FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<最近のジャンプについて知っていること>(2019/10記)
ワンピ  :カイドウとマムが手を組んで、四皇の懸賞金が出た
ハンター :俺より休んでる
ハイキュー:鴎台と決着った
アカデミア:ヴィラン連合と別のヴィランが争ってた
ブラクロ :(何も知らない)
幽奈さん :(何も知らない)
鬼滅の刃 :柱やら上弦やら何やらが死にまくり
ネバラン :鬼との和解をしようとしてる
ぼく勉  :(何も知らない)
ストーン :(何も知らない)
アクタ  :(何も知らない)
呪術廻戦 :(何も知らない)
チェンソー:(何も知らない)
神緒ゆい :スケバンバトル漫画になった
サムライ8:ナルトの編集が有能だったとか
太星   :二重人格で将棋する
ビーチル :(何も知らない)
スクワッド:(何も知らない)
夜桜さんち:(何も知らない)
ミタマ  :(何も知らない)

週刊少年ジャンプ35号(09) 感想

テスト3日目も無事終了しました。
今日ちょっと更新遅いのは、4時までテスト→帰ろうかと思ったら雨がドシャ降ってた→
じゃあ雨がやむまで大富豪→雨止んでからも止まらず18時までやってたもので

んでジャンプ自体も満足に読んでなかったので、
飯を作りながら食いながらネット巡回しながら読んで今読み終わったわけです。
現在19:30。頑張って8時30分までには更新しようかと思います。
あぁちなみにテストの出来はぼちぼちでした。たぶん受かってるかと。
                                          
                                          
週刊少年ジャンプ35号
 表紙&巻C:ナルト CC:こち亀、わじマニア、デンジ


ナルトが今号で10周年迎えたとか。
言っちゃあなんだけど最近10周年迎えたワンピースと比べると内容に差が・・・
まぁワンピ大好きだから当然補正入ってるけど。


・ONEPIECE
 え~表紙連載、ウソップ太るって何? 全然パワーアップしてないやないすか!
 昆虫の性質学んでソレをカブトに活かすとか材料にするとかそんなアレじゃないの?
 コレはサンジ並にどうなってるのかさっぱり分からん・・・

 海軍勢のエースリアクションがあって、ガープのプチ回想へ。
 どうやらガープとロジャーは普通の敵対関係にあったようで。
 てかロジャーの要求を鵜呑みにするのも海兵としてどうなんだろ。
 コレがガープなりの正義ってか?
 そんで回想ヒキでダダンがセリフだけ登場。
 あの一セリフで決めるのもアレだけどなんか女っぽいなぁ。
 チビルフィも出てきたけど、
 麦ワラ帽子かぶってる=シャンクスと分かれた後にエースと会合。
 ってことに。
 ということは年齢的にルフィはエースが実の兄じゃないって知ってんのか?
 この後に「あなたのお兄さんよ」とかって言われた可能性もなくはないけど。

 エースを"海賊王の息子"として処刑することに納得がいった所で、
 正義の門が開いて白ヒゲ傘下の海賊たちが。
 凄まじくアツイけど、どいつもこいつもビジュアルが・・・適当というか。
 そして湾内からコーティング船で白ヒゲ&14人(13人?)の隊長登場。
 
 ・・・多くは語るまい。 アツすぎるわ!!!!


・ぬらりひょんの孫
 京都編かと思いきや修行編に突入。
 じいちゃんの凄さは置いておいて、
 回想からするとリクオ父は京都・羽衣狐に向ってやられたみたいね。
 分かりやすい妖怪・なまはげが出てきたところでヒキ。
 西日本のは前の大戦で分かったけど、
 今回の秋田とかの北日本勢力図がどうなってるのかも知りたいなぁ。


・銀魂
 分かりやすい死亡フラグ講座とどうしても脇キャラには見えない神山が面白かったけど、
 どう見てもシリアスパートだよなぁ。
 3,4話で終わってくれれば良いけど・・・


・読切 明治百機八匣譚DENGI 芝田優
 金未来杯第1弾。なんか前回の金未来杯から全然スパンが空いてない気がするけど開催。
 先週触れるの忘れてたんだけど、予告絵見た限りじゃドレも期待薄なんだよね。
 今回のDENGIとノースアイランドはジャンプには向いてない濃い絵だし、
 世奈押郎は絶対地雷だし、
 CROWNはそこそこ読みきりじゃ面白かったけどサッカーマンガはダメ。
 水野先生の作品は結構好きなんだけど、あの1枚絵見る限りじゃ絵が劣化してるし。
 べるぜだとかぬら孫だとかそういう無難な作品がねぇ・・・

 とか書いておきながら今号の「DENGI」
 普通に面白かったすわ。
 どっかで見たことある感じの主人公に、全然可愛くないヒロイン、分かりやすい悪役と、
 最初は「はぁ?」だったけど、
 百機八匣のバリエーションとか色々汎用性広いし、バトルも見やすい分かりやすい。
 (鎌鼬は完全にカギジンの断空だったけど)
 パワーアップ方法も無難っちゃ無難だけど性格改変は評価したいし。
 コレだったら連載しても許せるけど、もうちょい絵を磨いて欲しいかなぁ。
 あぁ初持込の漫画としては最高な出来だと思います。


・PSYREN-サイレン-
 億号が碓氷が予知能力持ってないことに気づいてた関係は何なんだろ。
 普通に過ごしやすいから従ってたとか?

 んでマリーが怒って碓氷束縛。
 スパイダーネットが思ったより下劣能力だったけど、マリーも強いんだなぁ。
 さすがエルモアウッドのリーダーってか?
 まぁコレのおかげで碓氷が凄くヘタレ&ザコに見えたけど。
 アゲハにデレてるマリーで微ニヤニヤした所でカイルも全然手抜きだったとか。
 ホントエルモアメンバーはどんだけ強くなってんだっての。
 
 ヒキでようやくネメシスQの創造者と会合。
 ・・・微笑むって何よ。やっぱり知り合いなんか?


・こちら葛飾区亀有公園前派出所
 「メイドイン俺」だの「リズム天国ゴールド」だのが出てきたから、
 任天堂についての話かと思ったら携帯コンテンツの話かよ・・・

 コンシュマー派の自分からしたらなんとも言えない話でした。
 てか携帯電話でゲームとかガチでしたこと無いんだけど。
 携帯はメールと電話とカメラとネット。これさえ出来りゃあいいもの。
 

・SKETDANCE
 ナーバスの連続にツッコまないのかよ! あえて読者にツッコませようとしてんのか?
 
 モモカは今度は舞台女優に。
 あの1Pの普通な地味ドラマからあすなろ抱きだの、アンソニーだの、
 マッチョスイッチ(声)だのアメリカキャラだの
、上手いことつなげるなぁ^^

 アンソニー出てきたところとハヴァナイスデーは本気で吹いたわ^^
 オチでまた新たなステップ踏んだけど、ホントモモカどこまでいくんだよ・・・


・めだかボックス
 こういう運動大会モノに鉄板な騎馬戦に、嫉妬するめだか、やっぱり黒い不知火と、
 前半は良かったんだけど、
 いきなりの喜界島ブチ切れと性善説正解、
 40kg前後であろう体重を支えるヘルパーに、そっからの"アレ"
はダメだったなぁ。
 悪いけどドン引きしたわ。ツンデレまでで止めておけばまだしも・・・・

 ちゃっかし優勝してる柔道部と喜界島生徒会加入でちょっとは救われたけどさぁ。
 百合は無いわぁ~


・トリコ
 BBコーン見つけて・・・
 展開早いと思ったけど、収穫に苦戦するってのは予想外だったなぁ。
 ちっこいヤツですらアレとは。
 無生物の食い物相手に釘パンチってのも予想外だったし。
 あとBBコーン取れて喜ぶテリーがかわいいなぁ。
 
 ポップコーンにするためウール火山にとのコトだけど、ココで延ばすわけか。
 あのシルエットだけじゃ敵か味方かも分からんなぁ。
 GTロボなら辺りのBBコーン根絶やしにしそうなもんだけど。


・バクマン。
 また前半イライラしたけど、
 冨樫(平丸)が考え方見直してるのはすっきりしたわ。
 リアルジャンプ作家にこういう人がいれば、冨樫に見せてやれるのに・・・

 今何月かわかんないけど(31号とか言ってるから6月中旬?)
 来年の4月まで休載ってのは新人にとっては大ダメージだよなぁ。
 おじさんが過労で死んだことを知ってるからこの判断にしたんだろうけど、キツいよなぁ。


・AKABOSHI-異聞水滸伝-
 相変わらず下層を辿ってるけど結構面白いと思うんだけどなぁ。
 替天のメンバーも、梁山泊試験も、ちょいちょい入るギャグもオモロイし。
 わじマニアとか鍵人を切ってくれるんだろうな、おい。



 色づけ前までで既に20:37。
 結局いつも通り1時間程度かかりましたとさ。
 
 色づけ完成、20:47。それじゃ終了~
スポンサーサイト



  1. 2009/07/27(月) 00:00:00|
  2. 消えたカテゴリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する