FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

週刊少年ジャンプ48号(10) 感想

さて、なんだか全然月曜日な気がしないけど、月曜日ですね。
んでもって今日から11月ですね。この更新の日付設定してて気づくというこの悲しさ。
もう2010年もあと2ヶ月ですって。全く持って信じられんわ。
この1ヶ月、何をしていたかさっぱり思い出せない。ダメな生活を送ってたコトは確かだけども。
そろそろ身の振り方も考えていかなきゃいけないかねぇ。

はい、ではサクサク行きますジャンプ感想。

週刊少年ジャンプ48号
  表紙&巻C:ブリーチ CC:読切、リボーン


・BLEACH
 表紙見て、「あぁそういやブリーチって休んでたんだ」って思っちゃった。
 もうブリーチってすっかりそんな存在になっちゃったんだなぁ・・・

 まぁ扉及びカラーページの第1話と同じ演出ってのは
 これまた分かる人にだけ分かる仕様で良かったけど。
 話は17ヶ月進んで。どっかのワンピースを思わせる展開だけど、
 悪い意味でアッチとは感慨がまるで違うなぁ。
 「死神代行消失篇」って銘打ってるけど、死神代行証が消失って意味なのか、
 一護の死神代行って肩書きが消失するって意味なのかどうなんだろ。
 つか死神代行証の話されても今更感しかないんだけど。


・バクマン。
 亜城木でやるって言うから持ち直してたのにこのバカ主人公は・・・
 大人しくシュージンと組んでやってろってんだよ。コレ読者の何割が思ってるよ。
 そりゃレベルアップには間違いなくなるだろうけど、サイコーが原作ってのはないわ。

 人気作家読切祭にエントリーする陣営の動向が描かれたワケだけど、
 蒼樹さんも岩瀬もサイコーもエイジもみんな恋愛モノを描くようで。
 たぶん平丸さんも。なんならノリで新井先生も。
 ん~リアルジャンプ本誌で、読切祭に恋愛モノばっかだったらブチ切れるな。少なくとも俺は。
 今のジャンプにゃ恋愛モノどころかラブコメすらないけど、
 そんな3本も4本も読切とはいえ恋愛モノなんて読んでられんわ。

 あとサイコーがハタチになってたことに地味にショックを受けた。
 ちょっと時系列表かなんかがそろそろ欲しくなって来たぞ・・・


・ONEPIECE
 まとめて書いた方が書きやすそうだ。

 胸熱。
 レイリー、ペローナ、ハンコック、ヘラクレスン、ウェザリア、カマバッカ王国と、
 一味が修行で世話になったメンバーが新しい出航を見送るってのは激アツだわ。
 サンジがマジで病気だったり、ブルックがまんまだったり、
 ルフィがフランキーの完全変態に感激してたり抑えるところ抑えててとても満足ですわ^^
 
 いよいよ魚人島か・・・
 思えばシャボンディ諸島に到着して、
 ルーキーズ登場、一味離散、女ヶ島、インペルダウン、頂上戦争、ルフィ過去編、2年修行
 こんなに濃度の濃すぎる展開が待っているとは思わなかったなぁ。
 間違いなくこの・・・数年はワンピで一番濃かった時間だわ。
 魚人島以下、新世界でもこのアツい展開を「あの頃は良かった」で終わらせないでほしいねぇ^^


・enigme【エニグマ】
 "影"が人間とな。
 黒祀木先輩は、シャドー化の人格ってワケね。
 まぁ裏人格といっても過言ではなさそうだけど。

 祀木先輩の回想の前生徒会長っぽい人は1つ目のパスワードの人っぽいね。
 名前思い出せないけど。
 そうなるとその辺もやっぱり絡んでくることになるのかね。

 とりあえずパスワードの扉を開け、ひび割れた壁から脱出-とのことだけど、
 三次減算って何ぞや。
 今調べる気ないから後で調べるけど、さっぱり分からんな。
 つか祀木先輩助かってから、シャドーとの戦いはどうするんだろ。
 パーティ復帰してもシャドーは移るって話だし・・・
 

・トリコ
 「コイツ女じゃね?」って思ったら外れる法則がまた当たりましたな。
 ええ。まったく眼力ありませんよ。すみません。
 どうしてこんなに外れるかな・・・

 メルクの星屑は調味料ということで。食材に関係ないとは思ってなかったけど、
 調味料か・・・フルコースに入らないだろうからどーも盛り上がらんなぁ。
 パワーアップポイントらしく、超引力の地みたいだけどまた小松は留守番なのね。
 トリコは当然としても、ホント小松のグルメ界進出問題はどうするつもりなんだ・・・


・トップ・オブ・ザ・スーパーレジェンド第4弾 ポー うすた京介
 なんというか、すごく"うすた先生っぽい漫画"だったかな、と。良い意味で。
 なんだかワケわからん世界観でも見せ方と魅せ方で結構面白かったわ。
 定食屋の親父さんに何かあるとは最初のコマあたりでは到底分からんな^^

 とはいえ、連載で読みたいかといわれると・・・って感じ。
 今の所 月歩>>>ポー>>>ベンチ>ばんからってトコかなぁ。


・べるぜバブ
 本格的にガッシュみたいな展開になってきたな。
 34の魔界キャラとその契約者の絵とキャラがそれなりに出来てるのなら面白くなるかもね。
 嫌いじゃないよ。こういう展開。


・SKETDANCE
 ギャグオチで終わったことをメタギャグにされるとは思わなかったわ^^
 まさに思ってたことをボッスン達に言われ、ソレをツっこんでくれたから妙にスッキリしたわ。
 
 心配していたその修繕方法及び責任問題は
 良い具合に新しい組織・懲罰委員会で面白おかしく演出されてたし、
 ワケ分からんファルケンを改めて第3者視点で解説してたのも妙にウケたし^^
 普通に楽しんで読めたわ。
 なんか漫画時空とかそういうのが良い意味で覆されたって感じ?

 惜しむらくは今まで助けた人たちが来る場面で、
 出番少ない連中しかホントに来てないのが残念だったかなぁ。

 影だけでももう少しワラッといてくれたらよかったのにねぇ。


・ぬらりひょんの孫
 展開の早さに全くついていけないのはワタシだけでしょうか。
 もう何度も書いたけど、一応敵のボス戦だってのに全然盛り上がってないんだよね。
 いきなりボス戦に突入しちゃったもんだから。
 なんかなぁ・・・この位置だから全然度外視してるけど、
 巻末だったら打ち切りを疑ってるレベルだわ。

 まぁヒキの「お父様」発言に驚かされたから、今週はソレだけで良かったんだけどさ。
 どういう意味なのかねぇ。腹違いの姉とかそんな展開にはならないと信じたいけど・・・


・保健室の死神
 別にウチの姉貴がこうってワケじゃないけど、
 姉貴にムカツくって話が妙に現実的で良かったわ。
 そうなんだよね。実家帰って一番のストレスって姉貴なんだよね。
 一々知ったかぶりする過負荷め・・・また年末に顔合わせないといけないのか。
 冬休み数日で何回壁殴ることになるかねぇ。おおヤダヤダ。

 あ~感想は・・・普通に面白かったけどさ。
 特に取り上げることもないかな~って感じ


・逢魔ヶ刻動物園
 タコであること、ヘビであることをちゃんと活かして戦ってたから満足ですわ。
 エロい意味での"タコであること"も一応見せてたし。

 そういえば敵幹部はもう大分やっつけたのか。
 展開が速くていいけど、記憶にはあまり残ってないという・・・


・PSYREN-サイレン-
 あら、現代は現代でまたチルドレンの力を借りるのかと思ったら、
 本格的にサイレンメンバーだけでの戦闘になりましたか。
 とはいえ、タツオと朧は離脱ヒリューも第2主人公はドコへやらフェードアウトしちゃったけど。
 ヒリューってホントどうしてこうなっちゃったの?
 もう空気どころの話じゃないよ?

 滅びたであろう未来世界のコトを想ってる描写があったのは良かったね。
 コレがなくっちゃダメだよ。
 まぁソレと引き換えにアゲハがまた凄い方向に飛んで行ってしまってるけど。
 自爆END-けど生きていた展開になりそうだなぁ。

 お久しぶりですなドルキさんとかとの危惧していたワイズメンバー戦は、
 約束の涙を人質に回避という解決で。
 そうか~最重要目標である涙を奪われちゃったら戦闘するわけにもいかんわなぁ。
 コレはいい戦闘回避方法だわ。
 問題はワイズが自体を飲み込むかってコトと、ワイズメンバーの処罰についてか。
 話数的にあと2,3話なんだけど綺麗に畳めるのかねぇ。



 ほい終了っと。
 今日は休みなんで、とりあえず昼まで寝てそれから学校行ってこようかと。
 今日やることやんないと明日及び来週が死ぬことになるしねぇ。
 では。今日の夜更新は十中八九やりません。てかネタがない。いや、あるけど。
  1. 2010/11/01(月) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する