FC2ブログ

幾何学空間だったもの

ジャンプ感想ブログでした

<更新のお知らせ>
9 ~ 31  

<ちょっと語りたいコーナー>
 7月となりました。
 再始動しま・・・・あれ3週連続土日は片方どっちか出社な上、平日も激務ラッシュ?あれ?(7/1)

赤マルジャンプ07サマー号

書き出し:深夜1時18分

辺りは閑散としていて、絶好の更新時間。
とはいえ、普段の更新時間はどっと過ぎているというわけで、
更新後すぐに見てくれる人がはたしているのかどうか・・・

まぁそんなこんなで宣言(TOP流れ字)から1時間オーバーで更新スタート~


赤マルジャンプ2007年夏号
 表紙:リボーン、Dグレ、銀魂 巻C:しげはる SC:おろち2号

とりあえずジャンプ病が深刻なので買ったんだけど、やっぱ原石がいるわいるわ^^
本誌verとは違い、ちょっと3段階評価(○△×)をつけていきたいと思います。
全部長々感想は時間が無いので省略しますが、評価は一応全部つける方向で。
 絵:絵の好き度 構:ストーリーのテンポの良さ 総:全体的にどうなのか

・総括
 よりにもよって表紙が腐女子大好きな漫画3点セットで来たか。
 おまけだけなのに表紙飾れるなんて凄い待遇の差・・・
 今回は本誌番外編漫画もないし、真剣に新人お披露目雑誌。

・魔法少女しげはる 大亜門 (絵:△ 構:○ 総:○)
 太臓もて王サーガの作者で筆者もすっかりファンになってしまったミーハー族^^
 もう、好きな作家は載るだけで嬉しいのでついつい贔屓目で見てしまうんだけど、
 でも面白い。
 話の流れはまぁ大筋下ネタなんだけど・・・
 宏海節全開のしげはる、太臓の思考のキト、イっちゃってるしげはるママ
 大笑いしながら読めてしまったこの怖さ^^
 太臓打ち切りで出来なかったテニスもとい焼肉の王子様のアレはもうやられた^^
 終わり方も連載に繋がってるし、もうコレ連載しない?次期とかさぁ。

・荒木飛呂彦先生訪問ルポ漫画 大亜門 (絵:△ 構:× 総:×)
 こっちは正直、大亜門だけにはちゃめちゃにしてくれそうで、
 しげはるよりも期待してたんだけど、たった4Pでしかもボウリング話。
 かなり肩すかし・・・
 もうちょっと単行本風にして欲しかった・・・

・F・GAME 相模恒大 (絵:○ 構:△ 総:○)
 スポーツ漫画はあまりはまれない人間なんだけど、
 今作(フットサル)は近くも遠くもなく手頃なスポーツかと(アイシーは最初は激遠)
 導入部はベタベタな展開が続いて、まぁつまらなくはないって印象だったけど、
 試合の説明もかねた戦略指南には普通に感嘆。
 アイシーもそうだけど、難しく説明しすぎたらつまらないし、あの説明は○
 メリハリもよく、オチもついてるし、
 本誌読み切りぐらいに載っても高評価を得れるかと。

・ABACUS TRADER 春日真 (絵:○ 構:△ 総:△)
 取引を重視する商人が戦うというどこかで数回見たような設定。
 主人公がベルモンドの名前に激似なのはまぁおいといて、
 登場→問題発生→撃退という流れは結構いいテンポ。
 そろばんが武器ってのは良いんだけど、玉を手で飛ばすってのにちょっと違和感が。
 ちょっとした伏線なんかは結構好感触だったんだけど・・・
 ジャンプよりサンデーが似合いそうな感じ。

・柔王 角石俊輔 (絵:△ 構:△ 総:△)
 スポーツ万能少年が、自分が負けた唯一のスポーツ・柔道に専念して、
 負かされた相手と再戦していい所までいくという話。

・おろち2号 いとうみきお (絵:△ 構:× 総:×)
 ノルマンディ-、グラナダ、村雨と連載作を持つこの作者。
 まぁ連載作家のやるヤツはある程度面白さが保証されているので、
 気を抜いて読んだんだけど、正直、面白くない。
 弟が強すぎて兄の立場がないって話なんだけど、
 なんか展開がグダグダしてて、途中から読むのが億劫に。
 大和に全然感情移入できなかったし。
 もう少し簡潔にまとめて欲しかったなぁ。

・小牟田鐘 闘ウ日記 川口幸範 (絵:△ 構:× 総:△)
 秘めたる才能を持つ主人公が喧嘩に勝つという話。
 最初の数ページは中々だったんだけど、ライバル登場辺りからいまいちテンポが悪い。
 喧嘩→負ける→覚醒→勝利までがちょっと長すぎたかと。

・ZEN力ダッシュ!! 渡辺一平&薙澤なお (絵:△ 構:○ 総:△)
 家が寺の息子が修行によって鍛えられた筋力で陸上部で闘う話。
 導入部はテンポも良く、すっと話に入れたけど、
 陸上編はギャグもいいんだけど、もう少しシリアスにして欲しかった。

・正義の横綱 宇宙の海 星太郎 後藤竜之輔 (絵:× 構:△ 総:×)
 こちらは上のやつよりも更にギャグ色が濃くなっての相撲漫画。
 こういう絵は昔から嫌いなので、それもあるけど、
 笑うであろう所で全然笑えなかった。
 なんかツッコミも弱いし、もっと豪快なツッコミがあったら逆にソレで笑えたかも。
 ギャグ漫画だからしょうがないけど、某展開には呆れしかなかった・・・

・紅 kure-nai 片山憲太郎&山本ヤマト (絵:○ 構:○ 総:△)
 ジャンプSQを控えてのプレビュー連載。
 絵はガンガンっぽい感じで、その筋の方々にはウケそうな絵だけど、悪くはない。
 まぁプレビュー連載ということでページ数も少なくぱっとしない印象だけど、
 とりあえずSQで読んでみたいとは思える内容だったかと。

・サンライズ 久保崎太一 (絵:× 構:○ 総:○)
 ソフトボール漫画だけど、ほとんどソフトボールしてないストーリー漫画。
 絵はたぶん屋上探偵の人だと思うんだけど、いやにカクカクしててあまり好みじゃない絵
 こっちもそれなりスポーツ漫画として説明がいるわけだけど、これまた良い説明の仕方。 
 球種の説明は読んでて素直におもしろかったし、ちょっと興味が湧いた^^

・クリティカルヒーロー 羽田豊 (絵:△ 構:△ 総:△)
 上のサンライズは十二傑賞受賞でもおかしくはないけど、これは少し疑問。
 なんか言いにくいけど、全体的に読みにくいというか何というか・・・
 何がダメなのかはわかんないけど、何かが気にくわない・・・

・テンコ 堀越耕平 (絵:× 構:△ 総:△)
 絵はものすごく嫌いな部類にはいるほど嫌いです。
 最近リアルは好きになってきたんだけど、このリアルは好きになれない。
 妙に生々しいというか。
 展開は何がしたいのかいまいち分からない流れ。
 これまたちょっと導入部が長すぎる。

・髑ロマン 今地庵 (絵:○ 構:○ 総:○)
 コレも十二傑賞をとった作品。本誌発表時から面白そうだと思ってたんだけど、
 やっぱり面白かった。今赤マルの新人の中で一番期待したい。
 話は呪いをかけられた主人公が呪いをとくために人助けをする話。
 これも説明しにくいんだけど、面白いことだけは確か。
 どこが面白いのかと言われると、ちょっと困るんだけど。
 でもコレなら本誌読み切りどころか本誌連載をあげても良いと私的には。
 

ランキングは
 1:魔法少女しげはる
 2:髑ロマン
 3:F・GAME   
コレはリアルに面白いと思った作品です。


それでは2時29分更新終了~ 
 
スポンサーサイト



  1. 2007/08/16(木) 00:00:00|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

ラジル

Author:ラジル
幾何学空間にようこそ!
ブログについての概要は
コチラをご覧ください


<管理人ツイッター>
更新したら一応ツイートします
管理人ツイッター

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ (848)
ゲーム (878)
漫画 (740)
アニメ (326)
映画 (10)
ドッツ (22)
グッズ (8)
音楽 (14)
消えたカテゴリ (83)
未分類 (2)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する