回のシリアスバトルはメイドオーケストラとか、女装、キックじゃねーと、
 バトルの中にコメディ要素がやたらあって結構楽しめたわ。
 一転、終盤の夜の王死亡、ユーがついに喋るって辺りはリアルに泣いたし、
 とても満足度の高い回だったかと。
 
 ただ、コレで最終回だったら良かったのに、まだもう1週、しかも水着回なのね・・・


放浪息子
 9話「かっこいい彼女」
 ヒキの展開が衝撃的過ぎて先が気になって仕方ないわ!
 女の男装と男の女装が違うとはいえ、強制退場ってのはワクワクとドキドキとハラハラと、
 いろんな感情が芽生えるわ!


IS<インフィニット・ストラトス>
 11話「ゲット・レディ」
 箒さんが専用機を得たことによって荒ぶる荒ぶる。
 空戦がヌルヌル動いてたのは相変わらず良かったけど、テンポ悪かったよね。
 原作見返してても1編どころか半編すら進んでないってどういうことなの?
 最低でもヒロインズ戦入るかと思ってたのに、ヒロインズ戦突入で終わりて。
 来週の最終回、ちゃんとやることやってくれるんだろうな。
 次回予告的に箒とのイチャイチャイベントはあるみたいだけど、
 最後バスイベントと、2期への伏線とか張ってくれなきゃ・・・
 最低でも、1カットでいい。1カットでいいから楯無先輩を映してくれればソレで・・・


バクマン。
 25話(終)「ありとなし」
 連載決定、やった~!
 で終わればいいのに、どうして港浦登場なんていう超絶中途半端な所で終わったし。


TIGER&BUNNY
 1話「All's well that ends well.」
 2011年春アニメ第一弾。
 サンライズと桂正和先生のタッグによるオリジナルアニメということで。

 話は何かしかの能力を持ったヒーローが、企業とタイアップして自分の株を上げていくという、
 今の所バトルコメディって感じ。
 その企業タイアップが、ソフトバンクだーバンダイだーペプシだーとリアル企業なのがいいやね。
 もう絶対企業名で読んでしまいそうだ。つか一人も名前覚えてないわ。
 牛角とか存在感強すぎるだろ
 あんなアメコミチックな雰囲気で漢字で「牛角」ってwww

 主人公が子持ちのダメ親父で、イケメンと組んでーってヒキはワクワクさせられるね。
 別に他のアニメも原作読んでるワケじゃないけど、
 やっぱりオリジナルアニメってのは率直に次が気になるわ。
 噂によるとなにやら2クールあるみたいだけど、ダレないかねぇ?

 にしてもこの作品テーマ、真島ヒロ先生の「混合戦隊ミクスチャー」を思い出すなぁ。


DOG DAYS
 1話「勇者誕生!」
 こんなアニメだったとは・・・
 
 とりあえず1話にしては敵も味方もキャラが多すぎ&キャラ名長すぎて、
 全く覚えられる気がしないよね。
 まぁなんだかんだ冬アニメのキャラ名も殆ど覚えたし、そのうち覚えてそうではあるけど。
 ヒロイン及び女の子キャラがみんな可愛いってのは正義だね。
 
 で、何故戦っているのかは、領地争いのようだけど、問題の戦争自体が、
 アスレチック攻略戦という、なんとも緊張感のまるでない演出にただただ唖然としたわ。

 負けたら死ぬわけでもなく、むしろ命の危険なんて無いってすごい緊張感のなさ。
 シリアスバトルファンタジーモノかと思ってたら、ファンタジーコメディって。
 
 今後の展開はどうなるんだろ。
 犬軍と猫軍が組んで第3勢力を相手にリアル戦争ーなんて期待しちゃダメかな?


とある魔術の禁書目録2
 24話(終)「武装集団」
 レベル0の無能力者なのに駒場さんが強いこと強いこと。
 テレポーターとはいえ、レベル4の結標を圧倒するって、
 レベル0の本当の無能力者でも結構やれるもんなんだね。
 そんな駒場さんは結局一方さんに殺されてしまって、話は御坂ママ暗殺戦に。
 御坂ママが保護者代表になったことも、何故殺す話になるのかもさっぱり分からんかったな。
 殺さなくてももっと平和的解決あるだろうに、殺伐としてるわー

 終盤はなにやら人気キャラらしい浜面って新キャラが出てきたけど、小物すぎる・・・
 大して何の能力があるわけでもなく、駒場さんの下っ端だし、
 主張も小物全開だし、現時点では最悪の印象しかないわ。

 グループのメンバーがなにやら黒い雰囲気を出しつつ禁書2期も終了と。
 なんか投げっぱなしENDすぎて視聴後の感じが最悪だったわ。
 3期前提って話なんだろうけど、3期が当然あると判断されてるのがなんか妙に腹立つ。
 いくら人気といえども、続編ありきで進行するのはいかがなもんでしょうか。


STAR DRIVER 輝きのタクト
 25話(終)「僕たちのアプリボワゼ」
 スガタが即行アプリボワゼして、ケイトが狂って、
 ヘッド(笑)がサイバディ・シンパシーの能力で他のサイバディとアプリボワゼと。
 その目的は、ザメクを使って地球滅亡、自分はタイムトラベラーになって過去をやり直すと。
 ヌッルヌル動きまくってたのは良かったけど。
 最後までこのバカ親父がクズ野郎すぎる・・・
 シンパシーの能力もいかにも最後のサイバディって感じの能力だし、
 つくづくヘッドはヘッド(笑)だったなぁ。

 そんで今までのサイバディが全集合してタクトに襲い掛かり、
 綺羅星の残ったメンバーがそれに乗り込みバッタバタと。
 全員が復活しなかったのは残念だけど、
 あのボクシング先輩すら活躍したのは素直にアツかったわ。
 こういう展開が大好きなだけに、アツすぎて終始叫んでたわ!
 
 クソヘッドは一発殴って終わり、スガタはザメクを封印するために乗り込んだと。
 けどワコのサイバディを破壊して、第5フェーズに、宇宙大決戦でザメク破壊と。
 そもそもとして「タクトが全てのサイバディを倒す」ってことが主たる目的だったんだよね。
 だからザメクはもとよりワコのサイバディも壊さなくてはならなかったと。
 この辺もひたすらアツくて良かったですな。ひたすらに、ただひたすらにアツかった。
 そういう場面じゃないけど、アツすぎて泣いたわ。
 
 なんか色々解決してないことがある気がするけど、
 なんだかんだ綺麗にまとまってたし、良かったかなぁ。


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
 13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」
 WEB配信第2弾。

 完全に黒猫回でしたな。つか桐乃出てきてねーし。いや、別にいらないけど。
 終始黒猫が可愛かった。認めざるを得ない。

 黒猫と沙織となんだかんだ仲良くやってる京介に、
 新しい場所のゲーム研究会の部長と赤城妹・瀬菜と新キャラも増えてきて良い感じやね。

 瀬菜がガチな腐女子で真壁君をオカズにしてたのは吹いたわw
 リアル男子でリアルに妄想してたらそりゃドン引くわなww



 という感じでいよいよ最終回ラッシュ、そして新アニメも始まりだしましたな。
 来週もこんな感じが続くと思います。
 まだガッツリ新アニメが始まるわけでもないし、来週ぐらいはまた日曜更新かな?
 ちょっとまだ分からないので、もしかしたら急遽週の真中にやるかも知れません。

 見るの30作品以上あるから、本気でヤバいんだよなぁ。
 3話切りする作品バンバン出せば解決するんだけど、
 ワタシの性格上、ソレも難しいんだよね・・・
 まぁお付き合いくださいませ~
  1. 2011/04/03(日) 00:00:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凌【りょうが】

昨日付けの更新は、まさに昨日になった瞬間の0時0分台に更新して、
んで1日半以上開いてのこの更新となったワケですが、
なんだかすごく、ものすごく久々な気がします。
昨日1日"あの状態"で置いておきたかったとはいえ、
約1日更新しないだけでまぁ~ソワソワする。完全に職業病ですな。職業じゃないけど。
やっとこさこうして普通の更新をしているワケですが、すごく安心するもの。
何この気持ち。どう表現したらいいのか分からない。

まぁいいや。なんだかグダってきたので、
毎年恒例、エイプリルフールの解説回ですよっと。


今年はこんな感じでフザけてみました。


ブログそのもののタイトル「幾何学空間」や、
今は普通状態に戻してあるいつものTOPのお知らせ欄
そんでもって肝心の更新といえば



こんなのを一杯貼るだけ貼って、一文字も字が無いという更新をしまして。

はい。
アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」に出てくる、魔女文字で演出してみました!

一昨日の3月31日更新であんなヤマ無しオチ無しの更新をしたのは、
このエイプリルフールドッキリのための前振り&補完回だったんだよ!


このネタを考えたのが3月30日の夜で、
ひたすら魔女文字表の編集及び、TOP用の文字群制作、更新用の文字群制作と、
アホほど時間かけましたな。
今までのエイプリルネタの中でもかなり時間と手間がかかっていますわ。
あぁ基本全部手作業だからね。ドローソフト大活躍。

お祭り騒ぎだった昨日のエイプリルフールは、
なんだか世間的にも「まどか」ネタばかりだったようで。
さすがにウチみたいな魔女文字オンリーで更新してるーってサイトは見かけなかったけど、
絵とかモチーフとかそういう感じで大人気だったようで。
まぁこんだけアニメが盛り上がったらそうもなりますわな。
絵とか描く才能あったら俺だってこんな七面倒なコトしないで絵描いてたよ!

そういや例年やってた「幾何学空間」のアナグラムによるサイト変更ってのは、
昨日が終わってから気づきました。
そういや去年も一昨年もそんなことしてたわ。
「一家が架空君」「楽器買う買う君」だっけか。
まぁ今回はアナグラム自体も意味が無い演出だったんですけどね。


さて、そんなワケで解説というか補完というか訳でも載せましょうか。
上に貼ったTOPの魔女文字群は、
1,2行目が「ようこそ!!御訪問ありがとうございます!」の英訳
「Welcome Thank you for the visit」
3,4,5行目が「当ブログの特徴や注意事項はコチラに載せています」の英訳
「The feature and notes of this blog are put on this」
6,7行目が「web拍手を送る」の英訳
「The web applause is sent」
8,9,10行目が「ちょっと語りたいコーナー」の英訳、
「Corner that talks for a moment this」

といった感じ。
全ての魔女文字はしっかりと英語に対応させてあります。
ちなみに!マークや句読点は見栄え的にアレだったので、全て削除してあります。
本当に英語オンリー。

あぁ魔女文字表はコチラ。小さいのは相変わらず。



さて、あとは昨日の更新ですか。




小さくしてあるので、大きいVerは昨日更新でどうぞ。
「解読したい」って物好きな方は表と照らし合わせて頑張ってみてください^^
TOPの方は英語ですが、コッチはローマ字で書いています。
「あきすての」なら「AKISUTENO」にして、この英語を魔女文字にそれぞれするという、
この面倒くささ。



さて、じゃあ日本語の全文を。
「はい というワケで 4月1日 ってコトで こんなアホ 企画を 用意 しました
 例年色々 やって きましたが 今年は 趣向を 凝らして 見ました
 まぁ昨日の 更新が この更新 のための 前フリと 言うことです
 たぶん ほとんどの人が この魔女文字は 読めない でしょうけど 知らん!
 やりたいから やっただけだ!
 つか ぶっちゃけもう エイプリルフール企画 ないんだもん
 あらかた やること やっちゃったし このネタ 自体も 今旬じゃん?
 ということで 今年は こんな感じで ご勘弁を。
 日本語を ローマ字に 変えて
 ソレを 魔女文字に 変えることの 面倒さを 察して ください
 ジェネレータ とかあれば 楽だったん だろうね・・・」


コレでは!や句読点を入れていますが、魔女文字の方には含まれていないのであしからず。
スペースごとに1行ずつですね。
1つ目の魔女文字群の画像で、
「はい というワケで 4月1日 ってコトで こんなアホ 企画を 用意 しました」
までです。


まぁ~こんな他愛もないどーでもいいわずか11行の文を書くだけでこの量。
作りながらこの元の文章をどれだけ削ろうと思ったことか・・・
気合で削らなかったけど。




 ・・・んな所ですかね。
 まぁ大変な労力を負いましたが、
 個人的にはかなり満足なエイプリルフールドッキリが出来たかと^^
 旬的な意味でも、コレっきりのネタでしょうし、やってよかったね。
 完全に自己満足の域を出ないけれども。

 さて、来年は何をするかなぁ~
  1. 2011/04/02(土) 00:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (730)
アニメ (324)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する